Powered By 画RSS


夏海「兄ちゃん……おしりペンペンして//////////」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:19:29.03 ID:KGqfVAga0

越谷家。

お茶の間。


雪子「こら!夏海!またこんな点数とって!」

夏海「問題が難しかったのがいけないんだもん。だから夏海ちゃんは悪くありませーん」

雪子「全くこの子は……」

夏海「中学になってから急に難しくなったんだから仕方ないんだよ」ヤレヤレ

雪子「兄ちゃんや姉ちゃんはそんな事なかったけど?」


夏海「じゃあ私の時になって変わったんだよ。まったく私の時になって急に脱ゆとり教育なんて酷過ぎるよ」うんうん




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:24:23.41 ID:KGqfVAga0

雪子「またそんな訳の分からない事言って…ゆとり教育だか何だか知らないけど、アンタがもっと家で勉強して、付いていけるようになればいいだけだから」

夏海「勉強なんて学校でやるだけで充分だよ」

雪子「充分じゃないから言ってるの。家で宿題とか、予習、復習をしなさいって言ってるの」

夏海「そんな文字は夏海ちゃんの辞書にはありませーん!!」


雪子「夏海!」
ばっ!

 


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:25:24.55 ID:KGqfVAga0

夏海「かっ母ちゃんその振り上げた手は何なんだよ!?」びくっ

雪子「いう事訊かない子はコレだよ!!」ぐっ

夏海「ぎゃー!虐待はんたーい!!」


小鞠「………………」

小鞠(いつになく激しいな……)


卓「………………」
 
 


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:26:19.34 ID:KGqfVAga0

雪子「何言ってるの!?まったくアンタって子は…またそんな減らず口を!」
ぐぐっ

夏海「わっ分かったから!その手を降ろして!!ゲンコツだけは何卒ご勘弁を!!!」ひいっ

雪子「そう…じゃあやっと勉強する気になった?」

夏海「それは……」

雪子「…………まったく…もうしょうがないねぇ……」すっ

夏海(えっ母ちゃんが腕を下げた!?)

雪子「分ったよ。私はもうアンタを叩いたりしないから」

夏海「えっホント!?それじゃあ―――――」

雪子「その代り―――――――」


雪子「私の代わりに兄ちゃんに夏海のおしりをペンペンして貰うから」


夏海・小鞠・卓「「「!?」」」

 


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:27:02.94 ID:KGqfVAga0

夏海「えっ!?ど…どういう事?兄ちゃんにやって貰うって………ていうか何でおしりなんだよ!」

雪子「だってゲンコツは嫌なんでしょ?それに私がやるより兄ちゃんにやって貰う方が、アンタも気恥ずかしくて嫌だろうしね。それにその方が私も手を痛くしなくて済むし」

夏海「そっそれは――――――」

夏海(うう…確かに考えただけでも恥ずかしい……//////)
ちら…

卓「…………」


夏海(ううっ母ちゃんがそんな事言うモンだから、兄ちゃんの顔を見るだけで恥ずかしくなっちゃったじゃないか!////////)かぁ


夏海(でも―――――――)はっ

 


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:27:52.81 ID:KGqfVAga0

雪子「分った?兄ちゃんにおしり叩かれるのが嫌だったら――――――」

夏海「いいよ……」

雪子「?」

夏海「………………//////////」
ばっ

雪子(夏海が四つん這いになった!?)



夏海「兄ちゃん……私のおしりペンペンして…………////////」



雪子・小鞠・卓「「「!?」」」

 


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:28:37.97 ID:KGqfVAga0

夏海(最初は恥ずかしいと思ったけど、よくよく考えれば兄ちゃん優しいし、母ちゃんのゲンコツよりは痛くないと思うし……)

小鞠(夏海はお兄ちゃんに向かっておしりを突き出してるし…ナンかおかしな事になって来た)

雪子「…………夏海…アンタって子はどこまで……」はぁ

卓「…………」

夏海「ん?どうしたの兄ちゃん。はやくしてよ」おしりふりふり

 


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:29:28.61 ID:KGqfVAga0

卓「…………」ちら

雪子「…………夏海がそう言ってんだから。思いっ切り叩いてやって」

卓「…………」こく
すっ

夏海「…………………」ちら…

夏海(兄ちゃん…判ってるよね?優しくだよ優しく)ねっ


卓「……………」こく
すっ…

 


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:30:26.38 ID:KGqfVAga0

夏海「………………」ゴクリ…

卓「…………」
さっ
ぺんっ

夏海「!!」

ぺんぺんっ

夏海(はは…全然痛くない。やっぱり分ってるぜ!兄ちゃん)

卓「…………」
ぺちぺち

夏海「…………」


夏海(あれ?でも…………この感じ――――――)
うずうず…

 


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:31:15.13 ID:KGqfVAga0

夏海「に…兄ちゃん」

卓「……………」ん?

夏海「もう手加減しなくていいから……」

卓「?」


夏海「もっと思いっ切りやっていいから!///////」


雪子・小鞠「「!?」」


卓「…………」

 


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:32:09.49 ID:KGqfVAga0

夏海「いいから早くヤってよ…こんなんじゃお仕置きにならないから」

小鞠「夏海?何言って――――」

卓「……………」こく

小鞠「ってお兄ちゃん!?」

夏海「……………」ドキドキ…


卓「……………」
すっ…


バシーン!!


夏海「ひゃん!!///////」びくっ

スパーン!スパーン!!


夏海「あひっ//////あうっ!うほぅ!////////」ゾクゾクゥ…

 


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:33:03.11 ID:KGqfVAga0

卓「………………」

夏海「痛ひ…ひたいよぉ……兄ちゃぁ…ん……////////」はぁはぁ

卓「…………」

夏海「ひどいよぉ……にいひゃんの所為で、ウヒのおひりヒリヒリして真っ赤になっちゃてるよぉ/////////」ビクビクンッ…


小鞠「…………」


小鞠(あんなに強く叩かれて、夏海とっても痛そー。おしりもホントに真っ赤になっちゃってるんだろうな……でも―――――」

 
 


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:33:56.90 ID:KGqfVAga0

夏海(痛いしヒリヒリするけど……兄ちゃんに…兄ちゃんにサレてると思うと―――――)

夏海「……………うへへぇ……」
あへあへぇ…

小鞠「………………」


小鞠(夏海のあの蕩けた貌……アヘアヘしてすっごくだらしなくて、痛そうだけど…………)


小鞠(―――――でも痛いだけじゃなさそう…………そんな事ないんだろうけど…でも…どこか気持ちそさそうに見える…………)じゅん…

 


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:35:00.25 ID:KGqfVAga0

夏海「………………」はぁはぁ

卓「…………」すっ

雪子「…………はぁ…卓もうそこまででいいよ。今日はもういいから次のテストは頑張っていい点とりなさいよ」すく…
すたすた…


小鞠「夏海…大丈夫?お兄ちゃんもどうしてあんなに―――――」

夏海「い…いいんだ姉ちゃん。これはウチがやってっていた事だし……」じんじんひりひり

小鞠「でも―――――」

夏海「兄ちゃん」

卓「…………」ん?


夏海「またウチが何かしたら、母ちゃんの代わりに兄ちゃんがオシオキしてね///////」にこ


卓「…………」

 


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:38:20.06 ID:KGqfVAga0

それから。


越谷家。


夏海(えへへ…今日もテストで悪い点取っちゃった。これは兄ちゃんにまたお仕置きされないと)


卓さんの部屋のドアの前。


夏海(よし!)
がちゃ!

夏海「兄ちゃん……今日もテストで悪い点取っちゃったよ。だから…………今日もお仕置き―――――)


卓「駄目だ」


 


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:39:13.73 ID:KGqfVAga0

夏海「そうだよねー駄目だよねー……って――――兄ちゃんが喋ったー!!?」びくっ

卓「は?何を言ってるんだ?そりゃ俺だって喋るよ」

夏海「えっ?だってさっきまで、ぜんぜん喋ってなかったし……」

卓「それは、特に喋る必要がなかったからだ」

夏海「そうだったんだ……でも兄ちゃん…兄ちゃんは本編やアニメじゃ―――――」

卓「本編?アニメ?本当に何を言ってるんだお前は?」

夏海「…………そっそう言えばそうだよね。アレ?ウチ何を言ってるんだろ?」あはははは


卓「まったく。お前ってやつは、たまにおかしな事を言うからな……」

 


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:40:14.18 ID:KGqfVAga0

夏海「あはは…ごめんね――――って、そんな事より今ダメって言わなかった?」

卓「ああ言ったぞ」

夏海「ダメって…もしかしてオシオキの事?」

卓「ああ。そうだ」ウン

夏海「えっ!?どうして…?ウチ悪い点とったのに―――――」

卓「夏海お前――――」


卓「俺に尻を叩かれて悦んでるだろ?」


 


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:41:04.81 ID:KGqfVAga0

夏海「!!」ドキッ

夏海「そっそんな事―――――/////////」ドキドキ…

卓「あるだろ」

夏海「うっ――――――」

卓「あるんだろ?」


夏海「………………………………うん//////////」こく…
かぁぁ


卓「そうか…………」


卓「じゃあやっぱり駄目だな」きっぱり

 


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:42:11.88 ID:KGqfVAga0

夏海「!!」

夏海「しょ…しょんな…やだよ―――――」ふりふり


夏海「兄ちゃんにおしりペンペンしてくれなきゃヤダよ――――――」じわ…


卓「だったら…………」すっ

卓「テストでいい点を取ってみろ」

夏海「えっ!?」

卓「そうしたら、お前の尻を叩いてやるから……」


卓「ご褒美としてな」

 


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:43:30.28 ID:KGqfVAga0

夏海「!!」はっ

夏海「…………わ…分った。ウチ…ウチ頑張るから!テスト頑張るから!!」

夏海「だから…その時は―――――//////////」

卓「…………ああ」にこ

夏海「!!」ぱぁぁ

夏海「えへへ…兄ちゃんはやっぱり優しいな。だからウチは……ウチは――――――」じ…

卓「…………」



夏海(兄ちゃんの事が大好き――――――――)にこ



卓「?」

 


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:12:28.28 ID:KGqfVAga0


その後。


越谷家。


卓さんの部屋。


夏海「兄ちゃん!テストで80点以上取ったよ!だ…だから――――――////////」


卓さんの部屋のドアの前。


パァン! パァン!

夏海『あぁー!!に…兄ちゃんいいよー。もっとぉ…もっとぉ――――――//////////』

卓『まったく…夏海の【み】のMは、ドMの【み】の様だな』

夏海『うう…兄ちゃん酷いよぅ……違うからウチドⅯなんかじゃないから――――でも…でもやめないで…もっと叩いてぇ―――――』



ドアの隙間。


?「……………」じー

 


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:13:24.15 ID:KGqfVAga0

小鞠「……………」じー

小鞠(夏海が最近様子がおかしいし、お兄ちゃんの部屋に入ってくのが見えたから、ウッカリ覗いてしまったけど)

小鞠(…………夏海……やっぱりまたお兄ちゃんにおしりペンペンされてる……)

小鞠(それに――――またあんな貌して…………お兄ちゃんにあんなに強くおしり叩かれてるのに……すっごく痛い筈なのに…どうしてそんな悦んだ貌をしてるの?/////////)じー

小鞠(そ…そんなにいいのかな……)ゴクリ…
じー


小鞠(…………ダメ―――――こ…こんなの見てたら私までどっか変に――――――//////////)じい…


 


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:16:20.34 ID:KGqfVAga0


さらにその後。


越谷家。


卓さんの部屋のドアの前。


夏海(…………こんな事になって、ウチはもう兄ちゃんから離れられなくなっちゃったけど……兄ちゃんも、もうウチから離れられないよね?)

夏海(このままいけば、二人は兄妹の関係ではいられなくなって…そしていつしか……ウチと兄ちゃんはお口の恋人ならぬ、お尻の恋人になって…やがて二人は結ばれて―――――)

夏海(…………ってちょっと気が早いかな?/////////)あはは…

夏海(まぁ今は、それはちょっと置いといて……)よっこいしょ

夏海(よし!今日も兄ちゃんに――――――)うん!



夏海「兄ちゃーん!今日もテストでいい点とったよー」
がちゃ!

 
夏海「だから今日も―――――――」



夏海「!!!!?」


 


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:17:48.44 ID:KGqfVAga0


夏海「今日…も………」


ペン!ペン!!

小鞠「痛いよぅ…痛いよぅ!おしりがジンジンしてヒリヒリして…でも…でもそれなのにどこか気持ちよくて――――お…お兄ちゃん……私・・・わたし……ヘンタイさんになっちゃったよぉ…………//////////」あへぇ…


夏海「ね…姉ちゃん……どうして――――――」わなわな…


卓「………………」


 


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:18:55.82 ID:KGqfVAga0

小鞠「!!」びくっ!
あせあせっ

卓「…………」

小鞠「な…夏海―――――ちっ違うの!!こ…これはその……夏海があんまり気持ち良さそうだったからちょっと試しn―――――――」あたふた


夏海「ね…姉ちゃんに――――――」ふるふる…
あとずさり…




夏海「姉ちゃんに兄ちゃんのおしりペンペンをNTRされたーーーーー!!!!」うわぁぁぁーん
だだっ




おしまい。

 


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:33:39.17 ID:KGqfVAga0


おまけ。


とある日の越谷家。


卓さんの部屋。


このみ「そう言えばこうやって、メガネ君の部屋に二人っきりで居るのって久し振りだね……」

卓「…………そうですね。富士宮先輩」

このみ「もうっイジワルなんだから。二人っきりの時は―――――」


このみ「卓君」


このみ「―――――だったよね」にこ


卓「…………」こく


 


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:35:32.04 ID:KGqfVAga0

――――


このみ「あっそうだ。卓君」ぽん

卓「?」

このみ「ちょっと前に小鞠ちゃんから聞いた…というか、相談されたんだけど―――――」

卓「…………」

このみ「卓君…………なっちゃんのおしりを叩いて遊んでるんだって?」


卓「!?」

  


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:37:00.41 ID:KGqfVAga0

このみ「小鞠ちゃんがね、なっちゃんが、お兄ちゃんにおしりをペンペンされてるのに悦んでるみたいって。ちょっと心配そうに、私に相談してきたんだけど……でも―――――」


このみ「二人でそんなアソビをシテたなんて……ね」じ…


卓「そっそれは、それに遊びなんかじゃ――――」あせっ

このみ「それに小鞠ちゃんには、お兄ちゃんもどこか愉しそうに見えたんだって。ふふ…もしかして卓の【す】はドSの【す】だったりして?」クスクス…

卓「…………まったく何を言ってるんだよ?そんな事ある訳ないから」むぅ…

このみ「ホントに?…………でも―――――」


このみ「話を聞いて…さ。ちょっと私もそういうコトに興味持っちゃったんだよね?」


 


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:38:20.56 ID:KGqfVAga0

卓「えっ!?」

このみ「もしかして。このみの【み】のMもドMの【み】だったりして」クス…

卓「このみさん?」

このみ「ねぇ…卓くん…………」
すっ…

卓「!?」ドキッ

卓(こ…このみさんの顔が俺の耳元に――――)


このみ「フフ…今から試してみよっか?」


卓「!?」


 


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 00:02:12.19 ID:GipQH3VW0

更にとある日。

学校からの帰り道


小鞠「蛍と二人だけで下校って久し振りだね」

蛍「そうですね。それより…小鞠先輩」

小鞠「?」

蛍「視てましたよ。小鞠先輩の部屋で小鞠先輩が卓先輩におしりを叩かれて喜んでるトコロを。それも何回も……何回も―――――」ギリ…

小鞠「!?」ドキッ


蛍「言ってくれればよかったのに。先輩にソウイウ趣味があるって……」


 


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 00:03:51.55 ID:GipQH3VW0

小鞠「そ…それは――――/////////」

蛍「正直に言いまして…始めは先輩を盗られたって、すっごく悔しかったんですけど。ずっと視てたら、悔しいだけじゃなくて、いつの間にか、抑え切れないくらい興奮してしまっている自分もいまして……////////」はーはー

小鞠「えっ!?」ゾワッ

蛍「フフ…ソノ為にスパンキング用のラケットも、ほら…もう手に入れましたからよ」す…

小鞠「えっ!?」ビクッ




蛍「フフフ…センパイ。今日からは私の部屋でワタシトシマショウネ―――――」ニコォ…




小鞠「ひぃぃぃ―――――」ガタガタ…



おまけのおしまい。


 


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 00:54:57.45 ID:GipQH3VW0
これでおしまいです。

タイトルを書いている時点で
なんなのこれ?とか思ったのですが
色々ありながらも
どうにか終わらせる事が出来て良かったです

ありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487330368/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「のんのんびより」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ