Powered By 画RSS


鞠莉「今日は絶対ご飯!」ダイヤ「絶対パンですわ!!」

1 : 鶯団子 2017/06/23(金) 22:52:33.53 ID:we5bRXgHO
ダイまりですが一応ダイかなまりです、

書きためてるので順次投下


2 : 鶯団子 2017/06/23(金) 22:53:08.66 ID:we5bRXgHO

鞠莉「なんなのよもう!!いつもはご飯ばっかり食べてるクセして今日に限ってパンがいい?冗談にも程があるわ!!」

ダイヤ「冗談は鞠莉さんの方でしょう!あなたがいつもご飯よりはパンがいいと言っていたから今日は絶対にパンにするんですの!!感謝してくれませんこと!?」

鞠莉「はぁ?そーいうのをおせっかいって言うのよ!大人しくご飯炊いて!!」

ダイヤ「今日という今日は許しません!鞠莉さんの自分勝手さを思い知りました!!そんなにご飯が食べたいならどうぞ、一人で炊いてくださいな。」

果南「………」




3 : 鶯団子 2017/06/23(金) 22:56:14.80 ID:we5bRXgHO

~~遡ること数時間前~~

3年組で果南宅にお泊り

鞠莉「かにゃ~~ん♪」ギュッ

ダイヤ「…」ジトー

果南「鞠莉…あのさぁ…。」

鞠莉「なぁに?果南?」ギュッ

果南「鞠莉の彼女って…誰かわかってる?」

鞠莉「あそこの。」ユビサシ

ダイヤ「……」ジトーーー

果南「……そうだよね。」


4 : 鶯団子 2017/06/23(金) 22:58:24.71 ID:we5bRXgHO

果南「じゃあ、質問を変えるけど…なんで鞠莉は私に抱きついてるの?」

鞠莉「それはもう果南に抱きつくのがマリーの日課?みたいなもんだし…」

果南「うぅん…、ま、まぁ百歩譲って抱きつくのはいいよ。ダイヤの方見て?」

鞠莉「?いつもの仏頂面ね?」

ダイヤ「………」ジトーーーーー

果南「いやいやいや…、明らかに拗ねてるよね…?」

鞠莉「あら果南、そーいうこと言われるとダイヤは恥ずかしくておこっちゃうのよ?」

果南「そこまで分かってるなら鞠莉がとるべき行動は分かってると思うんだけど…。」

鞠莉「えぇ…?」

ダイヤ「…」


5 : 鶯団子 2017/06/23(金) 22:59:01.90 ID:we5bRXgHO
果南「あ、あの、鞠莉!私ちょっと買い出し行ってくるからさ!今日シチューでよかったよね?その間に二人で主食をパンにするかご飯にするか決めといてくれないかな…?」

鞠莉「OK!それなら任せてよ!ダイヤも大丈夫よね?」

ダイヤ「えぇ…まあ。」ムッスー

果南「はは…やっと放してくれた…、じゃあダイヤ…、頑張って…ね?」

果南「いってきまーす…。」ガチャ

バタン


6 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:07:47.71 ID:we5bRXgHO
鞠莉「いってらっしゃーーい!!っと…。」チラッ

ダイヤ「…」モジモジ

ダイヤ、鞠莉(気まずい……)

鞠莉(うーん…果南にはおどけてみせたけどこうなったダイヤはテコでも動かないくらい拗ねるのよねぇ…。こういうときは色々言うよりダイヤが好きなものを食べさせてあげた方がいいってもんよね?)

鞠莉「あ、あの…ダイヤ?」

ダイヤ「別に拗ねてなどいませんわ。」

鞠莉(訊いてもないのに答えるあたり拗ねてるんだよね。)

鞠莉「今日はご飯でいい…でしょ?ダイヤごはん派だし。」

ダイヤ「…いいえ、今日はパンにしませんこと?鞠莉さんはその方が好みでしょう?」

鞠莉(えぇ…今日に限って強情なんだから…)


7 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:10:33.32 ID:we5bRXgHO

鞠莉「うーん確かに好みだけど?今日は白米が食べたいな~って気分なのよ。」

ダイヤ「ついさっきシチューに合うパンを果南さんに携帯を見せて教え込んでいたのは気のせいでしたか?」

鞠莉(目ざとい…その流れで果南にハグしてたからまして強く出られないのよね…)

鞠莉「いや、でもね?急に気が変わったのよ!ダイヤのこと考えたたらご飯の方がいいなーーって…」

ダイヤ「果南さんに抱きつきながら私のことを考えるのなら私に抱きつけばよろしいのでは?」

鞠莉「やっぱり拗ね「拗ねていません!!」

鞠莉「…」



鞠莉「でも…ご飯が食べたいのは本心よ?別にダイヤに気を遣ってるとかそういうわけじゃ…」

ダイヤ「そうですわね、私に気を遣えるなら私の前であのような行動はしませんし…パンがいいと言っている私の意見も汲み取りますわね…。」

鞠莉(あー…)プツン


8 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:14:08.65 ID:we5bRXgHO

鞠莉「なに…?さっきからウジウジウジウジ…文句あるなら遠回しにじゃなくてちゃんと言いなさいよ!!」

ダイヤ「文句など言っていませんわ!!鞠莉さんが私を不機嫌にさせるようなことばかりしているから…!」

鞠莉「ほら!!やっぱり拗ねてたんじゃない!!!」

ダイヤ「その通りですよ!!いくら親友だとは言えど私だって少しは妬きますわよ!!何か悪いんですの!?」

鞠莉「それは別にいいけど!付き合うときに果南に悪いから今まで通りにしてていいって言ったのはダイヤじゃない!!ホントめんどくさいわね!!」

ダイヤ「確かに私が鞠莉さんと果南さんのことを思って言ったことですけど私がいつでもニコニコ見ていられるわけではないんですのよ!!?そんなこともわかりませんの!!?」

鞠莉「分かってるわよ!だから今こうしてダイヤの好きなご飯を食べさせてあげようと思ってご飯にしない?って聞いたのにダイヤがやれパンがいいなんていうんじゃない!!」

ダイヤ「余計なお世話ですわ!!夕食一つで機嫌が直るほど簡単じゃありませんの、私だって考えがあってパンがいいと言っているんです!!」

鞠莉「へぇ~え?考えがあるんなら言いなさいよ?それで納得したら譲ってあげないこともないけど?」

ダイヤ「それは…秘密で…」


9 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:18:00.38 ID:we5bRXgHO
鞠莉「…どうせなにも考えなしに意地張ってるだけなんでしょ?」

ダイヤ「そんなことはありません!!鞠莉さんみたいに能天気ではないのですよ!?」

鞠莉「何よそれ?今そんなこと関係ないでしょ!?たかだかご飯かパンかでなんでこんなに言い争いしなきゃいけないのよ!!?」

ダイヤ「鞠莉さんが強情だからでしょう!!私はパンがいいと言ってるんです!!」


果南「ただいま…ってえぇ…??なんで喧嘩になってるの…」

鞠莉「なんなのよもう!!いつもはご飯ばっかり食べてるクセして今日に限ってパンがいい?冗談にも程があるわ!!」

ダイヤ「冗談は鞠莉さんの方でしょう!あなたがいつもいつもご飯よりはパンがいいと言っていたから今日は絶対にパンにするんですの!!感謝してくれませんこと!?」

鞠莉「はぁ?そーいうのをおせっかいって言うのよ!大人しくご飯炊いてよ!!」

ダイヤ「今日という今日は許しません!鞠莉さんの自分勝手さを思い知りました!!そんなにご飯が食べたいならどうぞ、一人で炊いてくださいな。」

果南「………」


10 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:22:16.93 ID:we5bRXgHO

果南「おーい…二人とも…、帰ったんだけど…?」

鞠莉「ふざけないで!!一人で食べるご飯よりダイヤや果南と食べるご飯の方が美味しいに決まってるのになんで一人だけご飯なんてことすると思うの!?」

ダイヤ「知ったこっちゃありませんわ。鞠莉さんはいつも自分勝手に行動して私たちを困らせているんですから…勝手に好きなもの食べればいいじゃないですか。」

鞠莉「…っ!!」

果南「ねぇダイヤ?そろそろその辺に…」

ダイヤ「付き合ってはいますけれど、私だっていろいろ困らされることも多々あるわけで…」

鞠莉「ダイヤの馬鹿ッ!!!」ジワッ

ダイヤ「!!」ビクッ

果南「あーあ…もう…」


11 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:26:10.95 ID:we5bRXgHO

鞠莉「なにっ…よ…、今そんなこと言わないでいいじゃない…っ!メイワクかけてるなって思ってるもんっ…!!」グスッ

ダイヤ「あ…鞠莉さん…」

鞠莉「いっつもメイワクかけちゃってるから…少しでもダイヤが喜んでくれるようにってご飯にしようって言っただけじゃない…なのにっ…!」

鞠莉「なんで何も考えてないみたいに言われなきゃいけないのよ!!一人で好きにすればいいなんて…言わないでよぉ!!」グスグスッ

ダイヤ「っ…」

鞠莉「そんな寂しいこと…ダイヤの口から聞きたくないっ!!…うわぁぁぁんかなぁぁぁぁん!!!!!」バッ!

果南「え!ここで私!?…はいよしよし…」


12 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:30:37.45 ID:we5bRXgHO

ダイヤ「えっと…鞠莉さん…」

ダイヤ「言い過ぎたことは謝ります…、それと聞いてほしいのですけど…なぜ私があれほどパンにこだわったのか…ちょっと待っててくださいな。」

鞠莉「…」

果南「ん?うちの冷蔵庫??」

ダイヤ「実は…こっそりパンの種を作ってきていまして…出来立てを鞠莉さんに食べさせてやりたかったのですわ…。それでもしご飯になると大変不都合ですが驚かせるつもりでしたから言うに言えず…。」

ダイヤ「結局鞠莉さんをひどく傷つけてしまいましたわね…。本当に申し訳ありませんわ。これは置いていきますが、帰らせてもらいます…。」

果南(いつうちの冷蔵庫に入れたんだろう…)

鞠莉「待ってよ!!」


13 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:34:18.23 ID:we5bRXgHO


ダイヤ「鞠莉さん…、もう私のことなど嫌いになってしまわれたでしょう??」

鞠莉「パンもダイヤも大好きよっ!!」

果南(締まらない台詞…)

鞠莉「言ったでしょ…?皆で食べる方が食べ物は美味しいんだから…、一緒に食べようよ…。私がダイヤのことを嫌いになるわけなんかないじゃない!」

ダイヤ「鞠莉さん…」

鞠莉「ね…?一緒に温かいシチューと、ダイヤの愛情がこもった焼き立てのパン、食べよ?」

ダイヤ「…ええ!!」

果南「まだ下ごしらえもしてないけどね。」


14 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:38:39.60 ID:we5bRXgHO
___________________________________


3人「ごちそうさまでした!!!」

鞠莉「う~ん!!やっぱりダイヤと果南と食べるご飯はなんでも美味しいわね!!」シャイニー

ダイヤ「ふふっ、すっかり元の調子ですわね。そんなところが好きなのですわ。」

果南「しれっと何を…。本当に一時はどうなることかと思ったけどね、ちゃんと仲直りしてくれてよかったよ。」

鞠莉「あったりまえよ!!喧嘩するほど仲がいいって言うじゃない?私とダイヤはそんな感じでいいのよ♪」

ダイヤ「それもそうですわね。…ところで気が早いですが明日の朝食は残りのパンを食べてもらうのでいいですわね?」

鞠莉「え?日本人なら朝は白いお米よ?」

ダイヤ「貴女が言いますの…?とにかく余ってるんですから仕方ありませんわよ。食べてください。」

鞠莉「いくらダイヤの手作りだからって連続は飽きるの!!絶対ご飯食べるんだから!!」

ダイヤ「いいえ!必ずパンを消費しきりますわ!!」

果南「……。またやるの?」


おしまいですわぁ!!


15 : 鶯団子 2017/06/23(金) 23:39:19.37 ID:we5bRXgHO
お退屈様でした。HTML依頼を出してきます。

ダイまり流行れ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498225953/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ