Powered By 画RSS


凛「絆深める究極奥義カンチョー」

1 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:24:16.47 ID:JgDWlqCa0
・モバマスSSです
・ギャグ成分強め
・キャラ崩壊あり

苦手な方はお控えください

それではよろしくお願いします


2 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:25:03.81 ID:JgDWlqCa0
凛「(私はアイドルとして、やれるだけやってきたつもり)」

凛「(プロデューサーのおかげもあって今は結構仕事も増えてきた)」

凛「(それに、事務所のみんなっていう大切な仲間も出来た)」

凛「(その中でも特に、その....)」

凛「(私が、大事に思ってるのは....)」

卯月「凛ちゃんっ!」

未央「しぶりんっ!」

凛「(やっぱりニュージェネの2人)」

凛「(どれだけ仕事が増えても)」

凛「(この2人が一番なのは変わらない)」

凛「....」

凛「(....でも)」




3 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:26:30.65 ID:JgDWlqCa0
モバP「卯月~」

卯月「頑張ります!」

美穂「卯月ちゃん~」

卯月「がんばります!」

みく「卯月ちゃ~ん」

卯月「ガンバリマス!」

卯月「ガンバリマス!」

卯月「ガンバリマス!」

卯月「ガンバリマス!」

かな子「卯月ちゃん、どうして壁に話しかけてるの?」

凛「....」


4 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:27:35.97 ID:JgDWlqCa0
モバP「未央~」

未央「何?プロデューサー!」

みりあ「未央ちゃん~」

未央「みりあちゃ~ん!」ギュー

みりあ「ふふっ、も~くすぐったいよ~」キャッキャ

裕子「ムンッ!ムンッッ!!クンッ!!!あれ~?」

未央「何してるの?」

裕子「本当なら今頃未央ちゃんの首が180度折れ曲がってるはずなんですけど」

未央「怖っ!?」

凛「....」


5 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:30:10.59 ID:JgDWlqCa0
凛「(2人ともいい子だし明るいから事務所内外で交友関係広いんだよね....)」

凛「(それに比べて私はまあ....)」

凛「(若干コミュ障入ってるし....)」

凛「(私にとって2人は一番の仲間だけど)」

凛「(2人にとってはそうじゃないのかも....)」

凛「....はぁ」ナデナデ

乃々「あの....そんなに撫でられたら身長が縮むんですけど....」

凛「(どうしたらいいんだろ....)」ナデナデッ!

乃々「あのっ!?頭頂部が禿げてしまうんですけどっ!?」ブチブチッ!

乃々「ちょっと!?誰かっ!?誰か助けてくださいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」ブチブチブチィ!!!

凛「....」ナデナデナデッ!

乃々「むーりぃ~とか言ってる場合じゃなくて本当に無理です!!!!!無理です!!!!!あぁっ!!!!!!」ブチブチブチッ!!!

卯月「?」

未央「?」


6 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:33:16.55 ID:JgDWlqCa0
卯月「あの~、凛ちゃんどうかしましたか?」

未央「しまむーさっきから元気ないよね?」

凛「(うわっ!?2人がすぐそばに!?)」

凛「えっ!?いや、別に大丈夫、大丈夫だから」

凛「あ、私今日はもう仕事終わったしそろそろ帰るね!」ピュー

凛「(なぜか手におびただしい量の誰かの髪の毛が巻き付いてるけどいっか)」ピュー

2人「....?」

卯月「どうしたんでしょう....」

未央「様子おかしかったよね....」

乃々「もりくぼヘアーがぁ....」

卯月「なんだか焦ってるみたいでした....」

未央「大丈夫かな、しぶりん....」

乃々「アイドル辞めたい....」


7 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:36:17.37 ID:JgDWlqCa0
凛「はぁ....」

凛「(思わず飛び出してきちゃった....)」

凛「(今まで気にしたことなかったけど)」

凛「(一回気になっちゃうと不安でたまらない....)」

凛「....」

凛「(ダメだなあ私....)」

凛「(みんな私のことを真面目だとかクールだとか言うけど)」

凛「(全然そうじゃない....)」

凛「(私なんて1人じゃ何も出来ない....)」

凛「....」

凛「(もっと2人と仲良くなりたいな....)」

凛「(でもどうしたら....)」

小学生A「よーしいくぞー!!」

小学生B「あぁっ!ちょ、ちょっと待って!!!心の準備が!!!!」

凛「....楽しそう」


8 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:36:45.25 ID:JgDWlqCa0
凛「(何も気にせずああして無邪気に

小学生A「そぉりゃあ!!!!」ブスッ

小学生B「アァッ!!!!!!」グルンッ

小学生C「あははははははははははは!!!!!」

凛「!?!?!?!??!??」

凛「(えぇっ!?今あの子たち何した!?)」

小学生B「いってぇ~!いきなりはやめろよ~!」サスサス

小学生A「ごめんごめん!目の前にケツがあるとついな!」

小学生C「あははははははははっ!!!!!ははっ!!!はぁ!はぁ!はぁ....」ゼエゼエ

凛「(はっきりとは見えなかったけど....)」

凛「(男の子が前にいたもう1人の子のお尻に....)」

凛「(すごい勢いで指をぶっ差した!?)」

凛「(えぇ!?見間違いじゃないよね?)」


9 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:37:14.56 ID:JgDWlqCa0
凛「(しかもあんなことされたら痛いはずなのに)」

凛「(した子も見てた子も、それにされた子までみんな仲良く笑ってる....)」

凛「(これは....)」

凛「あんたたち!」

小学生ズ「???」

凛「今、何かやってたよね!」

小学生A「何か?」

凛「今この子のお尻に指を突き刺してたでしょ!!!」

小学生B「あ~カンチョー??」

小学生C「カンチョーがどうかしたん?」

凛「カ、カンチョー....!」

凛「(なぜだかわからないけど....)」

凛「(この子たちの弾ける笑顔を見てからその名前を聞くと....)」

凛「(魅力的な響きに感じる....)」


10 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:37:40.35 ID:JgDWlqCa0
凛「ちょっと聞きたいんだけど」

凛「あんなことされて怒らないの?」

小学生B「あれくらいで怒る奴がいるかよ~」

凛「(友人間では普通のことなの....?)」

小学生A「俺たちの中じゃ挨拶みたいなもんだしな~」

凛「(あ、挨拶!?あれが!?)」

小学生C「そうそう、あれで俺らは絆を深めてきたんだ!」エッヘン

凛「(き、絆!?)」

凛「....」

小学生C「なーんてな、まあただの悪戯みたいなもんだな~」

小学生A「そうそう、強くやってるように見えてそこまで痛くないように手加減

凛「あんたたち、いや君たち!どうもありがとう!!!!」

凛「それじゃ!!!」ダダダダダダ


11 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 12:38:49.35 ID:JgDWlqCa0
小学生ズ「....」

小学生B「なんだったんだ....?」

小学生A「さぁ....」

小学生C「一応通報しとくか」ピッ

凛「はっ!はっ!はっ!」ダダダダダダ

凛「これだっ!!!!」ダダダダダダ

凛「これは使える!!!!」ダダダダダダ

凛「待ってて卯月!未央!」ダダダダダダ

凛「あれを習得して!」ダダダダダダ

凛「ニュージェネの絆を深めて!」ダダダダダダ

凛「さらなる高みへ導いてみせるから!」ダダダダダダ


12 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 13:48:43.40 ID:JgDWlqCa0
凛「それからの私は」

凛「あの小学生Aが見せてくれた美技を習得するため」

凛「アイドル活動の傍ら」

凛「来る日も来る日も精進し続けた」


13 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 13:56:22.06 ID:JgDWlqCa0
凛「カンチョーに大切なのは....」

凛「やっぱり指だよね....」

凛「指を鍛えるにはいったいなにをすれば....」

シャン♪ シャン♪

凛「ん?この音って....」

乃々「あ....あとちょっとでフルコン....」

凛「乃々!これ何!」バッ

乃々「あ゛あ゛あ゛!!!!!」ガクガク

乃々「あんずのうたが....私のあんずのうたMASTERが....フルコンが....」ガクガク

凛「『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』!?!?」

凛「これをすればきっと指が鍛えられて、習得に役立ちそう!」

凛「早速ダウンロードしなきゃ!」

乃々「アイドル辞めたい....」


14 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 14:02:06.53 ID:JgDWlqCa0
凛「そういえばあの『カンチョー』....」

凛「どこかで見たことがある気がする....」

凛「どこで見たんだろう....」ピッ

TV「五郎丸世界レベルに挑む!」

TV「大好きなニチレイ本格焼きおにぎり!」

凛「あ!」

五郎丸「好き(棒読み)」

凛「この人だ!この人のルーティーンとそっくりなんだ!」

凛「....」ポチポチ

凛「なるほどね、この見てるこっちが恥ずかしいレベルの棒読みの人はラグビー選手なんだ」

凛「ん?ラグビー....」

凛「....」

凛「....そうだ」ニヤリ


15 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 14:15:47.24 ID:JgDWlqCa0
凛「ということでよろしく!」

茜「いきなり呼び出されたんですけどどうしたんですか!」

凛「実は私カンチョ....」

凛「最近ラグビーに興味が出てきて」

茜「おぉっ!」

凛「身近でラグビーに一番詳しそうな茜に色々教えてもらいたくて....」

凛「いい?」

茜「もちろんです!!!」

茜「凛ちゃんはクールといいますか、ラグビーのような熱いスポーツには興味がないと思っていました!!!」

凛「(大正解)」

茜「そういうことなら私の出番です!」

茜「ではまずラグビーのルールを一から教えていきますよ!」

凛「え゛っ」


16 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 14:16:51.43 ID:JgDWlqCa0
茜「しかし言葉だけではどうしても伝えにくいんです!」

凛「じゃあしょうがないからルール説明は後回しにして

茜「ということで!」

茜「私が懇意にさせてもらっている某大学ラグビー部の練習を見学しに行きましょう!」

茜「そこはなんと大学選手権を8連覇中の超強豪です!なかなか近くでは見られませんよ!!!」ピッ

凛「いやそういうことじゃなくて

茜「今連絡をしたら大歓迎だそうです!ささ、早く行きましょう!」

茜「偶然にも練習場所は走って向かえる距離です!」

凛「どのくらい?」

茜「ハーフマラソンくらいですかね!!!!」

凛「ちょっ

茜「全力で行きましょー!!!!」グイグイ

凛「助

ダダダダダダダダダダダダダダダダ


17 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 19:50:02.26 ID:JgDWlqCa0
~数日後~

凛「....」テクテク

凛「....」ガチャリ

乃々「あ....凛さん....」ビク

乃々「....おはようございます」ペコ

凛「....乃々」

乃々「な、なんですか....?」

乃々「頭を撫でるのはしばらく禁止です....」プイ

凛「ううん、今日は頭じゃない」ニコ

乃々「いや頭じゃないってことは他の部位に何かするってことなんじゃ....」

凛「....」ニコ

乃々「(絶対そうだ....)」

乃々「この前みたいなことはやめてくださいよ....?」

凛「大丈夫」ニコ

凛「じゃあちょっとだけ後ろ向いてくれる?」

乃々「は、はい....」クルリ


18 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 19:51:32.05 ID:JgDWlqCa0
凛「....よし」シャガミ

乃々「(凛さんは何をしてるんだろう....)」

凛「....ふぅ」

凛「いくよ!」

乃々「何がです

凛「それっ!!!!」ブシュゥッ

乃々「ギィッ!?!?!?!?!??!?」ブスリッ

凛「協力ありがとう、乃々」

凛「(これで乃々も私に心を開いてくれるはず)」

乃々「」ピクッ

凛「明日からもよろしくね」ニコ

乃々「」ピクッ

凛「ふんふふ~ん♪」ピョコピョコ

乃々「」ピクッ

乃々「アイドル....辞め....」ガクン


19 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 21:59:11.43 ID:JgDWlqCa0
凛「ふふ....鍛えた甲斐があったみたい....」ニコ

凛「さ、肩慣らしも出来たし本題に入ろう」

凛「ね、卯月!」ニコ

卯月「凛ちゃん!」ニッコリ

卯月「(昨日は顔色が良くなかったですけど今日はいつもの凛ちゃんです!)」

卯月「(むしろいつもより表情が明るく感じます!)」

凛「....」ニコニコ

卯月「よかったです!」

凛「?」

凛「卯月、ちょっと後ろ向いてくれる?」

卯月「どうしてですか?」

凛「お願い!」

卯月「....」

卯月「....わかりました」

卯月「私、頑張ります!」


20 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:09:09.64 ID:JgDWlqCa0
凛「よーし....」シャガミ

卯月「(凛ちゃんはどうして私に後ろを向かせたんでしょう?)」

凛「....」スーハー

凛「....一本集中」キリッ

凛「よし」

凛「いくよ!」

凛「それぇっ!!!」ブシュゥッ

卯月「何がですか?」クルリ

凛「なんで前向いて

ブスリッ

凛「あ」

卯月「....」


21 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:09:40.65 ID:JgDWlqCa0
卯月「....え」チラ

卯月「あ....」サーッ

卯月「痛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!」ガクガク

卯月「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!!!」ガクガク

凛「卯月っ!!!」

卯月「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛いっっっっっ!!!!!!!!」ブクブク

凛「ごめん!!!!まさか前向いてるとは思わな

卯月「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!!!!!」ダラダラ

凛「」

卯月「もう頑張れないっ!!!!!頑張れないっ!!!!!」ジタバタ

未央「お疲れ~」ガチャリ

卯月「痛いですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!」ガクガク

卯月「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!!!!!」ジタバタ

卯月「ぎゃあああああああああああああ!!!!!!」ブクブク

凛「ごめんっ....ごめん卯月っ....」サスサス

未央「何この地獄絵図」


22 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:13:41.11 ID:JgDWlqCa0
未央「ビックリしたよ~」

凛「....」

未央「事務所に入ってきたらしまむーは股間抑えて床這いずり回ってるし」

未央「しぶりんはしまむーの股間擦ってるし」

凛「....ごめん」

卯月「....」ガチャリ

未央「あ、どうだったしまむー?」

卯月「....」

卯月「....パンツの中は大丈夫だと思います」

卯月「血、とか出てなかったので....」

未央「よかったね~しぶりん」

未央「破ってたら責任とってしまむーを養っていかなきゃならないとこだったよ~」

凛「....ごめん」

未央「ちょ、冗談だって冗談!」

未央「ね!しまむー!」

卯月「....」


24 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:22:11.71 ID:JgDWlqCa0
卯月「私、怒ってます!」

未央「あの何があってもガンバリマスしか言わない壊れたCDことしまむーが!?」

卯月「どうしていきなりあんなことしたんですか!」

卯月「すっごく痛かったんですよ!」

未央「大人になっちゃったかと思った?」

卯月「うぅ....正直少しは....////」

卯月「って未央ちゃん!今は真面目な話してるんですよ!」

未央「あはは~、ごめんごめん」

卯月「それで凛ちゃん!」

凛「....」ビク

卯月「何か理由があるんですよね?」

卯月「常識人の凛ちゃんがタダの悪戯であんなことするはずありません」ジー

凛「....」

凛「....」コクリ


25 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:22:52.87 ID:JgDWlqCa0
卯月「それは数日前から悩んでいたことと関係してるんですか?」

凛「!」

卯月「....」ニコ

凛「....」コクリ

未央「しぶりん、話してみてよ」ニコ

卯月「そうです、だって私たち」

卯月「ニュージェネレーションですから!」

凛「....」

凛「....ぅっ」ポロ

凛「ふぇ~」ポロポロ

卯月「凛ちゃん!?」

未央「しぶりん!?」

卯月「りりり凛ちゃん、落ち着いてください!」

未央「そうだよ!しまむ~だって別にブチギレてるわけじゃないよ!」

凛「ふぇ~ん」ポロポロ

卯月「おおおおおお落ち着いて、ひとつずつ事情を話してください!」

凛「ひっぐ....実は....」


26 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:31:30.34 ID:JgDWlqCa0
凛「ごべん....」グスグス

凛「私2人のこと大好きだから不安で....」グスグス

凛「どうしたらいいかわからなくなっちゃって....」グスグス

凛「ふぇ~ん」ポロポロ

卯月「凛ちゃん....」

未央「しぶりん....」

2人「....」

卯月「私たちこそ、一番年下の凛ちゃんに背負わせ過ぎてたのかもしれません....」

未央「しぶりん一人でなんでもできるから....ついそれに甘えちゃって....」

卯月「もっと一緒にいてあげるべきでした....」

凛「そんなことっ!」


27 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:32:15.45 ID:JgDWlqCa0
未央「よーし!!!」ズボッ

卯月「未央ちゃん!?いくら事務所でもいきなり裸になっちゃダメですよ!?」

未央「そんなにカンチョーでユウジョーを深めたいならいくらでもしていいよ!!!」

凛「....未央」

未央「どんとこーい!!!」プリッ

卯月「....」

卯月「それぇっ////」ズボッ

未央「しまむーまで!?」

卯月「凛ちゃんのやりたいカンチョーはまだ出来ていません!」

卯月「さあ凛ちゃん!本懐を遂げてください!」

凛「....卯月」

卯月「へーいかもーん////」プリッ

凛「....」


28 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:39:23.77 ID:JgDWlqCa0
凛「....ぷっ」

凛「あはははははは!!!!」ケラケラ

2人「....ぷっ」

卯月「あははははっ!あははっ!」ケラケラ

未央「はははははははははっ!!!!」ケラケラ

卯月「凛ちゃん、わかってくれましたか?」ニッコリ

未央「私たちしぶりんのこと大好きだよ!」グッ

凛「うん、あんなに心配して、勝手に悩んで」

凛「私バカだった」ニッコリ

凛「ニュージェネレーションは最高だよ!」

卯月「凛ちゃんっ!」ギュー

未央「しぶりんっ!」ギュー

凛「2人とも....ありがとう....」ポロ

ちひろ「....」パチパチパチ

3人「!?」

ちひろ「素晴らしい愛を見せてもらいました」パチパチ

ちひろ「用意は完了してます」

ちひろ「続きは隣の部屋のベッドの上でどうぞ!」ニッコリ

3人「えぇ....」

モバP「なるほど、アイドルとファンではなく」

モバP「アイドル同士という売り方もあるのか....」

ちひろ「百合は正義です!」


29 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:46:05.18 ID:JgDWlqCa0
凛「はぁ....2人はやっぱり優しかったな....」

凛「よし、私も2人に追いつけるように頑張らなきゃ!」

凛「でも、どうすれば....」

小学生A「....」ニヤニヤ

小学生B「それでさー母さんがー」

小学生C「へーそりゃ酷いなー」

凛「(この前の....)」

小学生A「そりゃ!」クイッ

小学生B「うがぁっ!?」

小学生C「ふふっ!!!!」ブー

凛「!?!?!?!?!?!??!?」

凛「(今のは何!?)」

凛「(後ろにいた小学生が前を歩いてた子の股の間から傘の持つ部分を通して)」

凛「(フックをひっかけるかの如く股間を攻撃していたっ!?)」

小学生B「お前!またやったな!」

小学生A「お前そりゃ傘があったらやるしかないだろ~!」

小学生C「そうそう、当然当然!」

凛「あんたたち!!!ちょっといい?」

凛「(これは使える!!!)」

凛「(これで卯月と未央に釣り合うトップアイドルに!!!)」

凛「待ってて卯月!未央!」

【完】



30 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/03/04(土) 22:48:23.41 ID:JgDWlqCa0
最後までお付き合いいただきありがとうございました
しばらくぶり、2作目のモバマスSSだったんですがいかがでしょうか

このSSが読者の方の人生の糧に少しでもなれば幸いです


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488597856/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ