Powered By 画RSS


【ミリマス】琴葉「優等生の応援」

1 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:38:11.40 ID:MThphImuo


琴葉「あぁ、プロデューサーお疲れ様です」

P「ん」

琴葉「……」そぉ~

P「……。ん?どうした?」

琴葉「いえ、すみません。何でもないんです」

P「そうなのか?」




2 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:38:47.77 ID:MThphImuo


琴葉「ただ……何してるのかなぁって」

P「仕事」

琴葉「そ、それくらい私だって分かります!でもいつもプロデューサーが
どんな風に仕事をしているのかって気になって」

P「ふっ、知りたがりちゃんめ。そんなに教えて欲しいのか?」

琴葉「いえ、それほどでもないです」

P「がくっ……。なんだよじゃあ」




3 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:39:13.79 ID:MThphImuo


琴葉「何でもないんですってば。ほんとに」

P「ほんとに?」

琴葉「……うん」

P「……そっか」



4 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:40:00.89 ID:MThphImuo


琴葉「……」

琴葉「……」そぉ~

P「なんだよぉ~」

琴葉「なんですかぁ~? ふふっ」

P「分かった。琴葉が今正直にちょっと構って欲しかっただけです!って言えたら
俺は一旦作業を中止して休憩に入る」

琴葉「べ、別に構ってほしくなんてないですよっ!? もうっ」



5 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:40:31.06 ID:MThphImuo


P「そうなの?」

琴葉「そうですよ。私、そんなに子供じゃありませんっ」

P「ケーキあるけど、ケーキ食べる?」

琴葉「食べます。えへへ」

P「本当は?」

琴葉「何がです?」

P「本当は構ってほしかった?」



6 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:41:23.70 ID:MThphImuo


琴葉「さてさて、それはどうでしょう」

P「ケーキ無し」

琴葉「……うぅ」

P「え?何なに?」

琴葉「……ちょっとだけ、です」

P「今日はケーキバイキングだ!!! もう好きなだけ食え!」

琴葉「えぇっ!?私そんなにケーキだけなんて食べれないですよ」



7 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:41:56.38 ID:MThphImuo


P「もうケーキのことが嫌いになるくらい食べて!」

琴葉「だ、だめですそんなにケーキばっかり。
   ちゃんとご飯も食べないと……」

P「じゃあ琴葉の手料理ってことになるかぁ」

琴葉「私の手料理……ですかっ!?」

P「そう、未来の旦那に向けての……な!」



8 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:42:39.61 ID:MThphImuo


琴葉「そ、そうですね!私もいつか素敵な人と結婚するかもしれない未来のために
   プロデューサーが私の料理の技術もプロデュースしてくれるってことですね!?」

P「……」

琴葉「……?」

P「あーうん、もう! ちくしょう! そうだよッッ!!」

琴葉「あー、でも私プロデューサーみたいにいっぱい食べてくれる人がいいかもしれないです」

P「美奈子みたいなことを言うんじゃないよ……」



9 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:43:07.45 ID:MThphImuo


琴葉「プロデューサーは、どんな女性が好きですか?」

P「俺?」

琴葉「はい」

P「琴葉……」

琴葉「えぅ!? あ、……え」




10 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:43:48.74 ID:MThphImuo


P「あ、いやいや、例えば琴葉みたいなぁ~、いや琴葉も捨てがたいよ!?
  琴葉も最高だからもうほんっと嫁にしたいくらいなんだよ!?」

琴葉「あ、あ、あぁ~そっか。そうですよね!びっくりした~」

P「まあでも琴葉は、ほらもっといい人がいるかもしれないから、琴葉は
  厳しいから、例えば琴葉みたいに素敵な女の子がいいなぁって思う」

琴葉「ま、まあ私もプロデューサー……うん、悪くないですけど、
   というか結構嬉しいですけど、まあ、その、プロデューサーはもっといい人がね」

P「あ~、うん。どうかなぁー、そうかなぁー」



11 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:45:18.91 ID:MThphImuo



恵美「……エレナさんエレナさん」

エレナ「なんだいメグミサン、メグミサン」

恵美「見てくださいよあそこ。またですよ、また」

エレナ「はいはい。おやおや。あぁ~~、こりゃおったまげたネ」

恵美「なぁに探り合ってんだか乳繰り合ってんだか分からないですが」

エレナ「えぇ、えぇ、はい。お気持ちお察ししますネ」

恵美「とっとと結婚しろって思いますねー」

エレナ「ネー」





12 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:46:01.32 ID:MThphImuo


P「やや、時に琴葉さん……」

琴葉「は、はいっ。火葬で、プロデューサーと同じ所でお願いします」

P「んーー、誰も墓に入る時の話はしていなかったけど」

琴葉「やだ私ったら早とちり……」

P「だいぶね!!」

琴葉「えっと、なんでしょう?」



13 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:46:32.83 ID:MThphImuo


P「琴葉はさ、今楽しい?」

琴葉「えっ、プロデューサーといる今ですか?」

P「あー、うん。それ楽しいと行ってくれると嬉しいけど。
 アイドルやってる時だよ。どう?」

琴葉「私、プロデューサーといるのすごく楽しいですよ。
   ほんとうに。みんなと一緒でも楽しいですけど」

P「……うん」



14 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:47:02.60 ID:MThphImuo


琴葉「でもやっぱりプロデューサーがいるからこそ
   私今も楽しいんです」

P「そっか。うんうん。琴葉、ケーキ食うか」

琴葉「何ケーキですか?」

P「あぁ~なんか色々入ってたなぁ」

琴葉「え、迷っちゃいますね。恵美ー? エレナー?」

P「ん?」



恵美「しっしっ!アタシらはあとで食べるから放っておいて!」





15 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:47:40.39 ID:MThphImuo


P「ん?なんかあとで食べるからいい、そうだ」

琴葉「もう、そんなこと言って。みんなで食べた方が美味しいのに」

P「まあまあ何か忙しいんだろ。じゃじゃーん。小鳥さんが買ってきたんだってさ」

琴葉「小鳥さんも今は出てしまってますし……先に食べるのも申し訳ないですね」

P「いいんだよ。先食べちゃおうぜ。どれにしようかなぁ~」

琴葉「あ、プロデューサーが食べたいの、私分かっちゃいました」



16 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:48:06.53 ID:MThphImuo


P「えっ、まじで?当てて当てて!」

琴葉「ふふ、いいんですか?」

P「来いよ~ほらほら、へいへい、琴ちゃんビビってる~」

琴葉「誰ですか琴ちゃんって!もうっ、変なあだ名で呼ばないでください!」

P「ほらほら~」

琴葉「こほん。ずばり、プロデューサーが食べたいのは、このチョコレートケーキですっ!」



17 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:48:58.21 ID:MThphImuo


P「ファイナルアンサー?」

琴葉「ファイナルアンサーです」

P「ファイナル琴ちゃん?」

琴葉「ぷっ、ふふ、ファイナル琴ちゃんです」

P「こっとちゃんです♪」(三瓶です

琴葉「ふふ、それはやりません」


18 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:49:35.16 ID:MThphImuo


P「やってやって!」

琴葉「やです。恥ずかしいからだめです」

P「あとで俺の分一口あげるから」

琴葉「こっとちゃんです♪」

P「はい、録画しましたー」

琴葉「きゃー!もうっ! プロデューサー!? 消してください!」



19 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:50:24.41 ID:MThphImuo


P「……ふぅー」

琴葉「何すました顔してるんですか!消してください!」

P「琴葉、可愛いポーズ」

琴葉「うぐぅ、すれば消してくれるんですか?」

P「うぅ~ぬぅーむ」

琴葉「今、うんっていいましたね!?」



20 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:51:06.21 ID:MThphImuo


P「ぬぅぅ~~~ん」

琴葉「プロデューサー、消さないと……めっ!」

P「はい、録画しましたー」

琴葉「策士ですね!?さては策士ですね!?」

P「策士と書いてプロデュースと読むのさ」

琴葉「もう、じゃあケーキ2口ですからね」



21 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:51:51.63 ID:MThphImuo


P「安いもんだ」

琴葉「それと、もしショートケーキを選んだら上のイチゴもです」

P「仕方ない」

琴葉「あとそれと」

P「要求多くね?」



琴葉「さっきの動画は一日1回見ること」



22 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:53:04.21 ID:MThphImuo


P「10回は見る。いやむしろ事務所のパソコン立ち上げたら再生するように
  プログラム組んでおく」

琴葉「それじゃあ駄目です。プロデューサーがわざわざ、開いて見ることに意味があるんです」

P「何の?」

琴葉「こ、琴ちゃんを意識するためにです!もうっ!誰ですか琴ちゃんって!」

P「分かった。分かった分かった。それで、なんだっけ? チョコケーキだっけ?」

琴葉「正解は……!?」


23 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:53:47.78 ID:MThphImuo


P「チョコケーキです!おめでとうございます!」

琴葉「ふふふ、やりましたっ。お見通しです」

P「お見事です。田中琴葉選手。二回戦突破おめでとうございます」

琴葉「ふふ、ありがとうございます。これも日々の努力のおかげです」

P「さて、次なる対戦相手は田中選手、どなたになりますか?
  まだショートケーキ、モンブラン、レモンタルトも残ってますが」



24 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:54:40.68 ID:MThphImuo


琴葉「えっと、というか私もチョコケーキが良かったんですけど」

P「なんだよ。自分の食べたいもの選んだのかよ。じゃああげるよ」

琴葉「プロデューサーの全部くれるんですか?」

P「なんでだよ、このいやしんぼちゃんめ」

琴葉「いやしんぼちゃんじゃないですっ! やめてくださいそんな……」



25 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:55:11.04 ID:MThphImuo


P「じゃあ何ちゃんなんだよぉ」

琴葉「えぇ、何ちゃんて……」

P「こ?」

琴葉「琴ちゃんだよぉ」

P「あっはははっはは!」

琴葉「そんなに笑わなくてもいいじゃないですか!言わせといてー!もうっ!」



26 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:55:59.46 ID:MThphImuo


P「そう怒るなよ。ハイハイほら琴葉チョコケーキあ~~~」

琴葉「ん。美味しい~。美味しいですよプロデューサー、
    私のショートケーキもお返しであげますねっ」

P「えー?いいのー?」

琴葉「はい、あー」

P「ん。んまー甘さがいいね。甘さが」


27 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:57:06.09 ID:MThphImuo


琴葉「あ、ほんと。ショートケーキ美味しい……癒やされますねぇ」

P「んまー、まあチョコケーキの方が美味いけど」

琴葉「そんなことないですよ?私が選んだケーキの方が美味しいですよ?」

P「えぇ~?そうかなぁ~?いや、琴葉ほら、もう一回チョコ食べれば
  考えが360度変わるよ?」

琴葉「一周してますよ。あー」

P「ほい」

琴葉「ん。んふふ、ふふ」



28 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:57:34.51 ID:MThphImuo


P「どやねん」

琴葉「ん~。引き分けです」

P「引き分けかぁーそれはしょうがないな」

琴葉「しょうがないですね」


P「……」ぱくっ

琴葉「……」ぱくっ


P「美味しいなぁショートケーキ」

琴葉「はふぅ、チョコケーキ美味しいですね」



29 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:58:11.06 ID:MThphImuo


……。



琴葉「あ、私洗いますから大丈夫ですよ。はい」

P「おお~ありがとう琴葉」

琴葉「プロデューサーはもうお仕事戻りますか?」

P「そうだなぁ。いっぱい休憩したしな。
  琴葉のおかげでリフレッシュできたよ。ありがとう」

琴葉「いえいえ、根を詰めるのも良くないですから。
   なんだか思い詰めていたように感じたので……
   ちょっとおせっかいでしたか……?」



30 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:59:06.00 ID:MThphImuo


P「いや、そういう琴葉の気遣いはいつもありがだいよ」

琴葉「コーヒー入れますから、このあともがんばってくださいね」

P「ありがとー」

琴葉「ミルクは少なめ、砂糖はスプーンの先っちょ分くらい、でしたね?」

P「さすが田中師範。完璧ですねぇ~」

琴葉「そうでしょう?何でだと思います?」



31 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 23:00:36.57 ID:MThphImuo


P「そりゃあ琴葉が可愛いからだろ?」

琴葉「ふふっ、可愛いは禁止です。恥ずかしいですから」

P「そうだったっけ? なんで田中大明神様は完璧でございますか?」

琴葉「それは私が~……えっと」

P「考えてないんかい。……こ?」

琴葉「っ! そう、琴ちゃんだからです。ふふ、やだ恥ずかしい。もうっ」

P「琴ちゃんだからぁ~あー、琴葉可愛いなぁー。コーヒーうんめぇ」

琴葉「ふふっ、お世辞ばっかり。お仕事がんばってくださいねっ」

P「誰が世辞で言うもんか。任せろやーい」



おわり






32 : ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 23:02:42.68 ID:MThphImuo

お疲れ様です。
終わります。


甘党の皆様へ↓


【ミリマス】琴葉「優等生の休息」


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494250691/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ