Powered By 画RSS


サターニャ「魔界通販の特殊な接着剤で天使をびっくりさせてやるわ!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:49:06.715 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール宅

サターニャ(ふふふ……私がこの接着剤を手に塗って相手に塗りたくり離れなくなる……そんなヘマはしないわ)

サターニャ(今日の私は一味違う。事前にデビルズタクティスを練ってあるのよ……)

サターニャ(そう、ハンドクリームの容器の中に接着剤を移しておいたのよ!そしてラファエルが持ってたハンドクリームとすり替えた!)

サターニャ(ふふ……同じ柄の容器に接着剤を移したから……決まった)




2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:49:58.719 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「ガヴちゃん手かさかさですねー」

サターニャ(きたっ!)

ガヴリール「どうでもいいよ」

ラフィエル「肌に悪いですよ。ハンドクリーム塗ってあげますね」

ガヴリール「別にいいって」


3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:50:18.288 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「女の子なんですから指先にまで気を遣うべきですよ」ヌリヌリ

ガヴリール「いいって」

サターニャ(この接着剤ははがし液が存在しない。効果は1日だけど何があっても離せない……!)

サターニャ(……決まった)


4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:50:40.052 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「あ、あれ?」

ガヴリール「どうした?」

ラフィエル「手が離れなく……」

ガヴリール「あ、れ?このっ……ふぬぬぬっ……!」

ガヴリール「やべ、左手までくっついた……」


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:51:33.190 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「ど、どうするんですか。両手使えないですよ!?」

ガヴリール「それは私も同じだって……!」

ラフィエル「ただのハンドクリームでこうなるはずがありません」チラ

ガヴリール「……まさか」

サターニャ「ふふふ!ハンドクリームの中身はデビル社特製の特殊(ハンドクリームと間違えたりとかその辺含めてご都合主義な)接着剤なのよ!!」

サターニャ「まんまと引っかかったわね!将棋では負けたけどこれで私の大勝利ね!」


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:52:26.850 ID:/WcQNsRY0.net
1分後

サターニャ「ごっごめんなさいごめんなさい許してください首四やめてくだしゃい」プルプル

ラフィエル「なら早く元に戻してください」ググググ

サターニャ「ええと……効果は1日で切れるの」

ガヴリール「今元に戻せって言ってるのわかんないのか?聖なる光フルパワー喰らうか?」

サターニャ「それ以外に方法ないの!何があっても1日くっついたままなの!!」


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:53:40.626 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「……」

ガヴリール「……取説みせろ」

サターニャ「……はい」

ガヴリール「私たち二人共両手が使えないのわかってる?お前がページめくれ」

サターニャ「あ、はい……」

ラフィエル「どうやら本当に1日待つしかなさそうですね……」


9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:54:13.118 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「……」

ラフィエル「……」

サターニャ「え、ええと……結構やばい感じ……だったりする?」

ラフィエル「当たり前でしょう。明日は日曜日なので学校の心配はありませんが……」

ラフィエル「行動を大きく制限されているんですよ?手を使えない上にガヴちゃんから離れられないわけなんですから」

ガヴリール「不便にも程がある。これじゃゲームもできない。どうしてくれる」


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:55:08.433 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「え、う、ぁ……」

ラフィエル「責任を取ってサターニャさんには一日私達のお世話をしてもらいます。ガヴちゃんもそれでいいですか?」

ガヴリール「ああ。こんな状態じゃ歩くことぐらいしかできないからな」

ラフィエル「いいですか?サターニャさん」

サターニャ「は、はい」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:55:51.230 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「サターニャ。喉が渇いた。ジュースを買ってこい」

サターニャ「は、はいっ」

ガヴリール「コーラな。あとポテチ系のお菓子も適当に見繕え」

ラフィエル「私はカフェオレとチョコ系のお菓子をお願いします」

ラフィエル「ついでに今日はガヴちゃんの家に泊まるので歯ブラシなどもお願いします」

サターニャ「あ、はい……わかりました……」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:56:43.131 ID:/WcQNsRY0.net
数分後

サターニャ「買ってたわよ……」

ガヴリール「よしよし、のり塩か……いいぞ、よくやった」

ラフィエル「ポッキーですか……できれば板チョコ的なものがよかったのですが……まあいいでしょう」

サターニャ「ほっ……」

ガヴリール「……おいサターニャ。ジュースを飲むんだからさぁ」

サターニャ「あ、コップ?」

ガヴリール「違う!ストローだろ!!手使えないんだから分かれよ!!」


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:57:40.380 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「あ、はい……ほら」

ガヴリール「……テーブルに置いたまま飲めっていうのか」

サターニャ「え、だめなの?」

ガヴリール「飲みやすいように持ってくれよ」

サターニャ「……しょうがないわね」

ラフィエル「私のもお願いします」

サターニャ「はいはい……」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:58:48.937 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「……なんか私奴隷みたいなんだけど」

ガヴリール「こちとら手使えないんだぞ」

ラフィエル「こんな状態にしたんです。責任は取ってもらいますよ」

サターニャ「わかったわよー……もう……」

ガヴリール「次お菓子」

サターニャ「はいはい……」


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:59:48.593 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「はい」スッ

ガヴリール「うむ」

ラフィエル「私にもください」

サターニャ「はいはい……」スッ

ラフィエル「ありがとうございます」

ガヴリール「サターニャ、肩凝った。揉みほぐしてくれ」

サターニャ「は、はい」


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:01:03.736 ID:/WcQNsRY0.net
一方その頃

ヴィーネ宅

タプリス「よ、よろしくお願いします……月乃瀬先生!」

ヴィーネ「せ、先生だなんて……」テレテレ

タプリス「今日は先輩は先生ですから!」

ヴィーネ「ふふ……なら期待に応えないとねっ!」

ヴィーネ「さ、美味しいクッキーを作りましょう!」

タプリス「はいっ!」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:03:06.230 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール宅

ラフィエル「あ、もう少し下のほうっ……」

サターニャ「ここ?」モミモミ

ラフィエル「あぁ^~そこっそこです~っ」

サターニャ「……なんで私がマッサージなんか」モミモミ

ガヴリール「お前がこんな身体にしたから」

サターニャ「いや、でも足は関係ないでしょ」モミモミ

ラフィエル「あっあっあっ~……♪」


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:04:16.657 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「はいおしまい」

ラフィエル「はぁ~……サターニャさんなかなかやりますねえ」

サターニャ「別に普通でしょ……」

ガヴリール「腹が減った」

サターニャ「ほんっとわがままね!!」

ガヴリール「飯だ。飯を用意しろ」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:05:20.363 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「しょうがないわね……でも3人分の食材なんて」

ガヴリール「……」

サターニャ「あ、はい……買ってきます……」

ガヴリール「はよ。あと今日はカレーの気分」

サターニャ「はい」

ガヴリール「お前が作ったらあれだからレトルトな」

サターニャ「はい」


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:06:29.714 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「ったく……流石にこき使いすぎでしょ……もう……」

ラフィエル「はやくいってくださーい」

サターニャ「はいはい」

ガヴリール「……」

ラフィエル「……」

ガヴリール「また二人きりだな」

ラフィエル「ですね」


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:07:48.995 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「……」

ラフィエル「……」

ガヴリール(ずっと触れたままだからな……)

ラフィエル(ちょっと、どきどきします……)

ガヴリール「……あ、あー。サターニャ帰ってくるまで暇だな」

ラフィエル「で、ですね」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:09:51.363 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール(ラフィエルにここまで密着したことなんて……これが初めてじゃないか?)

ラフィエル(こういうときどういう話をすればいいのか……)

ガヴリール「あ、あーお菓子でも食べるか。晩御飯前だけど」

ラフィエル「サターニャさんいないですよ?」

ガヴリール「こうやって……さ」パクッ

ラフィエル「そんな口で……お行儀悪いですよ」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:11:21.706 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「いいじゃんいいじゃん。ラフィエルもやってみなよ」

ラフィエル(たまには……そういうのもいいかもしれません)

ラフィエル「ガヴちゃんがするなら……私も……」

ラフィエル(ん……なかなか難しいですね。これすごくはしたないのでは……)

ガヴリール「舌も使ってさ。ポッキーだとちょっと難しいかもね」

ラフィエル(天使がこんな……でも、ちょっとゾクゾクします)


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:12:50.200 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「んっ……」モグモグ

ラフィエル(やっと取れました。しかし手を使わずに食べるだけでこんなにゾクゾクするとは)

ガヴリール「なれちゃうと楽でしょ?」

ラフィエル「まあ……」

ガヴリール「私もそういう包装のお菓子だとよくやるんだよ。手が汚れないから」

ガヴリール「まあ流石に口で取りやすいようにはするけどさ」


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:14:26.629 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「そうなんですか……確かにキーボードなど汚れちゃいますもんね」

ラフィエル(もう一本……)パクッ

ガヴリール「私も甘いものほしいし一本貰っていい?」

ラフィエル「どうぞ」

ガヴリール「んっ……」パクッ

ラフィエル「間接キス……」ボソッ


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:16:08.800 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「……」モグモグ

ラフィエル「間接キスじゃないですか?」

ガヴリール「別に気にしないよ」

ラフィエル「……私口突っ込んじゃいましたよ?多分他のポッキーも舌とか色々触れましたよ?」

ガヴリール「残念だったな。私はそういうの気にしないタイプでね」

ラフィエル「むぅ……からかい甲斐が……」


32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:17:58.289 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「もう一本もらうぞ」

ラフィエル「待ってください!ええと……私が取ってあげます!」

ラフィエル「んっ!」

ガヴリール「ポッキーゲームでもしようってか?」

ラフィエル「んふふ……」ドヤッ

ガヴリール「……」ニヤリ


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:20:18.787 ID:/WcQNsRY0.net
ガリガリガリガリッ!!

ラフィエル「ひゃっ!?」バッ

ガヴリール「うまうま♪」モグモグ

ラフィエル「が、ガヴちゃん……」ドキドキ

ラフィエル(あぶなかった……)

ガヴリール「ははっ、ラフィ顔真っ赤♪」

ラフィエル「む、むぅぅ……!」


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:22:07.475 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「もう一回です!!」

ガヴリール「いいよ」

ラフィエル「んっ!」

ガヴリール「ん」

ラフィエル(今度は私が……!)

ガリガリガリガリッ!


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:23:44.759 ID:/WcQNsRY0.net
ピタッ

ラフィエル「……」プルプル

ガヴリール「……」

ラフィエル(ま、まさか不動とはっ……!あと少しで触れそうですっ……)

ガヴリール「……」フー

ラフィエル「んんんっ!?」ビクゥッ

ガヴリール「また私の勝ちだな」

ラフィエル「い、息は卑怯ですよー……!」


36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:25:36.467 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「なんでラフィが勝てないか教えてやる」

ラフィエル「な、なんですか?」

ガヴリール「それは……」

ガヴリール「別に私は唇が触れたところでどうってことないからだ」

ラフィエル「!」

ガヴリール「ラフィの唇ならむしろ歓迎するくらいだ」

ラフィエル「ちょっ……あ、あのっそれは……///」

ガヴリール(顔真っ赤で面白いな)


37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:27:51.629 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「ラフィでもそういう顔するんだなー」

ラフィエル「ど、どういう意味ですかっ……」

ガヴリール「いや、かわいいと思ってね」

ラフィエル「もうガヴちゃん!」

ガヴリール「えー?褒めてるだけなんだけどな」

ラフィエル「やめてください~……!!」


38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:30:41.615 ID:/WcQNsRY0.net
一方その頃

ヴィーネ宅

タプリス「生地はこんな感じでどうですか?」

ヴィーネ「うんっ上手にできてるわよ!」

タプリス「本当ですか!?」

ヴィーネ「ええ♪型抜きは……好きなのを選んでね」

タプリス「はいっ!」


40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:34:46.740 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール宅

ガヴリール「……サターニャまだかよ」

ラフィエル「……遅いですねー」モジモジ

ガヴリール「ラフィ、いつまでてれてんのさ」

ラフィエル「あ、いえ……その……そういうことではなくてですね……」

ガヴリール「ん?」

ラフィエル「お手洗いに行きたくて……」

ガヴリール「……やばくね?」


42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:37:41.023 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「はい……」

ガヴリール「手使えないじゃん」

ラフィエル「はい……」

ガヴリール「ドア開けられないじゃん」

ラフィエル「はい……」

ガヴリール「というかパンツも厳しくね」

ラフィエル「どうしましょう……」


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:39:27.125 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「結構キツイ……?」

ラフィエル「そう長くはもたないかと……」

ガヴリール「……」

ラフィエル「どうすれば……」

ガヴリール「最悪、風呂場かな……」

ガヴリール「天使の衣装なら最悪汚れても……」

ラフィエル「……最終手段ですね」


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:41:31.226 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「……っ」プルプル

ガヴリール「わかった、なんとかしてみよう」

ラフィエル「ガヴちゃん……?」

ガヴリール「なんとか足で開けてみる」

ラフィエル「ガヴちゃん……!」

ガヴリール「やべ、足攣りそ……」


46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:43:55.500 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「このっ……よしっ掴んだ」

ガチャッ

ガヴリール「開いた……次はパンツだが……スカートの中失礼するぞ」

ラフィエル「は、はい……」

ガヴリール「指先をうまくパンツの中に突っ込めれば……」

ヌギヌギッ

ラフィエル(ガヴちゃんに脱がされてます……っ)

ガヴリール「よし、なんとかなった」


48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:45:55.194 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル(音は……聞かれちゃうわけで……)

ガヴリール「……もう諦めろラフィ。私もあとですることになるだろうけど……」

ラフィエル「……はぃ」

チョロロロロロロロロッ...

ラフィエル(ガヴちゃんに聞かれてる……私の恥ずかしい音、全部聞かれちゃってます……っ)カァァァ

ラフィエル「……終わりました」


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:48:08.577 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール「……」

ラフィエル「ガヴちゃん?どうかしまし……あっ」

ガヴリール「どうするよ……手使えないから紙が使えないぞ……」

ラフィエル「忘れてました……」

ガヴリール「……」

ピンポーン

サターニャ「ただいまー」


50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:50:07.348 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「ガヴリールーラフィエルー?戻ったわよー……あれ?いない?」

ガヴリール「サターニャ!ちょっとトイレに来い!!」

ラフィエル「え、ま、まさか」

ガヴリール「それしか方法ないだろ!!」

ラフィエル「そんな……!!」

ガヴリール「聖なる光で見えない!我慢しろ!!」


51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:53:04.050 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「トイレって……?」

ガヴリール「手が使えなくて拭けない……サターニャ、代わりに拭いてやってくれ」

サターニャ「わ、私が!?」

ガヴリール「しょうがないだろ」

ラフィエル「それしかないですか……サターニャさん、お願いします……」

サターニャ「……わ、わかったわ」


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:55:05.435 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル(ガヴちゃんに音を聞かれ、サターニャさんに拭いてもらう……)

ラフィエル(なんの罰ゲームですかこれ……)カァァァ

ガヴリール(あー……あとで私も同じ目に遭うんだろうな……)

サターニャ「じゃあ拭くわよ……」

ラフィエル(聖なる光でガードされてるので見えることはない……大丈夫、大丈夫です……)

ラフィエル「……お願いします」

サターニャ「……」フキフキ


54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:57:15.767 ID:/WcQNsRY0.net
サターニャ「拭いたわよ」

ラフィエル「ありがとうございました……」

サターニャ「ついでにパンツも履かせてあげるわ。その手じゃ難しいでしょ?」

ラフィエル「あ、はい……お願いします……」

ガヴリール(きついなーこれは相当きついなー)

ガヴリール(いやだなートイレ行きたくないなー……いきたくないなー……)


56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:59:18.917 ID:/WcQNsRY0.net
ラフィエル「ありがとうございました……」

サターニャ「え、ええ……」

ガヴリール「……」

ラフィエル「サターニャさん。明日覚悟しておいてくださいね」

サターニャ「そんなっ!!」

ガヴリール「つーか腹ペコだからさっさと飯にしてくれ」


58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:00:53.194 ID:0XPCTM3u0.net
その頃

ヴィーネ宅

タプリス「ん~っ!美味しいです!!」

ヴィーネ「ね?結構簡単だったでしょ?」

タプリス「はいっ!これなら私も家で作れそうです!」

ヴィーネ「ならよかった♪じゃあ……このままついでに晩御飯にしちゃいましょうか。よかったら食べてって?」

タプリス「いいんですか!?」


59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:03:12.192 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール宅

サターニャ「できたわよ」

ガヴリール「じゃあ食べさせて」

ラフィエル「私にもお願いしますね」

サターニャ「はいはい……」

サターニャ「はい、あーん」

ガヴリール「うむ」パクッ


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:05:19.286 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「はい、ラフィエル」

ラフィエル「はい」パクッ

サターニャ「……」モグモグ

ガヴリール「もう一口」

サターニャ「はいはい。あーん」

ガヴリール「うむ」

ラフィエル「私にもお願いします」

サターニャ「はいはい」


62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:07:19.531 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「ふー……食った食った」

ラフィエル「レトルトも美味しいですね~」

ガヴリール「下界バンザイだな」

サターニャ「じゃあ食器片付けておくわね」

ガヴリール「頼んだ」

ラフィエル「この後何します?」

ガヴリール「ゲームできないしな。ドラマとかみるか」


64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:09:21.319 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……わかったわ。犯人はこの男よ!」

ラフィエル「えーそうですかね。私は給仕の女性が怪しいと思いましたが」

ガヴリール「私は一度見たことあるから言わない」

サターニャ「絶対こいつよ!!」

ラフィエル「どうですかね~?」

ガヴリール「そこまで熱中するものかね」


66 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:11:22.744 ID:0XPCTM3u0.net
……

サターニャ「ぐぬ……」

ラフィエル「ほら~やはり給仕の女性でした」

サターニャ「ふ、ふん。なかなかの策士だったようね。この私を欺くとは」

サターニャ「褒めてあげる!あとで特製サタニキアメダルを製作委員会に贈呈するわ!」

ガヴリール「迷惑だからやめろ」

サターニャ「なんですってえ!?」

ガヴリール「あとさー……私もトイレ行きたい」


68 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:13:28.668 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「ドア開けて」

ラフィエル「結構割り切ってますね……」

ガヴリール「漏らすよりはマシだからな……」

ガチャッ

サターニャ「はい」

ガヴリール「パンツおろして」


70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:15:37.657 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……」ヌガセヌガセ

ガヴリール「あー……サターニャに脱がされるのクソ恥ずかしいな……」

ラフィエル「ですよね」

ガヴリール「じゃあ一旦でろ」

サターニャ「はい……」

ガヴリール「……」

ラフィエル「……」ゴクリンコ


73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:18:10.869 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「んっ……」

チョロロロロロロロロ...

ガヴリール(くそー思った以上に恥ずかしいぞ)

ラフィエル「……」カァァ

ガヴリール「なんでラフィエルが顔赤くするんだ……」

ラフィエル「い、いえ……」

ガヴリール「……サターニャ。終わったから拭いてくれ」


74 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:20:17.547 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……なんか、介護みたい」フキフキ

ガヴリール「お前ぶっ飛ばすぞ」

サターニャ「ご、ごめんって……」フキフキ

ガヴリール「じゃあパンツ履かせてくれ」

サターニャ「はい……やっぱこれ介g」

ガヴリール「お前ぶっ飛ばすぞ」


75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:22:19.019 ID:0XPCTM3u0.net
ラフィエル「あのー……」

ガヴリール「どうした?」

ラフィエル「そろそろお風呂に入りたいのですがー……」

ガヴリール「えー……こんな状態だし1日くらい入らなくても平気だって」

ラフィエル「嫌です!お風呂に入らないなんて耐えられないです!!」

ガヴリール「えー……」


76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:24:29.076 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「でも服はどうするんだよ。これじゃ脱げないぞ」

ラフィエル「……ガヴちゃん。そのジャージ新しいの買うので切らせてください」

ガヴリール「そ、そこまでするのか……」

ラフィエル「ちゃんと弁償しますから」

ガヴリール「わかったよ……サターニャ、頼んだ」

サターニャ「え、ええ……」


77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:26:48.656 ID:0XPCTM3u0.net
チョキン チョキンッ

サターニャ「なんか、服を切るって罪悪感がすごいんだけど……」

ガヴリール「わかる」

サターニャ「……ラフィエルのも切っちゃっていいの?」

ラフィエル「どうぞ。お風呂に入れないよりはマシです」

サターニャ「……ほ、本当に切るわよ?」

ラフィエル「はい」

サターニャ「……」

チョキンッ チョキンッ


79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:29:45.372 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「服が……無残なことに……」

ラフィエル「仕方ないです。まあこのくらいあとで買い直せばいいだけですから」

サターニャ「でも明日になるまで服着れないわよ……?」

ラフィエル「天使の衣装ならすぐに着れます」

サターニャ「ああ……なるほど……」

ラフィエル「ではお風呂に入りましょう。サターニャさん、私達の身体洗ってくださいね」

サターニャ「はいはい……わかってるわよ」


81 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:32:41.712 ID:0XPCTM3u0.net
一方その頃

ヴィーネ宅

ヴィーネ「もうこんな時間だしせっかくだから泊まっていったら?」

タプリス「いいんですか?」

ヴィーネ「もちろん♪」

タプリス「じゃあ……お言葉に甘えますっ!」

ヴィーネ「じゃあお風呂に入りましょ?パジャマ用意するわね」

タプリス「はいっ!」


82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:35:34.639 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール宅

カポーン

ガヴリール「……」

ラフィエル「……」

サターニャ「そういえばラフィエルがお嬢様でガヴリールは庶民だったのよね」

ガヴリール「そうだが」

サターニャ「どうして友達になれたの?」


83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:37:56.078 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「私が天才すぎてそのへんの名家(笑)の連中を全員蹴散らしたからだ」

ラフィエル「私はずっとガヴちゃんに追いつこうと必死だったんですよ」

ガヴリール「あのときのラフィエルはしつこかったなーサターニャくらい」

ラフィエル「そ、そこまででしたか?」

ガヴリール「……ちょっと盛った。でも結構何度も挑んできたよね。まあ、それでいつの間にかこういう関係になったんだよ」


85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:40:02.016 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「へー……」

ラフィエル「白羽家は結構大きな方ですからね……庶民に負けるわけにはいかなかったんですよ」

ラフィエル「まあ、家の人は天真家は例外ということで負けちゃっても咎めたりはしなかったのですが」

ラフィエル「悔しかったですねー」

サターニャ「なのにガヴリールは駄天使になっちゃったの……?残念すぎるでしょ……」

ガヴリール「なんだと」


86 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:42:09.320 ID:0XPCTM3u0.net
ラフィエル「……ではそろそろ身体洗いましょうか」

ガヴリール「ん……」

ラフィエル「サターニャさん。よろしくお願いしますね」

サターニャ「はいはい……」

ゴシゴシ

サターニャ「二人共髪長いのよー……もう」


87 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:44:09.577 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「痒いところはない?」

ラフィエル「このへんですー」

サターニャ「はいはい」

ゴシゴシ

サターニャ「じゃあ流すわよ」

ラフィエル「はーい」


89 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:46:08.706 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「じゃあ次はガヴリール」

ガヴリール「うむ」

ゴシゴシ

サターニャ「……なんてくせ毛なの」

ゴシゴシ

ガヴリール「適当でいいぞ」


90 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:48:08.038 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「だめよそんなの」

ゴシゴシ

ラフィエル「サターニャさんは律儀ですから」

ガヴリール「悪魔なのにな」

サターニャ「……痒いところは?」

ガヴリール「ここ」

サターニャ「はいはい」

ゴシゴシ


91 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:50:14.478 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「ふぅ……じゃあ次はー……身体洗いましょうか」

ラフィエル「お願いしますね」

サターニャ「……」

ゴシゴシ

サターニャ「これ完全に召使いじゃない……」

ガヴリール「文句言うなよ」

ラフィエル「前の方もしっかり洗ってくださいね」


92 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:52:16.795 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……胸、洗うからね」

ラフィエル「どうぞ」

ムニュッ

ラフィエル「ひゃんっ♪」

サターニャ「変な声出さないでよ!!」

ラフィエル「サターニャさんに胸を揉みしだかれ」

サターニャ「もんでないでしょ!!」


93 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:54:19.436 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「じゃあ……次は足ね」

ラフィエル「はい」

ゴシゴシ

ラフィエル「さ、サターニャさん、ちょっとくすぐったいです」

サターニャ「え、でも……」

ラフィエル「……ッ……ッ」プルプル

サターニャ「一瞬で終わらせるから耐えて!」


94 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:56:21.168 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「ふぅ……」

ラフィエル「はーッ……はーッ……!」

ガヴリール「ラフィエル足弱かったのか」

ラフィエル「……っ」コクコク

サターニャ「ええと……終わったから休んでて……?」

ラフィエル「……覚えててください」ゴゴゴ

サターニャ「ひっ」


95 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:58:22.942 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「じゃー……次はガヴリールね」

ガヴリール「うむ」

サターニャ「……なーんかやっぱ召使いよねこれ」

ガヴリール「文句言うな」

サターニャ「……」

ゴシゴシ


96 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:00:24.531 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「いやーガヴリールの胸は洗いやすくていいわね」

ガヴリール「お前ぶっ飛ばすぞ」

サターニャ「ラフィエルのは邪魔で邪魔で」

ゴシゴシ

サターニャ「まな板を洗う感覚で洗えるわ!」

ガヴリール「お前ぶっ飛ばすぞ」


97 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:02:08.440 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「じゃあ……ほら、足を綺麗にしろ」

サターニャ「はいはい」

ゴシゴシ

サターニャ「ガヴリールは平気なのね」

ガヴリール「まあね」

ラフィエル「うー……これはやはりサターニャさんをくすぐり地獄にして帳尻合わせをするしか」

サターニャ「な、なんでよ!?」


98 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:04:09.830 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「これで一先ず体は洗い終えたけど」

サターニャ「……下の方はどうする?」

ガヴリール「……」

ラフィエル「……」

サターニャ「流石に私が洗うのはちょっと問題だと思うんだけど……」

ガヴリール「……」

ラフィエル「……そう、ですね」


100 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:06:11.296 ID:0XPCTM3u0.net
ラフィエル(指の腹を使えないとは言え……洗えないことはありません……)

ラフィエル(ただ自分であらうとなると……ガヴちゃんも……)チラ

ガヴリール「……まあ、直接触れるのは自分の指だろうし……各自で洗うことにしよう」

ラフィエル「……わかりました」

ラフィエル「……」

クニクニ


101 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:08:13.949 ID:0XPCTM3u0.net
ラフィエル(洗いにくい……)

ラフィエル「あっ」

ラフィエル(今ガヴちゃんの指が触れちゃいました……?)

ガヴリール(今の……ラフィのか……)

サターニャ「はー……いいお湯ねー……ようやく浸かれるわー……」

ラフィエル(呑気な……)ドキドキ

ガヴリール(こいつひとの気を知らないで……)ドキドキ


102 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:10:18.663 ID:0XPCTM3u0.net
ラフィエル「次は……ガヴちゃんです」

ガヴリール「あ、ああ……わかった」

クニクニ

ラフィエル(う、わー……聖なる光で見えないとはいえ……)

ラフィエル(目の前でされるとこういう……)

ラフィエル(指先に意識を集中させると……ガヴちゃんの感触が……!)


103 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:12:22.693 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「……終わった」ドキドキ

ラフィエル「……サターニャさん。流してもらえますか?」ドキドキ

サターニャ「あーはいはい」

サターニャ「流すわよー」

ガヴリール「すぐ上がりたいところだけどサターニャがいないと身体を拭けないのが面倒だな」

サターニャ「すぐ洗うから待っててってば……」


104 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:14:27.390 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……」

ゴシゴシ

ガヴリール「……」ジィ

ラフィエル「……」ジィ

サターニャ「さっきから何見てんのよ」

ガヴリール「いや、お前がどういう風に身体を洗うのかなーって」

ラフィエル「さ、どうぞ続けてください」

サターニャ「……」


106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:15:52.040 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「はー。胸はそういう風に洗うんだなー」

ラフィエル「腋の洗い方がフェチぃですね~」

サターニャ「……」

ゴシゴシ

ガヴリール「さて……いよいよか」

ラフィエル「さあ、サターニャさんはいかにしてデリケートゾーンを洗うのか」

サターニャ「うるさいわね!見るなぁ!!」


108 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:18:06.715 ID:0XPCTM3u0.net
一方その頃

ヴィーネ宅

タプリス「お風呂あがりました~ありがとうございましたっ」

ヴィーネ「まだちょっと時間あるし……この前借りてきたDVD見ない?ファンタジーものなんだけど」

タプリス「みたいです~っ!」

ヴィーネ「じゃあ一緒に見ましょうっ!」

タプリス「はいっ!」


109 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:20:21.865 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール宅

ガヴリール「はーサターニャはああいう風に洗うんだなぁ」

ラフィエル「いやはや……指が……こう」

サターニャ「なによ!普通でしょ!!」

ラフィエル「まあ、そうですけど」

サターニャ「なんなのよ!」

ガヴリール「サターニャうだうだ言ってないで髪乾かしてくれない?」

サターニャ「本当になんなのよ!!」


110 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:22:24.303 ID:0XPCTM3u0.net
ラフィエル「では次は歯磨きをお願いします」

サターニャ「あーそうね……わかったわ」

シャカシャカシャカ...

ラフィエル(誰かに歯磨きをしてもらうっていうのは……なかなか妙な感覚ですね)

サターニャ「歯閉じて」

ラフィエル「はい」

シャカシャカシャカ...


111 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:24:24.874 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「はい水。口ゆすいで」

ラフィエル「んっ……」

ペッ

ラフィエル「ありがとうございました」

サターニャ「じゃあ次ガヴリール」

ガヴリール「ん」

サターニャ「はい、あーん」


112 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:26:31.403 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「あー」

シャカシャカシャカ...

サターニャ「はい、いーってして」

ガヴリール「お前子供扱いするなよ」

サターニャ「はいはい。歯閉じてね~」

ガヴリール「……」

シャカシャカシャカ...


114 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:28:31.765 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「はいお水。お口ゆすいでね」

ガヴリール「……」

サターニャ「ほら、はやく」

ガヴリール「……」

ペッ

サターニャ「じゃあ私も歯磨こっと」


115 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:30:30.585 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……はー。やっと終わった」

ラフィエル「お疲れ様でした」

サターニャ「もう疲れた……寝たいんだけど……」

ラフィエル「ですが流石にシングルベッドに3人は無理ですよね?」

ガヴリール「あー一応来客用の布団はある」


116 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:32:33.271 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「へーガヴリールの家にそういうのがあるって意外かも」

ガヴリール「下界に来て駄天する前に買ったんだよ。結局誰か泊める前に駄天したから一回も使ってないが」

サターニャ「じゃあ私が初の使用者ね!」

ガヴリール「そういうことになるな」

ガヴリール「それにしても……まさか天使の衣装で寝ることになるとは」

ラフィエル「まあこの状態ではこれしかないですし」


117 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:34:32.430 ID:0XPCTM3u0.net
一方その頃

ヴィーネ宅

タプリス「今日はお菓子作りだけでなくお泊りまで……ありがとうございますっ」

ヴィーネ「ふふ、いいの。私もタプちゃんみたいなかわいい後輩ができてうれしいわ」

タプリス「月乃瀬先輩……///」

ヴィーネ「ふふ、おやすみなさい♪」

タプリス「はい……♪」


118 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:36:35.441 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール宅

サターニャ「これでよしっ……と」

ラフィエル「では……おやすみなさい」

サターニャ「また明日ね」

ガヴリール「明日、覚悟しておけよ」

サターニャ「……」

ラフィエル「うふふ、ではおやすみなさい♪」


119 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:38:35.203 ID:0XPCTM3u0.net
サターニャ「……zzz」

ガヴリール「もう寝てる……」

ラフィエル「今日一日たくさん働いてもらいましたからね」

ガヴリール「まあ……そうだな」

ラフィエル「……」

ガヴリール「……」

ラフィエル(ガヴちゃんと一緒の布団、手を繋いだまま、目の前にガヴちゃんの顔……)

ラフィエル(ふふ……いい夢が見られそうです――)


121 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:40:37.223 ID:0XPCTM3u0.net
翌日

ガヴリール「よし……」グッパッグッパッ

ラフィエル「治りましたねー」ニコニコ

サターニャ「う……」

ガヴリール「さーて……昨日の礼をしてやろうか……」

サターニャ「ひぃっ!?」

ピンポーン

ヴィーネ「ガヴークッキー作ったんだけどー……ってあら、みんなもいたのね。ちょうどよかった」

タプリス「天真先輩に白羽先輩……それに胡桃沢先輩までッ」


122 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:42:39.395 ID:0XPCTM3u0.net
ガヴリール「……まあ、お前には色々頑張って貰ったし?ヴィーネのクッキーに免じて許してやろう」

ラフィエル「ふふ、ガヴちゃんらしいですね」

サターニャ「助かったわヴィネット!!」ギュゥッ

ヴィーネ「ちょっサターニャ!?どうしたのよ!?」

ガヴリール「そんなことより、クッキー頂戴」

タプリス「天真先輩!よかったら私の焼いたクッキーも食べてください!」


123 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:44:46.836 ID:0XPCTM3u0.net
……

ガヴリール「あーうまかった……」

サターニャ「流石ヴィネットね。タプリスのも結構美味しかったわよ」

タプリス「そ、そんなお世辞であなたを信用したりしないですからっ……!」

ラフィエル「うふふ、タプちゃんは相変わらずですね」

ヴィーネ「喜んでもらえて良かったわね、タプちゃん」

タプリス「はいっ!」


124 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:46:43.765 ID:0XPCTM3u0.net
ヴィーネ「……あ、ラフィ~このハンドクリーム借りていい?」

ラフィエル「あ、どうぞ~」

ガヴリール「……ん?」

ラフィエル「……あ!」

サターニャ「ちょっ!ヴィネット!!それはだめっ!!待ちなさいっヴィネットぉおお!!!」

ヴィーネ「えっ?」ヌリヌリ

サターニャ「ちょ」ガシッ

To be continued...?


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1497534546/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ