Powered By 画RSS


千歌「お酒は用量を守りましょう」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:11:01.03 ID:meZBPkrK0


千歌「花丸ちゃんが飲めるようになって…ようやくみんなで飲み会できるね!」


鞠莉「ルビィ達は強いの?」


ルビィ「一回だけ飲んだけど…あんまり美味しく無かったから…やめちゃいました…」


梨子「そうよね…最初はあんまり美味しくないわよね…」


曜「でも大丈夫、ここにお酒のお姉さんがいるから!なんでも教えてくれるよ!ね、果南ちゃん!」


果南「誰がお酒のお姉さんか」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:11:31.18 ID:meZBPkrK0

花丸「オラ、飲んだことないから…何頼んだからいいか…」


梨子「んー……甘いのとかが良いんじゃない?飲みやすいし」


ルビィ「じ、じゃあ…このいちごミルクの…」


鞠莉「私と果南はビールで…ダイヤは?」


ダイヤ「そうですね…同じので構いませんわ」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:12:01.42 ID:meZBPkrK0

果南「いや~楽しみだったんだ…こう、9人で飲み会ってのするの」


曜「果南ちゃんいっつも飲んでるじゃん」


果南「でもさ…今の所同じペースで飲めるの鞠莉しかいないしさ……ダイヤは絶対にへべれけになるまで飲まないし」


鞠莉「そうよダイヤ?もっと飲まなきゃ」


ダイヤ「毎回正体不明になってる貴方達を介抱してるのは誰だと思ってますの…!」


千歌「私たちも時々お家で飲んだりするよ~特に梨子ちゃん酔っ払わせるのが面白いよ!」


梨子「ちょっと」


曜「何が起きたかあんま覚えてないけどこの前私が起きたら上半身ほぼ裸だったよ」

梨子「やめて…」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:12:37.32 ID:meZBPkrK0

果南「飲み物全員回った…?」

曜「うん…全員あるね」


千歌「ではでは!善子ちゃん達の成人を祝して~!」





「「「かんぱーい!!!」」」





善子「ヨハネよ!」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:13:06.06 ID:meZBPkrK0

果南「グヒッ…ぷはぁ!…おいしい!」


鞠莉「グビッ…ぷはぁ!…シャイニー!」


千歌「まだビールの美味しさは分からないな…苦くて…」


果南「まぁ…そのうち分かるよ」


花丸「コクッ…あ、いちごのおいしい…」


ルビィ「うん、甘くて飲みやすい…」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:13:38.41 ID:meZBPkrK0

善子「コクッ…コクッ…ぷはっ」


梨子「大丈夫…善子ちゃん…飛ばしてない…?」


善子「ヨハネよ…大丈夫…大丈夫…」


曜「無理しないでね?気持ち悪くなったらお酒を果南ちゃんに押し付けてトイレに行くんだよ?」


果南「ゴクッ…ふぅ……」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:14:32.80 ID:meZBPkrK0


千歌「ダイヤさんそれ何飲んでるんですか?」


ダイヤ「日本酒ですわ…飲みますか?」


千歌「ちょ…ちょっとだけ…」


千歌「コクッ…うへぇ…」


ダイヤ「まぁ…好き嫌いが分かれる味ですわね…」


善子「貸して!それ私も飲む!」


善子「ゴクッ…ぶふっ!」


曜「善子ちゃん日本酒吐き出さないで!」


善子「熱い…喉が…焼かれた…」



千歌「こんな強いの飲めるなんて…ダイヤさんお酒強い?」


ダイヤ「ま、まぁ…嗜む程度ですわ…」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:15:04.61 ID:meZBPkrK0

鞠莉「ルビィ!これ、甘くておいしいわよ!ほぼジュースよ、ジュース」


ルビィ「う、うん…」


千歌「花丸ちゃん、みかんのお酒ってのがあるよ、一緒に飲も?」


花丸「おいしそうずら!」



ダイヤ「コクッ…コクッ…コクッ…」

果南「ゴクッ…ゴクッ…」


善子「いいわねー!もっと!もっと!」




曜「あっちは何やってるの…」

梨子「ダイヤさんと果南さんでどっちが飲めるか勝負してるって」

曜「え!?ダイヤさんが!?」


梨子「なんか善子ちゃんにベタベタに絡まれてやらされて…飲んだ方が早いと思ったみたい…」


曜「ダイヤさん…」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:15:30.87 ID:meZBPkrK0


鞠莉「まぁー!ルビィ、真っ赤になって!キュートね!」


ルビィ「うー…ふらふらします…」



花丸「あ、これおいしいずら!」


千歌「本当!みかんが爽やかでスッキリだね」


果南「どんな感じ?一口ちょーだい」


千歌「あれ、果南ちゃんダイヤさんは?」


果南「飲み過ぎて倒れてる」





善子「ちょっとーダイヤー!起きてー!起きてー!」


ダイヤ「……zzz」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:16:02.88 ID:meZBPkrK0

鞠莉「ルビィ?寝ちゃったのルビィ?」


ルビィ「……zzz」



花丸「ゴクッ……なんだか…ふらふらしてきたずら…」


曜「無理しちゃダメだよ?はい、お水」


鞠莉「梨子ー!ルビィが寝ちゃったー!」


梨子「えー…鞠莉さんが飲ませたんじゃないんですか?」


鞠莉「代わりに梨子一緒に飲んで!」


梨子「えぇー……」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:16:30.61 ID:meZBPkrK0

花丸「……zzz」


梨子「ねぇ…曜ちゃんこっち来て…?」


曜「えぇ…どうしたの…?」


梨子「ねぇ…曜ちゃん…」ギュッ


曜「ど、どうしたの…急に抱きついて来て…」


梨子「曜ちゃん……曜ちゃん……曜ちゃん……」


曜「ちょっ…梨子ちゃん…」


梨子「……zzz」


曜「抱きついたまま寝落ちしないでぇ…」


鞠莉「やっちゃえ曜!据え膳食わぬは女の恥よ!」


曜「酔わせといて押し付けないで…!」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:17:01.99 ID:meZBPkrK0

鞠莉「…zzz」


梨子「……zzz」ギュッ


千歌「今の曜ちゃんめっちゃ面白い、写真とろ」カシャ


曜「取らないで!」


果南「すごいね~…私と千歌以外全滅か~」


曜「生きてる…!私生きてるから!」


果南「…鞠莉もダイヤもいつもはここまではしゃぐ事ないからね…」


果南「やっぱ、楽しかったんだよ…久々にみんなに会えて」


千歌「……そっか」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 18:17:36.31 ID:meZBPkrK0

果南「さ、折角だしさ、まだ時間あるし千歌付き合ってよ」


千歌「うん…!お手柔らかに…」


曜「…私も仲間に入れて欲しいな~って」


千歌「曜ちゃんはそっちでラブロマンスしててね」


曜「あ!ちょっと!…梨子ちゃん!起きて…!」


梨子「……zzz」

おわり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496308260/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ