Powered By 画RSS


真壁瑞希「発情しています。……むらむら」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:09:17.74 ID:JEnceYAe0


P「……」

瑞希「プロデューサー。おはようございます」

P「あぁ、おはよう瑞希。今日は……午前はレッスン、午後はPV撮影か。頑張れよ」

瑞希「はい。いえ、レッスンまではまだ時間が。それより」

P「……」



瑞希「この、縄をほどいてくれませんか?」ギチギチ




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:10:46.97 ID:JEnceYAe0


P「触れていいのか悩んでたんだが。なんで縛られてるんだ?」

瑞希「触っていいのか、悩む……? つまりプロデューサーは、縄でぎちぎちに縛られて動けない状態の私に、一方的にあんなことや、こんなことをしようと…………ごくり」

P「もう一度だけ聞くぞ。なんで縛られてるんだ?」

瑞希「縄で縛られています。……あっ、冗談です。行かないでください。……実は、今度のライブでは、大規模な脱出マジックを演出として取り入れてみたくて。縄抜けの、練習をしていたのですが……」

P「失敗したと」

瑞希「はい。ほどいてもらえると、助かります」

P「そうしたいのは山々なんだが、どこからほどけばいいんだ、これ。っていうか相当きつく縛ったな……。これじゃ縄を切るのも危なそうだし」

瑞希「……どきどき」

P「結び目はどこよ……」

瑞希「……どこだったでしょう」

P「おい」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:11:30.42 ID:JEnceYAe0


瑞希「探してみてください」

P「……」

ゴロン

瑞希「ひっくり返されました。……あの」

P「なに」

瑞希「もっと……触って確かめても、いいんですよ。なんなら、どさくさで色々と、いけないところを……触ってしまっても」

P「瑞希さん」

瑞希「はい、瑞希です」

P「誰にそそのかされましたか」

瑞希「どきっ」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:12:19.41 ID:JEnceYAe0


瑞希「なんのことでしょう。あわあわ」

P「小鳥さんか? こんなことを思いつくのは」

瑞希「ぎくり」

P「しかしな、俺をからかうのはいいが。本当にそのままセクハラされたらどうするの。危ないでしょ。俺だって一応男なんだから」

瑞希「……はい。すみませんでした」

P「はやくほどいてレッスン行ってきなさい」

瑞希「いえあの……」


瑞希「ほどけないのは……本当なので」

P「…………」




5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:13:06.62 ID:JEnceYAe0


P「……お前な」

瑞希「すみません……」

P「小鳥さんも出払ってるのか……誰か女の人が来るのを待って、その人にほどいてもらうしかないか」

瑞希「……いたた」

P「どうした?」

瑞希「いたく、なってきました。……助けて、プロデューサー」

P「こんなきつく縛るから……で、どうやってほどくんだ」

瑞希「えっと……それは…………」

P「マジで結び目はどこに……」

ゴロンゴロン

瑞希「あの、実は」



瑞希「おしりの……くいこんでいるところに」

ペシンッ

瑞希「いたっ」




6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:14:08.49 ID:JEnceYAe0


瑞希「叩かれました。……そういうプレイ、でしょうか。すみません、鞭は用意していなくて」

P「そんなところにある結び目をどうやってほどけと言うのか」

瑞希「こう、……ぐいぐい、っと」

P「……」

瑞希「できませんか? ……想像して、変な気分になりましたか? …………むらむら、しましたか?」

P「はぁ…………なんで、ほんとになんでこんなことしたの」

瑞希「…………実は」

P「……」

瑞希「むらむらしているのは…………私の方、なんです。……はぁ、はぁ」

P「……」

瑞希「だから、プロデューサーにも、むらむらしてほしくて」

P「……」

瑞希「あの…………怒りましたか……?」

P「怒るというか…………なにを言っているのか、よく分からんのだが」

瑞希「……あれ?」




7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:15:25.69 ID:JEnceYAe0


瑞希「おかしいぞ。……男の人は、これでいちころ……のはず」

P「だからその入れ知恵したやつが間違ってるからな」

瑞希「なんと……緊縛プレイは男のロマン……では」

P「一部の特殊な人だけです」

瑞希「そんな…………がっくし」

P「だいたいね、アイドルがむらむらとか言っちゃいかんよ」

瑞希「……はい」

P「……しかし、どうしたものか……」

瑞希「あぁ……レッスンの時間が迫っている。困ったぞ、瑞希。どうする、瑞希」

P「……誰か空いてるやつに連絡して来てもらうか」

瑞希「いえ、それよりレッスン場へ連れて行ってもらえれば」

P「一緒にレッスンを受けるやつとかにほどいてもらえばいい、か」

瑞希「はい」

P「…………仕方ない。運ぶか。……よっ」

瑞希「あ、待ってください」

P「なによ」



瑞希「お姫様だっこは……恥ずかしいです」

P「緊縛プレイを迫る方がよっぽどだぞ」

瑞希「そう言われると…………照れます」テレッ

P「あぁ、そう」




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:16:12.98 ID:JEnceYAe0


P「……じゃあ腋に抱えるか、肩に担ぐか」

瑞希「できれば、背中に。おんぶしてもらえれば」

P「その状態じゃ無理だろ……」

瑞希「じゃあ、脚だけほどきますね。しゅるしゅる……じゃん。これで、背負えます、か……」

P「…………」

瑞希「あっ」

P「……」

瑞希「……」

P「……さ、どうぞ」スッ

瑞希「えっ……」




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:16:45.95 ID:JEnceYAe0


P「どうした。背中に乗れよ」

瑞希「……えっと」

P「けど、縄があたると痛いからな。全部ほどいてからにしてくれ」

瑞希「! …………はい」


ギュッ

P「ぃ、しょっと」スック

瑞希「おぉっ…………高い」

P「んじゃ行くか」

瑞希「プロデューサーの、背中……はぁ、はぁ……くんか、くんか」スリスリ

P「おい」




10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:17:23.08 ID:JEnceYAe0


瑞希「ふぅ……満足。…………あの」

P「なんだ」

瑞希「もう、下ろしてくれて、いいのですが」

P「あぁ」



P「だめ」

瑞希「えっ」




11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:17:54.61 ID:JEnceYAe0


瑞希「えっ、あの、え」

P「このままレッスン場まで連れて行くからな」

瑞希「いえっ、それは、恥ずかしいのでっ」

P「あほなことをした罰だ」

瑞希「そんなっ」


ガチャッ

小鳥「あれ、プロデューサーさん。なにしてるんですか? もしかして、瑞希ちゃん、足をけがでもした? 大丈夫?」

P「あぁ、いえ」


P「おんぶしてほしいって、だだこねられただけなんで」

瑞希「」




12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:18:54.75 ID:JEnceYAe0


小鳥「瑞希ちゃん……そう……」

瑞希「……」カァ……

P「というか小鳥さん。瑞希に変なことを吹き込まないでくださいよ。縄なんて跡がついたらどうするのか、撮影もあるのに」

小鳥「ぴよっ!? な、なんの話ですかっ!? わたしはなにむぐっ!!?」

P「おしおきです。縛って吊るしておきますね」シュルシュル

小鳥「んーーーっ!!? んぅーーーーー!!!!!!」

瑞希(……ごめんなさい。音無さん。……このお詫びは、必ず……)





小鳥「んんんぅーーーーーーーんっんん!! んんんぅうう!!!!(わ、わたしじゃないですーー!! えんざいっ!! えんざいだわぁああっ!!)」





13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:19:30.47 ID:JEnceYAe0



小鳥(で、でもちょっと……縛られて放置されるのも、気持ちいいかも……なんて)



小鳥(あぁっ!! だめよ小鳥!! そうじゃないのよぅっ!!!)


小鳥(でもでも、帰ってきたプロデューサーさんがきっと……『なんだ? 縛られていただけで、こんなになったのか……? この淫乱女め……たっぷりお仕置きが必要なようだな……今夜は、覚悟しろよ……』なんて言葉責めをっ)


小鳥(ぴへへ、ぴへへへへ)


ガチャッ



まつり「ほ?」

ロコ「おぉお!」

このみ「うわぁ……見ちゃだめよ」サッ

桃子「?」

小鳥「」







その後、小鳥さんは縛られたまま、まつり姫の馬に乗せられ、ロコアートの一部となったそうな



めでたし めでたし





おわり。




元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488798557/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ