Powered By 画RSS


【 ガヴドロ 】サターニャ「冷凍庫に閉じ込められた……」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:46:27.246 ID:XyOkQJfo0.net
サターニャ「どうして私達がガヴリールの短期バイトにつき合わされなきゃいけないのよっ」ドサッ

ガヴ「しょうがないだろ。私だけだと人手が足りないんだからっ」ドサッ

サターニャ「それにしても寒いわね」ブルブル

ガヴ「冷凍した魚を運ぶだなんて私には向かなかいなっ」ドサッ

サターニャ「ならどうして仕事引き受けたのよっ」ドサッ

ガヴ「給料が良かったんだよっ」ドサッ

サターニャ「お腹空いたわねっ」ドサッ

ガヴ「もうすぐお昼だから我慢しろよっ」ドサッ

タプリス『あ、冷凍庫が開けっ放しです。いったい誰でしょうか』バタン

ガヴ「え? 嘘だろ」

サターニャ「冷凍庫に閉じ込められた……」

ガヴ「タプリスか!? 中に私達がいるんだ!! 開けてくれ!!」ドンドン

サターニャ「寒いって! こんな所に閉じ込めないでよ!」ドンドン

ガヴ「開けろ!! 開けろよ!!」ドンドン

サターニャ「出して! お願い! 外に出してよ! こんな奴と二人っきりなんて嫌っ!!!」ドンドン

ガヴ「私だって嫌だ!! 出せ! 出せよ!」ドンドン




2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:46:55.415 ID:XyOkQJfo0.net
サターニャ「あ! そうよ。ガヴリールには神足通があるでしょ。」

ガヴ「そうだった。危うく忘れる所だった。神足通ッ!」ピュン

サターニャ「………」

ガヴ「間違って上着を飛ばしてしまった……。寒い……」ブルブル

サターニャ「私の上着借してあげるから、ほら」バサッ

ガヴ「いいのか? サターニャだって寒いのに」

サターニャ「いいのよ。ガヴリールって体温低そうでしょ」

ガヴ「サターニャ……」

サターニャ「ほら、助けを呼ぶわよ。誰か! 誰か来てください!!」ドンドン

ガヴ「誰か開けてください!!」ドンドン


4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:48:51.734 ID:XyOkQJfo0.net
サターニャ「最悪だわ。誰も来てくれなかった」

ガヴ「ただでさえ寒いんだ。変な事するなよ」

サターニャ「上着借りといてよくそんな事が言えるわね。変な事なんてするわけないでしょ!!」

ガヴ「………」ウトウト

サターニャ「ガヴリール!!?」

ガヴ「あ! 寒いからつい眠くなった」

サターニャ「ねぇ、寒いんだからくっ付かない? お互い意地張らずに」

ガヴ「そうするか。ただし変な事はするなよ」

サターニャ「だからしないって! でも手くらい繋がせてよね///」

ガヴ「手なら……いいぞ///」

サターニャ「……」ギュウ

ガヴ「サターニャの手って温かいな」

サターニャ「何言ってるのよ!?」

ガヴ「はっ! 私は今何を!?」

サターニャ「ガヴリール……もっとくっ付いていいのよ」

ガヴ「……」スリスリ

サターニャ「ちょっと! 身体こすりつけないで!」

ガヴ「こっちの方が温まるだろ」

サターニャ「それもそうだけど……」

ガヴ「だからな、少しだけ」スリスリ

サターニャ「少しだけよ」

ガヴ「サターニャァ……」スリスリ


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:50:46.171 ID:XyOkQJfo0.net
サターニャ「寒いわ」ブルブル

ガヴ「……」

サターニャ「だから寝るなって!! 寝たら死ぬわよ!!」ブルブル

ガヴ「サターニャ、私達ここから出られないのかな? ここで死ぬのかな?」ブルブル

サターニャ「何ネガティブな事言ってるのよ!! ヴィネット達が絶対に気付いてくれるわよ!!」ブルブル

ガヴ「なぁサターニャ、ここから出られたら一緒に住まないか?」ブルブル

サターニャ「はぁ? 何言ってんの? そう言ってまた私をからかおうって気でしょ!」ブルブル

ガヴ「違うんだ。サターニャと一緒に住んだら朝は一緒に温かいご飯を食べて、一緒に温かいコーヒーを飲むんだ。」ブルブル

サターニャ「ガヴリール……。何気持ち悪い事言ってるのよ」ブルブル

ガヴ「一緒に登校して、一緒に下校して、帰ったら暖かい部屋で一緒に遊ぶんだよ」ブルブル

サターニャ「ガヴリール! 気は確かなの?」ブルブル

ガヴ「そして夜になったらサターニャのぬくもりを感じながら眠るんだ。きっとサターニャの身体は暖かいんだろうな」ブルブル

サターニャ「ガヴリール! 正気に戻って!! いつものガヴリールはもっと暴力的で、そんなしんみりした事は言わないのよ!!」ブルブル


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:52:18.160 ID:XyOkQJfo0.net
ガヴ「サターニャッ!! 私は本気なんだ!! 茶化さないでくれ!!」

サターニャ「……ごめんなさい」

ガヴ「サターニャ、答えを聞かせてくれ」

サターニャ「一緒に住んだら私、毎日勝負を仕掛けるわ」

ガヴ「いい」

サターニャ「毎日ガヴリールに悪魔的行為をするわよ」

ガヴ「かまわない」

サターニャ「毎日ガヴリールの写真を……裸の写真も撮るわ」

ガヴ「むしろ大歓迎だ。だからサターニャ、いっしょに暮らそう」

サターニャ「裸の写真なんて撮らせてくれるの?」

ガヴ「サターニャの頼みだ。恥ずかしいけど断れないだろ///」

サターニャ「……ごめんなさい。答えは後でいい?」

ガヴ「待ってるからな」


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:54:16.260 ID:XyOkQJfo0.net
ガヴ「サターニャ」ブルブル

サターニャ「何よ!」ブルブル

ガヴ「キスしないか?」ブルブル

サターニャ「はぁ!? 何言ってるのよ! しないわよっ!」ブルブル

ガヴ「頼むよ、生きてる事を実感したいんだ」ブルブル

サターニャ「ならもっと他の方法があるでしょ!」ブルブル

ガヴ「いいや、これしかないんだ。頼むサターニャ、私にキスしてくれ」ブルブル

サターニャ「………。恥ずかしいからガヴリールが私にして///」ブルブル

ガヴ「するぞ」

サターニャ「ええ///」

ガヴ「ん」チュウ

サターニャ「んん……」

ガヴ「……ん」

サターニャ「唇の感覚がないわね」ブルブル

ガヴ「全然キスしてる感覚がないな」ブルブル

サターニャ「続きは帰ってからにしましょう」ブルブル

ガヴ「帰ってからしていいのか?」ブルブル

サターニャ「当然じゃない。私達はこれから一緒に住むのよ」ブルブル

ガヴ「サターニャ……!!! 私達ずっと一緒にいようなっ!!」ブルブル

サターニャ「当然じゃない」ブルブル


9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:55:24.688 ID:XyOkQJfo0.net
ガヴ「サターニャ……ちょっと来てくれ」

サターニャ「なに?」ブルブル

ガヴ「はぁ……はぁ……。もう意識があんまりないんだ」バタ

サターニャ「何倒れてるのよ! 起きなさい!!」

ガヴ「はぁ……はぁ……震えもなくなってきたし、私はもう死ぬみたいだ」

サターニャ「何言ってるの!? ほら、私の服貸してあげるからしっかりしなさい!」ブルブル

ガヴ「もうすぐ死ぬ私にそんなのいらないよ。サターニャ……死ぬときはサターニャに抱かれながら死にたい」

サターニャ「ガヴリール!ほら、抱きしめて温めてあげるから生きなさい!」ギュウ

ガヴ「ごめんな、サターニャ。私がバイトに誘ったばっかりにこんな思いさせて。……ごめん……ごめん」

サターニャ「謝らなくていいから! ほら! しっかりしてっ!」ギュウ

ガヴ「サターニャに抱かれながら死ねるなんて私は幸せ者だなぁ」

サターニャ「ガヴリール! しっかりしなさい!」ペチペチペチ

ガヴ「………」コロ

サターニャ「ガヴリール……?」ポロポロ

ガヴ「……」

サターニャ「誰か! 誰か来て! ガヴリールが! ガヴリールが!」


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:56:17.218 ID:XyOkQJfo0.net
ヴィーネ「あ、やっぱりここにいた。タプちゃん、ちゃんと中に人がいるか確認してから閉めなきゃ駄目じゃない」

タプリス「すいません」

サターニャ「あんたが閉めたの!? 殺してやる! ガヴリールが死んだら、あんたを殺して!!」

タプリス「ひぃ!」

ヴィーネ「サターニャ落ち着きなさい」

サターニャ「こんな時に落ち着いてられるっていうの!? ガヴリールが!! ガヴリールが!!! 早く救急車!!!」

ラフィ「サターニャさん、ガヴちゃんとサターニャさんが閉じ込められてからまだ5分くらいしか経っていませんよ」

サターニャ「5分? え……でもガヴリールが」

ガヴ「サターニャ」

サターニャ「ガヴリール……私を騙してたの?」

ガヴ「薄着のサターニャが元気なのに私が倒れるなんておかしいと思わなかったのか?」

サターニャ「ガヴリールの嘘吐き!! 本当に心配してたのよ!」

ガヴ「サターニャがこんなに心配してくれるなんて私も予想外だったんだよ」

サターニャ「騙してた割にはキスしたり……一緒に住みたいって言ったり……。一緒に住みたいって言うのも嘘だったの!?」

ガヴ「サターニャ……その事なんだが……二人きりの時に離さないか?」


11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 20:58:20.570 ID:XyOkQJfo0.net
タプリス「キ、キス!?」

ヴィーネ「ねぇ、二人とも、中で何やってたの?」

ラフィ「教えてくれますよね?」

サターニャ「…………。ほら、ガヴリール寒いでしょ。向こうで暖まりに行きましょうね」

ガヴ「サターニャおんぶ」

サターニャ「余計な事言わないの! ほら、おんぶしてあげるからあっちに行くわよっ!」

ヴィーネ「ガヴ! サターニャ! 逃げないで!」

タプリス「キスしたってどういうことですか!?」

ラフィ「待って下さいよ!詳しく教えてください!」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 21:00:08.911 ID:XyOkQJfo0.net
数日後

ガヴ「やっぱりサターニャの身体は温かいな」ぬくぬく

サターニャ「もっとくっ付いていいわよ」

ガヴ「サターニャと一緒に寝られて幸せ」ペタ

サターニャ「私もガヴリールと一緒にいられて幸せ」

ガヴ「サターニャァ……」スリスリ

サターニャ「もう、みんなの前では甘えないでよ」

ガヴ「当然だろ。こんな恥ずかしい所みんなに見せられないよ」

サターニャ「ガヴリール……」チュウ

ガヴ「ん……」

サターニャ「んん……」

ガヴ「今度は感覚あるな」

サターニャ「気持ちいいわね」

ガヴ「サターニャ大好き」ギュウ

サターニャ「私もガヴリール大好き」ギュウ



元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1495626387/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ