Powered By 画RSS


鷺沢文香「アドリブで・・・桃太郎の劇の・・・」

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:10:33.53 ID:JqKuIw0X0

鷺沢文香(ナレーター)『昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがおりました』

文香『おじいさんは山へ柴刈—』


上条春菜(おじいさん)「竹製、木製の眼鏡フレーム・・・この世界観ならば追求せねばなりません! いざ!」ダッ


文香『・・・・・・山へ特性の眼鏡作りへ』

文香『おばあさんは川へ洗た—』


荒木比奈「大丈夫、大丈夫・・・出番まで、それまでだけちょっとだけ原稿を・・・締め切りヤバいっス・・・!」カキカキ カキカキカキ


文香『・・・・・・おばあさんはお家でお仕事に追われていました』

文香『そんな時、川上から大きな桃がどんぶらこ、どんぶらこと流れ去ってゆきました』

文香『お・わ・r—え? 続けるのですか?』




2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:15:03.45 ID:JqKuIw0X0

no title

鷺沢文香(19)

no title

荒木比奈(20)

no title

上条春菜(18)



3 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:16:07.07 ID:JqKuIw0X0

藤原肇(釣り人)「・・・! かかった!」グイッ

ザッブーン!

桃「・・・」

肇「・・・桃」

肇「桃!?」



4 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:17:50.53 ID:JqKuIw0X0

no title

藤原肇(16)


5 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:19:04.13 ID:JqKuIw0X0


肇「どうして拾われずにここまで・・・?」

肇「・・・え? わ、私が拾っていいんでしょうか・・・?」

文香『川を流れて行った大きな桃は、たまたま下流で釣りをしていた陶芸家を祖父に持つ和風アイドル、藤原肇ちゃんに拾われました』

肇(釣り人 改め 藤原肇)(いいのか・・・あと、私本人役だったんだ・・・)


文香『お腹の空いていた肇ちゃんはこれ幸いと、釣った桃を窯でピーチパイにして焼こうと持って帰ることにしました』


肇「うちの窯は料理用じゃ・・・っ」

肇「・・・まあいいです。よっと」ヒョイッ…


ズシッ… ズシッ… ズシッ…


肇「おもっ・・・! え、これ本当に入ってるんです・・・!?」



・・・




6 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:21:02.58 ID:JqKuIw0X0


肇「ふう・・・それじゃあ中に気を付けて・・・えい」サクッ

パッカーン

浅利七海(桃太郎)「一時はどうなるかと思ったれすー!」デッデーン

肇「な、中から人がー・・・!?」

七海「命の恩人、感謝永遠♪ れす!」


文香『肇さんは桃から生まれたこの子を桃太郎と名付け、大切に大切に育てました』




7 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:23:52.89 ID:JqKuIw0X0

no title

浅利七海(14)


8 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:24:41.28 ID:JqKuIw0X0


・・・


文香『そのころ、この国では鬼が多数出現しておりました』


氏家むつみ(鬼)「わーい♪」

佐々木千枝(鬼)「お、おじゃまします・・・!」

佐城雪美(鬼)「・・・・・・来た・・・」

藤居朋(鬼)「ほらほら二人も!」グイグイ

橘ありす(鬼)「い、いいんでしょうか・・・こんなに大勢で」

成宮由愛(鬼)「おじゃまします・・・」




9 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:31:50.37 ID:JqKuIw0X0

no title

氏家むつみ(13)

no title

佐々木千枝(11)

no title

佐城雪美(10)

no title

藤居朋(19)

no title

橘ありす(12)

no title

成宮由愛(13)


10 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:34:03.39 ID:JqKuIw0X0


木場真奈美(国民)「はっはっは! よく来たね」

水野翠(国民)「もうすぐご飯ができますからね♪」

東郷あい(国民)「おっと、席に着く前に手を洗うのも忘れずにね?」

「「はーい!」」

黒川千秋(国民)「ふふ♪ 食後にデザートも用意してあるわ」




11 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:38:06.92 ID:JqKuIw0X0

no title

木場真奈美(25)

no title

水野翠(18)

no title

東郷あい(23)

no title

黒川千秋(20)




12 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:39:43.72 ID:JqKuIw0X0


・・・


望月聖(鬼)「美味しい・・・!」モッモッ

翠「うふふ♪ よかった♪」

ありす「いつもいつもすみません・・・」モグモグ

真奈美「はっはっは! 子供はそんなことを気にしなくていいんだよ」ナデナデ

千秋「おかわり、いる?」ニッコリ

雪美「うん・・・!」モッモッ




13 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:41:02.26 ID:JqKuIw0X0

no title

望月聖(13)


14 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:42:22.55 ID:JqKuIw0X0


・・・


あい「お土産を忘れないようにね。気をつけて帰るんだよ」

「「ばいばーい!」」






真奈美「・・・と、いうわけだ」フッ

あい「我々に税を払えるようなものは残っていない。煮るなり焼くなり好きにしてくれたまえ」フッ

三船美優(地頭)「こ、困りますっ・・・!」



文香『著しい資本の流出』

文香『この国は今、滅びを迎えつつありました』



・・・




15 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:44:10.45 ID:JqKuIw0X0

no title

三船美優(26)


16 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:45:57.86 ID:JqKuIw0X0


七海「聞きましたか肇さん。なんでも今都は鬼ヶ島から来る鬼のせいで財政難らしいれす」

肇「ええ、大丈夫でしょうか?」

七海「食べるのには困らないれすけど二人で釣ったお魚さんも売れませんし、ここは七海がなんとかしてみようと思うんれす」

七海「命の恩人が暮らす時代が平和じゃないのもどうかと思うれすし」

肇「七海ちゃん・・・! 立派になって・・・!」ホロリ…

七海「お金もないと釣り具買えないれすから」

肇「・・・そうね」




18 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:48:03.51 ID:JqKuIw0X0


・・・


肇「忘れ物ない?」

七海「はいれす!」

肇「これ岡山名物きび団子。道中食べてね?」

七海「ありがとうれす!」

肇「困ったら誰かを頼ってね? それから、それから—」

七海「分かったれす! それじゃ、行ってきまーす!」

肇「とにかく気をつけてねー!」


文香「心配する肇ちゃんに見送られ、桃太郎は旅立ちました」


・・・




19 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:50:05.40 ID:JqKuIw0X0


七海「うーん、確かに一人旅はなんれすし、同じ目的の仲間がほしいとこれすね~・・・おっ?」テクテク


文香『桃太郎が鬼ヶ島を目指し歩いていると、一人の剣に励む侍がおりました』


渋谷凛「ふっ・・・!」チャキ




20 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:51:39.99 ID:JqKuIw0X0

no title

渋谷凛(15)


21 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:53:36.30 ID:JqKuIw0X0


文香『その武士(もののふ)の振るう刀の白刃煌く様、翻る衣の蒼、飛ぶ血飛沫の紅—』

文香『いつしか人はそんな彼女を〈雉〉と呼ぶようになっておりました』

凛(雉)「ラズール・レオッ! アイオライト・ブルー!!」ズバッ! ズババッ!!

凛「—蒼穹の果て、私はここにいる!」チャキ



凛「ヴォルト・オブ・ヘブン!!!」ズバババッ!!!



凛「ふうっ」スッキリ

七海「おお~・・・!」パチパチパチ

凛「ん? 誰?」


文香『桃太郎と雉—』

文香『いずれ背中を預け死闘を戦い抜く宿命の主従』

文香『これがその出会いでした』



文香『新・桃太郎伝説—外伝・雉』

文香『始まります』


凛「主役だった!?」

七海「主役じゃなかった!」




22 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:56:08.59 ID:JqKuIw0X0


文香『なんやかんやで鬼ヶ島』


凛「雑っ」

千枝「あっ、お客さんです」トコトコ

雪美「・・・珍しい」


文香『か弱き人と侮る二人の鬼』

文香『不用意に間合いへと入るそれを雉は一刀のもと切り伏せ、返す刃でもう一人も—』


凛「極悪非道じゃん私! しないよ!?」


文香『・・・その奥義を見せました』


凛「なっ・・・!?」


23 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:59:15.52 ID:JqKuIw0X0


凛「まったく・・・この旅で見つけた。剣の極意、それは敵を倒すことに非ず」

凛「己を、誰かを守るための力の具現化。衝動を抑え、理性を促す抑止力」

凛「振るわず、ただ在ることこそ至上!」

凛「奥義! 無刀流・・・〈対話〉!!!」カッ



凛「・・・みんなとお話ししたいんだ。連れてってくれる?」

千枝「はい♪ いいですよ」

雪美「こっち・・・」テテテテ…




24 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 01:00:47.70 ID:JqKuIw0X0


文香「見事切り抜けた桃太郎一行は、鬼に全てを話しました」

文香「お土産をあげすぎて国が滅びそうと」


ありす「だから大丈夫か心配だったんです!」

凛「ま、まあまあ・・・」


文香「鬼ヶ島に貯められた財宝は返されることとなり—」


・・・




25 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 01:02:11.52 ID:JqKuIw0X0


七海「ただいまれすー!」

肇「おかえりなさい!」


文香「桃太郎はその財宝を肇さんのところに持ち帰—」

凛「こら」

七海「てへっ」


文香「財宝は全て元の持ち主のもとに帰り、この国は滅びを免れ、また平和な時代となりましたとさ」

文香「めでたし、めでたし」




28 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 01:04:19.80 ID:JqKuIw0X0


文香「その後—」


ありす「お手伝いします」テキパキ

あい「ありがとう。そろそろおやつにしようか」

千枝「だ、大丈夫です!」フキフキ

真奈美「おっと、労働に対する正当な報酬を受けないのは感心しないなぁ」


文香「再びこの国は滅びの危機を迎えますが、それはまた、別のお話」


文香「お・わ・り」





29 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 01:05:17.40 ID:JqKuIw0X0


お読みいただきありがとうございました

ところでどなたかサンタさんに会いたくて眠いの我慢している藍子ちゃんと

藍子ちゃんをさっさと寝かせてPとしっぽりしたい夕美ちゃん書いてくれませんか?

このとおりです

本当にこのとおりです


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 01:46:54.63 ID:G9jERBDpO
おつ
とてもよかった

そして言い出しっぺの法則というものがあるじゃろ?


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494169833/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ