Powered By 画RSS


幽霊少女「そっか、死んじゃったんだ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:11:14.14 ID:dOGDmE3n0
幽霊少女『私の机に、お花が置いてある』

少女『親友の笑顔もどこかぎこちない』

少女『いつもHRに遅刻する先生も、ちゃんと来てる』

少女『私の席の周り、あまり人が来ないや』

少女『・・・そっか、そうだよね』

少女『私もう・・・死んじゃったんだ・・・』




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:13:09.76 ID:dOGDmE3n0
少女『交通事故、それが死因』

少女『信号無視のトラックが突っ込んできて・・・』

少女『ほぼ即死って・・・』

少女『・・・まったく~あの運転手呪ってやろうか~?』アハハ

少女『・・・・・・』

少女『・・・嘘』

少女『私にはそんな酷いこと、できないよ』


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:14:36.80 ID:dOGDmE3n0
友人「それでね~」

親友「本当に~?」フフフ

少女『いつもだったら、あそこに私も居たんだよね』

親友「――でね、その時少・・・」

友人「あっ・・・・・・」

少女『!!』

親友「・・・・・・う、家の犬がねっ」

友人「な、なになに?」

少女『・・・・・・』


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:15:52.82 ID:dOGDmE3n0
少女『話題に私が出るの、辛いんだ』

少女『うん、わかってた』

少女『みんなも辛い思いするんだって』

少女『でも・・・』

少女『でもそんなの・・・やだよ』

少女『みんなにはいつも通り、笑ってて欲しいよ』


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:17:30.59 ID:dOGDmE3n0
少女『ただいま~』

母「・・・・・・」

少女『あはは、やっぱり聞こえないよね』

少女『・・・聞こえ、ないんだよね』

弟「ただいまー」

母「おかえりなさい」

少女『おかえりー、とりあえずその汚い靴下早く脱いでね』

弟「腹減った」

母「お父さん帰ってくるまで待ってな」

少女『・・・汚くねぇよって、言い返してよ』

少女『いつもみたいにさ・・・』


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:18:28.35 ID:dOGDmE3n0
父「ただいま」

母「おかえりなさい」

母「ご飯、できてるわよ」

父「ああ、わかった」

弟「早く食べようよ」

父「急かすな急かすな」

父「では、いただきます」

母弟「「いただきます」」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:20:50.20 ID:dOGDmE3n0
父「・・・・・・」

母「・・・・・・」

弟「・・・・・・」

TV『キョウノゲストハポルノグラフィティノミナサンデス!』

少女『・・・会話がないなぁ』

少女『もっといっぱいしゃべってたはずなのに』

少女『・・・あのね、今日学校でね、私の机にお花置いてあってさ~』

少女『そんなのドラマでしか見たことないよ!って』

弟「・・・・・・ごちそうさま」ガタッ

少女『・・・・・・』


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:21:56.44 ID:dOGDmE3n0
少女『私が死んで、みんな変わっちゃった』

少女『私の話題はタブーだし』

少女『家族に笑顔は無いし』

少女『見慣れたはずの景色が、どこか違うような』

少女『そんな些細な変化だけど・・・』

少女『みんな変わった・・・』

少女『ううん、私が変えたんだ』


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:24:50.96 ID:dOGDmE3n0
少女『どうすれば、いいのかな・・・』

祖母『どうしたんだい、少女?』

少女『おばあちゃん!?』

祖母『何か、困ってるのかい?』

少女『・・・うん』

祖母『そうかそうか、どれ、おばあちゃんに話してごらん』

少女『あのね・・・・・・』


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:26:25.88 ID:dOGDmE3n0
祖母『そうかい、そんな事が』

祖母『でもそれだけみんな、少女のことを好いてくれてたんだよ』

祖母『いいことじゃないか』

少女『でもね、私は・・・』

祖母『少女は・・・偉い子だ』

祖母『ちゃぁんと周りの人の事も考えられる』

祖母『この便箋を使いなさい』

祖母『少女の望む事が、できるはずだよ』

少女『・・・ありがとう、おばあちゃん!』


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:27:32.15 ID:dOGDmE3n0
~翌朝~

母「ふわぁ・・・」

母「さて、朝ごはんとお弁当を・・・・・・ん?テーブルの上に、便箋?」

母「・・・・・・!!」

母「これは・・・少女の字・・・!!」

母「お、お父さん!弟!」ドタドタ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:28:59.61 ID:dOGDmE3n0
親友「おはよう」

友人「おはよー」

親友(少女、おはよう)

親友「・・・・・・?」

親友「ねぇ、少女の机の中、何か入ってない?」

友人「え?からっぽにしたはず・・・」

親友「でも、ほら」ピラッ

友人「何それ?便箋?」

親友「んー・・・・・・!?」

親友「嘘・・・・・・少女の筆跡だ・・・・・・」

友人「えぇ!?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:30:43.70 ID:dOGDmE3n0
少女『お父さん、お母さん、弟、親友、友人』

少女『勝手に死んじゃって、ごめんなさい』

少女『でも、私が死んでから、もう一週間も経ちます』

少女『だから、私の事でいろいろ気にするのはもうおしまい!』

少女『私の事は忘れて、今日からは気持ちを切り替えましょう!』

少女『・・・・・・でもやっぱり、たまには思い出してね』

少女『そうすればきっと、その時は』



少女『また、会えるから』


~END~


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:43:42.82 ID:asngWBsS0
短いけど泣いた。


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:47:26.66 ID:VhglfFToi
これが本当のショートストーリー


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/25(水) 23:50:34.39 ID:oNHXlElV0
感動した





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/04/26(木) 22:59:33

    こんないい子が死んでしまうなんて・・・


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ