Powered By 画RSS


ガヴリール「私、サターニャのこと………」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:55:21.73 ID:Pv/T8vBC0










ガヴリール「────」

サターニャ「……………え?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:56:26.52 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――

この感情に気づいた時、私は不思議な気持ちになった
それはまるで、宙に浮いているような感じでもあるし
どこまでも落ちていく感じでもある
とにかく不思議な感じ、不思議な気分

いつからこの感情が芽生えてたか、なんて覚えてない
けど答えるとするなら、多分一目見た時からなんだろう


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:57:07.29 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――

サターニャ「やっと来たわねガヴリール!」

ガヴリール「悪い悪い、寝過ごしちゃってさー」

サターニャ「待ち合わせ時間に遅れてくるなんてS級悪魔的行為を容易く成し遂げるなんて…」
「流石は私のライバルと褒めてあげるわ!」

ガヴリール「へいへい、んじゃ行こうぜ」スタスタ

サターニャ「ちょ、待ちなさいよー!」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:57:54.86 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――

今日はサターニャと2人きりで遊ぶ約束をしていた
誘ってきたのはサターニャからだった
もちろん私はすぐに了承した
この時の喜びは今でも覚えている

2人きりになれる機会があまりないからか、とても緊張する
少しはサターニャも意識してくれているだろうか
…なんて、このアホに期待するだけ無駄か


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:58:35.68 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――
【ゲーセン】

you loss

サターニャ「だぁー!また負けたぁ!」

ガヴリール「お前ほんと弱いな」

サターニャ「アンタが強すぎるのよ!どんだけやり込んでるのよ!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:59:09.54 ID:Pv/T8vBC0
サターニャ「ふっ!はっ!はっ!ほっ!」シュバババッ タ-ン!

perfect!!

サターニャ「どうガヴリール?これが大悪魔の力よ!」

ガヴリール「ゼ-ハ-ゼ-ハ-」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:59:41.80 ID:Pv/T8vBC0
ウィ-ン ポロッ

サターニャ「あーもう!取れないじゃない!」

ガヴリール「貸してみ」
「こういうのはコツがあるんだよ」

ウィ-ン ポロッ ガコン

サターニャ「や、やるじゃない!褒めてあげるわ!」

ガヴリール「おう」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:00:54.22 ID:Pv/T8vBC0
ガヴリール「あれ撮らないか?」

サターニャ「プリクラ…?」

ガヴリール「今日遊びに来た証としてさ、どうだ?」

サターニャ「ふっふっふっ…いいわ、恰好良く写るから期待してなさい!」


サターニャ「ちょ、ちょっと…近くない?///」

ガヴリール「プリクラってこんなもんだろ」

サターニャ「そ、そーだったわね!忘れてたわ!!」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:01:59.67 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――
【映画】

サターニャ「うっ…ぐすっ……」ポロポロ

ガヴリール「………」ギュッ

サターニャ「…?」ポロポロ

ガヴリール「…握っててやるよ(ボソッ」

サターニャ「………アリガト」ポロポロ





サターニャ「な、中々良かったわね…」グスッ

ガヴリール「…だな」クスッ


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:02:46.46 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――

サターニャ「今日はなかなか楽しかったわよガヴリール」

ガヴリール「私もだよサターニャ、ありがとな」

サターニャ「ちょ、調子狂うわね…」
「それじゃ今日は解散しましょうか」

ガヴリール「その前に少しいいか?」







「………話があるんだ」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:07:02.72 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――
【人気のない場所】

サターニャ「で、話ってなによ」

ガヴリール「じ、実は…」

「私、サターニャのこと………」











12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:53:14.33 ID:Pv/T8vBC0
グサッ










ガヴリール「殺したかったんだ」ニヤァ

サターニャ「……………え?」クラッ

バタリッ


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:54:04.76 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――

この殺意に気づいた時、私は不思議な気持ちになった
それはまるで、宙に浮いているような妙な不快感でもあるし
どこまでも落ちていくような絶望感でもある
とにかく気持ち悪い感じ、自分が自分じゃなくなる気分

いつからこの殺意が芽生えてたか、なんて覚えてない
けど答えるとするなら、多分サターニャを一目見た時からなんだろう


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:55:12.73 ID:Pv/T8vBC0
――――――――――

今日はサターニャと2人きりで遊ぶ約束をしていた
(またとないチャンスを手に入れたものだ)

誘ってきたのはサターニャからだった
(私から誘う勇気なんてないから、とても助かる)

もちろん私はすぐに了承した
(この機会を逃すわけには行かない、ってね)

この時の喜びは今でも覚えている
(千載一遇のチャンス、だからな)


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:55:42.75 ID:Pv/T8vBC0
2人きりになれる機会があまりないからか、とても緊張する
(緊張しないはずがない、2人きりになった時に実行するって決めたんだから)

少しはサターニャも意識してくれているだろうか
(そして、私の殺意に気づいてくれるだろうか)

…なんて、このアホに期待するだけ無駄か
(期待するくらいなら、辞めておけばいいのにな…)


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:30:58.14 ID:F4cVBlQ10
――――――――――

ポタ…ポタ…
ポロッ…カランカラン…

ガヴリール「は、はは、ははははは………」

ガヴリール「やった、やったんだ…サターニャを、サターニャを………」ポロポロ

ガヴリール「くそっ、なんで、なんで………」ポロポロ

ガヴリール「あんなにも殺したかったのに、なんでこんなに悲しいんだよっ……………!」ポロポロ

ガヴリール(……あぁ、そっか)

ガヴリール(私、サターニャのこと………)





ガヴリール「好き、だったんだ……………」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:32:17.21 ID:F4cVBlQ10
――――――――――

ガヴリール「ごめん、ごめんな…サターニャ………」ポロポロ

「なに、泣いてんのよ…」





サターニャ「ったく…人を刺したかと思えば泣き出して、どういうつもりよ………」ポタ…ポタ…

ガヴリール「サ、サターニャ………」

サターニャ「覚悟、出来てんでしょうね…!」ポタ…ポタ…


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:33:05.62 ID:F4cVBlQ10















ギュッ

ガヴリール「………え?」ポロポロ


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:33:56.94 ID:F4cVBlQ10
サターニャ「アンタが、どんな理由で、私を殺したかったのか、知らないけど……」
「私は、アンタを許すわ、ガヴリール」


ガヴリール「…何、言ってるんだよ」
「わ、私は刺したんだぞ!?わかってるのか!?」

サターニャ「わかってるわよ、その上で、許すって言ってるの」

ガヴリール「なんで、どうしてっ!?」

サターニャ「なんでって、決まっているでしょう?」

「私も、アンタのことが好きだからよ、ガヴリール」

ガヴリール「あっ、あぁ……」ポロポロ
「ごめん、ごめんなサターニャ………!」ポロポロ

サターニャ「いいって、言ってるじゃ、な………」

バタッ


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:34:56.20 ID:F4cVBlQ10
――――――――――

サターニャ「…で、ガヴリールが襲われそうになったところを、このサタニキア様が華麗に助けたってわけ!」
「なぁ~っはっはっはっはぁ!!」

ヴィーネ「ちょっと、病院では静かにしなさいよ…」

ラフィエル「で、華麗に助けた後刺されてしまい、今に至る、と………」

サターニャ「うるさいわねぇ!ちょっと油断してただけよ!」

ラフィエル「へー、そうなんですかー」

サターニャ「ちょっとは信じなさいよぉ!!」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:36:27.18 ID:F4cVBlQ10
ヴィーネ「だから病院では静かに…」

ガヴリール「…あんま私のサターニャをいじるなよ、ラフィ」

ラフィエル「すいませんガヴちゃん、そんなつもりはなかったんですが…」

ヴィーネ「わ、私のサターニャ?ガヴったら何を言って…」

ガヴリール「あぁ、それはな…」

チュッ

「こういうことだ」ニヤ


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:37:10.13 ID:F4cVBlQ10
サターニャ「ちょっ///」

ヴィーネ「え?………えっ?」

ラフィエル「あら~」ニコニコ

ヴィーネ「ど、どういうこ…」

ラフィエル「それじゃあ2人の時間を邪魔するわけにはいきませんね」
「行きましょうかヴィーネさん♪」

ヴィーネ「まって!離してラフィ…」シュン

サターニャ「き、消えた…」

ガヴリール「さて、2人きりだなサターニャ」

サターニャ「…そうね」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:38:13.62 ID:F4cVBlQ10
ガヴリール「………本当によかったのか?私はお前を殺そうと」「昨日も言ったけど」

サターニャ「私はアンタを許すわ、ガヴリール」

ガヴリール「私は好きな人を殺そうとするようなやつだぞ?」

サターニャ「構わないわよ」

ガヴリール「私は嫉妬深いぞ?何かあったら今度こそ殺ってしまうかもしれないんだぞ?」

サターニャ「それくらいどうってことないわ!なぜなら私は大悪魔ですもの!」

ガヴリール「………本当に、いいのか?」

サターニャ「いいわよ、大悪魔は寛大なの」
「それに、アンタを堕天させるわけにもいかないもの!」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:38:56.66 ID:F4cVBlQ10
ガヴリール「いや、もう堕天してるが」

サターニャ「えっ」

ガヴリール「そりゃ死ななかったとはいえ殺人未遂だしな」
「堕天しないわけがないだろ」

サターニャ「な、なら悪魔同士じゃない!」
「これでなにも問題は無いわ!!!」

ガヴリール「そりゃそうだけど…」
「変だよ、お前……」

サターニャ「アンタに言われたくないわよ!!」

ガヴリール「まぁでも…」
「変なヤツ同士、お似合いなのかもな」クスッ

サターニャ「…そうね!」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:39:42.27 ID:F4cVBlQ10



ガヴリール「なぁ、サターニャ」

サターニャ「なによ」

ガヴリール「私、サターニャのこと………」

「大好きだ!」

サターニャ「私もよ!ガヴリール!」

おわり


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/31(金) 23:42:19.32 ID:F4cVBlQ10
明らかに展開急ぎすぎだよねこれ、やっぱ寝ぼけて書き始めたやつはダメだな…

寝落ちしたままその後の展開も忘れたのでそのままハッピーエンドにしました、次はちゃんと書きますごめんなさい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490622921/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ