Powered By 画RSS


ラフィエル「サターニャさーん」ニコニコ

1 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:18:47.85 ID:EKPntDy30
サターニャ「な、なによ、何の用?」ビクッ

ラフィエル「そんな警戒しないでください~私はただサターニャさんと一緒に帰りたいなと」

サターニャ「イヤよ!あんたまた私を罠にハメる気でしょ、だからあんたとは帰らない」プイ

ラフィエル「え、いや……私は本当にただ、サターニャさんと一緒に……」ズキッ

サターニャ「じゃあ、なんでそんなに私と帰りたいのか正直に白状しなさいよー!」

ラフィエル「う、それは、その」モジモジ




2 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:19:42.91 ID:EKPntDy30
サターニャ「ほら、言えないってことはやっぱり何か企んでるんでしょ!私は一人で帰るから、じゃあねラフィエル」スタスタ

ラフィエル「あ……サターニャ……さん」ポツン

ラフィエル「私は、ただ、サターニャさんのこと…………なだけなのに」ボソッ

ラフィエル「……今日は一人で帰りましょうか」


3 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:20:41.88 ID:EKPntDy30
***

ヴィネット「サターニャに……避けられた?」

ラフィエル「はい、やはり相談するなら同じ悪魔であるヴィーネさんが一番だと思いまして」

ヴィネット「うーん、話を聞いた感じだとサターニャはラフィが自分のことをからかって喜ぶ意地悪でサディストな天使だと思ってそうね」

ラフィエル「やっぱりそんな感じに思われてるんでしょうか……」シュン

ヴィネット「でもサターニャって物事を深く考えないでしょ、だからそこまで本気でラフィのこと避けようとした訳じゃないと思うの」

ラフィエル「だといいんですが……」


4 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:21:41.71 ID:EKPntDy30
ヴィネット「それに、もしラフィのことが嫌いだったら一緒に海に行ったりタコパしたりなんて、絶対にしないわよ」

ラフィエル「そう……ですよね!」パァァ

ヴィネット「ふふ」クスッ

ラフィエル「ヴィーネさん?」

ヴィネット「ごめん、なんか今のラフィ、恋人とケンカして落ち込んでるヒロインみたいで、ちょっと可愛いなって」

ラフィエル「うふふ、そう見えますか?」キャ

ヴィネット「まんざらでもなさそうだった!?」


5 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:22:14.56 ID:EKPntDy30
***

ラフィエル (ヴィーネさんに相談したら大分気が晴れました……ん、あれは……!)

ラフィエル (期間限定……ギガメロンパン……どこかのお茶目な大悪魔様が飛びつきそうな代物ですが……なんですかこの長蛇の列は……!)

ラフィエル (んー、ざっと95分ってところでしょうか、今から並んだらこのあとの予定には間に合いません……しかし)

ラフィエル「…………仕方ないですね」タッ


6 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:22:47.73 ID:EKPntDy30
***

ラフィエル (予想より時間がかかってしまいましたが……無事に手に入れることができました)

ラフィエル「はあ」

ラフィエル (案の定このあとの予定には間に合わなかったのでキャンセルしてしまいましたが、もともとあまり気が乗らなかった天界絡みの下らない会食だったので、そちらは日を改めて適当に埋め合わせをすれば一先ず問題ないでしょう)

ラフィエル「うふふ、サターニャさん、喜んでくれるでしょうか……」


7 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:23:55.10 ID:EKPntDy30
***

サターニャ「ぅえ、ら、ラフィエル!」

ラフィエル「サターニャさんこんにちは」ニコニコ

サターニャ「なによ、いきなり家に来るなんて、魔界通販の荷物が届いたのかと思ったじゃない!」

ラフィエル「あらあら~、お邪魔してすみません、ちょっとサターニャさんにお渡ししたいものがあったので寄っちゃいましたっ」スッ

サターニャ「なによこれ……ってまさか!ああ、期間限定のギガメロンパンじゃない……!開店時に最低でも1時間半は並ばないと買えなくて、私もまだ食べたことがないのに……なんであんたがこれを」パァァ

ラフィエル「うふふ、たまたま通りがかったら列が空いていて、特に予定もなかったのでサターニャさんと一緒に食べれたらなんて」

サターニャ「……!」ハッ


8 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:24:40.98 ID:EKPntDy30
サターニャ「あんたが……私と……一緒に……?」ワナワナ

ラフィエル「はい、サターニャさんといっ「ふざけないで!!」

ラフィエル「………………えっ」ドクン

サターニャ「あんた、一体なにがしたいのよ!」

ラフィエル「どう、したんですか……サターニャさん?」ドクン...ドクン...

サターニャ「とぼけないで!どうせそのメロンパンにも何か仕掛けがあるんでしょ……私の好物を利用して、今回も意地悪しに来たくせに!こないだの帰りといい、最近ちょっとしつこいわよ」


9 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:25:27.78 ID:EKPntDy30
ラフィエル「……っ、わ、わたっ、私、は……ただサターニャさんと……仲良く、したくて」ポロ...ドサッ

サターニャ「ぅあ、ら、ラフィエル?」

ラフィエル「……っ、ごめ、ごめんなさい!」ダッ

サターニャ「あっ!ラフィエル!ちょっと……」ポツン

サターニャ「さすがに……ちょっと言いすぎたかしら……いや、私は悪くないわ!だって、だって……ラフィエルがいつも私に意地悪するから……だから……」

サターニャ「……メロンパンの入った紙袋落としてる……」ガサッ


10 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:26:48.36 ID:EKPntDy30
サターニャ「…………あむ」パク...モグモグ...ゴクン

サターニャ「……………………おいしい…………………なによ、罠なんて、ぜんぜん仕掛けられてないじゃない」ウルウル

サターニャ「………ああ………私、ラフィエルに酷いことを……」ポロ...ポロ...


11 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:27:34.02 ID:EKPntDy30
***

ラフィエル「こんなところに公園があったなんて」

ラフィエル (誰もいないので、ブランコを占領しちゃいましょう)キ-コ...キ-コ...

ラフィエル「……なかなか上手くいきませんね」キィ...

ラフィエル「サターニャさんに……すっかり嫌われてしまいました」ポロ...

ラフィエル「これも日頃の行い……ということですね、きっと、はは」ポタ...ポタ...


12 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:28:06.08 ID:EKPntDy30
ヴィネット『なんか今のラフィ、恋人とケンカして落ち込んでるヒロインみたいで、ちょっと可愛いなって』

ラフィエル「ふふ、ヴィーネさんに言われたとき、自分でも本当にそうかもしれないと妙に納得しちゃいました、でも」

ラフィエル「私がサターニャさんの恋人だなんて、ちょっと虫が良すぎますよね」

ラフィエル「…………本当に虫が良すぎます」ポロ...

サターニャ「いた、ラフィエル!!」


13 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:28:58.97 ID:EKPntDy30
ラフィエル「さ、サターニャ……さん……?」

サターニャ「はあっ、やっと、はあっ……やっと見つけたわ……!」

ラフィエル「っ、サターニャさん、膝から血が……!」ハッ

サターニャ「ん、ああこれ?あんたを探してる最中つまずいて、ちょっとすりむいただけよ!なんでもないわっ」

ラフィエル「いや、でも、私のせいで……サターニャさん……ごめんなさい」ウル...

サターニャ「ううん、あんたはちっとも悪くないわ……私の方こそ色々勝手に決めつけてごめんなさい……!」

ラフィエル「ちがっ、わた、私がいつも変なちょっかいかけてたのが悪いので……サターニャさんが謝る必要なんて……っ」ポロッ...ポロポロ


14 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:29:25.35 ID:EKPntDy30
サターニャ「違うの、そうじゃない、そうじゃなくて、本当は……私、嬉しかったの。あんたみたいな優秀な天使が、クラスで孤立してる私に笑顔で話しかけてくれて……すごく嬉しかったの……意地悪されてムッとしたこともあるけど、それでもあんたは私を本気で傷つけるようなことは絶対にしなかったから」

サターニャ「でも、その反面、いつかあんたが手のひらを返してみんなみたいに冷めた目で私を見てきたらって思うと……すごく怖かった。私に飽きてしまって、急に冷たく接してきたらって思ったら、なんか自分でも訳わかんないくらい不安になって……胸の奥を見えない手で乱暴に鷲掴みにされてる気がして……そうなるくらいなら、こっちから逆に冷たくすれば……もしあんたに嫌われても傷つかないで済むかもって……うっ、ひっぐ」ボロッ...ボロ...


15 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:29:59.92 ID:EKPntDy30
サターニャさんの瞳から大粒の涙が溢れ出します。
それは頬を伝い、顎の先でしばらく停滞するとあとから合流してきた涙と交わり、やがて地面に音もなく吸い込まれていきました。

「サターニャさん」

「らひっ、らふぃえる……?」

気付けば私はサターニャさんのことを、力強く抱きしめていました。まるで脊髄反射のように考えるより先に体が動いてしまったと言い訳しておきます。決して個人的にサターニャさんに抱きつきたかったわけではありません。

「大丈夫……ですよ」

「私はサターニャさんに飽きたりしません、サターニャさんから離れたりしません」

「だって私はーーーーーサターニャさんのことが大好きですから」


16 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:30:41.01 ID:EKPntDy30
ああ、なんかすごく心地良い。
ラフィエルが私のことを力強く、しかし痛みを感じないよう器用に加減して抱きしめる。
ところどころ柔らかくて気持ち良い感触がしたり、ほんのり優しくて良い匂いもしてきたり。
控えめに言ってかなり落ち着くわこれ。

しかもさりげなく告白されたんだけど。
まさか天使、しかもよりによってラフィエルに告白されるなんて予想外よ。

思わず口元が緩んでしまった。
さっきまで決壊したダムの如き勢いで止まらなかったはずの涙がいつの間にか乾いていた。

誰かに抱きしめられるってこんなに暖かいものだったのかと、思わず感心してしまう。

それにしても、なんて返事をしたらいいのか。
しばらく考えてから、今度は私も同じくらいの力を込めてラフィエルを抱きしめ返す。

それに驚いたラフィエルが小さく私の名前を呼んできたけど、それに被せるように私はこう呟いた。

「私も大好き」


17 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:33:55.83 ID:EKPntDy30
急に手のひらが熱くなってきた。
というかラフィエルの耳、真っ赤じゃない。

「サターニャさん、耳が真っ赤っかですよ」

って、私もか。
それはそれは盛大なブーメランだった。

というか誰かと付き合ったことなんてないんだけど……まあ、ラフィエルとなら大丈夫……

「うふふ、サターニャさんを導くのは本当に楽しいです」

「う、うるさいわね!あんたこそ赤くなってるじゃないー!」

大丈夫、だといいな。ほんとに。


18 : ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/05/20(土) 22:37:32.13 ID:EKPntDy30
まるで二人を祝福するような

朱く綺麗な夕日に照らされながら

お互いに手を取り合って笑い合ったあと、風で微かに揺れている公園のブランコを背にしながら

私たちはゆっくりと、新しい日常への一歩を踏み出した。


~happy☆end~


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495286327/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ