Powered By 画RSS


なる「放課後」マチ「ヒミツの」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 22:50:29.45 ID:RsfV8MJM0



ハナ「マチさんが最近ヘン?」

タミ「そうなの、最近私に全然構ってくれなくて参考書ばっかり見てて…」

ハナ「うーん…マチさんが勉強熱心なのはいつものことだと思いますケド」

ヤヤ「でも確かに、最近タミさんとマチさんが一緒にいるところあんまり見ないですよね」

タミ「そうなの!」

ハナ「まぁタミさんの隣にはマチさん、マチさんの隣にはタミさんって感じデスし、なんだか不思議デスねー」

タミ「それだけじゃなくてね、昨日なんてお菓子を何個か抱えて生徒会室に入ってきたりして…いつも私が持ってくると怒るのに~~!」

ヤヤ(タミさんに怒るのは単純に量が多いからじゃ…)

ハナ「うーむむ…謎が深まってきました」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 22:51:51.85 ID:RsfV8MJM0


ヤヤ「あのー、そのお菓子ってマチさんが自分で買ってきたものなんですか?」

タミ「ふぇ?たぶん違うと思うけど…マチちゃんあまりそういうの買ったり持ってきたりはしないし」

ハナ「ヤヤさん!もしかして何かわかったんデスか!?」

タミ「ほんとに!?」

ヤヤ「あーいや、そんな、あってるかどうかわからないから!そんなキラキラした目で見ないで!」

ヤヤ「この間、よさこい部の休憩の時にマチさんと2人自販機にで飲み物買いに行った時があったんですけど、その時に…」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 22:54:01.57 ID:RsfV8MJM0



女生徒『あ、あの!!』

マチ『?』

ヤヤ(下級生…私のファンの子かな)

ヤヤ『どうしたの?』

女生徒『えっと……その…』

女生徒『おっ、お仕事がんばってください!!』ポスッ

マチ『えっ!?』

ヤヤ『!?』

女生徒『そ、それじゃ!』



ヤヤ「って、お菓子を渡されてたことがあって」

ハナ「完全にそれじゃないデスか!」

タミ「私の知らない時にそんなことが…」

ヤヤ「でもマチさんって下級生から怖がられてるって気にしてなかったっけ?だからすごく驚いたんですよねー」

ハナ「たしかに怖がってる人もいますけど…」ワタシモソウデシタシ

ハナ「でもでも!マチさん堂々としててカッコイイデスし、スタイル良くて美人さんデスから隠れファンが多いーって聞いたことありマスよ?」

ヤヤ「へぇーそうなんだ、ちょっと意外かも」

ハナ「この間1年生の子が職員室に荷物を運ぶのを生徒会長が手伝ってくれたって密かに話題になってました!」

ヤヤ「なんでそんなこと知ってるのよ…」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 22:57:03.45 ID:RsfV8MJM0


タミ「うーん…お菓子のことはわかったけど、じゃあなんで最近つれないのかなぁ…ねぇ、なるちゃんは何か知らない?」

なる「ふえぇっ!?」ビクゥッ

ヤヤ「入ってこなかったけど話はちゃんと聞いてたでしょ?」

ハナ「何か知ってませんか?なる」

なる「えっと…えぇっとその…そうだ!今日私ちょっと用事があって…ごめんね!先に行くね!!」パタパタパター

バタン!

タ ハ ヤ「………」

タミ「あやしい…」

ヤヤ「明らかにあやしいわね…」

ハナ「あー!!!」

ヤヤ「うわっ!何よ!ビックリしたじゃない!!」

ハナ「もう一つマチさんのお話を思い出したんデス!」

タミ「なになに?教えてハナちゃん」

ハナ「放課後、生徒会長さんともう1人誰かが連れ添って空き教室に入るのを見た!って密かにウワサに…」コソッ

タミ「えぇ!?」

ヤヤ(そ、それって結構過激なやつなんじゃ…)

ハナ(たぶん素行の悪い生徒の粛清を…さすがデス!マチさん!)

タミ「放課後かぁ……最近一緒に帰れてないのもそれが関わってるのかなぁ」

ハナ「あれ?タミさんもなんですか?」

タミ「ハナちゃん達も?」

ヤヤ「私達も最近なると一緒に帰れてなくて、さっきみたいに用事があるからーって…」

ヤヤ「!」

ヤヤ「あのータミさん、マチさんって今日も生徒会のお仕事ですか?」

タミ「今日は生徒会のお仕事はお休みだよ?でも今日も先に帰っててって…… !」

ハナ「それってまさか…」

タミ ヤヤ((なる(ちゃん)がマチ(ちゃん)さんと…!?))

ハナ(なるに粛清を!!?)

ハナ「だめデス!絶対にだめデス!!早く止めなくては!」

ヤヤ「そそそそそうね!そうよね!!」

タミ「とにかく今からでも追いかけて様子を見に行こう!」

ヤヤ ハナ「「はい!!」」




5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 22:59:16.55 ID:RsfV8MJM0



ハナ(空き教室…空き教室…)タタタッ

ハナ(お二人がいました!隠れましょう!)ヒソヒソ

ヤヤ(ここってマチさんのクラスじゃない!こんなところで…)

タミ(は……速いよふたりともぉ……)


マチ『ーーーー?ーー…』

なる『ーー!ーーー…』


ハナ(よく聞こえないですが…なにか話してます)

タミ(あっ、席に座ったよ なにかはじまるんじゃ…?)

ヤヤ(ちょっ…!ちょっとアレ!アレってぇ!!)ガタタッ

ハナ(ヤ、ヤヤさん!そんなに動いたらっ!)ガタッ


マチ『……誰かいるの?』


タ ヤ ハ (!!!!!)

ハナ(逃げましょう!はやく!はやく!!)

タミ(ヤヤちゃん!いこう!)タッタッタッ

タ ヤ ハ 「はぁ~~……」

ハナ「あ…危なかったデス…」

ハナ「さっきはいきなり動いてどうしたんデスか?」

ヤヤ「なるの…なるのペンが…」

ハナ「なるのペンが?」


ヤヤ「マチさんとお揃いだったの!!」

ハナ「はぇ?」

タミ「それがどうかしたの?」

ヤヤ「あんた達知らないの!?好きな人と同じものを3つ以上持つってやつ!」

ヤヤ「かんっぜんに"両思いになる恋のおまじない"じゃない!」

タミ「そ、そうなの!?」

ハナ「まさかなるがマチさんに恋を…」

ヤヤ「いやいやいやいや!ない!ぜっっったいにないから!」

ハナ「えーでも言いだしたのヤヤさんじゃないデスかー」

ヤヤ「ぐぬぬ…」

タミ「とにかくまた今度2人が一緒に帰れないって言ってた時に様子を見てみよう?今日はもうマチちゃんも警戒しちゃってて無理だと思うから」

ハナ「そうですね!真相をつきとめましょう!」

ヤヤ(なる……)



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:03:13.29 ID:RsfV8MJM0



後日

ヤヤ「ついにこの日がきたわね」

ハナ「なんだか浮気調査をする探偵の気分デス…!」

タミ「マチちゃん達、前みたいに教室にいるのかなぁ」

パタパタパタ

ヤヤ「! 噂をすれば…!なるを追うわよ!」

ハナ「がってんデス!」



なる「……」キョロキョロ

なる「……」コンコン カラカラ…


ハナ「入っていきましたね…」

タミ「今日は生徒会室…」

ヤヤ(生徒会室……生徒会室って!?完全にマチさんのテリトリー内じゃない!!なに!?ちょっと見ない間にそんなに進展してたの!!?)

ハナ「おふたりとも!今回は盗み見できないデス!ばっちり鍵かかっちゃってマス!」ヒソヒソ

ヤヤ(しかも鍵までかかって個室なの!!?)

タミ「慎重にドアにくっついて何話してるのか聞いてみよう?少しくらいなら聞こえるかも…」ヒソヒソ

ハナ「さ、ヤヤさん!」ヒソヒソ

ヤヤ「なんで私が!?」ヒソッ

ハナ「だって一番ドアに近いじゃないデスか」ヒソッ

ヤヤ「わ、わかったわよ…気になるし……それじゃあ」コソッ



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:05:06.45 ID:RsfV8MJM0



マチ『!』

なる『ーー…』


ヤヤ(今入ったばかりで…あ、マチさんが気づいて立った)


マチ『……――見つからずに来れた?』

なる『はいっ、大丈夫…だと思います…』


ヤヤ(思いっきりつけられてるわよ)


マチ『そう?よかった。見られたら嫌だって言ってたものね』

マチ『――それじゃ、早速はじめましょうか』スッ


ヤヤ(な、え、何を!?なんか距離近くない!?)


なる『あ、あの、マチさん…』

マチ『なに?』

なる『や、優しく…おねがいします…』


ヤヤ「ストップ!!!すとーーっぷ!!!!」ガチャッ バーン

な マ「!!」ビクッ

なる「ヤヤちゃん!?なんで!?」

マチ「どうやって鍵を…」

タミ「マチちゃん!!」プクーッ

マチ「あぁ…そういうことね」

ハナ「オゥ…なんだかいきなり修羅場っぽいデスね」

ヤヤ「なんか2人近いし!ほら離れて!!なる!何もされてない!?」

なる「えぇ?うん、大丈夫…だけど」

マチ「別に何もしてないわよ、取って食おうって訳じゃないし」

ヤヤ「食べっ……!?」

ハナ「とにかく!落ち着いてなる達の事情聞いてから話しましょう!ネっ!」




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:08:29.45 ID:RsfV8MJM0



ハナ「………で」

ヤヤ「2人が最近一緒だったのは」

マチ「私がなるちゃんのテスト勉強に付き合ってたから」

タミ「誰にも見られないようにしてたのは?」

なる「それは…その…前のテストがすごく悪かったから恥ずかしくて…」

ハナ「だから生徒会室を使ってたんデスね」

ヤヤ「さっきなんか距離が近かったのは!?」

マチ「あぁ、なるちゃんの頭に葉っぱがついてたのを取ろうとしてたのよ」

なる「うえぇ!?」

なる「見つからないように遠回りしてきたからついちゃったのかも」ハズカシイ…

ヤヤ「じゃあ…ペンがマチさんとおそろいだったのは…?」

なる「おそろい?」

ハナ「マチさん達のクラスでお勉強してた時の話デス!」

マチ「やっぱりあの時見てたのあなた達だったのね」

タミ「ごめんねマチちゃん、気になっちゃって」

なる「あれはたしか私が教室に筆箱を忘れて…」

マチ「取りに戻るのも時間がもったいないし、私の予備のペンケースから出して使ってたのよ」

ヤヤ「…じゃあ両思いのおまじないは……?」

なる「へっ!?ちがうちがう!!そんなのじゃないってばぁ///」

ヤヤ(よかった…)ホッ



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:11:09.56 ID:RsfV8MJM0



マチ「で、結局のところ」

マチ「ヤヤちゃんとタミ2人の勘違いだったってことでいいのね?ヤヤちゃんに関しては随分ふしぎな事を考えてたみたいだけど……言及はしないでおくわ」

ハナ「あれ?ワタシは入ってないんですか?」

マチ「ハナちゃんはこんな事で騒ぐような子じゃないもの、楽しんではいそうだけど」

ハナ「確かになるをひっそり尾行するのは探偵っぽくて楽しかったデス!」

なる「ほんとうに驚いたんだからね!」

ハナ「アハハ…スミマセン」

マチ「ま、なんだか大事になっちゃったけど解決したみたいでよかったわ」

タミ「マチちゃん、今日は一緒に帰れる?」

マチ「んー…なるちゃんのテスト対策もひと通り終わったし、なるちゃんが大丈夫そうなら」

なる「はい!満点をとれる自信は…さすがにないですけど、もうばっちりです!マチさん!ありがとうございました!」

ヤヤ「じゃあ今日はもう帰ろ?最近ずっと一緒に帰れてなかったし…」

ハナ「そうデス!やっぱり一緒に帰るのが一番デスよ!」

ヤヤ「えっ あんたもいるの?」

ハナ「ヤヤさんひどいデス~!!!!」




11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:14:18.88 ID:RsfV8MJM0



なる宅

prr……

なる「もしもし…ヤヤちゃん?どうしたの?」

ヤヤ「あっえっと…今日はごめんね?なんか騒がしくしちゃって」

なる「ううん全然!大丈夫だよ 私もちゃんと相談しなかったのがいけないんだし」

ヤヤ「それにしても私にも話せないくらいって……必死に隠してたからなんとなく予想はついてたけど、前のテストそんなに酷かったの?」

なる「うぅぅぅ~~~思い出させないでよぅ、ヤヤちゃんのいじわる…」

ヤヤ「あー…ごめんごめん」

ヤヤ「でもさ、なる。今度は私にも頼ってよね!別に成績見たって笑ったりけなしたり絶対しないから!」

なる「うん…ありがとうヤヤちゃん。でも次のテストは大丈夫!マチさんの教え方がすっごく上手でね?あんなにダメダメだったのに今じゃぱぱーって出来るようになったの!」

なる「だからね、ヤヤちゃん!」

ヤヤ「なに?」

なる「今度のテストはヤヤちゃんに追いついて…追い越すくらいに!頑張るから!覚悟しててね!」

ヤヤ「言うようになったじゃない、私だって負けないんだからね!」




12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:17:10.30 ID:RsfV8MJM0




タミ宅


マチ「……で」

マチ「なんで急に泊まることになったわけ……?」

タミ「え~~だって~~、マチちゃんと最近全然おしゃべりできてないし、お泊まりだってしてなかったし…」

タミ「もしかしてイヤだった…?」ウルッ

マチ「いやっ、じゃ、ないけど……別に…」

タミ「ほんとう!?よかったぁ」

タミ「それじゃあ…」


ギシッ


マチ「ちょっ…!?タミ……?」

タミ「…今日は2人っきりでゆっくりしようね」

マチ「はぁ…… お手柔らかにお願いしますよ、お嬢様?」




















13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 23:18:04.36 ID:RsfV8MJM0

なんとなく思いついたので殴り書き
2期来ませんかねぇ…



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497966629/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ハナヤマタ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ