Powered By 画RSS


千歌「今日だけ曜ちゃんの恋人になってあげる!」

1 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 19:52:21.36 ID:JkxkqMdb.net
曜「ええっ! 今日から一生添い遂げてくれる!?」

千歌「『今日』しかあってないよ!!」

曜「やっと私の想いが通じたんだね」

千歌「聞いてないよこの能天気ヨーソローは…」

曜「じゃあ早速」モミッ

千歌「ひゃっ♡ 何揉んでるの! へんたい!!」パシーン

曜「ようそろっ!?」

千歌「……やっぱ恋人になるのやめようかな」

曜「許してください! えっちなことならなんでもしますから!」

千歌「えっちはしないよ!!!」

曜「えっじゃあ何のために恋人に…?」

千歌「……さいってい!!」パシーン

曜「ようそろっ!?」




30 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:02:02.83 ID:KQLasz6w.net
曜「千歌ちゃん機嫌直してよ…」スッ

千歌「さわんないでよけだもの」バシッ

曜「ようそろ…」シュン

千歌「……えっちなことしたら即終わりだからね?」

曜「!!」パァァ

曜「わかった!! じゃあ早速キスを」

千歌「わかってないじゃん!!」

曜「大丈夫だから! ちょっと舌入れるだけだから!」

千歌「舌入れるつもりだったの!? 千歌ファーストキスなんだよ!!?」

曜「さきっぽだけだから! さきっぽだけ!!!」

千歌「ばかばかばかばかばかようーーっ!!」バシバシバシ

曜「よよよようそろっ!?」

千歌「ほらっ」ギュッ

曜「ようそろ?」

千歌「…手、つなぐぐらいならいいから。学校行くよ?」

曜「うんっ!」ギュッ

千歌(っ、勝手に恋人繋ぎに…ま、恋人だしこれぐらいはいいか…)


33 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:09:53.63 ID:zWoVMWu/.net
~教室~

曜「ごろごろごろにゃお~~よーそろ~~」

梨子「……なにこれ」

千歌「甘えてるみたい…」ナデナデ

曜「よーそろ~~」ススッ

千歌「めっ!!」バシッ

千歌「太ももは駄目っていったでしょ!」

曜「ようそろ…」シュン

千歌「もう、すぐえっちなことしようとするんだから…」

梨子「まんざらでもないくせに」クスクス

千歌「違うよ!?//」

梨子「誕生日だから甘えさせてあげてるの?」

曜「千歌ちゃんは今日をもって私の女になったんだよ!」

梨子「えっ//」

千歌「なってない!!」

曜「え、だって恋人って…」

千歌「今日だけ!!」

曜「ようそろ…」

梨子(千歌ちゃんも素直じゃないなあ)


35 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:15:25.37 ID:zWoVMWu/.net
~部室~

曜「…というわけで、千歌ちゃんは私の高飛びを見て一目惚れしちゃったのだ」

千歌「してない!!!!!」

果南「え、でも千歌昔一緒に高飛び見に行ったとき「そういえば果南ちゃん、この前モブちゃんと一緒に仲良く帰ってたよね!!」」

鞠莉「か~な~んー?」ススッ

果南「ご、誤解だよ鞠莉」

ダイヤ「…まあ、一日だけというなら特別に許可します。ふしだらなことは駄目ですよ?」

曜「えっ」

千歌「おいなんでそこで意外そうにする」

花丸「未来ずら~契約結婚ずら~」

善子「サルトルの契約結婚は過去のことでしょ…」

ルビィ「千歌さんは曜さんのことが大好きなんだね!」

千歌「んー、まあ付き合い長いしね」

曜「えっ!? 生涯の伴侶だと思ってるって!?」

千歌「一文字もあってないよ!! 少しはあわせる気見せてよ!!」


36 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:20:18.99 ID:KQLasz6w.net
~曜の家~

曜「…というわけで、千歌ちゃんをお嫁にもらうことになりました!」

千歌「まさか両親の前で同じこと言うとは思わなかったよ!?」

曜母「あら^~」

曜父「やったぜ。」

千歌「お義父さんとお義母さんも少しは動揺してください!」

曜母「えっ」

曜父「『お義父さん』と『お義母さん』?」

千歌「あっ、ああっ//」カァァ

曜「よーーーそろーーーーーーっ!!!」

曜「結婚! 結婚! 初夜! 初夜!」ガバッ

千歌「~~っ!! うっさいだまれ!!」バシッ

曜「ようそろっ!?」

曜両親「やっぱり『ようちか』なんだよなあ…」


37 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:31:06.57 ID:JkxkqMdb.net
~曜の部屋~

曜(ついにこの時が来た…!!)ムラムラ

千歌「どうせえっちなこと考えてるんでしょ」

曜「ようそろっ!?」

千歌「しないからね」

曜「ようそろ…」

曜(くっ…しかし私はあきらめない! 思い出せ、コスプレ仮面オフ会で相談に乗ってくれた、ラブアロー仮面さんのアドバイスを!)


ーー
ーーー

ラブアロー仮面「…と、いうわけで、つまり幼馴染という時点で半分自分の女だということです」

ラブアロー仮面「少しこちらが興味ある素振りを見せれば、すぐに股を開きますよ」

曜「ようそろっ! 参考になります!」カキカキ

ラブアロー仮面(まあ、股を開かされたのは私ですが、そこは多少の違いだから細かく説明する必要はないでしょう)

ラブアロー仮面「私クラスになると、二人の幼馴染を同時に相手をすることができます」

曜「すごい!」

曜(でも私は果南ちゃんはそういう意味の好きじゃないからなあ…それに鞠莉ちゃんに消されちゃう)

ラブアロー仮面(私が毎晩二人のペット(意味深)にされているのですが、それは処女には刺激が強いので黙っておきましょう)

ラブアロー仮面「そのみかんちゃん(仮名)という娘も、貴女が積極的に攻めればすぐ陥落しますよ」

曜「ありがとうございます! ラブアローさんも、あんこちゃん(仮名)とことりちゃん(仮名)と末永くお幸せに!」

ラブアロー仮面「ふふ、ありがとうございます」

ラブアロー仮面(身体全部を二人に開発されつくされたので、もう他の人なんて考えられません)

ーーー
ーー


曜「千歌ちゃん!!!」ガシッ

千歌「やっ、肩掴まないでよ!」

曜は千歌の耳元で囁く。

曜「愛してる…」ボソッ

千歌「!!!!!???? ーーーー~っ!!!!!///」ゾクゾクッ


38 : ◆N2ciT2iELQ (プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:41:29.96 ID:zWoVMWu/.net
曜「すき。かわいい。わたしのものになって」

千歌「ーーっ!! やめ、やめてっ」

曜「ようそろっ♪」トサッ

千歌(あ…押し倒されちゃったよ//)

千歌「えっちなのは…だめえ…」ビクビク

千歌「お願い…まだこわいの…」ブルブル

曜「…」

曜「…ねえ千歌ちゃん。わたし、今日嬉しかったよ」

千歌「曜ちゃん…?」

曜「千歌ちゃんは千歌ちゃんなりに、勇気を出してくれたんだね」

千歌「……ふんっ!// 曜ちゃんが私のこと好きだ好きだって、あまりにも惨めだったから同情しただけだよ」

曜「どんな形でも、私の気持ちに応えてくれて嬉しいよ」

曜「ありがとう」ニッコリ

千歌「///」ドキッ

曜「千歌ちゃん、一つだけお願いしていい?」

千歌「………なに?」

曜「キス、していい?」

千歌「……えっちなのは…//」

曜「えっちじゃないよ。純粋に千歌ちゃんが好きだから、したい」

曜「キスして、抱き合って、一緒に寝たい。今はそれで十分だから」

千歌「お願い事増えてる……」

曜は千歌の両頬にそれぞれの手を添える。

千歌「んっ…」

千歌は静かに目をとじる。

曜「千歌ちゃん…」

曜「最高の誕生日プレゼント、ありがとう」チュッ



おわり

曜ちゃん誕生日おめでとう
やっぱり「ようちか」なんだよちゅんなあ…(^8^)


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492426341/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ