Powered By 画RSS


ガヴ「家族ごっこ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 14:01:20.58 ID:bzdOYqbC0




ある日、姉さんがハニエルにせがまれ下界に来る事になったらしい…ハニエルの前では昔の私に戻らなくてはいけない…

ガヴ「はぁ、まじでだるい」

ヴィーネ「誰かさんが片付けないから急いで片付ける事になったんでしょう?普段からしてたら何にも」

ガヴ「はいはい、ヴィーネには感謝してるよ愛してる」

ヴィーネ「そんなっガヴ愛してるなんて//」

ガヴ(チョロ悪魔)

ヴィーネ「それにしても、買い込んだわねお金大丈夫なの?」

冷蔵庫の中や、床にあるお菓子を見てヴィーネは呟いていた

ガヴ「まぁ、ぶっちゃけきついけど…これを気に天界の文化が進めば安いものかと」

ヴィーネ「ふーん…ガヴ、掃除で汚れちゃったからお風呂借りるね?」

ガヴ「おー、ついでに泊まってけば?」

ヴィーネ「明日、お姉ちゃん達が来るんだから今日は帰るわ」

ガヴ「あっそ」シュン




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 14:17:18.56 ID:bzdOYqbC0


そして次の日、インターホンが一人きりの部屋に鳴り響く…重い足を動かしながら玄関の鍵を開けた外には二人の天使が居た

ゼル「久しぶりだなガヴリール、今日は何だすまんが厄介になるぞ…」

普段とは違って少し申し訳無さそうに話し掛けてくる。こんな姉さんも新鮮だ

ハニ「お姉ちゃーん久しぶり!!本日はお招き有り難うございます?」

ハニエルも元気良く挨拶をする、多分姉さんに習ったのか招いては居ないぞ

ガヴ「お姉ちゃん、ハニエル今日は来てくれて有り難う!!私も会えるの楽しみにしてたんだよ」

我ながら気持ち悪いと思う、昔の私は良く平気でやれたものだと感心する程だ。そのまま二人を部屋に招き入れる、姉さんは一度クローゼットの方へと視線をやるが再び此方へと向き直ると溜め息を吐いた、どうやらヴィーネにやらせた事がバレたみたいだ

ゼル「あの子にも今度礼をせんとな」

やっぱりバレてる

ガヴ「ハニエル、疲れたでしょ?はいジュース」

私は話題を誤魔化す為にハニエルにオレンジジュース、姉さんに炭酸のオレンジを進めた

ハニ「有り難うガヴお姉ちゃん」ゴクゴク

ゼル「頂くとしよう…」ゴク

ゼル「なっなんだ、此れは」ゴホゲホ

おや~?炭酸は初めてでしたか優等生の姉さんがそんなジャンキーな飲み物に手を出すまいと思っていた通りだな

ゼル「計ったな…」

ガヴ「妹を疑うのは良くないよ?」

ハニ「そうだよ、ゼルお姉ちゃん?」





3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 14:29:12.50 ID:bzdOYqbC0


ガヴ「所で、お姉ちゃん達は此れから何処へ行くの?」

ゼル「さぁ、取り敢えず下界に来るのが目的だったから特には決めていなかったな…」

ハニ「私はガヴお姉ちゃんと会えたから満足だよ?」

妹よ、可愛い事を言ってくれるじゃないか…ってこれ私が案内してあげる事になるバターンなのでは?

ゼル「そうだ、ガヴリール折角だから…」

ほら、きた…夜中のネトゲが駄目になった挙げ句休日を姉さん達に捧げる事になるとは……

ゼル「ここら辺をあんな…んっ?」

話の途中で姉さんが言葉を途切らせた、すると独り言の様に何かを呟いている

ゼル「すまん、ガヴリール、ハニエル…たった今私への依頼が来てしまった…ハニエルすまないが天界へ戻らなくてはいけないのだが」

ハニエル「えっ……だっ大丈夫、ガヴお姉ちゃんに会えたんだもんもう充分だよ」

あぁ、やっぱりこの子は気を使ってしまう…こんなに小さいのに仕方ないと理解してる…

ガヴ「じゃぁ、ハニエルは夜までお姉ちゃんと一緒に遊んでようか?」

ハニ「えっ!!本当!!」

ゼル「良いのかガヴリール?お前だって」

ガヴ「良いから、待たせたら悪いんじゃないの?神の右腕が遅刻じゃ格好つかないよ?」

ゼル「すまない…」

ガヴ「これお土産に溶ける物もあるから冷やしといてね」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 14:36:52.54 ID:bzdOYqbC0


姉さんを見送った後、二人きりとなった私とハニエル…さて啖呵を切ったまでは良かったが、案内する程…詳しい訳でもなくハニエルが楽しめそうなのが家にある訳でもない…

ガヴ「ハニエル、何して遊ぼっか?」

ハニ「んーと、こうえん?って言う所に行ってみたい!!」

ガヴ「公園か、分かった」

公園…遊具も沢山あるし同年代の子も居る、そんなに遠くも無いしベストな場所だ…タダで遊べるんだからな

公園

ハニ「ねぇねぇ、お姉ちゃんこれは?」

ガヴ「あぁ、これはシーソーと言ってこうやって交互に上がったり下がったりするんだ」

ハニ「わぁ楽しい!!」

上がったり下がったりしてるだけで何が楽しいかは良く分からんが、ハニエルが喜んでくれているから良かった

ハニ「あっ、今度はあれ乗りた!!」ピョン

ガヴ「んっ、どっぐわっ!?」

教訓、片方がいきなりおりると尻を強打する覚えておこう



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 17:08:14.83 ID:bzdOYqbC0


一通りの遊具で遊んでいると、段々と暑くなっていた体を動かしているのと日差しが強くなっているからだ…お腹の虫も鳴いてきたので一旦家に帰る事にしたのだが…

ガヴ(ハニエルにカップ麺なんかじゃなー)

私はポケットに手を突っ込み、中に収納していたスマホを取りだしある人物へと電話を掛けていた

ガヴ「あっ、ヴィーネ?うんガヴ、あのさハニエルが遊びに来ててさ悪いんだけど料理手伝ってくれないか?おーおーオッケーサンキュー愛してる」

そう言いながらスマホを切った、何やら悶絶する音が聞こえたが無視した。後、もう直ぐで家に辿り着く

ハニ「…お姉ちゃん、好きな人いるの?」

衝突すぎて分からなかった

ガヴ「何でそんな事を聞くんですか?」

ハニ「だって、今愛してるって言ってたから」

ガヴ「あぁ、今のは親友にお礼のつもりで言ったんですよ」





6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 17:25:16.26 ID:g+VPgDU6O


私は、ドアノブを回し扉を開いた…そして私は立ち止まってしまった

ヴィーネ「あっ、ガヴ、ハニエルちゃんお帰りなさい」

ガヴ「何で居るん?」

ヴィーネ「?」

ヴィーネ「ガヴが呼んでくれたんじゃない?」

ガヴ「いやいや、さっき電話したばっかりだよ?


ヴィーネ「ガヴがお料理苦手だから手伝おうと思ってたからよ」

眼を反らしながら目の前の悪魔はそう告げた

ガヴ「いや、外食しに行ってたらどうしたんだよ」

ヴィーネ「えっ、公園に行くって言ってたしガヴお金無いだろうから家でご飯食べると思ったのよ」

ガヴ「なんで公園行ってた事を知ってる」

ヴィーネ「………」

ガヴ「おい、こっち向け」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 20:16:29.40 ID:jrWlE9Rd0


ガヴ「はぁ、まっ良いか…んふっハニエル、此方が先程の電話の」

ハニ「ガヴお姉ちゃんの彼女だね!!」

ガヴ「なっ!?ちがっ」

ヴィーネ「そうよ、宜しくねハニエルちゃん」ナデナデ

ハニ「えへへー、宜しくねえっえーと」

ヴィーネ「ヴぃネットよ、ヴィーネで良いわ」

ハニ「分かった、ヴィーネ義姉ちゃん!!」

ガヴ「おいっ」






10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:57:39.94 ID:jrWlE9Rd0


ヴィーネ「ハニエルちゃんは、何して遊びたい?」

ハニ「んーとね、おままごとしたいな!」

ガヴ「えっ、おままごとですか?」

ヴィーネ「じゃぁ、ハニエルちゃんが娘で私がお母さんで」

ガヴ「私がお父さんですか?」

ヴィーネ「……グータラなお父さんね?」

ハニ「ガヴお姉ちゃんは、グータラさんじゃないよ?」

ガヴ「まぁ、でもヴィーネがそう言うんだから仕方ないさ私の演技力でグータラなお父さんを演じきって見せるぜ」

ハニ「すごーい、本当のグータラさんだぁ!!」

ヴィーネ「ふふっ、ハニエルちゃん宿題は終わったの?終わったらご飯にするからね?」

ハニ「ふふん、もう終わらせてあります!!ご飯お手伝いします。」

ヴィーネ「どっかのグータラなお父さんに似なくて良かったわ」ナデナデ

ハニ「えへへぇ」

ヴィーネ「お父さんも何かしたらどーですかぁ?」

ガヴ「グータラなお父さんは、ゴロゴロしなかまらネトゲに忙しいのでパス。出来たら呼んでくれ」

ハニエルの前では優等生を演じらなくてはいけない、ヴィーネはそんな私に気付いてこんな役をくれた……やはりヴィーネは気が利く






12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:48:41.31 ID:l32ONIMv0


ヴィーネ「ハニエルちゃん、お皿運んでね」

ハニ「はーい!!」

ガヴ「……」チラチラ

ハニ「んっどうしたの?お父さん?」

ガヴ「いや、お約束のパターンは無いかと心配してな」

ハニ「?」


ヴィーネ「ガヴご飯出来たわよー」

ガヴ「おぅ、おぉ今日も美味しそうな料理だな」

ハニ「今日も?何時も作って貰ってるの?」

ガヴ「げっ、いやほらお父さん役だからさそれっぽい事言ったんだよ」

ハニ「…ふーん」

やばい、勘づき始めているのかハニエル

ハニ「まっいいか頂きまーす!!」

美味しそうにヴィーネの手料理を口に運んでいく、その姿を見て遅れながら私も料理を口にする。うん、何時も通り美味しい料理だ。

ヴィーネ「じゃぁ、お父さんあーん」

ガヴ「うぇ!?」

ハニ「何してるの?」

ヴィーネ「夫婦はこうやって食べさせ合いながら食べるのよ?」

ハニ「そうなの?」

ガヴ「違う、違うからな」




13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:53:50.85 ID:l32ONIMv0


ヴィーネ「ハニエルちゃん位の時だと娘の前では恥ずかしいって思ってしてないのかもしれないけど、私達は平気よーねぇガヴ?」

ガヴ「あー、分かったよほらあーん」

ヴィーネ「はいっ、美味しい?」

ガヴ「ヴィーネが作ってくれたんだから美味いに決まってるだろ//」

ヴィーネ(あぁ、照れてる可愛いんだから)

ハニ「」モグモグ

ガヴ「じゃっじゃぁヴィーネもあーん//」

私が味わった辱しめを受けるが良い!!そう思うがヴィーネには通用しない、嬉しそうに食べると幸せそうに此方を見ながら笑っていた……くそっ反則だろ

ハニ「お父さん達ラヴラヴだねー」

ガヴ「何処で覚えたんだ?」

ハニ「お姉ちゃんが言ってた様な」

ガヴ「ほぅ」

後で聞いてみよう




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:58:52.48 ID:l32ONIMv0


ガヴ「ほら、ハニエルもあーん」

ハニ「えっ、あっあーん」

ガヴ「」パクッ

ハニ「ー!ひどーいガヴお姉ちゃん!!」

ガヴ「ごめんごめん、それに今はお父さんだろ?」

ハニエルを宥めながらハンバーグを一口あげた、ハニエルのご機嫌は直ぐに戻ってくれた。我が妹ながらチョロい

ガヴハニ「ご馳走さまー(でしたー)」

ヴィーネ「じゃぁ、片付けしてるからガヴはハニエルちゃんと遊んでてね?」

ガヴ「おー、ハニエル面白い物を見せてやろう」

ハニ「何々?」

ガヴ「下界の可愛い動物の特集」

ヴィーネ「待って私も見たい」






15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 19:08:50.14 ID:l32ONIMv0


ヴィーネの片付けが終わり、皆テレビの前に集まっていく。そして下界の可愛い動物に二人は釘付け狙い通り、これで少しゆっくり出来るあっ、いぬも居るのか姉さんが居なくて良かった。

ハニ「これは何という動物?」

ヴィーネ「ねぇ、ガヴこれは?」

ハニヴィーネ「ねぇねぇ」

訂正ゆっくり出来なかった、番組が終わると少し日が落ちていた。そのままお風呂へ入る事になった。

ガヴ「じゃぁ、ヴィーネハニエルと一緒に先 ハニ「お父さんも一緒に入ろ?」

ガヴ「……分かった」

ヴィーネ「ガヴ体洗ってあげるね?」

ガヴ「一人で洗えるよ」

いくらグータラとは言え、そこまで甘えられる訳が無い

ハニ「じゃぁ私が洗ってあげるね?」

ガヴ「おぉ、頼むぞ」

ヴィーネ「じゃぁ私はハニエルちゃんを洗ってあげる」

ガヴ「こうしてると普通の家族みたいだな」

ヴィーネ「私をお嫁さんに貰えば家族じゃない」

ヴィーネの言葉はスルーしながら洗いっこしてる二人を見ている。少しのぼせたのか頬が赤くなっているのが分かった。

ガヴ「流石に全員だと湯船が狭いな」

ヴィーネ「銭湯にしたらよかったね」

ハニ「誰かと戦うの?」

ヴィーネ「ううん、大きいお風呂屋さんの事よ」

ハニ「へぇー!!行ってみたい今度来たときに連れてって」キラキラ

ガヴ「次来たらなー」ナデナデ





16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 22:47:47.48 ID:2QGNUIa/0


ガヴ「さてと、ハニエルアイス食べるか?」

ハニ「うん、食べる!!」

ヴィーネ「私にも頂戴?」

ハニ「冷たくて美味しー!!」

ガヴ「良かったな」

ハニエルにこれだけ下界の物を食べさせれば、流石の姉さんも動いて天界の文明も少しは進むだろう

ハニ「…」ウトウト

ガヴ「眠いのか?」

ヴィーネ「今日は一杯遊んだからね、歯磨いてお姉さんが来るまで寝てましょうか」

ハニ「あーい」

ハニ「」シャカシャカ

ヴィーネ「」シャカシャカ

ヴィーネ「ちゃんと磨けた?」

ハニ「うん…」ウト

ヴィーネ「はいはい、ゆっくりおやすみ」




17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 22:52:42.41 ID:2QGNUIa/0


ハニ「」キュッ

ヴィーネ「んっ?どうしたの?」

ハニ「お父さんとお母さんとねたい」ジッ

ガヴ「あー、疲れたし私も寝るか」

ヴィーネ「そうね、私も一緒に寝ちゃいましょう」

ハニ「」パァ

ガヴ「やはり3人は狭すぎるな」

ヴィーネ「そう?何か密着感があって良いじゃない」

ハニ「」スースー

ガヴ「もう、寝たのか若いって凄いな」

ヴィーネ「あんたいくつよ」




18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 23:36:30.77 ID:2QGNUIa/0


ヴィーネ「ハニエルちゃん寝顔も可愛い、ガヴも昔はこんな感じだったのかしら?」

ガヴ「さあな、過去は忘れちまったよ」

ヴィーネ「はぁ、またそんな事言って……」

ガヴ「…zzZ」

ヴィーネ「ガヴまで、寝ちゃってもう…」

ヴィーネ「やっぱり、ガヴも天使なんだね」

私は眠っていたから分からない、ヴィーネが何をしようとしたか…正確には失敗したか

ゼル「今戻ったぞ、ハニエ…すまん取り込み中だったか…」

ヴィーネ「いや、違うんです!!」

私はヴィーネの叫び声で眼を覚ます。まだ覚醒してない意識では何が起きているかは分からなかった

ゼル「まぁ、そのなんだそう言うのも良いが本人の許可無くするのは…」

ヴィーネ「違うんですぅー!!」


ゼル「世話になったなガヴリール、今度来る時はまた更正させに来る時だ覚悟しておけ」

ガヴ「分かってるよお姉ちゃん」

ゼル「全く調子の良い奴め」





19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 23:49:00.82 ID:2QGNUIa/0


ヴィーネ「ハニエルちゃん行っちゃったわね」

ガヴ「おぉ」

ヴィーネ「寂しいんでしょー」

ガヴ「別に」

ヴィーネ「素直じゃないんだから全く」

ガヴ「もう夜遅いし、今日こそ泊まってけよ」

ヴィーネ「どうしようかなー」

ガヴ「……」

返事を聞かずに、ベットに横になりパソコンを弄る私。その上に乗っかてきたヴィーネ

ヴィーネ「ガヴが寂しいなら、泊まっていくけど?」

ガヴ「どっちでも」

そしてヴィーネは私のお腹の下に腕を潜らせ私を抱き締める…

ヴィーネ「素直になりなさーい」

あぁ、お風呂で赤くなった理由もわざと聞かなかった理由分かった…私は無意識に照れていたんだな

ガヴ「ヴィーネは私と一緒に居るんだから泊まるのは当然」

ヴィーネ「んっどうしたのいきなり?」

ガヴ「なってくれるんだろ?」

ガヴ「私達と家族に」




20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 23:51:32.21 ID:2QGNUIa/0



ゼル「今日は楽しかったか?」

ハニ「うん、とっても楽しかったよ!!」

ハニ「また、ヴィーネお姉ちゃんに会いたいなぁ」

ゼル「今度の帰省の時にでも会えるんじゃないか?」

ハニ「んー?どうして?」

ゼル「何となく……だな」

~end


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496206880/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ