Powered By 画RSS


亜美「あーまみん!」真美「あまみん!」春香「ふぇっ!?」

1 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:56:38.79 ID:3n922KgO0
春香「あまみんって私のこと?」

亜美「そだよ」

真美「天海春香だからあまみん」




2 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:57:04.40 ID:3n922KgO0
春香「えっと、いつもの『はるるん』はどうしたの?」

亜美「いやぁ、最近なんだかマンネリ感があってさ」

真美「この際だから皆のニックネームも一新してみよーってことになったんだ!」


3 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:57:35.14 ID:3n922KgO0
春香「あまみんもはるるんもあんまし変わらない様な……それで、他の皆のはどんな風にするの?」

亜美「いやぁ、まだ思いついてないんだよねー」

真美「はるる……あまみんのは簡単に思いついたんだけど、他の皆はまだなんだ」

亜美「だから、これから本人の希望も聞きつつ決めてこーかなーって」


4 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:58:07.66 ID:3n922KgO0
春香「え、私の希望は?」

亜美「んじゃね、あまみん!」

真美「ばいびーあまみん!」

春香「……まいっか」


5 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:58:45.21 ID:3n922KgO0
……

亜美「お、そこにいるのは」

真美「ひびきん(暫定)とお姫ちん(仮称)!」

響「なんだそのかっこ暫定かっことじって言うのは」

貴音「面妖な……」


6 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:59:13.19 ID:3n922KgO0
亜美「カクカクチカヂカ」

貴音「なるほど、新しいあだ名をですか」

響「へー。面白そうだな! 自分のは完璧なニックネームにしてね!」

亜美「なんくる」

響「へ!?」


7 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:00:06.43 ID:3n922KgO0
真美「なんくる。今決めた」

亜美「よろしくねなんくる」

真美「頑張ってねなんくる」


8 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:00:40.72 ID:3n922KgO0
響「うぎゃー! 何か適当だぞ!」

貴音「なんくる、落ち着いて下さい」

響「貴音まで!?」


9 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:01:14.80 ID:3n922KgO0
貴音「して、私のあだ名は如何様に?」ワクワク

響「あ、結構楽しみなんだ」

亜美「お姫ちんはねぇ……前作が抜群の出来だっただけあってむつかちーね」

真美「はるるんやひびきんみたく元が適当なら簡単なんだけどね……」

響「その制作秘話は聞きたくなかったな」


10 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:01:48.77 ID:3n922KgO0
真美「うーん、お姫ちん……お姫ちん……」

亜美「お姫……あっ、おちん「言わせないぞ」

真美「お姫ちんと言えば、銀色の王女だから……」

亜美「銀色……シルバー……あっ、シルバーシート!」


12 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:02:53.14 ID:3n922KgO0
貴音「そ、それは少々……」

響「それ意味解ってんのか?」

亜美「バカにしないでよ! 亜美だってそれくらい知ってるもん!」

響「余計にタチ悪いだけだぞ」


13 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:03:40.62 ID:3n922KgO0
真美「うーん、シルバーシートがダメとなると……お姫ちんと言えば、らぁめん?」

亜美「あー、確かに」

貴音「ふむ、そう言われて悪い気はしませんね」ニコニコ

響「それはアイドルとしてどうなんだ?」


14 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:04:12.17 ID:3n922KgO0
真美「……ナルト」

亜美「おぉっ!」

響「え?」


15 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:04:38.66 ID:3n922KgO0
真美「今日からお姫ちんはナルトね!」

亜美「よろしくちゃーん♪」

貴音「面妖だってばよ……」


17 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:05:20.82 ID:3n922KgO0
……

亜美「良い調子だね」

真美「だね。お、そこを行くのは千早お姉ちゃん(仮)」

千早「そのソーシャルゲームみたいな呼び方は何なの?」


18 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:07:21.13 ID:3n922KgO0
亜美「実はだねぇ……」

千早「なるほど、私達のあだ名を……」

真美「そゆこと!」

千早「まぁ、何でも良いけれど」ワクワク

亜美真美((すっごいワクワクしてらっしゃる))


19 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:08:04.79 ID:3n922KgO0
亜美「ちなみに希望はある?」

千早「わ、私としては何でも良いと思ってるわ!」キョドキョド

真美「どうしよ亜美、何か凄い期待してらっしゃるよ」ヒソヒソ

亜美「だね」ヒソヒソ


20 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:08:34.72 ID:3n922KgO0
千早「あっ! そうね。どうしてもと言うなら、今ちょうどちらっとたまたま思いついただけなんだけど」

真美「わざとらしい……」ボソッ

千早「っ////!? な、何となくよ! 二人に言われて、ちょっと考えただけなの!」ワタワタ

亜美「わ、分かった分かった! で、どんなの?」


21 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:09:27.45 ID:3n922KgO0
千早「……ぃちゃん」ボソッ

亜美「へ?」

千早「……ちーちゃん////」

亜美真美((可愛い))


22 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:10:09.49 ID:3n922KgO0
亜美「うーん、でもなぁ」

真美「千早お姉ちゃんをちゃん付けのあだ名で呼ぶのは、何となく気が引けちゃうよね」

千早「ど、どうして!? だって私と同世代の春香や我那覇さんの事はあんな適当な扱いなのに!」


23 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:10:49.56 ID:3n922KgO0
亜美「何だろ。こう、千早お姉ちゃんからは何となく大物感というか、逆らっちゃいけない何かを感じるというか」

真美「やっぱいきなりちーちゃんはむつかちーね」

千早「そう……そうよね。それも全部、私が無愛想なのが悪いのよね……」ズーン


24 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:11:39.35 ID:3n922KgO0
亜美「うあうあー、そんなことないよー!」

真美「そ、そうだ! いきなりちーちゃんは難しいから、まずはもうちょい呼びやすいニックネームから始めようよ!」

千早「呼びやすいニックネーム?」


25 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:12:20.06 ID:3n922KgO0
亜美「だね! どんなのが良いかなぁ……」

真美「ちはやだから……ちっは。いや、呼びにくいからちっひ?」

亜美「それはダメな気がするよ真美」

千早「四条さんのお姫ちんみたいに、イメージからつけるのはどうかしら? 例えば、私と言えば歌だから『セイレーン』とか」

亜美(呼びにくい上に厨二臭いよ……)


26 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:12:53.27 ID:3n922KgO0
真美「千早お姉ちゃんの持ち歌と言えば蒼い鳥だよね」

亜美(華麗にスルーした!)

千早「そうね。私もあの曲は気に入っているわ」

真美「じゃあ、とりっぴーとかどうかな?」

千早「と、とりっぴー!?」

亜美「い、良いねそれ! とりっぴーに決定!」
(今は乗るしかない、このビッグウェーブに!)


27 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:13:56.77 ID:3n922KgO0
真美「んじゃ、これからもよろしくねとりっぴー!」

亜美「仲良くしようねとりっぴー!」

千早「ちょっと二人とも、とりっぴーって! ……って、もう行ってしまったのね」

千早「……とりっぴー」ボソッ

千早「////」


28 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:14:33.59 ID:3n922KgO0
……

真「ふぅ……やっぱり雪歩のお茶は美味しいね」

雪歩「えへへ、真ちゃんに喜んでもらえて嬉しいな」

真「やっぱりランニングの後は雪歩のお茶が欠かせないよ」

雪歩「真ちゃん、スポーツドリンク苦手だもんね」

真「飲めない訳じゃないけどね。あのベタつく感じが……」


29 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:15:04.63 ID:3n922KgO0
亜美「お、ご両人!」

真美「今日もお熱いですなぁ」ニヤニヤ

雪歩「お、お熱いって////」

真「雪歩、いつもの双子ジョークだよ」


30 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:15:41.82 ID:3n922KgO0
亜美「つれないなぁまこちん(現状)」

真「なんだよそのかっこは」

真美「かっこつけてみました!」キリッ

亜美「ました!」キリッ


31 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:16:12.49 ID:3n922KgO0
真「今日は何の遊びなんだい?」

真美「いやぁ、実はだねぇ」

亜美「かくかくしかじか」

真「ゆきまこぺろぺろ……か。なるほど、新しいあだ名をねぇ」


32 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:16:45.22 ID:3n922KgO0
亜美「いちおー希望も聞いてんだけど、何かある?」

真美「まぁ基本的にはごよーぼーにはお応えできないんだけどね」

真「じゃあ言うだけ損じゃないか」

雪歩「うーん、私は今のあだ名も気に入ってるけどなぁ」

亜美「それじゃ面白くないじゃん!」


33 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:17:15.17 ID:3n922KgO0
真「うーん……あっ! じゃあさ、今貴音さんって『お姫ちん』じゃないんだよね?」

真美「うん。今、旧お姫ちんはナルトってんだよ」

真「ナルトってまたド直球な……じゃあさ、ボクのあだ名はお姫ちんが良いな!」


34 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:17:51.07 ID:3n922KgO0
亜美「まこちんがー?」

真「わ、悪いかい!? ボクだってお姫様扱いしてほしいんだよ!」

真美「うーん、流石にまこちんからお姫ちんってのはねぇ……」

亜美「まこちんからお姫ちん……あっ、おちんt「言わせないよ」」


35 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:18:32.37 ID:3n922KgO0
雪歩「真ちゃんのあだ名……やっぱり、カッコいいのが良いよね?」

真美「そだねー。やっぱこう、王子様って感じが良いよね」

真「雪歩まで……」

亜美「ド直球で王子様とかは?」

真「亜美はボクのことがきらいなの?」ウルウル

亜美「ぐっ……」


36 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:19:08.03 ID:3n922KgO0
雪歩「うーん。でも真ちゃんと言えば、やっぱりカッコイイ王子様ってイメージが……」ボソッ

真「ゆ、雪歩まで……」

真美「うーん、ここは視点を変えるしかないね」

真「視点を変える?」


37 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:19:40.25 ID:3n922KgO0
真美「まこちんと言えばイケメンってイメージに捕らわれてるけど、他にもスポーツ万能とかダンスとか色々あるわけだし?」

真「可愛いってイメーj「それはない」」

真「」マコーン


38 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:20:12.87 ID:3n922KgO0
雪歩「スポーツ万能……うーん……」

亜美「お、ゆきぴょんが何やら考えてますな」

真「雪歩、なるべく可愛いのを頼むよ」ドキドキ

雪歩「……筋肉番付」ボソッ

亜美「それだ!」


39 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:20:41.31 ID:3n922KgO0
真「雪歩なんてきらいだー」エーン

雪歩「ち、違うんだよ真ちゃん!」

真美「まあまあ、元気だしなよ筋肉番付」

亜美「サスケでも良いかもね」

真「せめてくのいちにしてよ……」


40 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:21:07.80 ID:3n922KgO0
亜美「さて、これでまこちん改め筋肉番付は決まったとして」

真美「お次はゆきぴょん、キミに決めた!」

雪歩「わ、私かぁ……」

真「ふんだ、雪歩も変なあだ名になっちゃえば良いんだよ」プンスカ


41 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:21:33.24 ID:3n922KgO0
真美「ゆきぴょんと言えば……」

亜美「うーん……あ、レズだ! ゆきぴょんと言えばレズだよね!」

まみゆきまこ「「「ブフーッ!!!」」」

亜美「ん? どったの?」


42 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:22:14.25 ID:3n922KgO0
真美「あ、亜美!? そんなん誰から聞いたわけ?」

亜美「え、ピヨちゃんだけど?」

真「あの人何やってんだ……」

雪歩「はぅぅぅ////」


43 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:22:59.10 ID:3n922KgO0
真美「コホン////気を取り直して、やっぱゆきぴょんと言えばお茶かなぁ」

真「仕事とお茶のことはほんとに真剣だもんね」

雪歩「えへへ、そう言ってもらえると嬉しいなぁ」テレテレ

亜美「んじゃ、お茶犬なんてどうかな?」

雪歩「い、犬ぅ!?」

真「あ、良いんじゃないかな?」


44 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:23:42.33 ID:3n922KgO0
雪歩「犬怖い犬怖い」ガクブル

真美「んー……まあ良い訓練になるかもね。よろしくねお茶犬!」

雪歩「はうっ!?」ビクッ

亜美「頑張ってねお茶犬!」

雪歩「ふぎゃー!!???!」ドンガラ

真「大丈夫かなぁ……」


45 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:24:19.87 ID:3n922KgO0
……

亜美「いやー、我ながら良い仕事してますなぁ」

真美「うんうん。何も生み出してないのに、よく分かんないたっせーかんがあるよね!」

伊織「おはようございまーす」ガチャッ

やよい「うっうー! おはようございます!!」ガルーン


46 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:25:33.71 ID:3n922KgO0
亜美「お、いおりん(現在形)」

真美「やよいっち(ver.1)もおはおはー」

伊織「また碌でもない遊びをしてるわね」

亜美「人聞きが悪いなぁ」

やよい「ば、ばーじょんわん?」


47 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:26:13.50 ID:3n922KgO0
真美「いやー、ただいまかくかくしかじかでして」

伊織「やよいお百年ってわけね。にしてもあんた達他にやることあるでしょうに」

やよい「ちょっと面白そうかも!」

伊織「そうね、悪くないわね!」

亜美「いおりん手のひらクルックルですなー」

伊織「う、うるさいわね////」


48 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:26:52.45 ID:3n922KgO0
真美「マジカルい・お・りん! いおりんと言ったら?」

亜美「お金持ち!」

真美「よし、いおりんは今日から金持ちにけってー」

伊織「喧嘩売ってんの? 買うわよ、カードで」

亜美「あわあわ、金持ち怒ってるよ」

真美「金持ち喧嘩せずってのは嘘なんだね亜美」

伊織「こらー!!」


49 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:27:27.87 ID:3n922KgO0
亜美真美「「じょーだんじょーだん」」

伊織「まったく……この伊織ちゃんにつけるんだから、もっと可愛くて上品なあだ名にしなさいよね!」ニヒヒ

真美「うーん……いおりんと言えばやはりその立派なおでこかな」

伊織「デコ言うな!」


50 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:27:59.16 ID:3n922KgO0
亜美「デコちゃん」

伊織「デコちゃん言うな!」

やよい「私は可愛いと思うけどなぁ」

伊織「そ、そうかしら?」ニヤニヤ

亜美「いおりん顔がにやけてるよ」


51 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:28:56.68 ID:3n922KgO0
真美「デコちゃん……ボコちゃん!」

亜美「お、良いね!」

伊織「ボコちゃん……」

やよい「うっうー! ボコられ熊のボコちゃんだね!」

伊織「な、何よその残念なキャラは!」

やよい「知らないの? 可愛いんだよ?」

伊織「うーん、やよいがそう言うなら……」


52 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:29:53.37 ID:3n922KgO0
亜美「んじゃ、ボコちゃんにけってーい!」

真美「お次はやよいっちですなー」

やよい「はわっ! よ、よろしくお願いしまーす!」ガルーン

亜美「やよいっちと言えば何と言ってもその家庭的みりき」

伊織「魅力ね」

真美「りょーさいけんぽーってやつだね」

伊織「良妻賢母ね」

亜美「亜美、いおr……ボコちゃんのそう言うとこ好きだな」

伊織「う、うるさいわね////」


53 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:30:28.70 ID:3n922KgO0
真美「うーん……やよいお姉ちゃん、とかどうかな?」

やよい「お、お姉ちゃん!?」

亜美「やよいっちにお姉ちゃんかぁ……何か違和感あるなぁ」

やよい「亜美、私二人より年上なんだけど……でも、お姉ちゃんって呼ばれるの、ちょっと嬉しいかも!」ウッウー


54 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:31:02.89 ID:3n922KgO0
伊織「今まで千早やあずさがそう呼ばれてたわね。ちなみに千早のあだ名はどうなったの?」

真美「とりっぴー」

伊織「とりっぴー!?」

亜美「んじゃ、よろしくねやよいお姉ちゃん!」

やよい「えへへへ、よろしくね亜美」ナデナデ

亜美「んっ……えへへ、これけっこー良いかも」ニコニコ

真美「あー、ずるいよ亜美!」

伊織「あ、あの////私も……」


55 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:31:32.73 ID:3n922KgO0
……

真美「うーん、やよいお姉ちゃんの姉力は大したもんですなぁ」

亜美「真美にあの半分でも姉力があればねぇ」

真美「なにー!」

亜美「さてさて、だいぶ片付いてきたね」

真美「ということで、次はこの方です!」

美希「zzzzzzz」グースカピー


56 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:32:04.67 ID:3n922KgO0
亜美「うあうあー、ミキミキ(暫定)起きてよー!」

美希「zzzzzん……あふぅ、何なのなの」ムニャムニャ

真美「かくかくしかじか」

美希「ミキミキなのなの……そんなの、どーでも良いって思うな」

亜美「んじゃ、ミキミキはミキミキ改めムキムキで」

美希「なのっ!?」


57 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:32:43.98 ID:3n922KgO0
真美「ムキムキー、キャラメルマキアート飲みに行こ?」

美希「ちょっ、待つの! ムキムキはあんまりなの!」

亜美「だってムキムキがどうでも良いって言うから」

美希「分かったの。ちゃんと考えるの。だからムキムキは勘弁して欲しいな」


58 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:33:15.03 ID:3n922KgO0
真美「んじゃ、どうする?」

美希「んー……ミキと言えば、やっぱりキラキラしてるところかな?」アハッ

亜美「自分で言い切ってなおこの説得力……やはり天才」

真美「やはり星井は765にて最強……」


59 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:33:48.75 ID:3n922KgO0
美希「あふぅ……それじゃ、キラキラに決定で。おやすみなのー」コテン

亜美「ちょ、ちょっと待ったー!」

真美「この双海姉妹が良いようにされるなんてクツジョクだよ!」

亜美「キラキラ……キラ?」

美希「新世界のアイドルになるの?」

真美「きらよしかげ?」

美希「ダイヤモンドは砕けないの?」

亜美「きらこーずけのすけ?」

美希「合い言葉は山と川なの?」


60 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:34:25.55 ID:3n922KgO0
真美「ミキミキさっきから何気に詳しいね」

美希「アハッ、ハニーの趣味に合わせるために勉強したの!」

亜美「一途ですなぁ」

真美「しかしどーしようか?」

美希「んー……早くしてよね。ミキもう眠くて限界なの」


61 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 02:34:55.70 ID:3n922KgO0
亜美「ミキミキは相変わらずよく寝ますなぁ」

真美「よく寝る……それだよ亜美! 今日からミキミキはおねむちんね!」

美希「あふぅ……結構可愛いし、もうそれで良いよ。おやすみなのzzzzz」

亜美「おねむちん寝ちゃったね」

真美「厳ちい戦いだったね」


65 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:14:57.22 ID:3n922KgO0
……

真美「残すところあと僅か!」

亜美「なかなかじゅんちょーだね」

真美「と言うことで、残るアイドルあずさお姉ちゃんに会うため、アメリカはジョージワシントンにやってきまちた」


66 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:15:34.75 ID:3n922KgO0
あずさ「あら~」

亜美「んふふ~、とうとう追い詰めたよあずさお姉ちゃん」

あずさ「道が分からないと思ったら、ここはアメリカだったのね~。それにしては、外人さんが見あたらないわね~」キョロキョロ


67 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:16:19.81 ID:3n922KgO0
亜美「真美、どうしよ。あずさお姉ちゃん信じちゃってるよ」

真美「ツッコミ不在は寂しーね」

亜美「ボコちゃんでも呼ぶ?」

あずさ「あら、そう言えばアメリカの首都はジョージワシントンじゃなくて、ワシントンD.C.じゃあなかったかしら……」

真美「ツッコミがスローペース過ぎるよあずさお姉ちゃん」

亜美「癒しキャラですな~」


68 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:16:48.07 ID:3n922KgO0
あずさ「ところで、二人はどんな用事なのかしら?」

亜美「えっとね、かくかくしかじかで」

あずさ「たぷたぷどたぷん……なるほど、新しいあだ名をつけてくれるのね。楽しみだわ~」


69 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:17:37.45 ID:3n922KgO0
真美「あずさお姉ちゃんと言えば……やっぱり何と言ってもその巨大なお山……」

あずさ「あ、あら~////」

亜美「そのバストサイズにちなんで……F91! ガンダムF91だ!」

あずさ「そ、それはちょっと……」


70 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:18:05.63 ID:3n922KgO0
真美「強いよ?」

あずさ「強いのはアイドルとしてどうなのかしら……」

真美「まこちん改め筋肉番付がいるじゃん」

あずさ「あ、それもそうね~」


71 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:18:35.04 ID:3n922KgO0
亜美「あずさお姉ちゃんも意外とゴージョーですなぁ」

真美「ん~……じゃあじゃあ、あずさお母さん!」

亜美「おー、あずさお姉ちゃんの溢れんばかりのどたぷん母性がよく表れてるね!」

あずさ「お、お母さん……私、そんな歳に見えるのかしら」ズーン


72 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:19:03.94 ID:3n922KgO0
亜美「えー、これもダメなのぉ」

あずさ「えーっとぉ、何て言うか……もう少ーしフレッシュな感じのあだ名に出来ないかしら?」

真美「うーむ……あずさお姉ちゃんをフレッシュに……」

あずさ(そんなに難しいのかしら……)ズーン


73 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:19:36.59 ID:3n922KgO0
真美「あず……あずあず……あ! あずにゃんは!?」

あずさ「あらー、可愛くって良いわね~」

亜美「でも真美、それって某放課後お茶会の……」

真美「あ、そう言えばそだね。かなーりフレッシュではあるけど」


74 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:20:14.82 ID:3n922KgO0
亜美「やっぱりあずさお母さんに勝るものがなかなかあらわれないね」

あずさ「そ、それはちょっと~……」

真美「でも、あずさお姉ちゃんがお母さんなら、お父さんは誰になんの?」

亜美「ん~、兄ちゃんとか?」

あずさ「っ!!」


75 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:21:07.04 ID:3n922KgO0
あずさ「あら~。考えてみると、あずさお母さんって、良いあだ名よね~」

真美「どったのあずさお姉ちゃん!?」

亜美「どーいう宗教の変化?」

あずさ「それを言うなら、心境ね~。ほら、私も年長者だし。母親みたいなしっかり者にならないとな~って思って」


76 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:21:46.22 ID:3n922KgO0
真美「ん~、怪しい……」

あずさ「そ、そんなことないわよ~////」

亜美「まー良いじゃん! あずさお母さんにけってー! 早速甘えさせてもらうぜ!」ピョーン

真美「あ、ずるい!」ピョーン

あずさ「あ、あらあら~////」


77 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:22:26.71 ID:3n922KgO0
……

亜美「いやー、癒されましたなぁ」

真美「癒されまくりだったね」

亜美「さてと、後残るは?」


78 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:22:54.29 ID:3n922KgO0
真美「泣く子も黙る765プロ! 不撓不屈の! 鬼軍曹!」

亜美「秋月律子こと律っちゃん(なう)だー!!」

律子「だーれーが鬼軍曹ですってぇぇええええっ!」ゴゴゴゴゴ

亜美真美「「ふぇぇぇぇ……」」ガクブル


79 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:24:59.88 ID:3n922KgO0
律子「アンタ達、また下らないことやってるらしいわね。そんなに元気が有り余ってるなら、今からでも地獄のレッスン受けさせてあげるけど?」

亜美「サー! ノー、サー!」ビシッ

真美「嫌でありますぐんそー!」ビシッ

律子「まったくもう……で、皆に新しいあだ名をつけて回ってるって?」


80 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:25:35.22 ID:3n922KgO0
亜美「うんうん」

真美「何だかんだでのってくれる優しい律っちゃんなのでした」

律子「勝手に変なあだ名にされたら迷惑だからよ//」

亜美「お、照れてる照れてる」ニヤニヤ

真美「うい奴よのぉ」ニヤニヤ


81 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:26:01.55 ID:3n922KgO0
律子「違うって言っとろーに!」

亜美「へいへーい! ホッペが紅いぜー!」

真美「照れるな照れるなー!」

律子「」プチッ

亜美真美「「げ」」


82 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:26:31.59 ID:3n922KgO0
……

亜美「うあうあー、痛いよー」

真美「律っちゃんのお尻ペンペンは手首のスナップが違いますなぁ……これは松っちゃんや方正でも耐えられまい……」

亜美「やはりこれは、律っちゃんのあだ名を正式に鬼軍曹にするしか……」

律子「ああ゛っ!?」

亜美「何でもないです」

律子「全く……」


83 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:27:07.78 ID:3n922KgO0
真美「んー、でもどーしよっかなぁ?」

亜美「律っちゃんと言えば……やっぱり眼鏡?」

律子「まあ否定はしないわね」

真美「でもなぁ……そんな安直な連想ゲームみたいなあだ名をつけたら、双海姉妹の名が泣くしなぁ」

亜美(今までのも大概だと思うけどなぁ)


84 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:27:40.87 ID:3n922KgO0
律子「どうせなら、これを機にちょっとは年長者を敬うような呼び方にしてみなさいよ。アンタ達には良い機会だわ」

亜美「うやまうだってさ」

真美「うやまうって何?」

亜美「歴史で習った気がする。ほら、うやまどのおーじとか」

真美「うまやどじゃないそれ?」

律子「あんた達ねぇ……」


85 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:29:17.07 ID:3n922KgO0
亜美「ジョークジョーク。でも、亜美達そーいうの苦手だからねぇ」

真美「うーん……偉い人偉い人……」

亜美「エジソンとか?」

律子「そりゃ偉人でしょ」

亜美「偉い人……あ、シャチョーだ! シャチョー!」

真美「おおっ!」


86 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:29:44.39 ID:3n922KgO0
律子「しゃ、社長!?」

真美「そいや、律っちゃん改めシャチョーってけーえーやプロデュースの勉強する為に765プロに来たんだよね?」

律子「そうね。色々と事情があってアイドルになったりもしたけど、元はそういう目的よ」

亜美「でもさ、それなら何で765プロみたいな小さい会社に入ったの?」

真美「学ぶどころかいきなり実践だもんね」


87 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:30:26.13 ID:3n922KgO0
律子「確かに……今となっては結果オーライだけど、入社当時の事を考えてみるとあまり合理的じゃないわね」

亜美「シャチョーも案外ドジッ子ですなぁ」

律子「これに関しては否定できないわね……でも、社長って呼ばれるの、結構悪くないわね」ニヤニヤ

高木「ぅおほんっ、そうなると私はどうなるのかね?」

律子「しゃ、社長!? いつからそこに!?」

高木「律子君が社長と呼ばれることになったところからだよ」


88 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:31:18.66 ID:3n922KgO0
亜美「うーん、ホンモノの社長さんはねー……」

真美「高木順二郎……うーん、タカちゃんとか?」

律子「ちょ、アンタ達!」

亜美「タカちゃん……カエサル?」


89 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:31:52.44 ID:3n922KgO0
高木「おお、カエサルとは実に勇ましくて良いじゃないか」

律子(何でタカちゃんでカエサル?)

真美(ソウルネームだよ律っちゃん)

律子(アンタは脳内に直接語りかけないの!)


90 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:32:35.17 ID:3n922KgO0
……

亜美「いやぁ、良い仕事しましたなぁ」

真美「やっぱどんな事でもやり遂げると気持ち良いね!」

亜美「でもさ、一気にやっちゃうと誰がどんなあだ名になったか覚えらんないね」

真美「えっと……

はるるん→あまみん

千早お姉ちゃん→とりっぴー

ひびきん→なんくる

お姫ちん→ナルト

まこちん→筋肉番付

ゆきぴょん→お茶犬

いおりん→ボコちゃん

やよいっち→やよいお姉ちゃん

あずさお姉ちゃん→あずさお母さん

ミキミキ→おねむちん

律っちゃん→シャチョー

社長さん→カエサル

って感じかな」


91 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:33:09.99 ID:3n922KgO0
亜美「でも、こうやって改めてあだ名をつけてみると、今までのがどんだけ改心の出来か良く分かるってもんっしょ!」

真美「だねだね! 今回つけたのもなかなかの出来だと思うけど、やっぱり何だかんだで一番しっくり来るのは今までののあだ名だね」

小鳥「あのぉ……」

あみまみ「「ん?」」


92 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:34:30.13 ID:3n922KgO0
小鳥「わ、私のあだ名は?」

亜美「おお、ピヨちゃんをすっかり忘れてたね!」

真美「でもさ、ピヨちゃんってのもかなり改心の出来だよね」

小鳥「えへへ、私も結構気に入ってるのよね」


93 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:36:06.15 ID:3n922KgO0
亜美「うーん……音無小鳥、音無小鳥……」

真美「ピヨちゃんと言えば……妄想……レズ……百合……薔薇……イベント・・・・・・」

亜美「婚期・・・・・・カップリング・・・・・・BL・・・・・・やっぱり妄想?」

小鳥「えっ!?」


94 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:36:45.38 ID:3n922KgO0
亜美「Hahaha! じょーだんだよピヨちゃん(旧式)」

小鳥「まあ否定はできないんだけどね」

真美「ピヨちゃん、Lineで『今電車に乗ってるんだけど男子高校生二人が……』とか妄想垂れ流してるしね」

小鳥「あ、あれは本当にあった話で……」


95 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:38:30.67 ID:3n922KgO0
亜美「でも、あずさおね……あずさお母さんがその時ファミレスでだらけてるピヨちゃんを目撃してるんだけど」

小鳥「ピヨ!?」

真美「真美知ってるよ。そー言うの、嘘松って言うんでしょ?」

亜美「じゃあ、ピヨちゃんは今日から嘘松だね」

小鳥「ちょ、待っ……っていうか、そんな言葉誰から聞いたの!?」

真美「ん? 兄ちゃんだけど?」

小鳥「あの野郎!」

亜美真美「「んじゃ、よろしくね、嘘松!」」

小鳥「あ、ちょっと待って二人ともー!!」




96 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:39:14.94 ID:3n922KgO0
~数日後~

亜美「はるるーん、クッキーちょうだい!」

真美「あ、真美も!」

春香「はいはい……そう言えば、最近アレで呼ばなくなったね」

真美「あれって何?」モグモグ


97 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:40:00.14 ID:3n922KgO0
春香「ほら、あまみんってやつだよ」

亜美「あー、あれね。あれはねー……飽きた」

真美「やっぱり元の方がしっくりくるよねー」

春香「まあね。雪歩なんか、呼ばれる度にビクビクしてたし、その方が良かったのかもね」

亜美「千早お姉ちゃんは結構残念そうだったけどね」


98 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:40:42.26 ID:3n922KgO0
真美「さてと、ごちそーさま! ひびきん、やよいっち! レッスン行こー!」

亜美「あずさお姉ちゃん、いおりん! 亜美達もそろそろ行こっか」

小鳥「ただいまー」ガチャッ

亜美「あ、嘘松おかえり」

真美「嘘松お土産ある?」


99 : ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 17:45:29.65 ID:3n922KgO0
小鳥「あの、二人とも……何で私だけあだ名がそのままなのかしら?」

亜美「んー……何となく?」

P「あ、おかえりなさい嘘松さん。備品のリスト置いといたんでチェックお願いします」

律子「嘘松さん、私竜宮についていくんで電話番お願いしますね」

小鳥「しかも広まってる!?」


おわり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490201798/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ