Powered By 画RSS


【ミリシタ】???「だらー!だらー!」P「……んん?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:39:28.14 ID:5EepJQ8b0
 
このSSは「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」のSSとなります。
台本形式です。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:42:08.88 ID:5EepJQ8b0
―――事務室―――

紬「(……何故だか事務室が騒がしい。誰かいらっしゃっているのでしょうか)」

紬「おはようございます、プロデューサー」ガチャ

P「お、おお! 紬か! 待ってたぞ!」

紬「……待っていた? 私を、ですか?」

P「ああ。この子、お前の知り合い……ああいや……なんて言えばいいのか」

紬「……歯切れが悪いですね。何かやましい事でも?」

P「そういうワケじゃなくて……」

???「だらー!」ヒョコッ




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:42:52.83 ID:5EepJQ8b0
紬「……は?」

P「えーっと……い、妹、とか?」

紬「……」

P「紬?」

紬「……信じられません。まさか、いくら私に似ているとはいえ、まだ年端もいかぬような女の子……女の子? を、誘拐してくるだなんて。失望しました」

???「だらー!」

P「い、いや、紬と関係があるのかと思って……降ろしても降ろしても、勝手に頭に登ってくるし……」

紬「……とりあえず、ペットじゃありませんけれど、元いた場所に戻して来てください。警察に届け出るのはそれからです」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:44:30.85 ID:5EepJQ8b0
P「紬は、この子と関係がないんだな?」

紬「ええ。……親近感を覚える、というか、非常に似てはいますけど」

P「そうか……ごめんなー」

???「だ、だっちゃかん! だっちゃかん!」

P「でもなー。紬は関係がないって言ってるし、このままじゃ俺、路頭に迷うどころか警察に突き出されそうだし……」

???「だっちゃかん! だっちゃかん!」ブンブン

P「誰かこういうのに詳しい人がいればいいんだけどなー」

紬「そんな都合よく」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:45:16.96 ID:5EepJQ8b0
美咲「今だっ……お疲れ様ですプロデューサーさん。……あら? その肩に乗っているのは……」

紬「(何か今だ、って聞こえた気がしたのですが)」

P「ご存知なんですか美咲さん」

美咲「多分、ですけど……紬ちゃんのぷちどるじゃないですか?」

P「ぷち」

紬「どる?」

???「だらー!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:46:43.58 ID:5EepJQ8b0
―――10分後―――

美咲「というわけで、ぷちどるというのは実在するアイドルに非常によく似た生き物なんです」

P「なるほどぉー」

紬「いやワケがわかりません。何故私にそっくりな生き物がこんなところにいるんですか」

美咲「細かい事は気にしてはいけませんよ」

紬「しかし」

美咲「気にしてはいけませんよ」ズイッ

紬「は、はぁ……」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:48:12.62 ID:5EepJQ8b0
P「じゃあこの子は、紬のぷちどるという事でいいんですね?」

美咲「恐らくは。先ほどから発している鳴き声も、金沢弁だと思われます」

P「ああなんだ。じゃあ紬はこの子が言ってる事、わかるのか?」

???「だらー」

紬「……バカ、と言っていますね」

P「えー……」

美咲「多分、紬ちゃんに似て気難しい性格なのだと思いますよ」

紬「ちょっと待ってください。それは私は気難しい性格をしていると?」

美咲「えっ」

紬「えっ」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:49:53.40 ID:5EepJQ8b0
美咲「と、とにかく。放っておいても可哀想なので、劇場内でプロデューサーさんが面倒を見る事にしましょう」

P「ですね」

紬「反対です」

P「なんでだ紬」

紬「プロデューサーがこの子に対して変な事をしないとも限りません」

P「俺ってそこまで信用ないかな……」

紬「はい」

P「そうか……ならそうだな。紬自身が面倒を見るか?」

紬「私が、ですか?」

P「ああ、心配だっていうなら。自分で面倒を見る分には安心だろ?」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:51:05.87 ID:5EepJQ8b0
紬「……そうですね。でしたら責任をもって、私がこの子の面倒を見ます」

P「わかった。頼んだぞ。……ほら、今日から俺じゃなくて紬が、君と一緒に暮らしてくれるって」

???「だらー」

紬「……」

???「……」

紬「……こここっ」

???「!」ピョーイ

P「お、紬の頭に乗ったか。よかったよかった。それより紬、今なんて」

紬「別に、何でもありません。とにかく、今日からこの子は私が面倒を見ますから」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:52:51.63 ID:5EepJQ8b0
P「お、おい。そのままレッスンに行くのか?」

紬「ここに置いていくわけにもいきませんし、連れて行きます。事情を話せば他の方にもわかっていただけると思いますから」

P「わかった。何かあったらすぐ連絡しろよ」

紬「言われずとも。では」

P「大人しくしてるんだぞー。ちゅむぎー」

ちゅむぎ「だらー」

紬「ちょっと待ってください」

P「な、何だ?」

紬「その、ちゅむぎ、って何ですか」

P「なんですかって……その子の名前だけど」

ちゅむぎ「だらー」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:54:02.72 ID:5EepJQ8b0
紬「……私のぷちどるだからといって、変な名前をつけないでください」

P「えー。ちび紬、略してちゅむぎ、かわいいだろ?」

紬「かわいくありません!」

ちゅむぎ「……」

P「ほら、ちゅむぎも何だかシュンとしてるぞ」

紬「えっ、いや、しかし……ほら、私が名前をつけてあげますから。ええと……ハントン……」

ハントン「だっちゃかん!!!」

P「滅茶苦茶嫌がってるな」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:55:10.87 ID:5EepJQ8b0
紬「あ、頭の上で暴れないでください! だ、だったら……じ、治部煮……」

治部煮「だっちゃかん!!!!」

P「今度は思いっきり頭を叩き始めたな」

紬「い、痛いです! 痛いです! じゃあなんだったらいいんですか!」

P「ちゅむぎ」

ちゅむぎ「……」ピタッ

P「やっぱりちゅむぎがいいんじゃないか?」

紬「……私を連想させる名前は不愉快なのですが」

ちゅむぎ「だらー」

P「本人? が納得してるんだからしょうがないだろ」

紬「はぁ……ばっかいならん……」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:56:55.83 ID:5EepJQ8b0
P「え?」

紬「気にしないでください。この子の近くにいたせいで、方言を思い出してしまっただけです」

ちゅむぎ「だらー」

紬「では改めてレッスン場に行ってきます。……貴方が来る必要はありませんからね」

P「生憎と午前中は出かけなきゃだから、行けそうにないよ。ごめんな」

紬「何を謝っているのですか。あなたはバカなのですか?」

ちゅむぎ「だらー!!」

紬「痛いです痛いです! 頭を叩かないで!」

P「あー、いつもの事だから。怒ってくれてありがとうな、ちゅむぎ」

ちゅむぎ「……」プイ

紬「何なんですか全く……」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:58:27.07 ID:5EepJQ8b0
―――レッスン場―――

紬「おはようございます」

エミリー「あ、おはようござ……あれ? 紬さん、その頭の上に乗っかっているのは……」

ちゅむぎ「だらー」

紬「ええと……私のぷちどる? だそうです」

エミリー「Wow! 可愛い……触ってみてもいいですか?」

紬「それは私よりもこの子に聞いた方が」

ちゅむぎ「だらー」コクコク


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:00:15.98 ID:5EepJQ8b0
エミリー「よいのですか! では失礼して……わぁ……髪の毛サラサラ……」

ちゅむぎ「だらー♪」

紬「……」

エミリー「顔つきも、表情も、紬さんに本当にそっくりですね。頬もぷにぷにしていて……」

ちゅむぎ「……だっちゃかん!」

エミリー「きゃっ、お、怒らせてしまいましたか……?」

ちゅむぎ「だらー」

紬「多分、あんまり触られたくない所だったのかと。私もあまり、顔を触られるのは好きではありませんから」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:01:59.32 ID:5EepJQ8b0
エミリー「あ、そうでしたか……ごめんなさい、ええと……紬さん。この子、お名前は」

紬「……ちゅ、ちゅむぎ、だそうです。プロデューサーが名付けていました」

エミリー「ちゅむぎさんですか。ごめんなさい。いきなり触ったら、ビックリしてしまいますよね」

ちゅむぎ「……じゃーまない」

エミリー「じゃ……はて?」

紬「じゃまない、金沢弁で、大丈夫、という意味です。ちなみにだっちゃかんは、嫌、とかそういう意味ですね」

エミリー「よかったぁ、許してもらえたみたいですね……」

紬「(どうもこの子は金沢弁で会話、感情表現を行うようですね)」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:03:36.98 ID:5EepJQ8b0
紬「ではエミリーさん。この子の紹介も終わった事ですし、レッスンの準備をしましょう」

エミリー「そうですね。ライブ前ですから、しっかりと気合いを入れないといけません!」

紬「ちゅむぎ。申し訳ないけれど、そこの椅子の上で待っていてくれる?」

ちゅむぎ「……」

紬「……あここっ」

ちゅむぎ「!」タタッ

エミリー「ちゃんと、こちらの言っている事も理解しているのですね。いい子です……」

紬「金沢弁で指示しないといけないのが難しい所ですけれどね。では体操から始めましょう」

エミリー「はいっ!」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:04:52.30 ID:5EepJQ8b0
―――数時間後―――

紬「ではここの振付をもう一度……」

ちゅむぎ「だらー」チョイチョイ

紬「どうかしましたか、ちゅむぎ。今はレッスン中で」

ちゅむぎ「だらー……」グゥー

エミリー「ふぅ……あ、もうお昼ご飯の時間ですね」

紬「えっ、もうそんな時間でしたか……」

ちゅむぎ「だえー……」クタッ

紬「もう、しょうがないですね……ほら、頭に乗ってください」ヒョイッ

ちゅむぎ「だえー……」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:05:56.93 ID:5EepJQ8b0
エミリー「ふふっ」

紬「エミリーさん?」

エミリー「あ、ごめんなさい。しかし、微笑ましくて……」

紬「そう、ですか?」

エミリー「はい。何だか、親子みたいです」

紬「親子……」

ちゅむぎ「だえー?」

エミリー「あ、引きとめてごめんなさい。シャワーを浴びて、着替えてからご飯を食べに戻りましょうか、ちゅむぎさん」

ちゅむぎ「だらー」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:07:20.10 ID:5EepJQ8b0
―――控え室―――

P「お疲れ様、二人……ああいや、三人って言った方がいいかな」

エミリー「はい、お疲れ様です。仕掛け人様」

紬「……お疲れ様です」

ちゅむぎ「だえー」

P「おーいちゅむぎ? なんだかだらっとしてるが大丈夫なのか?」

エミリー「多分おなかがすいているんだと思います。あの後、シャワーとかで時間も取っちゃいましたから……」

P「そうかー……そういえば、ちゅむぎって何を食べるんだろうな」

紬「私に聞かれましても……」

エミリー「そういえば……好物とかも、紬さんに似通っていたりするんでしょうか?」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:10:42.80 ID:5EepJQ8b0
P「……ふむ」

紬「何ですか人の顔をそんなにじっと見て」

P「いや、冷蔵庫の中に紬の抹茶プリンか何かがあったなと思い出して」

紬「……なるほど。この際ですから、構いません。このまま餓死してしまうよりも何倍もマシです」

P「ありがとな。じゃあ取ってくる」

エミリー「……仕掛け人様と紬さんは、時々不思議ですね」

紬「不思議、ですか?」

エミリー「はい。さっきの会話の中には、その抹茶プリンをこの子に食べさせる、という文章は一つも入っていませんでした。それなのにお二人は言葉の外で、その意味を通じ合わせて会話していました。これはたまに仕掛け人様と、他の方との会話でも起きている事なのですが……」

紬「エミリーさんはここに入ってきたばかりですからね。一緒に過ごしていれば、それなりにプロデューサーの言いたい事はわかるようになります。そしてプロデューサーも恐らくは私達の言いたい事を理解しています。……エミリーさんも、そのうち、出来るようになりますよ」

エミリー「信頼関係、というものですね。でも……」

紬「でも?」

エミリー「言わなくては伝えられない事、それも必ずある、と私は思っています」

紬「……そうですね」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:11:34.02 ID:5EepJQ8b0
P「よかったあったあった。さ、ちゅむぎ、あーん」

紬「何恥ずかしい事をしようとしてるんですか!」

P「いや、だってくたってしてるし……自分で食べられないかなと思って」

紬「貸してください。私がやりますから、もう。……ちゅむぎ、あーん」

ちゅむぎ「……」プイッ

紬「食べなくちゃダメですよ。おなかがすいているんでしょう?」

ちゅむぎ「だっちゃかん……」プイッ

紬「……困りました」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:13:08.99 ID:5EepJQ8b0
P「試しに俺やエミリーでもやってみるか?」

紬「エミリーさんはとにかく、あなたが行うというのは不本意ですが……仕方ありません」

P「じゃあ俺からだ。ちゅむぎ、あーん」

ちゅむぎ「だっちゃかん……」

P「ダメかー……じゃあエミリー」

エミリー「は、はい。ちゅむぎさん、あーんしてください」

ちゅむぎ「だっちゃかん……」

エミリー「ダメみたいですね……」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:14:17.66 ID:5EepJQ8b0
P「人というより、もしかして食べ物がダメなのかもな。なら、今日の二人の分のお弁当を広げて反応を見たいんだが、いいか?」

紬「はい、構いません」

エミリー「私も大丈夫です」

P「じゃあ広げるな。こっちが紬の鳥五目弁当で、こっちがエミリーの彩り弁当」

ちゅむぎ「……」

エミリー「反応がありませんね……そういえば、仕掛け人様のお弁当は?」

P「俺か? いや俺のは……ほら、唐揚げ弁当だけど流石に―――」

ちゅむぎ「!」ババッ

P「っと!?」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:15:20.55 ID:5EepJQ8b0
ちゅむぎ「はぐはぐ……」

P「……唐揚げを一つ持ってかれたな」

エミリー「ですね……唐揚げがお好きなのでしょうか……」

紬「……」

P「紬?」

紬「……そうですよ。唐揚げ好きですよ……悪いですか」

P「え、ああそうだったのか。別に悪いとは言ってないが」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:16:56.27 ID:5EepJQ8b0
紬「金沢では、水で揚げる唐揚げとかがあって子どもの頃から唐揚げを食べる機会が多かったんですよ。だから唐揚げ好きに決まってるじゃないですか」

P「そ、そうなのか」

紬「でもアイドルのプロフィールにそれ書くのはどうなんと思ったから敢えて書かなかったん、我慢してたん!」

P「わ、わかったわかった。秘密にしたかった気持ちもわかるから、この事はみんなに言ったりはしないよ。でもな、一つだけ言っておくけれども」

紬「何ですか」

P「この劇場の中には、好きな物の場所に日本酒とかわさびとか書いてるアイドルもいるし、そんなに気にしなくていい」

紬「……ほんま?」

P「ああ。それは保障するよ。ただ、別に公言する必要はない。そこは紬の好きにしたらいいさ」

紬「……わかりました。好きにします」

P「ああ、それでいい」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:17:53.06 ID:5EepJQ8b0
エミリー「紬さんっ」

紬「は、はい」

エミリー「私も軽蔑なんてしません。少なくとも、この劇場に、それで紬さんを笑うような人はいません。あの、ですから……」

紬「……ありがとう、エミリーさん」

ちゅむぎ「……だらー!」

エミリー「あ、食べ終わったみたいですね」

ちゅむぎ「だらー!」ババッ

P「あっ、また唐揚げが」

紬「こら」コツン

ちゅむぎ「だらっ!?」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:19:20.29 ID:5EepJQ8b0
紬「それはプロデューサーの唐揚げです。勝手に取ってはダメでしょう」

ちゅむぎ「だらー……」

P「ああいや、俺はまぁいいんだが」

紬「……本当にいいのですか?」

P「俺が我慢してちゅむぎのお腹が膨れるなら、それで十分さ」

紬「そうですか……ちゅむぎ、プロデューサーにお礼を言いましょう」

ちゅむぎ「だらー」ペコリ

P「よくできました。よし、食べていいぞ」

ちゅむぎ「だらー♪」ハグハグ


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:20:50.02 ID:5EepJQ8b0
エミリー「本当に唐揚げがお好きなんですね」

紬「……まぁ。それよりもプロデューサー。今、あなたは我慢している、と言いましたね」

P「え、ああ」

紬「でしたら私のお弁当を、少し手伝ってもらえませんか? ……私には少し、量が多いようですから」

P「……いいのか?」

紬「はい」

エミリー「あ、でしたら私の物も是非。お行儀は悪いかもしれませんが、取り換えっこもしてみたいです!」

紬「……そうですね。せっかくですから」

ちゅむぎ「……だらー♪」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:22:39.63 ID:5EepJQ8b0
―――事務室―――

エミリー「では紬さん、ちゅむぎさんも、お疲れ様でした」

紬「はい。エミリーさん。また明日」

ちゅむぎ「だらー」

紬「さて、と……ごめんなさい。膝の上に降ろしますよ」

ちゅむぎ「だらー?」

紬「……今日は色々大変でした。特にあなたのせいで」

ちゅむぎ「だらー」

紬「朝からバタバタしてしまったり、プロデューサーやエミリーさんに、唐揚げが好きだってバレたり……散々です」

ちゅむぎ「……?」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:24:35.35 ID:5EepJQ8b0
紬「首をかしげないでください。散々です。散々……でしたけど」

ちゅむぎ「だらー」

紬「……そんな、悪い気分では、ないんのは、なんでやろ」

ちゅむぎ「!」ババッ

紬「あっ、ちゅむぎ!?」

P「よっこいしょっと……ああ紬、まだいたのか」

ちゅむぎ「だらー♪」シュバッ

P「って、なんとぉー?!」バッサァ

紬「ああもう……大丈夫ですか、プロデューサー!?」


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:27:04.37 ID:5EepJQ8b0
P「あ、ああ。驚いて書類をまき散らしちまっただけだ。大丈夫」

紬「集めるの手伝います……ああもう、ちゅむぎ、あなたも手伝いなさい」

ちゅむぎ「……」

紬「……ちゅむぎ?」

ちゅむぎ「……zzz」

P「ははっ、どうやら俺の頭の上で寝ちゃったみたいだな」

紬「……もう、本当にごめんなさい、プロデューサー」

P「いいよ。紬のせいじゃない。ちゅむぎも疲れてたんじゃないかな」

紬「本当にそうでしょうか……先ほどまで話をしていたのですが……」

P「子どもみたいなもの、なのかな。急に電源が落ちるっていうかさ」

紬「そうかもしれませんね」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:28:50.08 ID:5EepJQ8b0
P「えーっと、日付順だから、これがこれの間に挟まって……」

紬「……プロデューサー」

P「なんだ?」

紬「これって、私の……」

P「ああ、紬に回ってきた仕事だ。ちゃんとチェックして、怪しげなとこは弾かないといけないからな」

紬「この量を、毎日?」

P「……いいや。今日はたまたま多いだけだ」

紬「嘘ですね」

P「……なんでそう思う?」

紬「別に、何となく、そう思っただけです。図星なのですか?」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:30:33.86 ID:5EepJQ8b0
P「まぁな。だけど毎日やってるからこそ、今日だってこれくらい問題ないさ。約束したからな」

紬「私を、トップアイドルにする、ですか」

P「本気で、トップアイドルにする、だ。そのためなら、俺は出来るだけなんだってやるぞ」

紬「出来るだけ、なのですね」

P「そりゃ俺にできる事は限られてるからな」

紬「なるほど、では、私を売り込みにいったり?」

P「紬ができそうな仕事にな。バラエティとかは苦手だろうから、ゆったりした仕事を選んではいる」

紬「ライブ会場の下見等も」

P「もちろんだ。スタッフさんと打ち合わせしとかないと、何が起きるかわからない」

紬「……私が仕事でミスした分を、謝りに行ったり?」

P「……バレてたか」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:32:14.03 ID:5EepJQ8b0
紬「今日、ホワイトボードのあなたの箇所は、午前中にどこかへ向かう、という事は書かれていませんでした」

P「あー、細かいところまで見てるんだな」

紬「自分のスケジュール確認のついでです」

P「まぁ、俺が頭を下げるくらいで何とかなるなら安いものさ。……さて、集め終わったし、俺は確認作業をするけど。紬はどうする?」

紬「私は……」

ちゅむぎ「……zzz」

紬「この子を連れて帰ります。新しく買い出しておかないといけない物も、ありそうなので」

P「そうか。なら今日はちょっと送れないから、気を付けて帰るんだぞ」

紬「はい。……ぷ、プロデューサー」


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:33:25.71 ID:5EepJQ8b0
P「ん?」

紬「その……ええと……あ……」

P「あ?」

紬「いつも……あんやとぉ……!」

ちゅむぎ「……♪」

P「……」

紬「そ、それじゃあまた明日!」

P「……」
 
 
 
P「……」
 
 
 
P「……いよっしゃァ!!!!」


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:36:11.38 ID:5EepJQ8b0
―――翌日―――

ナニナニ? ツムギチャンノプチドルダッテー カワイイー

ちゅむぎ「だっちゃかん! だっちゃかん!」

P「人気者だな、ちゅむぎ」

紬「そうですね」

P「いいのか? もみくちゃにされてるが」

紬「昨日プロデューサーの書類をばらまいた罰です。少しは反省してもらいます」

P「ははっ、紬は厳しいな」

紬「厳しくなんてありません。当たり前です」

P「そうか」


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:37:13.41 ID:5EepJQ8b0
紬「……」

P「……」

紬「あの……」

P「なんだ?」

紬「今日の、お弁当、なんですが」

P「……ああ」

紬「唐揚げ弁当を……お願い、します」
 
 
 



42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 22:42:52.00 ID:5EepJQ8b0
というワケで某雑談スレ内で見かけたネタを息抜きに形にしてみました。
ちゅむぎちゃんのほっぺをプニプニしたいんですがどこかに落ちてませんかね。

ではここまで見てくださった方々、ありがとうございました。

「だら」 → 「馬鹿」
「だえ」 → 「疲れた」
「だっちゃかん」 → 「嫌」
「じゃまない」 → 「大丈夫」
「こここっ」 → 「ここに来て」
「あここっ」 → 「あそこに行って」
「ばっかいならん」 → 「どうしようもない」

「ハントン」 → 「ハントンライス」ケチャップで味付けしたバターライスの上に、半熟の薄焼き卵と白身魚のフライを乗せ、タルタルソースをかける、オムライスに似た金沢名物。
「治部煮」 → 「治部煮」小麦粉をまぶした鴨肉または鶏肉と、金沢独特のすだれ麩や野菜を甘辛い汁で煮た金沢の郷土料理。

もし何か漏れがあればレスでお願いします。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499517567/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ