Powered By 画RSS


比古清十郎「ちいと本気出して志々雄討伐するか」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:26:59.094 ID:+HJgzmtS0.net
─ 比古の小屋 ─

比古(久しぶりに山を下りてみたら──)

比古(世間はずいぶん血生臭いことになっていやがった)

比古(なんでも志々雄真実とかいう輩が暗躍しているから、らしいが……)

比古「…………」

比古(飛天御剣流は自由の剣ではあるが──)

比古(時代時代の苦難から人々を救う剣でもある)

比古(志々雄真実……放っておくわけにもいかんか)




3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:27:52.014 ID:+HJgzmtS0.net
比古「そうと決まれば、やるのは早い方がいい」パチン…

比古「とっとと志々雄とやらのアジトを探して、討伐するに限る」パチン…

バサァッ!

ドズゥンッ!

比古(この白外套(マント)とも、しばらくお別れだな)



比古「ちいと本気出して志々雄討伐するか」ザッ…


4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:28:37.753 ID:+HJgzmtS0.net
─ 町 ─

兵士A「今日からこの地域は志々雄様が統治する!」

兵士B「貴様ら住民は大人しく従え!」

兵士C「従わねば、処刑する!」


「ひいい……」 「なんなんだよ、こいつら……」 「だれか助けてくれェ!」


比古「オイオイ」

比古「いつから京都はてめーらみたいな無粋な輩のモンになったんだ?」ザッ


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:29:29.923 ID:+HJgzmtS0.net
兵士A「貴様、何者だ!?」

比古「これから死ぬ輩に名乗っても、意味がねェよ」


ザシュッ! ザンッ! スバッ! ドシュッ!


兵士C「う、ぐぐぐ……」

比古「志々雄のアジトはどこだ? 死にたくなきゃ吐け」

兵士C「知るもの、か……!」ガリッ…

比古「舌を噛んだか……悪党ながら見上げた根性だ。一撃で楽にしてやる」

ザシュッ! ドサッ……

比古(なかなか訓練されていやがる。手下どもを拷問にかけるのは下策かもしれんな)


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:30:54.292 ID:+HJgzmtS0.net
─ 居酒屋 ─

比古「…………」グビッ

比古(志々雄のアジト、か……)

比古(近頃の血生臭い事件は、ほとんど京都を中心にした地域で発生している)

比古(ヤツが京都を拠点に置いてるってのはまちがいない)

比古(なおかつ、あれほど多くの兵を蓄えることができ)

比古(しかも、警察の捜査が届きにくい場所……となると限られてくる)

比古(比叡山あたりがクサイな。明日、探索に行ってみるか)グビッ


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:32:01.590 ID:+HJgzmtS0.net
─ 比叡山 ─

比古「!」

比古(あの六連ねの鳥居がある祠(ほこら)……まちがいない)

比古(あれが志々雄真実のアジトだ。“びんご”ってやつだな)

比古(これも飛天御剣流の先読み能力の成せる芸当……いや)

比古(この俺の天才的頭脳の成せる芸当、か)フッ…


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:33:46.397 ID:+HJgzmtS0.net
すると──

ズシン……

才槌「ひょ~ひょっひょっひょ!」

才槌「不二よ! また性懲りもなく、アリが一匹やってきおったぞ!」

才槌「叩き潰してやれい!」

不二「うおおおお……!」ズシン…


比古「なるほど、警察の手が及ばなかったのはこいつらが原因だったってわけか」

比古「重たい鎧に隠れたまんまじゃ──と忠告しときたいところだが」

比古「こんなところで時間をかけるわけにゃいかねェ」チャキッ

比古(飛天御剣流、九頭龍閃!!!)



ドドドドドドドドドッ!!!


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:34:58.317 ID:+HJgzmtS0.net
─ アジト中枢部 ─

兵士D「申し上げます!」

兵士D「才槌様と不二様が、アジト入り口にて木っ端微塵に……!」

兵士D「さらに、侵入者はアジトの兵士たちを次々に……!」

方治「な、なんだと!?」

志々雄「ほぉう、面白ぇじゃねえか」

志々雄「やってきたのは、緋村抜刀斎か、あるいは斎藤一か……」

志々雄「予定より早めに十本刀を集結させてたのは正解だったな」

志々雄「方治、十本刀に侵入者の迎撃をさせろ」

方治「はっ!」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:36:56.975 ID:+HJgzmtS0.net
─ アジト内 ─

比古(しかし、このアジトは罠だらけだな……)ザッザッ…

比古(俺でなきゃ、とっくにお陀仏になっていただろう)ザッザッ…

比古「!」


張「おっと! こっから先は行かせへんで!」

鎌足「なかなかいい男だけど……志々雄様の邪魔をするなら、首をちぎっちゃうわよ」

夷腕坊「ぐふっ、ぐふふふふ……」

蝙也「この“飛翔”の蝙也の飛空発破に敵はない!」


比古「悪いが、てめえらと遊んでるヒマはねえ」

比古(飛天御剣流、九頭龍閃!!!)



ドドドドドドドドドドッ!

ドササササッ……


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:38:41.028 ID:+HJgzmtS0.net
─ 衆合乃間 ─

安慈「我が“二重の極み”を受けてみよ!」

ガゴォンッ!

比古「たしかにすげェ破壊力だが……当たらなきゃ意味がねェよ」

バッ!

安慈「き、消え……ッ!」

比古(飛天御剣流、龍槌閃!!!)


ザンッ!!!


安慈「つ、つばき……み、みん……な……」ドサッ…

比古「お前のいう“救世”じゃ、だれも救えねェよ。お前自身すらもな」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:40:06.934 ID:+HJgzmtS0.net
─ 叫喚乃間 ─

宇水「貴様の技や筋力がどれだけ優れていようと、私の“心眼”の前には無意味!」

比古(コイツ……どうやら耳でこちらの動きを読んでるらしいな)

比古「なら、ハナシは早え」

比古(飛天御剣流、龍鳴閃!!!)ジャキンッ

キィィィィン……

宇水「!?」

宇水「うぎゃああああああっ! 耳が、耳がぁぁぁっ!」

比古(飛天御剣流、龍翔閃!!!)


ドシュッ!!!


宇水「ぐはぁぁぁっ……!」ドチャッ…

比古「龍鳴閃を使わずとも勝てたが、たまには使ってやらねェと技が錆びちまうからな」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:42:04.473 ID:+HJgzmtS0.net
─ 無間乃間 ─

宗次郎「あなたは強いみたいだから、いきなり本気でいきますよ」トーントーン…

比古「俺もな」

比古(飛天御剣流、九頭龍閃!!!)ドドドドドドドドドッ

比古(──かわされた!?)

宗次郎「これでおしまいで──」ヒュッ


ベキィッ!!!


宗次郎「がはっ……! 鞘での、二撃目……!?」メキベキボキバキ…

比古「たしかにお前は速い。俺より──いや、飛天御剣流よりもな」

比古「だが、飛天御剣流は速ければ破れるほど、安くはない」

宗次郎「ぼ、ぼくの……完敗、で、す……」



ザシュッ!


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:44:36.614 ID:+HJgzmtS0.net
─ 大灼熱の間 ─

方治「十本刀が、手傷一つ負わせられず壊滅だと……!?」

由美「ウソよ……こんなの……!」

志々雄「フッ……世の中にゃまだまだ強え奴が潜んでるってことか」

志々雄「アンタ、いったい何者だ?」

比古「新津覚之信……いや、比古清十郎」

志々雄「なるほど、聞いたことがある」

志々雄「飛天御剣流の継承者は代々“比古清十郎”の名を受け継ぐ、と」

方治「飛天御剣流! ──ということはこの男、まさか!?」

志々雄「俺の先輩の、師匠……ってとこだろうよ。どうりで強いわけだ」

方治「緋村抜刀斎の……師匠……!」ゴクッ…

比古「アイツはもう俺の弟子でもなんでもねーがな。ケンカ別れしちまったし」

比古「さてと、とっとと始めようぜ」

志々雄「こんなに血が沸き立つのは久々……いや生まれて初めてかもしれねェな」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:46:25.995 ID:+HJgzmtS0.net
志々雄「シャアアアアアアアアッ!」ボワァッ

比古「飛天御剣流奥義──」

比古(天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)!!!)


ザンッ!!!


志々雄「アアアアアアアアッ!?」ボワァァァッ

ボワァァァァ……

シュゥゥゥゥ……



由美「いやぁぁぁぁぁっ!」

方治「な、なにが起きた!? 斬られた志々雄様が、燃え尽きてしまわれた……!」

比古「天翔龍閃による摩擦熱に加え──」

比古「ヤツの火傷による異常体質、さらには刀に付着していた脂、が原因ってところか」

比古「悪鬼は燃え尽き、地獄に旅立ったようだな」


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:48:35.714 ID:+HJgzmtS0.net
方治「志々雄様がいなくては、もはや“国盗り”はここまで……!」

方治「私も愛銃をもって、あなたのお供をいたします」スッ…

バンッ!

由美「私も……今、おそばに参りますわ」スッ…

グサッ!


比古(自害したか……大した忠臣どもだ)

比古(志々雄真実……もしかしたら、本当に日本を盗れる器だったのかもしれねェな)





こうして、比古清十郎の戦いは終わった──


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/26(火) 01:50:29.710 ID:+HJgzmtS0.net
その後──

─ 神谷道場 ─

剣心「斎藤……十年ぶりでござるな」

斎藤「ああ」

剣心「いったい何用でござるか?」

斎藤「志々雄が京都で暗躍を始めた」

剣心「!」

斎藤「──のだが、謎の剣客によって討伐されたらしい。 ──以上だ」

斎藤「人斬りをやめ、流浪人となったキサマにもはや興味はないが」

斎藤「“後輩”の末路ぐらいは伝えておこうと思ってな」ザッ…

剣心「…………」

剣心(京都で、志々雄ほどの男を討伐できる剣客……まさか……!?)ハッ

剣心(いや……あの人がそんなことをするわけがない、な……)





終わり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1506356819/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ