Powered By 画RSS


佐倉「鹿島くんを……」瀬尾「部活に来させたい?」堀「ああ」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:31:00.78 ID:HydBp2KG0
堀「あいつの友人のお前らだからこそ頼めることなんだ」

堀「俺一人じゃあもうどうしようもないんだ……なんとかならねぇか?」

佐倉「うーん……」




2 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:31:42.03 ID:HydBp2KG0
瀬尾「そうだ、ボールぶつければいいんだよ」

佐倉「結月!?」

堀「ボールか……」

瀬尾「うん、私いつも若にぶん投げてるし」

瀬尾「あいつ一発当てればのびちゃうからさ、鹿島にもそれやって無理矢理連れて行けばいいんじゃね?」

佐倉「そ、そんな!! いくらなんでもそんな暴力的な……」

堀「……やってみる価値はあるかもな」

佐倉「堀先輩!!?」

佐倉(……あ、でも先輩もいつも蹴りとか鹿島くんに食らわせてるなぁ)

佐倉「……そうだね!!」


3 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:32:09.83 ID:HydBp2KG0
別の日

堀「そんじゃ瀬尾、頼んだぞ」

瀬尾「よっしゃ!!!」

佐倉「私達、スタンバイしてるけど鹿島くんが部活行くってなったら意味ないよね……」

女「鹿島くーん! 一緒に帰ろー!!」

鹿島「いいよー!!」

堀「!! 瀬尾!!」

瀬尾「任せろ!!」


4 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:32:56.05 ID:HydBp2KG0
瀬尾「鹿島ー!!」

鹿島「!! 先生!?」

瀬尾「オラー!!」ブン

堀「は、速い!!!」

佐倉「豪速球だよ!!」

ガシッ

鹿島「な、なんでいきなりボールぶつけようとしたの?」

瀬尾「えっ」

佐倉「嘘!? あのボールをキャッチした!?」

堀「……流石うちの鹿島だな」

佐倉(失敗したのに凄い嬉しそうだなぁ……)


5 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:33:28.69 ID:HydBp2KG0
別の日

佐倉「そうだ!! これならどうですか!?」

堀「なんだ佐倉」

佐倉「部活に来たら『堀先輩を抱っこできる』って条件を付けたらどうですか!?」

堀「ぜってえやんねえ……つーかなんだその条件」

佐倉「鹿島くん、いつも私達に『堀先輩をお姫様抱っこしたい!!』って言ってますよ!!」

瀬尾「部活行ったら女装してあげるとか。 あいついつも『先輩にスカート履かせたい』って言ってるし」

佐倉「あ!! いいねそれ!!」

堀(あいつ、この二人とどんな話してんだ……)


6 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:34:05.80 ID:HydBp2KG0
御子柴「何やってんだよ?」

佐倉「あ! みこりん!! 実はね……」







佐倉「……てわけなの」

御子柴「なるほどな……」

堀「なんかいい案ないか?」

御子柴「……この俺にかかればわけねぇっすよ」

堀「!!!」


7 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:34:41.55 ID:HydBp2KG0
御子柴「鹿島と一緒に帰る女子にも協力してもらうんだ」

御子柴「全員今日は用事があるっつって一緒に帰らない……」

御子柴「そうすればあいつも女子と一緒に帰るっていうサボる理由もなくなるだろ?」

佐倉「ナイスアイデアみこりん!!」

御子柴「そ、そうか?///」

瀬尾「ちゃんと全員協力してくれんの?」

御子柴「へっ……その心配はねぇよ」

御子柴「何せこの……御子柴実琴様の頼みなんだからな!!!」ダッ!!!

瀬尾「すげー。 猛ダッシュで走って行った」

堀「行動が速いな……もう頼みに行くのか」

佐倉(赤面を見られたくないから全速力で行ったんだろうなぁ)














御子柴「くぅ///」


8 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:35:09.11 ID:HydBp2KG0
御子柴「つーわけなんだよ……頼めるか?」

女「御子柴くん……///」

女「御子柴くんの頼みだったらなんでもするよ!!///」

御子柴「そう言ってもらえると嬉しいぜ……」

御子柴「もしちゃんとやんなかったら……俺のオシオキが待ってるぜ☆」ダッ

女「「「キャーーーーーー!!///」」」













御子柴「頼んで来たぞぉ!!!」

瀬尾「凄い速さで帰ってきた」

佐倉(女子達にも赤面を見られたくなかったんだろうなぁ)


9 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:35:40.07 ID:HydBp2KG0
鹿島「よーし……今日も部活サボって女子達と帰ろーっと」

女「鹿島くん……実は今日、速く帰らないといけない用事があって……」

女「実は私も……」

女「私も……」

女「私もなの……」

鹿島「えっ」

女「ごめんね鹿島くん」

鹿島「……私は構わないよ、それに私がいなくても……君達の心の中にいるからね」

女「!!」ドキッ


10 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:36:16.77 ID:HydBp2KG0
鹿島「ここ最近部活出てなかったしそろそろ……」

女「……ごめん鹿島くん!!」

鹿島「……?」

女「私達……鹿島くんに嘘つけない!!!」

鹿島「う、嘘……?」











御子柴「……」ズーン

佐倉「み、みこりんと鹿島くんは同じぐらいかっこいいから!! 鹿島くんの頼みの後にみこりんが頼んだらみこりんの言うこと聞くから!!」


11 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:36:45.01 ID:HydBp2KG0
佐倉「そうだ!! 罰ですよ罰!!」

堀「罰?」

佐倉「はい!! もし部活をサボったら『主役から降ろす』ってどうですか!?」

瀬尾「攻めるなー千代」

堀「……」

佐倉「……先輩?」

堀「……りだ」

瀬尾「へ?」

堀「無理だ!!! あいつ以外に主演が務まるわけがねぇ!!」

佐倉(本当好きなんだなぁ……)


12 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:37:21.90 ID:HydBp2KG0
瀬尾「でも何かをエサにするってのはいい線言ってんじゃね?」

佐倉「本当!?」

佐倉「……そうだ!! これならどうですか!?」

堀「なんだよ?」

佐倉「『部活来ないと可愛がらない』」

瀬尾「あーそういえばあいつ、堀ちゃんに一番可愛がられてる後輩になりたいっつってたな」

堀「あー……確かに大分前に自分と野崎、どっちが可愛いか聞いてきたな」

佐倉「効果はあると思うんです!!」

堀「そうだな……やるだけやってみるか、サンキュー」


13 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:37:47.25 ID:HydBp2KG0
鹿島「ごめんなさい部長! 今日もサボります!!」

堀「……鹿島、これ以上サボったらな」

鹿島「『サボったら』……?」

堀「……俺の可愛い後輩ランキングの順位を下げる」

鹿島「!!!」

堀「嫌なら部活に来い」

鹿島「は、はい!! 行きます!!」

堀「……」

堀(こんなあっさり行くとは思わなかった)

鹿島(こんな条件をつけてきたら行くしかないよ!!)


14 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:38:16.99 ID:HydBp2KG0
その後も鹿島は部活に行き続けた。

鹿島「よし!! 今日も部活行こうっと!!」

女「鹿島くん……」

鹿島「! 君達……」

女「今日も一緒に帰れないの?」

鹿島「うん、ごめんね……」

女「……そっか、仕方ないね」

鹿島「!!!」

鹿島(か、可愛い……)


15 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:38:47.98 ID:HydBp2KG0
鹿島(どうしよう……この子達を裏切ることもできないし……堀先輩を裏切ることもできない!!)

鹿島(私は……どっちを選べばいいの!?)










佐倉「あっ!! 鹿島くんが女子の誘いに動揺してる!!」

佐倉「出番だよみこりん!!」

御子柴「お、俺ぇ!?」

佐倉「うん!! ここでみこりんが女子達に『俺と帰ろうぜ』って言えば鹿島くんも部活をサボらずに済むよ!!」

御子柴「……無理だ」

佐倉「ど、どうして!? もしかしてこの間の約束を破られたのが……」

御子柴「家に帰るまで会話が持たねえんだよ!!!」

佐倉「」


16 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:39:23.06 ID:HydBp2KG0
鹿島「ごめんなさい部長!! やっぱり私……部活行き続けるのは無理です」

堀「普通は行けるんだけどな」

鹿島「じゃあ……今まで通りサボります!!!」

堀「堂々とサボり宣言するなよ!!」

女「鹿島くーーん!!」

女「一緒に帰ろーーー!!!」

鹿島「いいよーー!!!」

鹿島「……というわけですいません!! 帰ります!!」ダッ

堀「……」


17 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/28(金) 22:40:02.99 ID:HydBp2KG0
その後……

堀「やっぱここは……力でねじ伏せるしかねぇ」シュッシュッ

堀「……本格的にボクシングかテコンドーでも始めるか」

野崎「……」















鹿島「はっ!! はっ!!」ヒョイヒョイ

鹿島「これだけ機敏に動ければ先輩の攻撃も躱せるね!!」

御子柴「……」
















野崎「努力のベクトルが……」

御子柴「明らかに間違えてんだよな……」

~終わり~


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493386260/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「月刊少女野崎くん」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ