Powered By 画RSS


海未「今日はことりの誕生日ですが……」

1 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:10:15.92 ID:IvckOV7S.net
―ことりの家の前―

海未「そんな!?」ガサガサ

海未「ないです……ことりへのプレゼントが……」ガサゴソ

海未「朝、家出る時ちゃんとバッグに入れていたのですが……」

海未「ああ、これではことりを祝えません……」ウルウル

海未「しかし探している時間もないですし……」オロオロ

海未「もう……どうしてこうなるんですか……」グスッ




2 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:10:51.98 ID:IvckOV7S.net
海未「本当に困りました……ですが、このままムダに時間を過ごしていられませんし……」

海未「失くしたことは素直に謝り、後日改めてプレゼントしましょう」

海未「では……行きます」ピンポーン

ことり「はーい」ガチャッ

ことり「海未ちゃん、来てくれたんだねっ♪」

海未「ことり、誕生日おめでとうございます!」

ことり「ありがとっ♪ ここで立ち話もアレだから早く入ろう海未ちゃん」

海未「はい、お邪魔します」


3 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:11:34.35 ID:IvckOV7S.net
―ことりの部屋―

ことり「いらっしゃい、海未ちゃん♪」

海未「ことりの部屋は慣れているはずですが、こういう時に来ると何だか緊張します」

ことり「あはは、もっと楽にしていいんだよ?」

海未「そうですね、ことりが目の前にいるのにいつまでもこうしていてはことりにも悪いですし……」

ことり「うん、じゃあケーキ持ってくるね?」

海未「ことりが作ったのですか? 自分の誕生日なのに」

ことり「だって海未ちゃんと2人で食べたいと思ったんだもん♪」

海未「もう、ことりったら♪」

ことり「じゃあくつろいで待っててね♪」ガチャ


4 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:12:03.78 ID:IvckOV7S.net
海未「……待つとは言ってもプレゼントを失くしたことで頭いっぱいで落ち着けません」

海未「プレゼントがないと知ったらことり、がっかりしてしまうのでしょうか……」

海未「あとでなんとでもしても今日の不始末が消えるわけではないですし……」

海未「はぁ……」

海未「どう謝りましょう……」

ことり「お待たせぇ♪」ガチャッ

海未「あっ、ことり早かったですね」

ことり「海未ちゃんと一緒に早く食べたかったからね♪」

海未「そう言われると嬉しいですね♪」


5 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:12:38.44 ID:IvckOV7S.net
ことり「はいっ、これがことりが作ったケーキですっ♡」

海未「とても美味しそうなチーズケーキですね!」

ことり「うふふ、海未ちゃんとの最高の誕生日を過ごせるようにことり頑張っちゃった♪」

海未「あのっ!」

ことり「海未ちゃん!?」

ことり「どうしたのいきなり……?」

海未「その誕生日のことなのですが……」


6 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:13:16.23 ID:IvckOV7S.net
海未「すみません!」

海未「ことりへ渡すプレゼント、失くしてしまいました!」ドゲザ

ことり「わわっ!?」

ことり「海未ちゃん、そこまでしなくていいよぉ」オロオロ

海未「こうでもしないと私の気が済まないのです」

ことり「ううん、正直に言ってくれてことり、それだけで許しちゃう」

ことり「だから顔を上げて? ね、海未ちゃん」

海未「ことりぃ……」ウルウル

ことり「よしよし、海未ちゃん」ナデナデ


7 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:13:45.73 ID:IvckOV7S.net
海未「うぅ……先ほどはお見苦しいところをお見せしてしまいました……」

海未「ことりへのプレゼントは後日、絶対にお渡ししますので」

ことり「ふふ、大丈夫だよ?」

ことり「ことりとしてもかわいい海未ちゃんが見れてよかったし」ボソッ

海未「ことり? 何か言いました?」

ことり「へっ!? ナンデモナイノヨナンデモ」

ことり「ささっ、早くことりのケーキ食べよ?」

海未「? わかりました」


8 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:14:16.93 ID:IvckOV7S.net
海未「やはりことりの作るケーキはチーズケーキでしたね」

ことり「だって大好きなんだもん♡」

ことり「それに今日は特別な日だからちょっと奮発してフルーツとかいろいろと入れちゃったんだぁ♡」

海未「ふふっ、とても美味しそうですね」

ことり「うんっ!」

ことり「……これが海未ちゃんの分、はいどうぞ♪」

海未「ありがとうございます♪」

ことり「……よしっ、ことりの分も切れたよ」


9 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:14:50.53 ID:IvckOV7S.net
ことり「じゃあ食べよっか、海未ちゃん」

海未「はいっ、いただきます」

ことり「モグモグ……うーん、やっぱり大好きな人と食べるケーキは美味しいよぉ♡」

海未「大好きだなんて……それは大げさですよ///」モグモグ

海未「ですが、本当に美味しいですね♪」

ことり「よかったぁ♡」モグモグ

海未「でも……何だかお酒の味が効きすぎているような……///」

ことり「そうだね……ちょっと暑くなってきちゃったぁ///」プチプチ

海未「こっ……ことり!?」


10 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:15:27.26 ID:IvckOV7S.net
ことり「ねぇ、海未ちゃーん?」トローン

海未「なっ、何ですか?///」メソラシ

ことり「ことり、やっぱり今海未ちゃんからのプレゼントがほしいなぁって」

海未「で、ですからプレゼントは失くしたと……」

ことり「違うの、ことりがほしいのはねぇ……」

ことり「う・み・ちゃん♡」ミミモトデササヤキ

海未「んなっ!?///」


11 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:16:24.68 ID:IvckOV7S.net
ことり「ねぇ、いいでしょ?」

海未「だ、ダメです……」

ことり「そうは言っても心の中では期待してるよね?」モミッ

海未「ひゃんっ!? いきなり胸を触るなんて……///」

ことり「やっぱり、そこまで嫌がらないね海未ちゃん♡」サワサワ

海未「い、いけませんことりぃ♡」

ことり「海未ちゃん、今夜は寝かさないからね♡」

海未「はい♡」


こうして2人の熱い夜は更けていく……

おしまい


12 : 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 23:17:16.47 ID:IvckOV7S.net
何とか誕生日が終わる前に書き終わった
ことりちゃん、誕生日おめでとう!


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1505225415/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ