Powered By 画RSS


バルクホルン「私の知ってるハルトマンじゃない…」

1 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 03:49:36.31 ID:D6pYSoVM0
バルクホルン「はっ…朝か、しまった寝すぎたな」

バルクホルン「ん?ハルトマンはいないのか」

エーリカ「起きろ!!…ってなんだ起きてたのか」

バルクホルン「当たり前だろうに」

エーリカ「トゥルーデが真面目だと…」

バルクホルン「何を言っている」

がさがさ

バルクホルン?「ふわぁ~もう…ハルトマンうるさい…」

――――




2 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 03:50:03.39 ID:D6pYSoVM0
エーリカ「つまり私とトゥルーデの人格がおま…バルクホルン大尉の世界では真逆だと」

バルクホルン「あぁ、その通りだ」

バルクホルン「へー面白そう」

エーリカ「紛らわしい…こちらのバルクホルンはトゥルーデ表記にしよう」

トゥルーデ「表記?」

バルクホルン「気にするな」

エーリカ「取り敢えず今はミーナに相談しない方がいいな」

バルクホルン「ミーナはどんな感じなんだ?」

トゥルーデ「あ、隠れて」


3 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 04:01:40.30 ID:D6pYSoVM0
ミーナ「どうした?こんなところで」

トゥルーデ「ねぇミーナはさ、パラレルワールドって信じる?」

ミーナ「あっはっは、あったら私はどんな感じだろうな」

ミーナ「誰だ」

バルクホルン「ひっ…」

ミーナ「バルクホルン!?」

――――
ミーナ「成る程、パラレルワールドのバルクホルンか」

バルクホルン「信じるのか」

ミーナ「ウィッチに不可能は無いというからな」



4 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 04:14:12.27 ID:D6pYSoVM0
食堂

リーネ「へー…パラレルワールドかぁ」

芳佳「リーネちゃん意味分かってる?」

シャーリー「にひひ面白そう」

バタンッ

サーニャ「エイラ!!…ってあれいない…どごだぁーエイラエイラ」

ミーナ「サーニャ落ち着け」

サーニャ「ムリダナ」

ミーナ「エイラなら医務室だ」



8 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 19:14:14.10 ID:D6pYSoVM0
エイラ「サーニャ…落ち着いて…」

サーニャ「エイラぁ~サガシタゾ」

美緒「エイラさん、サーニャさん、静かにしなさい」

エーリカ「とにかく戻れるまでは一緒にいた方がいいだろう」

トゥルーデ「確かにねぇ」

――――
ルッキーニ「よし、こんなところかな」

ミーナ「ルッキーニ終わったか?」

ルッキーニ「あぁ、予備のストライカーの調整終了だ」

美緒「向こうのバルクホルンさん、あなたはこのストライカーを使用してください」

ミーナ「上の許可は得ている遠慮なく使え」


9 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 19:25:58.04 ID:D6pYSoVM0
芳佳「♪~~♪~」

リーネ「よーしかちゃんっ」

芳佳「きゃあ!?リ、リーネちゃん」

リーネ「エヘヘ」

――――
食堂

バルクホルン「ところでペリーヌはいないのか?」

美緒「ペリーヌさんは出掛けてますけど」

トゥルーデ「ペリーヌは泣き虫だからなぁ」

バルクホルン「泣き虫なのか」

美緒「えぇ…たしか今日はアメリーさんに用があるとか」



10 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/08(月) 19:30:53.37 ID:D6pYSoVM0
芳佳「ごめんなさい…」

リーネ「芳佳ちゃんは悪く無いよ」

バルクホルン「どうした?」

芳佳「バルクホルンさん…その………こちらのバルクホルンさんがお菓子って」

トゥルーデ「お菓子お菓子お菓子ぃ」

バルクホルン(ハルトマンよりたちが悪いな)


14 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/09(火) 03:57:24.78 ID:NCsQr59P0
ミーナ「ところでどうしたエイラ」

エイラ「隊長…ネウロイが近づいてる」

サーニャ「エイラは寝てていいゾ」

ミーナ「ネウロイだと」

美緒「全員持ち場につきなさい」

バルクホルン「……」

トゥルーデ「ハルトマンいくよ~」

エーリカ「さきに行くな」
――――
ネウロイ(^ー^)ノ

トゥルーデ「だだだ」

エーリカ「うおー」

バルクホルン「(なんだ…前にも確かあれは…)エーリカ!?」

エーリカ「はっ!?」

ネウロイ(`Δ´)

バルクホルン「ぬっ…(エーリカを庇って落ちるとはな…)」



15 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/09(火) 04:10:28.79 ID:NCsQr59P0
『トゥルーデ』

『ミヤフジ、トゥルーデが打たれ』

『ごめんね…ごめん』

――――

バルクホルン「ん…」

エーリカ「あ、起きた」

バルクホルン「ハルトマンか?」

エーリカ「トゥルーデ大丈夫?落ちたんだよ」

バルクホルン「落ちた?」

エーリカ「そ、今朝出現したネウロイに…私が打たれそうになって…私を庇って……ごめんトゥルーデ」

バルクホルン「気にするな」

美緒「目覚めたか…」

ミーナ「大丈夫?」



16 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/09(火) 04:19:39.39 ID:NCsQr59P0
バルクホルン「そうか…思い出した」

エーリカ「私…気をつけるから…」

バルクホルン「……」

エーリカ「どうしたの?トゥルーデ」

バルクホルン「私の知ってるハルトマンじゃない」

エーリカ「えぇ~なんだよそれ」

芳佳「よかった…バルクホルンさん」

リーネ「よかったね、芳佳ちゃん」

ペリーヌ「ミヤフジさんが治療したのでしょうが」

エイラ「サーニャもういいだろう」

サーニャ「そんな事言っちゃ駄目よ」

ルッキーニ「うじゅ…バルクホルン大丈夫」

シャーリー「たくっ…心配したっての」

バルクホルン「聞こえているぞリベリアン」


17 : EMT ◆oNWPaKIs9Y 2017/05/09(火) 04:22:31.27 ID:NCsQr59P0
バルクホルン「皆…心配してくれてありがとう」

エーリカ「私の知ってるトゥルーデじゃない…」

バルクホルン「なんだと!!ハルトマン」

エーリカ「やばっ…逃げろ~」

バルクホルン「待てハルトマン」


おわり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494182975/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ