Powered By 画RSS


【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」

1 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:15:42.18 ID:NI5LmSx80

白石紬(以下、紬) 「…………」

ミリP(以下、P) 「でな?ここはこの文法を利用して、形容詞を置く」

望月杏奈(以下、杏奈) 「む、難しい……形容詞って、なに……?」

P 「折角の宿題だしガッツリと調べようか……ほら、辞書」

杏奈 「開くの、めんどくさい……」

P 「ったく、しょうがないなぁ……」ペラペラ

P 「はい、ここ」

杏奈 「……ありがとう、ございます……」

紬 「……あの、プロデューサー」

P 「どうした紬、お前も宿題か?」

紬 「……あなたは馬鹿なのですか?」ハァ

P 「えっ」




2 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:16:43.02 ID:NI5LmSx80

紬 「プロデューサーの仕事は、アイドルをステージに送り出す事ではないのですか?」

P 「ま、まあその通りだが……」

紬 「……英語の宿題を手伝うのは、プロデューサーの仕事なのでしょうか?」

P 「うぐっ、そ、それはな……」

紬 「プロデューサーは甘すぎると思います」

音無小鳥(以下、小鳥) 「つ、紬ちゃん……そのへんにしてあげて?」

紬 「音無さんも仕事してください」ピシャリ

小鳥 「あう……」

P 「でもな紬、こういうのにも理由があるんだぞ」

P 「アイドルをやってて赤点取りましたーとかなったら本末転倒だからな」


3 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:17:10.79 ID:NI5LmSx80

紬 「ですから、それは自己責任でなんとかするべきなのではないのですか」ピシャリ

P 「……まぁ、それはそうなんだが」アセ

杏奈 「プロデューサー、さん……迷惑、かけて……ごめんなさい……」シュン

P 「迷惑なんて思ってないから、心配しなくても良いよ」ナデナデ

P 「……ただ、辞書くらいは自分で引けるようにしてほしいかなとは思うけど」

杏奈 「……うん!杏奈、頑張っちゃうね!」

P 「おっ、やる気じゃないか!じゃ、とっとと終わらせるか!」

杏奈 「よーっし!」ペラペラ

紬 「…………」


4 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:17:56.75 ID:NI5LmSx80
―――――

紬 「まったく、プロデューサーは意識が低すぎます」

エミリー スチュアート(以下、エミリー) 「つ、紬さん……?」

紬 「エミリーさん?申し訳ありません、お見苦しい所を」

エミリー 「いえ……どうかしたんですか?」

紬 「……プロデューサーが真面目に仕事をしないので、腹を立てていただけです」

エミリー 「仕掛け人さまが……?」

紬 「はい。まったく、プロデューサーだというのにまるでお守りをするように……」

紬 「アイドルのプロデュースというのを取り違えているような気がしてならないのです」

紬 「大体ですね……」クドクド


5 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:18:36.07 ID:NI5LmSx80

エミリー 「あの、紬さん?」

紬 「?なんでしょうか、エミリーさん」

エミリー 「もしかして、紬さんは仕掛け人さまに構って欲しいだけなのでは?」

紬 「構って欲しい……?」キョトン

紬 「そ、そのような事はありません!」

紬 「だ、大体そのような事で怒るはずが……!」カァアア

エミリー 「分かります、紬さん……」ポン

エミリー 「私も、最初は恥ずかしかったんです」

紬 「エミリーさんが、ですか?」

エミリー 「はい!大和撫子として、はしたないとは思うのですが……」

エミリー 「それでも、仕掛け人さまと話して気分が穏やかになりましたから!」


6 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:19:04.22 ID:NI5LmSx80

紬 「……真の大和撫子というものは、想いを殿方に正直に伝えられてこそだと思います」

紬 「恥じる必要はないのでは?」

エミリー 「ありがとうございます、紬さん!」

エミリー 「それで……紬さんは、構ってもらいに行かないのですか?」

紬 「で、ですから!私は……その」

エミリー 「?」キョトン

紬 「そ、そんなわらびしい事……」

エミリー 「……紬さんは、多分肩に力が入り過ぎなんだと思います」

エミリー 「仕掛け人さまに、甘えるつもりで接してみてはいかがでしょう?」

紬 「あ、甘える……ですか」

エミリー 「はい!」

紬 「…………」


7 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:19:56.86 ID:NI5LmSx80
―――――

小鳥 「…………」ドヨーン

P 「音無さん……まだ落ち込んでるんですか?」

小鳥 「そりゃそうですよ……あそこまで否定されるとは」ヨヨヨ

青羽美咲(以下、美咲) 「大丈夫ですよ、小鳥さんはとっても頼りになりますから!」

小鳥 「ありがとう!美咲ちゃんは本当にイイ子ね……!」ウルウル

美咲 「え、ええっと……」

P 「ひいてるじゃないですか……すみません、青羽さん」

美咲 「い、いえいえ……」


8 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:20:55.55 ID:NI5LmSx80

ガチャリ

箱崎星梨花(以下、星梨花) 「プロデューサーさーん!」トテトテ

P 「星梨花!お疲れ様!レッスンはどうだった?」

星梨花 「はい、バッチリです!今日もいっぱい褒めてもらっちゃいました!」

P 「そうか……よし、俺からも褒めてあげよう!」ナデナデ

星梨花 「えへへ……」テレテレ

美咲 「プロデューサーさん……」

P 「青羽さんは俺をロリコンみたいに思ってませんか……?」

小鳥 「その通りじゃないんですか」ボソッ

P 「何か?」ニッコリ

小鳥 「いいえ、何も」

星梨花 「あの、プロデューサーさん!お願いがあるんですけど……」

P 「おう、どうした?」

星梨花 「あのですね……」


9 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:21:21.61 ID:NI5LmSx80
―――――

星梨花 ニコニコ

P 「……満足か?」

星梨花 「はい!プロデューサーさん、とっても温かくて……」

星梨花 「癖になっちゃいそうです!」パァア

P 「それなら良かった……」ナデリ

小鳥 「……さ、市民の義務市民の義務っと」ピッポッパ

P 「やめてくださいよ!足の間に座らせてるだけじゃないですか!」

小鳥 「いたいけな少女をそんな場所に座らせて恥ずかしくないんですか!?」

P 「そ、そんな事言われても……」

小鳥 「うう……」グヌヌ

美咲 「私もやって欲しいな……」ポーッ


10 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:22:31.07 ID:NI5LmSx80

P 「ところで星梨花。なんでこんな事を?」

星梨花 「えっと、莉緒さんが――」


百瀬莉緒(以下、莉緒) 『いい、星梨花ちゃん?男の子はね?密着されるとドキドキする生き物なのよ!』

莉緒 『だからね……気になる男の人が出来たら座ってるところに割って入っちゃいなさい!それで、男の人はモテモテよ!』グッ


星梨花 「――って」

P 「あの馬鹿たれ……星梨花になんて事を」

星梨花 「えっ、プロデューサーさんは嫌いだったんですか……?」

P 「いや、勿論星梨花にそうしてもらえるのは嬉しいけどな……」

P 「でも、そういう事は人を選んでやらなきゃダメなんだぞ?誰にでも無差別にやっていい物じゃないんだ」


11 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:23:08.54 ID:NI5LmSx80

星梨花 「で、でも……」アワアワ

P 「俺だって男だからな?そういう事されると普通にドキドキするんだし」

星梨花 「ドキドキ、してくれたんですか?」

P 「まぁ、それは……うん」コクリ

星梨花 「……やったぁ」グッ

P ドキッ

美咲 「小鳥さん、私の方から……」

P 「やめてください青羽さん!」


12 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:23:40.79 ID:NI5LmSx80
―――――

紬 「……あの人は、馬鹿なのでしょうか」ジトー

エミリー 「え、ええっと……」アワアワ

紬 「や、やっぱりああいう事をするのは抵抗が……」

エミリー 「だ、大丈夫です!きっと落ち着きます!」

紬 「あ、あれは星梨花さんが子供だからできただけで……」

紬 「……私がやっても、迷惑なだけでしょうし」

エミリー 「紬さん……」


13 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:24:08.22 ID:NI5LmSx80
―――――

星梨花 ルンルン

P 「…………」ナデナデ

小鳥 ギリギリ

美咲 ポケー

P 「……ん?」チラッ

紬 ジーッ

P 「!?」ビクッ

星梨花 「プロデューサーさん?どうかしたんですか?」

P 「い、いや何でもないぞ星梨花」

P (紬……どうしたんだ?こっちの様子をうかがってるみたいだけど……)


14 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:24:43.38 ID:NI5LmSx80
―――――

小鳥 「……いつまでやってるんですか?」

P 「せ、星梨花が満足するまで?」

星梨花 「……も、もうちょっとだけお願いしても良いですか?」

P 「良いぞ……ほら」

星梨花 「えへへ……あれっ?」

P 「どうした?」

星梨花 「よく考えたら……わたしが満足してたらダメでした」シュン

P 「……星梨花、こういうのはな?星梨花が喜んでるからこそ意味があるんだぞ?」

星梨花 「そうなんですか?」

P 「そうだぞ、ムスってしてるよりニコニコしてる子の方が傍にいて楽しくなるに決まってるだろ?」

星梨花 「それなら良かったです!」パァアア

P 「星梨花は可愛いなぁ」ハハハ

小鳥 「……さて」

P 「やめましょう?」


15 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:25:15.06 ID:NI5LmSx80
―――――

紬 「あ、あんな事……」

エミリー 「大丈夫ですよ、紬さんなら出来ます!」

紬 「そ、そうでしょうか……?」

エミリー 「馬には乗ってみよ人には添うてみよとも言いますし!試してみなければ分からないと思います!」

紬 「あうう……」



16 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:25:45.27 ID:NI5LmSx80
―――――

星梨花 「あっ、そろそろ次の打ち合わせの時間……」

P 「次は会議室でミーティングだったか……うん、頑張っておいで」

星梨花 「……またやってみても良いですか?」

P 「ああ、勿論。星梨花がそれで満足するならな!」

星梨花 「はい、ありがとうございます!プロデューサーさん!」パァァア

星梨花 「それじゃ、行ってきますね!」

P 「おう、気を付けてなー!」

紬 ジーッ

P 「…………」


17 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:26:29.15 ID:NI5LmSx80

P 「……なぁ、紬。どうかしたのか?」

紬 「な、なんでもありません!自意識過剰すぎるのではないのですか!?」

P 「そうか……?心配いらないなら、それに越したことはないんだけどさ」

小鳥 ビクビク

美咲 「なんで小鳥さんは震えてるんですか?」キョトン

小鳥 「だ、だってぇ……紬ちゃん、また私の事責め立てて来るかもしれないし」

小鳥 「ちゃんと仕事するわ!美咲ちゃん、まだ処理してない書類頂戴!」

美咲 「へっ?あ、はい!ええっと……」ガサゴソ

P 「普段からそのやる気を出してくれないかな……」

紬 「……あの、プロデューサー」

P 「どうしたんだ?やっぱり悩み事か?」

紬 「そ、そのような事はありません!」

P 「そこまで否定しなくたって良いじゃないか……それで、どうかしたか?」


18 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:26:58.31 ID:NI5LmSx80

紬 「えっ!?そ、それは……」モジモジ

小鳥 「……ん?」

紬 「そ、そのですねプロデューサー」

P 「うん」

紬 「あ、足の間に座らせては貰えないでしょうか……?」カァアア

P 「うん……は?」

小鳥 「ピヨッ?」

美咲 「?」キョトン

紬 「で、ですから足の間に!」

P 「ま、待て待て紬!どうしてそうなったんだ!?」

紬 「べ、別にあなたに対して想いを寄せているとかそういう訳ではありませんので!」

P 「じゃあどう解釈しろっていうんだ!?」


19 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:28:08.77 ID:NI5LmSx80

紬 「そ、それはですね……」

紬 (ど、どうすれば……)アワアワ

小鳥 「……紬ちゃんのお願い、聞いてあげたら良いんじゃないですか?」

P 「本気ですか、音無さん!?」

小鳥 「さっきも星梨花ちゃんのお願いを聞いてあげてたじゃないですか」

P 「そ、それはそうですが……」

小鳥 「紬ちゃんもきっと色々あるんです!だから……」

美咲 「小鳥さん……紬ちゃんの事、よく考えてるんですね!凄いです!」

小鳥 「そ、そうかしら?」

紬 「ダメでしょうか?」

P 「そういう事なら……分かった、おいで」ポンポン

紬 「そ、それでは失礼いたします……」スッ



20 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:29:45.81 ID:NI5LmSx80

P 「おお……」

P (紬の背、星梨花より高いから髪の毛が……)

紬 「…………」

紬 (な、なんというか……)ソワソワ

小鳥 (これは……新たな逸材の予感ピヨ!)

紬 「……ど、どうでしょうか」

P 「ど、どうっていうと?」

紬 「その……ど、ドキドキしますか?」

P 「ああ、滅茶苦茶ドキドキしてる」バクバク


21 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:30:12.14 ID:NI5LmSx80

紬 「そ、そうですか……」

紬 「…………ッ!」ハッ

紬 「じ、女子を足の間に挟んで興奮するなんて……!」

P 「なんでだよ!そりゃ、紬は可愛いんだしドキドキするのは当然だろ!?」

紬 「か、可愛い……?」

P 「おう、可愛い!」

紬 「…………」ペタン

小鳥 (つ、紬ちゃんがプロデューサーさんに寄り掛かってる……)

小鳥 「逸材の予感だわ……カメラカメラっと」

美咲 「小鳥さん!これ、残りの書類です!」

小鳥 「ありがと……そこ置いといて」ジッ


22 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:31:53.69 ID:NI5LmSx80

美咲 「は、はい……」

紬 (……でも、なんだろう)スッ

P ドキッ

紬 (なんか……ことっとする)ホッ

小鳥 カシャカシャ

紬 「……えっ?」ピクッ

P 「音無さん、何してるんですか!」

小鳥 「こんな機会、逃すわけにはいかないでしょう!?」

紬 「あ、ああ……」プルプル

P 「つ、紬さん……?」

紬 「だらーッ!」ダッ

P 「つ、紬―ッ!?」


23 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:32:33.02 ID:NI5LmSx80
―――――

紬 「な、なんて事を……」

エミリー 「つ、紬さん!?」

紬 「え、エミリーさん……すみません、はしたないところを」

エミリー 「大丈夫ですよ!紬さん、とってもかわいかったです!」

紬 「そ、それなら……良かったのでしょうか?」

エミリー 「紬さんはどうでしたか!?」

紬 「わ、私は……そうですね」

紬 「す、少し安心した気持ちになったといいますか……」モジモジ

エミリー 「安心……?」

紬 「……申し訳ありません、エミリーさん」

紬 「確かに、プロデューサーにくっついた時……何故か安心致しました」

エミリー 「それは良かったです!」パァア

紬 (……でも)


24 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:34:09.50 ID:NI5LmSx80
―――――

P 「なんだったんでしょうか……」

美咲 「さあ……?」

小鳥 「いいショットだったピヨ……」

P 「音無さん、紬が何か心配事があって来てたならどうするんですか……」

小鳥 「そ、それは……ごめんなさい」

P 「まったく……気を付けてくださいね」

P 「それじゃ青羽さんこのしょ……ふわぁあ」

美咲 「プロデューサーさん、お疲れですか?」

P 「ええ、まぁ……でも大丈夫ですよ、書類を終わらせてから――」チラッ

P 「あれ?ここにあった書類どうしたんですか?」


25 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:35:04.01 ID:NI5LmSx80

美咲 「あっ、こっちの方で貰いました!」

P 「良いんですか?」

美咲 「はい!ゆっくりと休んでください、プロデューサーさん!」

P 「そ、そうはいってもですね……」

小鳥 「でも、プロデューサーさん今日徹夜でしょう?」

P 「……ま、まさかそんな事は」

小鳥 「バレてますって!今日は幸い事務仕事だけで終わりですし……」

美咲 「少し仮眠を取ってきてください!」

P 「た、確かに今日はもう打ち合わせもないですけど……」

P 「……分かりました、お願いします!」

小鳥 「……さ、やっちゃいましょう!」

美咲 「はい!」


26 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:35:36.85 ID:NI5LmSx80
―――――

P 「二人には感謝しておかないとな……さて」

P 「じゃあ、おやす……」

P スヤスヤ

ガチャリ

星井美希(以下、美希) 「あふぅ……お休みするの」

美希 「……あれっ、ハニー?」パチクリ

美希 「ミキがおやすみしようとしたらハニーがいるなんて……」

美希 「これはウンメイだって思うな!と、いうわけで!」ガサゴソ

美希 「えへへ……ハニーの背中、あったかいの」フニャ

美希 「それじゃ、おやすみはにぃ……」ダキッ

美希 スー

P スヤスヤ


27 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:36:03.22 ID:NI5LmSx80
―――――

紬 「重ね重ね申し訳ありませんエミリーさん……私、少し行かなければならないところが」

エミリー 「そうなんですか?」

紬 「はい、それでは失礼いたします」

紬 (……さっき、なんで安心できたのか)

紬 「確かめないと……」トコトコ

紬 「……確か、ここが仮眠室」ゴクリ


28 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:36:53.52 ID:NI5LmSx80
―――――

P 「……ん?」パチリ

P 「なにか、柔らかい感触が……」チラッ

美希 「はにぃ……だぁいすきなの……」ムニャムニャ

P 「……美希、何やってるんだ?」

美希 スヤスヤ

P 「まったく、仕方ないな……起こすのも可愛そうだし」ダキッ

美希 「だいすきはーにぃー……」ルンルン

P 「……起きてないだろうな」


29 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:37:39.30 ID:NI5LmSx80

P 「他のベッドに移して……っと」スッ

P 「ゴメンな美希、流石にアイドルとプロデューサーが抱き合って寝るのはマズい気がするからさ」

P 「これで勘弁してくれな……」ナデナデ

美希 スヤスヤ

P 「……さて、俺も寝るか」

P 「おやすみ……」

P スヤスヤ

ガチャリ

紬 「し、失礼します……」

紬 (プロデューサーは……)キョロキョロ


30 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:38:51.49 ID:NI5LmSx80

P スヤスヤ

紬 「寝てる……それなら」スッ

紬 「べ、別にこれは特別な意味なんてありませんので」ボソッ

紬 「そう、少し試すだけ……試すだけ」

紬 スッ

P スー

紬 「ひゃっ」ビクッ

紬 (と、吐息が!)

P スヤスヤ

紬 「…………」フゥ

紬 「……やっぱり、安心する」


31 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:39:18.00 ID:NI5LmSx80

紬 「これがプロデューサーの力、なのですか……?」

P ムニャムニャ

紬 「……それなら、みなさんが甘えたくなるのも仕方ないのかもしれませんね」フフッ

紬 「もう少しだけ、胸の中にいさせてください……」

P 「…………」

P (何してるのさ、この子は!?)

P 「あ、あふ……」

紬 「もう、こそばゆいです」クスッ

P 「……あのな、紬?」

紬 「はい、なんで――」

紬 「――はい?」

P 「いや、俺起きてるんだけど」


32 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:40:00.37 ID:NI5LmSx80

紬 「……ッ!?」バッ

紬 「あ、あなたは馬鹿なのですか!?わざと黙って……!」カァアア

P 「待て、誤解だ!たまたま寝なおそうとしたところに紬が来ただけなんだよ!」

紬 「うちと一緒に寝ようとしたんじゃ……!」

P 「誤解だって!」

紬 ジトー

P 「……大体、潜り込んできたのは紬だろ?」

紬 「!?な、なにを……」

P 「いったいどうしたんだ?今日、なんだか様子がおかしくないか?」

P 「紬から見たらまだまだ頼りないかもしれないけどさ……話してみてくれないか?」


33 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:40:47.30 ID:NI5LmSx80

紬 「……エミリーさんと、少し話をしまして」

P 「ふむふむ」

紬 「私が今朝怒ったりしたのは……プロデューサーに構ってもらいたいからではないかという結論に至ったんです」

P 「ふむ……ふむ?」

紬 「……やっぱり、おかしいですね……気の迷いです、申し訳ありませんでした」

P 「いや、気の迷いって言うか……さ」

P 「構ってもらいたいとか、そんな大層な理由じゃなくても良いじゃないか」

P 「単純に、仲良くなりたかったってのじゃダメなのか?」

紬 「……あなたは、本当に子どもっぽい考え方ばかりしますね」ハァ

P 「いや、だってさ……どうせやるなら、楽しくやりたいだろ?」


34 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:41:48.52 ID:NI5LmSx80

紬 「アイドルは遊びではありません……それくらい、あなただってわかっていると思っていたのですが」

P 「そうだ、アイドルは遊びじゃない。けどな……」

P 「どうせなら、俺は楽しく仲良くやっていきたい!ビジネスライクって割り切ってしまうのは簡単だけどな」

P 「紬は嫌か?俺と仲良くするっていうのは」

紬 「嫌、とは申しませんが……」

P 「だろ?仲良くしたいから、紬だって今日色々ちょっかいかけてきたんだろうし……ってのは流石に自意識過剰か」ハハハ

紬 「あなたは本当に単純ですね……」ハァ

P 「単純な方が悩まずに生きていけるからな!」

紬 「まったく……」

紬 「……でも、なんだか少しだけ分かったような気がします」


35 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:42:47.59 ID:NI5LmSx80

P 「何が分かったんだ?」

紬 「それくらい自分で考えてください」ピシャリ

P 「え、ええっと……?」

紬 「……ふふっ」

紬 (こういう人だから、みなさんも甘えられるのでしょうね)

紬 「……あれっ?」

P 「ん、どうした紬?」チラッ

美希 ジー

P 「…………」ダラダラ

美希 「は、ハニーの……浮気者ー!」

P 「み、美希!あんまり騒ぐな!」

美希 「バカバカ、ハニーのバカァーッ!」ダッ

P 「美希、待てって!」ダッ

紬 「…………」ポツン

紬 「……本当に、馬鹿なんですから」クスッ


36 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:43:14.94 ID:NI5LmSx80
―――――

P 「ひぃふぅ……」カキカキ

美咲 ツーン

P 「あ、青羽さん……頼みます、ちょっとだけ手伝って」

美咲 「仮眠って言って他のアイドルと添い寝しに行くなんて……」

美咲 「私、許してあげませんからね!」プイッ

P 「そ、そんなぁ……」ガクリ

紬 「…………」

小鳥 「いーい、紬ちゃん……プロデューサーさんはね、献身的な女の子が好みなのよ」ヒソヒソ

P 「こらそこ!勝手に人の好みをバラさないでくださいよ!」

小鳥 「えー、良いじゃないですかー」

P 「また俺が紬に叱られるじゃないですか!嫌ですよ、冷たい目で見られるの辛いんですから!」


37 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:43:48.79 ID:NI5LmSx80

紬 「…………」スタスタ

P 「……紬?」

紬 「なにか……私に手伝えることはありませんか?」

P 「手伝ってくれるのか?」

紬 「……別に、手伝わなくてもよいのですが」

P 「あー待て待て!じゃあ、これの書類を分けておいてくれないか!ハンコ押すだけの奴なら、分けられてるだけで大分楽になるからさ!」

紬 「分かりました」スッ

紬 (仲良く、か)チラッ

P 「ん、どうした紬?」

紬 「……ただ見ていただけです」


38 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:44:18.77 ID:NI5LmSx80

P 「そうか……なにかあるなら聞こうと思っただけなんだ」

P 「ゴメンな、作業手伝ってくれてありがとう」ニコッ

紬 「……それなら、一つだけお願いをしてもよろしいでしょうか?」

P 「俺に出来る事なら、なんでも良いぞ」

紬 「今度、近所の甘味処に一緒に行ってもらえませんか?」

P 「ふむ……ふむ?」

P 「それって、いわゆるデートでは……?」

紬 「だ、男女が出かけるだけで逢引きとは思い込みが激しすぎませんか!?」

紬 「仲を深めようと言ったのはプロデューサーでしょう!?」

小鳥 「……ピヨ?」キョトン


39 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:45:24.98 ID:NI5LmSx80

P 「そ、それはそうだが……」

紬 「それで、返事は!」

P 「あ、ああ……構わないよ、今度日にちを合わせよう」

紬 「……それでは、約束ですからね」スタスタ

小鳥 「ちょ、ちょっと待ってくださいプロデューサーさん!今のはどういう事ですか!?」

P 「え、ええっとですね……」アセアセ


紬 「……約束、ですからね」ルンルン

おしまい


40 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:48:35.83 ID:NI5LmSx80
……これ構って欲しいってより甘えてただけじゃないだろうか
紬の口調が安定してませんがお許しください
今回も楽しんで読んでいただければ幸いです


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502892941/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2017/09/19(火) 15:13:55

    紬はめんどくさいな


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ