Powered By 画RSS


あかり「結衣ちゃん、大人のキスってなぁに?」 結衣「えっ……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:44:23.56 ID:1njS1tUM0
あかり「こんにちはーっと、みんな今日は何して遊ぼっか」

結衣「やああかり、お茶入ってるから良かったらどうぞ」

あかり「わぁい、結衣ちゃんありがとう!」

あかり「……ぇへへ、結衣ちゃんのお茶も美味しいよぉ」

あかり「あちち……」

結衣「ふふ、あかりはいつまで経っても子供らしくてかわいいな」

あかり「そうかなぁ、あかりも早く結衣ちゃんみたいに大人っぽくなりたいな~」

結衣「無理して背伸びする必要は無いよ、それがあかりのいいところなんだから」

あかり「ふふふ、……今日ね櫻子ちゃんと向日葵ちゃんが話してて気になったんだけど」

結衣「ん、ファッションとかお菓子の話かな」ズズッ

あかり「大人のキスってなぁに、結衣ちゃん?」

結衣「……ぶはっ、げほ、げほ!!」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:47:21.59 ID:1njS1tUM0
結衣「ぶはっ、けほ、けほっ!」

あかり「結衣ちゃんそんなに咳き込んで大丈夫!?」

結衣「き、気管にお茶入ったけほっ、けほ!」

あかり「よしよし、すぐ良くなるからね~」ポンポン

結衣「……はぁはぁ、ふぅ」

あかり「ふふ、結衣ちゃんがそんなに動揺するなんて珍しいよね」

結衣「そ、そりゃあ動揺もするだろ!」

結衣「だってあの無垢で真っ白でウブなあかりが……」

結衣「大人のき、キスとか言うから……!」ゴニョゴニョ

あかり「へっ?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:52:44.87 ID:1njS1tUM0
あかり「えっと、最後なんて言ったか聞こえなかったけど」

結衣「な、何回も言うような言葉じゃないし……」

あかり「そんなにもじもじしちゃってらしくないよ~結衣ちゃん」

結衣「うるさい!……あーもう変な汗かいた」パタパタ

あかり「ぇへへ、最近暖かくなってきたもんね」

結衣「そうだな、大人の人もみんな暑そうに腕まくりしてるからな」

あかり「ん、大人……」

結衣「あ、ああ!いまお茶淹れてくるからねあかり!!」

あかり「わーい、あかり結衣ちゃんのお茶も大好き~」

結衣「ほっ……」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:57:19.09 ID:1njS1tUM0
あかり「あれ、なにか結衣ちゃんに聞きたいことがあったんだけど」

あかり「う~んなんだったかなぁ……」

あかり「大人、大人、この言葉がみょうに引っかかるよぉ」

結衣「お待たせあかり、今日は暑いしお茶はぬるめにしておいたから」

あかり「ありがとう結衣ちゃん!」

あかり「……結衣ちゃんは気配りが出来て大人だね」ニコッ

結衣「ふふ、あかりだってみんなのこと第一に考えてるだろ?」

結衣「私以上に気配りができる優しい子じゃないか、あかりは」

あかり「そうかなぁ……」ズズッ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:03:28.40 ID:1njS1tUM0
あかり「……」ジッ

結衣「ど、どうしたの私の体をじーっと見て」

あかり「はぁ、年齢が一つ違うだけでこんなに違うのかなぁって……」

あかり「京子ちゃんは何だかんだ言って大人っぽいし、お姉さんだし」

結衣「そうだな、根はしっかり者だからね京子は」

あかり「結衣ちゃんだって一人暮らししちゃってるし……」

あかり「雰囲気もクールでカッコイイし、いかにも大人って感じ」

結衣「そ、そう?なんか照れちゃうかも」

あかり「そ、それにお胸にも谷間が出来てるし……」ゴニョゴニョ

結衣「な゛っ!?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:13:22.51 ID:1njS1tUM0
結衣「いきなり何言ってるんだよあかり!」

あかり「だってそうだよね、さすがに向日葵ちゃんまでとはいかないけど……」

あかり「……結衣ちゃんばっかりずるいよぉ」ジッ

結衣「そ、そんな目で見るな……」

結衣「だいたい胸の大きさと大人になるのは関係ないだろ?」

あかり「そうかなぁ、結衣ちゃんはもう大人だと思うけど」

結衣「うーん、さっきからやたらその言葉にこだわるね」

あかり「だって櫻子ちゃんと向日葵ちゃんはもう大人なのに……」

あかり「あかりはまだ子供なんだよ?」グスッ


15 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/05/03(木) 16:15:38.16 ID:5DvmjRP70
櫻子がおと……え?


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:22:22.88 ID:1njS1tUM0
結衣「あかり、どうしてその2人が大人だって言えるの?」

結衣「大室さんや古谷さんは、確かに生徒会でバリバリ働いているしっかり者だけど」

結衣「あかりだって2人に負けないくらいお利口でいい子じゃないか?」

あかり「だ、だって、だってぇ……えぐっ……」グスッ

結衣「ああ、大丈夫だよ」

結衣「私がしっかりお話を聞いてあげるから、だから泣かないであかり」

あかり「ふぇっ、えぐっ、ゆ、結衣ちゃ~ん……」ギュッ

結衣「よしよし、なにも泣くこともないだろ?」ナデナデ

結衣「あかりが泣いてるとこっちも辛くなってくるからさ……」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:28:18.82 ID:1njS1tUM0
あかり「ゆ、結衣ちゃんありがとう……」クシクシ

結衣「ううん、それより痕になっちゃうからあまりこすらないの」

結衣「ほら、私のハンカチでよければ」

あかり「あ、ぇへへ……」

結衣「落ち着いたらでいいからね、なにがあったのか話すのは」

あかり「あかりはもう大丈夫だよ、ありがとう結衣ちゃん!」ニコッ

結衣「ん、やっぱりあかりは笑ってたほうが素敵だよ」

あかり「ぇへへ~褒めても何も出ませんぜおやびん」

結衣「ふふ、なんだよそのキャラ」ナデナデ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:31:38.89 ID:1njS1tUM0
結衣「それじゃ今日あったことを話してもらおうかな」

結衣「もしかしたらあかりの悩みを一緒に解決できるかもしれないし」

あかり「……結衣ちゃん、本当にありがとう」ホロリ

結衣「ふふ、早くしないと日が暮れちゃうよあかり」

あかり「あ、えっとね今日のお昼休みに櫻子ちゃんと向日葵ちゃんが……」

結衣「ふむ……」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:37:09.67 ID:1njS1tUM0
~お昼の回想~

向日葵「ほら櫻子、口にケチャップが付いてますわよ」フキフキ

櫻子「おっといけないいけない、へへサンキュー」

櫻子「……」

向日葵「な、なんですの、私の顔をじっと見て」

櫻子「……き、昨日やったキスみたいに取ってくれれば良かったのに」

櫻子「なんだっけ、大人のキスとかいうの」

向日葵「こ、このお馬鹿!!!」ガツン

櫻子「ふぎゃっ!?」

ちなつ「……ったく、この百合夫婦は毎回毎回」

あかり「……大人のキス?」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:39:09.19 ID:h+XkW1oe0
さすが安定のさくひま


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:42:12.76 ID:1njS1tUM0
あかり「ねえねえ櫻子ちゃん、大人のキスって……」

櫻子「ありゃりゃ、あかりちゃんはまだ知らないんだ」

櫻子「私と向日葵はしちゃったからもう大人ってことだよん」

向日葵「……あぁ、なんですのこの仕打ちは!」シクシク

ちなつ「諦めなよ、口でも塞がない限り喋り続けるよ櫻子ちゃんは」ニヤニヤ

あかり「お、大人のキスをすれば大人になれるの!?」

櫻子「そうそう……」

櫻子「ふふん、なんならあかりちゃんとしてあげようか?」ニコッ

あかり「えっ……えぇ!!」

向日葵「そ、そんなの絶対にダメよこの馬鹿櫻子ッ!!!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:48:58.07 ID:1njS1tUM0
櫻子「なんだようるさいなぁ、減るもんじゃないしいいだろー」

向日葵「そ、そういう問題じゃなくて……!」

向日葵「櫻子は私と、その、それをしましたでしょうが……」ゴニョゴニョ

櫻子「大人のキス?」

櫻子「あれはすごかったな、私の舌と向日葵の舌が――」

向日葵「いやああああああああああああああああ!!」ガツン

櫻子「ふぎゃっ!?」

ちなつ「やれやれ、お昼からのろけなんて胸焼けしちゃうよ」

あかり「さ、櫻子ちゃんしっかりして!」

櫻子「お星さまキラキラしてる~……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:02:14.87 ID:1njS1tUM0
向日葵「赤座さん、吉川さんこのことは絶対に秘密で……」

あかり「櫻子ちゃんと向日葵ちゃんが大人のキスをしたってお話し?」

ちなつ「いまさらって感じもするけどね、2人の場合」

向日葵「た、たまたまですから、ほんとに」

ちなつ「たまたま舌が絡まる状況って……」

あかり「舌が絡まる?」

ちなつ「ん、あかりちゃんは子供だからまだ知らなくていい事だからね」ナデナデ

あかり「あ、あかりは子供なんかじゃないよぉ!!」

ちなつ「ふふふ、背伸びしちゃって可愛いなぁあかりちゃんは」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:10:12.28 ID:1njS1tUM0
あかり「むむむ……ちなつちゃんのいじわる」

向日葵「赤座さんは他にお喋りするような人ではありませんし……」

ちなつ「ふふふ、いいお話し聞いちゃった」

ちなつ「まさか2人がそこまで進んでるなんてね~」ニコッ

向日葵「……吉川さんに知られたのは不味いですわね」ブツブツ

ちなつ「向日葵ちゃん、駅前にケーキのバイキングが新しく出来たんだって」

向日葵「はぁ……分かりました、それで手を打ちます」

ちなつ「いや奢りじゃなくていいから、その時の状況を詳しく……」

向日葵「そんなの恥の上塗りですわ!!」

あかり「うぅぅ、あかりだけ置いてけぼりな感じだよぉ……」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:18:22.36 ID:1njS1tUM0
あかり「……ってことが今日のお昼にあったの」

結衣「お、大室さんと古谷さんがそんなことを」ゴクッ

あかり「だからね、みんなとどこか溝を感じちゃって……」

あかり「話題に入れなくて、1人だけ子供みたいな感じで」

あかり「ゆ、結衣ちゃ~ん……」ジワッ

結衣「う~ん、まいったな……」

あかり「あかりも大人になりたいよぉ、置いてけぼりは嫌だよ~!」

結衣「というか、大人のキスがなんなのか知らないんだよねあかりは」

あかり「……うん」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:24:01.72 ID:1njS1tUM0
あかり「普通のキスではない特別な何か……かな」

結衣「ずいぶんと抽象的だね、まぁ間違ってはないんだろうけど」

結衣「まずそこから説明する必要があるみたいだね」

あかり「大人のキス……」

あかり「ぇへへ、あかりもそれをすれば大人になれるのかな~」

結衣「な、なんか恥ずかしいないざ説明するとなると」

あかり「……あ、結衣ちゃんはもうしたことあるんだよね?」

結衣「えっ、えぇ!?」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:31:20.27 ID:1njS1tUM0
あかり「大人の結衣ちゃんだから、もうとっくに――」

結衣「わ、私はそんなのしたことないって!!」

あかり「あれ結衣ちゃんはしたことないんだ、じゃあまだ子供なんだね」ニコッ

結衣「むむ……」

あかり「ぇへへ、良かった~仲間がいて!」

結衣「というかその2人が進みすぎなんだって、ほんとに」

あかり「そうなんだぁ……」

あかり「でも意外だなぁ結衣ちゃんがお子様だったなんて」プニプニ

結衣「……ほっぺプニプニするのやめろ」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:39:16.10 ID:1njS1tUM0
結衣「あかりに子ども扱いされると、なんかしゃくに障る……」

あかり「結衣ちゃん、そろそろ説明してもらってもいいかな?」

結衣「え、えっと、そのだから……」

あかり「うんうんっ!」

結衣「普通のキスは唇と唇を重ねるよね?」

結衣「まぁ、あかりはちなつちゃんとキスしてたからそれくらい分かるか」

あかり「……」

あかり「あ、あれは事故だよ、うんきっとそう……」

結衣「ずいぶんとやつれた顔になったな、どうしたんだろう」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:45:02.71 ID:1njS1tUM0
結衣「あかり、具合が悪かったらムリしなくてもいいからな」

あかり「ううん、大丈夫だよ続けて結衣ちゃん」ニコッ

結衣「ん、大人のキスっていうのはね……」

あかり「うんうんっ!」

結衣「あー……だからその、さ」

結衣「例えばあかりと私がキスするとするだろ?」

あかり「え、えぇ!?」

結衣「あ、いや、そのな、嫌だったら違う誰かとでもいいんだ!」アセアセ

あかり「う、ううん、ちょっとびっくりしただけだから……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:51:18.74 ID:1njS1tUM0
結衣「こほん、だからそのお互いの唇を重ねた状態で……」

あかり「あ、あかりと結衣ちゃんが?」

結衣「いや、だから想像の話だからな、本気にするなよ?」

あかり「……」ドキドキ

結衣「だ、だから、大人のキスっていうのは……」

結衣「私の舌とあかりの舌を絡ませるようなキスのことを言うんだよ!!」

あかり「へ、へぇ~、あかりと結衣ちゃんの舌を……」

あかり「……」

あかり「えええええええええええええええええええええええええええ!?」オダンゴポロッ


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:57:04.05 ID:1njS1tUM0
結衣「お、おいあかりお団子取れてるって……」スッ

あかり「あ、はひ、ありがと結衣ちゃん……」

あかり「ぇへへ、ちょっと油断すると取れちゃうんだよねコレ」

あかり「……よっと、これでどうかな結衣ちゃん?」

結衣「あ、ああいつもの可愛いあかりだよ」

あかり「ふふふ、ありがとう結衣ちゃん!」

結衣(お団子が取れたことにはツッコまないほうがいいんだろうな)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:02:20.64 ID:1njS1tUM0
結衣「以上であかりが知りたがっていた大人のキスの説明を終わります」

結衣「ご静聴ありがとうございました」ペコッ

あかり「え、えっとちょっと質問があります」

結衣「ん、どうぞあかりさん」

あかり「結衣ちゃんはあかりと大人のキスをしたいんですか……?」

結衣「は、はぁ!?」

結衣「と、唐突になんだよその質問は!!」

あかり「だ、だってそうだよね……?」

あかり「別に無理してあかりと結衣ちゃんのペアで考える必要がないもん……」

結衣「あ、う、ぐぐぐ……」カァー


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:03:53.23 ID:o81xdXqM0
なんて的確なツッコミなんだ、あかりちゃん!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:07:43.84 ID:1njS1tUM0
結衣「その、目の前にいる人間だったらイメージしやすいんじゃないかと思って……」

あかり「そ、そっかぁ、確かに一理あるね」

あかり「やっぱり結衣ちゃんは優しいなぁ、ぇへへ」

結衣「……ふ、深い意味は本当にないからな?」

あかり「ううん、今からちょっとイメージしてみるね」

結衣「……何をだよ」

あかり「あ、あかりと結衣ちゃんが大人のキスをしているところ」

結衣「な゛っ!?」

あかり「キス、キス、舌と舌を絡ませる……」モンモン

結衣「ちょ、ちょっと待て帰ってこいあかり!!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:13:08.36 ID:1njS1tUM0
あかり「んっ、はぁ……ゆ、いひゃん……」

結衣「わーわーわーわー!!!」

あかり「ちょっと結衣ちゃん静かにしてよぉ、集中できないから」

あかり「静かにしてないと、めっ、だよ?」

結衣「うるさい……目の前に本人がいるのに妄想は止めてくれ」

結衣「あ、あかりは私とするのに抵抗は無いの?」

あかり「えっとね、いまチューしてみたんだけど……」

あかり「な、なんか悪くなかったかも……」モジモジ

結衣「あ、そ……」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:22:00.42 ID:1njS1tUM0
あかり「結衣ちゃんあのね、妄想でチューしてみて不満が2つあったんだけど」

結衣「な、なんだよ……」

あかり「あかりと結衣ちゃんは身長差があるよね?」

結衣「そうかな、まぁあるといえばあるのかな」

あかり「それであかりが背伸びしてたから、そこは思いやりが欲しいなぁ」

結衣「分かった、それじゃ私がちょっとかがめばいいのかな」

あかり「うんうんっ!」

あかり「ぇへへ、やっぱり結衣ちゃんがあかりをリードしてたなぁ~」

結衣「……何かがかおかしいよね、この会話」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:33:34.82 ID:1njS1tUM0
あかり「それでもう一つの不満っていうのは、息が続かないんだけど……」

あかり「ゆ、結衣ちゃんってばあかりのことガシって捕まえて離さないから……」

結衣「……もうツッコミは入れないよ」

結衣「力強く抱きしめられた方が私は嬉しいけどね」

あかり「あ、確かにそうかも……」

結衣「ふふ、息が続かないなら鼻で吸えばいいだろ?」ナデナデ

あかり「あ、そっか、そうだよね!」

あかり「……すーはーすーはー、ぇへへおっちょこちょいだなぁあかり」

結衣「さてと、京子とちなつちゃんお休みだし今日は帰ろうかな」

あかり「ちょ、ちょっと結衣ちゃん帰っちゃうの!?」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:41:04.32 ID:1njS1tUM0
結衣「なんでだよ、もう説明は終わったしいいだろ?」

あかり「そ、そうじゃなくて……」

結衣「そうじゃなくて?」

あかり「結衣ちゃんはこのまま子供のままでいいの?」

結衣「むむむ……」

あかり「あ、あかりは嫌だもん、早く大人になりたいよぉ……」グスッ

結衣「って言ってもなぁ、具体的に何をすればいいのやら」

あかり「だから……」ギュッ

あかり「あかりと大人のキスして一緒に大人になろう、結衣ちゃん?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:49:46.19 ID:1njS1tUM0
結衣「……え、えっと、正気かあかり?」

あかり「あかりは本気だよ、だってもう置いてけぼりは嫌だもん」

結衣「……あかりに大切なこと言ってなかったな」

結衣「大人のキスっていうのは、お互いを好きじゃないとしてはいけないことなんだ」

あかり「じゃ、じゃあ櫻子ちゃんと向日葵ちゃんは……」

結衣「うん、大室さんと古谷さんは両想いだからいいんだ」

結衣「お互いの愛を確かめ合うための儀式みたいなものなんだよ、大人のキスって」

結衣「だから私たちみたいに、大人になりたいからっていう動機だけじゃ……」

あかり「ゆ、結衣ちゃん……」ジワッ


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:59:29.65 ID:1njS1tUM0
あかり「あかりは結衣ちゃんのこと大好きだよ?」

あかり「だってねこうやって、ぎゅーってしてると落ち着くもん……」ギュッ

あかり「結衣ちゃんとお話しするのも楽しいし、オムライスも大好きだし!」

結衣「……あかりの言う好きはさ、恋愛的な意味じゃないんだよ」ナデナデ

結衣「友達や幼なじみとしての好きってだけで、友情の延長なんだ」

あかり「……」

結衣「……そんなにしょんぼりしないでよ、いつもみたいに笑ってあかり」

結衣「時間が解決してくれる、あかりならきっと素敵な大人になれるからさ」

あかり「……そっか、結衣ちゃんはあかりのことが嫌いなんだね」

結衣「むっ……」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:05:54.32 ID:1njS1tUM0
あかり「それならそこまで毛嫌いする理由が片付くもんね」

結衣「あーもう……」

結衣「そんな言い方ズルいだろ、それじゃ私が悪役じゃないか」

あかり「そ、それじゃあしてくれるの?大人のキス!」

結衣「……あとで初めての大人のキスを返してよぉとか言うなよ?」

あかり「ううん、絶対にそんなこと言わないから」ニコッ

結衣「まぁ、それならいいのか……な?」

あかり「結衣ちゃ~ん、早く早く!」

結衣「ムードとかあるだろ普通は……」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:11:41.36 ID:1njS1tUM0
結衣「言っておくけど、私もそんなキスなんて全然したことないし……」

あかり「ぇへへ、あかりもお互いさまだよぉ~」

結衣「……」グイッ

あかり「ぎゅむっ!?」

結衣「……ほんと可愛くなったな、あかり」

あかり「えっ、えっ……」

結衣「私なんかとキスしたいって言ってくれてありがとう、嬉しいよ」ギュッ

あかり「あ、あぅ……」ドキドキ

結衣「恥ずかしいから目を閉じて、怖くないから」

あかり「は、はひっ!」

結衣「……」

ちゅっ


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:19:59.79 ID:1njS1tUM0
ちゅっ

あかり「ふぁ……」

あかり(結衣ちゃんの唇柔らかいなぁ、あかりのはどうなんだろう)

ちゅーっ

あかり「んっ、ふぁ……んむ……!」

あかり(ゆ、結衣ちゃんの舌が、あかりのお口に……)

あかり(結衣ちゃん、結衣ちゃん……)

ちゅっ ちゅっ ちゅー

あかり「ふぁ、ぅ……やぁ……」

あかり(舌吸われて、あたまがぴりぴりするよぉ)


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:25:58.34 ID:1njS1tUM0
結衣「……ぷはっ」

あかり「あ、はぁ、ふぅ……」ギュッ

結衣「あ、あかり、絶対にこっちの顔見るなよ……」

あかり「こ、こっちも絶対に見ないでね……」

結あか「耳まで顔が真っ赤だから、熱いくらいに」

結衣「……同じセリフ喋るなよ」

あかり「ぇへへ、結衣ちゃんが真似っこしたんだもん」

結衣「……うるさい」ギュッ

あかり「ぶわっ、っと……結衣ちゃんぎゅーってする力強すぎるよぉ」

結衣「妄想でもそんな感じだったろ、だからいいの」ギュッ

あかり「ん、しばらくこのままがいいな……」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:31:05.33 ID:1njS1tUM0
結衣「……好きなのかはまだ分からないな、あかりのこと」

あかり「あかりもまだよく分からないや、ぇへへ」

結衣「でもさ、さっきからずーっとドキドキしてるんだ心臓が」ギュッ

あかり「うん、聞こえるようるさいくらいに」

結衣「あかりのも聞こえる、バクバクしてるね」

あかり「……こんなこと滅多にないのに」

あかり「不思議だね、結衣ちゃん」

結衣「……うん」ギュッ

あかり「……ん、ぇへへ」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:36:28.43 ID:1njS1tUM0
~帰り道~

あかり「桜も散っちゃったね、寂しいなぁ……」

あかり「寂しいから手を繋いでいいかな、結衣ちゃん?」

結衣「ぷっ、なんだよ素直に手を繋ごうでいいのにさ」ギュッ

あかり「ぇへへ、素直じゃないのはお互いさまかな~」

結衣「……ふふ、もうこれで大人なのかな私たちは」

あかり「なんかあまり実感が湧かないよね?」

結衣「まぁそんなもんだよ、急激に何かが変わったら苦労しないって」

あかり「でもね、今日起きたことは忘れられそうにないかも」ニコッ

結衣「……ああ、そうだな」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:41:04.42 ID:1njS1tUM0
結衣「それじゃ私はこっちの道だから、ばいばいあかり」

あかり「……えっとね、あかりは結衣ちゃんのことが好きだよ?」

あかり「ゆ、結衣ちゃんは?」

結衣「今さら何言ってるんだよ、嫌いならキスなんてするか」

あかり「それは分かってるけど好きって……」

結衣「……ほら、あかりほっぺに何か付いてるよ」

あかり「あ、うそ、恥ずかしいなぁ……」

結衣「大好きに決まってるだろ、鈍すぎるよあかりは」チュッ

あかり「あ……!」

結衣「ばいばい、また明日ねあかり」ニコッ

あかり「うん、ばいばい結衣ちゃんっ!」ニコッ

おしまい!


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:41:38.85 ID:G2mHk4Rf0
おつ!
よかったよ!


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:42:34.05 ID:GjeU5Q5o0
結あかしあわせ乙


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:42:34.55 ID:o81xdXqM0
乙!
あっさり風味の結あかごちそうさま


きゃらスリーブコレクション ゆるゆり 赤座あかり (No.67)
きゃらスリーブコレクション ゆるゆり 赤座あかり (No.67)

きゃらスリーブコレクション ゆるゆり 船見結衣 (No.69)
きゃらスリーブコレクション ゆるゆり 船見結衣 (No.69)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ