Powered By 画RSS


男「呪いのビデオを見て1週間がもうすぐ経つ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:01:03.19 ID:h0asx35+0
男「俺は死ぬんだろうか?」

TV「ざー・・・・」

男「出てこーい」

TV「ざー・・・・」

男「なんか出てこーい」

貞子(なんかそういう風に煽られるとむかつく!)




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:02:36.81 ID:h0asx35+0
男「でてこないか・・・」

貞子(油断した所を呪ってやる!)

男「おーい」ニュッ

貞子「え?え?えー!!?(なんで入ってこれんの?)」

男「お、いたぁ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:04:04.79 ID:h0asx35+0
ガシッ

貞子「ちょ!ちょっと!!」ジタバタ

男「まてまて、今ちゃんと入るから」

貞子「こ、こないで!こないでぇ!!」

男「いや、本来お前が来るべきだろう?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:05:59.82 ID:h0asx35+0
貞子「なんで入って来れるの?!」

男「だってTVさっきからこの映像しか流れてないし・・・」

貞子(あ、入り口繋げたままだった・・・)

男「なんで出て来ないんだよ!」

貞子「ひっ!・・・ご、ごめんなしゃい・・」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:07:33.54 ID:h0asx35+0
貞子「と、とりあえず出てって下さい!(あれ?なんで敬語なんだろう?)」

男「おーけー」

ニュッ

男「ちゃんと出てこいよ?」

貞子「わ、わかりました」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:09:42.49 ID:h0asx35+0
男「はよはよ」

貞子(くそ!呪ってやる!)

ニュ~

男「遅い!」グイグイ

貞子「まって!引っ張らないで!」

ガタン!

TV「ぷしゅ~」

男「ああ!TV壊れた!」

貞子「え!?」

男「お~ま~え~!!」

貞子「わ、私のせい?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:11:43.56 ID:h0asx35+0
貞子「・・・・」

男「・・・・」

貞子「・・・・(そうだ、呪わなきゃ)」

男「・・・・」

貞子「あの・・・・」

男「なんだよ!」

貞子「い、いえ!・・・」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:13:32.23 ID:h0asx35+0
貞子「・・・・(呪ってやる)」グッ

男「・・・・・」バタ

貞子「ふぅ・・・・(死んだな)」

男「呪うってそれだけ?」

貞子「え!?」ビクッ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:16:17.13 ID:h0asx35+0
男「それで終わり?」

貞子「え?え~、まだ・・・途中・・・」

男「あっそ、じゃ続けて」

貞子「は、ひゃい!」

グググ~

男「・・・・あのさ」

貞子「ひゃい!」ビクッ

男「首締めても俺は死なないと思うよ」

貞子「え?ど、どうして?」

男「俺、首強いから」

貞子「そ、そうですか」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:18:57.94 ID:h0asx35+0
貞子「・・・・(私、怪力だと自負してたのに)」

男「もっとほかに無いの?」

貞子「呪い・・・ですか?」

男「そう」

貞子「じゃ、一番強いので」

男「お願いしまーす」

貞子「ふん・・・・・!」グググ

貞子「どうだ!?」チラッ

男「・・・・?」

貞子(全く効いてない・・・・)


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:20:29.72 ID:h0asx35+0
貞子「うっうう~」シクシク

男「おいおい!どうした?」

貞子「だって・・・だって~」

男「早く呪ってよ」

貞子「うわーんっ!!!」

男「なんで泣く?(あれ?これが呪いなのか?)」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:22:29.45 ID:h0asx35+0
貞子「シクシク~」

男「・・・・」ジーー

貞子「ひっく・・・・ひっく・・・」

男「・・・・」ジーー

貞子「・・・・・」

男「・・・・・」ジーー

貞子「・・・・・」カアァァァ

男「・・・・・」ジーー

貞子「・・・なんで・・ずっと見てるんですか?」

男「・・・・あれ?呪いは?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:27:08.46 ID:h0asx35+0
貞子「・・・・」

男「もう終わった?」

貞子「・・・こんなにタフな人初めてです」

男「・・・やっぱ俺死なないか~」

貞子「え?」

男「さんざんいろんな呪い試されたのに死ねなかったんだよね~」

貞子「・・・えっと、例えば?」

男「カシマさん・・・だっけ?あの人も失敗して泣いて帰っちゃった」

貞子「・・・・(カシマさ~ん!!)」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:30:59.95 ID:h0asx35+0
貞子「死にたいんですか?」

男「そう」

貞子「自殺すれば良いじゃないですか」

男「例えば?」

貞子「手首とか首とか切るとか・・・」

男「・・・・このカッターで俺の首切手み?」カタン

貞子「・・・・はい(いいのかな?)」

スパ

貞子「・・・・うそ!!」

男「ね?」

貞子「・・・え?(カッターが刃こぼれした!?)」

男「俺の皮膚は日本刀まで耐えれられるらしいぞ」

貞子「・・・・あなたってこっち側の存在でしょう?」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:32:55.27 ID:h0asx35+0
貞子「飛び降りとかは?」

男「最高で東京タワーの電波塔の部分から落ちて見た」

貞子「ほうほう・・・・」

男「膝擦りむいた」

貞子「・・・・・(うそん・・・)」

男「次はスカイツリーに挑戦だな」

貞子「きっとあなたは死にませんよ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:36:04.65 ID:h0asx35+0
男「で・・・・今はそっちより死ねそうな呪いに挑戦してるってわけ」

貞子「・・・・・」

男「びっくりした?」

貞子「・・・・私、帰ります」

男「え~もう?」

貞子「そもそも、カシマ先輩もダメだった人なんて私には無理です」

男「ふ~ん」

貞子「・・・・よっこらせっと」ガタン

男「・・・・・」

貞子「・・・・・・」

男「・・・・・」

貞子「・・・・・」キョロキョロ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:38:30.81 ID:h0asx35+0
貞子「・・・・・あの・・・・」

男「・・・・・・ぐぅ・・・・」

貞子「・・・ちょっと!・・・寝ないでっ!」ユッサユッサ

男「・・・ん?なに?忘れ物?」

貞子「TV・・・・壊れてます・・・・」

男「うん・・・・ああ、別に治さなくていいよ(新しいの買うし)」

貞子「・・・・いえ・・そうじゃ無くって・・・」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:40:40.07 ID:h0asx35+0
貞子「・・・・なにかモニターってあります?」

男「ん?なんで・・・?」

貞子「・・・・このままだと私、帰れないんですよ」

男「・・・・ほれ」ポイ

貞子「・・・・スマートフォン・・・」

男「じゃね、バイビー・・・・」

貞子「・・・・ぐすっ」

男「あえ?・・・・ちょっと・・・」

貞子「うわーん!!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:43:04.49 ID:h0asx35+0
男「うわわ!!なんかごめん!」

貞子「呪ってもこの人死なないし!元の場所にも帰れないし~!!ひどいよ~」シクシク

男「あ・・・そっか」

貞子「シクシク~」

男「・・・・」

貞子「・・・・・・ううっ・・・」

男「・・・・・(どうしましょ)」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:45:33.31 ID:h0asx35+0
男「あ・・・えっと、今から友達の家に行く?そうすればモニターあるだろうし」

貞子「・・・・」ブンブン

男「え・・・・?なんで?」

貞子「私・・・・日光に当たっちゃうと消えちゃうんです・・・・」

男「・・・・・・」シャー

貞子「・・・!?カーテン開けないでぇ!!」シュウウウウ

男「本当だ・・・」シャー



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:49:19.66 ID:h0asx35+0
男「じゃ、俺がお隣さんからモニター借りて来るからまってて!」

貞子「・・・・はい」


ー数刻後ー

男「ほれ!かえりな!」

貞子「あ・・・ありがとうございました・・・」ニコッ

男「うむ・・・・(なんだ・・・笑うと可愛いじゃないか)」

貞子「・・・んしょっと」ニュー

男「・・・・さて、寝ようかな」

貞子「・・・・・」

男「・・・・・」グカー

貞子「・・・・隙あり!!」ガバッ!!

男「・・・おウッふ!!」

貞子「どうだ!!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:51:40.30 ID:h0asx35+0
男「・・・・・」

貞子「やっと死んだ?」

男「・・・・・・・・」グカー

貞子「・・・・・!!」

男「・・・ん?・・・貞子さん?また来た?」

貞子「・・・・・・」

男「・・・・・?」

貞子「・・・・・」ジワッ

男「・・・・・」

貞子「うっ!うわーん!!」

男「また泣く!?」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:53:33.28 ID:h0asx35+0
貞子「あ・・・あなたが死なないと・・・」

男「・・・・ふむ・・・」

貞子「私・・・・帰れないんですよ・・・」

男「なんと・・・」

貞子「・・・・・」

男「・・・・・」

貞子「・・・・・」グゥ~

男「腹減った?」

貞子「・・・・はい」

男「なんか作るわ」

貞子「・・・・はい!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:00:28.82 ID:h0asx35+0
男「俺が死なないと帰れない?」もぐもぐ

貞子「・・・はい」もぐもぐ

男「それって、しばらく帰れないと思うよ」もぐもぐ

貞子「私もそう思います」もぐもぐ

男「・・・・・」

貞子「・・・・なので」

男「・・・・?」

貞子「これから毎日あなたが死ぬまで『死ぬお手伝い』をさせてもらいます!」

男「・・・・ん、まぁいいか。」

貞子「よろしくお願いします」

男「おお、よろしく」





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:02:34.80 ID:h0asx35+0
そして貞子と男は100年近く一緒にいたそうな

その間、男に近づく女は不審な死を迎え、男は家庭を持つ事は現実にはなかった

これはある意味の呪いだろうか


貞子「ふふっふ~ん」

男息子「母さんご機嫌だね」

貞子「そう?」

貞子娘「今日ってお母さんがお父さんと出会った日なんだよね~」

貞子「そうなのよ~」

貞子娘「お父さんって若い頃どんな人だった?」

貞子「すっごいタフでね・・・今と変わらないかな」

男「昔っからタフだったからな」


今では男も貞子と同じ種類の存在である


END


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:04:28.71 ID:TNOu5HqK0


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:05:11.95 ID:JaOm1eFJ0
よかった


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:07:14.88 ID:L32fSEGX0
面白かった乙


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:08:53.79 ID:rm5W6IT4i
貞子たん萌え(´・ω・`)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:18:30.68 ID:kzZEGUUsi
さて、映画みにいくかな


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:22:26.61 ID:h0asx35+0
俺も映画見に行こうかと思った

けど、見たら妄想の中の貞子とのギャップに泣く





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ