Powered By 画RSS


ほむら「歪められた世界からの復讐……?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:58:34.25 ID:FCRxiVmR0
魔獣「……」ピッ

ほむら「……」サッ

ほむら「これで終わり。……!?」

ほむら(時間が止まらない!? 盾も無い! どうして!?)

魔獣「……」ピッ

杏子「おい!」ドカッ

魔獣「……」ドサッ

ほむら「ごめんなさい。ありがとう」

ほむら(何をやってるんだ、私は。時間停止の能力なんて、もう無いのに)

マミ「暁美さん、大丈夫?」

ほむら「ええ。少し考え事で」

杏子「……そうか? っつーよりも、いつもとは違う立ち回りに見えたが」

ほむら「いいえ。ごめんなさい」

マミ「美樹さんが逝ってしまったのは確かに悲しいけれど、いつまでも引き摺っていてはダメよ」

ほむら「そうね」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:59:05.28 ID:FCRxiVmR0
――ほむホーム――


ほむら「……」カチカチ

ほむら「……」サラサラ

ほむら「!?」

ほむら(こんな爆弾を作っても、もう使い道なんて無いのに)

ほむら(疲れているのかしら。少し、休みましょう)


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:00:19.18 ID:FCRxiVmR0
杏子「よっ、ほっ」テレテテテーテテテー

ほむら「佐倉杏子」

杏子「っとと。ほむらか。どうした?」ダンレボダンレボ

ほむら「二週間後、ワルプルギスの夜が来る」

杏子「……はぁ?」

ほむら「貴女の力が必要なの」

杏子「なんだよ。そのワルプルギスってのは」

ほむら「え? あ……。ごめんなさい。なんでもないの」

杏子「へへ。夢でも見てるんじゃ……よっしゃ!」ニューレコード

ほむら「……」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:06:03.36 ID:FCRxiVmR0
ほむら「……」ゴォォ

魔獣「……」ドカッ

ほむら「ふッ」キュオォ


マミ「居たわ! あそこよ!」

杏子「おい! ほむら! 一人でそんな大群相手は無理だ!」

ほむら「……」

杏子「……くそッ! おいマミ、やるぞ!」

マミ「暁美さん! 手伝うわ!」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:12:19.64 ID:FCRxiVmR0
マミ「どうにか片付いたわね」

杏子「ほむら! てめェ何であんな無茶を! さやかの後でも追うつもりか!?」

ほむら「次からは手を出さないで」

マミ「え」

ほむら「全ての魔女は、私が倒す。誰にも頼らない」

杏子「……魔女?」

ほむら「あ……」

杏子「なぁ、ほむら。最近のお前、おかしいぞ? 何かあったなら言ってくれよ。友達だろ?」

マミ「……何か違和感があると思ったら。暁美さん」

ほむら「なに」

マミ「今日はリボンをしていないのね」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:17:07.29 ID:FCRxiVmR0
杏子「はぁ? そんな事はどうでも……」

ほむら「……ッ!?!?」ダッ

杏子「い、行っちまった」

マミ「随分と慌てていたみたいだけど……私、何か変な事を言ったかしら?」

杏子「分かんねェ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:22:37.54 ID:FCRxiVmR0
――ほむホーム――


ほむら「あ、あった」

ほむら「……」ギュウ

ほむら「まどか」

ほむら「……まどかぁ。ぐす、うぐ、あぅ、あぁ……」ガタガタ

QB「大丈夫かい?」

ほむら「……う、うぅ」

QB「記憶の混濁が起きているんだね」

ほむら「……」

QB「ワルプルギスの夜。魔女。どちらも、以前に君の口から出た言葉だよ」

ほむら「……」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:32:47.82 ID:FCRxiVmR0
QB「興味深い内容ではあったが、いまいち信憑性に欠けていた」

ほむら「……何が言いたいの」

QB「君の話を信じる気になった、って事さ。同時に、君に何が起こっているのかも見当がついた」

ほむら「……」

QB「君は正真正銘のイレギュラーだったワケだ。ただ一人、世界の改変を目撃した観測者。ここからは憶測なんだけど」

ほむら「……」

QB「君の記憶はね、恐らくはこの世界にあってはならないものなんだよ。君の記憶そのものが歪みなんだ」

ほむら「……」

QB「そんなものを世界の自浄装置が放っておくワケもない。これからも君の記憶は消えていく一方だろうね」

ほむら「まどか……まどかぁ」

QB「言わば、歪められた世界からの復讐……って所かな」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:50:25.27 ID:FCRxiVmR0
ほむら「っく……」

QB「悪い事は言わない。流れに逆らわず、全てを忘れ去ってしまうべきだ。この世界の一登場人物になってしまえばいい」

ほむら「そんなの、無理に決まってるじゃないッ……!!」

QB「そうやって意地を張り続けていたら、とんでもない事になると思うよ。一人の少女が耐えられるものじゃない」

ほむら「それでも、私は」

QB「これも推測なんだけど、世界と記憶の板挟みになった精神がどうなるかは、想像に難くないよね」

ほむら「関係ない!」

QB「自我が崩壊するだろうね、恐らくは」

ほむら「まどかの事を覚えていられないくらいなら……!!」

QB「そうか。君は得がたい戦力だったんだが。それじゃ、僕は行くよ。……君が真なる意味でこの世界の住人になるのを待ってる」

ほむら「う、うぅ。……まどか。まどかぁ!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:56:59.27 ID:FCRxiVmR0
◆ ◆ ◆


マミ「……暁美さん?」

ほむら「は、はい。何か?」

マミ「……いいえ、何でもないわ。眼鏡、似合うじゃない。そのおさげも」

ほむら「あ、ありがとう、ございます」

マミ「ふふ。頑張りましょうね。この街でたった二人の魔法少女ですもの」

ほむら「あの……」

マミ「?」

ほむら「鹿目、さんは?」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 12:08:07.75 ID:FCRxiVmR0
マミ「……ええ。彼女なら、今日は外せない用事があるそうよ」

ほむら「そう、ですか」

マミ「明日になったら、きっと会えるわよ。かなめまどかさん、にもね」

ほむら「鹿目さん……? 鹿目、まどか。まどか? ……う、うううううう!!」

マミ「お、落ち着いて! 暁美さん!」

ほむら「やだあああああ!! 忘れたくないよ! まどか! まどかぁ!!」

マミ「大丈夫だから! ほら、ね!? 私がずっと一緒にいるから!」

ほむら「あああああああああああああああああッッ!!」

マミ「どんなになっても、見捨てたりしないから……ッ!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:05:19.11 ID:FCRxiVmR0
――いつかのどこか――


QB「ねえ、ほむら」

ほむら「……」

QB「君には、もう僕が何を言っているかも分からないだろう。だから、これは独り言だね」

ほむら「……」

QB「あれから、もう何年が経ったんだろう。数えるのも億劫なくらい。一つの星の文明が潰えるくらいの時間が過ぎたね」

ほむら「……」

QB「君は、本当に凄いよ。言葉を発する事もできない状態で、気が遠くなる程の時を戦い続けた。たった一人で」

ほむら「……」

QB「君はもう空っぽの筈だ。感情も、最早存在していないんだろう」

ほむら「……」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:06:26.65 ID:FCRxiVmR0
QB「はは。君の毒に中てられたみたいだ」

ほむら「……」

QB「尊敬しているよ。君に救いがあって欲しいと思ってる。ふふ、これじゃ不良品として廃棄されてしまうね」

ほむら「……」

QB「まぁ、それでも。……この惑星にやって来て、良かった」

ほむら「……あぅ、あ」

QB「……僕に声を掛けてくれるんだね。ありがとう」

ほむら「……」

QB「ほら、見えてきたよ。あれが、この惑星で最後の魔獣だ」

ほむら「……」バサッ

QB「もう、武器を使う事もままならないか」

ほむら「……」

QB「……最後に、知りたいな。抜け殻になった君の身体を突き動かしているものはなんだい?」

ほむら「……」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:07:12.23 ID:FCRxiVmR0
『がんばって』


ほむら「ふふ……。ま、まど、か」

QB「……ッ!! そう、だね。ごめん。君は抜け殻なんかじゃなかった。たった一つ、大事なものは抱え続けていたんだね」

ほむら「……」バオッ

QB「行くんだね」

ほむら「……」

QB「大丈夫。君は世界に勝ったんだ。魔獣なんて、ものの数じゃないさ」


Don't forget.

Always, somewhere,

someone is fighting for you.

As long as you remember her.

you are not alone.

おわり


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:21:47.50 ID:drvFSvb00

ほむほむ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2011/05/29(日) 14:24:16

    やさしいQBいいな


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ