Powered By 画RSS


春香「やっぱ春巻きだね」ボソッ 真、美希「」ガタッ

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:16:37.10 ID:nAHM5vxg0
なんか書き始めたらいつの間にか書き終わってた…
深夜テンションなんでところどころおかしいところあるかも…


事務所

春香「あ、お母さんからメールだ。」

春香(なになに、今日の夕ご飯を春巻きか餃子どっちにする?か…。うーん、なんとなく今日はさっぱりしたものが食べたいなぁ…でも、わがまま言うのもなぁ…あ、生春巻きにしてもらおうかな…まぁとりあえず返信と)

春香「春巻きがいいなっと」ボソッ

真美希「」ガタッ

真「春香、今なんて…」

春香「え?なにg」

美希「はるか!!やっと美希の気持ちに気づいてくれたの!はるかぁぁ!!」ダキッ

春香「ちょ、ちょっと美希!いきなりどうしたの」

真「み、美希!春香が困ってるだろ!!」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:17:58.06 ID:nAHM5vxg0
美希「真クンには関係ないの!春香と私は両思いだから何の問題もないの!!んーはるかぁはるかぁ」ホッペタスリスリ

春香「うわっ、あはは、ちょ美希、くすぐったいよ」

真「そ、そうだぞ美希!春香と両思いなのは、そ、ぼ、ボクなんだからな!!」

春香「え?」

美希「なにいってるの真クン!春香は私と両思いなの、さっき春香もそういってたし…」

真「ちょっと美希何を言っているのさ!春香はさっきボクと両思いだって…」

春香「ちょっと二人ともさっきから両思いとかなに言ってるの!?」

真「だって」

美希「さっき春香が」

真「ハルマコって!」

美希「ハルミキって!」

春香真美希「え?」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:19:37.22 ID:nAHM5vxg0
春香「そんなこといってないけど…」

真「え?え?だってさっきメールを打った後にぼそっと…」

美希「確かにハルミキだねって呟いてたの!」フンス

真「ハルマコだって!!」

春香(メールを打った後…?うーんと…)

春香「あっ!春巻き!私、お母さんに、今日の晩御飯何がいいかって聞かれたから春巻きがいいって返したんだ!まさか、声に出てたなんて…」カオマッカ

真美希「え…」

真(しまったーーー!春香の口からハルマコなんて言葉が聞こえたから、興奮しちゃっていろいろいっちゃったー!ってそういえばさっきボク両思いだなんて…。うぅぅ、これからどうすればいいんだ…)カァァ

美希(あ、焦りすぎたの…まさか春巻きとハルミキを聞き間違えるなんて…でも、もう後には引けないの!春香に、私が春香のこと好きだってバレた以上はガンガン攻めるの!!)



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:20:54.25 ID:nAHM5vxg0
春香(二人ともどうしたんだろ…なんか考え事してる…)

美希「はるかぁ!!」ダキッ

春香「ちょ、美希!また!」

美希「美希、はるかの事大好きなの!!ちゅーしたいくらいすきなの!」チュー

春香「うわっ!ちょ、美希!」ブンブン

真(くそっ、美希のやつ、バレたっていうのに攻めるな…うん、ボクだって春香の事好きなんだから、美希に後れを取るわけにはいかない!)

真「春香!そ、その、美希とじゃなくてぼ、ボクとちゅーしよう!!ほ、ほら、こっちむいて」カオグイッ

春香「ちょ、真近いって」カァァ///

美希「むぅぅ、真クンずるいの!春香は美希のものなの!」

真「美希こそ!春香を独り占めするなよ!」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:25:02.09 ID:nAHM5vxg0
春香「もぉぉぉ!二人ともいったん落ち着いて!!!」

春香「さっきから二人ともどうしたの!?急にすきとか…私だって二人の事好きなんだしケンカしない!!」

真美希「う、ごめんなさい(なの)」

春香「分かればよろしい!」

真(あれ、春香さっきボクたちがいった両思いとかハルマコとかのこと忘れてる?)

美希(春香、美希と真クンがただケンカしただけだと思ってるの…)

真美希(ここはいったん退いた方がいいな)

小鳥「ただいm」ガチャ

春香「そういえばさっきいってたハルマコとかハルミキってなんのこと?」クビカシゲ

小鳥(ハルマコ!?ハルミキ!?)

真美希(タイミングー!?!?!?)


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:29:43.39 ID:nAHM5vxg0
春香「あ、小鳥さんお帰りなさい」

小鳥「は、春香ちゃん、ハルマコって…」

春香「あ、さっき、真と美希がなにやら、ハルマコかハルミキで言い争っちゃってて…でも、私そんな言葉聞いたことないなぁ」

真(まずい!小鳥さんに聞かれたら…)

真「は、春香!あっちで一緒にお茶とか入れに行かない?ボク一人じゃ不安だなー」

美希(小鳥に聞かれるなんて…ここは真クンにのっかって)

美希「み、美希も春香のいれたお茶のみたいの!なんて…」

小鳥(フムフム、だいたい分かったわ!!)ニヤニヤ

小鳥(これは千載一遇の百合チャンスよ!!そうときまったら)

小鳥(スケジュール調整!!!)カタカタカタカタカタカキカキカキカキカキッターン

小鳥「あら、珍しいわねぇ。今ここにいる3人のお休みがちょうどかぶってるわね。それに二日連続で!」

春香「え?ほんとですか?」

美希(こ、小鳥サンいったい何を企んでるの!?)


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:30:25.58 ID:nAHM5vxg0
小鳥「うーん3人とも頑張ってるしちょうどお休みも2日連続で被っているし、久しぶりに3人でどこか遊びに行って来たらどうかしら?みんな頑張っているしたまには羽を伸ばすことも必要でしょ?」パチ(真と美希にウィンク)

春香「うーん確かに最近二人とゆっくり話せてなかったし、たまには遊ぶのもいいかも!!二人はどう?」

真「あ、い、いいねそれ!ボクもちょうど春香と遊びたかったんだ!」(小鳥さん、余計なことを言ってくれちゃって…でも…)

美希「美希も賛成なの!!」(小鳥サン、普段はのんびりしてるのに、こういう事だけ仕事が早いの…でも…)

真美希(ナイス!(なの))

春香「やったー!!じゃあどこにいくか今決めちゃお!!」

小鳥「あ、そういえばこの前ほかの会社から、動物園の優待券もらったんだけど、せっかくだしみんなで行って来たら?誰も使う予定がなくて、期限切れになっちゃうのももったいないし…」

美希「いいアイデアなの!美希はなまけものとかみてみたいの!」

春香「うん!せっかくのお休みだし遊園地とかよりものんびりできていいかもね」

真「じゃあ動物園にしよっか!」ヤーリィ!

小鳥(ピヨピヨピヨ、私もスケジュール調整してっと…)

小鳥(ごめんなさいPさん、律子さん…これは3人のアイドルの将来を決める大事なことなんです!私が見守っておかないと…)

小鳥(…なるべく迷惑かけないように今日は残業して仕事を一つでも多くかたづけよ…あ、カメラ買いに行かないと)ハルミキハルマコグヘヘヘヘ

春香(あれ、そういえばハルマコとかハルミキってなんのことだったんだろ…?)


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:36:00.76 ID:nAHM5vxg0
休日駅前

真「美希、ずいぶんと早い到着だね…」

美希「真クンこそまだ待ち合わせの30分前なの」

真「ぼ、ボクはたまたま、早く目が覚めちゃって…」

美希「ふーん…美希は早くはるかに会いたいから早く来たの!美希の方が春香のこと好きなの!」ワイワイ

真「な、なにを!ボクだって…」ワイワイ

春香(あ、二人とももうきてる。二人ともあんなにおしゃべりして、本当に仲がいいんだ)

春香「真ー美希ー!ごめんごめん、待ったかな?」

真「いや、ぜんぜn」ボー

春香「ん?どしたの真?」

真「い、いや」(か、かわいい!!帽子を少し深めにかぶって動物園だからかすこしカジュアル目な服装なのかな…と、とにかく可愛い…ずっと見てられるよ!)


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:40:10.23 ID:nAHM5vxg0
美希「春香、かわいいの!!やっぱり美希が好きになるだけの事はあるの!!はるかぁ!!」ダキシメ

春香「ちょっ、美希こんな街中で」カァァ///

美希「はるかぁ」スリスリ

真「む。よおしボクも…春香!」ダキッ

春香「うわっ、真まで!ちょ、あんまり目立つと…」

周囲 あれ、あれ765プロの…、あそうだ天海春香だ!ザワザワ

春香「ちょ、二人とも行くよ!!」サー

動物園の少し前

春香「二人とも!もう私たちも有名人なんだからあんまり目立つような行動しちゃダメでしょ!!」

真「う、ご、ごめん」

美希「春香が可愛すぎるのがいけないの!こんなに可愛いのに抱き着くなっていう方が無理なの!!」

春香「はぁ…もう、とにかく動物園ではあんまり騒がないこと!いいね!?」

真美希「はーい」

物陰
小鳥(ピヨピヨピヨきたきた。早速美希ちゃんはとばしてるわね。ハルミキハルミキ。それじゃ3人の思い出になるようにしっかりビデオカメラに収めてあげないとね)ジー


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:41:45.23 ID:nAHM5vxg0
動物園受付
真「えっと、中学生以上は大人料金か…」

春香「真!なにか忘れてるんじゃないのー?」ニヤリ

真「え?なにかって…あ」ハッ

春香「そう、私たちには小鳥さんからもらったこの優待券があるではないですか!」

美希「さすが春香なの!」

春香「ま、まぁ、私じゃなくて会社と小鳥さんのおかげだけどね」

真「あ、すっかり忘れてたよ」テヘヘ

真「じゃあ、それつかって早速入ろ!」

春香「よーしじゃあお姉さん!3人です!」

受付嬢「はーい。あ、優待券ですね、ありがとうございます。それではいってらっしゃいませ~」

美希「お姉さんありがとうなの!いってきますなの~」

真「いやはや、ただでは入れるとは優待券さまさまだね」

春香「小鳥さんにお土産買っていかないとねー」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:42:43.76 ID:nAHM5vxg0
小鳥「よし、みんな入ったわね…では私も…」

受付嬢「お客様、チケットを買ってからご入園ください。2000円になります」ニコリ

小鳥「あ、すいません…」サイフトリダシ

園内

真「どうする?まず最初に何から見る!?」ワキワキ

春香「せっかく朝早く来たんだし動物園ぐるっと一周してみない?そんなに大きい動物園でもないし」

真「いいね!じゃあ早速こっちから見ていこーう!!」

春香「おー!」

美希「…えいっ!」

春香「美希、急にどうしたの?」

美希「えへへ、春香と手つないで見るの!いいでしょ?」ギュッ

春香「まぁ、そのくらいならいいよ」ニコッ


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:48:21.35 ID:nAHM5vxg0
真(ムゥ)

真「じゃあ、ボクも!」ッギュ

春香「もう、真まで!」フフフ

真(うーん、春香なんか余裕そうだなぁ…よぉーし)

真「今日はボクにエスコートさせてよ、お姫様」チュ(春香の手にキス)

春香「ちょ、ま、真恥ずかしいよ」///

真「そんなこんなかわいいお姫様なんだからエスコートするのは当然でしょ?」王子様スマイル

春香「真…」キュン

美希「グムム」


後方100m
おい、だれか救急車よべ!血まみれになった女性が…と、とりあえず止血だ!

小鳥「フフフ、短い人生だったわ。でも大丈夫。ここで息絶えても天国から3人の事を見守ってい…るから…ね…」ガクッ


春香「なんか後ろの方が騒がしいね?」

美希「そんなこと気にせずどんどんいくの!レッツゴーなの!」

真(あれ?入口の方に赤い噴水なんかあったっけ?まぁ帰りに春香とみればいっか)


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:52:51.23 ID:nAHM5vxg0
美希「最初は、あ、はるかはるか!リスなの!とってもキュートなの!」

春香「ほんとにかわいい~いやされるな~」ホッコリ

美希(癒されてる春香の顔に癒されるの!)ホッコリ

真「なになに、二ホンリスだって。餌を地中に貯蓄するんだって!計画的だね!」

春香「あ、その下にもなんか書いてあるよ。えっと昔は食用とされることもあったんだって!ちょっと食べてみたいかも…」

美希「春香、リスじゃなくて美希を食べてくれてもいいの!」

春香「がおーたべちゃうぞー!なんてね」ペロッ

真「じゃ、じゃあボクは春香をたべちゃうぞー!」

春香「きゃーたすけて美希―」

美希「すごい棒読みなの…」

真「…」カァァ///


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:54:08.59 ID:nAHM5vxg0
真「っさ、さぁつぎいこ!つぎ!」

春香「つぎは、あ、なにあの目つき悪い大きい鳥!みにいこ!」

美希「うわぁ、でっかい鳥なの!」

真「えっとハシビロコウっていうのかー、学名はクジラ頭の王様?…すごいセンスはいい、センスがいいのは認めるけどクジラ要素は一体どこに…」

春香「全然動かないし鳴き声も聞こえないね」

美希「クジラというよりマグロなの」ボソッ

真「こんな鳥初めて見たけど、なんかかっこいいなぁ」

美希「むぅ、動かないから退屈なの!次行くの!」

春香「あ、美希ちょっとまって!ほら、真、見惚れてないでいくよ!」

真「あ、いまいくよ!」

美希「あ、ゴリラがいるの!ゴリラゴリラ!」

春香「うわぁ、ゴリラだ」

真「ゴリラだ…」

ゴリラ「…」

春香「なんか睨まれてない?」コソコソ

美希「すこし怖いの…」

真「ゴリラねぇ、えっと、ニシゴリラだって。え?ゴリラってヒト科なんだー!」

春香「ひと昔前にイケメンゴリラで話題になったときは世の女性の価値観を疑ったけど、ヒト科ならイケメンと思われるのも仕方のないことなの…かな?」

美希「美希はヒガシゴリラよりニシゴリラ派なの!」

真「ゴリラにも派閥ってあるんだ…」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:55:34.88 ID:nAHM5vxg0
美希「ゴリラ見てたら美希お腹すいてきたの!」

真「あ、確かにいつのまにかお昼過ぎだね。じゃあお昼ご飯にしよっか!えっとどこのお店に入る?」

春香「あ、お昼ご飯なんだけど、私、みんなのお弁当作ってきちゃったんだけど、どうかな?」

美希「春香の手作りなの!?ぜひ食べたいの!」

真「ボクもボクも!春香の手作りが食べられるなんて夢みたいだよ!」

春香「普段はお菓子ばっかだからうまくできているかどうかわからないけど…」

真「じゃああそこの木陰にあるテーブルで食べようよ!」



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 08:56:30.33 ID:nAHM5vxg0
テーブル

春香「軽く食べられるようにサンドイッチ美希にはおにぎりとおかずにしてきたからどうぞ召し上がれ!」

美希「わーい!これなにおにぎり?食べてもいい?」

春香「どうぞどうぞ、それはおかかだよ」ニコニコ

真美希「「いただきまーす!」」

美希「うん!!おいしいの!さすが春香、美希のお嫁さんになってほしいの!」

真「うわ、ほんとにおいしいよ春香!毎日春香のご飯が食べられたら幸せだなぁ」

春香「もう、二人とも大げさだよぉ」ニマニマ

美希「こっちもたべるの!」

春香「あ、美希がっつきすぎだよ、ほら、ほっぺにご飯粒が」ヒョイパクッ

美希「あ、…ありがとなの」///

真「ぼ、ボクもたまごサンドたべよーっと…」ガッツキ

美希「あ、真クン、ほっぺに卵がついてるから取ってあげるの」ヒョイ

真(ッチ)「ありがと美希」

美希(そう簡単にいかせないの)「イエイエ、気にしないでいいの」

春香(仲いいなぁ)


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:03:51.09 ID:nAHM5vxg0

食後
美希「ふぅ、喰った喰ったなの!」

真「ほんとにおいしかったよ、春香ありがとう」

春香「いえいえ、二人が満足してくれて私もうれしいよ!」

春香「それにしても、もうすっかり夏だね。新緑と小鳥のさえずりが気持ちいいね。」


新緑の茂みの中
小鳥(グヘヘハルマコハルミキ!さいこー!!」

ママ、あの女の人何やってるの?ッシミチャイケマセン

小鳥(ッフ、今の私には周りの事などまるでコトリのさえずり同様全く気にならないわっ!!)


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:04:37.89 ID:nAHM5vxg0
テーブル
真「じゃあ満腹にもなったし早速次の動物見に行く?」

春香「うん、じゃあ早速いこっか」

美希「あ、その前にお手洗い行っていいかな?」

真「あ、ボクも…」

春香「じゃあ、私ここで待ってるから行ってきていいよ!」

真美希「じゃ、じゃあいってきます…」

お手洗い後
美希「えっと次は…あ、象がいるの!」

春香「うわぁおっきーい」

真「象ねぇ、このこはアジアゾウだね。体重は約4トン!?つまり2トントラック二つ分!?トラックのほうが明らかに大きいのに象の方が重いなんて…」

美希「きっと命の重さなの…命は大事にするの!」

春香「そうだね…死んだらみんな軽くなるもんね…」

真(物理的につっこんだら負けだ…)


春香「象、すごい迫力だったね!じゃあ次いこっか!」


春香たちが行った直後、ゾウの檻の前

小鳥「う、うぅぅう、ハナコ―!だめ、ゾウをみるとかなしさで泣けてくるわ!春香ちゃんたちはよく泣かずに像を見れたわね…」

しらないおばさん「うぅうハナコ―」グスグス

小鳥(ま、まさかジェネレーションgy…な、ないない私がちょっと物知りなだけね…)
※本当にジェネレーションギャップではありません


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:05:42.26 ID:nAHM5vxg0
美希「ついについに来たの!!ライオンなのー!!」

春香「うわぁ立派な鬣だね!百獣の王て呼ばれるだけあって歩き姿も堂々としていて、どことなく風格を感じるね!」

真「ライオンか。ライオンの説明はっと、へえ40匹程度の群れで行動するんだ…群れで狩りをするっていうのは本当らしいね!」

春香「あれ、あそこに一匹孤立している子が…」

美希「けものはいてものけものはいないんじゃなかったの!?」

真「まぁ、ライオンといっても所詮は大きい猫、かわいいもんだね」

美希「真クンは人食いライオンの話を知らないからそんなことが言えるの…」

春香「ペットもそうでない動物も生きているのだから人間はほかの種が本来の生き方を維持できるように配慮するべきだと思います!」

真「なんか、いきなり説明口調になったぞ」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:06:38.78 ID:nAHM5vxg0
春香「まぁいいじゃん!さ、さいごはおまちかねパンダだよ!」

美希「パンダ楽しみなの!」

春香「あ、ごめん。そのまえに私もお手洗い行きたくなっちゃった」

真「じゃあ、ボクたちは待ってるから春香行ってきていいよ、荷物はボクたちがみているから。ね、美希」

美希「いってらっしゃいなの!」

春香サイド
春香「」ジャー

春香「よし、じゃあ戻ろうかな。あ、靴紐が…ちょっとそこのベンチで結ばないと」(ん?隣のベンチの人何か話してる…)

隣のベンチ
???「やはりまどほむだわ」

???「いやまどさやだね!まどかはわたしの嫁になるのだ―」

???「美樹さや〇、あなたの愛はわたしのまど〇に対する愛の1%に満たないわ」ファサッ

???「ま、まどさやカップルの方が付き合いは圧倒的に長いんだけどね!!!」
ワイワイガヤガヤ


春香(んーまど〇?さんとさや〇さんのカップルのことをまどさやって訳してるんだ。ちょっと面白いかも)フフッ

春香(あれ、でもまどさや、まどほむ…なんか似たような…あ…ハルマコ…ハルミキってまさか…美希と真は私の事…)


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:07:35.76 ID:nAHM5vxg0
美希・真サイド
美希「はぁ、春香の鈍感さんぶりにはさすがの美希も疲れちゃうの…」

真「美希、そこはボクも同意するよ。はぁ、今日ももうすぐ終わりか…なんか
全然手応えなかったな…」

美希「美希もなの…もっと春香と一緒にいたいの!」

真美希「はぁ…」

春香「ごめんごめん、さ、早速いこー!」
合流
春香「あ、あのシロクロ模様は…」

美希「パンダなのー!!」

真「よし、春香いこ!」テ、ニギリ

春香「あ、う、うんいこ」

真「パンダとは?へぇ~もともとはレッサーさんがパンダだっだんだね…大熊猫(ジャイアントパンダ)が出てきたばかりに小熊猫(レッサーパンダ)に…」

春香「それにパンダは熊科、レッサーさんはレッサーパンダ科なんだ、もはや別の生き物だね…」

美希「うん、もうジャイアントパンダをジャイアントさんとはいわないよね…ジャイアントパンダ=パンダだもんね…レッサーさん強く生きるの!!」

真「そういえばパンダといえば白地に黒か黒地に白か結構定番の話題だよね、実際どうなんだろ?」

春香「肌色にシロクロの毛が生えているんだよ」

真「え?」

春香「ほら人間と同じように肌の外側から毛は生えるんだよ。まさか体全てが毛でその先にまた白と黒があるなんて思ってたの?白地も黒地もないんだよ。皮膚から生えてるんだから」

真「す、すいません」(春香の何かに触れてしまった!?)

春香「分かってくれればいいのよ…」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:08:53.16 ID:nAHM5vxg0
美希「あ、もう出口ついちゃったね…」

真(あれ、出口付近だけど朝あった赤い噴水がないな…ま、いっか)

美希「むぅ、遊び足りないの!」

真「ボクもだなー、そういえば小鳥さん二日やすみっていってたしこれからどこか行っちゃう?」

春香「あ、二人が良ければうちに泊まりに来る?今日、親帰ってこないし、なによりここから近いし。」

美希「ぜ、是非お泊りしたいの!」

真「ぼ、ボクも迷惑じゃないならお邪魔したいなー」

春香「全然迷惑なんかじゃないよ!むしろちょっと寂しかったから二人に来てほしかったんだ」テレ

真美希(こ、今夜は寝かさない(の)!!!)

美希「じゃあ早速行くのー!」

春香「ちょっと美希、駅はそっちじゃないよー!!」

真「あはは」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:09:55.06 ID:nAHM5vxg0
春香家

美希「わー春香のおうちなの!春香の家すごい大きいの!」

真「そうだね、こんなに大きいとは…」

春香「アハハ、あ、二人はソファで待ってて、今お茶入れてくるから」

真美希「はーい」

美希「すごい!真クンテレビがすごいよ!大きすぎるの!」

真「うわっ、ほんとだ!春香って意外とお金持ち…?」
・・・・・
春香「お茶入れたよー」

真「なにからなにまでありがと春香」

春香「いえいえ、お客さんですから」

美希「あれ、いつの間にか9時過ぎなの!」

春香「あ、もう9時か~。今からご飯作るのも大変だしピザでもとる?それとも何かほかに食べたいものとかある?」

真「ピザ賛成!」

美希「お昼におにぎりも食べたし、夜はなんでもいいの!」

春香「おっけー。じゃあ」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:20:58.46 ID:nAHM5vxg0
夕食後
春香「おいしかったねー」

真「たまにはピザもよかったね!」

美希「美希、お腹いっぱいになったらなんだか眠たくなってきたの」ウツラウツラ

春香「あ、美希お風呂入ってから横になりな、もうお風呂沸かしてあるから」

美希「わかったの、いってくるの」フラフラ

春香「うわー美希大丈夫かな…?」

真(は、春香と二人っきりだ…も、もういうしかない!ここで逃げたら女が泣くよ!)

真「は、春香!えっと、その」

春香「どしたの?」

真「その春香のことがす、好きです!えっとこの好きはその…恋人的な好きで、今日一緒に動物園とか廻ってて今度は二人で行きたいなとか、もう春香の事しか頭の中になかったんだ!えっと、だからよければ僕とお付き合いしてほしい!」

春香「…」

真「春香?」

春香「あ、えっと、あ、あれ?今のはその…告白ってことでいいの…かな?」

真「そ、そうだよ!ボクは春香の事が好き!」

春香「そ、えっと、真はかっこいいしかわいいし…だけど、ちょっと急すぎて、今すぐに答えは出せないかな…」

真「そっか、そうだよね。」

春香「えっと、だからこれからも友達でいてほしいな」

真「フフ、春香は優しいね。そういうとこが好きなんだよ!でも、諦めたわけじゃないからね!これからは今日以上にもっと春香にべたべたするから覚悟しておいてね!!」

春香「も、もう真!恥ずかしいよ」マッカッカ


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:22:08.57 ID:nAHM5vxg0
美希「お風呂あがったのー」

真「じゃあお風呂入ってくるね!春香」ウィンク

春香「」キュン

春香(もう、真ったら…)

美希(…)

美希「美希、春香に膝枕してほしいかも!」

春香「もう、しょうがないなぁ、ほらおいで!」

美希「わーい春香枕なのー!」

春香「ふふ、今日は二人ともお疲れさまだね」

美希「そうだね。うーん春香枕が気持ちよすぎて寝ちゃいそうなの…」

春香「あ、寝るならお布団敷いちゃうからちょっと待ってて」

美希「…」座り直し

美希「春香!美希ね春香に伝えたいことがあるの!その、美希、春香のことがすきなの!なんだかんだお姉さんみたいなとこもちょっとドジなとこも全部好きになっちゃたの!だから美希とお付き合いいてほしいの!!」

春香「そっか、やっぱ美希も」ボソッ

美希「ん?」

春香「あ、えっとね、美希。告白ありがとう。すっごいうれしい。けど、やっぱり急だったし、私も美希の事すきだけど、ちょっとまだそういう好きかどうかわかんない…だからえっとこれからも友達としていてほしいなって…」

美希「そっか…うん!やっぱり春香は優しいの!今のでもっと好きになったの!春香に好きになってもらえるように美希もがんばるねっ」ニカッ

春香(か、かわいい…)

真「お風呂あがったよー」

春香「あ、えっとじゃあお風呂入ってくるね!美希たちはくつろいでて!!」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:23:17.96 ID:nAHM5vxg0
寝室
春香「ふぅ、今日は疲れたね。」

美希「ほんとにいろいろあったの…」

真「これならすぐ寝れちゃうね」アハハ

春香「」クビマワシ

美希(…)ッハ

美希「春香、マッサージしてあげるの!」

春香「え、いいよ。美希も疲れてるでしょ!」

美希「むぅ、ならくすぐり攻撃なの!それー」コショコショ

春香「うわっ!美希ちょ、あはは、や、やめ、あは、あはは」

美希「ほれほれーここがええんじゃろー」ワキワキ

春香「ん、み、みきぃ」ブルブル


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:24:19.28 ID:nAHM5vxg0
真美希(か、かわいい)キュンキュン

真(ぼ、ボクも!)

真「春香!覚悟!」クスグリィー

春香「ちょ、真まで、ん、ちょ、そこは、んはは、っまちょっ、」ハァハァ

真美希「ほれほれ~」コショコショコショコショ

春香「ん、っんぅぅぅっっっ!!」ビビクン

春香「ほえ…」クタッ

真美希(や、やりすぎた…)

真「は、はるか大丈夫?」

春香「…」

美希「は、はるかぁぁぁぁ!」

真「ん?ちょっと待って美希!これ…」

春香「」スースー

美希「あ、寝てるだけなの…」

真「はぁ、よかったー」ムネヲナデオロス

美希「はぁ、まったく春香は寝顔も可愛すぎるの!」ホッペツン


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:25:03.83 ID:nAHM5vxg0
真「…」

美希「…」

真「…美希、春香に告白したね」

美希「それは真クンもなの。」

真「あ、ばれてたか」テヘヘ

美希「美希は諦めるつもりは全然ないの!むしろこれからなの!」

真「フフ、じゃあ美希はライバルだね。いっておくけどボクだって負けるつもりはさらさらないよ!」

美希「正々堂々と勝負なの!」ビシッ

真「望むところだ!」

美希「でも、今は一時停戦して春香の寝顔を堪能するの!」

真「あーボクが言おうと思ってたのに!」

真美希「ップ、あははは」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:25:55.57 ID:nAHM5vxg0
そのころ動物園
小鳥「そこで春香ちゃんが美希ちゃんを押し倒して…キャーッ」ッハ

小鳥(しまった妄想の世界に熱中しすぎた…)

小鳥「あ、あれ、真っ暗!?あれもう11時!?なんで私…あ、」

小鳥「茂みの中にいたから誰にも気づかれなかったのね」テヘペロ

小鳥「…」

小鳥「ダレカ、タスケテェー!」
デデン


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:26:40.48 ID:nAHM5vxg0
数日後事務所
真「春香!今日もかわいいね!ん、リボンが少し曲がってるよ」直し直し

春香「真近い近いよ!そのくらい自分でできるから!」///

真「いやいや、ボクが春香に世話や期待だけだから」

美希「はるかぁ!こっちきて膝枕してほしいの!」

春香「また!?もう美希も私の膝枕そろそろ卒業しないとだめだよ!」

美希「そんな!?これからは春香の膝に永久就職する予定なのに!?」

春香「何その予定!?」

春香真美希「イチャイチャ」

小鳥(ハルマコハルマコハルミキハルミキ、ここは天国ですか…)

雪歩(はぁ、真ちゃんが最近冷たい、というよりも多分真ちゃんは春香ちゃんの事が…はぁ、レッスン室いこ…)


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:28:20.11 ID:nAHM5vxg0
レッスン室
真美「ふいーちかれたちかれた!千早お姉ちゃんもお疲れ➝」

千早「真美、お疲れ様」

真美「あちゃー、飲み物がなくなっちったよ」

千早「あら、私のも」

律子「あら、二人ともお疲れ様」

真美「あっ、りっちゃん!りっちゃんりっちゃん~真美たちレッスン頑張ったのに、飲み物もないしおやつもないの!まったくこれはどういうことだい!?」

律子「私に聞かれても…はぁ、千早、これで真美といっしょにおやつと飲み物買ってきてくれるかしら?」諭吉サシダシ

千早「はい、わかりました。」

真美「やった➝諭吉だ諭吉だ!真美諭吉大好き!ちはやお姉ちゃんも好きっしょ➝?」

雪歩「おはようごz」ガチャ

千早「ええ、私も諭吉は大好きだわ」ヤレヤレ

雪歩(え、えぇぇぇ、千早ちゃんがユキチハ(諭吉は)大好きって…真ちゃんも春香ちゃんにとられちゃったし私千早ちゃんなら…)

千早「さ、真美いくわよ」

真美「はーい」

雪歩「」ボー

真美「千早お姉ちゃん、ゆきぴょんがボーッとしてるけど」コソコソ

千早「疲れてるのよ、休ませてあげましょ」コソコソガチャ

ドア閉め音ガチャ

雪歩「」ッハ

雪歩「千早ちゃん…」///



春香雪歩「「これからは新しいカップリングで頑張ろ!」」

おしり


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 09:30:09.89 ID:nAHM5vxg0
くぅーお疲れさまでした!金曜夜は夜更かしさせる力があるね…

依頼してきます。

それにしても春香の可愛さを最近になって再認識してきた、さすがメインヒロインやで…


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495840596/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ