Powered By 画RSS


【モバマス】仕事前にレストランへ寄る話

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:41:36.33 ID:gXs5PGWI0

※ 久々のラジオドラマ風
※ ナレーション(CV.大川透)

===

N『今回のお話は、スタジオに向かう途中の車内から始まります』

P「あー……お腹が空いて来ちゃったなぁ~」

冴島清美「何です突然? ……あ、信号青になりましたよ」

P「おっ、サンキュー」

清美「どういたしまして」

P「……じゃ、無くてだな。あーあぁ、お腹が減って来ちゃったなぁ~」

清美「……何が言いたいんですか、プロデューサー」

P「何ってお前ね、昔からよく言うだろうが。『腹が減っては台所』ってな!」

浜口あやめ「つまみ食いの極意ですかな?」




2 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:43:48.23 ID:gXs5PGWI0

P「ママによく、怒られたぁ~」

城ヶ崎莉嘉「Pくん、お母さんのことママって言うんだ」

小関麗奈「なによ、マザコン?」

P「バカァ。お母さんは敬いなさいって、習わなかったのかよ学校で」

諸星きらり「Pちゃんはお母さんのこと、好き好きうきゃー! なんだにぃ」

P「まあな。母の日には毎年滝のようなカーネーションを――って、違ーう!」


3 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:45:02.24 ID:gXs5PGWI0

P「あー、腹が減って死にそーだー!」

清美「分かった分かった分かりましたから! だから耳元で怒鳴るのは止めてください!」

清美「……要するにあなたは今、お腹が空いてるんですね?」

P「やっと分かったか? そうだぁ!」


莉嘉「やっと分かったか☆」

あやめ「このうつけ者め!」

清美「……怒りますよ?」

莉嘉&あやめ「ごめんなさい」

麗奈「アンタらね、このアホに付き合ったら損するだけよ」


4 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:46:25.28 ID:gXs5PGWI0

P「おい麗奈! お前な、今俺のことを馬鹿にしたか?」

麗奈「全然、アホにしただけ」

P「そうか……なら良し!」


清美(薄々分かってたことだけど)

麗奈(コイツやっぱり)

莉嘉(お馬鹿さんだー!)


きらり「にょわにょわにょわ……ホントにいいの? Pちゃん」

P「うん? あ、そうそうそうだ。思い出した」


5 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:48:12.02 ID:gXs5PGWI0

P「どっうしっておっ腹は減っるのっかな~♪」

きらり「あんっ! そっちぃ!?」

あやめ「お腹が空くから減るのです」

莉嘉「でもさ、Pくんの言うとーりお腹空いたー」

麗奈「……まぁね。もうすぐお昼だし」

きらり「次のお仕事が終わるまでは、我慢がまんだよ二人ともぉ」

清美「タイトなスケジュールの弊害ですね。……まぁ、それだけ仕事が順調だってことですが」


P「なにせ俺がプロデュースしてるからな!」

清美「そこが一番の謎で、ネックなんですが……」


6 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:50:06.28 ID:gXs5PGWI0


N『その時、一行の行く手にレストランの看板が』

P「おっとぉ? あんなところに洒落たレストランがあるじゃない」

清美「まさか、寄る気じゃありませんよね」

P「当然、頭では分かってるよ。無視してスタジオに行けってな」

清美「ほっ、良かった」


P「……だけどなぁ、体の言い分も聞いてみないと」

清美「良くなかった!」

莉嘉「Pくん体とおしゃべりできるの? すごーい!」

麗奈「はい、馬鹿発見」

あやめ「流石はプロデューサー殿ですな! 珍しい特技をお持ちのようで」

麗奈「もう一人いたわ……」


7 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:51:38.07 ID:gXs5PGWI0

きらり「だけど清美ちゃんの言う通り、Pちゃん寄り道はダーメっ♪」

P「固いこと言うなよ。少しぐらいなら時間はあるし、余裕余裕」

莉嘉「そっか、ならオッケーだね☆」

あやめ「何の問題もありませんな!」

麗奈「ちょっと、この馬鹿二人を今すぐ車から降ろせない?」


清美「麗奈さん、そんなことできるハズないでしょう?」

きらり「そうそう、車は急に~止まれない☆」

P「だな!」

清美「いえ、そういう意味じゃなくてですね」


8 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:53:48.58 ID:gXs5PGWI0

清美「――って、ダメだって言ってるのにどうして車線変えてるんですかっ!?」

P「ぬぉっ!? な、なんてこった! 俺の手がハンドルを勝手に!」

清美「小芝居したって誤魔化せません!」

P「いやね、どーにも体が反抗期で――」


莉嘉「それよりPくん前見て前っ!!」

あやめ「く、車がっ!」

きらり「きゃああっ!?」

麗奈「ぶつかるぶつかる!!」


P「ふんぬっ!!」


9 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:56:13.98 ID:gXs5PGWI0

N『刹那、車はPの強引なハンドル捌きによってレストランの敷地内へ!』

 キキィーッ! ガツンッ! ガリガリガリッ!!


P「……ヒュー」

清美「あ、あぁ……生きてる?」

P「どうやら無事に、駐車場へと入れたようだな!」

麗奈「無事? 無事ですって!?」

麗奈「対向車と正面衝突しそうになって、おまけにブロック塀で車体擦って!」

麗奈「どこをどう見て『無事』なのよ!!」

N『そうして小関君が指さす先には、気を失っている諸星君に浜口君が活を入れています』


10 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 05:57:55.25 ID:gXs5PGWI0

P「だが、最善は尽くしたことは認めてくれい!」

莉嘉「でもでも車、傷だらけになっちゃった。怒るだろうなー、美世さん」

P「なーに、心配するない。誠意を込めて謝れば――」

あやめ「笑って許してもらえるものでしょうか?」


P「説教と弁償だけで済むハズだ!」

莉嘉「それ、この前も言ってなかったっけ?」

麗奈「月に三度は聞く台詞ね」

清美「正直、この人の送迎はもう受けたくないですよ……」

きらり「うきゅ~……まだ、お目々がぐるぐるしてるにぃ……」


11 : 清美『超☆もばます!』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:00:25.87 ID:gXs5PGWI0
===

『何はともあれ、入店です』

店員「いらっしゃいませ、何名様ですか?」

P「五人です!」

清美「六人ですよ」

P「何だとっ!? ひー、ふー、みー、よー……おっと、自分を数え忘れてた」

店員「は、はぁ」


P「すみません店員さん。僕たち皆で七人でした!」

清美「どうして増えてるんですか!?」

きらり「すみません、六人です」


12 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:02:44.65 ID:gXs5PGWI0

店員「……で、ではお席に案内いたします」

P「はい! お願いします!」


麗奈「はぁ~……お間抜け」

P「おいおい麗奈、随分だな」

P「自慢じゃないが、俺は足し算引き算なんでもござれだ」

麗奈「……アンタ、何でもござれの意味分かってる?」

P「ただし、暗算できるのは二桁まで!」

清美「た、たったの二桁……」

莉嘉「でも、さっきの計算は一桁だよね?」


13 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:03:56.65 ID:gXs5PGWI0

P「それに加えて九九だってできる! ……が、割り算になるとちょっと怪しい」

莉嘉「じゃあじゃあアタシの方がPくんより凄いよ! リカは割り算もできるし、方程式だって解けるもーん♪」

P「ホーテーシキ? おいおい莉嘉。人と話をする時に、難しい専門用語を使うなよな」

莉嘉「センモンヨーゴ……千個の並んだ門のこと? ヨゴさんって人の家の」

麗奈「……莉嘉、こんな馬鹿と張り合うのはよしなさい」

きらり「そしてそして、きらりにはわかゆ。Pちゃん、まーた勘違いしてる」


14 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:05:05.75 ID:gXs5PGWI0

P「ホーテーシキってのはあれか? 裁判所でする……算数のイベントか何かか?」

莉嘉「Pくんの通ってた学校は、裁判所なんかでテストしたの?」

あやめ「……ああ、お二人の会話が噛み合ってない」

清美「この人、本当に大人ですよね? 学校だって卒業した」

N『一応大学も出てるそうですよ』

清美「嘘っ!?」

あやめ「……そして清美殿は、一体誰と話しておられるのですかな?」


15 : 莉嘉『も・ば・ま・すっ☆』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:07:33.18 ID:gXs5PGWI0
===

店員「それではこちらの席へどうぞ。ご注文が決まりましたらお呼びください」

P「はい! ありがとうございます!」

清美「いちいち大きな声を出さない。……恥ずかしいんだから、もう!」

きらり「だけどだけど、そこがPちゃんの良いとこだゆ?」

麗奈「きらりはコイツに甘過ぎね……よいしょっと」


あやめ「あっ、お待ちくだされ麗奈殿」

麗奈「ん、なに?」

あやめ「隅の席はわたくしに。わたくしめが座ります」

莉嘉「あやめちゃん、いっつも隅っこに座るよね」

P「忍者だからな」

清美「超☆忍びですね」


16 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:08:46.88 ID:gXs5PGWI0

あやめ「いやはや全く、お二人に忍びとして褒められるのは恐縮ですが――」

清美(褒めたつもりじゃないんだけどな)

あやめ「残念ながら、違います。もっと普通の理由ですよ」

莉嘉「フツーの理由? どんなリユー?」

あやめ「それはですね。ここなら店内全体と、出入り口が一緒に見張れますから」

麗奈「その回答、まんま忍者の答えじゃない」


17 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:13:48.93 ID:gXs5PGWI0

あやめ「なんと! 確かに麗奈殿の言う通り……」

P「不覚を取ったな、あやめ!」

あやめ「くぅ……! 自分は至らぬ忍びです!」

P「だからこそ、精進の余地もあるというもの!」

あやめ「プ、プロデューサー殿!」

P「さぁ、クヨクヨする暇があったら立ち上がれぃ! あやめよ、お前の忍びを見せてみろ!」

あやめ「プ、プロデューサーどのぉ~~っ!!」


きらり「……ぐすん。これぞ美しき師弟愛だにぃ」

清美「ただ騒がしくてうるさいだけでしょ。……茶番にはついて行けないわ」

清美「とにかく、一旦みんな座りましょうか」


18 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:25:59.90 ID:gXs5PGWI0

P「はい、すぐに!」

あやめ「どうもお騒がせを致しまして」

莉嘉「あ、なんか満足したみたい」

清美「はいはい、皆さん詰めて詰めて」

莉嘉「アーターシーはー……Pくんの隣ー☆」

きらり「じゃあじゃあきらりも、Pちゃんの隣~☆」

P「うぐっ!?」

麗奈「ちょ、ちょっと! 今、物凄くえぐい音したわよ……」

N『例えるならそう、お肉を全力で叩いた音を、もっと重たくしたような響きでした』


19 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 06:30:10.13 ID:gXs5PGWI0

P「みんな座ったな? じゃ、早速メニューメニュー」

清美「平気……みたいですね」

あやめ「日頃の修練の賜物ですな」

麗奈「馬鹿だから、骨が折れてても気づかないんじゃ……いや、いいわ」

N『小関君、賢明な判断』


きらり「PちゃんPちゃん、メニューどーぞ」

P「気が利くな! お礼に頭を撫でてやる」

きらり「うきゃ~!」

清美「ちょっと、セクハラですよ」

莉嘉「でもでもきらりちゃん嬉しそー」

麗奈「全く、食事の前から胸焼けなんてさせないでよ」


きらり「……麗奈ちゃんも、なでなでされゆ?」

P「なんだ、麗奈も撫でて欲しいのか?」

麗奈「んなワケないでしょ!? バッカじゃないの!!」

莉嘉「ねーねーみんなは注文決めたー? ボタンはアタシに押させてねー♪」


21 : きらり『バッチシ、もばますぅ!』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:13:45.34 ID:gXs5PGWI0
===

P「――じゃあ、注文は以上で」

店員「かしこまりました」

P「さーてっと、働いた働いた! 今日も一日お疲れさん!」

清美「まだですからね? まだ」

きらり「スタジオがきらりたちを待ってるにぃ」

P「いかん。言われてみれば確かにそうだ」


莉嘉「Pくんってさー、けっこう物忘れ激しいよね」

P「そんなド忘れ者の俺ですが、みんなの注文を伝えたぞ?」

きらり「うんうんPちゃん、偉い偉い♪」

清美「きらりさん、みだりに甘やかさないでください」

きらり「でもでもぉ、褒めると人は~よく伸びるって」

麗奈「アンタはコイツのお母さんか」


22 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:15:16.06 ID:gXs5PGWI0

P「伸びるタイプのプロデューサーだ。お前らも一杯褒めてくれよな!」

清美「あなたは! すぐに調子に乗って!」

P「ひぇっ、こわ……」

きらり「き、清美ちゃん。お目々がキーッてなってゆ……」

清美「なら私を怒らせたりしないよう、冗談も程々にしておいて欲しいですね」

きらり「はい!」

P「分かりました!」

清美「全く……返事はいつもいいんですから」


あやめ「ふふふ。清美殿の方が、余程母上らしいですな!」

清美「……冗談だとしても笑えませんが?」

あやめ「ひっ! ご、ごめんなさい、もう言いません! だからあやめを怒らないで……!」

麗奈「ちょっと忍者、キャラ崩れてる」


23 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:17:00.14 ID:gXs5PGWI0
===

莉嘉「PくんPくん、ドリンク取りに行っていい?」

P「もちろんいいぞ。俺の奢りだ、ジャンジャン飲めぃ」

清美「元から飲み放題ですけどね」

きらり「あっ、待って待ってきらりも一緒にいきゅ♪」

麗奈「そうね、だったらアタシも――」

清美「待ちなさい」

N『そそくさと立ち上がった小関君の腕を、冴島君が掴みました』


24 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:17:48.47 ID:gXs5PGWI0

麗奈「な、何よ清美? 怖い顔して」

清美「先に言っておきますけれど、飲み物は玩具じゃありませんから」

麗奈「わ、分かってるわよそのくらい……」

清美「妙なミックスジュースなんて持って来たら、あなたに飲んでもらいますよ?」

麗奈「だからしないってば、そんな子供みたいなこと!」

清美「本当ですかね……」

麗奈「ええ、ホントホント……ちっ」


あやめ「おっと、舌打ちは感心しませんな」

P「あやめの言う通り、舌打ちはいかんぞ舌打ちは。仮にもアイドルなんだから」

清美「あなた方二人は、咎める所が間違ってます!」


25 : あやめ『もばます……ニンッ♪』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:20:32.85 ID:gXs5PGWI0
===

店員「お待たせしました」

P「いよっ! 待ってました!」

莉嘉「あははっ、Pくんなんだか子供みたーい♪」

麗奈「まっ、実際このはしゃぎようは子供よね」

店員「こちら、ご注文頂いたデザートです」

きらり「はい、どうもどうも~」

麗奈「あ、そのふわとろパフェはアタシのだから」


P「……あれぇ?」

清美「何を不思議そうな顔してるんです?」

P「何ってお前、俺の料理は?」

きらり「Pちゃんごめんね? きらりたちのが先に来ちゃったみたいなの」

P「あぁ~っ!? なんだよぉ~」


莉嘉「あ、しおれた」

P「ぬか喜びだ~、やるせねーなー……」

あやめ「まるで空気の抜けた人形のごとし」

麗奈「鬱陶しいわね、邪魔よ、邪魔!」

P「返せよ、俺のワクワクをよ~!」

清美「はぁ……そんなところまで子供じゃなくていいですから」


26 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:21:44.01 ID:gXs5PGWI0
===

あやめ「ところで、きらり殿たちはデザートを頼まれたのですね」

きらり「うん、そうなの♪」

麗奈「この後のことを考えたら当然よ。歌って踊ってそれを撮影して……」

麗奈「そんなの、満腹じゃできないでしょ」

清美「……あっ」

P「なるほど、お前ら頭いいな!」

麗奈「まぁ、アンタよりかは断然ね――ふぐっ!?」

きらり「うぇへへ~☆ 褒められちった、麗奈ちゃん」

麗奈「ちょっときらり、急に抱き着かない!」


27 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:22:57.39 ID:gXs5PGWI0

莉嘉「えー? 二人ともそんなこと考えてたの?」

P「なんだ、莉嘉は違うのか」

莉嘉「うん、食べたい物を頼んだだけだよ?」

あやめ「それはそれは、なんとも莉嘉ちゃんらしい」

莉嘉「でもそれがベストな選択? になってるから……やっぱりアタシ、センスある☆」

麗奈「まっ、センスがあるかはともかくとして、多少は持ってるってヤツ?」

きらり「おやおやぁ~? 麗奈ちゃんが褒めるなんてめずらすぃにぃ」

麗奈「あのねきらり。極悪卑劣なレイナサマでも、他人を褒めたくなる程に心安らかな時ぐらいあるの」

莉嘉「それってそのパフェ食べてる時?」

麗奈「そうよ! このふわふわしたクリームと、下地のフルーツアイスが織り成すハーモニーは繊細かつ絶妙で――」


28 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:24:59.16 ID:gXs5PGWI0

P「なんか美味そうだな。一口くれよ」

麗奈「へっ?」

P「うん? う~ん……もう一口」

麗奈「あ、あ……」

あやめ「一口どころか二口、三口」

莉嘉「それもクリームばっかり狙って取ってる……」

麗奈「あ、ア、アタシのパフェ、アタシのパフェが……」

N『結局半分ほどを平らげてから、Pが難しい顔で言いました』

P「……微妙だな、甘ったるいだけじゃないか?」

麗奈「ア、アンタねぇ! 人としてサイッテー! 最低だわ!!」

P「うわっ!? や、やめろ! フォークで額を突き刺すな!!」

きらり「わっ! わっ!? 麗奈ちゃん、落ち着いて~!!」

麗奈「このっ! くのっ! このこのぉっ!!」

P「清美ぃ! こういう時こそお前の出番……って、何をボーっとしてるんだ!?」

清美「ふぇっ? ……はっ! ふ、二人とも何をしてるんですか! 止めて、止めなさーいっ!」

麗奈「止めないわよ清美! コイツは、コイツだけはアタシの手でっ!」

P「止めろ! 前髪を引っ張るんじゃない!!」


きらり「……麗奈ちゃん、とっても可哀想」

あやめ「最早かける言葉もないですな」

莉嘉「ア、アタシも自分の分のケーキ、とられる前に食べちゃおーっと」


29 : 麗奈『アーハッハッハッモブァマフッ!』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:26:43.36 ID:gXs5PGWI0
===

店員「お待たせしました」

P「待ーたさーれまーしたー」

清美「ちょっと、そういうの感じ悪いですよ」

店員「こちら、ご注文の蕎麦になります」

麗奈「……蕎麦?」

莉嘉「レストランなのに?」


店員「それがメニューにあるんです。当店は『注文できる料理が多い料理店』ですので」

清美「そ、そんな店名だったんですね」

店員「ご注文さえ頂ければ、中華料理だってお出しできますよ?」

P「なにぃっ!?」

店員「ど、どうなされました?」

P「そーゆーのは早く言ってよねぇ……知ってたら、俺は三元豚を頼んだのに!」

店員「はっ? 三元豚……」

清美「あの、聞き流してもらって結構です」

N『三元豚は豚の品種。決して中華料理ではありません』


30 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:28:05.69 ID:gXs5PGWI0

店員「それでは、ごゆっくりどうぞ」

莉嘉「行っちゃった」

あやめ「笑顔が引きつっていましたね」

P「いかんなぁ、スマイルは接客の基本だろうに」

麗奈「アンタのせいだ、アンタのせい」


清美「それで……蕎麦は誰の注文ですか?」

あやめ「は、恥ずかしながらわたくしの……」

P「いや、知ってた」

きらり「注文したの、Pちゃんだもんね」


31 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:29:23.00 ID:gXs5PGWI0

P「えっ? 俺が注文したんだっけ?」

清美「……プロデューサー、やっぱり一度病院で診てもらった方が」

麗奈「アタシも本気でそう思うわ」

P「な、なんだお前らのその目つき!」


麗奈「疑いの目よ」

清美「憐みの目です」

P「よせやいっ! 俺は蕎麦と言えば和食、和食ならあやめだろうってキチンと論理的に推理してな――」

きらり「……Pちゃん、覚えてたワケじゃ無いんだ」

P「き、きらりまで俺を憐れむなぁーっ!」


32 : 麗奈『さっきむせたからもう一回。できる? ありがと』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:31:58.90 ID:gXs5PGWI0
===

N『それから程なく、Pと冴島君の頼んだ料理がやって来たワケなのですが――どうやら問題発生のようです』

麗奈「清美……」

あやめ「清美殿……」

清美「う、うぅ……」

P「清美、本当に食べきれるのか?」

莉嘉「清美ちゃんの頼んだステーキ、おっきいね」

N『彼女の前には今、それはそれは立派なステーキセットが一皿』

清美「だって、お腹が、お腹が空いてたんですもん!」

麗奈「アンタね、この後仕事だって言ってるのに……」

P「欲張りさんだな」

きらり「ちょっと違うにぃ」


清美「で、ですが頼んでしまった以上、責任を持って食べきります!」

清美「こんな時の為に『超☆完食』腕章だってありますし」

麗奈「……なんでそんなの持ってるのよ?」

清美「ままよっ!」

あやめ「お、おお……鬼気迫る食べっぷり」

莉嘉「お肉がどんどん減ってってる!」


33 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:33:33.87 ID:gXs5PGWI0

P「こりゃあ俺も負けてられないな」

きらり「そういえば、Pちゃんは何を頼んだの?」

P「俺はこれだ。発掘ワクワクお子様セット」

あやめ「発掘?」

莉嘉「ワクワク?」

きらり「お子様セットぉ?」


麗奈「器に入ったご飯の上に、海苔が敷いてあるだけにしか見えないんだけど」

あやめ「のり弁ですかな?」

P「ふっふっふっふっ、これだからお前らみたいなお子様ランチ素人は困る」

P「この一面に敷かれた海苔の下のご飯にはな、おかずが埋まっているんだよ!」

莉嘉「わかった! 食べながらおかずを探すから――」

あやめ「ずばり、発掘なのですな!」

莉嘉「あやめちゃん、アタシの台詞取っちゃダメだよー!」


34 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:34:40.28 ID:gXs5PGWI0

P「見ろぃ! 既にここに、エビフライの尻尾がちょこっとだけだが飛び出ている」

P「この下には、確実におかずが埋まってるハズだ!」

莉嘉「ねぇねぇPくん、アタシもおかず探していい?」

P「いいぞ、スプーンを貸してやろう」

莉嘉「やったー☆」


麗奈「見た目はともかく……食べてる方は楽しそうね」

きらり「うずうず、そわそわ……」

P「なんだきらり、うずうず言って」

きらり「にょわ!?」

P「……掘るか?」

きらり「うんっ! すゆっ!」

麗奈「うわ、めちゃくちゃいい笑顔」

あやめ「きらり殿、嬉しそうですなー」


35 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:36:36.74 ID:gXs5PGWI0

清美「お肉は美味しいのに……涙が、涙がでる!」

莉嘉「ふんふんふふ~ん……あっ! ミートボール発見☆」

きらり「きらりもきらりも、から揚げはっけ~ん☆」

P「おいおいお前ら、俺が掘る分もちゃんと残しとけ」

莉嘉「はーい!」

きらり「にょっわー☆」


麗奈「……ねぇあやめ」

あやめ「おや、なんでしょう?」

麗奈「アンタさ、お腹空いてない?」

あやめ「奇遇ですね。実はわたくしも同じことを聞こうと思っていたところです」

N『そうして二人は頷き合うと、お店の人を呼んだのです』

麗奈「あの発掘セット、追加で!」

あやめ「食器の準備は万端です!」


37 : 麗奈『もばます! ……あっ、笑い忘れた』 ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:37:56.44 ID:gXs5PGWI0
===

N『さて、食事を終えてお店から出て来た一行は、とても満足したようですよ』

P「いやー、食った食った。堪能したなぁ」

麗奈「結局調子に乗って食べちゃって……」

清美「うう、お腹重い……」

莉嘉「でもでも料理は、美味しかったね!」

きらり「またみんなで一緒に来たいきたーい!」

あやめ「しかし、何かを忘れているような……」


N『浜口君の一言で、時計を確認したPが言います』

P「それじゃ、遅刻の言い訳考えるか!」

みんな「それだーっ!!」


N『以上、仕事前にレストランへ寄る話でした』


38 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/05/10(水) 20:39:47.52 ID:gXs5PGWI0
おしまいです。パッションなPとアイドル達のやりとりが書きたかっただけ。
それでは、お読みいただきありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494362495/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ