Powered By 画RSS


怜「竜華の膝枕は気持ちええなぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:53:27.75 ID:CJJv9iDI0
怜「でも全国にはもっと気持ちいい膝を持ってる人がおるはずや」

怜「今からそれを探しに行くで」

竜華「ちょ…怜何言ってるん?」

怜「まずは>>5や」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:54:44.76 ID:HcZbbC6h0
かじゅ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:55:19.51 ID:HcZbbC6h0
鶴賀


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:56:19.45 ID:HcZbbC6h0
鶴賀


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:58:59.72 ID:CJJv9iDI0
竜華「鶴賀?どこやそこ?」

怜「長野の三位校らしいで」

竜華「長野と言えば竜門渕高校…」

怜「それじゃあ長野に早速出発や」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:05:42.85 ID:CJJv9iDI0
怜「着いたで」

竜華「ず、ずいぶん早く着くんやな…」

ゆみ「遠いところをよく来てくれた、と言いたいところだが」

ゆみ「一体何の用があってうちに来たんだ?」

怜「それは…最高の膝枕を求めてや」

佳織「ひ…膝枕ですか…」

竜華「やっぱいきなりは失礼やて怜」

竜華「まずは事情を話してから」

怜「まずは>>8や」

竜華「あんたさっきからうちの話無視しとらん!?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:06:09.82 ID:Yr91B54s0
かおりん


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:11:36.03 ID:CJJv9iDI0
佳織「わ…私ですか?」

佳織「まあ膝枕くらいなら…」

佳織「ど…どうぞ…」

怜「ほな横にならせてもらうで」

怜「こ…これは…!?」

竜華「どないしたん!?」

怜「柔らかい!竜華の膝よりも柔らかくむちむちしている!それでいて弾力性があり気持ちいい!」

佳織「あ…ありがとうございます…」

怜「でも、胸がちょっと邪魔やな」

佳織「は…はぁ…」

怜「これは竜華の勝ちやな」

竜華「なんか知らんが勝った!?」

怜「次は>>12や」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:12:32.42 ID:uMkOimyB0
むっきー


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:12:50.50 ID:bGud6V1A0
姫松


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:16:31.90 ID:CJJv9iDI0
竜華「ひ、姫松!?」

竜華「また大阪に戻るんかいな…」

怜「これは最高の膝枕を求める代償なんや」

怜「我慢しい」

竜華「なんでうちまで行かなきゃならんねん」

怜「何はともあれ大阪に戻るで」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:18:37.14 ID:CJJv9iDI0
竜華「ここが姫松か…」

竜華「全国でも五本の指に入る強豪校」

竜華「なんか緊張してきたで」

怜「何をぶつぶつ言ってるん?」

怜「はよ行こうや」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:25:17.90 ID:CJJv9iDI0
末原「来ていただいたことには感謝しますがうちらは代表校同士なんで試合もできませんよ?」

怜「それはわかっとる」

末原「じゃあ何の用事で?」

怜「最高の膝枕を求めてや」

末原「膝枕…ですか」

怜「それじゃ早速>>20の膝を借りさせてもらうで」



洋榎「前から思とったけどなんで末原って部長のうちより偉そうなん?」

末原「部長は黙っててください」

洋榎「はい…」ショボン


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:28:54.95 ID:HkO88/Vw0
僕は洋榎ちゃん!!


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:29:23.27 ID:Q9XsKujg0
洋榎ちゃんやな


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:30:30.31 ID:apsLsBQa0
うむ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:40:07.05 ID:CJJv9iDI0
洋榎「いきなりうちかいな」

怜「ほな寝かせてもらうで」

洋榎「ど…どんな感じや」ドキドキ

怜「さっきの人や竜華より胸が邪魔にならへんし、眺めもそこそこいい」

洋榎「ほんまか!」パァ

末原「部長、それ軽くけなされてますよ」

怜「ただ柔らかさが足らへん」

怜「うちはもっとぷにぷにでむちむちな膝を求めてるんや」

洋榎「そ…そんなぁ」ぐにゃあ~

怜「これも竜華の勝ちやな」

竜華「何か知らんがまた勝った!?」

怜「じゃあ次は>>30の膝に寝させてもらおうか」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:40:58.80 ID:K0IyyyiyP
くろちゃん!この二人ならくろちゃん!!


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:41:39.21 ID:K0IyyyiyP
くろちゃん!くろちゃん!


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:42:08.74 ID:K0IyyyiyP
くろちゃん!くろちゃん!


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:42:09.17 ID:HkO88/Vw0
僕は荒川憩ちゃん!!


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:42:36.49 ID:K0IyyyiyP
くろちゃん…


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:45:11.08 ID:CJJv9iDI0
竜華「くろちゃん?誰やそれ」

怜「まあ時期的に言えばうちらはまだ会っとらんことになってるからな」

竜華「なんかようわからんけど突っ込まない方がいい気がするわ」

怜「とりあえず奈良に行くで」

怜「ここからならすぐ着くやろ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:52:27.41 ID:CJJv9iDI0
怜「着いたで」

竜華「まあ今回は普通に早かったな」

怜「近いしな」

竜華「阿智賀女子学院…」

竜華「全国常連校の晩成高校を破ったところか…」

怜「何でも今から会いに行くくろちゃんってのはあの小走やえに四万点差つけたらしいで」

竜華「な…あの小走やえに四万点差!?」

竜華「それって全国区の魔物ってこと!?」

怜「おそらくそうやろな」

竜華「あかん、なんか怖なってきた」

怜「まあちゃっちゃと行ってちゃっちゃと終わらせようや」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:59:56.70 ID:apsLsBQa0
にわか先輩わろた


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:03:19.19 ID:G0765eDy0
レジェンド「まあ北大阪代表がわざわざこんなところまで来てくださってありがとうございます」

レジェンド「ただそちらもご存知とお思いですが、代表校どうしが試合をするのは…」

怜「わかっとる、今日はそんなことのために来たんやない」

怜「松見玄って今いるん?」

玄「わ、私が松見玄です!」

怜「おおそれなら話が早い」

怜「早速膝枕をお願いしてもええか?」

玄「ま、まあいいですけど」

有「く…くろちゃん……」アセアセ

怜「こ、これは…」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:05:11.11 ID:G0765eDy0
竜華「ど、どうや怜」

怜「や、柔らかくく気持ちええ!気持ちよさだけなら竜華より上や!」

玄「あ、ありがとうございます」

怜「ただやっぱり胸が邪魔や」

玄「ガーン」

怜「これも竜華の勝ちや」

竜華「また勝った!?」

怜「竜華より気持ちええ膝枕なんかそうそうおらへんってことや」

怜「次は>>45に行くで」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:12:39.71 ID:du6Ir9FF0
劔谷


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:13:45.09 ID:0WSY2dYiO
姫松


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:13:55.30 ID:3pHYLPM/0
宮守


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:16:17.54 ID:G0765eDy0
竜華「宮守ってどこにあるんや?」

怜「岩手や」

竜華「めっさ遠いやんか!」

怜「最高の膝枕を求めるためならうちはどんなことだってするで」

竜華「どんだけ膝枕に情熱捧げとんねん…」

怜「ほな早速出発や」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:21:34.47 ID:G0765eDy0
怜「着いたで」

竜華「もう何も突っ込まへん」

怜「いざ膝枕を求めに……」

豊音「あー!もしかして千里山の園城寺怜さんと清水谷竜華さんですか!?」

竜華「ま、まあそうやけど」

豊音「やっぱり!サインもらっていいですか?」

怜「ええけど、その代わり麻雀部の部室に連れてってくれんか?」

豊音「お安い御用です!」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:27:11.68 ID:G0765eDy0
豊音「ここが麻雀部だよ」

シロ「誰そいつら」

胡桃「こら、そういうこと言わない!」

竜華「うちらは千里山高校の…」

怜「そんなことはどうでもええんや」

怜「うちは膝枕が欲しいんや」

怜「早速やが>>55の膝を借りるで」

シロ(ダルいのが来たなぁ)


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:29:40.81 ID:uYGQkV8Ti
とよねー


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:31:54.36 ID:13cmU3Mh0
エイスリンちゃん


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:31:59.82 ID:hTLD3zOg0
エイスリンちゃん!


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:38:19.12 ID:G0765eDy0
エイスリン「!?」

怜「ほな寝かせてもらうで」

エイスリン「シロ~」アセアセ

シロ「ダルいから助けない」

エイスリン「!?」

怜「ちょっとそのボードどけてえな」

エイスリン「!?」グス

怜「よっこらせと」

怜「こ、これは!?」

竜華「ど、どうや怜?」ゴク

怜「うちの頭には合わへん」

怜「外国人の膝に日本人の頭は合わへんみたいや」

竜華「そ、そっか」ホッ

怜「じゃあ次は>>65や」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:40:27.48 ID:jW8/aRPd0
モモ


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:40:35.20 ID:13cmU3Mh0
シロちゃん


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:40:45.37 ID:HQvXuzji0
トヨネちゃん


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:55:18.12 ID:G0765eDy0
豊音「あの園城寺怜さんの膝枕をさせていただけるなんで光栄です!」

怜「というか竜華はともかく、なんでうちのこと知っとるんや」

怜「うちが一軍に上がったの今年なんやで」

豊音「そりゃ地区予選からずっと見てましたから」

豊音「まるで一巡先が見えてるかのような一発ツモ…とってもかっこよかったです!」

怜「そらありがとうな」

怜「ほな寝かせてもらうで」

豊音「はい!」

怜「こ、これは!?」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:57:50.18 ID:G0765eDy0
竜華「ど、どんな感じや」

怜「全体的に細すぎるせいか枕って感じがせえへん」

怜「それに顔と顔の距離が遠いから心が通じ合う感じもせえへん」

怜「これは竜華の圧勝やで」

豊音「ガーン」

竜華「ご、ごめんな」

竜華「怜も悪気があったわけやないんや」

竜華「ただ膝枕のことになると真剣になるだけで」

豊音「うぅ…」

怜「さあ、次は>>75や」

竜華「少しは謝ったりせえへんのやな」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:58:47.33 ID:wjhujdZyO
白糸台


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:59:45.65 ID:NoOUfDPd0
宮永照


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:00:07.37 ID:wjhujdZyO
風越


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:00:42.63 ID:kZtXr7lH0
一度竜華に戻る


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:02:16.07 ID:NoOUfDPd0
>>75
原点回帰か


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:08:38.90 ID:k9hdx0v/0
どうなるのか


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:11:02.89 ID:G0765eDy0
怜「さすがに疲れたな」

竜華「あんま無理せん方がええで」

怜「じゃあ休憩するか」

竜華「はい怜」

怜「ありがとうな竜華」

怜「やっぱ竜華の膝枕は気持ちええなぁ」

竜華「……」

怜「どしたん?」

竜華「やっぱりうちより気持ちええ膝の人がいたらその人の所に行ってしまうの?」

怜「竜華…」

竜華「うちはそんなん嫌や」

竜華「怜とは離れたくない」

竜華「うちは一生怜と生きていきたいんや」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:14:48.09 ID:wjhujdZyO
プロポーズ?!


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:15:28.34 ID:0WSY2dYiO
プロポーズキター


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:20:30.79 ID:G0765eDy0
竜華「だからこんなんもうやめようや」

竜華「毎回怜が他の人の膝に乗る度に胸がキュッと締め付けられる感じがして苦しいんや」

竜華「このまま怜がどっか遠い所に行って二度と帰ってこおへんじゃないかって」

竜華「お願いや怜……うちから離れんといて」グス

怜「竜華…うちのことそんなに思っててくれてありがとうな」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:21:57.83 ID:G0765eDy0
怜「確かにうちはもっといい膝枕を感じたい」

怜「だけどそれはただ膝枕が好きなだけや」

怜「うちは竜華の膝枕が好きなんやない」

怜「膝枕をしてくれる竜華が大好きなんや」

怜「だから最高の膝枕が見つかったとしてもうちは竜華から離れたりせえへんよ」

怜「竜華……一生一緒やで」チュッ


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:22:58.76 ID:G0765eDy0
おわりです


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:24:48.69 ID:4sl700y9i
ブラボー


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:26:51.64 ID:hTLD3zOg0

怜竜最高


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:27:42.81 ID:jW8/aRPd0
これは良いものだ。


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:31:30.86 ID:kiVmoR660
乙華麗


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:46:19.10 ID:mM9YGO8QO


安価に竜華出たら終わらせるつもりだったのかな?


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:50:53.72 ID:G0765eDy0
>>91
まあオチとしては三つくらい考えててそのうちの一つが来た感じです


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:53:13.31 ID:J+E9qJ6iP
他のもよろ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:54:51.08 ID:G0765eDy0
このオチが個人的に一番好きで他のはあんまり面白いとは思わないのでとりあえず安価でやるかやらないか
>>97


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:54:58.74 ID:hTLD3zOg0
他のも書いていいんだよ


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:58:52.86 ID:G0765eDy0
とりあえず書くことにします


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:00:04.09 ID:4+xKO89f0
続けて


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:05:16.28 ID:G0765eDy0
状況:大体の高校に行ってしまってもうやる人がほとんどいなくなっている

怜「やっぱり竜華の膝枕が一番やな」

怜「この膝枕があったから今のうちがあるんや」

怜「ほんと感謝してるで」

竜華「感謝とかええよ」

竜華「うちが好きでやってるんやから」

竜華「礼を言いたいのはむしろこっちや」

怜「なんでや?」

竜華「怜と一緒にいると元気がもらえるん」

竜華「それで頑張ろうって思えるや」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:10:17.72 ID:G0765eDy0
怜「元気のないうちから元気をもらうっておかしな話やな」

竜華「病弱アピールやめ」

竜華「怜は気付いてへんかもしれんけどセーラも浩子も泉もみんな怜が来てから前より明るくなってるんや」

竜華「みんな怜に感謝してるんやで」

怜「なんか照れ臭いなぁ」

竜華「フフッ」

怜「何がおかしいんや」

竜華「何も」

怜「ムッ、もう行くで」

竜華「怜」

怜「ん?」

竜華「絶対優勝しような」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:10:45.05 ID:G0765eDy0
これが二個目で次が三個目です


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:14:56.86 ID:G0765eDy0
状況:そこそこの高校に行った後に清澄に行く

怜「これも竜華の勝ちやな」

竜華「また勝った…」

怜「よし次の所に……ってうん?」

竜華「どしたん?」

怜「あれはなんや」

優希「あれはのどちゃんのぬいぐるみだじぇ!」

怜「ちょっと使わしてもらうで」

和「あぁっ!エトペン!」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:19:45.03 ID:G0765eDy0
怜「こ、これは…!」

竜華「ど、どんな感じや」

怜「最高や!竜華の膝より気持ちええで!」

怜「原村和ゆうたっけ?これもらってええか?」

和「ダ、ダメです!」

怜「じゃ、じゃあどこで買ったかだけでも教えてくれ」

和「おそらくもう売られてないのでは」

怜「なっ……」

和「でも、ネット通販ならまだあるんじゃないかと」

怜「ほんまか!ありがとうな!」

怜「ほな竜華、大阪に戻るで!」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:20:38.18 ID:jW8/aRPd0
3つめ竜華が不憫すぎるwww


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:21:41.14 ID:G0765eDy0
~大阪~
怜「あ、あった!これやこれ」

怜「ポチッと」

怜「これで一週間後くらいには届いてるはずや」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:22:41.17 ID:wPRlgP330
いつも和がおっぱい用の枕にしているぐらいだからな
思い切りけられても無事だしさすがエトペン


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:26:47.73 ID:G0765eDy0
~そして全国大会~
針生「いよいよ第二回戦からシード校の千里山が参戦して来ます」

針生「エースの園城寺怜、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか」

咏「なんか人形持ってんねぇ~」

針生「手元の資料によりますとBブロック出場の清澄高校原村和も同じような人形を持ってるそうです」

咏「持つと強くなったりするのかねぇ」

針生「それはわかりかねますが、あ、今全ての選手が卓につきました」

針生「いよいよ第二回戦先鋒戦を開始します」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:33:22.71 ID:G0765eDy0
~試合中~

針生「試合終了」

針生「千里山のエース園城寺怜、二位との差を四万点近く話して次鋒戦に繋げます」

~控室~

怜「竜華、やっぱこの人形持って戦うのは正解だったみたいや」

怜「いつもより絶好調やったで」

怜「しかも枕としても使えるなんて最高や」

竜華「…もううちの膝枕には乗ってくれへんの?」

怜「ごめんな竜華、一回この人形を味わったら他の膝には乗れないんや」

怜「ただ心はいつも竜華と一緒やで」

竜華「うん……そうやね」



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:34:31.81 ID:G0765eDy0
三つ目はこれで終わりです
最後は全然展開も思いつかなくて適当に終わらせてしまいました
完全に蛇足でしたね
これからは気を付けようと思います


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:36:02.08 ID:wPRlgP330
おつおつ
どのパターンも特徴があってよかったよ


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:36:58.87 ID:WWnacmSrO

しかし3つ目は竜華カワイソス……


咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 携帯麻雀ストラップ 園城寺怜
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 携帯麻雀ストラップ 園城寺怜




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ