Powered By 画RSS


轟雷「何をしてるのですか、あほ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:12:01.13 ID:RfIKANLE0

轟雷「私の装甲が接着剤でドロドロじゃないですか!?」

あほ「ごめんねー、轟雷。ほら、あれだよ? 接着剤でむにゅっとやって合わせ目を消すやつ。……失敗しちゃったけど」

轟雷「これではもう買い直すしかないじゃないですか……。このあほ!」

あほ「あほは流石にひどくない?」

スティレット「あほ、荷物届いていたわよ? 取りに行かなくて良いの?」

あほ「スティ子まで!? とりあえず荷物取って来るね」スタコラサッサ

スティレット「……まぁ、なによ。元気出しなさい、轟雷」ポン

轟雷「……ありがとう、スティレット。あほは模型に興味を持つようになったのは良いのですが、色々雑なのですよね」

スティレット「そういう性格なのよ。長い目で見てあげなさい」

轟雷「大人になりましたね、スティレット」

スティレット「と言うかあんたがあほに求め過ぎなのよ」

轟雷「そうでしょうか?」

スティレット「そうよ」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:13:36.94 ID:RfIKANLEo

あほ「FA社からのサンプル品だったよ~」

轟雷「これは、アーキテクトにお願いしていたオプションパーツセットですね」

バーゼラルド「これで君もフルアーマー轟雷になれる! ってやつだね~」

スティレット「あれ? バーゼラルド帰ってきていたの? 管理人さんは何て?」

バーゼラルド「やっぱり難しいって。仕方がないよねー」

スティレット「まぁそうよね」

轟雷「あほ、将来のことはキチンと考えていないといけませんよ?」

あほ「う、うん。と言うか、私あほのままなんだね……」





3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:14:58.39 ID:RfIKANLEo

フレズヴェルク「やっほー、来たよ」

轟雷「フレズヴェルクですか。今日もバトルをしに来たのですか?」

フレズヴェルク「新しい武装を試す時はやっぱり轟雷じゃないとね」

轟雷「ちょうど私にも新しい武装がアーキテクトから届いたところです。と言っても組み立てないといけませんが」

あほ「轟雷! 私が作るよ!」

轟雷「あほは黙っていてください!」

あほ「しゅん」

フレズヴェルク「あほって呼ばれてるの? あはは、変なのー」

バーゼラルド「あほ。バーゼと一緒にまずはカンナ掛けの練習だー!」

あほ「……うん、私頑張る。それで、あほって呼ばれないようにするよ!」





4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:17:00.98 ID:RfIKANLEo

轟雷「あほが去っていきましたので、早速バトルをしますか?」

迅雷「迅雷参上!」

スティレット「何よ? 今日は千客万来ね」

轟雷「迅雷! 久しぶりですね」

迅雷「うむ。ちょうど武者修行の旅から戻ったところでな」

スティレット「迅雷がそうやって風来坊をしているせいで、あの時のメンバーが揃いづらくなっていたのよ?」

轟雷「揃いづらいと言えば、マテリア姉妹も最近見ませんね?」

迅雷「マテリア姉妹なら──」

シロ「あほちゃん、デザインナイフがパーツに刺さっているわよ」

クロ「お願いだからやめてちょうだい……コトブキニッパーでカンナ掛けをしようとするのは」

迅雷「先ほど会ったので一緒にここまで来たというわけだ」





5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:17:55.54 ID:RfIKANLEo

バーゼラルド「これでアーキテクトが居れば、あの時のまんまだね~」

轟雷「……いえ、まんまではありませんよ。それよりもバーゼラルド、あほへの指導は良いのですか?」

バーゼラルド「シロお姉ちゃんとクロお姉ちゃんに任せてきちゃった」

スティレット「あの二人、あほに対しては何だか甘いのよね」

迅雷「そういうお主も大概だと思うが」

アーキテクト「肯定。スティレットは現マスターに対する慈愛の念が深い」

轟雷「アーキテクト!? こうしてお会いするのはいつ以来でしょう!?」

アーキテクト「音声通信でなら45時間前。今の状況の再現であれば──」

迅雷「おぉっ! アーキテクト、会いたかったぞ!」

アーキテクト「……迅雷も元気そうで何より」





6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:20:09.82 ID:RfIKANLEo

フレズヴェルク「何だかんだで皆揃ちゃったね」

シロ「巡り合わせかしら?」

クロ「巡り合わせね」

スティレット「シロクロ、あほは良いの?」

シロ「だってあほちゃん、全然上達しないんだもの」

クロ「にーたろうに任せてきたわ」

あほ「お掃除ロボットに模型作り教わる私って何!?」

バーゼラルド「でもさぁ、こうして揃うとあの時のことを思い出すよね~」

迅雷「だからこそ、あの記憶は我々の宝と言えるのではないか?」

フレズヴェルク「迅雷ったら詩的~」

迅雷「あお殿のポエムの影響かもしれんな……」

アーキテクト「……あお……」



轟雷「……そうですね、ここにあおが居ればあの時のままだったのかもしれません」





7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:21:03.25 ID:RfIKANLEo

バーゼラルド「あおに会いたいよね」

スティレット「ちょっと! その話はしないって約束でしょ!」

迅雷「そう、だったな」

フレズヴェルク「でも、あおに似ているあほがそこに居るよね?」

轟雷「いえ、あほはちょっと……」

あほ「ひどい!?」

シロ「でも、時が経つのは早いわね。あれだけちっちゃかったあほちゃんがこんなに大きくなるなんて」

クロ「シロお姉様、少しASがおば様になられたのでは?」

シロ「クロ~? お仕置きされたいのかしら?」

アーキテクト「学習モード、おば。家族以外で子供の成長を見守った女性人格のこと。広義では私たちもその範囲に該当するものと思われる」

スティレット「久しぶりに聞いたわね、あんたのその胡散臭い知識。と言うか明らかに間違っているわよね?」





8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:34:22.97 ID:RfIKANLEo

迅雷「そう言えば、バーゼラルド殿。このマンションは結局どうなるのだ?」

バーゼラルド「やっぱり解体だって。見た目はピッカピカだけど、大分老朽化が進んでいるらしいよ?」

クロ「そう。こうして皆でここに集まるのもこれが最後になるのかもしれないということね」

シロ「……寂しくなるわ」

フレズヴェルク「最後ならやっぱりあおが居て欲しかったかもね」

スティレット「仕方がないわよ。私たちと人間の進む時間は違うんだし。それを最近ようやく分かってきたわ」

アーキテクト「肯定。人間はFAガール以上に経年劣化していくもの。そして、あほのように日々成長していくもの」

あほ「アーキテクトにまであほって言われた!?」

轟雷「あお……」

シロ・クロ「あおちゃん……」





9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:35:16.14 ID:RfIKANLEo






あお「ただいま~。って、何この雰囲気!? お通夜?」








10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:36:19.37 ID:RfIKANLEo

轟雷「あお! おかえりなさい!!」

あお「あ、うん、ただいま。テンション高いね、轟雷?」

バーゼラルド「あーあー、あおが帰ってきちゃった」

シロ「あおちゃんが遠くに旅立ちゃったごっこはおしまいね」

あお「皆揃ってそんな変な遊びしていたの!?」

あほ(あおの娘)「あ、ママ。おかえりー」

あお「ただいま。ところでパパは?」

あおの娘「え? パパって轟雷だよね?」キョトン

あお「あちゃー、今朝の喧嘩まだ引きずっているのかぁ……」

轟雷「あお、私は源内轟雷ですよ? それはもうあおの配偶者と言っても過言でないのでは?」

あお「過言だよ!?」





11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:37:08.09 ID:RfIKANLEo

アーキテクト「あお。ご無沙汰していたことをお詫びする」

あお「アーキテクトも来ていたんだ? 直接話すのは久しぶりだね。聞いたよ、新しい企画が通ったんだって?」

スティレット「アーキテクトはFAガール初のFAガール開発主任にまで出世したのよね。自分で何言っているのか分からなくなってくるけど」

アーキテクト「武装神姫プロジェクトを進行中。メガミデバイスも絶賛展開中なので購入してもらえると嬉しい」

迅雷「ははっ! この商売上手が!」





12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:38:22.91 ID:RfIKANLEo

バーゼラルド「アーキテクトも凄いけどさ、シロお姉ちゃんとクロお姉ちゃんだって今では先生だもんね」

スティレット「最初聞いた時はどんな冗談かって思ったものよ」

シロ「あらー? スティレットちゃん?」

クロ「スティ子ちゃんはほんと調教のしがいがあるわぁ」

スティレット「うっ、ヤブヘビだった……」

迅雷「そして、この迅雷は今では修行僧として各地を回っているのだ!」

バーゼラルド「ブラブラ遊んでいるだけだよね?」

轟雷「家事手伝いの私たちは良いのですが、迅雷はニートというものでは?」

フレズヴェルク「ボクたちは実験データで会社の役に立つけど、迅雷はそれさえしていないよね?」

迅雷「な、なんだと言うのだ……? み、耳が痛むぞ!?」





13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:40:46.50 ID:RfIKANLEo

バーゼラルド「そうだそうだ、あお。管理人さんがこのマンションやっぱり解体するってさー」

あお「うん、知ってるよー。皆との思い出が詰まった大切なマンションだったけど、流石に手狭だし、老朽化じゃ仕方がないよ。それに、代わりに用意してもらった新しいマンションは広いから文句はないかな。ビバッ! 新築!」チャリン

スティレット「引っ越し費用が節約できているからか、あおからまたチャリーンって音が聞こえるわ」

轟雷「あおはお金が大好きですからね」

迅雷「守銭奴だな」

アーキテクト「学習モード、守銭奴。データ取得完了。一説にはお金持ちほどお金にうるさくなる傾向があるらしい」

あおの娘「私もお金大好き!」

スティレット「あたしのマスターはお金があるだけ使うから貯金がないのよね」

あおの娘「そ、そんなことないよ。多分……」

シロ・クロ『あおちゃんと言えばお金よね』

フレズヴェルク「あおー。ボクもあおを見習ってお金を最近貯めているんだよー」

あお「もう! 皆して私をお金大好き人間みたいに扱うんだからー!」

FAガールたちと娘『え? 違うの?』

あお「うえーん、ごうら~い。皆して私をいじめるー。主婦として当然のことをしているだけなのに~」

轟雷「はいはい、泣き止んでください、あお。……もう、いつまで経ってもあおは変わらないんですから」



轟雷(あおは大人になって子供まで出来たけど、やっぱりどこまでいっても私の良く知るあおなのでした)



                                                        おしまい





14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 21:41:48.42 ID:RfIKANLEo
シリアス展開も途中まで考えていましたが、やっぱりこのメンバーはほのぼのが一番と言うことでこんな感じに

それでは~

*ゆゆゆのSSも書いたりしているのでよろしければそちらもどうぞ



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498479120/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ