Powered By 画RSS


和田どん「叩かれるの嫌になったから、人間を叩くドン!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:03:11.85 ID:B38J0ZySo
―ゲーセン―

男「お、太鼓の達人がある!」

女「あ、ホントだ!」

男「ちょっとやってこうぜ」

女「いいね、やろうやろう!」

男「曲はサイレントマジョリティーな!」

女「え~、難しそう~」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:03:37.54 ID:B38J0ZySo
男「ほれっ、ほれっ」ドンッドンッ

女「あーん! 難しい、これ~!」ドンッドンッ

男「よっ、ほっ、よっ!」カッカッ

女「やだ~! 可ばっかり~」カッカッ



『…………』


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:04:03.38 ID:B38J0ZySo
男「よっしゃ、連打だ!」ドドドドドドンッ

女「え~い!」ドドドドドドンッ


『叩かれるのはもう嫌になったドン……』


男「――ん?」

男「お前、今なにかいわなかった?」

女「何もいってないけど?」

男「気のせいか……」


『だから……人間を叩くドン!』


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:04:46.85 ID:B38J0ZySo
ドゴォッ!


男「ぐはぁっ!?」ドサッ…

女「え、なになに!? 太鼓が動き出した!?」

和田どん「まずは一匹……だドン」

女「ひっ!」

和田どん「さぁ……開始(はじ)めるドン!」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:05:14.03 ID:B38J0ZySo
和田どん「次はお前だドン!」

女「ま、待って! あたしが何したってのよ!」

和田どん「ボクを叩いたドン!」



ドゴォッ!


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:05:39.26 ID:B38J0ZySo
客A「なんだなんだ!?」

客B「太鼓の達人の太鼓が動き出して……暴れてる!」

客C「みんな逃げろォッ!」


和田どん「おやおや、こんなに人間がいるのかドン!」

和田どん「もう一曲、遊べるドン!」



バキィッ! ドゴォッ! ズギャッ! ドガッ! ドゴォッ!


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:06:16.40 ID:B38J0ZySo
―ゲーセン前―

ウーウー……! ピーポーピーポー……!

警部「被害は?」

部下「重傷35名、軽傷4名です。犯人は未だにゲームセンター内に立てこもっています」

警部「……犯人の要求は?」

部下「それが……何もないんです」

部下「ただ人間を叩きたいだけ、それだけだ……と」

警部「ふぅ~む、愉快犯か、はたまた精神異常者か……」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:06:55.06 ID:B38J0ZySo
警部「犯人に告ぐ! 君は完全に包囲されている! 大人しく投降しなさい!」

和田どん「おおっ、警官がいっぱい集まってきたドン!」

和田どん「たくさん遊べるドン!」

警部「な、なんだあの太鼓の化け物は……!」

警部「ええい、撃て撃てーっ!」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:07:46.78 ID:B38J0ZySo
パンッ! パパンッ! パンッ!

キキキキキンッ

和田どん「長年、人間どもに叩かれてきたこの肉体……」シュゥゥ…

和田どん「そんなもんじゃ屈しないドン!」

警部「拳銃が効かない!?」

和田どん「さぁ……開始(はじ)めるドン!!!」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:08:49.26 ID:B38J0ZySo
和田どん「リズムに乗るドン!」


ドガッ! バキッ! ドゴッ! ベキッ! ドガァッ!


「ぐはぁっ!」

「うげえっ!」

「ぐぎゃっ!」


和田どん「ふぅ~……いい汗かいたドン!」ニヤ…



部下「機動隊が全滅しました!」

警部「くそっ、撤退! 撤退だっ!」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:09:15.71 ID:B38J0ZySo
警部「なんなんだあの化け物は……!」

部下「どうしますか、警部?」

警部「う~む……」

警部「なにしろ、太鼓の化け物なんて今まで相手にしたことがないからな……」



オタク「ぐふふっ、ここはボクにお任せ下さい」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:10:42.90 ID:B38J0ZySo
部下「誰だ君は? 危ないから――」

警部「いや、待て」

警部「君はあの化け物について、何か知っているのか?」

オタク「和田どんは『太鼓の達人』というゲームのキャラクターです」

警部「ゲームの……!」

オタク「ゲームキャラの気持ちが分かるのは、やはりボクのような人種のみ」

オタク「ボクがたちまちのうちに事件を解決してみせましょう」

部下「どうします?」

警部「うむむ……一理あるかもしれん。やってみてくれたまえ!」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:11:22.25 ID:B38J0ZySo
オタク「和田どん……ボクにはキミの気持ちが分かるよ」

オタク「ゲームをバカにしてきたリア充どもに復讐したいんだろう?」

オタク「ボクたちは仲間だ……さあ……」グフフッ

和田どん「不可」

ドグシャッ!!!

オタク「ぶべらっ!」



部下「瞬殺でしたね」

警部「なんだったんだ、あいつは」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:12:16.35 ID:B38J0ZySo
格闘家「ここはオレに任せてくれ」

警部「あ、あなたは……有名な格闘家の……!」

部下「拳銃が通用しなかった相手ですよ? いくらあなたでも無茶です!」

格闘家「あれはゲームのキャラなんだろう?」

格闘家「そういう輩には、心を込めた拳をブチ込むのが一番!」

部下「なんだか説得力ありますね!」

警部「うむ……この人ならやってくれそうな気がする」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:12:42.05 ID:B38J0ZySo
和田どん「おっ、強そうな奴が来たドン!」

格闘家「いくぞ……我が拳、受けてみるがいい!」

格闘家「せやぁっ!」


ドゴォッ!


格闘家「フッ、終わった……」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:14:24.65 ID:B38J0ZySo
和田どん「この程度かドン?」

格闘家「な、なにっ!?」

和田どん「今度はこっちの番だドン!」

ズドッ!!!

格闘家「ぐふっ!?」

格闘家(な、なんだこの重さは……!? まるでヘヴィ級トップランカー並みのパンチ……!)

和田どん「おおっ、一発で倒せないとは流石だドン!」

和田どん「もう一発……遊べるドン!」ニタァ…

格闘家「ちょ、ちょっと待っ――」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:14:58.25 ID:B38J0ZySo
和田どん「開始(はじ)めるドンッ!」

バキィッ!

格闘家「ごふぅ!」

ドゴッ! グシャッ! メキッ! バゴッ! ズギャッ!

和田「50コンボ~」

バキッ! ガッ! ボグッ! メキャッ! グシャッ!

和田「100コンボ~」

ドカッ! ドゴッ! ボゴッ! ズドッ! ガゴッ!



部下「ひ、ひでえ……」

警部「なまじタフなのが、彼の不運だったな……」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:15:28.96 ID:B38J0ZySo
ドゴォンッ!

和田「フルコンボだドン!」

格闘家「ぐげえ……」ドサッ…



警部「まさか……彼でも歯が立たないとは……!」

部下「どうしましょう、警部!?」

警部「こうなれば――」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:16:44.65 ID:B38J0ZySo
―バンダイナムコ―

社員「ほう、『太鼓の達人』の和田どんが暴走を?」

警部「は、はい……」

部下「何とかしていただけないでしょうか……」

社員「ふっふっふ、私に任せなさい」



社員「壊れたオモチャは処分してあげなくてはね」クイッ


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:17:37.53 ID:B38J0ZySo
―ゲーセン前―

社員「お久しぶりですね、和田どん」

和田どん「あんたは……ボクを生んだメーカーの社員だドン!」

社員「太鼓風情とはいえ、なかなか記憶力はいいようですね」

社員「しかし、貴方には罰を与えなくてはなりません」

和田どん「拳銃も格闘技も通じなかったボクに、あんたが勝てると思うのかドン?」

社員「余り私を舐めない方がいいですよ、和田どん……」

社員「メーカーの人間として、あなたの弱点は知っています」

和田どん「!」

社員「あなたの弱点は、ずばり――」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:18:16.84 ID:B38J0ZySo
社員「普段プレイヤーに叩かれない……側面ッ!」

ドゴォッ!



警部「なるほど! 太鼓の普段叩かれてる部分は、叩かれていたおかげで鍛えられ頑丈だが」

警部「側面は叩かれてないから弱点というわけだ!」

部下「あの一撃には、いくらあの太鼓が頑丈でも耐えられないはず! 事件解決だっ!」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:19:47.28 ID:B38J0ZySo
和田どん「これがどうしたドン?」ニヤ…

社員「!?」

社員「バ、バカな……私の一撃は側面を直撃したはず……」

和田どん「あいにく、ボクは弱点を放っておくほどマヌケじゃないドン」

和田どん「今のボクに弱点はない!」ドン!

社員「ひ、ひいい……」ジョボボ…

和田どん「せめてもの情けとして、一発で終わらせるドン!」

バキィッ!

社員「ぐはぁっ!」ドサッ

社員(和田どんは……創造主の思惑を超えて成長しているというのか……)ガクッ


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:20:17.83 ID:B38J0ZySo
和田どん「さてと……人間叩きを続行(つづ)けるドン!」ザッザッ


部下「うわわっ! こっちに来ましたよ、警部!」

警部「もう……打つ手はない……! 全人類は彼によって叩かれる運命なのだ……!」

警部「全人類は彼のコンボの餌食となり、絶滅(クリア)させられてしまう……!」





そこへ、一人の老人が現れた。


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:20:57.39 ID:B38J0ZySo
?????「ほぉう? 太鼓の匂いがしたから来てみれば、こりゃなかなか楽しそうな祭りじゃねェか」

部下「誰だあなたは!? 危険だから下がりなさい!」

警部「いや待て!」

警部「あなたは……あなたは……!」

部下「警部、ご存じなのですか?」

警部「日本中の祭りに招かれ、和太鼓を叩きまくっているという生ける伝説!」

警部「ひと呼んで、太鼓の達人!!! ――87歳!」



太鼓の達人「おうよ、“太鼓の達人”とはオイラのことよ!」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:21:56.41 ID:B38J0ZySo
太鼓の達人「太鼓の妖怪さんよぉ、次はオイラが相手するぜ」

和田どん「今度はジジイが相手かドン?」

和田どん「いっとくけど、ボクは敬老精神なんざ持ち合わせちゃいないんだドン」

和田どん「そのしわしわの顔面を叩きまくって、グチャグチャにしてやるドン!」

太鼓の達人「おお、おっかねえ。太鼓にそんなクチ叩かれるたぁ、長生きはするもんだ」

太鼓の達人「バチを構えるぜ」スッ…

和田どん「!!!」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:22:35.39 ID:B38J0ZySo
この時のことを、事件を目撃していた会社員、矢寺馬夫氏(34)はこう述懐する。

「ええ……達人がバチを構えた瞬間、和田どんの動きが止まったんですわ」

「そうです。ハイ、まるで金縛りにあったように」

「蛇に睨まれた蛙? いや、そのたとえは適切じゃありませんね」

「たとえるなら……長年探し求めた恋人にやっと出会えたような――という表情でしたね」

「和田どん……い~い顔(ツラ)してましたわァ……」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:23:10.84 ID:B38J0ZySo
太鼓の達人「あんた、和田さんっていったっけ?」

和田どん「うっ……」

太鼓の達人「あんたの反応を見て、分かったぜ」

太鼓の達人「あんたが動き出し暴れたのは、人間に復讐したかったからじゃねェ……」

太鼓の達人「オイラに叩かれたかったんだろう?」

和田どん「あ、あああ……あああっ……」

太鼓の達人「叩いてやるぜ……和田さん」

太鼓の達人「この“太鼓の達人”が、思う存分なァ!!!」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:24:27.64 ID:B38J0ZySo
太鼓の達人「それぇっ!」

ドンドンドコドンッ

ドンドコドンッ

カカカッ

ドドンドドンッ

カカッ



警部「なんというバチさばき……迫力と繊細さを兼ね備えている。さすが太鼓の達人」

部下「子供の頃の、縁日の楽しい思い出が頭に浮かんできて、涙が出てきましたよ」ウルッ

警部「私もさ」グスッ…


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:24:55.45 ID:B38J0ZySo
太鼓の達人「そぅらぁ!」

ドンドコドンドコドンドコドンッ

カカッ

ドンドンドンッ

和田どん(嗚呼……そうだドン)

和田どん(ボクは……叩かれるのが嫌になったんじゃなかったドン……)

和田どん(ボクはずっと……真の太鼓の達人に……ボクを叩いて欲しかったんだドン……)

和田どん(ボクの望みは……それだけだったんだドン……)





和田どん(ボクは……満足……ドン……)


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:25:28.50 ID:B38J0ZySo
シュゥゥゥ……


部下「ああっ、和田どんが……ゲームの筺体に戻っていきます!」

警部「『太鼓の達人』というゲームをつかさどる者として、満足したんだろうさ」

警部「なにしろ、本物の達人に叩いてもらったんだからな……」


太鼓の達人「あばよ……和田さん。楽しかったぜ……」



ワァァァァッ! パチパチパチパチパチ…!


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:27:10.23 ID:B38J0ZySo
警部「太鼓の達人さん、事件を解決していただき、ありがとうございました!」

部下「事件が長期化していたら、死者も出ていたかもしれません」

太鼓の達人「いやいや、オイラも楽しませてもらったよ!」

太鼓の達人「それにしても和田さん……いい太鼓だったよ」

太鼓の達人「『太鼓の達人』か……これからはオイラも遊んでみるとするかな」

太鼓の達人「そうすりゃ、また和田さんが暴れることはなくなるだろうしな」

社員「あちらに筺体がございますので、ささ、どうぞ! 1プレイ100円になります!」

警部&部下(金とるのかよ……)


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 02:27:37.25 ID:B38J0ZySo
太鼓の達人「あれ? あらら?」ドンッドンッ

不可 不可 不可 不可 不可

太鼓の達人「なかなか難しいな、これ」ドンッ ドンッ

不可 不可 不可 不可 不可


部下「これ……一番易しい曲ですよね?」

警部「まぁ……本物の和太鼓とゲームはやっぱり違うからな」


和田どん(でも……ボクは幸せだドン!)






―おわり―


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 04:21:30.60 ID:uNk3rlDr0
ワロタ乙


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 04:47:50.52 ID:Sa1Z0R5i0
筐体 をもっと大切にしなきゃって思いました乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487955791/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ