Powered By 画RSS


ルパン「愛しき女神の涙」

1 : 2017/02/21(火) 11:07:51.57 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――

 ―ルパンのアジト―

ルパン「ふんふんふ~ん♪ どーお次元ちゃん、今日の俺様?」

次元「いつもと変わらないサル顔だよ」

ルパン「またまた~……ふふふ~ん♪」

次元「なんだ、今日はやけに機嫌がいいじゃねえかルパン」

ルパン「そりゃもうね、ヌフフフフ……!」

次元「そんなに魅力的かね、今回のターゲットが」

五ェ門「違うぞ次元。これほどまでに舞い上がっている時は、大概が不二子絡みだ」

次元「なんだデートかよ」

ルパン「美術展は明日。なのでー、今日は自由行動ってことでほいならっ」ガチャッ

次元「ルパンも学ばねえな。不二子のどこがいいんだか理解に苦しむぜ」




2 : 2017/02/21(火) 11:08:35.28 ID:i3mn0nV20
注意
『ルパン三世』のオリジナルSSです。
原作、アニメ、TVスペシャルなどとの相違点あり。
パラレルワールドだと思って読んで頂けたら幸いです。


3 : 2017/02/21(火) 11:10:28.62 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――

 ―パリ・凱旋門前広場―

ルパン「……っ」シュボッ

警備員「ミスター、ここは禁煙です」

ルパン「ああそう……」

ルパン「……だぁー! 天下のルパン三世様がなんだよこのザマ!」

不二子「まるで初めてデートする男の子みたいよ」

ルパン「どわぁっ!? って、不二子……?」

不二子「どうしたのルパン、そわそわしちゃってあなたらしくもない」

ルパン「い、いや久々のデートなもんでさ。
    ちっと調子狂っちゃったかな~、なーんてヌフフフ!」

不二子「あらそう。今日はきちんと紳士としてエスコートして頂戴ね」

ルパン「任せとけって」


4 : 2017/02/21(火) 11:11:39.56 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―パリ とある美術館―

不二子「これが、今回狙うお宝ね」

ルパン「そう。出どころ不明の名画、『呪われし姫君』だ」

不二子「素敵じゃない……」ウットリ

ルパン「……なぁ不二子? こうして2人で美術鑑賞なんて、
    まるで出会った頃に戻ったみたいで懐かしい――ってあら?」

不二子「さ、ランチにしましょ。私お腹すいちゃったわ」スタスタ

ルパン「……口説き甲斐のないやつ」


5 : 2017/02/21(火) 11:13:07.97 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―とあるレストラン―

ルパン「もぐもぐ」

不二子「……ねぇ、ルパン?」

ルパン「んー?」

不二子「『呪われし姫君』、私にプレゼントしてくれないかしら……?」

ルパン「ん……アジトのレイアウト変えるのに使おうと思ってるのよねー」

ルパン「それに、あいつらがうるせぇしな~」モグモグ

不二子「また別の絵を飾ればいいじゃない。ねぇ、おねが~い……」

ルパン「……んも~、しょーがないな~。その代わり盗んだあと麗しき姫君には、
    デートの続きをしっぽりと~……」

不二子「もう、ルパンのエッチ!」

ルパン「あいたっ!?」


6 : 2017/02/21(火) 11:14:02.75 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――

銭形「ふむ……これが予告にあった『呪われし姫君』ですか」

美術館館長「ええ。この絵はうちの美術館の目玉、盗まれたら一大事です……」

銭形「……分かりました、厳重な警備態勢を張りましょう。
   絵画はこの銭形幸一が全力で守ってみせます!」

 ――――

銭形「ルパンめ、今度こそお縄を頂戴してやるからな……」

 ガチャッ …バタン

?「やっと帰ってきたか、ゼニガタの旦那」

銭形「……下見も重要な仕事の一環だ」



8 : 2017/02/21(火) 11:15:05.80 ID:i3mn0nV20

 ブウゥゥゥゥン―…

?「無駄だよ無駄。出てきたところを叩いちまえばいいんだよ、
  下見なんて全然イカさねえ」

銭形「コール特殊捜査官。貴様はルパンのことを甘く見過ぎているぞ。
   逃げることと盗むことに関しては、奴は超一流だ」

コール「はっ! 生死を問わなきゃ俺はアンタ以上だぜぇ……?」

銭形「――っ! そんなことは絶対にさせんぞ!」

コール「長官から直々に許可は頂いてんだ。
    まあ精々捕まえられるよう頑張ってくれや、ケッケッケ!」

銭形「むぅ……」

銭形(畜生め、こんな奴を雇って長官は何を考えてるんだ……)



9 : 2017/02/21(火) 11:18:56.89 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――

 ―夜 フランス ルパンのアジト―

次元「それで、バカみたいな約束しちまったってか」

ルパン「まあ全世界津々浦々、
    もっと素晴らしい絵画なんて幾らでもあるってことでさ?」

五ェ門「帰る」スクッ

ルパン「ちょ、ちょっと待ってよ五ェ門ちゃん……って、やけに準備がいいじゃない」

五ェ門「いつものことながら、何も持たずに出て行くというのも、
    何かと不便でな。ではさらば」

 ガチャッ…バタン



10 : 2017/02/21(火) 11:21:09.02 ID:i3mn0nV20

次元「俺もパスだ。不二子のために働くなんざごめんだね」

ルパン「次元までー……でも荷造りしてないじゃないの~?」

次元「俺はアナログな五ェ門とちげぇからな。
   カード一枚でなんとかなるんだよ」

 ガチャッ

次元「……言っておくがなルパン。不二子のために仕事してちゃあ、
   いずれおまんまの食い上げだぜ」

 バタンッ

ルパン「……きーっ! 友達甲斐のない奴らめ……いいもんね!
    不二子ちゃんのためなら1人でなんでもやっちゃうもんねー!」ドサッ

ルパン「……、ふぅ……」カチッ カチッ…… シュボッ

ルパン「……わからねえさ、あいつらには」

ルパン「まあでも、あいつらの言いたいこともよーく分かる。
    確かにずっと不二子ちゃんに舐められっぱなしだし……」

ルパン「……ふ~~~む」


11 : 2017/02/21(火) 11:30:08.58 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――

 ―次の日―

不二子「どうやら次元と五ェ門は口説けなかったようね」

ルパン「ほっとけあんな奴ら……絵画の一枚くらい俺と不二子だけで十分さ」

不二子「期待してるわよ、ルパン」

ルパン「んじゃ、手筈どおりにいこうじゃないの」



12 : 2017/02/21(火) 11:30:50.36 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―とある美術館―

銭形「絶対に油断するな。奴はどこから現れるか分からん、
   細心の注意を払うように」

警官隊「はっ!」

美術館館長「警備の方、どうかよろしくお願いします……」

銭形「お任せください」

銭形「さーて、どっからでも出てこいルパン……」

コール「へっ、イカさねぇ……」スッ

銭形「おい、どこに行く気だ!」

コール「うまいワインを置いてある店がちけえんだ。
    警備の方は任せたぜ~、ケケッ」

銭形「ヌヌヌヌ~……! このことは職務怠慢として上に報告してやるからな~!!」


13 : 2017/02/21(火) 11:31:47.56 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ジィーーーーーーーーー…

ルパン「あららら~すごい人数……あいっかわらず厳重な警備だぜ」

ルパン「…………」

ルパン「さて……そろそろ時間だな」スッ…

 ――――

銭形「……そろそろ予告の時間だ」

 ジリリリリリリ――!

警官隊「っ!? な、なんだ!?」

銭形「ルパンめ来おったか!」

 プシャァァァァァァァァ――!

銭形「むっ……! 今のは火災報知器か……!」

美術館館長「うわぁ美術品が!!」



14 : 2017/02/21(火) 11:32:40.47 ID:i3mn0nV20

 シャァァァァァァァァァァ――

美術館館長「早くビニールシートをかけろ!」

美術館職員「は、はい!」

 バサッ―

 シャァァァァァァァァ―…

 ピチャン… ピチャン…

美術館館長「なんてことだ……」

銭形「くそ~、ルパンめ一張羅を水浸しにしおって……」

銭形「……あっ! 絵画は無事か!?」

 バサッ―…

美術館職員「はい、この通り異常はありません」

美術館館長「ほっ……」

銭形「イタズラにも程があるってんだ畜生め~……!」

美術館職員「館長、私達は館の清掃をします」

美術館館長「ああ、頼むぞ」

銭形「ルパンが潜んでいるかもしれん、あなた方も油断しないように」



15 : 2017/02/21(火) 11:33:26.08 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―美術館付近 車内―

不二子「うまくやったかしらルパン……」

不二子「……」チラッ

不二子(屋上でタバコなんて吸って、世間は平和なものだわ)

不二子(みんなお昼の休憩中ね……私も吸って待ってましょ)シュボッ

 ――――

美術館館長「ん? …………んん!?」

銭形「どうしました館長」

美術館館長「この絵は……に、偽物……だ……」バタンッ

銭形「な、なにぃ!!?」


16 : 2017/02/21(火) 11:35:34.61 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―とある美術館 裏口―

美術館職員「警備お疲れ様です。ちょっと裏の倉庫に掃除用具を……」

警官隊「どうぞ。お仕事、ご苦労様です」

 スタスタ…

美術館職員「……ムフフ」

 ビリッ―

ルパン「チョロいチョロい~」

ルパン「さて、不二子ちゃんのところへ参りますか!」



17 : 2017/02/21(火) 11:37:03.22 ID:i3mn0nV20

 ――――

不二子「ふぅー……」

 フージコー!

不二子「……うまくやったのねルパン」ガチャッ

不二子「ルパン! トランクは開けたわ――」

 ドキュウゥゥゥン――

不二子「……えっ?」



18 : 2017/02/21(火) 11:37:52.29 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―美術館付近 とあるビル 屋上―

 ヒュウゥゥゥゥゥゥ――…

コール「ちっ、少しズレたな……」

コール「ケケッ、もう1発くれてやる」スチャッ…

 ――――

 ザワザワ…

 タタタタタッ―

不二子「ルパン! しっかりしなさい!」

ルパン「ぅ……ふじ、こ……?」

不二子「もういいわ、喋らないで……!」

不二子「っ……、――っ!」バッ―

不二子(屋上のタバコの男……!)

不二子「――っ!」バンバンッ―

 キュインキュイン―

不二子「ルパン、ちょっと我慢してなさいよ……!」



19 : 2017/02/21(火) 11:38:36.87 ID:i3mn0nV20

 ――――

コール「っ……!」ガチャッ…

コール「……チッ、逃げやがったか。イカさねえな~?」

 ――――

 ―パリ 地下下水道―

 ピチャン… ピチャン…

ルパン「っ……」

不二子「この恩は……っ、必ずっ……返してもらうわよルパンっ……!」ズルズル



20 : 2017/02/21(火) 11:40:34.15 ID:i3mn0nV20

 ――――

銭形「はっ、はっ、はぁっ……コール、ルパンはどうした!」

コール「やり損ねた。だがよ、ほら……絵画は無事だぜ」

銭形「……よくやってくれた」

コール「ケケッ、こう結果を残されちゃあ何も言えねえよな?」

銭形「……確かに結果は評価しよう。だが、貴様のやり方は絶対に認めん」

 スタスタ…

コール「はっ、言ってろ」



21 : 2017/02/21(火) 11:43:16.17 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――

 ―ルパンのアジト―

ルパン「うっ……! うぅ……」

不二子「……ルパン」

ルパン「すまねえな、不二子ちゃん……看病までさせてよ……」

不二子「寝てなさい、身体に障るわ」

不二子「…………こうしていると、昔の私を思い出すわね」

不二子「思えば、はじめからルパンは私に優しかった……」

ルパン「……」

不二子「……死なないでよ、ルパン」



22 : 2017/02/21(火) 11:44:14.80 ID:i3mn0nV20

ルパン「なあ……1つ、頼みたいことがあるんだけどさ」

不二子「なに? 何でも言ってみなさい」

ルパン「初めて、俺たちが出逢った場所に……」

 ――――

 ブゥゥゥゥウン―…

不二子「……」

ルパン「……」

不二子「……天気がいいわね、ルパン」

ルパン「ああ……」



23 : 2017/02/21(火) 11:49:44.33 ID:i3mn0nV20

 ――――

 ―とある高原 花畑―

 ガチャッ バタン

不二子「ほら、肩貸して」

 …………。

 ……。

不二子「懐かしいわね、ここも」

ルパン「……ひと目惚れ、なんて言葉じゃ勿体ないくらいだったよ」

不二子「……」

ルパン「あん時の不二子に、俺は囚われ続けてんだ」



24 : 2017/02/21(火) 11:54:31.84 ID:i3mn0nV20

 ――――
 ――
 ―

 …………。

 ……。

 ブゥゥゥウン―…

ルパン「この先か、目的のお宝は……って、ん~?」

 キキッ キュルルルルル― ブゥゥウウン―!

ルパン「……」キキィ

 ガチャ… バタン

ルパン「今の奴ら、何を急いでたんだ……?」


25 : 2017/02/21(火) 11:57:53.91 ID:i3mn0nV20

 スタスタ…

ルパン「……、……――っ!」

 タタタタタタッ―

ルパン「おいっ、しっかりしろ!」

不二子「っ……ぅ……」

ルパン(さっきの奴らに、捨てられたのか……)

ルパン「っ……! その傷……」

不二子「っ! 触らないで――!」

ルパン「でも、このままじゃお前、死んじまうぞ」

不二子「男なんてみんな一緒……信用なんて出来ない。だったらこのまま……――っ!」

 ギュゥ…

ルパン「少し、落ち着け……」

不二子「っ……! はな、してっ……」


26 : 2017/02/21(火) 11:59:11.63 ID:i3mn0nV20

ルパン「こんな場所に捨てられてよ、見すぼらしいとは思うさ。
    情けねえと自分でも思ってるんだろうけどな」

ルパン「ちっとは、周りに目を向けてもいいんじゃねえか」

不二子「なにを言って…………っ!」

ルパン「……花ってのはな、ちっと踏みつけられたくらいで枯れちまうような、
    ヤワなもんじゃねえんだよ」

ルパン「お前さんの近くで折れてる、その花だって同じだ」

不二子「っ……」

ルパン「生きてりゃいいことなんて、いくらでもあるぜ」

ルパン「それに……俺は、綺麗な花が萎れちまうのを見過ごせねえ」

不二子「…………」

ルパン「…………」

不二子「…………助けて」

 ギュゥゥ…

不二子「私を、助けてよ……」

 ……。

 …………。

 ―
 ――
 ――――


27 : 2017/02/21(火) 12:00:30.48 ID:i3mn0nV20

ルパン「今になっては……裏切られてばかりだけどよ……」

不二子「……」

ルパン「それでも、こうして一緒にいてくれるからこそ……
    不二子は、昔のままなんだって思えるぜ」

不二子「……そんな話、なんでするのよ」

ルパン「……」

不二子「早くお宝を盗みにいきましょう。
    わたし、そんな弱気なルパン見たくないんだから」

ルパン「愛してるよ……不二子…………」

不二子「知ってるわ……」

ルパン「…………」

不二子「…………ルパン?」



28 : 2017/02/21(火) 12:03:08.89 ID:i3mn0nV20

不二子「……ねぇ、ルパン」

 …………。

不二子「ふざけないでよ……ねえ……ねえってば……!」ユサユサ

不二子「目を覚ましなさいよ、ねえっ……!」ユサユサ

 …………。

不二子「…………」

不二子「私を裏切るの……? 私の十八番でしょ、これは……」

不二子「貴方だけは、絶対に裏切らないって信じてたのに……」

不二子「ルパン……お願い……私を、置いてかないで……」ポロッ



29 : 2017/02/21(火) 12:03:52.47 ID:i3mn0nV20

 ポタ―…

「……ヌフ、ヌフフフ」

不二子「え……?」

ルパン「だーはっはっはっはっは!!」ガバッ

不二子「っ!?」ビクッ

ルパン「いやー不二子の涙なんてひっさびさだなーもう!」

不二子「ルパ、ン……なんで……?」

ルパン「んーっ……美術館を襲う前に気付いたのさ、俺の命を狙う人間にな」


30 : 2017/02/21(火) 12:09:51.94 ID:i3mn0nV20

ルパン「撃った野郎は有名な殺し屋だ。
    アイツはかならず胸の真ん中を狙う『ハートのコール』つってよ」

ルパン「それだけ分かってりゃあとは簡単だ、防弾対策はバッチリ。
    さすがに実弾だから身体に響いたけどもな?」

不二子「…………」

ルパン「さーてそれじゃあお望み通り、そろそろ盗みに行きますか、
    『呪われし姫君を』──ってあれ? どったの不二子ちゃん?」

不二子「……なんで騙したのよ、ねえ?」ガシッ

ルパン「いででで!? いやこれは相手を油断させるために~……!!」

不二子「だったら私まで騙す必要があって……!?」グリグリグリグリ

ルパン「いだだだだだだ──! ご、ごめんなさい~……!」



31 : 2017/02/21(火) 12:13:24.23 ID:i3mn0nV20

 ────
 ──

 ─ICPO本部─

銭形「…………」

コール「しばらくルパンの事件はねえと思うぜ」

銭形「黙れ、あいつはそう簡単にくたばるタマじゃない。
   油断している時が一番危ないんだ」

コール「ケケッ、まあそうして待ってな」

銭形(ルパン、お前がやられたなんてワシは思っとらんからな……)

 リリリリリン──

銭形「こちら銭形っ!」

銭形「はいっ……なに、ルパンがまた!?」

コール「っ!?」



32 : 2017/02/21(火) 12:14:19.81 ID:i3mn0nV20

 ────

 ─フランス 美術館近く─

 ファンファンファンファン─

 ブゥゥゥゥウン─

コール「嘘だ。狙いは外したが確かに弾はあてたはず……」

銭形「すでに美術品は盗まれた、このまま車で追うぞ!」

コール「イカさねえ……イカさねえぜ……! 
    このままぶっ殺してやる……!」

 ────

ルパン「ねえ不二子ちゃん~、機嫌直してちょうだいよー……」

不二子「ふんっ」

ルパン「ちーっと不二子ちゃんを困らせたかっただけなんだから」

不二子「覚えてなさいよ……ずっと恨んでやるんだから」

ルパン「こっちが困っちゃったなー……んん?」

 ファンファンファン─

ルパン「お、きたな~」



33 : 2017/02/21(火) 12:17:24.24 ID:i3mn0nV20

 ────

コール「ゼニガタの旦那、運転は頼んだぜ」

銭形「おい、何をする気だっ」

コール「このまま仕事を終えるわけにはいかねえんだよ!」

 ────

 キュゥウン─

不二子「きゃっ! 撃ってきたわよ!」

ルパン「不二子、運転代われるか」

不二子「何する気……って、えぇっ? ち、ちょっと!」

ルパン「……っ、……」

ルパン「来いよガンマン。次はちゃんとここを狙いな」トントンッ



34 : 2017/02/21(火) 12:18:56.46 ID:i3mn0nV20

 ────

銭形「ルパン!」

コール「出てきやがったな……! いい度胸だ……!」

コール「今度は外さねえぞ、ルパン……」スチャッ…

 ヒュウゥゥゥゥ─

コール「…………」

コール「……──死ね」

 ドキュウゥゥゥン──



35 : 2017/02/21(火) 12:22:45.63 ID:i3mn0nV20

 ────

ルパン「……っ」

ルパン「……ヌフフ、すまねえなコール」

ルパン「だけどな、こっちにも凄腕のガンマンがいるんだよ」

 ────

 ヒュゥゥゥゥゥゥ──

次元「……ふぅ」

次元「ったく、世話のやける野郎だぜ」

 ────

銭形「コール! だいじょう……ぶ、か……?」

コール「俺の、俺の頭が……!」

銭形「ぷっ……」

コール「全然イカさねえじゃねえか~!!」



36 : 2017/02/21(火) 12:29:03.01 ID:i3mn0nV20

 ────
 ──

 ─ルパンのアジト─

ルパン「ねえ、絵画本当にいらないの~?」

不二子「いらないっ」

ルパン「すっかり拗ねちゃってま~……」

不二子「ふんっ。弄ばれておいて、おいそれとお宝だけ貰ったら女が廃れるわよ」

ルパン「意地張ることないのに……でも、あの時言ってた言葉は本気だぜ?」

不二子「……あの時って?」

ルパン「不二子に、俺は囚われ続けてるってさ」



37 : 2017/02/21(火) 12:30:33.39 ID:i3mn0nV20

不二子「…………」

ルパン「だからさ、不二子……」

不二子「ルパン……──」

ルパン「……──いだぁ!?」ギュッ

不二子「しばらくはルパンのこと信じてあげないから、じゃあね」スタスタ

 ガチャッ

ルパン「ふ、不二子~……おーいちち……」

次元「……他所でやってほしいね、ふっふふ」

五ェ門「まったくだ」



38 : 2017/02/21(火) 12:34:40.72 ID:i3mn0nV20

ルパン「お前らが野暮なんじゃねえかよ……」

次元「しかし、絵はこの部屋に飾ることになったし俺は満足だぜ」

五ェ門「右に同じく。それにしてもルパン、
    不二子に一泡ふかせたとはなかなかやりおるな」

ルパン「ふかせたもなにも、不二子は昔から不二子だっての」

次元・五ェ門「……?」

ルパン「わからねえさ、お前らには」

 ────
 ──

 ブルルゥゥゥゥウン──

不二子「…………」

『不二子に、俺は囚われ続けてんだ』

不二子「……おバカなんだから、ルパンは」



                     おわり


39 : 2017/02/21(火) 12:39:16.43 ID:i3mn0nV20
ルパンは本当に作り甲斐あって楽しい
また書きたくなったら書くルパンSS増えれ乙!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487642871/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ