Powered By 画RSS


モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:10:29.93 ID:hy0zSolTo
輿水幸子『ボクは世界一カワイイんですよ!そんなボクをプロデュースできるなんてとっても幸せなことですよね!プロデューサーさん!よろしくお願いしますよ!』

モバP「というわけなんだが」

星輝子「フ…フヒ…なかなかいいと思うぞ…ただ…そんなんで持つか…?」

幸子『し…失敬な!ボクくらいならこれくらいがいいんです!』

モバP「…」コクン

輝子「無言の頷き…ま、まぁ私もこういう子は嫌いじゃない…かな」

幸子『ということでよろしくお願いします!』

輝子「おう…こちらこそ」

輝子「プロデューサー…頑張ってくれ…」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:21:09.94 ID:hy0zSolTo
幸子『失礼します…なかなか狭いですねここ…』

輝子「フヒッ!? 同じ机に入られると狭いな…」

幸子『プロデューサーさんの机の下でキノコ栽培ですか…今夜はキノコパーティーですかね…』

モバP「そうだな…バター醤油で頂くとするか」

輝子「ふ…二人ともあれだぞ?食べられないのとかもあるからな…?」

幸子『…?』

輝子「触っただけで皮膚が炎症起こして最悪の場合死ぬのとか…」

幸子『最初にいってくださいよぉ!』

モバP「そんなの俺の机の下で育てんな」

輝子「い、今のはちょっとしたマッシュルームジョークだ…」

モバP「はー…キノコって英語でマッシュルームなんだな…」

幸子『またひとつ賢くなってしまいましたね』

輝子(その日は結局いつもの人たちでキノコパーティーをした…いつもの人っていうとリア充感が出ていいな…フヒ)


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:28:08.12 ID:hy0zSolTo
輝子「ぷ、プロデューサー…少しいちゃつかせてくれ…」

モバP「え?いいの?」

輝子「あぁ…」



幸子『…いつまでボクの目の前でいちゃついてるんですか!』

輝子「さすが私のシンユウ…やって欲しいことを理解してる…」

モバP「合意の上さらに褒められるとか天国じゃんやったぜ」

輝子「人の前でいちゃついてるのを見せつけるのはいい気味だな…リア充めぇ…普段からこんな思いを…」

幸子『プロデューサーさん!ボクともいちゃつきましょう!いまならなんでもし放題ですよ!』

モバP「なんだって!?ならば好き勝手やらせてもらう…」



輝子「あ…でもいちゃこらしてるのを見せつけられるのもいいかも…」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:35:45.21 ID:hy0zSolTo
輝子「幸子は…なんだ…カワイイな…」

幸子『なんですか?当たり前のことじゃないですか』

輝子「すこし大人しく可愛がられてくれるか…?」

幸子『な…輝子さんにしては大胆発言ですね』

輝子「こ、こんなんでもお姉さんだからな…」

幸子『…まぁいいでしょう!ボクのカワイさ、存分に堪能してくださいね!』

輝子「さ、さちこ~」ワシャワシャ

幸子『え…ちょ!思ったより激し』


モバP「どうだった?」

輝子「たまにはいいな…」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:45:46.80 ID:hy0zSolTo
輝子「ぷ、プロデューサー…少しいいか…?」

モバP「悩みごとか?なんなら相談に乗るが」

輝子「じ、実は最近人肌恋しくて…」

モバP「あの輝子がそんなことを言い出すとはな…」

輝子「フヒ…幸子のお陰かもな…」

輝子「じゃなくて…その…抱き締めて欲しい…」

モバP「ほう…?」

幸子『ということはボクともってことですよね?』

輝子「フヒ…バレてたか…私の事はなんでもお見通し…なのか?」

幸子『ボクもプロデューサーさんに抱かれたいですから!プロデューサーさんは輝子さんの背中から抱いてあげてください!』

輝子「ず、随分板についてきたな…」

モバP「そうかな…まだ慣れねぇや」ギュ


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:50:41.35 ID:hy0zSolTo
モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」

幸子『…?知ってましたよ?』

モバP「なん…だと…?」

幸子『幸コンの本当の意味は知りませんがロリコンやショタコンといった類語からこのボク、幸子のことがすきなんでしょう?』

モバP「え…」

幸子『プロデューサーさんが輝子さんのことをお見通しなように、ボクだってプロデューサーさんの考えてることはなんでもわかるんですよ!』

幸子『まぁプロデューサーさんはいつもボクにベッタリでしたし?輝子さんと一緒でしたが色んな所に行きましたし?考えても見れば当たり前ですけどね!』

モバP「あのだな幸子…幸コンってのは…」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:01:56.41 ID:w6hs7DBno
モバP「幸子コントローラーのことなんだ」プチッ

幸子『え…』プシュン

幸子『…』

モバP「今まで黙っててごめんな…」

幸子『…』

モバP「今までのお前の言動は全部俺がコントロールしてたんだ…」

幸子『…』

モバP「たまの掛け合いとか全部俺の一人芝居だったんだ…ごめんな…」

幸子『…』

モバP「これからもよろしくな…幸子…」


モバP「…」

モバP「こんな感じ?」

輝子「ブラボー!!!!最高だったぜェェェェ!!!!」

モバP「あー…よかった…」

モバP「大体お前なぁ…突然のカミングアウトごっこがしたいからって…これやるときほんとに今までなにしてたんだろ俺って気分になるんだからな?」

輝子「だがほんとにいい演技だったぜ?自称カワイイのなかなかいいキャラだった」

幸子『そうですか?やっぱりボクってカワイイですよね!』

モバP「いやぁ…こういう娘を演じるのも今日でしばらくなくなるな…感慨深い」

輝子「本当に最高だった…さすがだ…」

モバP「輝子に喜んでもらえて何よりだ…そうだな…夕飯でも食べに行くか!」

輝子「あぁ、これからも私のシンユウとして、プロデューサーとしてよろしく頼むぜ…」

おわり


8 : ◆AN26.8FkH6 2017/03/26(日) 00:04:17.02 ID:w6hs7DBno
幸コンって言葉を聞いて幸子コントローラーって浮かんだ
コントロールすることであたかも二人の人間がその場にいるかのように見える
正直自分でも何が言いたいのかよくわからなかった
html依頼してきます


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490451029/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ