Powered By 画RSS


宥「ひゃあっ!く、玄ちゃん・・・そんな所吸っても出ないよ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:19:49.91 ID:kEwLi0NU0
松実宥ちゃんの母乳飲みたい


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:41:59.07 ID:kEwLi0NU0
玄「んっ・・・ちょっと、お姉ちゃん静かにしててよ」チュパッ

玄「私が吸って・・・ん、チュ・・・出してあげるからね」

宥「玄ちゃぁ・・・ぁん、やめて・・・そんなに吸われちゃったら私・・・」

玄「大丈夫だよお姉ちゃん・・・チュパレロ、絶対に気持ちよく・・・してあげるから」

玄「おまかせあれだよ・・・」チューチュー

宥「くっ・・・玄ちゃぁん、くすぐったいぃ~」ビクンッ




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:52:49.52 ID:kEwLi0NU0
玄「ほら、お姉ちゃんだんだん良くなってきたでしょ?」チュッチュ

玄「硬くなってるの・・・分かるよね?」コリコリ

宥「ああっ!だめぇこりこりってしちゃぁ・・・」

玄「じゃあやめちゃうね」 

宥「えっ・・・え、うん・・・」

玄「・・・」

宥「・・・」モジモジ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:58:13.93 ID:kEwLi0NU0
宥「んん~、ねぇ・・・玄ちゃん・・・」

玄「なぁに?お姉ちゃん」

宥「あ、あのね・・・そのぉ~・・・」

玄「わかってるよお姉ちゃん、もっと吸って欲しいんでしょ?おっぱい」

玄「そうだよね、こんなに硬くしちゃって物足りないよね、ね?」

宥「玄ちゃん、いじめないで・・・好きにして良いからぁ・・・」

玄「いいよ、じゃあもぉっと吸ってあげるから母乳出してね、お姉ちゃん♪」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:04:10.32 ID:kEwLi0NU0
もみもみ

玄「お姉ちゃんのプリン柔らかいからずっと揉んでいたいよ~」

宥「く、くろちゃん・・・はやくぅ、玄ちゃん・・・」

玄「あはは、慌てなくてもすぐ吸ってあげるよ・・・でも」

玄「えいっ」かぷっ

宥「い、ひゃぁああああああぁあ!!」

玄「甘噛みしたかったんだよねお姉ちゃんのこれ、美味しいよお姉ちゃん」くにくに

宥「い、いたいよ玄ちゃんやめてぇ~」

玄「本当に柔らかくてぷるぷるだよぉ~癖になりそう・・・」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:14:22.56 ID:kEwLi0NU0
玄「そろそろお姉ちゃんの母乳飲みたいからとっておきの物使うね」

玄「はいこれでいくよっ」

3113659.jpg

宥「え、ええ~!?なに・・・これぇ・・・」

玄「乳首吸引機だよお姉ちゃん!」

玄「これ凄いんだよ~吸い付いて振動までしちゃうから絶対に・・・お姉ちゃんの母乳・・・えへへ」

乳首吸引機さん「ブィィィィィィン」

宥「怖いよ玄ちゃん・・・」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:17:12.17 ID:7HbMYLd/0
画像わろた


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:18:14.41 ID:KxglAt9d0
乳首吸引機まであるなんて世の中便利になったな


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:24:05.83 ID:kEwLi0NU0
玄「は~い動かないでねお姉ちゃんっ、今からすっごいのいっくよー」

宥「あわわ、ほんとに・・・こんなのでやっちゃうのぉ~・・・」

ブィィィィッィィィィィィィン

玄「では吸引機さん!お願いします」

吸引機(玄ちゃんの裏声)「オマカセアレッ」

ピタッ・・・グンココココッコッ

宥「あっ!くろちゃっあ゙あ゙あ゙こ、こえだめぇぇええとめて・・・とめてぇっ!!」ビクビクンッ

玄「ほらいくよーもっといくよーそれぃ」 

宥「あああっぁあん、あっあっあっ・・・だめぇ・・・やめぇ・・・くろぉ、ぁ・・・」ヒクヒク

玄「しょうがないなぁ、一旦切ってあげるね」カチッ

宥「はぁ・・・ん、はぁ・・・」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:26:09.72 ID:cvsf9GATP
それクリにも使えるんじゃないか?


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:33:56.41 ID:kEwLi0NU0
玄「もぉお姉ちゃん我慢しなくちゃ!母乳出したくないの?」

宥「私は出したくないのにぃ・・・」ふるふる

玄「私は出したいよ!飲みたいもんお姉ちゃんのお乳」

宥「玄ちゃんが・・・そういうなら、お姉ちゃん頑張っちゃうよぉ」

玄「もっと激しくしないと駄目かなぁ・・・なにか方法があれば・・・」

天の声「それクリにも使えるんじゃないか?」

玄「―――――!」

玄「なに・・・今の・・・脳内に声が」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:36:07.19 ID:4knEeekX0
>>20
採用されたぞ!


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:37:51.78 ID:kEwLi0NU0
玄(やらなきゃ・・・私が・・・!)

玄「お姉ちゃん・・・ちょっとスカート脱いで」

宥「えぇ~!?いくら玄ちゃんの前でもは、恥ずかしいよ・・・」

玄「大丈夫!ちょっとだけだから、ちょっとだけ・・・ね、お願い」

宥「うう・・・変な事しない、でね?」 スルッー パサッ

玄「パンツも脱いでよ」

宥「そ、そこまでぇ・・・」

玄「はやくしないと、はやくしないなのぉ!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:43:36.74 ID:kEwLi0NU0
――――――

玄「お姉ちゃんのここ久々に・・・見たかも」

玄「ねえ、ここにさっきの吸引機さん当てちゃだめかな?」

宥「む、むりだよぉむり絶対に無理だから・・・そんなぁ」

玄「無理じゃなくてもやるんだよ、たまには全ツッパしなきゃ!」

宥「玄ちゃん・・・そんなっ!」ブルブル

玄「逃がさないよお姉ちゃんっ!それ」 がしっ

宥「ひゃあんっ!」 ビクッ

玄「それ、スイッチいくよー!」カチッ

吸引機さん「ビビビビィィィィィィン

宥「ぁ、いやああ!む゙りむりむ、りぃ――――――――」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:51:02.56 ID:kEwLi0NU0
玄(一緒に刺激すれば出やすくなるはずだよ、早く飲みたいなぁ・・・)こりこり

宥「 」ビクンッビクンッ

玄「頑張るって言ってくれたのに、お姉ちゃんってばぁ気失っちゃうなんて・・・」

玄「でも好きなだけお姉ちゃんのおっぱい触れて幸せかもだよー」こりこり

玄「んっ・・・ちゅ、ちゅぱ、うんん、なるほどーなるほどなるほど」

玄「早く飲みたい・・・チュ、お姉ちゃんのお乳・・・お乳お乳はやくぅ・・・はやく・・・レロレロ」

宥「・・・も、やめぇ・・・・」

玄「おはようお姉ちゃん、おっぱいすっごく硬くなってるよほら」こりっ

宥「んぁっ!!」ビク


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:58:06.94 ID:kEwLi0NU0
玄「ん・・・ちゅうぅー、もう出してぇ、お姉ちゃんのお乳吸いたいのに」

宥「もう、出ないよぉ玄ちゃん・・・やめようよ・・・」

玄「―――っ!」

玄「や、やだよぉ・・・わたしぃ、絶対お姉ちゃんのおっぱい吸いたいもん・・・」

玄「出てよ・・・お姉ちゃんの吸いたい、飲みたいのに・・・飲みたいのにぃ・・・」グスン

玄「ううっ・・・チュパッ」

宥「ごめんね・・・お姉ちゃんがもっと我慢できれば・・・ごめんね玄ちゃん・・・」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:09:24.82 ID:kEwLi0NU0
玄「うー・・・なんでぇ・・・なんで・・・」チュッ

宥「んっ!・・・ねぇ玄ちゃんは何で、私の・・・そんなに飲みたいの?」

玄「だってぇ・・・れろ、お姉ちゃんの物なら何でも・・・全部欲しいよぉ、ちゅうー」

宥「あっ話すときは・・・離してよぉ~」

玄「お姉ちゃんの事大好きなんだもん・・・全部欲しいから・・・ぐすっ」

宥「そっか・・・ありがとう玄ちゃん・・・私も大好き、玄ちゃんの事」ナデナデ

宥「2人だけの姉妹だから、大事にしてる・・・つもりだよ玄ちゃん」

宥「ずっと2人で旅館のお手伝いもしてきたよね・・・玄ちゃんも私の事・・・大事にしてくれるかな」

玄「お゙姉ちゃぁん・・・グスッ、大好き・・・全部お姉ちゃんのこ、ごとぉ・・・ひっく」ポロポロ

宥「うんうん・・・じゃあ私も玄ちゃんの物全部欲しいと思っちゃうよぉ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:13:55.71 ID:kEwLi0NU0
宥「だからね・・・玄ちゃんの、お、おっぱい吸ってもいいよね・・・」

玄「えぇ!?お姉ちゃんが私の・・・」

宥「うん、私も玄ちゃんのお乳欲しいんだよ、全部欲しいよぉ玄ちゃんの物なら」

玄「・・・・・うん、お姉ちゃんにならあげたい、お姉ちゃんだからあげたいっ」

玄「いいよお姉ちゃん・・・今度は私の・・・吸って・・・も」

宥「嬉しいなぁ・・・一番大切に想ってる人にそんなに言って貰えてわたし・・・」

宥「玄ちゃん・・・チュ、れろ・・・」

玄「んっ・・・歯立てちゃだ、だめだからね・・・」

宥「えへへ、玄ちゃんの全部、お姉ちゃんが貰っちゃうからぁ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:21:59.91 ID:kEwLi0NU0
玄「んんっー!お姉ちゃん歯が・・・立てちゃ、やぁ」 ビクッ

宥「でも刺激しないと玄ちゃんのおっぱいでないから・・・ごめんね」くにくに

玄「あっんああ!お姉ちゃん・・・おねえちゃん!おねえちゃぁ・・・」

玄「私嬉しいよぉ・・・お姉ちゃん・・・好きぃ・・・もっとぉ」

宥「玄ちゃんは甘えん坊さんだから、もっとお姉ちゃんがお世話しないとだね」 ちゅー

玄「でも、お姉ちゃんの結局出なかった・・・飲みたかったのにぃ~・・・」

宥「今日じゃなくても、明日も明後日も・・・一緒にこれからも」

宥「きっと大丈夫だから・・・それにお姉ちゃん玄ちゃんにもっと触れていたいの・・・」

宥「実は玄ちゃんに色々触られてる・・・時、とっても気持ちよかったから・・・」

玄「うん・・・ずっと、もっとお姉ちゃんと・・・」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:29:13.42 ID:kEwLi0NU0
―部活前

灼「っていう本書いてみたんだけど・・・どうかな」

憧「え・・・ええそういう趣味あったんだ・・・」

穏乃「あっ・・・ああ!す、凄くいいと思います!絵も・・・綺麗だし・・・うん」

憧「確かに上手だけど・・・母乳って・・・」

灼「あの姉妹見てると牛乳飲みたくならない?」

穏「確かに・・・」 憧「否定はできないわ・・・」

穏(おっぱいかぁ・・・確かに宥さんのおっぱいは柔らかそうで、すっごい・・・)

憧(宥ねぇのおっぱい・・・凄く濃そうなのが出てきそう) ごくりっ

穏「あはは・・・まぁ出るかわからないしね」

憧「うんうん・・・でも乳腺刺激すれば出るらしいけど・・・」

灼「じゃあ・・・今日やってみる・・・?」

憧穏「―――――!!」

憧穏灼「松実宥ちゃん(さん)(ねえ)のおっぱい飲みたい」


おわり


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:34:46.57 ID:KxglAt9d0
松実宥ちゃんのおっぱい飲みたい情熱が伝わってきたよ
おつおつ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:40:47.52 ID:RjstmHAO0
乙です


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:42:57.04 ID:kEwLi0NU0
読んでくれてありがとうおやすみ
ちゅーちゅー


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 06:43:34.47 ID:6Qe6YpubP
朝から何か飲みたくなってきた
乙乙


咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マイクロファイバーミニタオル 松実宥
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マイクロファイバーミニタオル 松実宥

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マイクロファイバーミニタオル 松実玄
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マイクロファイバーミニタオル 松実玄




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/06/22(金) 11:11:09

    天の声ワロタwwww

    乳首吸引機君は迫真の演技でしたね……


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ