Powered By 画RSS


春香「ほ~らやよい、これな~んだ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:48:48.33 ID:d2whF2xb0

「わあ、春香さんそれーっ! ……って、それなんですかー?」


これはね……>>3だよ。




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:49:22.05 ID:+kbXLMxUi
角砂糖


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:52:23.75 ID:d2whF2xb0

やよいも知ってるでしょう? これは、角砂糖だよ。


「あ、お砂糖でしたかー。でも、これ……」


どうしたの?


「うぅ……その、器が……」


やよいは角砂糖が入った器の形を見てびっくりしちゃったみたいです。
あれー? 私、どんな器にお砂糖を入れて来ちゃったっけ?

>>8


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:52:48.30 ID:6BAjHhYq0
ネズミ捕り


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:53:02.79 ID:uz0l62Qh0
ベヘリット柄のお皿


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 21:57:36.61 ID:d2whF2xb0

       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l   ←お皿
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/ 
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ 
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:


「こんな柄のお皿見たことないですー! こ、怖いです……」


んー、気に入らなかった?
せっかくやよいにプレゼントしようと思ったんだけど。


「え? ……ぷ、プレゼントですかー?」


そうだよ。だってやよい、この間長介君が家のお皿全部割っちゃったって言ってたじゃない。


「……」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:00:48.00 ID:6z6Hml2R0
長介に何があった


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:02:07.30 ID:d2whF2xb0

……長介君、反抗期なんだってね?


「……はい、そーなんです」


最近は、ちゃんとお話してるの?


「それが……今朝も、話かけようとしたんですけど……」

 『やよい姉ちゃんの顔なんて、見たくないよっ!』

「……って言われちゃって……」


……そっか。どうしてそんなことになっちゃったんだろうね……。


「長介が言うには……こないだの>>16が原因だって……うぅ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:03:39.35 ID:Xuw1PVoZ0
同時多発テロ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:04:16.78 ID:VQzResC90
Pの垂直落下式土下座


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:04:27.82 ID:cgiVHuWR0
刀身自殺未遂


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:10:32.98 ID:sCK4GkiC0
長介ェ…


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:10:59.52 ID:d2whF2xb0

「こないだの刀身自殺未遂が原因だって……」


え!? じ、自殺未遂?


「はい……実は先週の金曜日の夜、私の家に日本刀を持った人が押しかけてきたんです」


花金にそれは、ちょっと尋常じゃないね……。
それで、その人が自殺をしようとしたの?


「はい……そのときの光景が、目に焼き付いちゃったみたいで、それで……」


……それで、長介君のまともな精神がJ☆U☆M☆Pしちゃったんだね。


「……実は私も、あれを見てから、そのー……>>20が止まらないんです」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:11:15.98 ID:IrnlpURQ0
オナニー


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:15:39.63 ID:d2whF2xb0


「……春香さん!」


なぁに?


「私が今から言うこと、絶対、ゼッタイ秘密にしてくれますかーっ?」


……。
そんなことがあって、やよいだって相当参ってるはず……。
私に出来ることなら、何でもしてあげなきゃですよね!


もちろん秘密にするよ、やよい。
どんなことでも、私は誰にも言わないから……なんでも相談して?


「……じ、実は私、そのぉ……」



「先週末から、おまたがぴくぴくして止まらないんですーっ!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:24:28.85 ID:d2whF2xb0

……え?


「なんでしょう、これ……ぴくぴくして、その……」


ちょ、ちょっと待って、やよい!
おまたって……、あのおまたのこと? やよいの?


「はいっ! それで、『はわ! 私ビョーキになっちゃったのかもー!』って思って、触ってみたんです」


う、うん……続けて。


「ずっと触ってると、その……段々キモチよくなってきてー……」

「そ、それ以上は言えないですー! はわわわ」


やよいったら、お顔が真っ赤ですね。
その行為の意味が、よくわかってないみたいです。
……ふふ、私決めました! やよいに、『ソレ』が何なのか教えてあげることにします。


まずは、やよいに>>28と言ってみることにしましょう!


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:25:59.90 ID:GQedoIdp0
ハイパーキャストオフ!


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:26:30.53 ID:fjLd3QC50
オナヌー


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:26:38.49 ID:cgiVHuWR0
それは月面着陸よ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:33:37.42 ID:d2whF2xb0

やよい。それは……月面着陸よ。


「ふぇっ? げ、げつめんちゃくりく……ですかー?」


そう。あの夜空に浮かぶお月様……あれが見える?


「はいっ! 今日はとってもキレイな満月ですねー!」


かのアームストロング船長はこう言ったの。

――That's one small step for a man, one giant leap for mankind.

ってね。


「ざ、ざっつわん……なんですかー?」


色々と解釈があるけど、一般にはこう言われているんだ。つまり、
『これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である』


「うー……なんだか、春香さんの言ってること、むずかしいですー……」

「アポロ11号がお月さまに着陸するのと、私のおまたがむずむずするのは、どういう関係があるんですかー?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:45:24.52 ID:d2whF2xb0

それが関係オオアリクイなんだよ、やよい。


「オオアリクイ……なんだか辛い飴玉を舐めてるキブンになるコトバですー……ひぃひぃ」


ふふ、ツンデレアイドルのことは今は置いておいて?
つまりね、やよいにとって、おまたをいじるという行為は……。


「……ごくり」


オトナへの一歩を、踏み出したってことなんだよ! やったねやよい!


「そ、そーなんですかー!? やったぁ!」


やよいったら、全身で面妖な踊りを踊って喜びをアピールしてますね。
ふふ、まるでマリオネットの心みたい。


「これで私も、オトナのれでぃーですー!」


でも、これじゃ不十分ですね。ひとりエッチをしたくらいじゃ、まだまだ立派な大人とは言えません。
本当のオトナになるには……もちろん、>>36が必要ですよね!


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:46:31.42 ID:BegwRGYpO
Pとせっくる


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:46:35.02 ID:cgiVHuWR0
クレーター


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:52:09.19 ID:d2whF2xb0

喜んでるところ、ごめんね。
やよい、本当のオトナのレディーになるには、あと一つ必要なことがあるの。


「え? それってなんですかー?」


それは、クレーターだよ。


「くれーたー?」


そう、クレーター。あのお月さまの表面にあるデコボコのことだよ。


「?? デコボコ……オトナ……今日の春香さんは、なんだか哲学的ですー」


ふふ。リボン思う、故にわた春香さんあり、ってね。
それはそうと……デコボコってのはある言葉の隠語なんだよ。
本当の意味は別にあるの。


「そ、それってなんですか!? 私、せっかくだから今本当のオトナになりたいです! うっうー!」


それはね……>>40に、穴を空けるってことなんだよ。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:53:23.99 ID:NGob62Hw0


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:53:49.34 ID:cgiVHuWR0
隕石


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 22:58:45.14 ID:d2whF2xb0

それはね、隕石ですよ、隕石!


「い、いんせきですかー? 私、そんなの持ってないですー……」


えへへ、お恥ずかしながら……実は私も持ってないんだ!


「ということは、春香さんもまだ、オトナじゃないってことですかー?」


そうなの。実は私、もぎたて採れたての春香さんなんだ。
お揃いだね、やよい!


「えへへー、おんなじ……大好きな春香さんと一緒で、私、嬉しいですー! うっうー!」


それじゃ、取りにいこっか!


「えっ」


隕石。


「えっ」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:04:52.64 ID:d2whF2xb0

「は、春香さん、でも……隕石なんて、どこで手に入るんですかっ?」


うーん、そうだね……。
そもそも、どのくらいの大きさの隕石ならオトナになれるのかもわかんないや……。


「地球がドッカーン! ってなっちゃうくらいの隕石だったら大変ですー! はわわ……」


うん、やよいがオトナで地球がヤバイってレベルじゃないね。
よーし! ここは、誰か他の人に聞いてみよっか!


「私たちの知ってる人で、オトナの人にですか?」


この際、オトナじゃなくてもいいかな。私たちは今、藁をもすがる亡者だからね。
……あ、ティンときた! いろんなことを知ってる、ぴったりの人がいたよ!


「それって……あ、あの人ですねっ!」


そう! >>45だよ!


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:05:44.53 ID:upR4JtA/0
これは貴音


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:06:54.65 ID:GQedoIdp0
さくt… 四条貴音さん


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:07:18.17 ID:VTCkdF8h0
小鳥


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:11:03.21 ID:d2whF2xb0

小鳥さんですよ、小鳥さん!


「小鳥さんならきっとなんでも知ってるはずですーっ!」


さっそく聞きにいこっか……って、あれ?


「どうしたんですかー? ……あ!」


小鳥さん、ずっと私たちのすぐそばにいたみたいだね。


「ぴ、ぴよぴよ……」

「だ、だいじょーぶですかー?」


小鳥さん……ずっと>>53の下敷きになってたから、もう虫の息だよ。
いま>>53をどかして楽にしてあげますからね!


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:12:47.40 ID:upR4JtA/0
隕石


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:12:51.91 ID:GQedoIdp0
バイトくん


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:13:01.82 ID:eNX5Yywg0
たかね


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:13:04.51 ID:vv46tKpH0
やよい


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:20:34.39 ID:d2whF2xb0

「や、やよいちゃん……そろそろ、ど、どいてくれるかしら……」

「ごめんなさーい……お尻が冷たかったから、つい……」


そうですね、それなら仕方ありません。
ここは765プロ事務所が入った雑居ビルの屋上ですから、ちゃんと暖めないと冷えちゃいます。


「うんしょ、うんしょ……あれー?」

「は、はやく……もう、息が持たないぴよ……」


あれ、やよいったら……
早くどかないと小鳥さんの命が危ないっていうのに、なかなかどくことができないみたいです。
どうしたのかな?


「なんかー……おまたがくっついちゃって……」


あ、そっか。やよいは刀身自殺未遂を見てから、ひとりエッチが止まらないって言ってましたもんね。
無意識のうちにその幼い蜜壷からあふれ出ていた甘い甘い愛液が、
やよいのおまたと小鳥さんの顔面をくっつけてしまっているみたいです。


「えいっ、えい! ……だめですー、べちょべちょねばねばでとれませんー……」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:27:35.35 ID:d2whF2xb0

どうしよっか?


「どーしましょー……困っちゃいました」


このまま小鳥さんを見捨てる、って選択肢もあるけど……。


「!? は、春香ちゃん!?」

「そ、そんなのかわいそうですー!」


冗談冗談! もちろん私だって助けてあげたいよ。
……でも小鳥さん、前プロデューサーさんにこんなこと言ってたんだ。

『アイドルのみんなの股間に顔面を埋められるなら、あたし死んでもいいです』

って。


(あっちゃー……聞かれちゃってたんだー……)

「ドン引きですー……」


……プロデューサーさんと言えば、最近事務所で姿を見てないね。
>>63に行くって言ったっきり、行方不明だよ。


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:28:36.09 ID:4d7Sbytq0
電通


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:28:50.99 ID:GQedoIdp0
天の川


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:29:23.42 ID:c3VKc5rB0
三途の川


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:29:45.49 ID:wQXNMz9P0
このスレ前も見たぞ

やよいの膣内


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:38:25.63 ID:d2whF2xb0

やよいの膣内に行くって言ったっきり、姿を消しちゃったんだよね。


「そーでしたー! ……でも、私の膣内って、どこのことなんでしょう?」


そっか……やよいはまだ、ひとりエッチがどういうことなのかも知らない幼女なんだよね。
膣=おまんまんってことも知らないみたい。
『真美は合法、やよいは違法』って、その昔偉い人が言っていました。


「……ぷ、ぷろでゅーさー……さん……は、ここに……もがもが」

かみかみ……

「はわっ! ここ小鳥さん、なんで、そんなところを甘噛みするんですかー……うぅ」


ふふっ、小鳥さんってば。
今のやよいにそんなことをしたら……。


「あうぅ~……なんだか、おまたのむずむずが……んんっ」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:43:17.65 ID:d2whF2xb0

……!
私、ティンと来ました!


「ふぉーひたの、春香ちゃん……かみかみ」

「どーしたんですか、春香さぁん……あ、んっ、……だ、だめですっ小鳥さんっ」

とろぉ……

「ぶふぉぁあ……えへへ……やよいちゃんの蜜……」


あはは、やっぱりこの小鳥さんはこういう最期がいいのかも!
……なーんて冗談言ってないで、私、気が付いたんです!


「な、なににですかー……ぅああ」


ズバリ! やよいの家に刀身自殺をしに行ったのは……
プロデューサーさんだったんだよ!


「な、なんだってー!」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:46:38.85 ID:iNnZ1+KP0
なんだかワケが分からない


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:53:39.29 ID:d2whF2xb0

「そ、そういえば……あの夜、プロデューサーは確かに家に来ました!」


そうでしょう?
そこで……きっとプロデューサーさんはこう言ったはずだよ。

『もう死んでやる! こんなブラック企業で働かせやがって!』

『この鋭く磨かれたスコップを使って、血達磨になって死んでやるんだー!』

……ってね!


「すごいです、春香さん! そのとーりです! 名探偵さんなんですかーっ!?」


えへへ、そんなに褒めないでよぅ。
プロデューサーさんはね……その生涯を閉じる最期の場所として、やよいのおまたの中を選んだんだよ。


「……でも、どうして」


やよい。あのときのこと、もう一度よく思い出してみて?


「わかりました……えーっと」

もわんもわんもわん……


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 23:59:06.57 ID:d2whF2xb0

~ あのときの真実編 ~

ガララッ!

「ふぅー! ふぅー! や、やよいぃいい!」

「はわ! ぷ、プロデューサー!?」

「お、おお俺はもうダメだ! もう死ぬしかないっ!」

「どうしたんですかー!?」

「やっちまったんだよ……過労のせいで、頭がどうにかなっちまったらしい……」

「……? と、とにかく、そのスコップを降ろしてください……ここ怖いですー……」

「あ、ああすまん……こんな××まみれのスコップ、怖いよな……」

「……プロデューサー。その、スコップの汚れは……」

「……ここに来るまでの間に、俺は……>>79をしてしまったんだ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:00:47.46 ID:h68XqSnW0
落とし穴作り


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:00:48.97 ID:z84bG8OD0
あずささんの胸をそいで


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:06:51.61 ID:d2whF2xb0

「あ、あずささんの……胸をそいでしまったんだ」

「!?」

「お、俺の前でさ、あああんなに揺れるもんだから……俺、ついカッとなって……」

「あずささんのおっぱい、ですかー……? なんでそんなことっ!」

「俺は貧乳派なんだよっ!!!」

「……」

「あずささんは優しいし、最高に素晴らしい女性だ……ただ一点を除いては……」

「それが……おっぱい」

「そうだ……このスコップについた、血と、脂肪のべとべとは……」

「やめてくださいー! き、聞きたくないですー!!」

「へへ……おっぱいがなくなったあずささんは、最高だったぜ……まるで」

「そんなことしたら……まるで、千早さんになっちゃいますー……」

「へへっ……」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:14:06.73 ID:9zoj2kzn0

「……やよい。俺は、もう死ぬしかない。もう取り返しが付かないところまで来てしまったんだ……」

「……」

「だからせめて、最期は……やよいのおまんまんの膣内(なか)で……死なせてくれ」

「ナカってのがなんなのかわかんないけどー……か、考え直してくださいーっ!」

「いーや! もう死んでやる! こんなブラック企業で働かせやがって!」

「ぶ、ぶらっく……?」

「この鋭く磨かれたスコップを使って、血達磨になって死んでやるんだー!」

「……プロデューサー……わかりました」

「わ、わかってくれたか?」

「はい……私ができることなら、なんでもしますー……」

「お、おお……やよい、ありがとう……俺が見込んだ通り、お前はまるで天使のような子だ……」

「それで……、私はまず、何をしたらいいですかー?」

「そうだな、まずは……>>85をしてくれ」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:14:51.86 ID:qEQw2Zes0
コサックダンス


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:15:00.85 ID:ITaI63Vc0
目からビーム


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:21:22.91 ID:9zoj2kzn0

「目からビーム、してくれるか?」

「えー!? 目からビーム!?」

「ああ。律子のようにな……」

「わ、私に出来るかなーって」

「心配ないぞ! 確かここに……あったあった!」

「プロデューサー鞄の中から出てきたのは……律子さんの眼鏡ですかーっ?」

「そうだ、俺のバッグの中にはなんでも入っているんだ。さぁ、これをかけて……」

スチャッ

「か、かけました……それからどーしたら……」

「念じるんだ……律子の気持ちになって、な」

「わかりましたー! 私、トップアイドル目指してがんばりますー! むむむ……」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:26:31.44 ID:9zoj2kzn0

わほわほわほ……

「はわ! なんか、エネルギーが眼鏡に集まってきましたっ!」

「いいぞ、やよい! その調子だ!」

「むむむー……」


『高槻さん……かわいい』

『あは、やよいは可愛いなー……自分のペットにしたいくらいだぞ……』

『ぁぁ……ゃょぃ……ぃぃゎ』


「み、みんなの気持ちが……眼鏡に集まってきますーっ!」

「そうだっ! 今だ、俺の方を見ながら、やよいの気持ちを叫ぶんだ!」

「わ、私の気持ちですかーっ!?」

「なんでもイイ! だが、そうだな……ためしに、>>95と叫んでみろっ!」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:27:39.30 ID:4t+kL5UW0
光子力、ビィィィィムッ!


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:28:42.75 ID:i3TR9HnRi
プロデューサー!!!


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:29:04.00 ID:UWIiqxn40
もやし(裏声)


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:32:01.29 ID:aqgBFvjT0
もやし(裏声)かよwww


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:33:24.86 ID:9zoj2kzn0

「……も……もや……」

「やよい、どうした! そんな小さい声じゃ、トップアイドルになんてなれないぞ!」

「もやし……も、もやし……!」

「どーぉおしてそこで頑張れないんだ! もっと、もっと熱くなれよ!」

「……!!」

ぐぐぐ……わほ……わほ……わほわほわほ!

「! きたか……!」

「プロデューサー! 聞いてくださぃいいい!!!」



「もやし(裏声)」



ズガァアアアアアン!!!!!!


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:38:38.69 ID:9zoj2kzn0

~ そして時は動きだす ~


……そっか、やよい。そんなことがあったんだね。


「はい……プロデューサーは、そのまま塵になって……私のおまたの中に」


それから、やよいのおまたがうずき出すようになったんだ。
やよい、辛かったね……。私には、抱きしめてあげることしかできないよ。

ぎゅっ……


「うぅ……春香さぁん……! 私、プロデューサーをぉ……この目で!」


やよいは悪くないよ……悪いのは、この社会。
この劣悪な環境で社畜を働かせ続ける、世の中がいけないんだよ……。


「私、ブラック企業なんて、だいっきらいですぅー……!」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:46:29.64 ID:9zoj2kzn0

泣きじゃくるやよいから聞いた話によると……プロデューサーさんは、死ぬ間際に

       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/ 
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ 
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:


こんな顔をしていたようです。
奇しくも、私がやよいにプレゼントしたべへリット柄のお皿と一緒になってしまったみたいですね。


「……765プロは、これからどうなってしまうんでしょうか……」


……私たちの事務所は、変わってしまいました。
プロデューサーさんと小鳥さんは亡くなり……
あずささんはその豊満な胸を無くして……
千早ちゃんは、そんなあずささんを見ながら時折ふふんと笑うようになり……
私は……もう、どうしたらいいか、わかりません。


「……春香さん! 私に、イイ考えがありますっ! >>105をするんですーっ!」


105 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/05/10(木) 00:50:28.46 ID:XcONcFC/0
労働三法の改正


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 00:55:44.29 ID:9zoj2kzn0

数年後……


「春香さん! いよいよ、明日ですね!」


そうだね、やよい。この日のために、私たちはあの日から頑張ってきたんだ!


「はい! 最後まで頑張りましょうーっ! うっうー!」


あはは、やよいの『うっうー』、久しぶりに聞いた気がするな!


「はわわ! は、恥ずかしいですー……もう、成人してるのに」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:06:09.42 ID:9zoj2kzn0

(※法の改正に関する知識は>>1にはありませんので、いささか適当になります)


あれから、私たちは……
紆余曲折あって、日本を代表するトップアイドルになりました。
プロデューサーさんと小鳥さんの仇を討つため、毎日必死に頑張って……
一億人のファンを獲得するに至ったのです。
そして……


「明日は、国民投票の日です……」


そう、まぁなんやかんやあって明日、労働三法の改正をするための国民投票が行われることになったのでした。
私たちはこれまで、息をするのと同じように法改定を訴え続けてきました。
きっとサブリミナル効果によって、私たちのファンはみんな賛成に投票してくれるはずです。

でも、勝つのがわかってる戦いとはいえ……
やっぱり、緊張が隠せません。膝ががくがくと震えてますね……えへへ。


「……春香さん、これ、覚えていますか?」


やよい……これは?


「これは……あの日。春香さんが私にくれた、角砂糖です」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:11:29.09 ID:UWIiqxn40
どうしてこうなった


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:14:27.24 ID:9zoj2kzn0

「甘い物は、頭をすっきりさせるんですよ!」


やよい……。


「えへへ……この言葉は春香さんのウケイレだけど、ちょっとでも力になれたらなーって……」


……ありがとう。ありがたくもらうね。
もぐもぐ……。


「……『砂糖に賞味期限はない』、小鳥さんの最期の言葉、ですね」


そうだね……って、あれ?
気が付いたら、ぽろぽろと……私の目からは涙が溢れてきていました。


「! 春香さん……ぐすっ」


あはは……どうしたの、やよいまで……。


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:22:54.15 ID:9zoj2kzn0

「えへへ、こんな風に泣いてる春香さん、あの日から見たことなかったから……つられちゃいましたっ」

「春香さん、あれからずっと、みんなの先頭に立って頑張ってきてたから……」


……ごめんね、やよい。
あれから私、ちょっと厳しいリーダーだったかもしれないよ。


「はわ! いいんですいいんです! 謝らないでくださいっ!」


ふふ……ありがとう、やよいはやっぱり優しいね。
でも、もうそれも今日で終わり。明日からは……。


「そうですねっ! 明日からは、もういろんなことが、元通りです!」

「リーダーなんて、必要ありません! だって……」


ふふ、だって私たちみんな……、


 「「仲間だもんげ!」」


~ HAPPY END ~


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:24:09.85 ID:ITaI63Vc0
おつ


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:24:54.51 ID:SUwgB8EDO

よくやった


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:28:11.38 ID:9zoj2kzn0
お付き合いありがとうございました。
同タイトルで前も安価やったんですが、だいぶ展開が違くなりましたね!


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:28:46.02 ID:Afxwluoy0
乙やねん


120 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/05/10(木) 01:29:42.39 ID:XcONcFC/0

なんかすまなかった


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/10(木) 01:33:41.50 ID:9zoj2kzn0
※裏設定

>>19では自殺未遂者は日本刀を持ってきたと言ってるのに、実際にはあずささんの血がついたスコップだったのは、
アルティメット眼鏡ビームがやよいの脳にかけた負担が非常に大きかったために
記憶が混乱してしまっていたからです。
決して>>1が間違ったわけではありません。決して!


明治 角砂糖 並型 1kg
明治 角砂糖 並型 1kg




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ