Powered By 画RSS


雁淵ひかり「ハーイ!みなさんこんにちは~!ひかりちゃんねるへようこそ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 18:15:47.84 ID:SJ6pT2nM0
ひかりの部屋

ひかり「ぶんぶんハーイゆーちゅーぶ」

ひかり「ん~........これはちょっと真似しすぎだよね.....」

ひかり「ハーイ!みなさんこんにちは~!ひかりちゃんねるへようこそ!」

ひかり「こっちの方がいいかな」

ひかり「とりあえず最初の入り方はオッケーと.......」

ひかり「お給料で機材も買ったし後はネタを何にするかだよな~」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 18:29:28.05 ID:SJ6pT2nM0

ひかり「みんなが見てくれるようなのっていったら結構過激なことしないとだめだよね~」

ひかり「あ!そうだ!冬のペテルブルクで頭からワインを被ってみよう」


早朝基地の外 マイナス15度


ひかり「ここにカメラを置いて......誰もいないことを確認..........」

ひかり「よし、撮影開始っと」

ひかり「.........ハーイ!みなさんこんにちは~!ひかりちゃんねるへようこそ!」

ひかり「自己紹介します!私は14歳でひかりって言います!これから面白い動画いっぱい撮ろうと思うのでよろしくお願いします!」

ひかり「記念すべき初投稿の今日はマイナス15度のこの銀世界の上でワインを頭から被ってみたいと思いま~す!絶対飲まないので違法じゃないですからね!」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 18:39:08.23 ID:SJ6pT2nM0

ひかり「ではまずこのワインを開けて~.........よいしょっ.......上の制服を脱ぎます!うぅ~.....水練着一丁は寒いな~.........マイナス15度ですからねみなさん!?」

ひかり「よし!じゃあかけますよ!せーの」

...........ビチャビチャ.................................


ひかり「あああああああああ冷たいですううううううううううううううううううああああああああああああああああ寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い暑い!?寒い寒い冷たいああああああああああああああああ.............」

ひかり「はぁはぁ.............あぁ.........これは命の危険を感じました..............チャンネル登録良ければお願いします........」

ひかり「よし、撮影終了っと..........実際魔法使ってるからそこまで冷たくないんだけどね」

ひかり「さて帰ってシャワー浴びよう」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 18:49:52.63 ID:SJ6pT2nM0
翌日

ひかり「昨日の動画の再生回数はどのくらいいったかな~?」

ひかり「............300回........まあそんなもんだよね..........」

ひかり「あっ......一件コメントが来てる........『14歳にしては発育よすぎるだろwwwwww』.................」

ひかり「...............ユーチューバーやめよ..............」

コンコン

ニパ「おーい!ひかり~!ラル隊長が呼んでるぞ~」

ひかり「はーい!今行きますね!ニパさんわざわざありがとうございます!」


ラルの部屋

ひかり「こんにちはラル隊長」

ラル「お、来たか.....単刀直入に聞くが.......」

ひかり「はい」

ラル「基地のワインを勝手に持ち出したのはお前か?」

ひかり「(ギク.................やば.........)え?も、持ち出してません........私ワインなんて飲めないですし.......」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 18:59:47.70 ID:SJ6pT2nM0

ラル「それもそうだな....昨日急にワインのボトルが一本消えてな........一応隊員全員に聞いてるんだが.........まあ犯人の検討はついている.........悪かったな急に呼び出して」

ひかり「い、いえ大丈夫です!(ふうバレてなかった~)」

ひかり「失礼しました」



翌週
~ブリーフィングルーム~

ラル「今日は最近出たネウロイについての報告を行う.......」

ラル「おっと.......その前に一つ皆に見てもらうものがある」

ラル「よいしょっと..........」ガチャガチャ



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 19:07:18.30 ID:SJ6pT2nM0

サーシャ「ラル隊長.....一体何を?」

ラル「フフ........まあ見ればわかる」

ラル「再生っと...........」カチ


ひかり『ハーイ!みなさんこんにちは~!』


ひかり「!!???!??!??!??」

ニパ「これは...........ひかり?」

菅野「何やってんだこいつ?」


『私は14歳でひかりって言います!これから面白い動画いっぱい撮ろうと思うのでよろしくお願いします!』


クルピンスキー「ひかりちゃんってユーチューバーだったの?可愛いな~」

ひかり「.......................」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 19:43:45.33 ID:wmmp18I40
ひかきん


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:27:07.71 ID:s8ksvT5Fo
youtuberに身をやつすとは愚かな…


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:48:35.86 ID:SJ6pT2nM0


『ワインを頭から被ってみたいと思いま~す!』


ロスマン「な、何ですかこれは!!!」

サーシャ「ワインを盗んだのってまさか...........」

ひかり「........................」


『よいしょっ.......上の制服を脱ぎます!うぅ~.....水練着一丁は寒いな~.........』


ジョゼ「こんな真冬に.......狂ってますよ........」

下原「でもよく見たら魔法発動してますよ」

ジョゼ「あ、ほんとだ」

ひかり「.......................」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 21:55:04.40 ID:SJ6pT2nM0


『あああああああああ冷たいですううううううううううううううううううああああああああああああああああ寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い暑い!?寒い寒い冷たいああああああああああ』


菅野「アハハハハハハハハハハ!こいつ馬鹿だろ!」ケラケラ

一同「............」

菅野「あれ?.............どした?.........」

ひかり「.......................」


『チャンネル登録良ければお願いします........』


ラル「停止っと...........」カチ

ひかり「...........................」

一同「...........................」

ひかり「隊長.............なぜこれを?」

ラル「そりゃあ動画サイトに載っければ誰でも見れるだろう」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 22:01:21.11 ID:SJ6pT2nM0

ひかり「でもこれ......再生回数300回くらいだったはずじゃ........」

ラル「今の再生回数を見てみろ」

チラ

ひかり「!?!?!?!?????」

ひかり「300万回!??」

ラル「コメントもすごく多いぞ」

ひかり「...............あ..............あ.....................」ブルブル

ラル「先週の間に随分と話題になったようだな」

ひかり「ひっ................」

ラル「何か言うことは?」

ひかり「ワ........ワイン.......盗んで.........ご....めん........な..........さい..........」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 22:27:16.58 ID:SJ6pT2nM0

ラル「よろしい.....食い物と飲み物の恨みはでかいというのを覚えておけよ」

ラル「特にこの.....最前線ではな」

ひかり「は、はひ.............」

ラル「いい返事だ..........では本題のネウロイの話に移る」




 ブリーフィングはいつも以上に重たい雰囲気で、喋っているラル隊長以外は誰一人として声を発する者はいなかった.....


 ブリーフィング後、二パさんやクルピンスキーさん、ジョゼさんや下原さんは私を慰めてくれた..........ロスマン先生とサーシャさんにはもちろん叱責されたが、彼女たち自身にも監督責任があるといってそんなに長くは怒られなかった......


 その後、ロスマン先生からインターネットリテラシーに関して徹底的に授業が行われた.......私だけでなく、菅野さんや二パさんにも.........


 ラル隊長はワインのことは許してくれていた.......しかし次は無いと笑顔で言っていた......


 私も含めて現代っ子にはインターネットリテラシーや常識が欠如しているのだ........もうあのような悲劇は繰り返してはならない.........

 
 502部隊のみんなは優しかったが、社会は許してくれない.......そして恐ろしいということも覚えておかなければならない..........

 
 私は未熟だったのだ....

 
 あの事件以降、私はバカなことはしないようになった.......痛いことも.....全部......

 
 しかし今でもまだ........あの事件を思い出して鳥肌が立って叫びたくなってしまう発作が襲ってくる......


 このお話は私から皆さん若い子たちへの警告です...........

 
 決して物語なんかじゃないんですよ.........



~完~

 


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488532547/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ブレイブウィッチーズ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ