Powered By 画RSS


カワイイボクとお助けスリー【デレマス】

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 22:56:47.59 ID:vs7mg7AHO
光、美玲、幸子の3人がわちゃわちゃしながらお助けしたりしなかったり


2 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/13(月) 23:00:24.19 ID:vs7mg7AHO
幸子「へぇ」

光「どうした幸子」

幸子「お助けスリー相談BOXに3通お便り来てますよ」

光「3通!?2時間前アタシと麗奈が面白半分で作ったこれに!?」

美玲「よっぽど困ってるんだな」

光「アタシと美玲と幸子でどうにか出来るのだといいな!」

幸子「えーっと、最初は…光さん!?」

美玲「……」

光「あいた」

幸子「何やってるんですか…」

美玲「で、聞くけど何に困ってるんだ?くだらない事だったらこのピコハンで叩くぞッ!」

光「それアタシの…」

美玲「ん?」

光「ま、まぁ、2人は既に知ってるけど、この間アタシのプロデューサーが出張先で食中毒で病院に運ばれたり、餅を喉につまらせたりして何かと病院にお世話になってるから、どうにかならないかなぁって」

美玲「食中毒はウチと幸子のプロデューサーもだからな」

幸子「本当光さんのプロデューサーはよく病院に行ってますね…」

光「どうにかならないかなぁ…」

美玲「ウチらじゃどうしようもないなコレ…」

幸子「運でしょうかねぇ」

光「運かぁ…」


幸子「もう少しボク達でどうにかできる物にしてほしいですね…」

光「…あ!実はアタシ宿題がまだで」

美玲「……」

光「あいたっ!」




3 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/13(月) 23:05:27.62 ID:vs7mg7AHO
光P「……」


茄子「どうして私を拝んでるんですか?」


光P「なんかわからんけど光達に茄子さん拝んで!って」




4 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/13(月) 23:08:08.59 ID:vs7mg7AHO
光「次は…凛さんか、凛さんかぁ……」

美玲「見なかったかのように戻すなッ!」

幸子「…凛さんはちょっと」

光「凛さんと奏さんとまゆさんは事務所NGなんで…」

美玲「同じ事務所だろッ!?」

幸子「プロデューサー絡みですか?卯月さん?乃々さんですか?」

光「…プロデューサー絡みみたいだな!『アタシのプロデューサーが疲労のあまりにおかしくなった』って」

美玲「ウチらに頼む前に上の人に頼んだ方がいいんじゃないか?」

光「まぁ誰がどうであれ困ってるなら行くしかないね!」


5 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/13(月) 23:09:18.14 ID:vs7mg7AHO



幸子「カワイイボクと!」

光「お助けスリー!出動!!」

美玲「ウチにも言わせろって!!」





6 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/13(月) 23:12:47.85 ID:vs7mg7AHO
凛「待ってたよ…えっと、お助けスリー」


幸子「カワイイボクとが抜けてますよ!!」


光「凛さん!プロデューサーがおかしくなったって聞いたけど」


凛「…まぁ、普段からおかしい人だけど、ここ最近仕事が忙しくて、休んでって言っても聞いてくれなくてね」

美玲「とりあえず様子を見てみて、ダメなようなら強硬手段だな」

凛「…強硬手段?」


美玲「ウチのプロデューサーは上の人間と親しいからなッ!休ませるように仕向ける!!」

凛「ところで光と幸子、なんか距離遠くない?」

光「奏さんが『凛は、可愛い物を見つけたらむしゃぶりつくすから気をつけてね………ぷっ、ふふ』って」

幸子「いくらボクがカワイイからって未成年の方に見せられないことをされるのはNGです!!」

凛「何でそれを信じてるの!?明らかに笑ってるし光騙されてるよ!!!」


7 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/13(月) 23:16:44.65 ID:vs7mg7AHO
美玲「凛のプロデューサーは今どんな感じなんだ?」

凛「………準備はいい?この扉の向こうにいるけど、このまま帰っても怒らないよ、美玲の言う通り上の人に頼るのも手だからね…」

光「アタシは目の前で困ってる人を見捨てたくない!!」

凛「ふふ、光ったら格好いいこと言って…じゃ、開けるよ…!!」


幸子「…!?」


美玲「これは…」




10 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/16(木) 19:45:31.03 ID:oCpOyHgKO
NGTPP「ヒヒヒヒwwwwwwww」

凛「プロデューサー、少し休んだら?」

NGTPP「おぉ凛wwwwいやなwwwwwwww仕事が捗ること捗ることwwww」

凛「ふーん、まぁあんまり無茶しないでね」

NGTPP「社会人だぞwwww体調管理ぐらいできるわwwwwwwww」

凛「…そうだね」

幸子(これはひどい)

美玲(どうすんだよ、あまりの光景に光がショックで固まったぞ)

バタン

凛「…まぁ、見てもらった通りなんだけど」

幸子「書類の山と空き瓶の数とあの顔で察しました」

美玲「ごめん、どうあがいてもウチらじゃどうにも出来ない」

凛「しょうがないよ、卯月も奈緒もショックで寝込んでるし」

光「……はっ」

美玲「無事か光」

光「なんか…とんでもないものを見てしまった気がする!」

幸子「気のせいですから特に気にしないでくださいね」

光「?う、うん?」

凛「どうしよっか」

美玲「とりあえずウチのPに連絡してみる」


11 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/16(木) 19:47:49.02 ID:oCpOyHgKO
クラリスP「おや、騒がしいと思えば貴女達でしたか」

大和P「仕事場だからあんまり騒いだらダメだぞ」

歌鈴P「顔色優れないけど大丈夫?」

凛「私のプロデューサーなんだけど」


クラリスP「あぁ、彼ですか…彼のワーカーホリックは会議で話題になってましたけど」

大和P「その様子だと改善無しか、困るな、俺たちの上司がこれだとアイドル部門が面倒なことになる」

歌鈴P「やっぱり強制的に休ませましょう」

クラリスP「ですね、幸い社長に話をつけていますし、彼の業務なら私たちで分割すれば問題ありません、打ち合わせ通りアイドル部門の総合プロデューサー代理はポジパP、ピンチェPの2人、その補佐に奏PほたるPまゆP美玲Pの4名、彼が休んでいる間に体制を変えましょう」

光「なんか…凄くカッコいいな…」

美玲「まったくだ…コイツらがエロ本落として社内問題になった連中に見えないぞ…」


12 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/16(木) 20:00:19.16 ID:oCpOyHgKO
幸子「どうやって休ませるんでしょうか?」


歌鈴P「まず大和P…いや、コマンダーが彼を気絶させて彼の家に送って、ほたるPの迷いの呪詛で346プロに来させないようにして茄子Pの幸運で温泉旅行にした後部長達が話をつけてしばらく休ませます」

光「アタシ達役に立たないな…」

大和P「そうでもないぞ」

光「え?」

クラリスP「君たちのPが『なんか様子がおかしい気がする!!』って言い始めたのでこちらに様子を見に来ましたから」

大和P「大人の不始末は大人がしっかりケリをつけるさ」


歌鈴P「ではコマンダー」

大和P「任せろ」


13 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/16(木) 20:01:32.54 ID:oCpOyHgKO
光「何か嫌な予感するけどアタシ達で気をそらそう!」

美玲「大丈夫か?」

光「やれるさ…それに普段お世話になってる凛さん達の役に立ちたいからね!」

幸子「光さんがそう言うならボクもやりましょう、ボクの可愛さなら凛さん達のPでも視線釘付けです!!」


凛「…ありがとう、皆…!!」

大和P「…やめろと言っても聞かんだろうな」


光「もちろん!」

美玲「ウチらはいつだって自分らしくと叫ぶ」

幸子「Crossoverですからね!」

クラリスP「ではお願いしましょう」


14 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/16(木) 20:04:49.37 ID:oCpOyHgKO


光「お疲れ様で」

幸子「す!」

美玲「なんでわけて言った!?」

NGTPP「ようwwwwひみこwwww」

光「お仕事の方どう?」

NGTPP「おうwwwwお前達Crossoverも評判が良くてなwwww特に光、最近トレーナーがダンスの事褒めてたぞwwww表現力が上がってるぞってwwww」


光「本当!?」

幸子「よかったですね光さん!」

美玲「ふふん!」

NGTPP「何で美玲が誇らしげなんだよwwwwwwww」





コマンダー「…ふっ!」

NGTPP「うっ」


18 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/19(日) 00:33:38.23 ID:JzWIqIZrO




コマンダー「…よし、眠ったな」

光「…大和Pさん何でプロデューサーやってるの?」

美玲「動きが殺し屋のそれだな」

幸子「流石に引きます」

大和P「厳しいな君ら…」

光「NGとTPのPの顔に白い布かぶせて何してるの?」

大和P「南無」パァン

歌鈴P「こんな事もあろうかと偶然りんを持ってきておいて良かったわ…!!」チンチンチーン

クラリスP「惜しい人を亡くしました…アーメン」


光「ちょっと見直したアタシが馬鹿だった!!」

美玲「不謹慎の塊だぞ!!」

幸子「……」

凛「……」


19 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/19(日) 00:35:32.74 ID:JzWIqIZrO




光「と、とりあえず、解決ってことでいい?」

凛「う、うん…ありがとう」






20 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/19(日) 00:46:32.74 ID:JzWIqIZrO







NGとTPのP「ここは…旅館、だよな?……仕事中に無意識の内に旅館に来たのか…病院に行こうか本気で迷うな、なんか首痛いし…」



『君働きすぎたからしばらく働かないでねby部長』


NGとTPのP「…せっかくだし温泉に入るか、部屋に温泉あるとか昂ぶるな!!」



ガラッ


?「うふふ…Pさん、待ってましたよぉ…一緒にお風呂に入りませんか?」


NGとTPのP「佐久間まゆ」


まゆ「あれ!?凛さんのPさん!?」


NGとTPのP「風呂上がったら服着て正座な」



まゆ「」



【働きすぎダメ絶対】


22 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/20(月) 18:46:50.60 ID:L/zs93+aO
美玲「3通目行くぞッ!!」




光「……待って美玲」



美玲「な、なんだよ」



幸子「……1回、ボクの事呼んでみてください」


光「…アタシにも頼む」


美玲「な、何だよオマエら…幸子!光!ほら、これで満足か」



幸子「……美玲さんの声って可愛いですね」


光「うん、こう…生意気っぽさもあるけどすごく可愛らしい声と言うか…」



美玲「な、なんだよ…ウチの声なんて前からこうだぞッ!!」



幸子「…」


光「…」


美玲「何だよッ!?」


【美玲ボイスおめでとう!】


23 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 20:49:22.57 ID:K8ceUK+TO
光「美玲が照れて使い物にならいから代わりに読むね…えっと友紀さんだ」



幸子「嫌な予感がしますねぇ…」



光「…最近キャッツが負け続きで辛い…だってさ」



幸子「そんな事だろうと思いましたよ…ボク達にどうしろって言ううんですか…」



光「とりあえず行ってみようか、ほら美玲行くよ」



美玲「うぅ…二人して弄りやがって…覚えとけよ…特に光…!!」


光「えぇー?何のことー?」



幸子「二人共馬鹿やってないで行きますよ」






24 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 20:51:16.46 ID:K8ceUK+TO




友紀「…はぁ」


光「まぁまぁ友紀さん、そう落ち込まないで」


友紀「だってさぁ光ちゃん!」




美玲「あの調子でかれこれ40分」



幸子「光さんって聞き上手なんですかね」



美玲「いや、あの顔を見てみろ…あの顔は言ってる事のほとんど理解してない笑顔だッ!…光の特撮話を聞いてる文香みたいな顔だぞッ!」



幸子「人って聞いてもらえるだけでも嬉しいものですからね」




光「友紀さん、気分転換にアタシ達とキャッチボールでもしよう!」


友紀「うーん、いいけどボールある?」



光「麗奈がイタズラで使おうとしてた柔らかいボールを何個か貰ったから大丈夫だよ!」



友紀「グローブ、探したらあるかなぁ」




25 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 20:58:28.21 ID:K8ceUK+TO



光「ここなら割れるものもないし、人も居ないし大丈夫だな!」



美玲「広いなぁこのプロダクション」



友紀「よーし!かっ飛ばすぞー!」



幸子「ちょっ、バットはダメですよさすがに」


友紀「えぇー!!」



幸子「ボクは別に構わないんですけどね、6階の会議室の窓から友紀さんのPが鬼の形相でこっち見てるんですよ」



美玲「下手しなくても壁を這って降りてきそうだな…」


友紀「あの人なら本当にやりかねないなー、打つのはやめとこうか」




光「へーい!パスパース!!」



美玲「犬かよ…」



友紀「いくよーっ!」



光「うわっ!」



友紀「あっ、ごめーん!高すぎた!!」



幸子「ボールを追いかける光さん…確かに犬に見えますね…」



光「よーし!行くよ友紀さん!ヒーローストレート!!!」



友紀「おっ!いい球投げるねっ!!」



美玲「次ウチに投げるのかよッ!?」




光「おぉっ!ナイスキャッチ!!」



美玲「次は幸子だッ!!」



幸子「ちょっ!顔ダメですからね!?そんな全力で投げないでくださいね!?」



美玲「行くぞッ!!」



26 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 20:59:46.40 ID:K8ceUK+TO




光「あっ!友紀さんのPがビル這って降りてきてる!!」




27 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 21:01:28.19 ID:K8ceUK+TO




美玲「え゛っ!?」



幸子「もう!美玲さんどこに投げてるんですか!」



美玲「な、ちょ、光…ウチを騙したのかッ!?それでもヒーローかッ!?」




光「今のアタシはヒーローの南条光じゃない!キャッチボールに興じる14歳の女の子だよ!!」




美玲「ちくしょう!幸子!ウチに球くれ!!」




幸子「わかりました!じゃあ友紀さんに」




友紀「ナイスボール!」




美玲「何でだよッ!?」




友紀「しょうがないなぁ…」




美玲「っと…ふふふ、覚悟しろよ…!」



光「………」




美玲「行くぞッ!」



28 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 21:22:10.51 ID:K8ceUK+TO




光「そんなに足あげたらスカートの中見えるよ」



29 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 21:52:48.16 ID:K8ceUK+TO




美玲「っっっっっ!!!??」



幸子「美玲さんスカートは今履いてないじゃないですか…」



美玲「光!!」




光「アタシの事犬って言ってたの聞いてたからな!!」




美玲「オマエは地獄耳かッ!?」



光「地獄耳…?」



友紀「光ちゃん、続き続き」



光「はっ、そうだった…美玲はキャッチ出来なさそうだし…幸子!」



幸子「わっ!もう!強すぎますよ!!」



光「ごめんごめん!」



幸子「じゃあ美玲さん!」



美玲「よしきた!」



30 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 22:14:42.46 ID:K8ceUK+TO



友紀「おぉ!美玲ちゃんから今までと違う覇気を感じるね!!」



光「さぁ来い!!」



美玲「行くぞ光っ!!」



光「おぶっ!?」



美玲「ひかるー!?」



幸子「おでこにクリーンヒット…」




31 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 22:56:39.90 ID:K8ceUK+TO




友紀「いやー楽しかった」



美玲「よかったな!」



幸子「どうなるかと思いましたが、友紀さんが満足できたならよかったです!」



光「おでこいたい」



友紀「光ちゃんは大丈夫なの…?」



光「いやぁ流石美玲、アタシ達のリーダーだ、ボールのキレが違うね!」



美玲「褒めてるのか?」



光「もち!」




友紀「元気そうでなりよりだね!」



光「凄く楽しかったよ友紀さん!でも、お助けする側なのに友紀さんに手当てして貰ってごめん!」



友紀「いやいやいや!スカッとしたよ!!皆いい球投げるし、いつか皆と野球やりたいなー!」



光「面白そう!!」



幸子(20チームくらい出来そうですね)



美玲「なぁなぁ、ところで扉の外から鬼の形相でこっちを見ている友紀のPは」



友紀「い、いやー、なんでだろうね…!」



幸子「友紀さん……」



【気分転換も大事!】


32 : ◆v7PpitUEuI 2017/03/25(土) 22:59:52.16 ID:K8ceUK+TO
とりあえず本編はこれで終わりです。

後はオマケを書けたらなぁ…書けたらいいなぁ…


もうすぐ総選挙、去年今年と南条の展開が早いからその勢いで結果残したいけど、他のアイドル達も凄まじそうだなぁ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489413407/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ