Powered By 画RSS


御狐神「凛々蝶様を無視し続けたらどうなるか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:07:24.61 ID:k/nrLtMl0


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:10:07.02 ID:k/nrLtMl0
って感じで誰か書いてくれたらとっても嬉しいなって


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 21:34:27.27 ID:nF95+Igd0
はよ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:37:32.61 ID:qyNGX3Iv0
凜々蝶「そろそろ下に降りようか……」ガチャ

凜々蝶「おはよう、今日もわざわざご苦労な事だな」

御狐神「……」

凜々蝶「……」

凜々蝶「……御狐神くん?」

御狐神 スタスタ

凜々蝶「ちょ、御狐神くん!?」

はい




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:39:23.14 ID:xh6FSNEy0
>>13
っづけろ下さい


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:46:45.31 ID:dDrBU1km0
>>13
おねげえしますだ


16 :まだ残っててワロタ 2012/04/06(金) 22:51:45.24 ID:k/nrLtMl0
反ノ塚「おー、りりちよ。朝からどしたの」

凛々蝶「反ノ塚か……。おはよう、とでも言って欲しかったのかな? ……ってそうではなく!」

凛々蝶「その……御狐神くんの様子がおかしいんだ」

反ノ塚「いつもじゃね?」

凛々蝶「だからそうじゃなくて!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 22:58:10.86 ID:k/nrLtMl0
凛々蝶「どうもその……御狐神くんに無視されてるような……」

反ノ塚「え? ミケが? お前を?」

凛々蝶「ああ……」

反ノ塚「まっさかー、ただ聞こえてなかっただけじゃないの?」

凛々蝶「そんなハズはない! これくらいの距離で彼が僕の声を聞き漏らす訳がないだろう!」

反ノ塚「この前脱衣所でくしゃみしたらティッシュ箱抱えて飛んできたって言ってたもんなー」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:02:42.85 ID:k/nrLtMl0
反ノ塚「まあ何にしても思い違いだろ、ミケがそんなガキみたいな真似するわけないって」

凛々蝶「しかし……」

反ノ塚「そんなに気になるなら本人に直接聞いてみればいいじゃないの、おーいミケー」

凛々蝶「!?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:08:30.06 ID:k/nrLtMl0
御狐神「お呼びでしょうか、お兄様」

反ノ塚「いや、なんかね、こいつがさっきミケに挨拶したのに返事して貰えなかったーって拗ねてるから」

凛々蝶「だ、誰が拗ねるか!! 勝手なことを言うな!!」

反ノ塚「こいつこういうこと地味に気にして傷付いちゃうタイプだからさー」

凛々蝶「うるさい!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:16:07.09 ID:k/nrLtMl0
御狐神「……申し訳ありません。どうやらうまく聞き取れなかったようです」

反ノ塚「だってよ。だから言ったろ? ミケがお前のこと無視なんかするわけないって」

凛々蝶「べ、別に僕は気にしてない……」

反ノ塚「ったく相変わらず素直じゃないなぁーこいつは。そんじゃミケ、朝飯まだだろ? 後頼むわ」

御狐神「はい。……かしこまりました」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:27:07.85 ID:k/nrLtMl0
~ラウンジ~

野ばら「……おはよう。凛々蝶ちゃん、反ノ塚見なかった?」

凛々蝶「? 彼なら自分の部屋に帰ったようだが。大方二度寝しようとでも考えてるんじゃないか?」

野ばら「そう……分かったわ。ありがとう、凛々蝶ちゃん」コツコツコツ

凛々蝶「……? なんだったんだ?」スッ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:31:35.13 ID:k/nrLtMl0
凛々蝶「あ……」

カルタ「ちよちゃん、どうかしたの?」

凛々蝶「い、いや! なんでも! ……ない」

御狐神「」スッ

凛々蝶「(いつも通り椅子は引いてくれるし食事も僕の好きなものを並べてくれる……やはりさっきのは僕の思い違いだったんだ)」ソワソワ

カルタ「(ちよちゃん、かわいい)」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:35:37.50 ID:k/nrLtMl0
凛々蝶「蜻蛉はいつも通りとして……渡狸と夏目くんは? 彼らがこの時間にいないのは珍しいな」

カルタ「ふたりは……びょういん……」

凛々蝶「なっ!? 事故にでもあったのか!?」

カルタ「ううん、そうじゃなくて……」



カルタ「……のどか?」カポーン

凛々蝶「どういうことなんだ……」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:42:40.93 ID:k/nrLtMl0
カルタ「渡狸は慌ててたけど……そんなに心配ない、……と思う」

凛々蝶「ああ見えて夏目くんは身体が弱いからな……後で様子でも見に行こうか」

カルタ「入院はしないと思うけど……お見舞い? ……フルーツ、羊羹、プリン……」

凛々蝶「(相変わらず食べ物ばかりだな……)」

凛々蝶「御狐神くん、悪いが後で車を出してくれないか?」

御狐神「……」

凛々蝶「……御狐神くん?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:49:30.52 ID:k/nrLtMl0
凛々蝶「御狐神くん?」

御狐神「……」

凛々蝶「……おい、笑顔のまま寝ているのか?」

御狐神「……」

凛々蝶「ふざけるのもいい加減に……!」ガタッ


カルタ「みけつかみ……」

御狐神「はい。なんでしょう、髏々宮さん」

凛々蝶「!?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:58:13.21 ID:k/nrLtMl0
凛々蝶「み、御狐神くん……?」

カルタ「みけつかみ。そういうのは……よくない」

御狐神「……さて、どういうことでしょう。分かりかねますが」

カルタ「……いくら

凛々蝶「待て、彼は僕のシークレットサービスだ。僕が話を付ける!」

御狐神「……」

凛々蝶「何かの間違いだと思っていたがやはり君は僕を無視しているようだな!」

御狐神「……」

凛々蝶「一体どういうことだ!? 僕が何か君の気に障るようなことをしたのか!?」

御狐神「……」

凛々蝶「もしそうなら……ちゃんと謝るから……! だから……!無視をするのは……やめてくれ……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:09:55.44 ID:5GievsAu0
御狐神「……すみません。用事を思い出しましたので失礼致します。髏々宮さん」ザッ


凛々蝶「彼はもう、僕の名前も呼んでくれないんだな……」

カルタ「……ちよちゃん」

凛々蝶「やっぱり、彼はこれまでずっと我慢してきたんだろうか?」

カルタ「……」

凛々蝶「ありのままの僕が好きだと言ってくれてたけど、心の奥では僕のこんな態度を……ずっと腹立たしく思っていたのかな……?」

カルタ「……そんなこと、ない」

凛々蝶「でも、彼は実際に僕を……」

カルタ「みけつかみは、理由もなしにちよちゃんにあんなことをしたりはしない」

凛々蝶「……」グズッ

カルタ「ハンカチ。とにかく、おいかけて問い詰めるべき」

凛々蝶「ああ……分かった、どんな理由があるにせよ、彼からそれを聞き出してやる!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:16:03.28 ID:5GievsAu0
~エレベーター~

御狐神「……」

凛々蝶「待て!」

御狐神「……」

凛々蝶「捕まえたぞ……! ここなら邪魔が入る心配も無いし、君も逃げられないだろう!」

御狐神「……」

凛々蝶「相変わらずだんまりか、芸が無いな」

御狐神「……」

凛々蝶「幸いなことにここは顔見知りしか住んでいないマンションだ。彼らには迷惑をかけるが、僕の納得のいく答えを聞かせてもらうまで、君をこのエレベーターからは出さないからな!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:24:51.23 ID:5GievsAu0
凛々蝶「……お願いだから聞かせてくれ! 君は何故僕を無視する!」

御狐神「……」

凛々蝶「頼むから……!」

御狐神「……」

凛々蝶「僕の言葉遣いや態度が気に入らないというのなら幾らでも直す!」

御狐神「……」

凛々蝶「だから……! お願いだから……!」

御狐神「……」

凛々蝶「僕を……見てくれ……」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:47:56.21 ID:5GievsAu0
チーン
御狐神「……」ザッ

凛々蝶「ま、待て! まだ話はーー」スカッ

御狐神「……」スタスタスタ

凛々蝶「なっ……!?」

御狐神「……」バタン、ガチャッ

凛々蝶「(先祖返りの力を使ってまで……僕とは話したくないのか……)」

凛々蝶「はは……」

凛々蝶「(やはり僕には、人と関わるなんて、無理だったみたいだ……)」

凛々蝶「(こんなことには、慣れてるつもりだった)」

凛々蝶「……だけど、君には、君にだけは嫌われたくなかった……」ポロ

凛々蝶「……御狐神くん……なんで……」ポロポロ


凛々蝶「うわぁぁぁぁぁぁぁーー!!!」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:54:48.15 ID:5GievsAu0
~凛々蝶の部屋~

凛々蝶「……んん……」モゾ

凛々蝶「……寝て……しまっていたのか……」

凛々蝶「(なんだろう……凄く、嫌な夢を見ていた気がするが……)」


凛々蝶「(そう……御狐神くんが僕をーー!?)」

凛々蝶「……夢だ、夢に決まってる」

凛々蝶「そんなこと……あるハズがない」


凛々蝶「彼の部屋に、行ってみよう」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 00:59:43.19 ID:5GievsAu0
ーーー
ーー

凛々蝶「御狐神くん、居るか?」

凛々蝶「……いないなら、いないって返事をしてくれ」

凛々蝶「御狐神くん……!」ガチャッ

凛々蝶「!? 鍵が……掛かってない……」


凛々蝶「悪いが、返事が無いなら入らせて貰うぞ……!」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:11:18.03 ID:5GievsAu0
凛々蝶「ここが……彼の部屋……」スンスン

凛々蝶「(彼の匂いがする……)」

凛々蝶「たった一日のことなのに、もう随分昔のことのように感じるな……」

凛々蝶「でもやはり、部屋にはいないか……」

ヒラッ

凛々蝶「……? テーブルの上にこれは……置き手紙!?」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:12:10.67 ID:5GievsAu0
落ち着いた色合いのテーブルの上に置かれた一枚の便箋には
彼らしい丁寧な、しかし何処か懐かしさを感じるような字で、おそらく僕へ向けてと思われるメッセージが一言だけ綴られていた。


『ラウンジへ』


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:23:52.71 ID:5GievsAu0
~ラウンジ~

野ばら「反ノ塚~。はい、口開けて♡ あんたカレーうどん大 好 き だ っ た で し ょ ~ ?」

反ノ塚「いや、あのね野ばら姐さん。確かにカレーうどんは好きだけど……ちょ、熱っ! やめて!せめて食わせるなら食わせるで普通に食わせて! そこ明らかに頬っぺただから!」

凛々蝶「」



夏目「渡狸様。ハーブティーは如何ですか? ラベンダーには鎮静効果があります。先程からご気分が優れないご様子。これを飲んで、少し落ち着いてください」

渡狸「俺の気分が優れないのは十中十全てお前のせいだー!! やめろよ! 本当にそういうのやめろよ! 蕁麻疹が出るじゃねーかぁー!!!」

凛々蝶「」

カルタ「みんな、なかよし」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:30:09.54 ID:5GievsAu0
凛々蝶「僕は、まだ悪夢から覚めてないのか……!?」

カルタ「たたかわなくちゃ、げんじつと」


凛々蝶「ろ、髏々宮さん……これは一体……」

カルタ「これも全部、かげさまの仕業」

凛々蝶「な、なにっ!?」


蜻蛉「フゥーハハハ!! 久しぶりだな! 我が肉便器共!!」ガッシャーン


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:30:41.43 ID:gJyjrusm0
来たか


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:37:55.46 ID:5GievsAu0
夏目「あれれー? もうカゲたん登場?」

野ばら「っていうことは……もうこの茶番劇も終わりでいいのよね……?」ピキン

反ノ塚「あっ」モッタイナイ




蜻蛉「ああ。双熾ならばもっと早くに音をあげるかと思ったが……読みが外れたな」

凛々蝶「一応弁明だけは聞いてやろう」ジャキッ

蜻蛉「一瞬で変身し私の喉元に得物を突き付けるとは……その決断力S!」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:47:51.04 ID:5GievsAu0
凛々蝶「いや、そういうのいいから早く話せよ」グリグリ

蜻蛉「フゥーハハハ! この容赦の無い力加減! まさしく……今回の件を計画したのは私と残夏だ」

カルタ「おどしにあっさり屈するカゲさま、かっこわるい」


夏目「SSの皆でクジを引いてー、今日一日その内容でパートナーに接しようーっていうゲームだよー。もし破ったらドキドキの罰ゲームっていうペナルティ付きー」

蜻蛉「私には別の役割があったので自然我がMy性奴隷はゲームから除外される運びとなり、ゲームの内容は知らせていなかったが……」

カルタ「たぶんカゲさまの仕業だとは、思ってた」

蜻蛉「さすがは我がMy肉便器! その洞察力……話を続けよう」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 01:55:08.07 ID:5GievsAu0
蜻蛉「ちなみに接する内容は双熾が『無視』、残夏が『執事』、そしてそこの肉便ーー

野ばら「マンモスの隣に寝かせてくるわよ」

蜻蛉「『デレデレ』だ。他にもいろいろと用意していたのだがな」

夏目「接する内容はクジだけどー、罰ゲームはその人が『一番したく、されたくないこと』だよー。例えば野ばらちゃんのペナルティを僕が受けたってどうってこと

野ばら「夏にいちごシロップとランデヴーさせるわよ」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:06:33.40 ID:5GievsAu0
蜻蛉「まさか誰一人として役割を放棄しないとはな、つまらん」

夏目「(そーたんのあれはちょっと微妙なところだったけど、あれがなかったら流石にちよたんが可哀想だからね)」

野ばら「ところで、あんた自分が言い出したこと、忘れてないでしょうね?」

蜻蛉「はてさて、なんのことやら」

野ばら「もし誰一人としてルールを破らなかった場合、今後一切このマンション内での変態行動及び変態発言禁止、そしてーー」ピキン

御狐神「それ相応の報いを受ける。ーーまさか蜻蛉様は、自分が言い出したことを反故にするなんて真似、なさらないでしよぅ?」ジャキッ

蜻蛉「……」







蜻蛉「さらばだ我が肉便器共よ! 私は再び悠久の旅に出る!!」ガッシャーン

夏目「せめて入ってきたところから出ていけばいいのにー♪」


96 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/04/07(土) 02:12:26.72 ID:aVFaEdGv0
ワラタwwww


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:19:50.22 ID:5GievsAu0
ーーー
ーー

御狐神「ーーということだったのです。何の弁解の余地もありません。どうぞ、お好きなように……」スッ

凛々蝶「だから! 自分を大事にしないか! 懐かしいなこのやり取り!」バッ


御狐神「しかし……! あのような戯れに凛々蝶様の心を傷付けて……僕は……!」

凛々蝶「……いいんだ」ポフッ

御狐神「り、凛々蝶様……?」

凛々蝶「もう僕は二度と……君を失うようなことにはなりたくない。今回みたいなことになって、初めて僕は自分の気持ちに気付いた……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:22:07.94 ID:5GievsAu0
凛々蝶「だから、僕も変わってみるよ。もう二度と、君を失うことがないように」

御狐神「……」ポロポロ

凛々蝶「これだけは約束してくれ。頼むから……もう、こんなことはやめてくれ。どんなことがあっても……必ず僕を見ていてくれ……お願いだ」

御狐神「はい……はい……!」ポロポロ

凛々蝶「……」









凛々蝶「(よく考えると僕は、物凄く恥ずかしいことを言っているんじゃないだろうか……?)」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:33:07.70 ID:5GievsAu0
凛々蝶「……」ダラダラ

御狐神「凛々蝶様……」

凛々蝶「な、なんだ!? 御狐神くん!」

御狐神「貴女をあそこまで苦しませておいて、何のお咎めも無しなど、やはりこのままでは、僕は僕自身を許すことが出来そうにありません。どうか、この犬に罰をお与え下さい」

凛々蝶「本当に真面目だな、君は」

御狐神「……」

凛々蝶「……そうだな。なら、もう夜も遅いが」






凛々蝶「新しいコーヒーのブレンドの試飲にでも付き合って貰おうか、御狐神くん」

御狐神「……はい。いつまででも、付き合わせて頂きます。凛々蝶様」


~おわり~


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:34:29.80 ID:9Avsk8zxO
乙んこ


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:36:22.23 ID:gJyjrusm0
乙乙~


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:43:39.50 ID:5GievsAu0
いぬぼくSS少ないから誰か書いてくれないかなーと思って建て逃げしてしばらくしたらまだ残ってたから書いた、後悔はない
アニメ終わったし難しいだろうけどいぬぼくSS増えないかなー

>>24が超見たいんで誰か書いて下さい


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 23:23:35.52 ID:NK0ZFzYF0
かるた「渡狸を無視し続けたらどうなるんだろう」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:46:14.94 ID:9Avsk8zxO
オナシャスッッッ!!


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 02:51:19.72 ID:gJyjrusm0
俺からもオナシャッスッ!


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:15:15.71 ID:Ye897l830
カルタ「渡狸を無視し続けたらどうなるか」

反ノ塚「んー?」

カルタ「渡狸を、無視し続けたら、どうなるか」

反ノ塚「いや、それはもう分かったから。いきなりどしたの、藪から棒に」

カルタ「前にね、蜻さまが言ってたの。『放置プレイはされればされるほど燃え上がる』って……」

反ノ塚「あ、そう。まぁ言いそうだわな」

カルタ「渡狸も言ってた……。『男は燃え上がるほど強くなれる!』って」

反ノ塚「少年漫画のよくあるパターンね。なんか違うような気がするけど……それで無視なわけか」

カルタ「渡狸、いつも強くなりたいって言ってたから……」

夏目「ふふふ~。うんうん、ボクはいいと思うよ~。面白そうだしね」

反ノ塚「ちょ、いきなり何……。マジビビッたんだけど」

夏目「細かいことは気にしな~い。カルたんガンバ☆ラスカルもきっと喜ぶよ」

カルタ「うん……頑張る」


乙かれ。そしてこんだけ思い浮かんだ


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:16:33.39 ID:KyfZi/lP0
>>120
書け




いや書いてください


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:18:13.99 ID:gJyjrusm0
>>120
書けば世界が広がると思う


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:18:37.82 ID:cmMEEZDq0
>>120
書いてくれたら俺が喜ぶ


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:21:05.18 ID:5GievsAu0
>>120
任せた


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:36:11.17 ID:Ye897l830
渡狸「カルター! 今日もみっちり修行してきたぜ!」

凜々蝶「ハッ、今日も近況報告か。いつも律儀なことだ、不良なのに」

渡狸「うるせー! 俺は不良(ワル)だぞ! なめんな!」

カルタ「…………」

渡狸「カルタ? おい、カルタ……。おーい……あれ?」

凜々蝶「フン、君はいつも騒がしいからな。呆れられたんじゃないか?」

渡狸「そ、そんなこと……」

御狐神「単に聞こえてなかっただけかもしれません。もう一度声をかけてみてはどうでしょう」

渡狸「そ、そうか。そうだよな。おーい!! カールター!!!」

カルタ「…………」

凜々蝶「あれ、また無視……。いやでも髏々宮さんはそんなことする人じゃないし……。まさか本当に!?」

渡狸「嘘だ。嘘だろ……? うわああああ!!」ダッ




書くの遅いし先も考えないから自分にSS描くのは無理。誰か書いて


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:37:56.59 ID:gJyjrusm0
無理とか言って他人任せにするのはどうかと思うんだ

書いたのだから最後まで責任を持とうじゃないか
だからはよ書け


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 03:55:21.42 ID:Ye897l830
渡狸「うぅ……。カルタ……カルタ……、なんで……」

凜々蝶「はぁ……はぁ……。渡狸くん、いきなり、走っていくな……」

渡狸「うわ! な、なんだよお前、ついてくるんじゃねぇよ!」

凜々蝶「僕の言葉のせいで君が傷ついたみたいだったからな。一言謝ろうと思ってきただけだ」

凜々蝶「髏々宮さんが返事をしなかったのは何か理由があるに決まっている。だから君が傷つく必要はない」

渡狸「別に、俺は傷ついてなんかねぇ……」

凜々蝶「ほぅ、そんな真っ赤な目で言っても説得力にかけるぞ?」

渡狸「うるせー! 泣いてなんてなかったんだからな!」

凜々蝶「フン、そういうことにしておいてやろう。……とりあえず、僕と一緒に髏々宮さんに会いに行こう。それで解決するはずだ」

渡狸「…………分かった」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:08:02.00 ID:Ye897l830
凜々蝶「ろ、髏々宮さん。こんにちは」

カルタ「ちよちゃん……。うん、こんにちは」

凜々蝶(なんだ、いつもの髏々宮さんじゃないか。これなら渡狸くんも……)

渡狸「カルタ、あの、さっき……」

カルタ「ちよちゃんも、食べる……?」

凜々蝶「え? ああ。仕方ない、頂こうか」

凜々蝶(彼が話しかけているというのに彼を見ず僕に? い、いや、何かの間違いに違いない!)

カルタ「おいしい……?」

凜々蝶「フン、悪くない味だ……じゃなくて、渡狸くんから君に話があるようだが……」

渡狸「「あ、あのさ、カルタ――」

カルタ「そう、よかった。ちよちゃんもっとあげるね」

凜々蝶(渡狸くん関連のことだけ聞こえていない!? ていうか姿も見えていない!?)


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:23:25.84 ID:Ye897l830
渡狸「わあああああ!!」トコトコトコトコ…

凜々蝶(変化して泣きながら走っていった……)

凜々蝶「髏々宮さん、どうしてあんなことを」

カルタ「渡狸のこと……?」

凜々蝶「ちゃんと気づいていたのか、なら尚更……」

カルタ「渡狸を、強くしてあげたいから」

凜々蝶「…………は?」

カルタ「えっとね、前に蜻さまが――」


~事情説明~


凜々蝶「いや、その理屈はおかしい。……しかし、そうか。そういう事だったのか」

カルタ「駄目だった……?」

凜々蝶「髏々宮さんが悪いわけじゃない。だけどやり方は間違っている」

凜々蝶(仮に強くなれたとしても、僕のように虚勢をはる力が強くなるだけだろう)

凜々蝶「……原因は蜻蛉と夏目くんと反ノ塚だな」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:37:34.67 ID:Ye897l830
夏目「え~、ボクが悪いの? 発案したのはカルたんだよー?」

凜々蝶「……君はいつも突拍子なく現れるな」

夏目「ミステリアスなウサギさん。それがボクだも~ん」

御狐神「それで凜々蝶さま、犯人の方々の始末はどうなされますか? 僕はいつでも汚れ役を引き受けますよ」

凜々蝶「み、御狐神くん……いたのか」

御狐神「えぇ、最初から最後まで凜々蝶さまのお側に控えておりました」

御狐神「そして、どうなされますか? 一言『殺れ』と仰るだけで僕がすべてを終わらせてきます」

夏目「きゃー怖~い、そーたん」

凜々蝶「そんなことはしなくていい! ……ただ、渡狸くんへのフォローが必要だな」

カルタ「……渡狸に謝ればいいの?」

凜々蝶「ああ、その方がいい」

カルタ「行ってくる……」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 04:58:03.80 ID:Ye897l830
~後日~


渡狸「~~~!」

カルタ「~~~?」

渡狸「~~~!///」



夏目「いつも通りの二人に戻れたみたいだね。これでめでたしめでたし、かなー?」

凜々蝶「君が言える立場か。もっとしっかり反省しろ」

野ばら「うわっ、ナニコレ? ムサい男が3人並んで正座って……」

ちの「イタズラ教唆の罪で反省だってー。あはははは」

反ノ塚「野ばら姐さん、助けて。もう俺足の感覚なくなっちゃったかも……」

野ばら「一生そうしてなさい」

反ノ塚「……ひでー」

蜻蛉「私も悪いことになるのか? しかし懲罰プレイ悦いぞ悦いぞー!」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:06:17.83 ID:Ye897l830
省略したけどこれでお終いってことで
見てくれる人がいたらこんな時間までご苦労だったな。……どうもありがとうございました
>>1乙の印として捧げます


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 05:15:18.84 ID:YG/ybMR6O


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/07(土) 07:30:51.81 ID:9Avsk8zxO
おつ


妖狐×僕SS ラバーストラップコレクションvol.1 BOX
妖狐×僕SS ラバーストラップコレクションvol.1 BOX

妖狐×僕SS ラバーストラップコレクションvol.2 BOX
妖狐×僕SS ラバーストラップコレクションvol.2 BOX




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「妖狐×僕SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ