Powered By 画RSS


唯「憂ってわたしのこと好きなのかなぁ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:55:37.02 ID:shgF7Ara0
ぶかつ!

唯「今日のお菓子も美味しいねぇ」モグモグ

律「むぎのお菓子はさいこーだな!」

澪「まったく。それ食べたら練習するからな!」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:57:49.76 ID:lzzdyo600
律「そんなこと言って一番最初におかわりしたのは誰でしたっけ?」

澪「うっ//でも、練習は絶対するぞ!」

律「はいはい。わかりましたよーっと」

紬「うふふ。おかわりはまだあるからゆっくり食べてね」

澪「ゆっくりじゃダメなんだー!」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 13:59:12.78 ID:lzzdyo600
唯「あ!そういえば」

律「ん?どうした唯?」

唯「憂ってわたしのこと好きだと思うんだ!」

澪「そうだな。憂ちゃんは唯のこと溺愛してるな」

律「お姉ちゃん大好きーって感じだしなぁ」

唯「そうじゃなくて、恋愛対象として好きってことだよ!」

澪「はぁ!?」

律「ぶっ!!」

紬「キマシタワー」

唯「うわっ!もぉりっちゃん汚いなぁ」プンプン


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:01:28.09 ID:lzzdyo600
紬「はい。唯ちゃんこれで拭いて。そして早く続きを」

唯「ありがとーむぎちゃん」

澪「急に何言ってるんだよ!?」

唯「え?だから憂は私のこと好きだよねって」

律「なんで急にそんな事思ったんだ?」

唯「だって毎日ご飯作ったり、洗濯したり、朝おこしてくれたりetc..」

澪「で、でもそれだけで好きって決めるのはどうかと思うぞ」

律「澪の言う通りだぞ、唯」

唯「でも毎日、お姉ちゃん好きーって言ってくるんだよ?」

律「それは姉として好きってことなんじゃないのか?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:03:08.06 ID:lzzdyo600
唯「えーでもー」

律「それに!女同士で好きなんてあり得ないぞ!な、澪?」

澪「…え?あ、うん...そうだな。。」

澪(律は私のこと好きなんだと思ってたのに…)

バンッ

紬「それは違うわ!りっちゃん!!」

律「むぎ!?」

紬「本人同士が良いなら良いんじゃないかしら!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:05:16.43 ID:lzzdyo600
律「えぇ!?ほら、澪も何か言ってやれよ」

澪(これは神様が私にくれたドリームチャンス!!)

澪「私もむぎの意見に賛成だな!」

律「澪まで!?私はよくないと思うぞ、唯!」

紬「ワカラズヤノデコッパチハダマッテロ」

律「え..?…やっぱり女子高生たるもの男子と付き合うべきだろ!」

紬「ダマレデコッパチ」

律「えぇ~っと、でもやっぱ…」

紬「デコニニクッテカクゾデコッパチ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:07:12.02 ID:lzzdyo600
律「…ゴメナサイ。本人が良ければ良いと思います」

紬「やっぱりりっちゃんもそぉ思うわよね」

律(さっきのむぎはなんだったんだ?めちゃくちゃオーラでてたぞ。もう怒らせないようにしよう。うん)

紬(りっちゃんごめんね。これだけは譲れないの)


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:08:27.20 ID:lzzdyo600
唯「とにかく!憂は私のこと好きだと思うのです!」

紬「じゃあ本当にそうなのか確かめましょう!」

唯「でも、どうやって?」

紬「皆で作戦をたてましょう!」

唯「作戦会議だね!」

紬「そうよ唯ちゃん!さぁりっちゃん、部長として仕切ってちょうだい!」

律「お、おう!まかしとけ!」

律(とりあえず従っておこう。今日のむぎは怖すぎる)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:09:52.83 ID:lzzdyo600
さくせんかいぎ!

律「じゃあ、何か良いアイデアある人!?」

紬「憂ちゃんをギューって抱き締めてみるのはどうかしら?」

唯「うんうん。それでそれで?」

紬「憂ちゃんの反応を見るのよ!唯ちゃんのこと好きなら赤くなったり、慌てたりするはずよ」

唯「なるほど!」

澪「でも、急に抱きつかれたら好きじゃなくても慌てるだろ」

律「そぉだなぁ。それだけだと決定力に欠けるよなぁ」

澪「そぉだな。何か他にもやらないとダメだな」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:11:51.74 ID:lzzdyo600
唯「う~ん。。どぉしよーかー?」

紬「お風呂一緒に入ろうってっ言ってみたらどう?」

澪「さっきのと同じようなものだな」

律「ん~、、まだなんか足りない気がするんだよなぁ」

律「…そうだ!そんな感じのことを何個かやれば良いんじゃないか?」

澪「あぁ、さすがにいくつかそれっぽいことをやれば分かりそうだしな」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:12:40.32 ID:lzzdyo600
紬「りっちゃん良いアイデアだわ!さすがりっちゃんね」

律「さっきまでデコッパチって言ってたくせに」ボソボソ

紬「りっちゃん?」ニコッ

律「」

唯「むぎちゃんどうしたの?」

紬「何でもないわよ唯ちゃん。それより作戦が決まったわね!」

唯「うん!でもギュッってして、一緒にお風呂入ってって言うことの他には何をすれば良いかなぁ?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:13:22.39 ID:lzzdyo600
澪「他にも何か思い付いたらその都度やってみる感じで良いんじゃないか?」

律「あまり細かく決めても唯のことだから忘れそうだしな」

唯「む~、りっちゃん私のことバカにしてるでしょ?」

律「ん?バカにしてるんじゃなくてホントのことを言ってるだけだけど?」

唯「りっちゃんはホントの私を知らないからそう言うこというんだよ!ホントの私はすごいんだよ!」

律「はいはい。唯はすごいよ、えらいえらい」

唯「む~、、もう怒った!許さない!」プンスカプン


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:19:25.47 ID:lzzdyo600
紬「作戦会議も終わったことだし、唯ちゃんお茶とお菓子のお代わりはいかが?」

唯「いいの!?やったぁ!食べる食べるー」

紬「はいどうぞ」カチャ

澪「おい!練習しないのか!?」

唯「会議の後はお茶だよ!ねぇ、りっちゃん?」

紬「はい、りっちゃんも」カチャ

律「そう!お茶!そしてミルクティにはやっぱりクッキーだよなぁ!」

澪「おい、律!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:20:35.18 ID:lzzdyo600
唯「さすがりっちゃん!わかってるね!」

律「あれ?唯、怒ってるんじゃなかったっけ?」

唯「あれ?そうだったけぇ?それにしても美味しいねぇこのクッキー」

律「…さすが唯だな」

唯「ん?あ、ほら澪ちゃんも食べようよー美味しいよぉ」

澪「あぁもぉ!これ食べたら絶対に練習するからな!」

唯律「はーい!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:21:19.07 ID:lzzdyo600
てぃーたいむちゅう!

澪「ところで作戦たてたのはいいけど、唯自身は憂ちゃんのこと好きなのか?」

唯「当然だよ澪ちゃん!あんななんでも出来てしかも可愛いんだよ!好きにならないはずないもん!」

唯「あぁ憂がほんとに私のこと好きだといいなぁ。でも、、もし好きじゃなかったらどうしよぉ…」グスン

紬「大丈夫よ唯ちゃん!今日帰ったら作戦を実行してみて!上手くいくはずよ」

唯「…うん。ありがとむぎちゃん..!!頑張ってみるっ!」

澪「うん、唯はほんとに憂ちゃんのことが好きなんだな」

唯「うん!大好きだよ!だから作戦が成功するようにがんばるっ!」

律「よし!その意気だ!じゃあ上手くいくように応援してるな!」

澪「私も応援してるぞ!」

紬「唯ちゃん頑張ってね!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:22:10.12 ID:lzzdyo600
きたく!

唯「え~っとたしか、憂に抱きつくのと、一緒にお風呂入るのと、、あとは私が思い付いたことをするって作戦だったよね」

唯「よしっ!がんばるぞーおー!」

ガチャ

憂「お姉ちゃんどうしたの玄関の前で?」

唯「う、うい!なんでもないよ!ちょっと考え事してただけ。それよりなんで憂は出てきたの?」

憂「ご飯の準備してたら何かお姉ちゃんの声が聞こえたから帰って来たのかなぁって」

唯「そうだったんだぁ。あ、ほらお家に入ろ!」

憂「うん。あ、お姉ちゃんおかえり」

唯(っ!これはチャンスかも!)


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:22:56.05 ID:lzzdyo600
唯「ただいまぁ!」ガバッ

ギューッ

憂「お、お姉ちゃんどぉしたの急に!?」

唯「憂分の補給だよ!」ギュー

憂「ういぶん?お姉ちゃん苦しいよー」

唯「ふ~今日の憂分もちゃんと吸収できました!」パッ

憂「あ、まだ抱きついてていいのに」ボソ

唯「え?」

憂「ううん、なんでもない!でも、よく分からないけど、補給できて良かったね」

唯「うん!」

憂「じゃあご飯の準備もう終わるから、着替えてきて一緒に食べよ」

唯「うん!お腹空いたぁ。すぐに着替えてくるね!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:23:48.51 ID:lzzdyo600
おへや!

唯「ん~、全然わからなかったなぁ。でもまだ作戦はいっぱい残ってるし、がんばろー!おー!」

オネーチャーンゴハンデキタヨー

唯「!!今いくー!!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:24:31.09 ID:lzzdyo600
ゆうはん!

唯「わぁ!今日はシーフードカレーなんだね!!」

憂「うん。今日の朝、お姉ちゃんが寝言で食べたいって言ってたから」

唯「えへへ~。それは恥ずかしいですなぁ」

唯「じゃぁ、いただきましょー!」

憂「うん!」

唯憂「いただきます!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:29:10.88 ID:pCJyXfGL0
唯「やっはい、ういのかえーはへはいひひはえ」モガモガ

憂「ん??」

唯「ういのかはーはへはいいひ!」

憂「もぉお姉ちゃんご飯食べながら喋ったら分からないよ」クスクス

唯「ゴックン。憂のカレーは世界一だね!」

憂「誉めすぎだよー」

唯「ほんとに一番だもん!」

憂「あはは、ありがとうお姉ちゃん」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:30:32.77 ID:pCJyXfGL0
唯「じゃあ、憂、あーん」

憂「えっ?//」

唯「あーん」

憂「え?えっ?//」

唯「あーん」

憂「あーん//」

唯「美味しいでしょ?」

憂「うん//」

憂(ドキドキしすぎて味がわからなかったよー)


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:31:27.53 ID:pCJyXfGL0
唯「今度は憂が食べさせて!」

憂「う、うん//」

憂「あーん///」

唯「あーん」パク

唯「憂にあーんしてもらうともっと美味しくなった!!」

憂「もうお姉ちゃんったら」

唯「えへへへー」

唯(恥ずかしがって赤くなってたけど、これってどうなのかなぁ。むー。難しい・・・)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:32:41.81 ID:pCJyXfGL0
唯憂「ごちそうさまでした!」

憂「じゃあ私はお皿片づけちゃうから、お姉ちゃんはお風呂に入っちゃっていいよ」

唯「わかtt、、あ!!」

唯「憂!!」

憂「なに!?」ビクッ

唯「一緒にお風呂はいろ!」

憂「え?え??なんで//」

唯「なんでも!」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:34:11.40 ID:pCJyXfGL0
憂「え、でも私お皿片づけないと」

唯「後で片づけるの手伝うから大丈夫!」

憂「でも恥ずかしいよ//」

唯「姉妹なんだから恥ずかしくないの!」

唯(強引すぎたかな…作戦失敗しちゃうかな…)

憂「…一緒にはいろうかなぁ//」

唯「!!成功!!」

憂「え?」

唯「うんん!何でもない!」

唯「ほらほら、早くいこー」

唯(作戦だもん!ちょっと恥ずかしくても強引に頑張らなきゃ!)


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:35:42.64 ID:pCJyXfGL0
おふろ!

唯「一緒にお風呂入るのひさしぶりだねー」

憂「う、うん//そうだね」

憂(姉ちゃんの事直視できないよー)

唯「!!」ピコーン

唯「憂の髪あらってあげる!」

憂「え!?いいよ、自分であらうよー」

唯「いいから!お姉ちゃんの言う事はちゃんと聞かなきゃだめなんです!」

憂「う・・うん//」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:37:01.39 ID:pCJyXfGL0
シャカシャカシャカ

唯「憂の髪の毛やわらかくていいなー」

憂「そんなことないよ。お姉ちゃんの髪の方がふんわりしててかわいいよ」

唯「そうかなー。あ!かゆいところはございませんかー?」

憂「あはは。ありませーん」

唯「じゃあ、次はお背中お流しします!」フンス

憂「そ、それはいいよ!自分でできるから//」

唯「いいからいいからー」ゴシゴシ

憂(ちょっと恥ずかしいけど、気持ちいい)


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:38:45.88 ID:pCJyXfGL0
唯「よし!そしてら次は前も洗います!!」

憂「え!?ちょっ!!それはさすがに自分でやるから!」

唯「お姉ちゃんの言う事はちゃんと聞かなきゃだめなんです!」

憂「で、、でも・・・」

唯「いいの!」

憂「うん////」

唯「憂の体、きれいだねーすべすべだ!」

憂「そ、そうかな?//」カー

唯「うん!胸もわたしより大きいし!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:39:47.04 ID:pCJyXfGL0
憂「同じくらいだよ//」

唯「絶対憂の方が大きいもん!ほら!」モミモミ

憂「お!お姉ちゃん!?」

唯「憂の方が大きいもん!」モミモミ

憂「わ、分かったからもうやめて!」

唯「わかればよろしい!」

憂「ふー//」

憂(なんかあせりすぎて疲れたよー)


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:41:32.12 ID:pCJyXfGL0
りびんぐ!

唯「うーいーあーいーすー」

憂「はい、お姉ちゃん」

唯「ありがとー」

憂「はー」

唯「?憂どうしたの?」

憂「今日はちょっと疲れちゃってるのかな。もう眠いから先に寝るね」

唯「う、うん」

憂「おやすみなさい」バタン


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:42:23.98 ID:pCJyXfGL0
憂「今日のお姉ちゃんなんか積極的だったなぁ、、もしかして私のこと…」

憂「ううん。気のせいだよ」ブンブン

憂「だって私たちは姉妹なんだから…だから姉妹として仲良くしなきゃ。お姉ちゃんに嫌われちゃうから…」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:43:31.91 ID:pCJyXfGL0
唯「憂の様子なんか変だったけど、作戦の効果かなぁ」

唯「でも、逆にやりすぎちゃって嫌われちゃったのかも…」

唯「ううん!弱気になっちゃだめだ。ここまで来たら最後まで頑張らなきゃ!!」

唯「ん~、でもどうしよう。作戦はもうないし。。」

唯「ん~」

唯「むー」

唯「もう悩んでても仕方ないから告白しちゃおう!」

唯「一緒に寝よう告白大作戦決行!」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:50:15.33 ID:pCJyXfGL0
ういのへや!


唯「うーいー??まだ起きてる??」

憂「ん、どうしたのお姉ちゃん??」

唯「一緒に寝てもいい??」

憂「え!?どうしたの!?」

唯「久しぶりに一緒に寝たいんだぁ」

憂「いいよ。一緒に寝よ」

唯「やったぁ」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:51:19.81 ID:pCJyXfGL0
唯「憂の背中あったかぁい」

憂「うふふ、くすぐったいよお姉ちゃん」

唯「憂良いにおいするー」クンクン

憂「もー、なんか恥ずかしいよー」

唯「ふがふがー」

憂「きゃー」

キャッキャ キャッキャ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:52:09.36 ID:pCJyXfGL0
唯「ねえ。憂、こっち向いて」

憂「なにおねえちゃ」クル

チュ

憂「」

唯「えへへ」

憂「おねえ…ちゃん??」

唯「私ね、憂のこと好き」

憂「え?!」

唯「だから憂が好きなの!妹としてじゃなくて女の子として」

憂(どういうこと!?お姉ちゃんが私を!?なんで?ほんとに??)


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:53:21.67 ID:pCJyXfGL0
唯「憂、好き…」ギュッ

憂(しかも抱きしめられた!どうしたらいいの??!)

唯「うい、うい」チュ チュ

憂(あqwせdrftgyふじこl)プシュー

唯「憂?憂の気持ちも聞かせて欲しいな」

憂「」

唯「憂?」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:55:03.21 ID:pCJyXfGL0
憂「」

唯「?」

憂「」

唯「そっか…ごめんね。こんなことして。明日からまた普通の姉妹ちゃんとやるから許して?」

憂「」

唯「ごめんね。」

憂「」

唯「自分の部屋で寝るね」

憂「」プシュー

唯「おやすみなさい」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:56:36.40 ID:pCJyXfGL0
ゆいのへや!

唯「憂は私の事すきじゃなかったんだ」グスッグスッ

唯「うい…うわーん!!」

エーンエーン


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:57:53.71 ID:pCJyXfGL0
つぎのひ!

憂「」プシュー

憂「ん~、、、あれ??お姉ちゃんは?」

憂「なんでいないんだろ?昨日一緒に寝たはずなのに」

憂「っあ!!」ピコーン

憂「そうだ!寝るときにお姉ちゃんに告白されたんだ!それに、、キ、、キスも//」

憂「////」カー

憂「っは」ブンブン

憂「お姉ちゃんにまだ返事してない。お姉ちゃん私が気絶してるの気がつかなくて部屋にもどっちゃったのかな」

憂「ちゃんと私も好きって伝えなきゃ!!」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:59:13.95 ID:MXsvszUV0
真っ直ぐな二人だなー


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:59:14.43 ID:pCJyXfGL0
憂「お姉ちゃん起きてー朝だよー」

唯「んんー、、あと5分だけ」

憂「遅刻しちゃうよ」

唯「じゃあちゅーしてくれたら起きる」ムニャムニャ

唯(…あ!!いつもの調子で言っちゃった…)


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:00:37.52 ID:pCJyXfGL0
チュ

憂「おはよう。お姉ちゃん」

唯「!!?え!?」ガバッ

憂「遅くなっちゃったけど、私もお姉ちゃん好きだよ」

唯「ほんとに??」

憂「うん」

唯「姉としてじゃなくて、女の子として??」

憂「うん」

唯「ほんとのほんと??」

憂「うん」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:01:50.06 ID:pCJyXfGL0
唯「良かったぁ。嫌われたのかと思ったよぉ」ビエーン

憂「泣かないでお姉ちゃん。それに私がお姉ちゃんのこと嫌うわけないでしょ?」

唯「でも、昨日黙っちゃったから」

憂「あれは嬉しくて、その…気絶しちゃったの//」

唯「なぁんだ。そうだったんだぁ」

憂「うん//あ、ほらお姉ちゃん、もう起きなきゃご飯食べるじかn」

チュ


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:02:51.00 ID:pCJyXfGL0
憂「!?」

唯「えへへーお返しののチューだよ」

憂「もう、お姉ちゃんってば//」

唯「これからは毎日しようね、おはようのチュー」

憂「うん!」ニコッ

憂「いってきます」

唯「いってきまぁす」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:03:38.28 ID:pCJyXfGL0
憂「寒いねぇお姉ちゃん」

唯「こうすれば寒くないよ」ギュッ

憂「あ…//お姉ちゃんの手暖かいね」

唯「あったかあったかだね♪じゃあいこっ!」

憂「うん!」


おわり!


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:04:45.10 ID:YAtRCyon0
乙!
癒されたよ


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:06:48.21 ID:VAmojpjz0
もっと見たかった気もするが、乙


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:07:25.14 ID:MXsvszUV0
おつ
お幸せにー


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:09:42.10 ID:pCJyXfGL0
読んでくれてありがとうございました

けいおん1期の時に書いていたのがさっきでてきたので、せっかくなので晒さして頂きました

支援、お叱りの言葉、とても嬉しかったです


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:13:56.15 ID:pCJyXfGL0
とりあえず、ムギが人気あるのが再確認できてよかったです

あと、最近書いたSSを投下してもいいですか?
新法学部生に向けて簡単に民法の錯誤について書いた奴なんですが


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:15:55.86 ID:HYoYqFTmO
>>93
いいんじゃないかな


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:15:15.04 ID:VAmojpjz0
それけいおん関係あるか?


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:16:24.34 ID:pCJyXfGL0
>>94
唯と憂で書いたってだけで、別にけいおん関係ないかも
しかも唯憂ってわけでもないし


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:18:50.17 ID:ne7pRiUR0
レクチャー的なSSはおもしろいから投下してみるといいよ


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:20:29.46 ID:pCJyXfGL0
誰も見てないかもだけど、せっかくだから投下してみる
すごい短いからいいよね


唯「さくご!」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:21:53.18 ID:pCJyXfGL0
唯「う~い~!」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「この前ギー太の弟を買ったんだけど、、ギブソンじゃなくてギバサンだったって気付いちゃったんだぁ」

憂「ギー太の弟?そぉいえば、お姉ちゃんギブソンのSG買ったよね」

唯「うん。それで、返品したくてお店に持って言ったんだけど、、

『そんなことは知らない!だめだ!!』

って言って返品させてもらえなかったんだぁ」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:23:01.09 ID:pCJyXfGL0
憂「ん~ひどいね」

唯「それで困ってるんだけど、、どうしたらいいかなぁ?」

憂「…うん!たぶんどうにか出来ると思う!」

憂(こんな時のために法律の勉強しておいてよかったぁ。私がお姉ちゃんを守ってあげるんだから!)

唯「おぉ!さすが私の妹だね!」

憂「えへへ~」

唯「それでどうすればいいの?」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:23:45.13 ID:pCJyXfGL0
憂「民法第95条に、錯誤についての規定があるんだよ」

唯「さくご??」

憂「うん。錯誤。勘違いしててやっちゃったーとか気のせいだった―みたいなことだよ」

唯「!!まさに今のあたしだね!!」

憂「それでね、錯誤による法律行為は原則無効になるんだよ」

唯「むこう?ほうりつこうい??」

憂「えーっと、無効っていうのは元々なかったってことに出来る事で、法律行為は簡単に言うと、お買いものってことかな」

唯「じゃあわたしの今回のお買い物はなかったことにできるの?」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:24:53.89 ID:pCJyXfGL0
憂「そうだよ、お姉ちゃん♪ただいくつか要件を満たさないと『無効だ―!』って言えないんだよ」

唯「要件ってどんなの?」

憂「まず、その錯誤が要素の錯誤じゃないとだめなの。」

唯「ようそのさくご?え?え??」

憂「その勘違いをしなければ、お買いものしなかったってぐらいの勘違いのことだよ」

唯「なるほどー」

憂「少し詳しく言うと、錯誤と行為の間に因果関係があること、その錯誤に重要性があることが必要みたい」

唯「ふむふむ。全然わからないけど、わかりました!」

憂(分からないのに威張ってるお姉ちゃん可愛い!!)


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:25:13.41 ID:qjMu7QKPO
レシート類なくてもいいの?


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:27:37.37 ID:pCJyXfGL0
>>104
あった方が良いとは思う
実務家ではないからそんな詳しくないんだすまん
とりあえず講学上の話だから細かいところはあまり気にしないで下さい


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:28:33.38 ID:pCJyXfGL0
唯「他にはどんな要件があるの?」

憂「勘違いした人に重大な過失がないこと、つまり無重過失も要件なんだよ」

唯「??」

憂「過失っていうのは、注意してたら気付いたってことだと思うよ」

唯「んー?」

憂「少し気をつけてれば分かったのに、気をつけてなくて分からなかったって人を有過失者って言うんだよ」

唯「じゃあ、気をつけてたのに分からなかったって人は無過失者ってこと?」

憂「そう!!お姉ちゃんすごい!良くわかったね!!」

唯「えへへーそれほどでもー」

憂(照れてるお姉ちゃんも可愛い!!)


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:35:38.68 ID:iDFGYWj00
憂「それで、重過失っていうのは、すっごい過失をしちゃったってことなの」

唯「ちょっとだけでも気をつけてれば分かったのに、全然気をつけなかった、みたいな感じかなぁ?」

憂「そう!!お姉ちゃんまた正解!」

唯「えっへん!」フンス

憂「それで、今回のお姉ちゃんの買い物なんだけど、私はお姉ちゃんに重過失はなかったと思うな」

唯「じゃあ錯誤だ―っていえるの!?」

憂「たぶん大丈夫だと思うけど、もしかしたら、要素の錯誤にあたらないかもしれない…」

唯「え!?じゃあむりなの!?」

憂「お姉ちゃん買う時に何か言った?」

唯「ん~~」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:36:22.32 ID:iDFGYWj00
唯「このギターすごい安いけどギブソンですよね?」

店員「そうですが」

唯「じゃあ下さい!」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:37:30.86 ID:iDFGYWj00
唯「みたいな感じだったよ!」

憂「それなら大丈夫!」

唯「え?なんで?どういうこと?」

憂「要素の錯誤じゃなくても、買おうって思った動機に錯誤がある場合でも大丈夫な場合があるんだよ」

唯「ふむふむ」

憂「動機の錯誤の場合は、勘違いしてるその動機を相手に伝えれば、例外的に大丈夫になるみたいなの」

唯「なるほど!」

憂「その動機の伝え方は、直接声に出しても、もちろん大丈夫だし、声に出さない黙示でも大丈夫って言われてるんだよ」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:38:11.84 ID:iDFGYWj00
唯「むー。なんかやっぱり難しい…」

憂「お姉ちゃん?」

唯「あ!私が理解できなくても憂が錯誤だ―って言ってくれればそれでいいんだ!」ピコーン

憂「んー、それなんだけど」

唯「なに??」

憂「無効な法律行為は、もともとなかったことになるんだから、原則は誰でも無効だ―って言えるんだけど」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:39:23.56 ID:iDFGYWj00
唯「けど?」

憂「錯誤での無効は勘違いしちゃった本人だけしか無効だ―錯誤だ―って言えないの。ごめんねおねえちゃん」

唯「そうなんだぁ。憂は何もわるくないから謝らないで!!」

憂「お姉ちゃん…ありがと」

唯「じゃあ、明日錯誤だ―ってお店に言えるように頑張って理解するね!!」

憂「うん!お姉ちゃん頑張ってね!分からないことがあったら聞いてね。分かる範囲で答えるから」

唯「ありがとーういー!じゃあ頑張ります!!」


おわり!


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:41:26.61 ID:iDFGYWj00
という事で錯誤についてでした

読んでくれた人、ありがとうございました


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:45:25.22 ID:HYoYqFTmO
>>115
乙!なんかためになった



これ結局唯大丈夫なのか気になるんだが


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:41:58.55 ID:ne7pRiUR0
ういうい

そういや俺も隣の商品と間違って手にとって買った品をお店に持ってったら
店員さんが快く返品に応じてくれたことあったなー

おつおつ


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 15:55:15.01 ID:iDFGYWj00
ってことで皆も何か勘違いでやっちゃった時は錯誤だ!!
って言い張ると良い事あるかもです

それでは、本当にありがとうございました





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ