Powered By 画RSS


果南「あんまり大きな声出すと聞こえちゃうよ?」ダイヤ「ーーっ」

1 : 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:29:52.13 ID:6+NkqVlL.net
合宿中

果南「ほーら……我慢、我慢、ダイヤならイケるって」

ダイヤ「だめっだめっ、バレてしまいます!」

果南「ダイヤが我慢すればいいだけだって」

ダイヤ「そうは言われても……お、抑えられなっ……んんっ」

果南「しーー、静かにしないとルビィに聞かれちゃうって」

ダイヤ「っんん!!そ、そんなのっ……ぁ、ぁあっ」

果南「ほら、頑張って」




2 : 庭です(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:30:35.72 ID:mjGwM/Un.net
ダイヤ「ひゃっ……っ、果南、さんっ、もうっだっ……」

果南「んー?もうイッちゃう?」

ダイヤ「んんっ、か、かな、んさっ」

「ぁ……」

「ょ……ん」

果南ダイヤ「……ん?」


3 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:31:34.85 ID:mjGwM/Un.net
「ぁ……んんっ……ぁんっ」


「……はぁ、ふっ」


果南ダイヤ「(……んん?)」


「やぁっ……ぁあっ、っ」


果南「……」


ダイヤ「……」


4 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:33:08.11 ID:mjGwM/Un.net
「んっ……曜ちゃん、やっぱだめ!バレちゃう……!」


「ええっ……梨子ちゃんがしたいって言ったんじゃ……」


「そっ、それはそうだけどっ……なんか気配を感じるというか……」


「いいから、集中してよ」


「やっ、ちょ、よ、曜ちゃんダメっ」


ヤッモットモットスキスキッ
ヨウチャンッリコチャンッ


5 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:33:30.63 ID:mjGwM/Un.net
果南「……」

ダイヤ「……」

果南ダイヤ「(お前らもかー!)」


6 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:35:57.87 ID:mjGwM/Un.net
ダイヤ「な、なんてことなの!……合宿中だというのにっ……ハレンチですわ!」

果南「ちょっ、ダイヤっ、しー!バレちゃうよっ、それに私たちも人のこと……」

ダイヤ「おだまらっしゃい!」

果南「えぇ……」

果南「というかあの二人付き合ってたんだね、全然気づかなかったよ……」

ダイヤ「まあ私たちも秘密にしていますし……」


9 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:37:48.42 ID:mjGwM/Un.net
ダイヤ「とっ、とにかく、今はお二人が静まるまで大人しく待ちましょう」

果南「良いけど、ダイヤは我慢できるの?」

ダイヤ「そっ、それは……果南さんだって……」

「ね、曜ちゃん……私もう……」

「梨子ちゃん……」

ダイヤ(!!)

果南「(……そろそろかな)」


10 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:39:55.10 ID:mjGwM/Un.net
「我慢できないっ、抑えられないの!」

果南「(え……)」

「……分かった、梨子ちゃん……トイレに行こ?……そこで思いっきりしよ?」

果南「(そうくるかー)」

ダイヤ「果南さん、どうしましょう……二人が近づいて……」

果南「大丈夫、大丈夫、ダイヤは隠れとい
て」

ダイヤ「……はい」ギュ

スタスタ

ダイヤ「……」

果南「……」


11 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:40:41.81 ID:mjGwM/Un.net
スタ……

「!!……ねぇ曜ちゃん、布団にダイヤさんが居ない」

ダイヤ「!!」

「あっほんとだ、どこ行ったんだろ」

果南「(しまったー!そこは盲点だったー!)」ガーン

ダイヤ「(果南さん!ピンチですわ!どうしますの!?)」アワアワ

果南「(とりあえず落ちつこう、落ちつこう、うん、大丈夫、まだバレてない)」

ダイヤ「(ですがっ……)」


12 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:42:02.07 ID:mjGwM/Un.net
「……ねぇ曜ちゃん、おそらくだけど私、ダイヤさんの居場所わかっちゃったかも……」

「ええ!なんで!?」

「えっとね、ここからは私の憶測なんだけど……」

「うん?」

果南ダイヤ「……」バクバク


13 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:45:39.82 ID:mjGwM/Un.net
「その、私たちがし始めたのって……確かみんなが寝付いてから3分後くらいだったよね」

果南「(はやっ!?せめて30分は待ちなよ!絶対起きてる子いたでしょ!)」

「うん、確か梨子ちゃんが、布団に入ってきたんだよね」

「うぅっ、だって曜ちゃんなかなか手を出してくれないんだもん」///

果南「(だからって合宿の時じゃなくても良くない!?)」

ダイヤ「(それはあなたも人のこと言えないでしょう!!)」


14 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:46:35.08 ID:mjGwM/Un.net
「だっ、だって恥ずかしいし……それに、お風呂の時もこっそりしたじゃん!」

果南ダイヤ「(はいいいい!?)」

「足りなかったの!!それに話それてる!!」

果南「(いや君達乱れすぎでしょ)」

ダイヤ「(風紀の乱れ、風紀の乱れ、風紀の乱れ)」ブツブツ

果南「(ダイヤは考えすぎだって……)」


15 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:47:51.34 ID:mjGwM/Un.net
「ええっと、確か最初はチューだけしてたんだよね?……」

「うん、それからだんだん盛り上がっちゃって……」

「梨子ちゃん、声我慢できなくってたよね」

「しょうがないでしょ!出ちゃうもんは出ちゃうんだからっ」////

果南「(そうなの?)」

ダイヤ「(私に聞かないでください!)」////


16 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:48:46.46 ID:mjGwM/Un.net
「それでね?おそらくだけどその、私の声がダイヤさんに聞かれたんだと思うの……」

「うーん、でも私たちとダイヤさんけっこう離れた位置にいたよ?聞こえるかな?」

「憶測だよ!憶測!!その、ダイヤさん案外こういうの敏感だと思って……」

果南「(確かにすごい敏感……)」

ダイヤ「(果南さん!!)」


18 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:50:24.01 ID:mjGwM/Un.net
「ごめん、ごめん、……それでどうしたの?」

「おそらくダイヤさんは私たちがしてたのを気づいてムラムラしちゃったんだと思うの、それでね、我慢できなくなって……その、トイレに行ってひとりで……しっ、してるんじゃないかなって……」

ダイヤ「(なっ、何を言ってますの!?そんな人を節操なしみたいに言わないでください!!)」バタバタ

果南「(ちょっ、ダイヤ落ち着いて!バレちゃう!!)」ガシッ

ダイヤ「(ここに居ますわよ!!ここに!!)」

果南「(ダイヤ!ダメだってば!!)」


21 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:54:11.64 ID:mjGwM/Un.net
「ええ!どうしよう!それがほんとならトイレ行けないよ!?」

「ううっ……曜ちゃん、私、そろそろ我慢が……」モジモジ

「ちょっ、梨子ちゃん、ちょっとまって、せめてダイヤさんが戻ってくるまではっ……」

「だめっ、私もうっ、我慢できない!」ガバッ

「あっ、ちょっ、梨子ちゃん!ここダイヤさんの布団っ」

ダイヤ「は?」


22 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:56:01.55 ID:mjGwM/Un.net
「でもっでもっ、もう我慢できないのっ」チュゥゥゥ

「ふっ、んんっ……梨子ちゃん性欲強すぎるよっ」

「よ、ようちゃん……ようちゃん、好き、好きっ、だからっ……お願いっ」 フリフリ

「り、梨子ちゃんっ、そんなっ、腰ふったら……、もう、私っ」

「ようちゃんっようちゃんっ」ギュゥゥゥ

「ーーっ、もう知らないからっ」ガバッ

果南(いや!断りなよ!)

ダイヤ(人の布団で何やってますの!?もう!早くトイレに行った私は、帰ってきてください!!)

果南(ダイヤ落ち着いて!ダイヤはここにいるよ!)

ハァハァチュッチュッ
ヨウチャン……リコチャン……
スキスキッアッアッアッ


23 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:56:39.17 ID:mjGwM/Un.net
果南「……」////

ダイヤ「……」////

果南「(ヤバい、二人のせいでこっちまでムラムラしてきちゃった……)」ムラムラ

ダイヤ「(ううっ……でもっ、流石に、この状況ではっ)」モジモジ

果南ダイヤ「(どうしよう!)」


26 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:58:43.12 ID:mjGwM/Un.net

チュン……チュン

果南「結局朝になっちゃった……」

ダイヤ「ううっ、寝不足ですわ」

果南「あんなに長いとは思ってなかったよ……」ポケー

ダイヤ「そもそもっ、果南さんが最初からこんなことしなければつ……」

曜「みんな!おっはヨーソロー!」ツヤツヤ

梨子「ふふっ、曜ちゃんは朝から全開だね」ツヤツヤ

果南「(夜も全開だったけどね)」


28 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:59:12.07 ID:mjGwM/Un.net
曜「あれ?果南ちゃんもダイヤさんもなんだか寝不足?だめだよ~合宿中は体力勝負なんだからちゃんと寝ないと!」

梨子「お二人とも寝不足ですか?なら練習は無理しないで下さいね?お身体は大切にして下さい」

ダイヤ「だっ誰のせいで!こんなっ……」ムグッ

果南「ダイヤストッープ!あははっ、大丈夫、大丈夫!ちょっと朝に弱いだけだから……」

曜「え~本当に?果南ちゃん朝得意じゃなかったっけ?もしかして無理してるんじゃ……」


29 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 19:59:54.00 ID:mjGwM/Un.net
「みんな~朝ごはんできたよー!」


曜「!!朝ごはんだって!行こっか!」

梨子「うん!……お二人共くれぐれも無理はしないで下さいね」


果南「……私たちも行こっか?」

ダイヤ「あの……果南さん」

果南「ん?」

ダイヤ「次こそはちゃんと……してくださいね?」

果南「ーーっ、ダイヤっ」ガバッ

ダイヤ「ちょっ、果南さん!だめー!」

終わり


30 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:00:59.32 ID:mjGwM/Un.net
かなダイとようりこの可能性
今度逆verも書く


33 : 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:03:36.96 ID:0a1DpWJ2.net
あのマリーをどう誤魔化したのかだけ気になる


34 : 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:07:15.50 ID:IKewV1L/.net

他の五人はちゃんと寝てたんやね


38 : 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 21:28:30.52 ID:mjGwM/Un.net
>>33

鞠莉「このマリーに隠そうだって無駄よ!果南とダイヤの関係はバレバレなんだから!」

鞠莉「さーて、仕掛けておいた隠しカメラをチェックって……」

鞠莉「!!」

鞠莉「oh!まさかこの二人もそうだったなんて!」

鞠莉「からかう相手が増えてラッキーね!」

鞠莉「(今度こっそりホテルの鍵でも渡してみようかしら……)」


一応熟睡はしてる


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490524192/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ