Powered By 画RSS


奈緒「音楽性の違いが生まれたのはどう考えてもプロデューサーが悪い」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:03:39.85 ID:59WFIRAZ0
某大手ハンバーガーチェーン店内


凛「やっぱり私は臭いだね。ここは絶対に譲れない……Pがスーツでデスクワークしてるとき、後ろを通りかかったらわかるんだ──営業回りとかで流した汗の臭いが。ちょっと蒸れた刺激臭が、頭の芯に突き刺さる感じって言ったらわかるかな……アレを嗅いだら最後、考えるよりも先に体が動くよ。なんでもいいから、Pの臭いが染みついたものがほしいって」

加蓮「それ、もう中毒じゃん」

凛「うん、だから定期的に隙を見つけて嗅ぐようにしてる。アレが体から抜けたら、仕事にならないから。それで、加蓮はどうなの?」

加蓮「アタシは血管かなー」

凛「へえ……目の付け所が良いね」

加蓮「でしょ。事務所でもたまに力仕事があったりするけど、Pってそういうとき腕捲りするじゃん。ワイシャツをグイッとやってさ……そのときに浮かんでたりするの。腕筋に沿って。血管がバキバキって。で、そこには当然、血が流れてるわけだから、見てたら吸いたくなるわけね」

凛「わかる」

加蓮「この前、Pが事務仕事で指を切ったときとか、ホント酷かったもん。しゃぶりたい衝動を抑えるのに必死でさ、全力で奥歯噛みしめて我慢してた」

凛「すごいね、加蓮。多分、私だったら普通にしゃぶってると思う」

加蓮「タイミングが良かっただけだよ。ちひろさんが来なかったらアタシもしゃぶってたから」

凛「だよね。そこでしゃぶらない理由もないし」

加蓮「もうちょっと強引に迫っておけば良かったんだけど……あれは惜しかったなー」

凛「そう何度も飲めるものじゃないから、チャンスは大事にしないとね」

加蓮「もちろん。次こそ絶対しゃぶらなきゃ」








奈緒「な、なに言ってるんだ……二人とも」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:05:20.64 ID:59WFIRAZ0
凛「あっ、奈緒。帰ってきてたんだ」

加蓮「随分長いから心配したよ。ほらっ、座って座って」

奈緒「今……なんの話してたんだよ」

凛「なにって……Pのどこが良いかって話だけど」

加蓮「そうだよ(便乗)」

奈緒「もっと普通に良いとこあるだろ!なんでそんな変なとこばっかり語り合ってるんだ!」

凛「…………えっ、どうしてと言われても──」

加蓮「暇だったからとしか言いようがないというか」

奈緒「だ、か、ら!そうじゃなくって臭いだとか血管だとか、特殊なところ以外にも良いとこあるだろって話だよ!大体、そんなニッチな会話って外でするようなものじゃないぞ!」

凛「今のが、特殊?」

加蓮「普通の女子トークでしょ」

奈緒「おかしいのはそっちの方、みたいな顔するなっ!」

凛「はあ……奈緒、まずは座りなよ。立ちっぱなしだと、落ち着いて話もできないしさ」

奈緒「嫌だっ!事の真相がはっきりするまでは、そこに座りたくない!言っとくけど、あたしは本気だぞ!」

加蓮「ワガママ言っちゃダメだよー、奈緒。良い子だから座りなって」


奈緒「ば、ばかにするなぁ!あたしにだってプライドってものが────」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:06:37.20 ID:59WFIRAZ0
凛「ほら、騒いだから周りも見てる。とにかく一旦座った方がいいと思う」

奈緒「ぐっ、ぐぬぬっ……」

加蓮「大丈夫、怖がらなくても平気だから」

奈緒「こっ、これは妥協したわけじゃないからなっ!店の人に迷惑かけないためにも、仕方なく座るだけなんだから!」


凛(チョロいね)

加蓮(チョロすぎ)


奈緒「ふう……言われた通りちゃんと座ったんだから、今度は二人が言うこときく番だぞ」

凛「構わないよ。ただ……」

加蓮「奈緒は結局、アタシたちになにを話してほしいわけ?」

奈緒「いや、だからさっきから何度も何度も繰り返し言ってるだろ。Pの良いところを語るなら、他にもっと良い部分があるって」

凛「例えば?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:08:17.23 ID:59WFIRAZ0
奈緒「例えば、そうだなぁ……や、優しいところ、とか」


凛「……は?」

加蓮「…………」

奈緒「うぅっ!憐れむような目で見るなっ!」

凛「……続けて」

奈緒「まったく、なんであたしがこんなこと……ようするにさ、Pって、誰に対しても分け隔てなく優しいだろ。気遣いもできるし、見せかけだけじゃないし……本当に相手のことを思って行動してる感じがするんだ。そういうのって当たり前のようで、すごく大事なことだと思う」


加蓮「……これは教育が必要だね」

凛「あのさ、奈緒」

奈緒「……なんだよ」

凛「私たちが語ってた良いところっていうのはね、いわば魂の渇望……抑制の困難な欲求を掻き立てる、Pの罪な部分のことなんだ」

奈緒「はい?」

凛「奈緒が今語ってくれたのは、確かに良いところだと思う。でもさ、全然蒼くないんだよ……それだと、胸の内にある根源的な琴線には届かない。わかるでしょ?」

奈緒「ごめん。言ってることが一ミリも理解できないんだけど」

加蓮「音楽性の違いでしょ」

凛「そうだね。音楽性の違いだね」


奈緒「………………」

加蓮「………………」

凛「………………」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:09:48.99 ID:59WFIRAZ0
奈緒「あーっ、その、とりあえずこの話は一旦やめにして、なにか食べないか。あたしお腹空いちゃってさあ────」

凛「ダメだよ、奈緒。こういうのはきちんと理解できるまで、徹底的にやったほうがいい」

加蓮「トラプリの今後に関わるかもしれないから、仕方ないね」


奈緒「……おいおい、マジかよ」

凛「大マジだよ。私たちは奈緒に理解してほしいし、奈緒も私たちのことを理解したいでしょ」

奈緒「ま、まあ、同じユニットだし……大事な仲間なわけだから、できることならわかり合いたいけど」

加蓮「ならとことん語り合うしかないじゃん」

奈緒「…………わかった。努力してみる」


凛「決まりだね。じゃあ、奈緒がPの体で一番嗅ぎたいところは?」


奈緒「────ぶはっ!!」

加蓮「あーあ、ジュースこんなにこぼしちゃって。もったいない」

奈緒「言えるわけないだろ、そんなのっ!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:11:27.44 ID:59WFIRAZ0
凛「どうして?」

奈緒「だ、だだだ、だってさあ、Pの体って……いや無理無理無理、言えないって!」

加蓮「変に考えなくてもいいよー。素直に自分の気持ちを吐き出せばいいだけだから」

奈緒「むーりーぃー!」

凛「……いやらしいことばかり考えてるから、恥ずかしさが先に立つんだよ。もっと自然体になりなって」

奈緒「嫌だ、ものには限度がある。あたしにはわかるんだ……これは間違いなく度を超えてる」


凛「逆だよ、奈緒。度を超えないと──蒼くなれない」


奈緒「そもそも蒼くなろうとしてないんだけど」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:12:33.60 ID:59WFIRAZ0
凛「例えばだよ」

奈緒「お、おうっ」

凛「ここにポテトがあります。私が数分前に買ったポテト……今、こうして無防備な形で机の上に置いてあるでしょ。お腹が空いたら、食べるよね」

奈緒「まあ、当然だな」

凛「それと一緒。Pのワイシャツがここに置いてあって、無性に嗅ぎたくなったとするよ。嗅ぐでしょ、普通は」

奈緒「いや、嗅がないけど」

凛「いや、嗅ぐでしょ」

奈緒「嗅がない」

凛「こう言ってるけど、加蓮はどう?」

加蓮「嗅ぐ」

凛「だよね。普通は嗅ぐよ」


奈緒「………………」

凛「………………」

加蓮「………………」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:14:00.38 ID:59WFIRAZ0
奈緒「おい、ちょっと待て。なんかあたしが普通じゃない、みたいなノリで話が展開されてないか」

凛「普通じゃないよ」

加蓮「うん、普通じゃない」

凛「だって普通は嗅ぐし」

加蓮「我慢とか無理じゃない?」

凛「だよね」

加蓮「ストレスって美容の敵だし」

凛「うんうん」

加蓮「したくなったら、するよね」

凛「ま、普通はね」

奈緒「なんでそこであたしを見るんだ……」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:16:11.60 ID:59WFIRAZ0
加蓮「例えばだよ」

奈緒「はいはい、お次はなんだぁ」

加蓮「永遠の生が欲しくて、吸血鬼になったとします」

奈緒「えらい突拍子もないな、おいっ」

加蓮「体も強くなって、病気にかかったりすることもなくなり大満足。で、願い事が叶ったら、次の欲が湧いてきました」

奈緒「ほうほう」

加蓮「永い永い時間を、一緒に支え合いながら生きてくれるパートナーが欲しい……その相手として、Pがいいなと思ったわけ」

奈緒「すごい淡々と喋ってるけど、これ爆弾発言だよな。文春されたら色々とヤバいよな」

加蓮「でも、Pは人間です。すぐに死んでしまいます。なので一緒に生きてもらうために、彼にも吸血鬼になってもらうことにしました」

奈緒「Pの意思は!?無理矢理ぃ!?強制なのか!?」

加蓮「嫌がる彼は必死で抵抗します。ですが、所詮人間の力なので吸血鬼に敵うわけもありません。揉み合っているとワイシャツがはだけて、彼の男らしい筋肉質な首筋が露わになりました。こちらはマウントを取ってるので、あとは口を大きく開けて、本能のままがぶりといくだけ……だけど彼はアタシのことを信用しているので、心のどこかでは命乞いをすれば逃れられると高を括っています」

奈緒「私情入りすぎィ!もう例え話になってないんだけどぉ!」

加蓮「『加蓮、頼む……やめてくれ』。瞳を潤ませ、そう懇願してくるPが愛おしくて、もう我慢の限界です。見つめ合っているので、素直にお喋りできません。愛する人を化物に変えてしまう不安から、津波のような侘しさが押し寄せてきて、怯える自分もいます。しかし、ここまできてしまったら、あと戻りはできません……彼の中に脈々と流れる熱い血を、喉を鳴らしながら衝動のままにゴクゴクいくしかない──となれば、吸うでしょ」

奈緒「いや、吸わない……」

加蓮「いや、吸うって」

奈緒「吸わない」

加蓮「とか言ってるけど、凛はどう?」

凛「吸う」

加蓮「だよね。普通は吸うでしょ、我慢とかできるわけないし」


奈緒「………………」

加蓮「………………」

凛「………………」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:17:28.58 ID:59WFIRAZ0
奈緒「今の完全に加蓮の妄想だよな!ばっちり『アタシのことを』とか言ってたよなっ!」

加蓮「そういうシチュエーションになれば、普通は吸うだけじゃ済まさないけど」

凛「もっと先を目指したくなるよね」

加蓮「そうそう。理想は高くないと」

凛「ヤりたいこともしたいことも沢山あるしさ」

加蓮「こんなとこで止まれないよね、普通は」

奈緒「やめろォ!蔑むような目であたしを見るなぁ!」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:18:48.08 ID:59WFIRAZ0
凛「じゃあさ、奈緒はどうすれば納得するの?」

奈緒「どうすればって……」

加蓮「なにを語れば、アタシたちに心を開いてくれるわけ?」

奈緒「別に二人のことを拒んでるわけじゃない……ただ、ちょっと色々とついていけないとこがあるだけだっ!」

加蓮「ほら、それっ!それだよ!ついていこうとするからダメなんだって!そうじゃなくて、解放すればいいの……!心を……!」

奈緒「解放って言われてもなあ……二人みたいに開けっ広げになるのは、かなり抵抗あるしさあ」

凛「よし。なら別の角度から、アプローチをかけてみようか……ここに二枚の写真があります」


奈緒「またなんか始まったぞ。大丈夫なのかこれ……」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:20:31.75 ID:59WFIRAZ0
凛「裏側のままだから、これだと肝心の中身は見えない。そこがポイントだよ。まず左側の写真は『Pがうたた寝しているとき』の写真」

奈緒「いつ撮ったんだっていう質問は……やめとこ、どうせ意味ないし」

凛「右側の写真は『Pの生着替え写真』」


奈緒「────っ!?」


凛「表情が変わったね、いい傾向だよ。さあ、もう一歩進んでみよう。これから奈緒にどちらか一枚を選んでもらう。選んだ方は記念にプレゼントするから、それで奈緒の魂の在り方を計ってみようか」

奈緒「ここ、こんなの選ぶまでもないだろっ!普通に考えて、左側の写真を────」


加蓮「……ホントにいいの、それで?」


奈緒「ぐっ……!いいに決まってるし、そもそも、人の着替え中の写真を勝手に撮影するなんて、許されないことだ!あたしは別にPの着替えなんてみても嬉しくないぞ!」

加蓮「そのわりには震えてるよ……手が」

奈緒「これは緊張と怒りがごちゃ混ぜになっちゃってるせいで……」

加蓮「よくないなぁ……こういうのは(マジキチスマイル)」

奈緒「な、なにがだよっ!」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:22:27.84 ID:59WFIRAZ0
凛「知ってるよ、奈緒。最近Pの担当アイドルが増えたせいで、コミュニケーションを取る機会が減ってるんだよね。だからスケジュールずらして、わざとPと鉢合わせするよう仕組んでる──会話したくてしょうがないから」


奈緒「────ぎくっ!?」


凛「おまけに駅近くまで傘を持って出迎えまで……Pが傘を持ってること知ってるのに、わざとらしく『誰かが迎えに行かなきゃ』って大きな声で。あれ聞いてるとき、笑いを堪えるのに必死だった……カワイイふりして、わりとやるよね──奈緒って」

加蓮「バレンタインデーのときもさ、Pがいるとこで聞こえるように『今日何日だったっけ?』とか『ちゃんと持ってきたかな』とか意識させるようなことばっかり言って、帰る直前まで粘ったところで渡してたもんね。あれ、上げて下げてってやつでしょー、高等テクじゃん。やるねえ、策士だねえ……アタシには真似できないなー」



奈緒「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:23:51.76 ID:59WFIRAZ0
加蓮「そう、まずは自分を解放するところから始めなきゃ」

凛「羞恥心が残ってたら、蒼くなれないから」

奈緒「なるかぁ、そんなもん!今、はっきりとわかったぞ!あたしが目指すアイドルは、間違いなく二人とは違うっ!」

加蓮「ここにきて言っちゃうかぁ……」

凛「音楽性の違いが浮き彫りになってきたかな」

奈緒「音楽性じゃなくて人間性の違いだ!くっ……もういいっ!こんなのさっさと選んで終わらせてやるっ!」


奈緒「………………」


加蓮「あれぇ~?おかしいね、手出さないね」

凛「キメてるんでしょ?とりなよ」


奈緒「…………かも」


加蓮「ん?」

凛「聞こえない」


奈緒「……もう一度、よく考えた方がいいかも」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:25:31.74 ID:59WFIRAZ0
凛「どうして?早く終わらせるんじゃなかったの?」

奈緒「チャンスは、一回……どちらを選んでもあたしにリスクはないわけだし……よく考えてみれば、うたた寝している写真なんて簡単に撮れるっ……つまり、どちらが希少性が高いかなんて明らかだ。なら、ここはもう一度よく考えて、悔いが残らない方を選んだほうが懸命……!」

加蓮「…………ほう」

奈緒「右側の写真は、確かにレアだ。Pの生着替え写真なんて、普通じゃ絶対に拝めないレアもの……喉から手が出るほど欲しい一品……!けど、それを手にした瞬間、あたしの社会的信用は地に堕ちる……いじるのに最高のネタを、この二人に与えてしまう……!それだけはなんとしてでも避けなくちゃいけない……だとすると、やはりここは左側の写真を──」



凛「へただなあ、奈緒」



奈緒「────っ!?」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:27:10.71 ID:59WFIRAZ0
凛「へたっぴだよ……!欲望の解放させ方がへたっ……奈緒が本当に欲しいのは……コ・レ(生着替え)……これを自分の部屋に持ち帰って……眺めながら悶々してさ……誰もいない場所でヤりたい……でしょ?」

奈緒「あの、えっと──」

凛「フフ……だけどそれはあまりにも下品だから……こっちの、しょぼいうたた寝写真でごまかそうとしてるんだ……奈緒、ダメなんだよ……!そういうのが実にダメっ……!せっかく愛しのPでスカッとしようとしてるときに、その妥協は傷ましすぎるっ……!」

奈緒「う、ううっ……」

凛「そんなのでPを愛でても楽しくないよ……!嘘じゃない、かえってストレスがたまる……!見れなかったPの裸がチラついてさ……全然スッキリしない……!心の毒は残ったまま、自分へのご褒美の出し方としては最低だよ……!奈緒、贅沢ってやつはさ……小出しはダメなんだ……!ヤるときはきっちりヤッた方がいい……!それでこそ次のライブへの励みになるはずでしょ……違う?」

奈緒「言われてみれば、確かにそうだ……今、ここで右側の写真を選ばないと、後悔するのは必然……!なら、どちらを選ぶべきかは明白……!よしっ──右側の写真をもらうぞっ!!」


加蓮「はいっ、奈緒ちゃんPの生着替え写真ご選択ぅ!」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:29:59.96 ID:59WFIRAZ0
奈緒「うわぁ……なんだこれは、たまげたなぁ。Pって結構着痩せするタイプなんだ、知らなかった……脱いだらこんなに筋肉質だなんて──わわっ、腹筋とかヤバいぞ!最近話題のシックスパックってやつだろ、これっ!角度もいいなぁ、ちょうど横顔が拝める位置なのが憎いっ!まったく、誰もいないからって、警戒心ゼロでこんな憂いを帯びた顔しちゃってさ……うへへっ、心配するな、ちゃんとあたしが見てるからなぁ!」



加蓮「堕ちたな」

凛「やはりヤバい」


奈緒「な、なあ、もっと他にはないのかっ!こういう写真とか、映像とかさっ!ほらっ、もったい振ってないで出してくれよぉ!」

凛「自分から求めていくのか(困惑)」

加蓮「やっぱ好きなんすねえ!(Pラブ勢並感)」

奈緒「で、どうなんだよ!二人のことだから、まさかこれだけってことはないだろっ!」

凛「それはまあ……」

加蓮「あるにはあるけど」

奈緒「頼むよぉ!最近忙しくて、あいつと喋るタイミングもなくて……ホントは欲求不満だったんだよぉ!わかるだろ、あたしの気持ち!」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:32:23.20 ID:59WFIRAZ0
凛「うん。もちろん、奈緒は大事な戦友だから、Pグッズを分け合うことについて異論はないよ。でも、無条件というわけにはいかない。渡すには、互いの音楽性を知る必要がある──」

奈緒「音楽性?」

加蓮「そう、音楽性。アタシたちが“最高の三人組”として活動を続けるには、心を響かせることができるレベルまで、互いを理解しなくちゃ」

奈緒「……ごくりっ」

凛「シンデレラが教えてくれたよね──舞踏会で最高のパフォーマンスを披露するには、まずは魔法にかからないとダメだって」

奈緒「そっ、そうだなっ……よしっ……!やってやる……やってやるぞぉ!!」

凛「……ようやく入口に至った、か。奈緒の魂が叫びたがってるの、痛いほど伝わってくる──!」

加蓮「だんだんと音楽性が合ってきた感じしない!?」

凛「高まってきた空気……しっかりと形にしていこう……!」

奈緒「よっしゃー!なら、さっき話せなかったPの良いとこ、もう一回いってみるかぁ!」

凛「奈緒の本気……この目で見せてもらうよ!」


奈緒「あたしはやっぱり、声だな!」


加蓮「その心は?」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:35:54.15 ID:59WFIRAZ0
奈緒「二人と同じでさ、Pもあたしのことイジってくるのは知ってるだろ。その度に、言葉責めみたいなことされるんだ。最初は恥ずかしいし面倒くさいしで嫌だったんだけど、次第に責められるのが癖になっちゃってさあ……あの声で辱められると背中がぞわぞわっとして、体の芯がカァッーっと熱くなって、へその下あたりがむずむずしてくるわけよ」

加蓮「……ほほう」

凛「良いね……ワクワクしてきた」


奈緒「で、その感覚が忘れられないから、わざと隙を作る……するとPは気を遣って、コミュニケーションの一環として、ちょっかい出してくれる。けど、ある日気がついちゃったんだよ──いじられなくても、責められなくても、あの声を聞くだけで昂ってる自分にっ!!」


加蓮「グッド!」

凛「やりますねぇ!」


奈緒「そうなったらもう、止められないだろっ!体の疼きも……!心の叫びも……!あいつが語る言葉、全部自分のものにしたいっ!他のやつに渡したくないんだよぉ!」


加蓮「わかるよ、奈緒!」

凛「感じる……これまでにない一体感……!今、私たちは離れたまま一つになった──!」

奈緒「凛、加蓮──あたしやったぞ!!」

凛「そう。その感覚こそ、音楽性が一致した瞬間だよ」

奈緒「これが……音楽性……!なんか良いな、こういうのって!」

加蓮「まだまだ道は長いけど、アタシたちなら走り切れるよね!」


奈緒「ああ、きっとできるよ!どんな道だって必ず……ん?あっ、電話だ──もしもし、P?えっ、今なにしてるかって……暇してるとこだけど、それがどうかしたのか?なにぃ、そ、それホントか!?嘘じゃないよな!行く、行くよ!絶対行くから、すぐ行くから!おう、ちゃんと待ってろよ、約束だからなっ!それじゃあ、またあとで!」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:37:56.16 ID:59WFIRAZ0
凛「………………」

加蓮「………………」

奈緒「…………えーっと、あのー」


凛「今のは……まあ聞くまでもないかな」

加蓮「それで、なんて言ってたの」

奈緒「この前のソロライブのとき、打ち上げ祝いとかしてやれなかったから、代わりに一緒に食事でもどうだって──」

凛「へえ、今の話を聞くと大事なこと伝え忘れてた気がするけど」

加蓮「そうそう。一番最初に言うべきこと、言ってなくない?」

奈緒「ひっ──!?で、でもPはみんなには秘密にしてくれって言ってたから、一人で行かないと、その……まずいかなって」

凛「ふーん、大事な仲間を置いてけぼりにして、自分だけ楽しむつもりなんだ」

加蓮「せっかくわかり合えたと思ったのに、もう別の場所に行っちゃうとか……それってさ、すごくズルくない?」

奈緒「ふ、二人とも……頼むから落ち着いてくれ」


凛「落ち着く?なに言ってるの、奈緒……私たちはさっきからずっと落ち着いてるよ──ねえ、加蓮」

加蓮「ホントホント。誤解もいいとこだって。アタシたちはただ、奈緒がどういう気持ちでいるのか知りたかっただけだし」


奈緒「あうっ……その、あの……」

凛「いいよ、気をつかわなくて。Pが待ってるんでしょ」

加蓮「遅刻したら大変じゃん。早く行きなって」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:40:41.80 ID:59WFIRAZ0
奈緒「み、みんなぁ……ごめんよぉ、あたし一人だけこんな、抜け駆けみたいなことして」

凛「心配しないで。誰のPかなんてわかりきったことだから……この程度のことで目くじら立てたりしないよ」

加蓮「言えてる。あの約束もあることだし」


凛「…………は?」


加蓮「ずっと傍で支えるって、約束」

凛「Pが、加蓮に?」

加蓮「まあね」

凛「体調が心配だからじゃない?」

加蓮「さあ、どうだろ」


凛「………………」

加蓮「………………」

奈緒「………………」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:42:11.86 ID:59WFIRAZ0
凛「でもさ、ずっとって漠然としてるよね。有効期限短そう」

加蓮「意外と続くかもよ……最後まで、とかさ」

凛「ふーん、アイドル辞めるまでってこと?」

加蓮「好きに受け取っていいんじゃない」

凛「アイドル辞めるまで、か……なら頑張って続けないとね。支えがなくなったら大変だし」

加蓮「アタシ、生涯アイドル一筋だから」

凛「加蓮、そんなキャラだったかな。昔はもっとこう、ふらふらしてなかった?」

加蓮「昔はね。今は違う」

凛「理由は?」

加蓮「そんなの決まってるでしょ。一人しかいないし」

凛「私は別に誰とは聞いてないんだけど」

加蓮「ごめん、ちゃんと聞いてなかった」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:43:31.46 ID:59WFIRAZ0
凛「いいよ、気にしてないし。それで、誰?」

加蓮「なにが?」

凛「加蓮を変えた人」

加蓮「知らない方がいいこともあるよね」

凛「教えてよ」

加蓮「やだ」

凛「どうして?」

加蓮「心の中で大切に暖めておきたいから、秘密」

凛「ふーん、結構ロマンチックなとこあるんだ……知らなかった」

加蓮「これでも乙女だから。わりと好評だったりするよ──あの人にも」

凛「思わせぶりな言い方やめなよ。勘違いしたら大変だしさ」

加蓮「したらどうなるわけ?」


凛「手を下さないといけない敵が、一人増える」


凛「………………」

加蓮「………………」

奈緒「………………」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:45:33.88 ID:59WFIRAZ0
奈緒「なあ……あたし、Pと食事に行くの、やっぱり別の日にするよ」

凛「奈緒……」

加蓮「どうして……?せっかくのチャンスなのに」

奈緒「またとない機会なのはわかってる……これを逃したら、次がいつになるかなんて、予想もできない。もしかしたら、約束そのものが消えてなくなっちゃうかもしれない」

加蓮「なら、なおさら急いで行かなきゃダメじゃん!」

奈緒「でもっ……!でも、二人を置いてけぼりにして掴む幸せなんて、あたしはいらないっ!」

凛「本当にいいの……?後悔、しない?」


奈緒「しない。誰かが誰かの代わりになんてなれるわけがないし、誰かが誰かになれるわけがないから……トライアドプリムスの神谷奈緒という場所には、やっぱりあたしがいるべきなんだ!」



25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:48:10.58 ID:59WFIRAZ0
加蓮「────っ!!そうだよっ!アタシたちは、三人で一つのユニットなんだから!」

凛「うん……つながる想い、つながる気持ち、つながる絆……知っていたはずなのに、忘れてた。ううん、忘れた振りをしてたんだ……ずっと前から、私たちは見えない力で結ばれてる──!!」


加蓮「じゃあさ、また一から語り合おう。お互いのこと、もっと話そう!」


凛「過去を、今を、未来を繋げる言葉を探して……深めていこうか、三人だけの音楽性──!」


奈緒「よしっ、決まりだなっ!それじゃ、行こうか!キラキラとひかる、あの眩しい空の向こう側へ!」






店長「すいません。他のお客様のご迷惑になっていますので、もう少しお静かにしてもらえますか」






凛「」

加蓮「」

奈緒「」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:49:55.23 ID:59WFIRAZ0
店長「これ以上騒がれるようでしたら、しかるべき対応をさせていただきますので、ご容赦ください」





凛「……うせやろ」

加蓮「おかのした」


奈緒「あ゙あ゙あ゙も゙お゙お゙や゙だあ゙あ゙あ゙!!」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:51:49.62 ID:59WFIRAZ0
事務所・会議室


モバP「お前らあの店出禁な」

凛「……なんで?」

加蓮「音楽性の違いでしょ」

奈緒「ぐううっ……音楽性の違いが生まれたのは、どう考えてもプロデューサーが悪いっ!」


モバP「はいっ!?」






28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 14:54:36.74 ID:59WFIRAZ0
音楽性の違いには気を付けよう!
せっかくのお盆休みにこんなの書くとか、お前精神状態おかしいよ(自戒)
HTML化依頼出してきます


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 15:03:04.29 ID:O7mUOjt/O
音楽性、音楽性って何だ


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 15:08:40.84 ID:C6aER/sTO
そら音楽性よ


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 16:01:37.46 ID:lTrQj3muo
おつ
音楽性の一致は大事だからな


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502859819/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ