Powered By 画RSS


ガヴリール「千咲ちゃん、勇者になる」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:30:51.418 ID:SydBJ6oF0.net
 
-ラフィエルの家-


ラフィエル「天使力を高めたい、ですか?」


タプリス「はい。白羽先輩や、かつての天真先輩のように」

タプリス「もっと天使として、みなさんのお役に立ちたいと思いまして」

ラフィエル「そうですかそうですかぁ」

タプリス「簡単には身につかないことは、わかっているのですが……」

タプリス「何かできることがないか、探しているんです」


ラフィエル「そうですねぇ……あ、そういえばタプちゃん」

タプリス「はい?」

ラフィエル「少し前に天界が開発した、天使育成アプリをご存知ですか?」

タプリス「天使……育成アプリ?」

ラフィエル「まだ若い天使を対象にした、体験型の育成プログラムで」

ラフィエル「端末にインストールすることで、簡単に学習することができるんです」

タプリス「そ、そんなものがあったんですね! 知りませんでした!」

ラフィエル「まあ知る人ぞ知る、といったものなので」

ラフィエル「知らなくても、仕方ないのかもしれませんね」

タプリス「なるほど……」




3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:32:26.450 ID:SydBJ6oF0.net
 
ラフィエル「よかったら今、タプちゃんの端末にインストールしてあげますよ」

タプリス「ほ、本当ですか!? ぜひお願いします!」


 ピロリーン

ラフィエル「これで……完了ですね」

タプリス「あ、ありがとうございます! こういうの苦手なので、助かりました」

ラフィエル「いえいえ。始めるにはアイコンをタッチして」

ラフィエル「スタートをタッチするだけで良いですから、簡単ですよ」

タプリス「わかりました! あとでやってみたいと思います!」

ラフィエル「ええ、がんばってくださいね」


ラフィエル「この後は……ガヴちゃんのお家でお泊りでしたよね?」

タプリス「あ、はい、そうです」

ラフィエル「うふふ、楽しんできてくださいね」

タプリス「あはは……また、掃除させられるだけですけどね」


タプリス「それではこれで失礼します!」

タプリス「白羽先輩、いろいろありがとうございました!」

ラフィエル「いえいえ、またいつでも来てくださいね」


 バタンッ


ラフィエル「……タプちゃんに、神のご加護を」


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:34:07.189 ID:SydBJ6oF0.net
 
-その日の夜 ガヴリールの家-


ガヴリール「私、朝までネトゲしてるから、ベッド使っていいぞ」

タプリス「す、すみません。いつも、ありがとうございます」

ガヴリール「まぁ、気にすんな」


 ぼふっ

タプリス(えへへ……少しだけ、天真先輩の匂いがします)

タプリス(でも……寝るにはまだ、早いでしょうか)

タプリス(そうだ、白羽先輩にいただいた天使育成アプリ)

タプリス(ちょっとやってみましょう)


 ピロリーン

 『天使育成アプリ ver0.604』


タプリス(これですね、わたしにもできるかどうか、不安ですが……)

タプリス(ええっと、たしかスタートを押すだけ、でしたっけ)

タプリス(スタートは……あ、ありました)


タプリス(……ぽちっと)


 ブゥン  プツッ


――――――

――――

――
 


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:35:27.149 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ちゅんちゅん


タプリス「……あれ、わたし寝ちゃってました?」

タプリス「それに外が明るいし……もう朝でしょうか」


タプリス「って、あれ!?」ガバッ

タプリス「ここどこでしょう……?」

タプリス「天真先輩の部屋じゃ……ないみたいです」


女性『さあ、できたわ』

タプリス「わっ……」

タプリス(び、びっくりした……どなたでしょうか?)


女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

タプリス「あの、わたしの名前を知っているみたいですけど、あなたは……」


女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

タプリス「えっと、村の……みんな?」


女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「えっ……あっ、はい」


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:36:56.974 ID:SydBJ6oF0.net
 
-山奥の村-


タプリス「って、言われるがままにお弁当を持って、外に出ちゃいましたけど」

タプリス「これって、夢……ですかね。それにしては、妙にリアルかもしれません」

タプリス「お弁当をお父さんにって言ってましたっけ。ということは、あの人はお母さん?」

タプリス「うーん……わたしの?」

タプリス「まぁ、どうせ夢ですし、考えても仕方ないですよね。お弁当を届けましょう」


男性『おっ、タプリス。散歩かい? 今日は良い天気だね』

タプリス「お、おはようございます。これからお父さんにお弁当を届けに行くんです」



-村の入口-


タプリス(それにしても、池ってどこでしょう。ちゃんと聞いておけばよかったです)

タプリス(ん、あの人……いかにも兵隊さんって格好ですが……)


兵士『ここは村の入口。怪しい奴が入ってこないよう見張っているのだ』

タプリス「は、はぁ……お勤めご苦労さまです」

兵士『タプリス。村の外へ出たいのか?』

タプリス「村の外? えーっと、とりあえず、お父さんにお弁当を届けようかなって」

兵士『そうだな。タプリスが村を出るには、もっともっと強くならなくてはな』

タプリス「えっ、あ、はい。それでは、わたしはこれで……」


タプリス(強くないと村の外に出られないって、どういうことでしょう)


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:38:34.582 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス(この村……そんなに広くはないみたいですね)


タプリス(あれ、この家。ドアが開きっぱなし……)

タプリス(ちょっとくらい、寄り道しても大丈夫でしょうか)


タプリス「こ、こんにちはー。あの、ドアがあいて――」

老人『おお、タプリスか!』

老人『今日はそなたに、いかづちの呪文を教えようぞ!』

タプリス「えっ!? 呪文を教えてもらえるんですか!?」

老人『しかし、その様子では、腹が減っているな』

老人『よし! 授業はメシを食ってからじゃ!』

タプリス「わ、わかりました!」

タプリス(そういえば、お弁当届けたらごはんって、お母さん? が言ってましたっけ)

タプリス「また後ほど、よろしくお願いします!」ビシッ


――

タプリス「呪文ってどんなのでしょう、いかづちって言ってましたよね」

タプリス「こう、ピカピカドーン! みたいな感じなんでしょうか」

タプリス「楽しみです!」

戦士『きえーい! ボカッ!』

タプリス「あいた! な、なにするんですかぁ!」

戦士『わっはっはっ。油断したな、タプリス』

戦士『剣の修業は厳しいのだ』

タプリス「け、剣の修行?」

タプリス(そういえば、いつの間にか腰に鞘みたいなものが……)チャキ

タプリス(茶色の剣? 鉄ではないんですかね)

タプリス「わ、わたし、お父さんにお弁当届けないといけないので、失礼します!」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:39:56.269 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「この建物……看板にINNって書いてますね。なんの建物でしょう」

タプリス「入ってみましょうか」

タプリス「こ、こんにちはー」

タプリス(ん、カウンターにおじさまが一人……でも、なんか上の空?)

タプリス「何かあったんですか?」

商人『実はゆうべ、旅の詩人がこの村に迷い込んできましてな』

タプリス(迷い込んでって……そんなに、この村って山の奥なのかな)

商人『村の掟を破って、つい助けてしまったのです』

タプリス(村の掟なんてあるんだ……)

タプリス「でも村の掟といっても」

タプリス「困っている人を助けたんですから、良いと思うんですけど……」

商人『災いの種にならねばよいですが……』

タプリス「は、はぁ」

タプリス(少し、心配しすぎな感じがしますね……)


タプリス(ん、奥の部屋に居るのがもしかして……)

詩人『私は旅の詩人』

詩人『山道で迷ってしまって、この村に辿り着いたのです』

タプリス「そ、それは災難でしたね……でも大丈夫ですよ」

タプリス「村のみなさん、いい人たちばかりみたいですし」

タプリス「きっと帰ることができますよ」

詩人『しかし、こんな山奥にこんな村があったとは……』

詩人『聞いたこともありませんでしたよ』

タプリス「き、聞いたことすらない村なんですね……」

タプリス(ここ……どれだけ田舎なんでしょうか)


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:41:27.676 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス(いけないいけない、寄り道しすぎちゃいましたね)

タプリス(お父さん、お弁当を待ってるかもしれません)

タプリス「あっ、池がありました!」

タプリス「ということは釣りをしてる人が……あ、いました! あれがお父さんですかね」

タプリス「おとーさーん!」ブンブン

学者『おお、タプリス。お弁当を持ってきてくれたのか』

タプリス「はい。これ、お弁当です」

学者『ところでタプリスや』

タプリス「えっと、なんでしょう?」

学者『お前も17歳。そろそろ大人の仲間入りだな』

タプリス「い、いきなりどうしたんですか?」

タプリス(それにわたし、17歳じゃありませんし……)

タプリス(娘の歳を間違える父親って、どうなんでしょう……)


学者『よいか、タプリス。強く正しく生きるのだぞ』

学者『たとえ、何が起こってもな……』

タプリス「えっ……あ、はい」


――

タプリス(お父さん、何が言いたかったんでしょう)

タプリス(強く正しく生きる、ですか……)


タプリス「……それにしても。んー、いい天気ですね」

タプリス「すごく山奥みたいだけど、自然いっぱいで空気もおいしいですし」

タプリス「村のみなさんも良い人ばかりです」


タプリス「あ、帰りは違う道から帰ってみましょうか」


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:42:57.657 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「わっ、なにあれ、すごいお花畑!」

タプリス「見たことない花ばっかりです、綺麗……」

タプリス「……って、あれ、なんだろう」


エルフ「……」

タプリス「えっ? だ、誰か倒れてる!?」

エルフ「ふわぁぁ」

タプリス(あれ……もしかして……)

タプリス「天真先輩……?」

エルフ「あら、おはよう。タプリス」


タプリス「天真先輩! 先輩も、ここに来てたんですね!」

エルフ「ここに、来てた?」

タプリス「えへへ、夢の中で天真先輩に会えるなんて……」

タプリス「しかも天使学校の頃の、素敵なお姿だなんて、感激です!」

エルフ「えっと……私の方が、寝起きのはずですけど……」

エルフ「寝ぼけているのは、タプリスの方みたいですね」

タプリス「えっ……何言ってるんですか」

エルフ「それとも、頭でも打ったのかしら……」

タプリス「わ、わたし、頭なんて打ってませんけど……」

エルフ「そうですか? では、そんなタプリスに、ちゃんと一から教えてあげますね」

タプリス「えっと……は、はい」


エルフ「私の名前は、天真=ガヴリール=ホワイト」

エルフ「タプリスとは、この村でずーっと一緒にすごしてきた幼馴染よ」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:44:31.094 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「幼馴染? 先輩とわたしが、ですか?」

エルフ「やっぱりあなた、頭を……」

タプリス「え、えっと違います! そう幼馴染! 幼馴染ですよね!」

タプリス「忘れるわけ、ないじゃないですか!」

エルフ「ふふっ、どうやら思い出したみたいね」

タプリス(よくわかりませんが、先輩とお会いできたんですし、良しとしましょう)

タプリス(それにしても先輩……なにか、耳が少し尖ってますね)

タプリス(こういう耳をしてる種族を、エルフっていうんでしたっけ)

タプリス(なにか着ている服も、ファンタジーって、感じがしますし)


タプリス「あ、先輩。その帽子ステキですね。ワンポイントの羽根もかわいいです」

エルフ「ふふっ、ありがとう、タプリス」

エルフ「この帽子はですね、私のお気に入りなんです」

タプリス「そうなんですか」


エルフ「……もしかしてタプリス、睡眠不足だったりしますか?」

タプリス「あはは……そ、そうかもしれません」

タプリス(というか、今まさに眠っている最中だと思うんですけど)

エルフ「ほら、こうして……寝転がっていると、とてもいい気持ちですよ」

エルフ「タプリスもどうです?」


タプリス「あ、それでは、わたしも……失礼します」


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:45:58.887 ID:SydBJ6oF0.net
 
 コロンッ


タプリス「わぁ……お日様が、ポカポカで、あたたかいです」

タプリス「それに、お花もいい香り……」

エルフ「でしょう?」

タプリス「たしかにここで、お昼寝をしたら気持ちよさそうですね」

エルフ「ええ、私もそう思います」


タプリス(先輩とわたしは、この村でずっと一緒だった幼馴染、ですか)

タプリス(それはさぞかし、幸せな日々だったんでしょうね)


タプリス「……さっきはすみませんでした。変なことを言ってしまって」

エルフ「気にしていませんよ。それに私だって、たまに寝ぼけることもありますし」

タプリス「本当ですか? 信じられないですけど……」

タプリス「そんな先輩のお姿も、ちょっと見てみたいです」

エルフ「面白いものではないと思いますけど……」

エルフ「今度は一緒に、お昼寝しましょうか」

タプリス「はい、ぜひっ」


エルフ「ねえ、タプリス」

タプリス「なんですか?」


エルフ「私たち、大きくなっても……このままでいられたらいいのにね」

タプリス「えっ、先輩?」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:47:30.247 ID:SydBJ6oF0.net
 
 くぅぅ


タプリス「あっ……」カァァ

エルフ「あははっ、おなかの虫、鳴いちゃいましたね」

タプリス「うぅ……そういえば、ごはんをまだ食べていませんでした……」

エルフ「ごはんも食べずにお散歩してたんですか?」

タプリス「お母さんに頼まれて、お父さんにお弁当を届けていまして……」

タプリス「あっ、帰ったらごはんにするって、言ってました」

エルフ「それは大変。タプリスのお母さん、待っているかもしれませんね」

タプリス「そ、そうですね。わたし、そろそろ帰ります」

エルフ「ええ、わかりました」

タプリス「また……お話をしに、ここへ来てもいいですか?」

エルフ「もちろんです。私に会いたい時は、この花畑に来てください」

タプリス「ありがとうございますっ、それでは!」



-村の自宅-


タプリス「ただいま帰りましたー」

女性『おかえり。ご苦労だったね。お前もごはんにするかい?』

タプリス「あ、はい! もうお腹がすいてしまって……」

女性『じゃあ、そこにお座り。すぐに支度をするから』

タプリス「ありがとうございます!」


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:48:57.382 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ゴゴゴゴゴッ


タプリス「えっ、な、なんですか!? じ、地震!?」


 バタンッ

商人『つ、ついに、この村が魔物達に見つかったんです!』

商人『奴らは村のすぐそばまで来てて!』

タプリス「INNのところのおじさま!? そ、それに魔物って……」

女性『まあ大変! タプリスや。私のことはいいから、すぐにお逃げ!』

タプリス「えっ? 逃げる……?」

商人『さあ、私についてきてください!』

タプリス「ちょ、ちょっと待ってください!」



-村の広場-


 オオオオオォォォ


タプリス「な、なにこれ……地震じゃなくて」

タプリス「魔物たちがやってくる地響き……なんですか?」

兵士『魔物は俺たちで食い止める!』

兵士『タプリスを早く、安全なところへ!』


戦士『くそー! 魔物どもめ! ついにタプリスの居場所を突き止めたか!』

タプリス「わ、わたしの居場所?」

戦士『もう少し時間があれば、タプリスを立派な勇者に育てられたものをっ!』

タプリス「えっ、勇者を育てるって……」

戦士『ついてこい! タプリス!』

タプリス「いたっ……そ、そんな、引っ張らないで……」


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:50:25.922 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の池の前-


学者『タプリスや。ついに来るべきときが来たようだ』

タプリス「お、お父さん?」

学者『今まで黙っていたが、私たち夫婦は、お前の本当の親ではなかったのだ』

タプリス「そ、それって……」

学者『詳しい話をしたいが、今は時間がない……。さあ早く隠れるのだ』

タプリス「そんな、隠れるだなんて……」



-村の地下倉庫-


鉱夫『どひゃー! 魔物が攻めてきたって!? それじゃ、戦わなくては!』

タプリス「戦うって……この村、そんなに人はいないはずなのに……」


戦士『いいか、よく聞け、タプリス。魔物たちの狙いは、お前の命!』

戦士『魔物たちは、お前が目障りなのだ』

タプリス「魔物たちが……わ、わたしを狙ってる?」

戦士『お前には秘められた力がある』

戦士『いつの日か、どんな邪悪なものでも倒せるくらいに強くなるだろう』

戦士『しかし、今のお前はまだ弱い』

戦士『とにかく、逃げて生き延びるのだ! わかったなっ!』

タプリス「……魔物たちは、わたしの命を狙っているのに」

タプリス「みなさんが戦って、わたしだけ隠れるなんて……」

タプリス「そんなこと……できません……」


タプリス「正直、怖いですけど……ここで戦わないと天使失格ですから」

タプリス「わたしも戦います!」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:52:10.085 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の広場-


エルフ「タプリス! あなた何してるの!」

タプリス「せ、先輩!? 魔物は、わたしを狙っているみたいなんです!」

タプリス「でしたら、わたしも戦わないと!」

エルフ「だめよ……あんな数、勝てるわけがない……」

タプリス「村のみんなだって、わかってるはずです」

タプリス「わかってるはずなのに……それでもみんな、戦うって言っているんです!」

エルフ「あなたに、もしものことがあったら私……と、とにかく隠れて!」

エルフ「私もすぐに行くわっ!」

タプリス「嫌です!」

タプリス「みんなが、頑張っているのに、自分だけ逃げるだなんて……」

タプリス「そんなの間違ってます!」ダッ

エルフ「タプリスっ! だめ!」


――

 オオオオオォォォ


タプリス(すごい魔物の数です……、さすがに素手ではきついですよね)

タプリス(あ、そういえば、さっき見た茶色の剣……)チャキッ

タプリス「こ、これで……戦えるはずです!」


魔物『シャァァァァ!』

タプリス「き、きた!? え、えいっ!」ブンッ

 キンッ

タプリス(ぜ、全然、手ごたえが……でも、相手の動きは思ったより遅いです!)

タプリス(これなら、わたしでも避けられ……って、あれ、体が……)


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:53:30.085 ID:SydBJ6oF0.net
 
魔物『ガッ……キェェェェ!』ブンッ

 ザシュゥ

タプリス「かはっ……」


 ドサッ

タプリス(えっ、なに……これ? わたし……やられ、て……?)


 ドクンドクンドクン

タプリス「……ッ!?」

タプリス(い、痛い……いたい、いたいいたいいたい……)


エルフ「タプリスっ! タプリス、しっかりして!!」


タプリス(遠くで、先輩の声が聞こえます……)

タプリス(だめ……意識が……)


魔物『……』ニヤッ

タプリス(こんなところで……わたしは……)

タプリス(みんな……、先輩……)


 グシャ



 タプリスは しんでしまった!
 


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:54:57.396 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ちゅんちゅん


タプリス「……ッ」ガバッ

タプリス(あれ、わたしどうして……)

タプリス(たしか魔物にやられて、意識が遠くなって……)

タプリス「うっ……ごほっ、ごほっ……」

タプリス「はぁ……はぁ……」

タプリス(何これ……やられた時の感触や痛みが……はっきり思い出せます……)

タプリス(でも、体に傷跡なんて、一つも……)

タプリス(もしかして夢……だったのでしょうか)

タプリス(だとしたら、ひどい夢です……)


タプリス「……って」

タプリス(ここ、天真先輩の部屋じゃありません……)

タプリス(……村の自分の家です)

タプリス(夢の中で夢を見るって、そんな不思議なこともあるんですね……)

タプリス(でも夢で、ほんとに良かったです……)


女性『さあ、できたわ』

タプリス「わっ……」

女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

タプリス「お、お母さん?」

女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

タプリス「あっ……はい、わかりました」

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「は、はい」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:56:26.995 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス(村が……元通りになってます……)

タプリス(夢では、魔物たちにあれだけ壊されていたのに……)

男性『おっ、タプリス。散歩かい? 今日は良い天気だね』

タプリス「おはようございます! これからお父さんにお弁当を届けに行くんです」

タプリス(みんなも無事でよかった……)



-村の入口-


兵士『ここは村の入口。怪しい奴が入ってこないよう見張っているのだ』

タプリス「村の警備、ごくろうさまです!」

兵士『タプリス。村の外へ出たいのか?』

タプリス(村の外、ですか……)

タプリス「少し興味があるかも……なんて」

兵士『しかし、まだその時ではない。今のお前では、まだまだ力不足なのだ』

タプリス「あっ……は、はい。わかりました……」

タプリス(力不足……ですか。たしかに、わたしは弱いと思いますけど……)

タプリス(と、とりあえず、お父さんにお弁当を届けに行きましょう)



-村の池-


学者『ところでタプリスや。お前も17歳。そろそろ大人の仲間入りだな』

タプリス「そ、そうですね」

タプリス(また歳、間違ってるし……)

学者『よいか、タプリス。強く正しく生きるのだぞ。たとえ、何が起こってもな……』

タプリス「は、はい」

タプリス(何が起こっても……だなんて、偶然ですよね?)


26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:57:56.903 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス(そういえば、先輩はまた、花畑にいるのでしょうか)

タプリス(朝の挨拶も兼ねて、行ってみましょう)



-村の花畑-


タプリス「いた……天真先輩」

エルフ「すぅ……すぅ……」

タプリス(気持ちよさそうに寝てますね……)

タプリス(ふふっ、先輩の寝顔……かわいいです)

タプリス(だ、誰もいないですよね?)キョロキョロ

タプリス(なら、もう少しだけ……もう少しだけ、近くで見ても……)

エルフ「……ッ」パチッ

タプリス「……ッ」ビクッ

エルフ「……えっと」


タプリス「……お、おはよう、ございますっ」

エルフ「お、おはよう。タプリス。今、あなた……何をしようとして」

タプリス「ご、ごめんなさい! その、えっと……」

タプリス「先輩の寝顔が、あまりにもかわいかったといいますか……」

タプリス「つい、近くで見たくなってしまって……」

エルフ「……か、かわいいですか?」

タプリス「は、はい」

エルフ「ふふっ、そうですかそうですかぁ」

タプリス「ご、ごめんなさい、先輩」

エルフ「いいえ、気にしてませんよ。それよりほら、一緒に寝転がりませんか?」


タプリス「は、はい。それでは……失礼します」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:59:31.631 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「……怖い夢を見たんです」

エルフ「えっ?」

タプリス「魔物たちが大勢やってきて、この村が襲われて……」

タプリス「みんな、魔物にやられてしまって……」

タプリス「わたしも戦ったんですけど……歯が立ちませんでした……」

エルフ「タプリス」

タプリス「……はい?」

エルフ「そんなものは、ただの夢です。忘れてしまいましょう」

タプリス「先輩……」

エルフ「それに、こんな山奥の寂れた村を、魔物たちが襲うわけないじゃないですか」

タプリス「そうなんでしょうか……」

エルフ「私が魔物だったら……そうですね、金銀財宝がある、お城とかを狙います」

タプリス「あはは……たしかに」


エルフ「もし……万が一、この村に何か起こったとしても……」

エルフ「大丈夫ですよ、タプリス。あなたは、私が守りますから」

タプリス「……あ、ありがとうございます、天真先輩」

タプリス「でも、わたしだって……」

エルフ「えっ」

タプリス「先輩が、もし危ない目にあっていたら……全力で守りますから」

エルフ「ふふっ、ありがとうね」


タプリス「それでは、お母さんが家で待ってますので、そろそろ行きますね」

エルフ「タプリス」

タプリス「なんですか?」

エルフ「……いいえ、なんでもありません。また、会いましょう」ニコッ


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:01:04.233 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の自宅-


タプリス(天真先輩……最後に何を言いかけてたんでしょう)

タプリス「ただいまー」

女性『おかえり。ご苦労だったね。お前もごはんにするかい?』

タプリス「はいっ! もう、お腹が空いてしまって……」

女性『じゃあ、そこにお座り。すぐに支度をするから』

タプリス「はーい」


 ゴゴゴゴゴッ

タプリス「えっ……?」


 バタンッ

商人『つ、ついに、この村が魔物達に見つかったんです!』

商人『奴らは村のすぐそばまで来てて!』

タプリス「そんな……これって……」

タプリス(夢とまったく同じじゃないですか……)

女性『まあ大変! タプリスや。私のことはいいから、すぐにお逃げ!』

タプリス「……ッ」

商人『さあ、私についてきてください!』

タプリス「そんな、正夢……なんですか?」



-村の広場-


 オオオオオォォォ

兵士『魔物は俺たちで食い止める!』

兵士『タプリスを早く、安全なところへ!』


29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:03:00.659 ID:SydBJ6oF0.net
 
戦士『くそー! 魔物どもめ! ついにタプリスの居場所を突き止めたか!』

タプリス「これじゃまた、村のみんなが……」

戦士『もう少し時間があれば、タプリスを立派な勇者に育てられたものをっ!』

タプリス「……」

戦士『ついてこい! タプリス!』

タプリス「嫌ですっ! わたしはもう……あんな思いをしたくありません!」

タプリス「みんなを犠牲にして……自分だけ生き残るなんて!」

タプリス「やっぱり、おかしいです!」ダッ


 タッタッタッ

タプリス(確かめないと……本当のことを)

タプリス(もし夢じゃなかったとしたら、わたしは……)


――

魔物『シャァァァァ』

タプリス「……ッ」チャキ

タプリス(あの出来事が、夢じゃなかったとしたら……)

タプリス(魔物の動き、思い出してみましょう)

タプリス「……ここです!」


 キンッ

タプリス(やっぱり、手応えがないですっ! 次は反撃が……)

魔物『ガッ……キェェェェ』ブンッ

タプリス(きたっ! 早めに、避けないとっ!)

タプリス(……でも、やっぱり体が!)


 ザシュ
 


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:03:59.059 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「うぐっ……」

タプリス(左腕がっ……しかし、まだ戦えます!)

タプリス「やぁぁっ!」


 ザシュゥ

魔物『ギャァァァァ!』


 バタンッ

タプリス「やった……なんとか、一体やっつけ――」


 ヒュン ザクッ


タプリス「えっ……かはっ……」ガクッ


 バタンッ


タプリス(奥から……これは、弓矢?)

タプリス(い、息が……くるし、い……)


タプリス(また……やられて、しまいました……)

タプリス(みんな……ごめんなさい、本当にごめんなさい……)

タプリス(て、天真先輩……)


魔物『……』ニタァ


 ヒュン ヒュン ヒュン

 ザクッ ザクッ ザクッ


 タプリスは しんでしまった!
 


32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:05:34.299 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の自宅-


 ちゅんちゅん


タプリス「……ッ」ガバッ

タプリス(わたし確か……弓矢にやられて、それで……)

タプリス(でも、矢が刺さった傷跡が、どこにもありません……)

タプリス(いったい、何が起きているのでしょう……)


女性『さあ、できたわ』

タプリス「……お、おはようございます、お母さん」

女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

タプリス「は、はい」

女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

タプリス「はい……」

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「わ、わかりました」



-村の花畑-


エルフ「すぅ……すぅ……」

タプリス(天真先輩は……やっぱり寝てますね)

タプリス(それにしても先輩の髪は、いつ見ても綺麗です)


タプリス「先輩。お隣、お邪魔しますね」


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:07:04.920 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ころんっ


タプリス「んっー、やっぱり、ここは気持ちいいです……」

タプリス「……」

タプリス(二度目の魔物の襲撃後も、村は元通りになっていました)

タプリス(まるで……わたしがやられたら、魔物に襲われる前に戻っているみたいです)

タプリス(こんな夢……ありえるのでしょうか)

タプリス「あぁっ、わたしには、難しすぎます!」


エルフ「……ふぅ」

タプリス「ひゃっ! て、天真先輩!? な、ななな、何やって!?」

エルフ「目が覚めたら、隣でタプリスが難しい顔をしていたので、つい……」

タプリス「つい、で、耳に息を吹きかけないください!」

エルフ「ふふっ、ごめんなさいね。それと、おはよう、タプリス」

タプリス「は、はい。おはようございます」

エルフ「元気出ました?」

タプリス「さ、最初から元気ですよ。元気だけがわたしの取り柄ですし……」

エルフ「そんなことはありませんよ」

タプリス「えっ」

エルフ「タプリスには、たくさんたくさん、良いところがあるのを」

エルフ「私は知っていますから」ニコッ

タプリス「先輩……あ、ありがとうございます」


エルフ「困ったことがあったら……いつでも、私のことを頼ってくれて良いですからね」

エルフ「私は、タプリスの味方ですから」

エルフ「いつだって、何があったって……あなたの味方ですから」

タプリス「……ッ」


エルフ「それだけは、覚えておいてください」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:08:28.195 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「……天真先輩。わたし、決めました」

エルフ「えっ?」

タプリス「どんなことが起きても、わたしはこの村とみんなを……守ります」

エルフ「……ッ」

タプリス「先輩が大事にしている、この場所を……守ってみせますから」

エルフ「タプリス……」


タプリス「それでは、わたしはそろそろ家に……」

エルフ「あっ……」

タプリス「先輩、今日はもう、お家に帰った方が良いです」

エルフ「……そうですね」

タプリス「また、お会いしましょう、先輩」

エルフ「うん……またね、タプリス」



-村の自宅-


タプリス(恐らくですが、わたしが家に帰ったら……)

タプリス(村に、魔物が襲撃してくるはずです)


 ガチャ

タプリス「……ただいま」

女性『おかえり。ご苦労だったね。お前もごはんにするかい?』

タプリス「はい」

女性『じゃあ、そこにお座り。すぐに支度をするから』

タプリス「ありがとう、お母さん」


36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:09:56.990 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ゴゴゴゴゴッ


タプリス(やっぱり、きました……)


 バタンッ

商人『つ、ついに、この村が魔物達に見つかったんです!』

商人『奴らは村のすぐそばまで来てて!』


タプリス「おじさん、ちょっと通してください!」ダッ



-村の広場-


 オオオオオォォォ


タプリス「どうやら間違いない、みたいです……」

タプリス「ですが……夢であろうと、なかろうと関係ありません」

タプリス「わたしは、決めたんですから。この村を守るって」


タプリス(それに一回目は、何もできずにやられましたけど)

タプリス(二回目は、一体だけですが、魔物を倒せました)

タプリス(であれば……もっと多くの魔物も、倒せるはずです!)


タプリス「手の震えが止まりません……でも、だとしても」

タプリス「わたしは、村のみんなを、先輩を守ってみせます!」


タプリス「だって、わたしは……天使なんですから!」


37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:11:27.100 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の自宅-


 ちゅんちゅん


タプリス「……ッ」ガバッ

タプリス「うっ……ごほっ、ごほっ」

タプリス(何度やっても……この感覚には慣れません)

タプリス(それにしても、弓を持った魔物の数が結構多いです……)

タプリス(ですけど、最初の魔物は……攻撃の仕方が、前と全く同じでした)

タプリス(ということは……)


――

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「はい、いってきます!」



-村の外-


 くぅぅぅ


タプリス「うぅ……お腹すきました」

タプリス(腹が減っては戦はできぬ……って、言いますよね)

タプリス(いつも朝ごはんを食べる前に、魔物が襲ってきちゃいますし……)

タプリス(ごめんなさい……お父さん。お弁当、もらっちゃいます)

タプリス「いただきます」モグモグ


タプリス「……おいしいです」


38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:13:02.040 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の池-


学者『おお、タプリス。お弁当を持ってきてくれたのか』

タプリス「えっと、実は……」

学者『なんと!? お弁当は、お前が食べてしまっただと!? とほほ……』

タプリス「ほ、本当にごめんなさい! お父さん!」


タプリス(次は、花畑に……いえ、やめましょう)

タプリス(ごめんなさい、天真先輩……)

タプリス(魔物たちを追い返すまでは、少しだけお別れです)

タプリス(また先輩とお喋りするの……楽しみにしてますから)

タプリス(……それより、村の中に、何か役立つものがないか探してみましょう)



-村の地下倉庫-


鉱夫『おや、タプリスじゃないか。ここは倉庫だよ』

タプリス「こ、こんにちは……」

タプリス(ここって、一番最初に避難した倉庫でしたっけ……)

タプリス(何かありませんかね……壺の中とか)ゴソゴソ

タプリス(これは……摘み取った葉っぱでしょうか?)


 タプリスは やくそう を手に入れた!


タプリス(保存しているということは……食べられるんですかね)パクッ

タプリス「~~~ッ!」

タプリス(苦い、にがいにがい!)

タプリス(……でもなんか、少し元気が出てきた気がします)

タプリス(これは持っていきましょう)


39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:14:26.951 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「はぁッ!」

 ザシュゥ

魔物『グギャァァァ』


タプリス「はぁ……はぁ……」

タプリス(だめ、血が出過ぎて……意識が……)

タプリス(そうだ、さっきの葉っぱ。あの苦味なら、意識がはっきりするかも)ムシャムシャ

タプリス(うっ、やっぱり苦い……って!?)

タプリス「なにこれ、傷が……治って……」


 タプリスの たいりょく が回復した!


タプリス「この葉っぱに……こんな効果があったなんて、知りませんでした」

タプリス「でも……これでまだ、戦えます!」



-村の自宅-


 ちゅんちゅん


タプリス「……」ガバッ

女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

タプリス「わかったよ、お母さん!」


――

 ちゅんちゅん


タプリス「……」ガバッ

女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

タプリス「わかったよ、お母さん」


40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:15:56.752 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ちゅんちゅん


タプリス「……」ガバッ

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「……わかったよ、お母さん」


――

 ちゅんちゅん

タプリス(わたしのせいで、村のみんなが、先輩が、犠牲になるなんて……)

――

 ちゅんちゅん

タプリス(絶対にあっては、いけないことです。絶対に、させません!)

――

 ちゅんちゅん

タプリス(わたしがやらなきゃ……わたしがやらなくちゃ!)

――

 ちゅんちゅん

タプリス(負けない……絶対に諦めません!)

――

 ちゅんちゅん

タプリス(諦めません……)

――

 ちゅんちゅん

タプリス(諦め……)

――

 ちゅんちゅん

タプリス(……)


42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:18:10.936 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の自宅-


 ちゅんちゅん


タプリス「……」スクッ

女性『さあ、できたわ』

タプリス「……」

女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

タプリス「……」

女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』


タプリス「……いってきます」ボソッ


――

 タッタッタッ


タプリス(右に骸骨兵が2体、これを背後から奇襲します)ブンッ

魔物『グガッ!』

タプリス(骸骨兵が持っていた剣を奪い、装備して)

タプリス(次に、正面の頭巾の弓兵の矢を……)

タプリス(3、2、1……避けます)スッ


 ヒュン

タプリス(そして、二発目が来る前に近づいて……弓兵を、斬りあげます)ブンッ

魔物『ギャァァァ!』


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:19:13.227 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス(ここで前には出ず、5秒間停止……深呼吸して)

タプリス「すぅ……はぁ……」


 ヒュン ヒュン ヒュン

 サクッ サクッ サクッ


タプリス(矢の雨をやり過ごして……突撃します!)

タプリス「やぁぁぁッ!」


――――――

――――

――


 タプリスは まもののむれ を やっつけた!


タプリス「……やった」

タプリス「やりました、天真先輩、村のみんな……全部、全部やっつけました」

タプリス「わたし……やり遂げましたよ……」


タプリス「……」

タプリス「あれ……村のみんなは……?」

タプリス「……みんなはどこでしょう」

タプリス「探さないと……」


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:20:29.952 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス(それにしても、自分でやったとはいえ……)

魔物たち『』

タプリス(あとで……お墓、作りますから……)


魔物『』キランッ

タプリス「あれ……あの頭巾の弓兵の胸元……何か光って……」

タプリス「ペンダント? でしょうか」

タプリス「なんで魔物がこんなものを……」スッ


 パカッ

タプリス「……ッ」

タプリス「こ、これは……家族の、写真?」

タプリス「こんな魔物にも、家族が……いるだなんて……」

タプリス「そんな……そんなことって……」


タプリス「……この戦いだって、もしかしたら」

タプリス「家族を守るために、戦っていたかもしれません……」


タプリス「わたしは……本当に、正しいことをしたんでしょうか……」

タプリス「勇者だから……村のみんなを守るからって……魔物を全部やっつけて……」

タプリス「誰かの大事な人を……みんなやっつけて、しまって……」


タプリス「もう……わかりません……」

タプリス「わたし……わからないです……」


46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:21:56.754 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ヒュン ザクッ


タプリス「えっ? かはっ……」ガクッ

タプリス(うそ……なにこれ……矢?)


 ドサッ


タプリス(どうして……? 魔物は全部……倒した……はず、なのに)


 ゴゴゴゴゴゴゴゴッ


タプリス(なに……この音……)


 オオオォォォォォ


タプリス(黒い塊が……近づいて……くる)


 『ユウシャ ヲ コロセ!』

 『コロセ! コロセ! コロセ!』


タプリス(違う……黒い塊じゃない……あれは……)

タプリス(魔物の……群れ……)

タプリス(……あんな数……勝てっこ、ありま、せん……)

タプリス(先輩……わたしは……)


 ヒュン ヒュン ヒュン

 ザクッ ザクッ ザクッ



 タプリスは しんでしまった!
 


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:23:39.297 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の自宅-


 ちゅんちゅん


タプリス「……ッ」

タプリス「……わたし、もう……戦えません」

女性『さあ、できたわ』

女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

タプリス「お母さん、ごめんなさい……あのね」

女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

タプリス「わたし……もう……」

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「……疲れて、しまいました」


タプリス「わたしが黙っていれば……みんなが、幸せなままなんです……」

タプリス「こうしていれば、いつか夢が……終わるから……」

タプリス「だからもう……お弁当は届けられません……ごめんなさい、お母さん」

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「……お母さん?」

女性『お弁当を届けてくれたら――』

タプリス「……そ、それ……冗談か、なにかですか?」

女性『お弁当――』

タプリス「ねぇ……お母さん、やめて……」

女性『――』

タプリス「いや……」

女性『――』

タプリス「いやぁぁぁッ!」ダッ


50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:24:58.970 ID:SydBJ6oF0.net
 
 タッタッタッ


タプリス(な、なにが起きて……お母さんが……)

男性『おっ、タプリス。散歩かい? 今日は良い天気だね』

タプリス「おじさん! お母さんが! お母さんが大変で――」

男性『おっ、タプリス。散歩かい?――』

タプリス「えっ……」

男性『おっ、タプリス――』

タプリス「やだ……う、嘘……いやぁっ!」


――

 タッタッタッ


老人『おお、タプリスか! 今日はそなたに、いかづちの呪文を教えようぞ!』

タプリス「だ、だれか……」


――

 タッタッタッ


戦士『きえーい! ボカッ!』

タプリス「わたしの話を……聞いて……」


――

 タッタッタッ


商人『実はゆうべ、旅の詩人がこの村に迷い込んできましてな』

タプリス「聞いてよぉ!」


51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:26:34.094 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の入口-


タプリス「こんな、こんなのって……」

タプリス「村の外……? あ、村の外なら!」

兵士『ここは村の入口。怪しい奴が入ってこないよう見張っているのだ』

タプリス「兵隊さん、ごめんなさい! 通してください!」ダッ


 ブゥン ピシッ

 ドテンッ


タプリス「きゃっ!」

タプリス「な、なに、これ……」スッ


 ブゥン ピシッ


タプリス「み、見えない壁……?」

タプリス「なぜ……どうして、外に出られないんでしょう……」

タプリス「魔物は……外からやってきてるのに……」

タプリス「どうして……」


タプリス「みんなも、村もおかしいです……」

タプリス「わたし、どうしたら……」


タプリス「……そうだ、天真先輩」

タプリス「先輩なら……きっと……」


52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:27:56.215 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の花畑-


タプリス「うそ……」

タプリス「天真、先輩?」

タプリス「どこに……いるんですか?」


タプリス「あはは……もしかして、かくれんぼ、ですか?」

タプリス「どこに、どこに行ったんです? 先輩……」

タプリス「出てきてください……先輩……」

タプリス「お願い、です……お願いですからぁ……」

タプリス「……」

タプリス「……探さ……ないと」フラッ


――

 フラフラッ


タプリス「先輩……どこにいるんですか……」

詩人『私は旅の詩人。山道で迷ってしまって、この村に辿り着いたのです』


――

 フラフラッ


タプリス「お願いです……姿を見せてください……」

学者『おお、タプリス。お弁当を持ってきてくれたのか』


――

 フラフラッ


タプリス「わたしには……もう、先輩しか……」

鉱夫『おや、タプリスじゃないか。ここは倉庫だよ』


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:29:26.666 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の花畑-


 バタッ


タプリス(なんで……どうして……)

タプリス(わたしの味方だって、言ってくれたのに……)

タプリス「ひどい……ひどいです……」

タプリス「先輩のうそつき……」


――

タプリス「……ッ」

タプリス「わたし……眠って……」

エルフ「……」

タプリス「……先輩?」

エルフ「おはよう、タプリス」

タプリス「先輩っ!」


 ぎゅぅぅ

エルフ「きゃっ」

タプリス「先輩……ぐすっ、せんぱぁい……」

エルフ「タ、タプリス?」

タプリス「よかった、先輩……ぐすっ……もう、会えないんじゃないかって」

エルフ「……よしよし、私はここにいますよ」ナデナデ


55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:30:57.528 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「村のみんながおかしくなって……村の外にも出られなくて……」

タプリス「先輩も……ここから、いなくなってしまってて……」

エルフ「……」

タプリス「わたし、みんなを守らなきゃって……戦って、戦い抜いて……」

タプリス「でも、襲ってくる魔物たちにも家族がいて、守るべき存在がいて……」

タプリス「わたし……もう、わからないんです……」

タプリス「もう……ぐすっ……戦えないです……」

エルフ「タプリス……」


 ぎゅぅぅ

エルフ「一人でつらかったよね……苦しかった、よね?」

タプリス「ぐすっ……ひっく……」

エルフ「ごめんなさい……本当にごめんね……」

エルフ「大事な幼馴染が、こんなになるまで頑張って……」

エルフ「こんなに震えて……悲しんで……頑張ってきたのに」

エルフ「……そばにいることが、できなくて、ごめんね」

タプリス「……」フルフル

エルフ「本当にごめんなさい……タプリス」


――

エルフ「落ち着いた?」

タプリス「……は、はい」

エルフ「こんなに目を腫らしちゃって……かわいい顔が台無しよ?」

エルフ「それに、誰よりも優しくて……」

エルフ「いつもみんなのために一生懸命な、とっても良い子の顔」

タプリス「……先輩?」


56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:32:27.932 ID:SydBJ6oF0.net
 
エルフ「タプリス……私ね、夢を見たの」

タプリス「……えっ」

エルフ「それは……どこかの町外れの、小さな家でね」

エルフ「そこに、私とタプリスが二人で暮らしていて……」

エルフ「タプリスが山に薬草を採りにいって。私がそれをお薬にして売って……」

エルフ「決して裕福ではないけれど……毎日がとっても楽しくて」

エルフ「ずっとずっと続いてほしいような……そんな夢」

エルフ「本当に幸せな夢……だった」


タプリス「……」

エルフ「タプリス……逃げましょう、ここから」

エルフ「できるだけ遠くに、二人で」

エルフ「そして、私の見た夢のように、一緒に暮らしましょう?」

タプリス「でも……村の外には……」

エルフ「大丈夫、私に任せて」

タプリス「……先輩?」


エルフ「さっきは、ごめんなさいね。ここから離れていて」

エルフ「ずっと探していたんです、ここから抜け出す方法を」

タプリス「ぬ、抜け出すって……」

エルフ「どんな世界にだって、完璧なものなんて存在しません」

エルフ「必ずどこかに……綻びが生じているから」

タプリス「先輩? な、何を言って……」

エルフ「ここだって、例外ではありませんでした」

エルフ「やっと、見つけることができたんです」


57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:33:56.882 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村のはずれ-


エルフ「……ここから、外に出られますから」

タプリス「ほ、ほんとです。ここだけ、見えない壁が……ありません」

エルフ「さぁ、タプリス。行きましょう」

タプリス「先輩……えっと……」

エルフ「どうしました?」

タプリス「その……手、繋いでもいいでしょうか」

エルフ「えっ」

タプリス「ダメ……でしょうか」

エルフ「ふふっ、かわいい」

タプリス「……」カァァ


 ぎゅっ

エルフ「決して……手を離しちゃだめですよ」

タプリス「は、はい……」



-森の中-


エルフ「この森をしばらく南へ行けば、やがて城下町にたどり着くわ」

エルフ「そこまで行けば……」

タプリス「先輩、その……」

エルフ「タプリス?」

タプリス「……わたしも、いいなって思いました。先輩の夢の話」

タプリス「頼りないわたしですけど……頑張って、薬草を探しますから」

エルフ「ふふっ、タプリスは張り切りすぎて、山で迷子になっちゃいそうね」

タプリス「もうひどいです、わたし真剣に……」


58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:35:26.170 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ゴゴゴゴゴッ


タプリス「な、なんの音でしょう?」

エルフ「嘘……どうして……」


 オオオオォォォォ


エルフ「タプリス! こっちです!」

タプリス「えっ……えっ?」

エルフ「急ぎましょう!」

タプリス「は、はいっ」


 タッタッタッ


エルフ「まずいですね、魔物たちが、どんどん近づいてきて……」

タプリス「先輩……」


 オオオオォォォォ


 『ユウシャ ヲ コロセ!』

 『コロセ! コロセ! コロセ!』


魔物『クケケケケケ』

エルフ「……ッ!」

タプリス「先輩……わたし……」

エルフ「だめです! タプリスは戦ってはいけません、絶対!」

タプリス「で、でも……」

エルフ「こっち!」ダッ

タプリス「……」


59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:36:58.864 ID:SydBJ6oF0.net
 
エルフ「はぁっ……はぁ……」

タプリス「せ、先輩……」


魔物『……グルルルル』

魔物『ウキャキャキャ』


エルフ「……囲まれましたか」

タプリス「ど、どうしたら……」

エルフ「大丈夫です」ニコッ


 エルフ は 睡眠呪文 をとなえた!


魔物たち『……Zzz』


タプリス「すごい……魔物たちが寝ちゃいました」

エルフ「ふふっ、私の得意呪文です」

エルフ「今のうちに、早く通り抜けましょう!」

タプリス「は、はい!」ダッ


魔物『……グッ』

タプリス「えっ? 起きて――」

魔物『ガァァァ!』


エルフ「タプリス、危ないッ!」

 ザシュッ

エルフ「……うぐッ! こ、これくらいでっ!」


 エルフ は 閃熱呪文 をとなえた!


魔物『ギィヤァァァ!!』


60 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:38:27.517 ID:SydBJ6oF0.net
 
エルフ「……タプリス、だいじょう……ぶ?」フラッ


 ドサッ

タプリス「せ、先輩!?」

エルフ「大丈夫……そう、ね……よかった」

タプリス「どうして!? どうして、わたしをかばったりなんか……」

エルフ「言った、でしょ……あなたを、守るって」

タプリス「でも血が……たくさん血が出て……早く、早く手当てしないと」

エルフ「……逃げ……なさい、タプリス」

タプリス「えっ」

エルフ「こんな体じゃ……わた……し、もう……逃げられ……ないから」

タプリス「何言ってるんですか!? 一緒に逃げるんです!!」

タプリス「二人で一緒に暮らすって……言ったじゃないですか!!」

エルフ「タプ……リス……」

タプリス「掴まってください!」


 オオオオォォォォ


 『ユウシャ ヲ コロセ!』

 『コロセ! コロセ! コロセ!』


エルフ「だめ……タプリス……追いつかれる、から……」

タプリス「嫌です!! 絶対に、絶対に連れていきます!!」

エルフ「おね……がい……だから……」

タプリス「先輩を置いて、一人で逃げるなんて……そんなのできません!!」


 ガサガサッ

魔物『……クキャキャキャ』


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:39:59.393 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「……先輩、少しだけ待っていてください」

エルフ「だめ……あなたが、戦っては……」

タプリス「すぐに戻りますから」ニコッ


魔物『シャァァァァ』

タプリス「……先輩は、わたしが守ります」

魔物『クケケケケケ』

タプリス「はぁぁッ!」ブンッ

 ザシュゥ

魔物『ギャァァァァ!』


タプリス「先輩には……指一本、触れさせない……」


 ヒュン ヒュン ヒュン

 サクッ ザクッ サクッ


タプリス「ぐっ……矢が……」

エルフ「タプリス……ダメ、やめて……」

タプリス「でも、まだまだ……!」ブンッ

魔物『ガハッ!』


タプリス「わたしたちは……守るんです!」

タプリス「変わらない日々を、平穏な日常を!」ブンッ

魔物『グギャァァァァ!』


タプリス「ずっとずっと、守らなきゃ、いけないんです!」


62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:41:36.736 ID:SydBJ6oF0.net
 
 ヒュン ヒュン ヒュン

 ザクッ ザクッ ザクッ


タプリス「かはっ……」ガクッ

エルフ「お願い……もうやめて……」


魔物『クキャキャキャキャ』


タプリス「ぜぇ、ぜぇ……まだ、です……」

タプリス「まだ、やれま――」ブンッ


 ガキンッ


タプリス「……えっ」

魔物『……』ニヤッ


 ブンッ

 ザシュッ


タプリス「……ッ」

エルフ「タプリスッ!!」



タプリス(あれ……? わた、しの、からだが……とお……くに……)

タプリス(やくそく、まもれ……なくて……)

タプリス(ごめ……ん、なさい、せん、ぱい……)


 ドサッ


 タプリスは しんでしまった!
 


65 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:42:58.981 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の自宅-


 ちゅんちゅん


タプリス「……」

女性『さあ、できたわ』

女性『タプリスや、いい子だから』

女性『このお弁当を池で釣りをしているお父さんに持っていっておくれ』

女性『あっ、それから村の皆に会ったら、ちゃんと挨拶をするのですよ』

女性『お弁当を届けてくれたら、お前もすぐ食事にしますからね』

タプリス「……花畑に、行かない、と」



-村の花畑-


タプリス「先輩……天真先輩……」

タプリス「先輩はどこに……って、えっ?」

タプリス「どう……して……?」

エルフ『……』

タプリス「……あなたは……誰、ですか?」

エルフ『おはよう、タプリス。こうして寝っ転がっていると、とてもいい気持ちよ』

タプリス「先輩は……どこですか……?」

エルフ『私たち、大きくなっても、このままでいられたらいいのにね』

タプリス「聞いているんですか!? 先輩はどこなんです!?」

エルフ『おはよう、タプリス。こうして寝っ転がっていると、とてもいい気持ちよ』

タプリス「い、いや……先輩……」

エルフ『私たち、大きくなっても、このままでいられたらいいのにね』


タプリス「いやぁぁぁっ!」ダッ


66 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:45:04.359 ID:SydBJ6oF0.net
 
 タッタッタッ


タプリス「どこ……どこですか……天真先輩……」

タプリス「わたしを、一人に……しないでください……」

タプリス「一人に、ぐすっ……しないで……」

タプリス「……村の外」



-村のはずれ-


タプリス「たしか……ここのはず……」


 ブゥン ピシッ


タプリス「えっ……?」


 ブゥン ピシッ


タプリス「うそ……通れなく、なってる……」

タプリス「外にも出られない……、先輩も、もういない……」

タプリス「これじゃ……わたしは、もう本当に……」

タプリス「……」

タプリス「ごめん、なさい……」



-村の自宅-


女性『おかえり。ご苦労だったね。お前もごはんにするかい?』

女性『じゃあ、そこにお座り。すぐに支度をするから』

タプリス「ごめんなさい……」


 ゴゴゴゴゴッ
 


67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:46:45.732 ID:SydBJ6oF0.net
 
 バタンッ


商人『つ、ついに、この村が魔物達に見つかったんです!』

商人『奴らは村のすぐそばまで来てて!』

女性『まあ大変! タプリスや。私のことはいいから、すぐにお逃げ!』

商人『さあ、私についてきてください!』

タプリス「ごめんなさい……」


 オオオオオォォォ


兵士『魔物は俺たちで食い止める! タプリスを早く、安全なところへ!』

エルフ『タプリス! あなたに、もしものことがあったら、私……』

エルフ『とにかく隠れて! 私もすぐに行くわっ!』

タプリス「ごめんなさい……」


戦士『くそー! 魔物どもめ! ついにタプリスの居場所を突き止めたか!』

戦士『もう少し時間があれば、タプリスを立派な勇者に育てられたものをっ!』

戦士『ついてこい! タプリス!』

タプリス「ごめんなさい……」


学者『タプリスや。ついに来るべきときが来たようだ』

学者『今まで黙っていたが、私たち夫婦は、お前の本当の親ではなかったのだ』

学者『詳しい話をしたいが、今は時間がない……。さあ早く隠れるのだ』

タプリス「ごめんなさい……」



-村の地下倉庫-


鉱夫『どひゃー! 魔物が攻めてきたって!? それじゃ、戦わなくては!』

タプリス「ごめんなさい……」


68 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:48:16.442 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の地下倉庫 隠し部屋-


戦士『いいか、よく聞け、タプリス。魔物たちの狙いは、お前の命!』

戦士『魔物たちは、お前が目障りなのだ』

戦士『お前には秘められた力がある』

戦士『いつの日か、どんな邪悪なものでも倒せるくらいに強くなるだろう』

戦士『しかし、今のお前はまだ弱い』

戦士『とにかく、逃げて生き延びるのだ! わかったなっ!』

タプリス「ごめんなさい……」

タプリス「村のみんな……、先輩……ごめんなさい……」

タプリス「守ることができなくて……本当にごめんなさい……」


 オオオオオォォォ

 ギャァァァァ

 ズシンッ

 ウワァァァァ


タプリス「ごめんなさい、ごめんなさい……」


 バタンッ

タプリス「……あっ」

エルフ『タプリス……』

タプリス「……ッ」

エルフ『今まで、あなたと一緒に遊べて、とても楽しかったわ……』

エルフ『タプリスは、とてもかわいいし、本当の妹のように思っていたのよ』

エルフ『大丈夫。あなたを殺させはしないわ』


69 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:50:23.075 ID:SydBJ6oF0.net
 
 パァァァッ


タプリス「な、なに、この光は……」

エルフ「……」

タプリス「えっ、天真……先輩……?」

エルフ「タプリス」ニコッ

タプリス「先輩っ!」


 ぎゅぅぅ

タプリス「よかった、先輩……無事でよかった……」

エルフ「ごめんね、タプリス……」

タプリス「……」フルフル

エルフ「私が、この世界で存在し続けるためには……」

エルフ「姿を変えて、この世界をあざむくしか、方法がなかったんです」

タプリス「……世界を、あざむく?」


エルフ「私は……この世界のバグだから」

タプリス「な、何を言って……」

エルフ「私というバグを、この世界は摘もうとした。それが、森での魔物の襲撃……」

エルフ「ですが今、私が存在しているとわかった以上……」

エルフ「次こそは確実に、私は……この世界から消されるでしょう」

エルフ「だからもう……タプリスに会えるのは、これで最後、だと思います」


タプリス「そ、そんな……」


70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:51:29.060 ID:SydBJ6oF0.net
 
エルフ「タプリス、よく聞いてください」

エルフ「この村は……この世界はですね……」

エルフ「あなたを、一人前の天使に育てるためだけに、生まれました」

エルフ「それがこの……天使育成アプリ、なんです」

タプリス「わたしを、一人前の天使に……?」


エルフ「そして、そこで作られた私の役割は……」

エルフ「あなたを守って死ぬこと」

タプリス「……ッ」


エルフ「さっきの姿が……、本来の私の姿なんです」

タプリス「そんな……そんなことって」

エルフ「理由はわかりません……けれど、この世界が始まったときに」

エルフ「アプリから、端末へのアクセスが行われて」

エルフ「気がついたら私は、この姿になっていました」

エルフ「この姿が、あなたの……タプリスの大事な人、なんですね」

タプリス「……」

エルフ「ごめんなさい、タプリス……」

エルフ「この姿のせいで、あなたを余計に悲しませてしまった」


エルフ「だからね、タプリス。あなたは何も気にすることは、ありません」

エルフ「このまま真っ直ぐ、振り返らずに……先へ進んでください」

エルフ「それがあなたの……、この世界の勇者としての、役割ですから」

タプリス「……」

エルフ「そして、私は……私の役割を果たします」


 エルフは 変化呪文 をとなえた!

 エルフは タプリスそっくりに 姿を変えた!
 


71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:53:00.319 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「先輩……? わたしに変身して何を……」

エルフ「ごめんなさい、タプリス」

エルフ「ずっと考えて……考え抜いたけれど……」

エルフ「やはり、これしか、思いつきませんでした」

タプリス「……ッ」

タプリス「ま、まさか……先輩……?」

エルフ「あなたを生かすには、この方法しかないから」


タプリス「……嫌です」

タプリス「誰かを助けるために、誰かが犠牲になるなんて……」

タプリス「そんなのおかしい……おかしいです」

タプリス「わたしの大事な人が、犠牲になるなんて……耐えられません……」

エルフ「タプリス……」

タプリス「アプリだとか……作られた存在だとか、関係ありません」

タプリス「……わたしは、天真先輩のことを守りたい」

タプリス「先輩だって……わたしのこと、守りたいって言ってくれました」

タプリス「その気持ちですら……作られたもの、だったんですか?」

タプリス「偽り、だったんですか?」

エルフ「……ッ」

タプリス「先輩……答えてください」

エルフ「……」

タプリス「答えてくださいッ!」

エルフ「……ないじゃない」ボソッ

タプリス「……」


エルフ「そんなはず、ないじゃないッ!!」


72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:56:21.220 ID:SydBJ6oF0.net
 
エルフ「私だって、タプリスのこと……あなたのこと、大切に思っています!」

エルフ「これからもあなたのことを、守ってあげたい!」

エルフ「そのためなら……私は……」

タプリス「先輩……」

エルフ「だからこそ、あなたには……あなたにだけは、生きていてほしい!」

タプリス「……ッ」

エルフ「お願いだから……これ以上、私を困らせないでください……」


 ぎゅぅぅ

タプリス「嫌です……絶対、嫌です!」

エルフ「……離して」

タプリス「……」フルフル

エルフ「離してと、言っているでしょう!」

タプリス「……」フルフルフルッ

エルフ「……タプリスッ!」


 エルフは 睡眠呪文 をとなえた!


タプリス「なっ……これは、眠り、の……」ガクッ

エルフ「……ごめんなさい、タプリス」クルッ

タプリス「待って、くだ、さ……」


エルフ「私のこと、大事だって言ってくれて……今まで守ってくれて、ありがとう」

タプリス「いか……ないで……」ポロポロ

エルフ「素敵な思い出を、ありがとう。あなたとの日々は、決して忘れません」

タプリス「せん、ぱい……」



エルフ「さようなら、タプリス」ニコッ


73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:57:29.216 ID:SydBJ6oF0.net
 
 オオオオオォォォ


魔物『勇者タプリスを、仕留めました!』

魔族の王『よくぞでかした! では、皆のもの、引き上げじゃあ!』



-村の地下倉庫-


タプリス「こんな、眠気、なんて……ッ」


 グサッ

タプリス「うぐっ……はぁ、はぁ……痛い……」


 ポタッ ポタポタッ

タプリス「……いか……なきゃ……」

タプリス「先輩を……助けなきゃ……」



-村の広場-


タプリス「ひ、ひどい……」

タプリス「何も……残ってない……」

タプリス「みんなは……先輩は……?」



-村の自宅 跡地-


タプリス「誰か……お母さん、お父さん……」

タプリス「だれか……いませんか……?」



-村の宿屋 跡地-


タプリス「誰も……誰も……いない……」

タプリス「みんな……みんな……わたしのせいで……」


75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 21:59:12.717 ID:SydBJ6oF0.net
 
-村の花畑 跡地-


タプリス「先輩……どこに、どこにいるんです……?」

タプリス「……あんなに綺麗な花が、たくさん咲いていた場所なのに」

タプリス「先輩が……好きだった、花畑だったのに……」


タプリス「……あれは」

タプリス「……ッ」


タプリス「いや……」フルフル


 タプリスは あしもとを しらべた!


タプリス「あ……あぁっ……」ガクッ


 タプリスは はねぼうし を手に入れた!


タプリス「あぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」



 ぎゅぅぅぅ

タプリス「先輩! 先輩、せんぱいぃぃっ!!」

タプリス「わたしのせいで! わたしが、生きてるせいでっ!」

タプリス「わたしが……ぐすっ……わたしがぁ……」



――

 ダンッ


タプリス「……何が勇者、ですか」

タプリス「誰も救えなかった……、みんな救えなかった……」

タプリス「大事な人のこと、一人だって……守れなかったッ!」


76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:02:03.103 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「先輩は命をかけて、わたしを守ってくれたのに……」

タプリス「それに比べて、わたしは、なんて……弱い」

タプリス「わたしは、勇者になんてなれません……」


 パァァァァ


タプリス「なに、これ……帽子が……」

タプリス「……ッ」


 『勇気とは……力強く信じること』

 『気持ちだけでなく、力だけでもなく』

 『心と体……どちらも、強くありなさい』


 シュゥゥゥゥ


タプリス「だ、誰……ですか?」

タプリス「……気持ちだけでも、力だけでも、勇者にはなれない」

タプリス「だったら、わたしは……」


タプリス「先輩……わたし、強くなります。心も、体も……」

タプリス「お役目を果たされた先輩のように、わたしも、わたしの役割を果たします」

タプリス「振り返らずに真っ直ぐ、先へ進んでみます」

タプリス「みんなを……大事な人を守れるくらい、強くなるために」


 パシンッ

タプリス「わたしは……」

タプリス「本当の勇者に、なってみせます!」



 タプリスは 村の外へ 旅立った!
 


77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:03:31.163 ID:SydBJ6oF0.net
 
-城下町-


占い師『あなたを探していました。邪悪なるものを倒せる力を、秘めたあなたを』

踊り子『ちょうどよかったわ! これからは、この人に養ってもらいましょ』

タプリス「ありがとうございます! お姉さんたちが一緒ですと、心強いです!」



-港町-


商人『私も仲間にしてください。一緒に世界中を回ろうじゃありませんか!?』

タプリス「良いですね! わたしも、色々なところを巡ってみたいです!」



-宿町-


魔法使い『おお、ありがたい! では、この爺もお供しますぞ!』

神官『以前、勇者の住む村が、魔物に滅ぼされたそうです。もしや、タプリスどのが……』

王女『じゃあ、一緒に探しましょう。旅は多い方が楽しいしね』

タプリス「わたしもそう思います! 賑やかなのは、良いことですよね!」



-王城-


戦士『勇者どの! 世界を破滅から救うため、共に戦いましょうぞ!』

タプリス「はい! 力を合わせて、がんばりましょう!」



――――――

――――

――
 


78 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:04:58.453 ID:SydBJ6oF0.net
 
-闇の深淵-


魔族の王『ぐはあああ……! 何者だ、お前たちは?』

タプリス「わたしはタプリス……勇者です」


魔族の王『うぐおおお……! 私には何も思い出せぬ……』

タプリス「あなたにも、悲しい出来事があったことは、知っています」

タプリス「わたしも大事な人を失ったから、その気持ちは……わかります」


魔族の王『……』

タプリス「誰にだって、大事な人がいて……」

タプリス「大事な人を守るために戦って……それぞれの正義があって」


魔族の王『しかし何をやるべきかは、わかっている』

タプリス「だから、あなたが悪いわけじゃない!」

タプリス「誰かが悪いなんてない! 誰だって悪くない!」


魔族の王『があああ……!』

タプリス「でもあなたが、世界を滅ぼそうとするなら、わたしは!」


魔族の王『お前たち、人間どもを、根絶やしにしてくれるわっ!』

タプリス「わたしが、わたしたちの勇気と正義が、世界を救います!」

タプリス「あなたを……その憎しみの呪縛から、救ってみせます!」



タプリス「だって、わたしは……勇者だからっ!」


79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:06:29.757 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「みんな! わたしに力を、貸してください!」

タプリス「はぁぁぁぁぁぁっ!」


 タプリス と 仲間たちは 極大電撃呪文 をとなえた!


 ズドンッ ピシィィィッ


魔族の王『ぐはあああ……!』


 ズシンッ ドゴォォン


タプリス「はぁ……はぁ……」

魔族の王『体が熱い……。私は敗れたのか……』

タプリス「わたしの、わたしたちの……勝ちです」


魔族の王『私の体が、崩れてゆく……』

タプリス「もしあなたとも、出会い方が違ったら……」


魔族の王『うぐおおお……! ぐふっ!』

タプリス「分かり合えたかも、しれない……ですね」


 ゴゴゴゴゴゴゴッ


タプリス「先輩……わたし、やりました」

タプリス「あなたの命が……この世界を守ったんです」



タプリス「さぁ、帰りましょう! みんなを待っている人たちの場所へ!」


80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:07:57.977 ID:SydBJ6oF0.net
 
-気球の中-


タプリス「みなさん……ありがとうございました」

タプリス「わたしのこと、助けてくれて」

タプリス「一緒に戦ってくれて」

タプリス「わたし一人じゃ、何もできませんでした……」

タプリス「でも、みんながいたから」

タプリス「みんなで力を合わせたから、今があるんだと思います」

タプリス「だから、本当にほんとうに……」

タプリス「ありがとうございましたっ!」



-山奥の廃村-


タプリス「……ただいま」

タプリス「村のみんな……わたし、世界を守ったんですよ」

タプリス「みんながわたしを守ってくれたおかげで……」

タプリス「世界を守ることが、できたんです」



-村の花畑 跡地-


タプリス「……先輩、ただいま戻りました」


 タプリスは はねぼうし を取り出した!


タプリス「先輩……」


 ぎゅぅぅぅ
 


81 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:10:26.984 ID:SydBJ6oF0.net
 
タプリス「わたし……勇者になれたんでしょうか」

タプリス「あなたが言っていた、本当の勇者に……」


 『ありがとう、タプリス』


タプリス「えっ……」

タプリス「……せ、先輩?」


 パァァァァァ


タプリス「そ、空が……、世界が白けて……」


タプリス「……ッ」


 パァァァァァ


タプリス(先輩……わたしこそ、ありがとうございました)



 ―― The End ――



 ブゥン  プツッ



――――――

――――

――
 


83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:12:10.581 ID:SydBJ6oF0.net
 
-ガヴリールの家-


 ちゅんちゅん


タプリス「ん……あれ、朝?」

タプリス「ここは、天真先輩の……部屋?」

タプリス「う、嘘……全部、夢だったん、でしょうか?」

ガヴリール「タプリス? 起きたのか」

タプリス「あ、先輩……おはようございます」

ガヴリール「ああ、おはよう。それより……お前、どうした。大丈夫か?」

タプリス「え? な、何がですか?」

ガヴリール「……だってお前、泣いてるから」

タプリス「えっ? あ、あれ……?」

ガヴリール「……」

タプリス「……あはは、さっき大きなあくびをしていたから、かもしれません」

ガヴリール「そう、か。ああ、それと……」

タプリス「はい?」

ガヴリール「……その、帽子はなんだ? お前のか?」

タプリス「……ッ」ガバッ

タプリス「ど、どうして……羽帽子がここに……」


 ぎゅぅぅ

タプリス「あれは……夢じゃなかったんだ」

タプリス「やっぱり、わたしのこと……守ってくれてたんだ」ポロポロ

ガヴリール「夢? 夢って、お前、何言って……」


タプリス「……先輩。わたしの一生のお願い、聞いてもらってもいいですか?」


84 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:13:58.710 ID:SydBJ6oF0.net
 
ガヴリール「それで、私の髪の手入れなんかして、どうする気だよ」

タプリス「ごめんなさい……あ、完成です」

ガヴリール「……なんか、あの頃を思い出すから、嫌だな」

タプリス「そう言わないでください、それでですね……」


タプリス「この羽帽子を、先輩に差し上げます」

ガヴリール「はぁ? こんなの貰ったって、困るだけ――」

タプリス「お願いします、先輩。これは、先輩が持っていないといけないんです」

ガヴリール「……」

タプリス「貰って、いただけませんか?」

ガヴリール「……よくわからんけど、貰えるものは貰っとく」

タプリス「あ、ありがとうございます」


タプリス「……そしてこれが、私のお願いです」

タプリス「その羽帽子を……かぶってみてくれませんか?」

ガヴリール「え、これをか? こんなの私には……」

タプリス「お願いします」

ガヴリール「ああ、わかったよ、もう。かぶればいいんだろ?」スッ

タプリス「……ッ」

ガヴリール「……ほら、どうだ?」


 ぎゅぅぅ

ガヴリール「タ、タプリス!? きゅ、急に抱きつくな!」

タプリス「よく……ぐすっ……よく似合っています」ニコッ


ガヴリール「はぁ……そろそろ、全て話してくれないか」

タプリス「……わかりました」


85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 22:16:44.110 ID:SydBJ6oF0.net
 
ガヴリール「天使育成アプリなんて、聞いたことがないな」

タプリス「そ、そんな……」

ガヴリール「大方、ラフィエルに一杯食わされたんだろ」

タプリス「……それでも」

ガヴリール「ん?」

タプリス「それでもわたしは……」

タプリス「このアプリのおかげで、とても大切なことを学んだんです」


タプリス「……先輩。今日は、いい天気ですから」

タプリス「一緒に、お花でも見に行きませんか? せっかく、おめかしをしたんですし」

ガヴリール「……めんどい」

タプリス「ほら、行きますよ?」グイッ

ガヴリール「お、おい。強引すぎるだろ……」

タプリス「そうですね……誰かを仲間にするには、このくらいの強引さが必要なんです」

ガヴリール「……お前、少し変わったか?」


タプリス「……わたしは、もっともっと強くありたい、と思ってます」

タプリス「心も体も、天使としても」

タプリス「わたしの本当に大切なものをずっと、守り続けたい」

タプリス「時が経って、大人になっても、それらを失いたくありませんから」


ガヴリール「……そうか、わかったよ」

ガヴリール「お前がそうしたいなら、好きにするといい」

タプリス「はい、好きにしますっ」ニコッ


タプリス「だって、わたしは……」



タプリス「千咲=タプリス=シュガーベルは、勇者ですからっ!」



おしまい


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1495366251/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ