Powered By 画RSS


ガヴリール「神足通失敗したらハゲた……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:15:56.78 ID:1n+H1uo60
ガヴリール「これまで私は2度、神足通を使って教室に飛ぼうとして失敗した」

ガヴリール「これはきっと人に見られてはいけないというルールが頭の中に引っかかって、無意識のうちに失敗したんだろう」

ガヴリール「つまり飛ぶ先を人気のない場所、例えばトイレをイメージすれば成功するはずだ」

ガヴリール「物は試しだ、神足通!」シュン

ガヴリール「やった成功!やればできるじゃないか!」

ガヴリール「あれ?妙に頭が軽い気がする…」サワサワ

ガヴリール「…………髪の毛がない」ツルーン




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:16:23.19 ID:1n+H1uo60
ガヴリール「やばいやばいやばいやばい!!」

ガヴリール「どうすんのこれ! こんなんで外に出られるわけないじゃん!!」

ガヴリール「とりあえずまた神足通で家に戻って………」

ガヴリール「いや待てよ」

ガヴリール「今回は髪の毛だったが、考えてみれば内臓が取り残される、なんてこともあり得るわけだよな……」

ガヴリール「」ゾクッ

ガヴリール「と、とりあえずトイレから見つからないように出よう……」ガチャ


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:17:14.94 ID:1n+H1uo60
ガヴリール「あ」

サターニャ「あ」

サターニャ「あんたガヴリール!? その頭、グラサンみたいにツルツ…」

ガヴリール「ふんっ!」ボコォ

サターニャ「グエッ!」

ガヴリール「サターニャとりあえずこっち来い!」ガチャ バタン

サターニャ「ちょっ、何よトイレの個室に2人とか狭いんだけど……」

サターニャ「それにその頭どうしちゃったのよ」

ガヴリール「いや、神足通で学校に行こうとしたら、失敗して髪だけが……」

サターニャ「どんな失敗なのよ……それ」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:18:05.33 ID:1n+H1uo60
キーンコーンカーンコーン

サターニャ「あっ、授業開始のチャイム……」

ガヴリール「すまん、お前にまで授業サボらせちゃって……」

サターニャ(今日のガヴリールなんだか少し気弱ね……)

サターニャ「ま、まあ……それは別にいいわよ! 授業をサボるなんてなかなかの悪魔的行為だわ!!」

ガヴリール「そっか、ごめんな……」シュン

サターニャ「だから謝らなくていいわよ!」

サターニャ「それよりあんた、その頭でこれからどうするのよ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:18:32.92 ID:1n+H1uo60
ガヴリール「そうだよな…………」

ガヴリール「うっ……うっ……この頭でこれからどう過ごせばいいんだよ……」ポロポロ

サターニャ「ガヴリール……」

ガヴリール「隠す為にパーカーのフード被っても普通の学校生活なんてもう無理だよ!」ポロポロ

サターニャ「仕方ないわね……」

ガヴリール「サターニャ?」グスン

サターニャ「私が魔界通販でよく効く毛生え薬を見つけて買ってあげるから……」

サターニャ「もう泣くのはやめなさい!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:18:58.16 ID:1n+H1uo60
ガヴリール「優しいんだな、正直からかわれるとばかり思ってた……」グスン

サターニャ「からかわないわよ、だってライバルがこんな調子じゃ物足りないし……」

サターニャ「そ、それに髪は女の命だって言うじゃない」

ガヴリール「ありがとうな、サターニャ」クスン

サターニャ「す、素直に感謝されると照れるじゃないのよ……!」

サターニャ「それじゃ早速スマホアプリの魔界通販で……」タプタプ

ガヴリール「でもさ、そういう通販で注文だと結構時間かかるんだろ?」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:19:34.73 ID:1n+H1uo60
サターニャ「安心しなさい、私は魔界通販プライム会員だから今頼めば夕方には届くのよ」

ガヴリール「へぇ、すごいんだな」

サターニャ「いいわよ、もっと褒めなさい」フフン

ガヴリール「お前じゃなくて魔界通販がな」

サターニャ「ぐぬぬ……一応注文したから私の家行って待ちましょう」

ガヴリール「サターニャも来てくれるのか?」

サターニャ「当然よ、どうせ今から戻っても廊下に立たされるだけだろうし」

サターニャ「ほら、とりあえずフード被って外出るわよ」

ガヴリール「ああ」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:20:00.23 ID:1n+H1uo60
サターニャ「注文した品物が届いたわよ!」

ガヴリール「本当にはやいんだな」

サターニャ「当然よ!」フフンッ

ガヴリール「だから褒めてないって、それよりさっさとくれよ」

サターニャ「まあ待ちなさい、ガヴリール」

ガヴリール「なんだよ」

サターニャ「確かにこの薬を渡すのはやぶさかじゃないわ」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:20:38.72 ID:1n+H1uo60
サターニャ「ただし」

ガヴリール「ただし?」

サターニャ「髪が生えたら私がしたい時にしたいだけモフモフさせなさい!」

ガヴリール「はぁ?」

サターニャ「嫌ならこの薬を渡すわけにはいかないわね!」

ガヴリール「いや、別にいいんだけどさ、なんでモフモフなんだよ」

サターニャ「ふっふっふっ、契約成立ね!」

サターニャ「モフモフしたいのはなんとなく気持ち良さそうだからよ!!」

ガヴリール「なんだそりゃ……いいからはやくしてくれ」

サターニャ「そうね、折角だし私が塗るわよ」ペタペタ

ガヴリール「あ、ありがと」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:21:26.50 ID:1n+H1uo60
後日

サターニャ「ガヴリール~♪」モフモフ

ヴィーネ「サターニャ、最近やけにガヴの髪触ってるわね」

サターニャ「えへへ~、まぁね~」モフモフ

ヴィーネ「それにガヴもそのまま受けるなんて珍しい」

ガヴリール「まあ、色んな意味での命の恩人だからな……」モフラレモフラレ

ヴィーネ「命って……あんた達に何があったのよ……」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 02:21:55.45 ID:1n+H1uo60


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 07:35:44.25 ID:UBHiQ/ddO
俺にそれをくれ


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/29(木) 14:42:38.02 ID:idus/Zam0
ガヴサタ乙
もふもふ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498670156/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガヴリールドロップアウト」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ