Powered By 画RSS


恒一「何だかんだで有田さんが一番可愛いよね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 22:38:42.57 ID:QBXGdpp50
勅使河原「サカキ、悪いがそれは、ちょっとどうかと思うぞ?」

恒一「どうかな、クラスの皆に聞いて見れば、わかると思うよ」

勅使河原「どう言うことだ?」

恒一「風見君を呼んで。僕は証明するよ、有田さんが一番だって」

望月「一体何をするの?」

恒一「三年三組男子による、可愛い女子ランキングをしよう!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/26(木) 22:43:06.19 ID:QBXGdpp50
風見「と、いうわけだ。皆今もらったプリントにランキングを作ってくれ」

風見(当然、一位はゆかりだな。赤沢は……かわいい? うん?)

川堀(男じゃないなら……有田?)

猿田(部活仲間としても多々良ぞな)

王子(順当に多々良さんだね)


12 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 22:48:01.83 ID:QBXGdpp50
中尾(一位赤沢二位杉浦三位赤沢四位赤沢……あとは誰がいたっけ? あぁ、五位赤沢だな)

高林(フェアに行こう……)

和久井(綾乃さん、かなぁ?)

米村(小椋か綾乃か……くぅ……)

辻井(赤沢はちょっとキツいよなぁ……桜木?)


19 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 22:51:31.27 ID:QBXGdpp50
水野(綾乃は姉ちゃんと被る所がな……)

前島(……柿沼?)

望月(三神先生の圧勝だね)

勅使河原(まぁ、何だかんだで赤沢だな)

中尾(十六位赤沢……よし、完璧だな)

風見「終わったようだね」


21 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 22:55:22.58 ID:QBXGdpp50
集計中

風見「これは無効だね、同じ名前が十五回書かれてる」

恒一「愛だね」

風見「これは……強引に零位が書かれてるけど……榊原君、どうする?」

恒一「三神先生の零位は抜いて集計しようか」


22 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 22:56:59.31 ID:QBXGdpp50
恒一「終わったよ、集計」

勅使河原「で、どうだったんだ。結果は」

勅使河原(どうせ赤沢一位だろ?)

恒一「一位は……」


25 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:01:13.46 ID:QBXGdpp50
恒一「綾乃さんだった」

フェアダネ、アカザージャナイ!?オレハアンナニ…
マァソウカ、ジンジョウダネ

恒一「正直、もっと票が小椋さんと割れると思ったんだけどね……さすがだよ。二位の小椋さんと合わせて、ことごとく皆のベスト5に入ってた」

風見「ここまで偏るとは、思ってなかったよ」


27 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:06:34.58 ID:QBXGdpp50
風見「小椋さんに勝った点を考えるなら、男子に対しての積極性かな」

中尾「おい! 赤沢さんはどうなんだよ!」

風見「……聞くのかい?」

恒一「七位だったよ。綺麗に票が分かれてたね。上位に書いてた人と、下位に書いてた人の差が激しいよ」

恒一「理由は、普段のクラスでの振る舞いが強気なのと、見た目が美人タイプな事、仲良くならなければわからない可愛さかな」


30 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:15:47.99 ID:QBXGdpp50
一位綾乃
二位小椋
三位有田
四位多々良
五位江藤
六位桜木
七位赤沢
八位佐藤





恒一「と、こうなったわけだ……」

勅使河原「サカキは本気で有田さんが一位だと思ってたのか?」

恒一「まあね、けどまあ、この結果を見れば悔いは無いよ」

勅使河原「何でだ?」

恒一「多々良さんや赤沢さんが顕著だったけど、上と下に割れるパターンじゃなかった。それに、クラスのほとんどの人が有田さんを上位に書いてた。だから、自分の意見はそこまで間違ってなかったったわかったからかな」

ガララッ

川堀「大変だっ!」

勅使河原「ど、どうした、川堀!」

川堀「ランキングの事が、女子にバレたっ!」


32 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:18:57.01 ID:QBXGdpp50
勅使河原「内容はバレて無いのか?」

川堀「た、たぶん……演劇部の三人が聞きつけて、今こっちに来てる。すぐに証拠を隠さないと!」

風見「よし、プリントは僕と榊原君に集めて! 勅使河原は三人の足止めを!」

勅使河原「おっしゃー! 任せろ! 望月、ついでに中尾も!」

中尾「まかせろー」

望月「ぼ、僕もっ!?」


33 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:22:59.81 ID:QBXGdpp50
風見「他の皆は、階段から下駄箱までの安全確認を頼む。僕と榊原君で、証拠を持って逃げるよっ!」

クラスメイト「おう!」

風見「くれぐれも、赤沢さんに見つからないように、結果が結果だけに、いろいろありそうだ」

クラスメイト「お、おう……」

風見「行くよ、恒一君。僕達の任務は、安全に突破する事だ」

恒一「う、うん!」


36 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:26:45.81 ID:QBXGdpp50
水野「こっちはダメだ! この先で演劇部と抵抗班が戦っている!」

アンタドキナサイヨッ
クッナカオガード!
パチーン
イイネッ!

風見「幸い、反対側の階段はまだ安全らしい、急ごう」


37 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:29:58.57 ID:QBXGdpp50
下駄箱

風見「勝利はすぐそこだ! 急ごう!」

江藤「二人とも、何してるの?」

二人「くっ!?」

恒一「風見君、先に行って!」

風見「し、しかし……」

恒一「いいから!」


39 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:35:43.81 ID:QBXGdpp50
風見「必ず、生き残るんたぞ!」タタタタ

江藤「わけがわからないんだけど……」

恒一「江藤さん、今君に話す訳にはいかないんだ。そして、もし君が全てを知った時に、どう思うかも、僕にはわからない。だから、僕は君に教える事が出来ない」

江藤「? じゃあ、聞かないから、松子の事、見てない?」

恒一「有田さん? 見てないよ」

江藤「先に帰っちゃったかな。ありがと、私も帰るね。さようなら」

恒一「うん、さようなら」


41 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:38:04.31 ID:QBXGdpp50
恒一(まずいな、江藤さんに校門までの道を抑えられてしまった……)

恒一(学校からの脱出は一時停止して、校内に隠れるか?)

有田「榊原君? 何してるの?」

恒一「う、うわぁっ!?」


42 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:42:03.26 ID:QBXGdpp50
有田「そうだ! 榊原君、悠ちゃん見なかった?」

恒一「江藤さんなら、さっき帰ってっちゃったよ」

有田「そっか……ちょっとゆかりちゃんと話し込みすぎちゃったかな」

恒一「桜木さんと話してたの?」

有田「うん、何だか静かに怒ってた感じで、風見君を探してたよ? 私が、まだ帰ってないなら校門で会えるんじゃないかな、って言ったら笑いながら行っちゃった」

恒一(風見君……君は……今頃……)


43 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:47:27.75 ID:QBXGdpp50
有田「それで、榊原君は何をしてたの?」

恒一「有田さん、今君に話す訳にはいかないんだ」

有田「女子のランキングを作ってた事?」

恒一「ど、どうして……桜木さんから聞いたのっ?」

有田「ゆかりちゃんの言ってた事は本当だったんだね。……なら、その大事そうに抱えた鞄の中には、入ってるの? 結果」

恒一「そそそそんな事は無いよっ!」アセアセ

ヒラリ

恒一(鞄、開けっ放しだった……紙が……一枚……有田さんの足下へ)

有田「三年三組女子ランキング結果発表……私は……三位っ!?」


45 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/26(木) 23:50:42.10 ID:QBXGdpp50
「主犯はどこ! 中尾、吐きなさい!」
「だからもう逃げたって!」
「校門はゆかりが押さえてるわ、逃げられるはずがない」


恒一「まずいっ!」

有田「榊原君、こっちへ!」ガシッ


46 : ◆ZLUGH5bpAU7a 2012/04/26(木) 23:57:08.98 ID:QBXGdpp50
校舎裏

恒一「はぁっはぁっ……ここって……」

有田「えっと、秘密基地?」

恒一「どう言うこと?」

有田「入学したころに、悠ちゃんと見つけて、ちょっと改造したんだ」

恒一「あぁ、だから椅子が置いてあるんだね」

有田「ぼーっと静かにしたいときに来れるようにって、私と悠ちゃんの秘密の場所なんだ! 秘密基地って言うと、悠ちゃんは嫌がるんだけどね……変かな?」

恒一「良いと思うよ。浪漫だね」

有田「そっか、それでね、ここには誰も来たことが無いの、だから」

恒一「だ、だから?」

有田「ランキングの話、もっと教えてほしいなって」


50 : ◆ZLUGH5bpAU7a 2012/04/27(金) 00:02:03.93 ID:kZgqcqAT0
恒一「怒ってないの?」

有田「もちろん怒ってるよ! ランキングにするなんて、ちょっとひどいと思うもん!」

有田「でも、榊原君が率先してやってたって聞いて、何でかなって思ったの。あんまりやりそうに思えなくって……」

恒一「そ、それは……」

有田「あとは、私が三位な理由かな。だって納得出来ないよ。私よりと可愛い子がいっぱいいるのに、私が三位になったなんて、おかしいよ」


51 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:09:11.90 ID:XUpvxkCw0
恒一「有田さんなら、一位を取れてもおかしくなかったと思うよ」

有田「それは無いよ、私普通だもん」

有田「だってほら、私に特徴なんてないしさ、背は低いくらいだし、勉強も平均点とほぼ同じだし、見た目なんて……」

恒一「そうでもないと思うよ。少なくとも僕は、有田さんはレベルの高い三年三組の中でも十分に可愛いと思う」

有田「か、可愛いっ!?」

恒一「そうだよ、可愛いよ」

有田「そ、そんなに何度も言わないでっ!」

恒一「それに、普通って良いことじゃないかな」


57 : ◆ZLUGH5bpAU7a 2012/04/27(金) 00:21:39.53 ID:XUpvxkCw0
恒一「今回のランキングの結果を見ればわかるよ。有田さんは自他共に認める普通っこだけど、普通に可愛いし普通に良い子だし、普通に人気が有るんだよ!」

恒一「だから、そんなに自分を悪く思わないでほしいな」

有田「榊原君……」

有田「なら……榊原君は私を何位にしてた?」

恒一「えっ?」


60 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:24:49.60 ID:XUpvxkCw0
ポッ

恒一「うん? 雨?」

ポッポッポツ

有田「夕立?」

ザーザーザーザー

恒一「うわ、室内に入らないと風邪ひいちゃうよ、有田さん!」

有田「だ、大丈夫! 傘が二本あるから……」

恒一「でも荷物も結構あるし……」

有田「なら、荷物を固めて一本さして、もう一本で……!」


62 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:30:35.37 ID:XUpvxkCw0
有田「あ、相合い傘だね!」

恒一「せ、狭い? 有田さんもっと真ん中によりなよ、それとも校舎に戻る?」

有田「だ、ダメだよ、まだ泉美ちゃん達が探してるだろうし、夕立ならすぐ終わるだろうし……」

恒一「で、でも、有田さんが風邪をひくくらいなら……」

有田「いいから! それよりも、さっきの質問に答えて。榊原君は、私を、その、何位にしたの?」



70 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:40:04.65 ID:XUpvxkCw0
恒一「……最初の質問、覚えてる?」

有田「何で榊原君がこんな事をしたのかって質問?」

恒一「うん……最初さ、このクラスで一番可愛いのは有田さんだなって僕が言ったんだ。そしたら、勅使河原に否定されちゃってさ……悔しかったんだ」

恒一「だから、皆の意見をまとめたら、必ず一位になるだろうと思って、それを証明したくて、ランキングなんて作ったんだ」

恒一「結果は……ごめん、三位になっちゃった……」


72 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:43:08.84 ID:XUpvxkCw0
有田「って事は、榊原君の中では……」

恒一「うん、有田さんが一番だよ」

有田「そ、そっか! そっかそっか……ちょっと照れるね」

恒一「言ってる僕も照れるよ……ねえ、有田さん」

有田「何?」

恒一「僕達ってさ、あんまり親しく話した事って、無かったよね」

有田「うん……」


73 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:46:35.31 ID:XUpvxkCw0
恒一「だから、その、さ、この際だから言うけど……聞いてくれる?」

有田「うん? いいよ」

恒一「有田松子さん、最近貴方が気になってしょうがないです。交際を前提に親しい友達になってください!」

有田「ええっ!? 交際を前提っ!?」

恒一「ダメ、かな?」

有田「う、ううん、ダメじゃないの! その、驚いたっていうか……」


74 :以下、名無しにかわりましてAritarがお送りします 2012/04/27(金) 00:50:24.48 ID:XUpvxkCw0
恒一「それで、答えは今教えてくれる?」

有田「……私、榊原君の一番でいられるように頑張るから、よろしくお願いします!」

恒一「うん、やっぱり、何だかんだで有田さんが一番可愛いよね。よろしく」

おわり


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 00:57:37.69 ID:IeMbjf9SO


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 01:03:00.12 ID:TRFrUvZ60
有田さんかわいいよ有田さん


81 :以上、名無しにかわりましてVlPがお送りします 2012/04/27(金) 01:04:11.09 ID:NxNZAae00
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Another」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/04/29(日) 01:22:54

    ヒロインはいないものだからカウントされてない
    そうなんだよな?

    エトーさんと松井さんと有田さんあたりはもっと評価されてもいい


  2. 2012/07/26(木) 00:44:06

    そういえば、このSS、見崎の二文字が影も形も出てこなかったな


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ