Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早「眠り姫、今私は」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:06:20.81 ID:u2RBXQ/20
…した。

…まえが…した。

…お前が、…した。


…お前が、殺した。


「っ!!!」

シーン

「…はぁっ!…はぁっ!!」

悪夢から覚め、トイレに駆け込み、戻す。

毎夜続いたその動作。

慣れてしまったらトイレのドアを開けて寝る習慣が付いた。

そんなもの、何の役にも立たないというのに。

そんなこと、何の意味も持たないというのに。

全て、どうでもいい。

「……プロデューサー。」




4 :大体4,5分間隔で投下しますの 2012/05/24(木) 01:10:23.13 ID:u2RBXQ/20
一人、呟く言葉は誰にも届かない。

私は、ひとり。



765プロ所属アイドル如月千早、電撃引退?!

原因は担当プロデューサーの事故死?


そんなニュースが飛び交い、冷めた後。
彼女はメディアから忘れ去られていく。



2度、事故死に関わった少女、如月千早。

彼女と親密な関係のものには不幸が訪れる。

曰く、近付いたものにトゲを刺す、茨姫。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:14:38.24 ID:u2RBXQ/20
小鳥「おはようございます。社長」

社長「ん?あぁ、おはよう音無君」

小鳥「…」

社長「…」

社長「…ここも、随分、寂れてしまったね」

小鳥「…皆、移籍してしまいましたからね」

社長「彼女たちは強い」

社長「新しい場所でもきっとやっていけるさ」

社長が頭を掻き、笑った。

社長「やはり、この事務所は畳むべきかな」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:18:56.11 ID:u2RBXQ/20
小鳥「そんなこと無いですよ」

小鳥「ここは大切な場所ですから」

社長「そう、だな。しかし音無くん、君も雇ってくれる場所を探して…」

小鳥「社長」

小鳥「新しいアイドルが入ったときに事務員が居ないと困るでしょう?」

社長「…」

社長「ありがとう。」

社長「…君も、彼に好意を持っていたかね?」

小鳥「とても大切な人でしたよ」

パタン

伏せた写真にはもう居ない『彼』の姿が映っていた。

社長「ところで、如月君はまだ…?」

小鳥「えぇ、ずっと塞ぎこんでるみたいです」

社長「…そうか」

社長(どうしたものか…)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:22:24.15 ID:u2RBXQ/20


「「「スリルのない愛なんて、興味あるわけ無いじゃない~♪」」」



スタッフ「はい、OKでーす!」

貴音「お疲れさまでした」

響「お疲れさまだぞー!」

美希「おつかれさまなの」

監督「いやー星井くんは随分と成長したじゃないか」ジロジロ

監督「…どうだい?今夜、一杯」

美希「…ミキ、おじさん趣味は無いの」

スタスタ

監督「な、なんだと!こら、待て小娘!!」

新P「す、すみません!あとで言っておきますんで」ダッ

監督「…チッ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:26:50.27 ID:u2RBXQ/20


スタスタ

美希「…」

新P「駄目じゃないか、星井さん。あんなこと言っちゃ」

美希「…にぃ…」

新P「え?」

美希「別に何でもないの!ミキ、一人で帰るから!」ダッ

新P「あ、ちょっと!」

貴音「もし、」スッ

貴音「申し訳ないのですが、そっとしてあげてください」

響「自分たちだってまだ思い出すことがあるからなー…」

新P「はぁ…?そうですか…?」

貴音(あなた様…)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:31:04.05 ID:u2RBXQ/20
千早「…」

―電源が切れるように眠り、今日もその夢を見た。


ブロロロロ

P「千早は今日、音楽番組の収録がある。それが終わったら雑誌のインタビューだな」

千早「はい」

P「ふぅ…」

千早「あの、プロデューサー。少し疲れて見えます…」

P「お、そうか?まぁ無理してるとこあるからなぁ」フゥ

千早「私が言えることじゃないですが、ちゃんと休んでくださいね」

P「ありがとな、千早」

P「でもな、皆アイドルとして輝いてる。それが嬉しいんだ、俺は」

P「千早も笑うようになったしな」

千早「プ、プロデューサー!」

P「はは」

バタン


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:35:20.88 ID:u2RBXQ/20

P「んじゃ、昼頃迎えにくるから」

千早「分かりました。何かあれば連絡します」

P「おう、行ってこい千早!」

千早「はいっ」ニコッ

ブロロロロ


―その後の展開を、私は知っている。

爆発音、悲鳴、救急車の音、血だらけのプロデューサー。

病室、泣き崩れる春香、声が出せない、歌も歌えない私。


最後に送り出してくれた貴方は、もう居ない。

―そして。

夢の中で私を責める私。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:39:42.02 ID:u2RBXQ/20

千早「っ…!」

目覚めたら、私は泣いていた。何度見ただろう。

今頃になって気付いた。…愛していたんだ。あの人を。

千早「眠り姫は王子のキスで目覚める、か」

そんなお伽話を思い出し、自嘲した。

…喉が乾く。水を飲もう。

ー…

千早「?」

今、何か聞こえた気がした。

ニャー…

千早「ドアの方かしら…」

バタン

千早「あ…」

千早「猫、か…」

猫「ニャー」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:44:15.54 ID:u2RBXQ/20
千早「おいで」

猫「ニャー」

弱々しく鳴くその猫は、確かに生きていた。

千早「あ、足…」

千早「ケガしてるんだ…」

千早「包帯巻いてあげるね」

猫を抱え、家に連れ込む。

猫「」ペロ

その猫に、頬を舐められた。

千早「え?ありがとね」

涙を拭いてくれた、そんな気がして。

猫「ニャー」

「元気を出して」、そう言われた気がして。

ほんの少し私は笑った。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:48:19.24 ID:u2RBXQ/20
プルルル

律子「…」

ピッ

律子「うーん、やっぱ無理か」

律子(千早…出ないわね…)

亜美「りっちゃーん!」

真美「りっちゃん、りっちゃーん!」

律子「おっと。…亜美、真美!あずささんは見つかった?」

伊織「駄目ね、あずさったらどこほっつき歩いてるのかしら…」

亜美「兄ちゃんなら見つけられるのに…」

真美「…」

伊織「…」

律子「…」

亜美「あっ…ゴメン」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:52:35.50 ID:u2RBXQ/20
律子「もー!収録押してるのに!!」

真美「真美が出てあげてもいいよー」

律子「あんたは別の仕事よ!!」ビシッ

真美「あだっ?!ぶーぶー!怒るとシワが増えるよ!」

律子「なっ!…ふぅ、とりあえずもう一度あずささんを探しましょうか」

伊織「えぇ!分かったわ!」

亜美・真美「あいあいさー!」


テクテク

あずさ「あらあら、ここは何処かしら~」

あずさ(折角、運命の人かと思ったのに)

あずさ(私の心を持っていくなんて)

あずさ「罪な人ですね~本当」

テクテク


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:56:58.57 ID:u2RBXQ/20

千早「猫って、何を食べるのかしら…」

千早「春香に…いや、駄目だ…いまさら電話なんて…」

ピッピッ

千早「着信…?秋月律子…?」

何だろう。

千早「…」

千早「もしもし」

千早「えぇ…はい…」

千早「えっ?」

千早「…」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:58:59.03 ID:u2RBXQ/20

千早「私はもう歌手はやりません、それだけです」

千早「…失礼します」

私は、何をしているんだろうか。

彼との約束を果たせないままで。

猫「ニャー」

千早「お腹すいたよね、ちょっと待っててね」

猫「ニャー」

千早「いい子」ヨシヨシ

ガチャ

バタン


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 01:59:52.01 ID:u2RBXQ/20

長介「ありがとな!真兄ちゃん!雪歩姉ちゃん!」

雪歩「お邪魔しましたぁ…」

真「またね!あと僕は女だよ!」

テクテク

やよい「ありがとうございます、真さん、雪歩さん…」

真「気にしないでよ、僕たちも今日はオフだったしね」

雪歩「私なんかで力になれたら嬉しいですぅ…」

やよい「最近、帰ってくる時間が遅くなってしまって」

真「プロ…マネージャーには家の都合を話したの?」

やよい「それが、ちょっと厳しい人でして言い出しづらいかなって…」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:03:25.38 ID:u2RBXQ/20

真「そうなのか…一度話してみるべきだと思うよ」

やよい「…そうですね!そうしてみます!」

雪歩「あっ」

真「どうしたの、雪歩?」

雪歩「あれ、千早ちゃんじゃないかな?」

真「本当だ!」

真「おーい、ちはやー!!」

千早「!」ダッ

真「あ、あれ?」

雪歩「行っちゃいましたぁ…」

やよい「どうしたんでしょうか…」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:07:06.39 ID:u2RBXQ/20

千早「はぁっ!はぁっ!」

恐い。皆と話すのはとても恐い。

責められそうで。お前のせいだ、と言われそうで。

千早「…本屋で読んだことを思い出そう」

千早「とりあえず、子猫用のドライフードをふやかして、だっけ」

千早「牛乳も必要だし…」

ーそうだな。お前らの面倒を見るのはとても楽しいよ

いつかのプロデューサーの言葉を思い出した。

千早「…そうね、私も同じ気持ちだわ」

千早「…あそこのスーパーでいいかしら」

イラッシャイマセー


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:12:00.15 ID:u2RBXQ/20

ガチャ

バタン

千早「ただいま」

猫「ニャー」

千早「今ご飯用意するからね」

猫「ニャー」スリスリ

千早「あっ…」

その仕草は私を慰めてくれるようだった。

千早「猫は人間の気持ちが分かる、だったかしら?」

千早「信用してしまいそうね」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:16:32.29 ID:u2RBXQ/20
ドサッ

千早「…ふぅっ」

千早「おやすみ、えーと…」

千早「そうだ。まだ、名前を付けてなかったわね」

何にしようかしら。

千早「…プロデューサー」

猫「ニャー」

千早「え?それでいいの?」

猫「ニャーニャー」

千早「ふふ、不思議な子ね」

千早「おやすみ、プロデューサー」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:21:01.65 ID:u2RBXQ/20

―今日はいつもと違う夢だった。
これはあの人との大切な思い出。


P「千早」

千早「プロデューサー…」

P「こんなところに居たのか。何悩んでるんだ?」

千早「私はこれでいいのか?と思いまして」

P「ふーむ」

千早「自分に自信が無くなったといえばいいでしょうか…」

P「うーん」

P「…正直言うと、初めてお前の歌を聴いた時」

P「この子はとても綺麗な歌声だな、と思った」

千早「はぁ…」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:26:18.98 ID:u2RBXQ/20

P「なんていうかな、心に響いたんだ」

P「本当に歌が好きなんだな、と感じた」

P「だから、お前は歌え」

P「誰かの心を揺さぶるために」

P「お前自身が歩いていくために」

P「この先、何があっても」

P「歌い続けると約束してくれ」

P「きっとそれで大丈夫だと思う」

千早「…分かりました」

千早「でも今のプロデューサー、今のセリフ」

千早「とても恥ずかしいですよ?」

P「なっ!ちーはーやー。俺はお前を励まそうとだなぁ…」

千早「ふふっ、はははっ」

P「ぷっ、ははっ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:30:45.41 ID:u2RBXQ/20

千早「あっ…」

千早「…あんな夢を見るなんてね」

千早「あれ、あの子…」

千早「居ない…?」

部屋の隅でうずくまっている猫を見つけた。

千早「どうしたの?」

猫「ニャ…ニャー…」

千早「…苦しいの?」

猫「…」

明らかに元気が無い。

―茨姫。私は、また不幸にしたのだろうか。

人ではなく、猫までも。

千早「いえ、まだ間に合うわ」

千早「だって、生きてるもの」

守らなきゃ。私が。


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:35:00.19 ID:u2RBXQ/20

千早「…はぁっ!…はぁっ!!」

全力で走る。息が切れる。体が限界を訴えてる。

ずっと活動してなかった体にムチを打って走ってるのだ。

当然だと思う。

こんなことならダンスレッスンをもっと…

ガッ

千早「あっ!」

バタッ

千早「うぅっ…痛ッ…!」

転んだ拍子にすりむいたのだろう。

立ち上がろうとしても、

膝の力が抜けていく。

こんなところで立ち止まっちゃいけないのに。

千早「助けて…誰か…」

千早「…プロ……サ…」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:40:29.08 ID:u2RBXQ/20

??「あれ?」

春香「千早、ちゃん?」

千早「はる、か…?」

春香「久しぶり!もう、心配したんだからね!」

千早「そんなことより…」スッ

春香「うわ、どうしたのその猫?!は、はやく!早く病院に!!」

千早「え、えぇ…」

春香「とりあえず律子さん呼ぶから!送ってもらおうよ!!」

千早「ありがとう、春香…」

バタン

春香「ちょっ、千早ちゃん!千早ちゃんったら!!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:44:41.67 ID:u2RBXQ/20


千早「んぅ…?」

律子「目が覚めたかしら?」

春香「千早ちゃん!」

千早「律子…?春香…?」

千早「あの子は?!あの子はどうなったの?!」

律子「お、落ち着いてよ。ちょっと弱ってたけどもう大丈夫だそうよ」

春香「足の手当てもしてくれるって」

千早「良かった…」

春香「…」

千早「…」

律子「あー…私は仕事あるからもう行くわね」

律子「そうだ、千早。あの話、まだ待ってるから」

千早「…ありがとう、律子」

律子「くすっ。どういたしまして」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:48:41.52 ID:u2RBXQ/20

千早「…怒ってる?」

春香「…何が?」

千早「…私が居なくってからの色々なこと」

春香「え?別に怒ってないよ?」

春香「千早ちゃんが連絡取れなくなっちゃったときは怒ったけど」

春香「今日、顔を見れてホッとしちゃった」

千早「っ!私は!皆のプロデューサーを!!」

春香「…千早ちゃんが無事で良かったと思うよ」

春香「だって私の大切な友達だし仲間だもん」ニコッ

千早「あ…」

春香「うん。多分、皆同じ気持ちだと思うな」



千早「ごめんね」

千早「…ありがとう」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:51:45.54 ID:u2RBXQ/20

春香「千早ちゃん」

千早「どうしたの?」

春香「歌は嫌いになっちゃった?」

千早「…いえ。そんなことないわ」

千早「私が持っていたもので」

千早「彼が示してくれたものだもの」

春香「そっか」


春香「私ね、思ったの」

春香「プロデューサーさんが天国に行って、私はいっぱい泣いた」

春香「出来るなら代わってあげたいなんて馬鹿なことも思った」

春香「でもね、そんなこと出来ないんだよね」

春香「過去は変わらない」

春香「だけど、私たちは生きている。皆、一生懸命にね」

春香「やっぱり、歌うべきだよ。千早ちゃんが歌を好きなら」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:55:00.16 ID:u2RBXQ/20

千早「えぇ…」

千早「私ね、信じられなかった」

千早「プロデューサーが死ぬなんて」

千早「だから、全部自分のせいにして逃げてたんだと思う」

千早「全てから」

千早「仲間である、あなた達からも」

春香「…」

千早「春香」

春香「うん」

千早「私ね、」

千早「頑張って向きあおうと思うの」

春香「千早ちゃん…」

千早「それで、私…」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:57:29.45 ID:u2RBXQ/20

律子「本当に行くのね?」

千早「はい」

千早「英語は得意ですし、向こうならもっと自分を伸ばせそうなので」

律子「ふぅ、分かったわ。私はあなたを応援します」

千早「ありがとう、律子」

社長「困ったらすぐに連絡したまえ」

社長「ははっ!!お金ならいくらでもあるからな!!」

千早「ありがとうございます、社長」

小鳥「向こうにはBL文化とかあるのかしら」

小鳥「とにかく、頑張ってね、千早ちゃん!」

千早「はぁ…?まぁ、ありがとうございます、音無さん」

千早「それと、出発する前に一つやっておきたいことがありまして…」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 02:59:37.93 ID:u2RBXQ/20

社長「ふむ、まぁそのくらいなら構わんだろう」

千早「ありがとうございます」

社長「で、いつやるのかね?」

千早「多分、出発する直前に」




千早「…」

765プロの前での単独ライブ、観客はゼロ。

申し訳ないけど社長達には1人にしてもらった。

けど、確かにここには2人居る。

千早「すぅっ…」

私はここに立っているし、彼も…

多分、時間に遅れるなんて珍しいと笑うだろう。

ちょっと遅れたけど、
 
彼の死を受け止めよう。


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:02:17.34 ID:u2RBXQ/20
       ◆眠り姫◆
作詞:森由里子 作曲・編曲:椎名豪

私は眠り姫。

「ずっと眠っていられたら」


苦しくて、辛くて、切なくて、悲しいこの世界で。

ずっと眠っていられたら良かったこの世界で。

「ふたり過ごした遠い日々」


ちゃんと一人でやっていけるよ、と言うために。

もう心配しなくて平気だよ、と言うために。


「あれは 儚い夢」


全部、心に刻んで、忘れないように、

この歌を唄おう。

「眠り姫」

今、目覚めよう。


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:05:30.18 ID:u2RBXQ/20



~♪

「ん?何だこの歌」

「とても綺麗な声だね」

「うん、感情が伝わってくるっていうか」

「どっかで聴いたことあるんだがな」

「あぁ、俺もだ。なんだっけこれ」

「千早さん…?そっか…」

「応援しておりますよ、千早」

「頑張ってね、千早ちゃん」

「ニャー」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:07:20.78 ID:u2RBXQ/20

千早「はぁっ」

これでもう心残りはない。

千早「さよなら、プロデューサー」クスッ

千早「さよなら…」

涙を拭って765プロを後にした。

私の道は後には戻れないから。


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:08:20.35 ID:u2RBXQ/20

「行ってこい、千早」



千早「!」

千早「はいっ!」

あの空見上げて。


END


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:09:37.54 ID:u2RBXQ/20
見てくれた人ありがとうございました
眠り姫はいい曲だから聴いて欲しいかなって


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:09:43.43 ID:uhAJMct+0


たまにはこういうのもいいなぁ


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:10:17.70 ID:AGyoXe/T0
お疲れ
良かった


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:11:51.42 ID:gvynmtDDO
ちゃんと聞いたことなかったからCD買ってみるよ


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 03:18:22.69 ID:RNql+TZF0
シンプルでいいね。
乙。


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 05 如月千早
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 05 如月千早




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。