Powered By 画RSS


【けもフレ】コノハ博士「助手、いったいソレはどうしたのですか?」

1 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 12:16:53.67 ID:yNnSC8G6O
ミミズク助手「わからないのです」

ツチノコ「うぉぉぉー!?どーなってんだー!?」

ミミズク助手「朝起きたら体からツチノコが生えていたのです」

コノハ博士「それは困ったのです」




2 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 12:23:51.98 ID:yNnSC8G6O
ツチノコ「た、助けてくれー!」

ミミズク助手「やかましいのです」

コノハ博士「……いくら我々が賢いといってもフレンズ同士がくっつくという状況は初めてなのです」

ミミズク助手「なのです」

コノハ博士「とりあえず無理矢理引っこ抜くのです」

コノハ博士「我々は賢いので」

ミミズク助手「優しくお願いしたいのです博士。一応私の体の一部みたいなので」

ツチノコ「やめろぉー!!」


3 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 12:33:57.34 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士「うんしょ、うんしょ」グイーッ

ツチノコ「いたぃ~!やめろォォ!!」

ミミズク助手「い、痛いのです博士ー!!」

コノハ博士「我慢するのです助手。これもツチノコを引っこ抜くため」グイーッ

コノハ博士「尾が2本あるけものはかっこわるいのです」グイーッ

ミミズク助手「アアアアー」

ツチノコ「ぬぉー!!」ペッ

コノハ博士「!?」

ベチャッ

コノハ博士「…………………」ベター

ツチノコ「ハァハァ……」

ミミズク助手「あへ~」ヘタッ

コノハ博士「……………なんなのですかこの臭い粘液は……」ネバー

ミミズク助手「……博士、どうやらツチノコは危機的状況にあると激臭のする粘液を吐き出し、身を守るようなのですね… 」ハァハァ

ツチノコ「安心しろ!毒は無いぜ!」

コノハ博士「うぅ……生臭いのです…」トロー


5 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 12:41:20.42 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士「我々が浅はかだったのです」

ミミズク助手「どうやら私の体からツチノコを引っこ抜くには、まずツチノコの生態からお勉強する必要が有りそうなのですね」

コノハ博士「ツチノコの生態に関する本を持ってきたのです」スッ

ミミズク助手「我々は賢いので」

ツチノコ「頼むぜ!」

ミミズク助手「………ところで博士」

コノハ博士「なんなのですか助手?」ツルーン ペターン

ミミズク助手「……何故裸なのですか?」ハァハァ

コノハ博士「またツチノコに粘液をぶっかけられたら困るので、予防なのです」

ミミズク助手「成る程……博士は賢いのです」ハァハァ

ツチノコ「ハァハァ」


7 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 12:55:19.73 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士「ではまずは……」ペラッ

ツチノコ「ぬぉぉぉー!」ビーン

コノハ博士「ど、どうしたのですか!?」

ミミズク助手「博士!どうやらツチノコの生態の本によると、ツチノコは極度の緊張状態になると体が硬直するようなのです!」ハァハァ

ツチノコ「うひぃー、ヒッヒッヒー!」ビーン

コノハ博士「………成る程…さすがはツチノコの生態の本……お勉強になるのです」

ミミズク助手「なのです、博士!」ハァハァ

コノハ博士「良い子のみんなも覚えておくのです」

コノハ博士「……ですが……この後はどうすれば……」

ミミズク助手「ツチノコの生態の本によると、こういう場合は体温で温めるといいと書いてあったのです!」

コノハ博士「……体温……?」

ミミズク助手「……博士…ツチノコを咥えてみるというのはどうでしょうか?」ハァハァ

ツチノコ「!?」

コノハ博士「…………え?」

コノハ博士「…………それはさすがに気持ち悪いのです……」

ツチノコ「なんだとー!!」プンプン

ミミズク助手「博士……美味しいものを食べてこその人生なのです!」

コノハ博士「!」

ミミズク助手「博士なら大丈夫なのです………」ハァハァ

ミミズク助手「博士は……賢いので」ニコッ

コノハ博士「………助手……」


10 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 15:29:44.18 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士「で、ですが……いくらツチノコが口に含めるサイズまで小さくなり、更には助手の体に生えたと言っても…」チラッ

ツチノコ「うぃっ」ビーン

コノハ博士「………同じフレンズの仲間を咥えるのは長として……」

ツチノコ「ぐぁぁぁぁぁー!」ピクンピクン

コノハ博士「!?」ビクッ

ミミズク助手「博士!ツチノコが苦しそうにしているのです!」

ミミズク助手「これはパークの危機…一大事なのです!早く野生を解放するのです!」

コノハ博士「…………」チラッ

ツチノコ「ぬわぁぁぁ!くるしー!」ビクンビクン

コノハ博士「…………仕方ないのです…」スッ

コノハ博士「ツチノコの体を擦ってやるのです」サスサス

コノハ博士「これで我慢してほしいのです……」サスサス

ミミズク助手「は、博士のお手て……ちっちゃくてかわいーのですー!」ハァハァ

ツチノコ「ぐぁぁぁぁー!」ピュッ

コノハ博士「きゃっ」

ベチャッ


11 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 15:39:56.88 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士「……………」ベター

ツチノコ「ゼーゼー……」ヘナッ

ミミズク助手「またツチノコが口から粘液を……」

ミミズク助手「博士!平気なのですか!?」

コノハ博士「………す、少し生臭いのですが平気なのです……」ネバー

コノハ博士「私は裸なので」ベター

ミミズク助手「さすがは博士、賢いのです」

ミミズク助手「ところで博士、ツチノコの口から排出される粘液はとても美味しいとツチノコの生態の本に書いてあったのです」

コノハ博士「ほ、本当なのですか!?」ワクワク

ミミズク助手「はいなのです」

コノハ博士「美味しいものを食べてこその人生なのです」

コノハ博士「いただくのです」ペロッ

コノハ博士「…………っ!!」

ミミズク助手「……どうですか博士?」

コノハ博士「…………まずいのです」オエッ

ミミズク助手「………では私も味見を」ペロッ

コノハ博士「きゃっ!」

コノハ博士「な、なにをするですか助手!////」

ミミズク助手「? 私もツチノコの粘液を味見してみただけなのです」ペロペロ

ミミズク助手「……ふむ……まずいですね」ペロペロ

コノハ博士「わ、私を舐めるのはよすのです助手ーー!!////」

ミミズク助手「博士、独り占めはよくないのです」ペロペロ


12 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 15:51:48.29 ID:yNnSC8G6O
ツチノコ「うぅぅ……」ガタガタ

コノハ博士「? 急に震えて…いったいどうしたのですかツチノコ?」

ツチノコ「うぅぅ………」ガタガタ

ミミズク助手「博士……ツチノコの生態の本によるとこれは恐らく冬眠なのです」

コノハ博士「冬眠…?」

ミミズク助手「本によれば……ツチノコは寒くなると穴に潜り冬眠する……と書かれているのです……」

ミミズク助手「一説によれば、このツチノコの冬眠を"ソツギョウ"と呼ぶ事もあるらしいのです」

コノハ博士「ソツギョウ…また一つお勉強になったのです」

ツチノコ「ぬわぁー!さむいー!」ガタガタ

コノハ博士「ツチノコ!」

ミミズク助手「博士!緊急事態なのです!一刻も早く冬眠用の穴を用意するのです!」

コノハ博士「で、ですが穴なんてどこにも……」オロオロ

コノハ博士「そ、そうだ!アリツカゲラに言ってツチノコの冬眠用の穴の手配を!」

ツチノコ「ぬわぁぁぁ!早くちっちゃくてキツキツの穴に入らなきゃ死んじまうよー!」ガタガタ

ミミズク助手「博士!そんな時間はないのです!」

コノハ博士「……いったいどうすれば…」タラー

コノハ博士(いや、落ち着くのです…こんな時こそ我々の賢い頭脳を活用して…)

ツチノコ「ぬわぁぁぁ!」ブルブル


14 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 18:31:31.49 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士(考えるのです……!)

コノハ博士(穴穴穴……すぐに用意できるちっちゃくてキツキツの穴……)

ツチノコ「穴に…穴に入らなきゃ凍えて……」ブルブル

ミミズク助手「ツチノコ!しっかりするのです!」

コノハ博士「……こうなれば……」スッ

ミミズク助手「博士!ソツギョウ(冬眠)用のちっちゃくてキツキツの穴が見つかったのですか!?」

コノハ博士「土を掘ってソツギョウ(冬眠)用の穴をつくるのです」

ツチノコ「ぬぉぉぉー!」ガクガク

ミミズク助手「博士!ツチノコの生態の本によると、穴は人肌の温かさでなければダメなようなのです!」

コノハ博士「………お手上げなのです…」ガクッ

ツチノコ「ぬわぁぁぁ!」ガクガク

「わーい!」

コノハ、ミミズク「!」


16 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 18:42:25.64 ID:yNnSC8G6O
サーバル「博士ー!カレー食べにきたよー!」

コノハ博士「サーバル……」

サーバル「あれあれー?どうしたのー?」

サーバル「博士は裸んぼーだし……」

コノハ博士「………………」ツルーン ペターン

ツチノコ「ぐぁぁ………」ビクンビクン

サーバル「ツチノコは助手にくっついて苦しんでるし……」

ミミズク助手「……サーバル、これは我々の問題なのです、速やかに帰るのです」

サーバル「えー?」

コノハ博士「……待つのです助手」

ミミズク助手「!」

コノハ博士「……今は猫の手も借りたい状況……サーバル、我々に力を貸すのです!」

ミミズク助手「………博士……」

サーバル「わーい!でも私の手ってどうやって貸せばいーのー?」

ツチノコ「あな~!」ビクンビクン

ミミズク助手「………フーフー…」ハァハァ

コノハ博士「助手!」

サーバル「うーん…どうすればいいかわかんないやー」

サーバル「とりあえず脱いじゃおーっ!」スポーン


17 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 18:52:48.31 ID:yNnSC8G6O
ツチノコ「ぬぉお!穴発見!」ビーン

ミミズク助手「!」

コノハ博士「え?」

ツチノコ「もう我慢できない!ソツギョウ(冬眠)させろー!」シュッ

サーバル「キャー!なになにー!」

コノハ博士「………穴?いったいどこに…?サーバルが持っているのですか?」

ツチノコ「うへへー!」ビーン

サーバル「キャー!」

ミミズク助手「待つのです!ツチノコ!」グイッ

ツチノコ「うへっ!」ググ

ドサッ

サーバル「…………え?」

ツチノコ「な、なにしやがる!」

コノハ博士「そうなのです助手!せっかくソツギョウ(冬眠)用の穴が見つかったのですよ!」

ミミズク助手「……………本で読んだのです」

ミミズク助手「………ソツギョウは本当に大切な相手とでなくてはならない……と…」ギュッ

コノハ博士「…………え?」

サーバル「?」

ツチノコ「………うぅ……」ビクンビクン


18 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 19:26:48.05 ID:yNnSC8G6O
アイエンキエンイチゴイチエ

ミミズク助手「博士……」キリッ

キミトデアエータンダ

コノハ博士「な、なんなのですか?」

アオイハルイツカマクヲトジ

ミミズク助手「……私と…ソツギョウしてほしいのです」

サクラノハナマイチーテモ

コノハ博士「助手………」ドキッ

デアイヲハタスダロー

ツチノコ「ちっちゃくて…キツキツの穴…」ハァハァ

カケガエナーイ

ミミズク助手「博士……好きなのです!」

ボクニニタキミヘー

コノハ博士「………私も……なのです///」ポッ


サーバル「わーい!」


19 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 19:35:37.96 ID:yNnSC8G6O
ミミズク助手「博士~」チュッチュ

コノハ博士「助手ぅ…なのです」チュッチュ

ツチノコ「ハァハァハァハァハァ」ビクンビクンビクン

サーバル「わー!なにあれなにあれー!」

「あれはフクロウ同士の求愛行動でお互いを毛繕いしあってるのさー」

サーバル「!」

フェネック「はーいよ」

サーバル「フェネックー!」ワーイ

フェネック「フクロウはねー、ある時期になるとああやって雌同士でつがいをつくる事も稀にあるんだよー」

サーバル「すっごーい!」

コノハ博士「助手…大好き……なのです…」チュッチュ

ミミズク助手「博士のじゃぱりまん…小さいのです…」モミモミ

サーバル「じゃあ、アレも毛繕いなんだね!」

フェネック「そうだよー」

サーバル「またひとつお勉強になったね!」


21 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 19:53:45.01 ID:yNnSC8G6O
コノハ博士「…………という訳で我々はあちらの部屋でソツギョウ(冬眠)の準備をしますので」

ミミズク助手「我々は賢いので」

ツチノコ「もう穴に入れりゃ何でもいいや」ビクンビクン

サーバル「えー?冬眠用のちいさくてキツキツの穴は見つかったのー?」

ミミズク助手「………………」チラッ

コノハ博士「……………はい…ナノデス…///」モジモジ

サーバル「すっごーい!」

サーバル「いいなーいいなー!私もツチノコの冬眠見たーい!」

フェネック「サーバル」ポンッ

サーバル「フェネック…」

フェネック「ここから先は……若い二人にまかせよーよ」

サーバル「?」


22 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 19:59:58.23 ID:yNnSC8G6O
ミミズク助手「では博士、いくのです。善は急げ…なのです」ギュッ

コノハ博士「優しくしてほしいのです///」ギュッ

ミミズク助手「それはツチノコ次第なのです」ハァハァ

ツチノコ「燃えてきたー!」ビンビン

サーバル「博士と助手仲いーね!」

フェネック「そりゃーつがいだからねー、当たり前さー」




博士と助手は無事ツチノコの冬眠に成功し一緒にソツギョウをした


ツチノコは次の日に脱皮して助手の体から離れた





おわり


24 : ◆pbXL8jr.8M 2017/09/21(木) 20:01:42.36 ID:yNnSC8G6O
おわりです

ツチノコとフクロウの生態をSSにしてみました

ありがとうございました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505963813/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けものフレンズ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ