Powered By 画RSS


妹「兄さん!スライムが現れました!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:10:09.28 ID:GovU8jmk0
兄「は?スライム?」

妹「そうです、スライムです!」

兄「スライムって・・・ああ、あれか。ホウ砂と洗濯ノリを混ぜて作る・・・」

妹「違いますよ。もっとファンタジックな奴です」

兄「・・・それってゲームに出てくるようなやつってこと?」

妹「はい、それが私の部屋に・・・」

兄「HAHAHA、何言ってるんだ妹。そんなのいるわけ・・・」ガチャッ


スライム「・・・」ウネウネ

兄「アイエエエエエエエエエエエエエ!!??」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:19:15.64 ID:GovU8jmk0
スライム「・・・」ウネウネ

兄「な、なんだあこいつは!?」

妹「だからスライムですよ。言ったとおりでしょ?」

兄「いやいやいや!絶対おかしいって!」

兄「な、何かトリックがあるんだろ?本当にこんな・・・スライムがいるわけないじゃないか・・・」

妹「残念ながら・・・種も仕掛けもないです」

兄「えっ・・・」

兄「そんなまさか・・・」スッ

スライム「・・・」ヌルッ

兄「うわあああああああああ!!ヌルッときたああああああああ!!」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:23:29.79 ID:GovU8jmk0
スライム「・・・」ウネウネ

兄「ぐう・・・にわかには信じられんが、生き物っぽい感じがする・・・」

兄「確かに妹のいたずらじゃなさそうだ・・・」

妹「でしょう?」

兄「んで、何でこいつがお前の部屋に?」

妹「ええ、ちょっと召喚魔法を試していたら・・・」

兄「うん・・・」

兄「・・・うん?」

妹「まさか成功するとは思わなくて」

兄「ちょっと待って何言ってるの君」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:27:26.57 ID:GovU8jmk0
兄「・・・古本屋で買った、召喚魔法の本?」

妹「はい。タイトルに惹かれて買っちゃいました」

兄「そうか・・・なら仕方ないな」

妹「はい、仕方ないです」

兄「それで、試してみたらこいつが現れたと」

スライム「・・・」ウネウネ

妹「そういうわけです」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:33:56.20 ID:GovU8jmk0
兄「それで、こいつどうするんだ?」

スライム「・・・」ウネウネ

妹「まあせっかく召喚したんですから、色々遊んでみようかなって」

兄「え、遊ぶ?」

妹「はい。スライムと触れ合える機会なんて滅多にないじゃないですか!」

兄「いや、滅多にってレベルじゃねえよ。この状況がおかしいんだよ」

妹「そういうわけで、色々試したり調べてみようかなって思います!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:39:21.18 ID:GovU8jmk0
兄「まあ、それはいいけどさ・・・」チラッ

スライム「・・・」ウネウネ

兄「・・・こいつ、害はないの?」

妹「え、知らないです」

兄「こいつが体表から毒出してるとかだったら俺詰んでるんだけど」

妹「ああ、それは大変です!どうしましょう!」

兄「今のところ何ともないけど・・・」

妹「そうだ!今のうちに接触した部分を切断すれば・・・」

兄「おい」

妹「兄さん。オートメイルってかっこよくないですか?」

兄「おい。何をする気だ」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:42:18.56 ID:GovU8jmk0
兄「つーか、その本に書いてないの?そういうこと」

妹「あー、書いてたかもしれません。ちょっと調べてみますね」ペラッ

妹「・・・ふむふむ」パラパラ

兄「・・・」

スライム「・・・」ウネウネ

兄(こいつ、ヌルッとしたけどひんやりして気持ちよかったな・・・)

兄(夏場とかに欲しいかも)

スライム「・・・」


ズルッ

兄「!?」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:45:25.44 ID:GovU8jmk0
兄「なっ・・・!」

ズルッ ズルッ

兄(!?ひ、引きずり込まれた!?スライムの体の中に!)

兄(まずい、こいつ・・・やっぱり危ない奴・・・!?)

兄(い、息ができない・・・!妹、助け・・・)

ズルッ ズルッ

ジュゥゥゥゥゥゥゥ・・・

兄(!?こ、こいつ・・・まさか!)

兄(うわあああああああああああ!!!や、やめろおおおおおおおおおおおお!!!!)


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:48:47.77 ID:GovU8jmk0
妹「あー、わかりました!」

妹「別に毒とかは分泌しないみたいですけど、どうやら特殊な体液を出すそうで」

妹「なんでも、『服』だけを溶かす・・・」

妹「・・・兄さん?」

兄「・・・何?」


妹「どうして・・・全裸なんですか?」

兄「・・・」

妹「・・・」

スライム「・・・」ウネウネ

兄「・・・察しろ」

妹「アッハイ」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:53:28.00 ID:GovU8jmk0
兄「くそう、ひどい目にあった・・・」

妹「災難でしたね」

スライム「・・・」ウネウネ

兄「なんでこいつ俺をわざわざ体内に引きずり込んで服溶かしたんだよ」

兄「マジで意味わかんないんだけど。誰も得しないんだけど」

妹「ああ、その引きずり込むって行動については本に書いてましたよ」

兄「え、なんなの?」

妹「『求愛行動』らしいです」

兄「へー」

兄「・・・ん?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:55:41.05 ID:GovU8jmk0
兄「・・・えっと、聞き間違いかな?キューブアイス講堂って言ったのか?」

妹「求愛行動です。愛を求める行動です」

兄「・・・マジ?」

妹「マジです」

スライム「・・・」ヌルッ

兄「いやああああああああああああああああ!!!!!」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:01:03.97 ID:GovU8jmk0
兄「どういうことだ!何で俺がなんかよくわからないイエローテンパランスみたいな生き物に求愛されないといけないんだよ!」

妹「どういうこと、と言われましても・・・」

兄「何?こいつには俺がスライムに見えてるの?」

スライム「・・・」プルンッ

妹「いえ、どうやらスライムは気に入った個体には、種族に関係なく求愛するらしいです」

兄「えぇ・・・」

妹「ああ、でもちゃんと雌雄は気にしてるらしいですよ」

兄「えっ」

兄「・・・つまりこいつは」

妹「女の子ですね」

スライム「・・・」ヌメヌメ


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:06:42.93 ID:GovU8jmk0
兄「本当にどういうことだよ、くそう・・・」

兄「まさか、こんな異世界生物に求愛される日が来るなんて・・・」

妹「ちゃんと女の子なんですから、いいじゃないですか」

兄「よくねえよ・・・」

妹「・・・あ、ホモって可能性も・・・」

兄「ちょっとやめないか」

妹「まあどっちにしろ、兄さん。お幸せに」

兄「え、何そのセリフ」

妹「兄さんのこと、よろしくお願いしますね」

スライム「・・・///」プルルンッ

兄「待てやコラ」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:12:53.47 ID:GovU8jmk0
兄「せめて、モン娘だったらなぁ・・・」

妹「そんなこと言わずに、ありのままの彼女を受け入れてあげてください」

兄「・・・」チラッ

スライム「・・・///」ニュルンッ

兄「・・・なんか若干赤くなってない?」

妹「本当ですね。元々緑だったのに・・・スライムべスにでもなるんですかね」

スライム「・・・///」ヌルリ


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:16:53.11 ID:GovU8jmk0
兄「それで?色々試すんじゃなかったのか」

妹「ああ、そうでした」

妹「まず、話が通じるか試してみましょう」

スライム「・・・」ヌメヌメ

兄「なんかある程度通じてた気もするけどな」

妹「こんにちは」

スライム「・・・」ウネウネ

妹「もうちょっとこっちによってくれませんか?」

スライム「・・・」ズリズリ

兄「お、いい感じだな」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:21:19.74 ID:GovU8jmk0
妹「形とか変えられませんか?」

スライム「・・・」シャキーン

兄「三角形になったな」

スライム「・・・」シャキーン

兄「今度は立方体だ」

スライム「・・・」シャキーン

兄「おお、星形だ」

スライム「・・・」ズァッ

兄「花京院だ」

妹「おお、すごいですね」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:27:24.18 ID:GovU8jmk0
妹「じゃあ・・・このボールをつかむことはできますか?」スッ

スライム「・・・」ニュルンッ

兄「身体の一部を触手みたいに伸ばせるのか」

スライム「・・・」ポーン

妹「しかもそのまま投げることもできる・・・思った以上にすごい子ですよ、この子」

兄「ああ。侮れないな、スライム・・・」

スライム「・・・///」ブォッ

兄「何!?ジャイロボールだと!?」ズパァァァン

妹「すごい・・・160キロは出てますよ!」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:31:52.86 ID:GovU8jmk0
妹「すごいですね、スライム・・・素晴らしいです」

スライム「・・・」プルプル

兄「ん、何か様子が変じゃないか?」

妹「あれ、本当ですね」

スライム「・・・」プルプル

妹「・・・もしかして、お腹がすいてるんじゃないんですかね」

兄「えぇ?・・・まあ、生き物だもんな。腹も減るよな」

妹「でも、何を食べるんでしょうか?」

兄「本に書いてないか?」

妹「なるほど!調べてみますね」



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:41:11.16 ID:GovU8jmk0
妹「調べた結果、恐ろしいことが分かりました・・・」

兄「な、なんだ?」

妹「普通は、ゴールドベリーって言うのを食べるらしいです」

兄「は?なんだそりゃ」

妹「この子は、元々異世界の生物です。それを私が呼び出したにすぎません」

兄「ああ、つまりそのゴールドベリーって言うのは、異世界の食べ物ってことか」

妹「そうです。しかし、当然ここにはそんなものありません」

兄「そうだよな・・・じゃあ、どうしたら」

スライム「・・・」プルプル


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:43:29.66 ID:GovU8jmk0
妹「・・・実は、こちらの世界にも、その代わりとなる食べ物があるらしいです」

兄「え?それは何だ?」

兄(なんだろう・・・ベリーって言うくらいだし、イチゴとかかな・・・)

妹「それは・・・」


妹「ケバブです」

兄「は?」

妹「兄さん、急いでケバブを買ってきてください」

兄「え、ああ、うん・・・」

スライム「・・・」プルプル


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:45:49.48 ID:GovU8jmk0
スライム「・・・♪」ズルンッ モッシャモッシャ

妹「あ、喜んでますね」

兄「・・・」

妹「あれ、兄さんどうしたんですか?」

兄「・・・腑に落ちねえ」

妹「?」

兄「いや、何でもない・・・」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:49:28.64 ID:GovU8jmk0
兄「さて・・・そろそろ母さんたちが帰ってくるぞ。どうする気だ」

妹「まあ普通に紹介すればいいんじゃないんですかね」

兄「えぇ・・・」

妹「兄さんの恋人として」

兄「えぇ!?」

スライム「・・・///」プヨプヨ


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:52:55.57 ID:GovU8jmk0
妹「冗談はさておき、このまま放っておくわけにもいかないでしょう」

妹「ちゃんと説明して、ペットとして飼うことにしましょう」

兄「うーん、まあ実際そうするしかないんだろうけど・・・」

兄「こんな異世界生物を野に離すわけにもいかんし」

スライム「・・・」グネグネ

兄「ただ、母さんたちが許すと思うか?」

兄「そもそも信じてくれるかどうか・・・」

妹「いやあ、大丈夫でしょう」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 23:57:51.05 ID:GovU8jmk0
母「散歩と餌やりは自分たちでやるのよ」


父「いいよ」


兄「何だあの両親は・・・」

妹「わーい、これでこの子も家族の一員ですね」

スライム「・・・♪」ヌッチャヌッチャ

妹「そうだ、名前を付けてあげないと」

兄「ああ、うん・・・そうだね」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:03:51.00 ID:U9SN2MNs0
妹「そうですね、ここは・・・」

妹「『メキシコに吹く熱風!』という意味の」

妹「『サンタナ』というのはどうでしょうか!」

兄「却下」

妹「えー、なんでですか」

兄「俺に任せろ、そうだな・・・」

兄「・・・スラ美」

妹「うわっ・・・」ジトッ

兄「・・・なんだよ」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:07:29.79 ID:U9SN2MNs0
妹「・・・ネーミングセンスがゴミレベルですね」

兄「妹よ・・・いつからお前はそんな辛辣になったんだ」

妹「誰だってそう思いますよ。ねえ、サンタナもそう思って・・・」

スライム「・・・♪」ボヨンボヨン

妹「・・・あれ?」

兄「あれ、気に入った?」

妹「しょ、正気ですか!?サンタナの方がかっこいいでしょ?」

スライム「・・・」プルプル

妹「ぐはっ・・・!そ、そんなバカな・・・!」ドサッ

兄(・・・何これ)


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:13:04.51 ID:U9SN2MNs0
その夜


スラ美「・・・」ウネウネ

兄「・・・本当に俺の部屋で寝るの?」

スラ美「・・・」ニュルニュル

兄「・・・まあいいけどさ」

兄「服溶かすのだけは勘弁してくれよ」

スラ美「・・・」ヌメヌメ

兄「ああ、お休み」カチッ

兄(・・・まさか、こんなことになるなんてな)

兄(まあ、でも・・・)

兄(・・・別にいいか)


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:20:53.17 ID:U9SN2MNs0
それから───


兄「よっと・・・」ゴソッ

妹「兄さん?なんですかそれ?」

兄「ああ、ケバブを作るのに必要な調理器具だ。いちいち買いに行くのが面倒だからな」



俺と妹とスラ美は───


スラ美「・・・」ウネウネ

兄「さあ来い!お前のジャイロボールを攻略してやるぜ!」ブンッ

スラ美「・・・」ブオンッ

兄「!?球が・・・消えた!?」

妹「なんというスピード・・・これはメジャーも目じゃないですよ!」



共に楽しい時間を過ごし───


兄「俺のターン!くらえ!スクラップ・フィスト!」

スラ美「・・・」ネチョッ

兄「・・・あ」

妹「魔法の筒ですね。兄さんの負けです」

スラ美「・・・」バツゲーム!

兄「う、嘘だああああああああああ!!!」



そして───


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:23:35.72 ID:U9SN2MNs0
妹「兄さん、どこか行くんですか?」

兄「ああ。ケバブの材料がなくなってきたからな」

妹「ふふ。兄さんもすっかりケバブ作りが板につきましたね」

兄「まあな・・・」

兄「じゃあ、行ってくるぜ」

妹「行ってらっしゃい」

妹「・・・そういえば、スラ美はどこでしょう」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:25:58.03 ID:U9SN2MNs0
兄「さて、とりあえずスーパーに・・・」スタスタ

ブォォォォォォォ

兄「・・・?何の音だ?」

ブォォォォォォォ

兄「・・・あっちから・・・」クルッ

兄「!?」

暴走トラック「ブオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

兄「な、何だと!?」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:29:13.13 ID:U9SN2MNs0
兄(居眠り運転か?くそっ!)

兄(何とかして、避けないと・・・)ダダッ

兄(・・・駄目だ、間に合わない!)

ブォォォォォォォォォォォォォォ

兄(くそっ・・・)

兄(俺の人生も、ここまでか・・・)

兄(ごめん・・・妹、母さん、父さん・・・)

兄(ごめんな・・・スラ美・・・)



ズドォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:30:30.35 ID:U9SN2MNs0
兄(・・・ん?)

兄(あれ、痛くない?)

兄(それに・・・このひんやりとした感触は・・・)

兄「・・・!!」


スラ美「・・・」グッタリ

兄「す、スラ美!!!」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:32:47.50 ID:U9SN2MNs0
兄「お前、どうしてここに・・・」

兄「いやそれよりも・・・お前、俺をかばって・・・!?」

スラ美「・・・」プル…

兄「馬鹿野郎!!どうしてそんなこと!!」

スラ美「・・・」ウネ…ウネ…

兄「・・・」

スラ美「・・・」ウニ…ウニ…

兄「・・・そうか」

兄「ありがとうな・・・スラ美」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:35:51.81 ID:U9SN2MNs0
スラ美「・・・」グニャ…

兄「・・・おい、スラ美!しっかりしろ!」

スラ美「・・・」ヌルッ…

兄「馬鹿!そんなこと言うんじゃない!」

兄「絶対助けてやる!だから、お前もがんばれ!!」

スラ美「・・・」ニュル…

スラ美「・・・」ヌル…リ…

兄「・・・おい、スラ美?おい!」

兄「しっかりしろ、スラ美!!スラ美!!」



兄「スラ美いいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:36:50.31 ID:U9SN2MNs0
兄「・・・」

チョンチョン

兄「・・・」

チョンチョン

兄「・・・ああもう!なんだよ!?」クルッ


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:37:59.34 ID:U9SN2MNs0




警察官「君、公然わいせつ罪で逮捕ね」

兄「えっ」

兄「・・・あっ」


この後スラ美は、ケバブを食べたら元気になった




38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 00:38:52.40 ID:U9SN2MNs0
以上です。見てくださった方、ありがとうございました

ケバブって美味しいですよね


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490879408/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ