Powered By 画RSS


サターニャ「魔界通販で嘘がつけなくなるリボンを買ったわ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 20:54:30.23 ID:xBlV8Ox60

 ※ラフィエルとサターニャがイチャイチャするだけのお話です


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 20:55:17.11 ID:xBlV8Ox6o
【夜 サターニャの部屋】


サターニャ「またラフィエルに騙されたー!」

 「くっそー、あいついっつも私を騙すのよね……この大悪魔胡桃沢=サタニキア=マクドウェルをー……むっきー!」プンスカ

TV(魔界通販)『本日ご紹介するのは、嘘がつけなくなるリボン! これを付けたら本音でしか話せなくなります! 今ならなんと――』

サターニャ「ピッカーン」

 「これよこれー! 大悪魔サタニキア様の閃きにかかればあのラフィエルを封じ込めることなど容易!」

 「さっそく注文よ!」ポチポチ




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 20:58:35.99 ID:xBlV8Ox6o
【数日後 舞天高校】


サターニャ(ふっふっふ……昨日届いたこのリボンをラフィエルにつければもう騙されることはないわ!)

ラフィエル「おはようございます、サターニャさん」

サターニャ「ふひゃああああああ! い、いきなり後ろに立たれたらびっくりするじゃない!」

ラフィエル「あらあら。今日もサターニャさんかわいいですね」

サターニャ(こいつ……かわいいだとかいつもテキトーなこと言って。どうせそれも嘘なんでしょ!?)

 (っていうかリボンの渡し方考えてなかったー!)

 (ええい、ままよっ!)

 「あ、あんたの髪……キレイよね」キリリッ

ラフィエル「えっ」///

 (ど、どうしたんでしょうかいきなり。サターニャさん、私のことそんなふうに褒めたりして)ドキドキ

サターニャ「いつも赤いリボンつけてるけど、気分を変えたいときとかないのかしら?」

ラフィエル「お、お気に入りの色なので~」

 (本当は別の色もありますけど、サターニャさんの髪色と同じだからお揃いにしたくていつも着けちゃうんですよね……こんなこと正直には言えませんけど)///

サターニャ「たまには気分を変えて、黒いリボンはどう? 私のをわけてあげるわ。きっと似合ってるわよ」

ラフィエル「えっ……!」///

 (サターニャさんのリボン! お揃いの黒いリボン! こんなお宝を!?)

 「いいんですか!?」ガバッ



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 20:59:23.09 ID:xBlV8Ox6o

サターニャ「なによそのテンション!? いいに決まってるでしょ、大悪魔翌様からの贈り物よ。ありがたく受け取ることね!」

ラフィエル「さっそく着けてみます~」シュルシュルカチャカチャ

サターニャ(くくく……うまく行ったわ! さあ、本音をさらけ出して私に弱みを全部見せるといいわ!)

ラフィエル「――っ!」ビクン!

サターニャ「? ちょ、あんた大丈夫……?」ノゾキミ

ラフィエル「ああ、サターニャさんの可愛いお顔が近くに……! 幸せ……!」///

サターニャ「もしもーし?」

ラフィエル「あら、ちょっとボーッとしちゃいしたー。心配してくれたんですか? サターニャさんは悪魔なのに優しいですね」

サターニャ「優しくないわよ、悪魔よ!」

ラフィエル「サターニャさんは私にとっての天使ですよぉ。サターニャさんマジ天使」

サターニャ「あんたあたしのことからかってんの!?」

ラフィエル「ええからかってますよー。だって困った顔するサターニャさん、とっても可愛いじゃないですか」

サターニャ(なによこれ! 結局いつもどおりじゃない! 魔界通販に騙された―!)

 キーンコーンカーンコーン

サターニャ「放課後になったら覚えてなさいよねー!」ダダダ



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:02:18.26 ID:xBlV8Ox6o
ラフィエル「……」

 「あーサターニャさんは今日もかわいいですねぇ」

 「キスしたいなぁ」

 「恋人に、なりたいなぁ……なんて」

 「――」ハッ

 「私、なんでこんなこと口に出してるんでしょうか……?」

 「本当の気持ちは隠さなきゃいけないのに……」ハァ

 「私たちは天使と悪魔。女と女――赦されない関係」

 「主がこの想いを赦してくれることなんて、ありえないですよね」

 「隠し通さないと、ガヴちゃんみたいに駄天するだけじゃすまないです。本当に堕天使になってしまいます……」

 「だからせめてこの高校生活三年間だけでも……一緒にいられたらって」

 「おかしいですね、私。自分にも嘘ついて、隠そうとしてたのに……今日はヘンです」グスッ

 「授業、私も受けないとですね……」トボトボ



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:05:49.17 ID:xBlV8Ox6o
【昼休み】


ヴィーネ「ガヴー、学食行かない?」

ガヴリール「おー。ごちになります」

ヴィーネ「奢るなんて一言もいってないけど?」

ガヴリール「へいへーい、行きますよ」チラッ

サターニャ「……」キョロキョロ

ガヴリール「いちおうサターニャも誘ってやるか……」

ヴィーネ「あら、ガヴったらまるで天使のようなことを」

ガヴリール「うっせ」

 「おーい、サターニャ。良かったら学食いかないか、お前の奢りで」

サターニャ「行くわけ無いでしょ!?」

ヴィーネ「こらガヴ! サターニャ、冗談だから一緒に行きましょう」

サターニャ「ま、まあしょうがないわね。行ってあげるわよ」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:08:10.31 ID:xBlV8Ox6o
【学食】


ガヴリール「また全員きつねうどんか……お前に学習能力を期待したのが失敗だった」

ヴィーネ「今度こそっていうから信じたのに……」

サターニャ「うっさいわね! ちょっと押し間違えただけじゃない!」

 「それにきつねうどんは美味しいのよ! ほら、あんたたちも七味唐辛子もっとかけなさいよ!」サッサッサ

ガヴリール「うわ、真っ赤じゃないか……」

ヴィーネ「魔界の血の池地獄みたいね」

ガヴリール「あるのかよ」

サターニャ「そういえばラフィエルのやつは?」

ヴィーネ「ラフィは今日お弁当よ」

サターニャ「へぇ……」

 「あいつってなんでも出来るわよね。勉強も運動も……ま、私ほどじゃないけど」

ガヴリール「いや、前者はさすがに比較対象にもなってないと思うぞ……」




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:09:24.36 ID:xBlV8Ox6o

サターニャ「あいつに弱点って無いのかしら」

ガヴリール「ラフィエルの外面は強力だからな。昔から隙のないやつだった」

ヴィーネ「今日も休み時間にクラスメイトたちに勉強教えてるのを見たわよ。みんなに好かれてるわよね、ラフィは」

サターニャ「ふーん……」モヤモヤ

 (あいつ、私以外には親切なのよね。なんで私に対してだけはいつもイジワルなのかしら……)

 (私にはいつも嘘をつくし、騙すし……私、あいつに嫌われてるのかな)

 (私はあいつのこと……こんなに)

 (……今――何考えて)ハッ

 「ないないない! そんなわけないんだからー!」ブンブン

ガヴリール「おいおいなんだいきなり。うどんが辛すぎたのか?」

ヴィーネ「水、水飲みなさい、サターニャ!」

サターニャ「ごくごくごく」プハー

 「とにかく! ラフィエルの弱点を教えなさいよ!」

ガヴリール「そうだな……私からすれば、あいつの弱点はお前だとおもうぞ、サターニャ」

サターニャ「?」

ガヴリール「天界にいるときのあいつは、もっとつまんなそうにしてたぞ。ただの優等生で、いつも仮面みたいな薄ら笑いを浮かべてた。嘘ついたり、騙したり、めちゃくちゃなことをするのはお前の前だけだ」

 「お前がラフィエルを変えたんだと思うぞ」

サターニャ「私が……?」




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:11:54.97 ID:xBlV8Ox6o
【放課後 昇降口】

サターニャ「もー、ガウリールのやつ。また意味わかんないこと言って」モヤモヤ

 「カエルが苦手なのは知ってるけど、カエルを持って追いかけたって逃げられるだけだし……結局弱点って何なのよ!」

 「午後の間ずっともやもやしてたじゃない」

 「魔界通販も失敗したし、今日はもう帰って寝よ……」トボトボ

  ザアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!

サターニャ「雨振ってるじゃない!」

 「傘は……!」

 「ないか」

ラフィエル「サターニャさん」ヌッ

サターニャ「うひゃあああ!!」

 「毎度毎度あんたはいきなり現れて!」

ラフィエル「放課後覚えてなさいって言ったのはサターニャさんじゃないですか。約束通り来ちゃいましたー」

サターニャ「何の用?」

ラフィエル「今日も雨ですから。帰り――ご一緒しませんか?」

サターニャ「まーた何か企んでるんじゃないでしょうね」

ラフィエル「まさか、サターニャさんと相合傘で帰りたいだけですよ」

 「っ――!?」///

 「ま、また私ヘンなこと言っちゃってますね」

 「なんででしょう。今日はやっぱりヘンです私。先に帰りま――」

  ガシッ!

サターニャ「逃がさないわよぉー」ニヤニヤ

 (ふっふっふ、今の反応。どうやら思わず本音を言ったって顔ね。リボンが効いてるってことよ!)

 (逃がすわけないでしょ。このまま一緒に帰って、あんたから弱点を聞き出してやるわ!)



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:13:45.54 ID:xBlV8Ox6o

【雨の中 帰り道】

ラフィエル「サターニャさん……その、近いです……」///

サターニャ「密着しなきゃ私が濡れちゃうじゃない」

ラフィエル「密着されたら私が濡れちゃうんですよ!」ハッ

 「い、今のは聞かなかったことにしてください」

 (何言ってるんでしょう私……いきなり下ネタじゃないですかー! 気づかれたでしょうか……)チラ

サターニャ「何言ってんのかわかんないけど、まあいいわ。本題よ」

 「あんたの弱点を私に教えなさい」

 (今なら嘘はつけないはずよ。これであんたの弱点を暴ける。それをネタに今後有利に立てるってわけよ)ククク

ラフィエル「私の弱点ですか? サターニャさんですよ?」

 (何言っちゃってるんですか私ー!!!)ガビーン

 「サターニャさんと言ると私、ヘンになるんです。心臓がドキドキして、体中がムズムズして……体温が上がって」

 「優等生じゃいられなくなってしまうんです……嘘をついて、騙して……からかって」

 「こんな気持ちになるの、サターニャさんに対してだけなんです……」///

サターニャ「……それって」

 「そんなの大悪魔サタニキア様じゃなくたって、誰だってわかるわよ……あんた、私のこと好き、なのね……」

ラフィエル(ああ、ついにバレてしまいました……主よ、お赦し下さい)

 (気持ち悪がられてしまう……友だちじゃいられなくなってしまう……)

 (友だちでよかったのに。それ以上は望まなかったのに……)

 (自分に前で嘘をついていたのに……)




11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:14:50.18 ID:xBlV8Ox6o

サターニャ「なーっはっはっはー!」フンゾリ

ラフィエル「!?」

サターニャ「つまり、口ではバカにしてても本音はこの大悪魔サタニキア様のことを尊敬していたのね!」

 「なーんだ、簡単なことじゃない。本心では私の弟子になりたかったってことよね?」

 「いーのよ? また弟子にしてあげても」ニヤニヤ

ラフィエル「よかった、サターニャさんが察しの悪い人で……そういうところが可愛いんですけど」ホッ

 「って、口にでてましたー!!!」ガーン

サターニャ「え、何? 違うの? じゃあどういう意味で好きなのよ?」

ラフィエル「そんなの決まってるじゃないですか! 結婚したいって意味ですよ!」

 「あー! 私何言っちゃってるんですかー!」ガシッ

サターニャ「自分で口を塞ごうったって無駄よ! あんたの本音を聞かせてもらうんだからね! さあ白状しなさい!」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:15:31.24 ID:xBlV8Ox6o

ラフィエル「私はサターニャさんが好きです!」///

 (なんでこんなことに……でも止まりません~)

 「サターニャさんのこと好きすぎて毎晩サターニャさんのこと考えてますし!」

 「サターニャさんのことを位置情報サービスに登録してときどき見守ったりしてますし!」

 「神足通で時々気づかれないようにストーカーしてますし!」

 「正直サターニャさんとキスしたいですし! もっといろんなこともしたいんです!」

 「抑えようとしても止まらないのでこのさい言っちゃいますよ、良いんですよね!?」

 「私は!」

 「白羽=ラフィエル=エインズワースは!」

 「胡桃沢=サタニキア=マクドウェルのことを!」

 「愛しています!」

 「愛してるんです!」

 「天使とか悪魔とか同性同士とかもう関係ないんです!」

 「神様の教えとか知ったことじゃありません!」

 「私は、サターニャさんが世界中の誰よりも、へぶんもへるもあーすも! ぴーぽーもでぼーもえんじょーもひっくるめた全部よりもずーっと! 大好きなんです! 文句ありますか!?」

 「はぁ……はぁ……」ハッ

 「私、なんてことを……ずっと隠してたのに、嘘ついてたのに」

 「こんなこと、気持ち悪いですよね」

 「主の教えに反しています」

 「こんなの、受け入れられるわけが――」




13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:16:26.42 ID:xBlV8Ox6o


  ギュ

ラフィエル「え――?」

サターニャ「もう、いいわよ。十分わかった」

ラフィエル「サターニャ……さん」

サターニャ「そんな悲しそうな顔、もうしなくていいから。あんたいつも笑ってるのに、そんな顔されちゃ気持ち悪いのよ」

ラフィエル「そうですよね……気持ち悪いですよね。私、気持ち悪いんです。今もサターニャさんに抱きしめられて、柔らかいな、とか。キスしたいな、とか。ずっと抱きしめていたいな、とか。そんなこと考えちゃうんです。おかしいですよね、ヘンですよね。天使だったはずなのに。優等生だったはずなのに。全部、サターニャさんが変えちゃったんですよ?」

サターニャ「ヘンじゃないわよ。心臓の鼓動、聞こえてるでしょ? 私だってドキドキしてる……」

 「あんたは神の教えに反してるからって落ち込んでたけど」

 「そんなの魔界ではどうってことないわ。もしあんたが神に見放されて堕天するとしたら」

 「私のところに来ればいいのよ」

 「堕天使のあんたと、悪魔のあたしなら、ずっと一緒にいてもおかしくない。そうでしょ?」




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:17:03.12 ID:xBlV8Ox6o

ラフィエル「サターニャさん……」

 「ズルいですよ」

 「いつもドジで、お間抜けさんなのに。ときどきカッコよくなるサターニャさん」

 「そんなサターニャさんだから、私。どんどん好きになって行っちゃうんです」

 「今もそうですよ。そんなこと言われたら私、駄目になっちゃうじゃないですか」

 「そんなに甘やかされたら、優しくされたら。ガヴちゃんみたいな駄天使になっちゃいます」

 「やっぱりサターニャさんは天使じゃありません」

 「ホンモノの、悪魔です。私をいつも誘惑して、駄天使にするんです」

サターニャ「あたりまえよ。私は大悪魔、胡桃沢=サタニキア=マクドウェルなんだからね……!」キリリッ

ラフィエル「ところでサターニャさん……」

サターニャ「なによ、いま超カッコイイ私のセリフの余韻に浸ってるんだから邪魔しないで」

ラフィエル「それはいいのですが……私たち、雨の中道端で傘も落として抱き合ってて……今、スブ濡れですよ?」

サターニャ「……あたしの家、近いから行くわよ……ヘクチ」




15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:18:07.23 ID:xBlV8Ox6o


【サターニャの家】


サターニャ「あんたからシャワーあびて良いわよ」

ラフィエル「ポッ」///

 「まさかサターニャさんの口から『先にシャワー浴びてこいよ』が頂けるなんて! これは目覚ましアラームに設定します!」ポチポチ

 スマホ『あんたからシャワー浴びて良いわよ』

サターニャ「ちょっとぉ! 録音してんじゃないわよ!」

ラフィエル「濡れても使える防水加工です! 良い物はみんな日本製って吹き替え映画で言ってました~!」ドヤ

サターニャ(ホンネが出て来るとなんかこいつ、いつもよりタチ悪くなったわね……)

ラフィエル(今日はなぜだか嘘がつけないみたいです。でもサターニャさん、思ったより拒絶してこないみたいですから……この機に乗じて普段言えないワガママも言っちゃいますよー!)ムフー

ラフィエル「ねぇ、サターニャさん」///

 「よかったら一緒に入りませんか? 二人共ズブヌレですから……ね?」ウワメヅカイ

サターニャ「うっ……は、はっはっは、良いわよ! 弟子の背中を流してあげるのも師匠の仕事だからね……」///




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:18:54.94 ID:xBlV8Ox6o


【脱衣所】

 ヌギヌギ

ラフィエル「やっぱりサターニャさん、身体キレイですね」マジマジ

 「出るとこ出てますし、ひっこむところは引っ込んでます。女の私が見てもドキドキしちゃいます……」ドキドキ

 「悪魔って、身体で人間を誘惑するためにこんなエロエロスタイルなんですか?」ニヤニヤ

サターニャ「知らないわよ、マジマジみるな!」ベチッ

ラフィエル「あうっ!」

 (ああ……サターニャさんのツッコミ……愛を感じます。嬉しい~。マルティエルの気持ちが分かりましたね)

 (というか、主の教えに反すると言いましたが。彼女も同じようなことをしているのにお咎めなしなんですから、私だって大丈夫じゃないでしょうか?)

 (そう考えたら気が楽になってきました……)ヌギヌギ

 スルッ




17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:19:21.05 ID:xBlV8Ox6o


サターニャ「あ、そのリボン」

ラフィエル「――っ!」ビクン

 「あ……あれ、私いままで何言って……」ガクリ

 「なんてことを……お恥ずかしい……」///

 「これじゃ私、ヘンタイじゃないですかぁ~」///

サターニャ「今更気づいたの? あんたはヘンタイなのよ。悪魔的なレベルにね。とにかく、一緒に風呂入るわよ!」

ラフィエル「え、ええ~」

 「サターニャさん、恥ずかしいです~」///

サターニャ「あんたが入ろうって言ったんじゃない! 良いから行くわよ!」ズルズル

ラフィエル「あ~れ~」





18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:19:48.67 ID:xBlV8Ox6o


【風呂】

サターニャ「あんた私の胸みてオッサンみたいなこと言ってたけど、あんたのほうこそ悪魔的デカさじゃない……」ジロジロ

ラフィエル「ううぅ……ジロジロみないでくださいぃ……」

サターニャ「いいじゃん減るもんじゃなし」

ラフィエル「増えちゃうから困ってるんですよぉ~」///

サターニャ「ちょっと触らせなさいよ!」

ラフィエル「だから増えちゃうんですってばぁ~!」

サターニャ「うわっ、すごっ……柔らか!」

ラフィエル「あっ、そこは……ンッ」

サターニャ「あんた今の声……もしかして」ニヘラ

ラフィエル「だ、だめです~。これ以上は~……ああっ!」

サターニャ「ダメって言ってる相手の胸を揉む……サイッコーに悪魔的な行為でしょ?」

ラフィエル「ああ~ん」///

 イチャイチャモミモミ




19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:20:31.19 ID:xBlV8Ox6o


【風呂上がり】

ラフィエル「はぁ~まさかサターニャさんから攻められるなんて」ツヤツヤ

 (こういうのもたまには悪くないですけどね)

 「だけどなんだからさっきとは違うというか……」

サターニャ「はー、髪まとめなきゃ」シュルシュルパチン

 「っ――!」ビクン

 「あ、あれ、いまのは……?」

ラフィエル「サターニャさん? どうしたんですか?」

サターニャ「……私、あんたを騙したのよ」

ラフィエル「え……?」

サターニャ「あんたのホンネが知りたくて、魔界通販で買ったの。"嘘がつけなくなるリボン"」

ラフィエル「それって今朝サターニャさんに渡された……?」

サターニャ「あんたの弱点を知りたくて……ってのは建前」

 「あんたの気持ちが知りたかったのよ」

 「だってあんた、私にすぐ嘘つくし、騙すし」

 「本当は私の事、嫌いなんじゃないかって……! 心配で……!」




20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:21:39.39 ID:xBlV8Ox6o


  ギュー

ラフィエル「バカですね、サターニャさん」ヨシヨシ

サターニャ「バカじゃないわよ、大悪魔よ……」グスッ

ラフィエル「じゃあ大悪魔のサターニャさん。そんなに私のことが好きなサターニャさんなら」

 「正直に答えてくれますよね。私と今、キスしたいですか?」

ラフィエル「私はしたいです」キッパリ

サターニャ「……したい」

ラフィエル「えー? 声が小さいですよぉー?」

サターニャ「したい! ラフィエル、あんたとキスしたいの! サイッコーに悪魔的な提案でしょ!?」

ラフィエル「そうですね、すっごく悪魔的です」チュ

サターニャ「ふわっ……」

ラフィエル「うふふ、サターニャさんとってもかわいい」チュッチュ

サターニャ「ちょ、もう……ダメ、心臓、破裂するからぁ……!」

ラフィエル「ダメって言ってるサターニャさんにキスし続ける。これぞデビルズアクションですね」チュー

サターニャ「ああっ……んっ……!」///

ラフィエル「さあ、サターニャさん――どのように導(イジ)って欲しいですか?」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:22:10.69 ID:xBlV8Ox6o

【次の日 舞天高校】


ラフィエル「――と、いうことがあったんです」ツヤツヤ

ガヴリール「マジかよ……私よりただれた高校生活してんな」

ラフィエル「私にイタズラした罰として、サターニャさんにはあのリボンを一週間着け続けてもらってます」

サターニャ「くっそー! またラフィエルにやられたー!」

ラフィエル「そうですね、ヤられましたね。気持ちよかったですか?」ニヤニヤ

サターニャ「っ……うん」///

ラフィエル「いい子いい子」ヨシヨシ

 「そういえばサターニャさん、今日はメロンパンを献上したいのですが……」ガサッ

サターニャ「マジで!? 早く寄越しなさいよ!」

ラフィエル「では今回こそホンネを聞けますね。私の足を舐めたら差し上げますよ……?」ゾクゾク

サターニャ「うっ……さすがに大悪魔のプライドが……でもあんたの足キレイだし……」

 「舐めても、いいの?」

ラフィエル「もちろん、みんなの前で私たちのイケナイ関係をバラしちゃいましょう」ゾクゾクゾク

  ザワザワザワ

ガウリール「とんでもないことになってんな……これでいいのか天界」

ヴィーネ「あんたが言うことじゃないでしょ」

ヴィーネ(それにしても、魔界通販か。うまく使えばガヴも駄天使から元の天使に戻ってくれるかも)ジー

ガヴリール(なんかヴィーネの視線が怖いぞ)ゾワッ



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:22:43.05 ID:xBlV8Ox6o


ラフィエル「これからもずっと一緒ということで、その証に次は私から首輪をプレゼントしてあげますね。サターニャさん」

サターニャ「くっそー魔界通販めー! もう絶対二度と買わないんだからー!!!」


 お わ り




23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:23:31.04 ID:xBlV8Ox6o

おわりです、ありがとうございました。
ラフィサタ、サタラフィ流行れ。


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 21:46:40.15 ID:YxZEmLLoo
おつおつ
サタラフィええぞええぞ


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 01:57:38.03 ID:t7NrPil2o
甘々すぎた…
もっとやれ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490702069/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ