Powered By 画RSS


モバP「熟カレー派です」 ちひろ「こくまろ派です」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/19(火) 02:03:06.90 ID:3NWdmM7P0
モバP(以降P表フゴフゴ!)「…」カタカタカタカタカタカタカタカタ

P「……」カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

P「………」カタカタッターン

P「……ふぅ」

P「………」

P「…ふむ」

P「…」

P「……」

P「………」

P「よし」カパッ

ちひろ「よし、じゃないですよ」

P「あれ、いたんですかちひろさん」

ちひろ「ずっと真向かいで仕事してましたよ」

ちひろ「何してるんですか」

P「何をしているように見えます?」

ちひろ「大量のカレーが入ったお鍋の蓋を開けているように見えますね」

P「惜しい。鍋じゃなくて寸胴です」

ちひろ「どうでもええわ」

P「いや、だってほらカレーってふとした時に無性に食べたくなりません?」

ちひろ「働いてください。って畜生全部終わらせてやがる」

P「よしよし、いい感じに出来てる。チッヒも食べます?」

ちひろ「勤務時間中に事務所の中でカレー頬張るのってどうなんですか?」

ちひろ「大盛りでお願いしますね」

P「マッテローヨ」ヨソヨソ




2 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/19(火) 02:29:40.94 ID:3NWdmM7P0
P「ちひろさんってカレーはご飯で食べる派ですか?パンでいく派ですか?」

ちひろ「そうですねぇ…って聞きながらご飯にかけてるじゃないですか」

P「はい、あったかいものどうぞ」コトッ

ちひろ「はぁ、あったかいものどうも」

ちひろ「…スタドリとか入ってませんよね?」

P「食べ物を悪用するな、というのが我がP家代々の家訓でして」

ちひろ「まぁ、良い匂いですし大丈夫だろうと信じてあげます。…バーモントですか?」

P「え?カレーは熟カレー一択でしょう」

ちひろ「こくまろ派の私に向かってよく言いましたね」パクッ

ちひろ「うまっ!」

P「沢山ありますから。おーい、食べたかったら遠慮しないでいいからなー」

芳乃「ではではー」ニュルンッ

あやめ「ニニンッ!」シュバッ

乃々「く、空腹にスパイシーな香りは暴力です…胃酸過多になるんですけど…」モゾモゾ

ちひろ「わわっ、あちこちから」

P「冗談で声かけたら思いの外潜んでたわ」

ちひろ「あの、芳乃ちゃん?今一体どこから…」

芳乃「ほー?」

P「それじゃ3人の分も用意してくるか。量はどのぐらいにする?」

あやめ「P殿!わたくし大盛りでお願いしますっ!」

芳乃「ご飯並盛りルーマシマシでー」

乃々「ふ、普通ぐらいでお願いします…」

P「あいよ、大盛り3つだなー」

乃々「選択肢無いんですけど!」


3 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/19(火) 02:42:14.01 ID:3NWdmM7P0
あやめ「おおっ、何とも食欲をそそるこの香り…屋根裏でどれだけ唾を飲んだことか」ゴクッ

P「お腹空いたなら素直に下りてくればいいのに」

乃々「大振りにカットされた豚肉がゴロゴロと入っているところが武骨ながらシンブルに見た目にも食欲を刺激してくるんですけど」ゴクリ

P「食べ物に関しては意外と流暢になるのな森久保」

芳乃「おかわりでふふぇー」モキュモキュ

P「早ぇ」

ちひろ「それにしても本当に美味しいですね。ほんと、プロデューサー辞めてそっちの道行けばいいのに」ムシャムシャ

P「自分のため以外に飯作りたくないんですわ、基本的に」

あやめ「美味しい!」パァァッ

乃々「お、お店で食べるようなカレーより家で作るカレーに近いんですけど、コクがあるというか味に奥深さがあるというか」モフモフ

あやめ「ニンジン、ジャガイモにタマネギにお肉。具は普通のカレーと変わらないように見受けられますが…」

ちひろ「何ですかねコレ。隠し味とか入れてますよね?」

P「色々入れてるから説明始めると4レスぐらい使うぞ」

ちひろ「あ、じゃあいいです」モキュモキュ

P「え、ひどくない?」

あやめ「わたくし、実家では何故かカレーに厚揚げが入っていました…ニン」モグモグ

乃々「あ…も、もりくぼのお家は時々ちくわが入っている時が…」

ちひろ「カレーってその家独自の特色がありますよね」

P「ハハッ、ならさしずめちひろさんの家では小銭でも入ってましたか?」

ちひろ「フルボトルにしてやろうか」

P「ヒィィッ」

芳乃「おかわりでふぃふぇえー」モッキュモッキュ


4 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/19(火) 03:50:22.60 ID:3NWdmM7P0
あやめ「P殿はいつもポークカレーなのですか?」

P「豚肉が一番安くて使いやすいから豚カレーにする事は多いな。ちなみにこの肉は時子ん家からの差し入れです」

ちひろ「ああ、通りで美味しい訳ですね」

乃々(お鍋に入れて煮込む前に一度表面だけサッと焼いたであろう、この豚肉のジューシーさ。噛み締めるたびに口の中であふれる肉汁とルゥがベストマッチするんですけど…!)モキュモキュモキュ

芳乃「乃々殿がーハムスターのようになってしまっておりますー」

P「うん、やっぱりカレーはドロッとしてる方がいいですね」ングング

ちひろ「そうですか?私はどちらかと言えばもうちょっと水っぽい方が好きですけど」

あやめ「あっ、わたくしドロドロ派に一票ですっ」

乃々「ど、どちらかと言えば……ドロドロ?」

ちひろ「あれ、私少数派?」

芳乃「どちらでもー」モキュモキュ

あやめ「わたくしの家では炒めた小麦粉を入れてとろみを加えておりました」

P「へぇ、浜口家結構本格派だな」

あやめ「しかし何故か厚揚げを入れるのです」

P「いや、別にいいじゃん。不味くはないんだし」

乃々「…思い返すと、こんにゃくも入っていた事があったような…」

ちひろ「それ、もしかしておでんを再利用していたんじゃあ」

乃々「っ!ど、どおりでがんもも入っていたと…」

P「煮物の残りをカレーにするのって結構定番だよな」

ちひろ「ありますねぇ。そしてカレーの残りはカレーうどんになると」

芳乃「おかわりれふぃへー」モグモグ

P「お前さんさっきからペース早くない?」

あやめ「あっ、わたくしもお願いしてもよろしいでしょうか?」

P「あいよ。沢山食べて閃乱カグラ体形になるといいさ」

あやめ「ハードル高いですな!」

P「じゃあDOA?」

ちひろ「やめてさしあげなさい」


27 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/20(水) 01:58:01.04 ID:ms9JXN2V0
ちひろ「お店のカレーはもちろん美味しいんですけど、こういう家カレーの謎の安心感はお店では味わえませんよね」モグモグ

乃々「あふふっ、じ、ジワジワ辛さが来たんですけど…流石いぢわるプロデューサーさん…油断した頃にこの仕打ちなんですね」

P「中辛と甘口のルゥ混ぜたんだけど森久保のお子様舌じゃコレでもきつかったか」

乃々「どうせお子様ですけど」

P「うし、ちょっと待っとれ。飲み物持ってくる」

芳乃「おかわりでふー」ススッ

P「カレーは飲み物じゃないぞ芳乃さんや」

あやめ「わたくしもあまり辛いものは得意ではありませんから、このぐらいが有難いです。流石はP殿ですね」

ちひろ「いえいえ、単にあの人も辛口が食べられないお子様舌なだけですよ」

P「今、俺のことを笑ったか?」

ちひろ「気のせいですよ。あれ、それは牛乳ですか?」

P「似たようなもんです。注ぐから各自飲み物欲しかったらグラス出して」

あやめ「お願いいたしますっ」スッ

ちひろ「じゃあ私も」スッ

乃々「辛いんですけど…お口の中ひりひりするんですけど」スッ

芳乃「ほー」グイッ

P「人のほっぺたにグラス押し付けないで」


あやめ「甘くてほんのり酸っぱい!」パァァッ

乃々「ふぉぉぉ……あっという間にお口の中がリフレッシュしました…え、クロレッツ?」

ちひろ「あ、コレもしかしてラッシーってやつですか?」

P「ええ。この前及川牧場からドン引きするぐらい乳製品送られてきたのを思い出しまして」

芳乃「ヨッシー?」

P「ラッシーな」

あやめ「このまろやかな甘さと程よい酸味…これはまたカレーが欲しくなりますね!」ハグハグッ

乃々「ほわぁぁ……こ、これ飲んだ後にカレーを食べるとまた一段とスパイスの風味味わいコクが鮮明に口の中に広がってくるんですけど!」モキュモキュ

P「森久保今度からグルメロケやる?」

芳乃「そなたーそなたー、アッキーおかわりですー」

P「ラッシーな。流石に同僚を飲んだらアカン」


29 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/20(水) 02:52:40.43 ID:ms9JXN2V0
ちひろ「これホントに美味しいですね。どうやって作るんです?」ズズーッ

P「ヨーグルトに牛乳入れてよく混ぜるだけです」

ちひろ「お手軽っ」

P「本格的な作り方はまた別ですけど、家庭で作るにはそんなもんで十分ですよ。レモンやハチミツ、シナモンなんて入れたりしても美味しいです」

あやめ「うぅ…そろそろお腹一杯になりかけていたのに…辛いのと甘酸っぱいのが交互に来たら無限連鎖ではありませんか!」スッ

P「はいニンジャさんおかわり入りましたー」

乃々「森久保のお家…カレーに隠し味でヨーグルト入れてました…」

ちひろ「ああ、よく聞きますよねそれ。まろやかになって美味しいんですよねぇ」

あやめ「わたくしの実家は牛乳を入れておりましたが、ヨーグルトは確かに美味しそうですね」

P「マイルドになって食べやすいんだよな。逆に乳製品一切使わないでブイヨンとか鶏ガラでルゥ伸ばして作るスパイシー系も嫌いじゃないけど」

ちひろ「やめてください。食べたくなるでしょう」

芳乃「おかわりふぉー」

P「何杯目だよ」

乃々「そういえばこの前…小梅さんたちとロケでカレー屋さんに行ったんですけど…」

ちひろ「あぁ、ありましたね確か。輝子ちゃんとまゆちゃんも一緒でしたよね」

乃々「は、初めてあんな本格的なカレー食べました…ビックリしたんですけど」

P「わかる。辛いんだけど手が止まらなくなるんだよなぁ」

乃々「みんなして、汗だくだくになって…ヒィヒィ言いながら食べました…おいしかったです」

ちひろ(可愛い女の子たちが汗まみれになって荒い吐息でカレーを掻き込んでましたもんね…良い数字が取れました)

P「スパイスの効果なんだろうけど汗めっちゃかいて食べ終わった後凄くスッキリするんだよな」

あやめ「うぅ…聞いているだけでお腹に来ますな」

芳乃「そにゃたーそにゃふぁー、おふぁふぁふぃー」モッキュモッキュ

P「その体のどこに入っていくんだよ」


31 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/20(水) 04:08:14.92 ID:ms9JXN2V0
ちひろ「みんなそれぞれの家の独自のレシピがあって面白いですよね」

P「そうだ!いっそ346プロアイドル達の秘伝カレー特集とかやったら…」

ちひろ「焼きまんじゅうカレーとかドーナツカレーをお茶の間に晒す気ですか」

P「うーん、良いアイディアだと思ったんだけどなぁ」

あやめ「あ、でも他の皆さんの家ではどんなカレーだったのか気にはなりますね!」

乃々「確かに…興味なくもなくないような…」

芳乃「ヒッキーおかわりですー」

P「ラッシーな。ここ奉仕部違うから」

P「実際面白いだろうし何人かに聞いてみようか。お茶の間に流せそうなものだけチョイスして番組に使えばいいんだし」タプタプタプ





肇「一度だけの恋なら~君の中で遊ぼう~♪」トテトテ

肇「ひゃっ」ヴーッ ヴーッ

肇「…あれ、Pさんからメール?」ポチポチ



P『突然で悪いんだけど肇の家ってカレーにどんなうどん入れてた?』


肇「」




P「返信がこねぇ」

乃々「どうせロクでもないメール送りつけたんじゃあ」

P「じゃあ今度は橘さんあたりに…」メールダヨ メールダヨ イッテイーヨ!

P「うん?」ポチポチ



ありす『ありすです』



P「」

あやめ「い、如何なさいましたP殿!?突然白目を剥くのは怖いのですが!」


51 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/21(木) 02:17:50.07 ID:bKs8LELi0
『カレー?ウチは別に普通かな。隠し味?ヨーグルトとか入ってた気がするけど』

『バーモント一択だったなぁ。あ、コーヒーとか入れてたっけ』

『ミツボシはバーモントっぽいですよね!』

『バナナとハチミツとリンゴとチョコと……え?美味しいから大丈夫ですよ?』

『豚』

『ママが用意してくれたレトルトをチンしてたでごぜーます』

『あの、先ほどのメールは一体…?』

『ハンバーグ乗っけてたにゃ!』

『あまくち!(甘美なる混沌の海よ!)』




P「突然悪かったな。あと副音声逆じゃね?」ピッ

P「ざっとリサーチしただけでもこの個性ですわ」

ちひろ「そもそもこの事務所の所属アイドルが個性の権化ばかりですからね」

乃々「どんな個性も受け止める…カレーみたいな事務所です」

あやめ「それではわたくし達はさしずめ具か隠し味でしょうか?」

ちひろ「随分パンチの効きすぎた隠し味が多すぎる気がしますけど」

P「まぁカレーって大体のものと合いますしね。割りと上手い例えだと思いますよ」

芳乃「そにゃふぁー?」モクモク

P「食いすぎ。異世界食堂の黒ウェイトレスかお前さんは」

芳乃(美味しいのでー)

乃々(こやつ、直接脳内に…ってこっちもりくぼですけど!?)


53 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/21(木) 04:46:46.92 ID:bKs8LELi0
P「おぉう、しこたま作ったのにもう寸胴空なんだけど」

あやめ「美味しかったのでつい沢山食べてしまいました…うぅ、体が重い…」

乃々「お腹ぽんぽんです…もう、このままお部屋に戻って眠りについてしまいたい気分なんですけど…」モソモソ

P「おーい寮に帰れぇ。そこ俺のデスクー」

芳乃「みなさまー、沢山食べたのでしてー」

ちひろ「ダントツで芳乃ちゃんが食べてましたけどね」

芳乃「ほー?」

P「よし、洗うの面倒だしこのまま水を入れてこびりついたカレーを溶かしてカレーうどんのスープにしちまおう」

あやめ「さ、流石にもうお腹に入りませんっ」

P「誰が今食べる分って言ったよ食いしん坊忍ドル」

ちひろ「こうしてみんなでワイワイ賑やかに食べるカレーっていいですね」

あやめ「はいっ。なんだか林間学校のキャンプみたいで楽しいですっ」

乃々「ほんとに眠くなってきました……すみません、ではもりくぼはこの辺で安息の地に戻らせていただきますね…」

P「だからそこは俺のデスクですけど」

芳乃「ではわたくしもー」ゴソゴソ

あやめ「よ、芳乃殿!?天井裏はあやめの場所なのですが!」

ちひろ「勝手に天井裏を居場所にしないでくださいね?」

乃々「むにゃ…それでは、おやすみなさい…」ズモズモ

P「そこは俺の懐なんですけど」





アッキー「終わりだ」

優「アッキーもっと食べる?」

アッキー「おかわりだ」


54 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/21(木) 04:59:01.01 ID:bKs8LELi0
最近なーんかネタが湧かないなぁ…よし、初心に帰ってみよう。…元から何も考えずに書いてたのを思い出して結局思いつき書きなぐりですスンマセン。
飯ネタというか単純にカレー談義したかっただけなんです。家カレー好きなんです各家庭各々秘伝のレシピがあって盛り上がる話題ですよねカレー。
最近のお気に入りは溶かしバター&食べるラー油トッピングです。焼いたトーストで食べても最強ですよねおなかすいた


オツカーレ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505754186/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ