Powered By 画RSS


P「小鳥さんを監禁してみた、んだけど……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:54:41.50 ID:iHSgjAH00
小鳥「……んっ……」パチッ



小鳥「(あれ……?私……)」

小鳥「(たしか、事務所でプロデューサーさんと一緒に……)」

小鳥「(雪歩ちゃんが淹れてくれたお茶を一緒に飲んでて……)」

小鳥「うっ……二日酔い……?」クラッ



小鳥「とりあえずここは、事務所じゃないみたいね……」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:57:44.16 ID:iHSgjAH00
ガチャガチャ

小鳥「あ、あれ……両手が後ろに……」

小鳥「(!……ま、まさか、これは……この展開はっ……!)」




ガチャッ

P「おはようございます、小鳥さん」ニヤニヤ




小鳥「(き、キタァァァァァァァッ!!)」

小鳥「(監ッ禁ッ!プロデューサーさんに、監ッ禁ッッ!!)」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:59:33.98 ID:UC2ySk0d0
ピヨちゃんは喜んでしまうよね


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:59:37.62 ID:NUnqcft70
腐ってやがる・・・


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:00:17.98 ID:iHSgjAH00
小鳥「ぷ、プロデューサーさん?」

P「はい」

小鳥「な、何なんですか?……ここ、どこなんですか……?」プルプル

小鳥「どうして私、両手をイスに縛りつけられてるんですか……?」ガタガタ

P「落ち着いてください、大丈夫ですから。手錠で繋いでるだけです」

小鳥「て、手錠で?……プロデューサーさん、まさかこれ、プロデューサーさんが……!?」ガタガタ

P「はい」





小鳥「(……我が世の春が来たァァァァァァァァッッ!!)」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:01:16.21 ID:8ZB2jHyq0
まあこうなるよね


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:01:56.97 ID:946hwG6M0
ピヨちゃん…


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:02:44.99 ID:iHSgjAH00
小鳥「あ、あの時のお茶に睡眠薬を……?」

P「はい。雪歩にはちょっと手伝ってもらいました」

小鳥「私の服を脱がせて、足に鎖も付けたんですね?」

P「いや、そこまではしてませんから安心してくだs」

小鳥「何でっ!?」

P「えっ」





小鳥「普通は着せませんよね?」

P「はい?」

小鳥「ほら、私逃げ出しちゃうかもしれないでしょうっ!?」

P「は、はぁ……」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:02:45.38 ID:UsbqFjtO0
こいつは駄目だ色々と


18 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 2012/07/03(火) 23:04:22.46 ID:HFaIuXox0
ピヨちゃんwww


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:04:46.04 ID:iHSgjAH00
小鳥「私をこんな場所に監禁して、一体どうするつもりなんですか!」

P「えっと、それh」

小鳥「まさか私を、飼うつもりなんですか!?」

P「ちょっといたずr」

小鳥「そうなんですねっ!?」

P「……はい」

小鳥「これでもう小鳥さんは籠の中の小鳥だなぁグへへ、なんてウマい事考えてたんでしょう?」

P「いや、まったk」

小鳥「考えてたんですよねっ!?」

P「……はい」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:05:17.57 ID:EJ6N+Duu0
小鳥「い、いやらしいことをするつもりですね?同人誌みたいに?」

P「いいえ、それはないです」

小鳥「わ、私は負けませんから。絶対おちんぽなんかに……え?」

P「いかがわしい行為などは一切しませんので安心してください」

小鳥「え、一体なにを言って……?」

P「社長の命令で小鳥さんを調教するように言わせました」

小鳥「ちょ、調教!?やっぱり私にえっちなことを……!?」ガタガタ

P「今日から1ヶ月間、小鳥さんにはネット閲覧やオタクグッズを禁止しこの部屋で書類仕事をしていただきます」





小鳥「ぴ、ぴよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!???」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:06:02.10 ID:Shz6xV/G0
お前小鳥さんに何てこと…あれ?


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:07:23.77 ID:iHSgjAH00
小鳥「飼うってどういう事なんです?私は人間ですよっ!」

P「そ、そうですね」

小鳥「今頃私がいなくなって、社長やみんなが心配してるかもしれないっ……」

P「あ、それはないです」

小鳥「はっ……ま、まさか、私がいなくなってもいいように、偽装殺人を……!?」

P「そんな事してませんから」

小鳥「こ、こんな事をしても、私は事務員を辞めたりしませんから!」

小鳥「765プロの人気プロデューサーが事務員と愛の逃避行、だなんて三面記事に載らない限りはっ!!」

P「(……載ってほしいのか……)」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:09:59.85 ID:iHSgjAH00
P「……あー、そろそろお腹すきましたよね?昼飯、持ってきますね」

小鳥「メニューは何でしょう」

P「八宝菜です」

小鳥「プロデューサーさんはいい主夫になれそうですね」ジュルリ

P「はぁ」

小鳥「で、でも拉致監禁の同居は結婚した事にはなりませんからね!判を押さない限り……」

小鳥「あっ……か、勘違いしないで下さいよっ!?」

P「は、ははは……」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:12:02.31 ID:iHSgjAH00
~別室~

春香「プロデューサーさん、お帰りなさい」

P「……おかしい、何かがおかしい」

雪歩「小鳥さん、すごくがっついてますね……」

P「最初の震えた姿を見て『あ、カワイイ』と思った俺がバカだったのか……?」

響「プロデューサー、八宝菜出来たぞー!」

P「おう、悪いな響。お前はいい嫁さんになれるぞ~」ナデナデ

響「そ、そうか?……えへへ」テレテレ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:12:51.01 ID:946hwG6M0
響かわいいよ響


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:13:46.71 ID:OPuHg0df0
全員協力なのか


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:14:00.33 ID:pGRkZQEh0
しかもP作の八宝菜ですらないという


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:15:02.62 ID:iHSgjAH00
P「どうも、おまちどうさま」コトッ

小鳥「わぁ、おいしそう!」

P「それじゃ、食べられるように手錠を外しますね」カチャカチャ

小鳥「何でっ!?」

P「えっ」



小鳥「外したら暴れるかもしれないじゃないですかっ!」

P「あ、暴れるんですか?」

小鳥「でもプロデューサーさんには、すぐに組み伏せられてしまうかもしれないですね」

P「そうですかね……?」

小鳥「足枷してないんですから、妥協してください!」

P「いやそのりくつはおかしい」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:17:05.34 ID:iHSgjAH00
P「というか小鳥さんは手錠したままで、どうやって食べるつもりなんです?」

小鳥「そ、それは……プロデューサーさんが、アーンしてくれるんじゃないんですか?」

P「それじゃご褒美になっちゃうじゃないですか……」

小鳥「じゃ、じゃあ……口移し……」モジモジ

P「そんなはしたない真似できませんよ。あんかけ、結構熱いですし」





小鳥「何があんかけだよアーンしろオラァァァ!!」ジタバタ

P「うわっ!ちょっ、八宝菜こぼれる!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:19:07.56 ID:vi7L4qPK0
フイタ支援


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:20:16.02 ID:IoQzMbKn0
処女こじらせすぎだろ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:20:31.20 ID:iHSgjAH00
P「は、はい……アーン」

小鳥「あー…んっ」モグモグ

P「……おいしいですか?」

小鳥「おいひぃでふぅ」モゴモゴ

P「はぁ」

小鳥「ごくんっ……プロデューサーさん、もう一口!」

P「はい、アーン」

小鳥「あむっ」



小鳥「……んー」モゴモゴ

P「いや、そんな顔したって口移しなんかしませんから」

小鳥「むー」モゴモゴ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:23:12.23 ID:+6KBsoNYO
ピヨちゃん輝いてるな


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:23:15.19 ID:GOAanit40
ピヨ子かわいすぎわろた


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:23:40.96 ID:iHSgjAH00
小鳥「ゲェップ……ごちそうさまでした」

P「はい、ごちそうさまでした。じゃ、食器片づけますんで」カチャカチャ

小鳥「早速ですが運動がしたいです。こんなに食べると動かないと太っちゃうんで」

P「いや、それは我慢してください」

小鳥「できれば二人で出来るような運動がしたいです」

P「だから我慢して……」

小鳥「ゴムなしでお願いします」

P「……分かりました、分かりました。ちょっと待ってて下さい」





小鳥「(っしゃぁぁぁぁぁおらぁぁぁぁぁぁぁっ!!)」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:27:10.40 ID:iHSgjAH00
ガチャッ

春香「こんにちはっ!早速手錠を外しますね」カチャカチャ

小鳥「……あ?」



春香「それでは、屋内で出来る運動を……まずはスクワットですね!」

小鳥「は?」

春香「……ゴムを使わない運動をさせろって、プロデューサーさんが」



小鳥「っざけんなよ、小娘相手にナニしろっつーんだよクソが(春香ちゃん、冗談はやめましょう?)」

春香「小鳥さん、本音と建前が裏返ってます」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:29:15.27 ID:iHSgjAH00
P「で、小鳥さん、どうでしたか?春香のエクササイズは」

小鳥「ぜぇ……ぜぇ……」

P「(……むっちゃ息切れしてる……)」



小鳥「さ、流石に、デスクワークしかしてない身だと、堪えますね……」

P「……逃げ出せるチャンスだったのに、何故か居残りましたよね。律義にも手錠までして」

小鳥「だって、こんなチャンス滅多にありませんからね!」

P「そ、そうですか……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:31:55.66 ID:iHSgjAH00
小鳥「あ、あの、プロデューサーさん、ちょっと」

P「はい?」

小鳥「……と、トイレの方を……」モジモジ

P「トイレならそこの大便器でお願いします。イスから手錠を離しますね」カチャリ

小鳥「み、見ないでくださいね!絶対に見ないでくださいね!」

P「はい。それじゃ、俺は部屋を出てますんで」スタスタ



小鳥「何でっ!?」ガシャン

P「えっ」ビクッ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:35:24.96 ID:uweaWeyP0
もう駄目だこの人wwwwww


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:35:45.08 ID:iHSgjAH00
小鳥「私が排泄物をひり出す姿を、見たくてたまらないんでしょう!?」

P「い、いや、それ程でも……つーかひり出すって……」

小鳥「でも絶っ対に見ないでくださいね!絶っっ対に見ちゃイヤですよ!」

P「はぁ……ですから、外に出t」

小鳥「プロデューサーさんはそこにいてください!」

P「えっ」

小鳥「それでも私がトイレする姿、絶っっっ対に見ないでくださいねっ!!」ガシャン

P「一々パイプイス蹴り飛ばさないでください、小鳥さん。ビビりますから」



P「(……見せたいんだか見せたくないんだか……)」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:38:46.22 ID:iHSgjAH00
小鳥「んっ……」プルプル





小鳥「プロデューサーさーん」

P「はい?」

小鳥「お尻を拭いてくださーい」

P「えっ」

小鳥「私一人じゃ拭けませーん。ほら、手錠が」

P「いや、手錠してても両手が使えるでしょう!?バカな事言わないでくださいよ」

小鳥「……チッ」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:41:21.80 ID:iHSgjAH00
ジャー……

小鳥「スッキリしました」

P「そうですか」

小鳥「……勃起、しましたね?」サワサワ

P「うわっ、ちょっ!な、何するんですか小鳥さん!」

小鳥「ご、ごめんなさい!男の人ですもんね、こんな環境じゃしょうがないですもんね」サワサワ

P「謝りながら何で触り続けるんですか!つーか人の股間ガン見しないでくださいよ!」

小鳥「……生理現象ですから、仕方ないんです」

P「生理現象!?」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:44:45.95 ID:iHSgjAH00
小鳥「私、もっと穏やかな形で処女を失いたかったんですよね~」

P「だからそういう事はしませんって」

小鳥「……ぷ、プロデューサーさん、もしかして、ボーイズがラブ的な……?」カァァ

P「違いますから。そこ頬赤らめるトコじゃないですから」

小鳥「まぁいいです、とりあえず私を抱きしめて落ち着いてください」

P「いや、俺は十分落ち着いてます」

小鳥「くっ……手錠さえなければ、抱きしめられるのに……!」ガチャガチャ

P「今更そんな事言われましても……」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:48:07.25 ID:iHSgjAH00
小鳥「このまま、飼い殺されるなんて嫌ですよ!私は家畜じゃないっ!」

P「じゃ、さっき逃げればよかったじゃないですか。誰も止めなかったのに」

小鳥「止めてくださいよっ!」

P「えっ」



小鳥「はぁ……そうですか、今分かりましたよ」

P「何がですか」

小鳥「プロデューサーさんの考えてる事がです」

P「えっ」

小鳥「ズバリ、キスで私を説得しようってんですね!エロ同人みたいに私の頭をふやかそうと!」

P「えっ」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:52:14.12 ID:iHSgjAH00
小鳥「逃げられないのに未だ抵抗する私を、き、キスで説得だなんて……!」

小鳥「しかもキスで脳内がふあぁっととろけた私を、そのまま一気に堕とそうだなんて……なんて卑劣漢なの!」

P「いやいやいや、何勝手に人の考え語ってくれちゃってんですか」

小鳥「やめてっ!私に乱暴する気でしょう?エロ同人みたいに!エロ同人みたいにっ!」

P「二回も言わなくていいです」



小鳥「で、でも……き、キス位なら、うん……」

P「えっ?」

小鳥「な、何回でもしてあげるわよ、キス位!それであなたの気が済むのならね!!」

P「気が済むも何も、そんな気はまったく……」

小鳥「私は絶対にキスなんかに屈したりしないっ!!」キッ

P「え?……何これ?キスしなきゃいけない流れなの?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:55:30.49 ID:iHSgjAH00
P「………」

小鳥「………」

P「……じゃあ、一回だけ」

小鳥「ほ、ホントに!?」

P「一回だけですからね」

小鳥「……は、はひ」ドキドキ

P「………」

小鳥「……んっ……」プルプル





雪歩「はい、そこまで」スッ

小鳥「えっ」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:57:31.72 ID:iHSgjAH00
雪歩「残念でした~、小鳥さん」ニコッ

小鳥「……は?」

雪歩「プロデューサーは、ちょっとこっちに来てください」

P「わ、分かった」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん!?ちょっ、待ってくださいよ!」ガタガタ

小鳥「こ、こんなのって!こんなのって無いですよっ!プロデューサーさーんっ!!」ガタガタ





雪歩「プロデューサー、私達は音無さんを監禁してるんですよ?」

P「はい」

雪歩「音無さんが素直に喜ぶような真似してどうするんですか?」

P「め、面目ない」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:00:18.96 ID:Bplaoa/90
よく止めた雪歩えらい


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:00:56.19 ID:YC5E2Sx50
春香「でもさっすが雪歩ね、あの寸止めのタイミングはバッチリだったよ」

雪歩「監禁対象にはこうやって、真綿で首を締めるようにストレスを与えていかないと、ね」クスクス

響「雪歩の笑顔が怖いぞ……」

春香「大体プロデューサーさんが監禁した事になってるんですから、もっと鬼畜になってもいいんじゃないですか?」

P「お前らの方が鬼畜過ぎるんだよ、まったく……努力はしてみるよ」





小鳥「っざけんなぁぁぁぁぁぁっ!後ちょっとで処女捨てれたのにぃぃぃぃぃぃ!!」ガシャーン


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:02:02.55 ID:+D+2a2Go0
ぴよさんwww


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:04:25.93 ID:iHSgjAH00
ガチャッ

P「いやぁすみません小鳥さん、どうもお待たせしました」

小鳥「……もういいです、プロデューサーさん」

P「はい?」

小鳥「寸止めされて絶望して、心も荒んで、イライラしてるんです」

P「はぁ」

小鳥「だからいっそのことケダモノになって、私をメチャクチャにしてください!」

P「えっ」

小鳥「動物みたいに犯されまくって、もう人間の尊厳を無くしたいんです!」

P「そういう類の発言をするような人が、まだ人間の尊厳持ってるんですかね……」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:08:02.19 ID:iHSgjAH00
小鳥「もういいんです!私の心を壊してください!さぁ!さぁ!さぁ!」

P「そんな寝そべって『さぁ!』とか言われても困りますよ……」


ガチャッ

春香「もうこれ、ドッキリ大失敗、でいいんじゃないですか」

P「お前ら……」



小鳥「はやく!はやく!はやく!」ジタバタ


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:08:57.37 ID:kOAUMQKI0
もうダメだこの事務員…処女こじらせてやがる


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:10:19.01 ID:s1YQjZKa0
P「うーん……ドッキリ失敗したのはいいとして、この小鳥さんはどうしようか」

雪歩「いいじゃないですか、望み通り心を壊してあげれば」

P「雪歩……このダイヤより硬いメンタルの人をどうやって壊せと」

春香「ナニやっても喜んで受け入れそうですもんね……」

雪歩「……小鳥さん。八宝菜、食べましたよね?」

小鳥「えぇ。プロデューサーさんの手料理ですから、おいしく頂き……!」

小鳥「ま、まさか……プロデューサーさんの排泄物が、あの中に……!?」ガタガタ

P「いやいやいやいや」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:10:55.93 ID:YYDb3Ab90
ピヨちゃん・・・


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:11:13.89 ID:Ov8Z3feW0
うわぁ…


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:13:20.72 ID:s1YQjZKa0
小鳥「……じゃ、じゃあ一体……」

雪歩「……あれがまだ、プロデューサーの手料理だと思ってるんですか?」

小鳥「え……?」



小鳥「……う、ウソ、ですよね?……プロデューサーさん……?」ガタガタ

P「違いますよ。あの八宝菜は俺が作ったんじゃないです」

響「自分が作ったんだぞ!美味かったかー、小鳥ー!」ヒョコッ





小鳥「ガフッ」ブバッ

P「と、吐血したっ!?」

響「えっ」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:16:12.74 ID:s1YQjZKa0
小鳥「プロデューサーさん……わ、私……」ドクドク

P「こ、小鳥さん!大丈夫ですか!?」



小鳥「よ、よりによって……他の女が作った手料理を食べて、美味しいって……」ドクドク

P「えっ」

小鳥「私の消化管が……食道が、胃が、腸が……」ドクドク

小鳥「響ちゃんの栄養で、汚染されちゃったんですね……」ドクドク

響「えっ……」

P「なにそれこわい」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:19:13.66 ID:s1YQjZKa0
小鳥「あぁ、なんてこと……私は、他の女の排泄物を……」ドクドク

春香「どんだけ排泄物に拘るんですか」

小鳥「だとすれば……あの、あんかけ……」ドクドク

P「あんかけが、何です?」

小鳥「はぁ、はぁ……あ、あれは……」ドクドク



小鳥「響ちゃんの、愛え……」ガクッ



響「プロデューサー、ちょっと小鳥ぶん殴っていいかー?」

P「気持ちは分かるが落ち着け」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:22:33.78 ID:s1YQjZKa0
P「―――えー、そういう訳で、小鳥さんへの監禁ヤンデレドッキリ企画は見事大☆失☆敗しました」

高木「………」

律子「………」





P「……一応、録画録ってるんですけど。これ、TV局には」

高木「余裕でNG」

律子「お疲れ様でした」

P「ですよねー、闇に葬っときます」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:25:17.93 ID:/3VhcpaO0
そもそも企画がw


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:26:00.97 ID:s1YQjZKa0
小鳥「プロデューサーさん、今度はいつ拉致ってくれるんですか?」

P「いや、もう二度としませんから」

小鳥「ど、どうして?まだ私、孕んでもいませんよ!?」

P「お願いですから小鳥さんは、もう少し貞淑になってくださいよ」

P「大体あの状況で何で小鳥さんの方が盛り上がるんですか……」

小鳥「あの状況で燃えなくていつ燃えるんですかっ!」バンッ


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:29:01.65 ID:s1YQjZKa0
小鳥「そもそもプロデューサーさんの押し自体、終始弱すぎだったじゃないですか」

小鳥「ダメですよ、監禁するならもっと危ないクスリやらチラつかせて……」

小鳥「最終的に歪んだ愛をもって、自分の色に染め上げなきゃ!」グッ

P「……別にそういう人の愛し方もある事を否定はしませんけどね」

P「俺自身は、本当に好きな人にはそういう事、したくないですから」





小鳥「えっ?」

P「さて、と。お仕事お仕事」スタスタ

小鳥「あの、プロデューサーさん?今、なんて?」

小鳥「……プロデューサーさーん!?」



おわり


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:30:24.51 ID:M/lyTWHH0
乙!


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:30:24.87 ID:pYx3GJLj0
これやよいとかトラウマものだろうww


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:44:30.43 ID:X/EjZtLS0
ピヨちゃんかわいい乙


ブロッコリーメールブロック アイドルマスター 音無小鳥
ブロッコリーメールブロック アイドルマスター 音無小鳥





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ