Powered By 画RSS


怜「・・・・・しんどい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:49:17.15 ID:8e+mugVM0
泉「え?大丈夫ですか、園城寺先輩」

竜華「辛かったら膝枕しよか、怜」

怜「いやちゃうねん、そうやなくてな」

セーラ「んじゃどゆことなん?」

怜「なんで私は準決勝であんな無茶せなあかんのかなって」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:49:59.39 ID:gI3wjIhH0
やっと気がついたようだね


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:51:30.96 ID:8e+mugVM0
泉「・・・・・」

セーラ「・・・・え~っと、それはやなぁ」

怜「えらいしんどいねん。2位狙いさせてくれてもええやん」

竜華「怜、それは仕方ないんやで」

怜「え?」

竜華「ウチらはな、主人公の引き立て役やから勝ってしもうたらあかんねん」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:53:11.72 ID:LKBFpKbB0
言っちゃうのかそれを


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:54:33.83 ID:pp0nvS1C0
なんというメタ発言


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:54:56.01 ID:8e+mugVM0
怜「まだ先鋒戦やし、次鋒戦以降でどうにか出来そうな気がするで?」

竜華「チャンピオンが打点上げ続けたら役満連発するんやで、玄ちゃんがトバされてまうやん」

泉「さらっと上から目線ですね、先輩」

怜「で、でも一回新道寺に差し込んでチャンピオンの連荘止めてるんやで。次からもあれで良かったんやないの?」

セーラ「そうそう都合よく新道寺に差し込めるとは限らへんやろ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:56:32.61 ID:kL7X3ZfE0
本編は各校2位を意識してるのにな


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:56:41.15 ID:uQTWo6oG0
確かに一巡先見てりゃ振り込む心配ないんだし大人しくしてりゃ2位通過できたもんな
1位通過も2位通過も条件変わらないんだし命かけるなら決勝でかけるべきかと


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:57:11.35 ID:8e+mugVM0
怜「それこそ伝家の宝刀主人公補s」

竜華「あかーーーーーーーーん」

セーラ「うおっ、びっくりした」

怜「何いきなり大声出してんの?」

泉「先輩!!それ以上は言うたらあかんラインです!」

怜「?」

竜華「怜、世の中には言うと怖いおじさんに連れてかれてまう事っちゅうもんがあるんやで」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 18:58:19.90 ID:8e+mugVM0
怜「あれ?そういえばふなQは?」

セーラ「浩子か?あいつならもう帰ってもうたで」

泉「ウチは12話のセリフ一言だけやからスタッフからそれ聞いたら帰ります言うてはりましたよ」

怜「ふなQやったら同感してくれるかな思うたんやけどなぁ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:01:00.46 ID:8e+mugVM0
スタッフ「千里山女子の皆さん、12話の台本お届けに参りましたー」

竜華「あ、どうもー」

セーラ「マイドッ」

泉「お疲れ様ですー」

怜「・・・・・・お疲れ様です(小声)」

竜華「なんや怜、すねてもうたん?そんなすねんでもええのに」

怜「すねとらへんよ」

竜華「そないぷいっと顔そらしても可愛いだけやで」

怜「何言うてんの、竜華」

セーラ「二人は相変わらずやなぁ」

泉「そうですねー(よかったー、だいぶいつもの調子に戻ってきたかも)」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:04:21.42 ID:8e+mugVM0
怜「とりあえず、台本読んでみよか」

泉「そ、そうですね!もしかしたら何か無理する理由があるかもしれませんし」

セーラ「(おい、泉!何もなかったらどないすんねん)」

泉「(す、すみません先輩。つい残された希望にすがりついてしまいました)」

竜華「二人とも何こそこそ話してるん?」

泉「いえ、大したことでは」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:06:52.49 ID:8e+mugVM0
言うの忘れてたけどここから12話のネタバレ注意
もうほとんど誰も見てないだろうけど


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:07:55.78 ID:8e+mugVM0
ペラッ

怜「あ」

セーラ「ん?なんや中学の時の話か」

泉「私の知らない頃の先輩方の話ですか?詳しく聞いてみたいです」

セーラ「ん~、言うても今とそんなに変わらへんで」

怜「うん・・・・二人とも変わらず、ずっと一緒にいてくれたなぁ」

竜華「怜?」

怜「ううん、なんでもあらへんよ。ありがとー、竜華、セーラ」

竜華「なんもしてへんのにいきなりお礼言うなんておかしな話や」

怜「うん、だからなんでもないんよ。なんでもないのが嬉しかっただけや」

セーラ「なんや難しいこと言うなぁ怜は」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:10:18.61 ID:8e+mugVM0
竜華「でもせやなぁ、強いて言うなら怜の髪がもうちょっと長かったくらいかなあ」

泉「え?先輩髪長かったんですか!?」

怜「いや、そんな言うほど長かったわけやないで。少し肩にかかるくらいやったような気がするし」

竜華「確かにウチほどやなかったけど、一番長い所で肩甲骨のところくらいまではあったと思うで」

セーラ「竜華はほんま怜のことはよう見てるなー」

竜華「べ、べつにたまたま覚えとっただけやでそんな怜やから特別覚えとったわけやないんやで」

セーラ「そんなあからさまに動揺した早口で言うても説得力無いわ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:12:46.65 ID:8e+mugVM0
泉「それでなんで切ってしまわれたんですか?」

怜「んー?入院した時にな、切った方が入院生活楽かなー思うてん」

泉「あ、すみません園城寺先輩」

怜「ええよ泉、全然気にしとらへんし」

竜華「でもウチはあの頃の髪型の方が可愛くて怜に似合っとったと思うで」

怜「そうなん?せやったらまた伸ばしてみてもええかもしれへんな」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:14:14.38 ID:8e+mugVM0
怜「っと、こないな話しとる場合やなかったわ。続きはまた今度落ち着いた頃に話すわ、泉」

泉「はい、お邪魔しちゃってすみませんでした」

セーラ「せやな、さっさと台本読んでまうか。怜は特にセリフ多いやろうし」

怜「うん」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:16:04.91 ID:8e+mugVM0
ペラッ ペラッ ペラッ ペラッ

ここからは死ぬ勢いで能力使って下さい

怜「死ぬ勢いってなんやねんッ!!!」

くしゃ

セーラ「怜の握力じゃ強く握り潰してもうっすら台本に折り目が付くだけやな」

竜華「グシャッといかない所が怜らしくてええやん」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:21:31.95 ID:8e+mugVM0
怜「いや、そうやなくて!死ぬ勢いっておかしいやん!!スタッフは私を殺す気なん?」

泉「ちょ、ちょっとした比喩表現のつもりってこともありますし」

怜「いや、比喩でも死ぬってだいぶおかしいで!」

セーラ「確かに死ぬ勢いってのは酷い話やけど、鷲巣麻雀やあらへんし、たかが麻雀で死にはせぇへんて」

怜「竜華はどう思うん?」

竜華「確かに怜は体弱いけど、そこまでやるとは思えんわ。きっとスタッフさんの悪ノリなだけやと思うで」

セーラ「せやせや。ここで止まっててもしゃーないし、一通り読んでみてから考えてみたらどうや?」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:23:07.49 ID:8e+mugVM0
怜「まぁせやな、私もちょっと熱くなりすぎたかもしれへん」

ペラッ ペラッ ペラッ

怜「 な ん で ここで阿知賀やねん」

パシーン

怜「ここまでやって私はなんも報われんのかッ」

竜華「怜ー、そんな台本床に叩きつけんでもええやん」

怜「何が悲しゅうて死ぬ勢いで阿知賀のアシストせなならんのや」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:25:45.31 ID:8e+mugVM0
怜「そもそも新道寺や阿知賀のレジェンドさえも気付いとるっちゅうのに」

怜「はぁー、すぅーッ」

セーラ「ん?」

怜「なんで肝心の松実玄が気付いとらんのやッ!!!!!!」

竜華「あー、確かに玄ちゃんこれはないわー」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:26:01.34 ID:2uUmcSu10
最後玄ちゃん応援してました
ごめんなさい


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:28:00.82 ID:lWEElQwi0
あんだけ必死に身を削って玄ちゃんがごっつぁんキルもってったらそりゃ普通は怒る
相手が鬼畜外道で誰でもいいから止めて―みたいな状況だったから許されたけども


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:28:42.40 ID:8e+mugVM0
怜「どうせなら新道寺がええわ、新道寺だけがあの卓のオアシスやのに」

竜華「そ、そうなん?」

怜「あの新道寺の子とはもう以心伝心の仲やで」

竜華「へ、へぇ。そうなんやぁ」

泉「あれ?先輩もしかして意外な伏兵に」

セーラ「焦っとるんとちゃうのぉ?」

竜華「なっ、別に全然そういうのやないから!!」

怜「私がここまで頑張る理由ってなんやねん。自分のことやのにさっぱり分からへん」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:33:25.86 ID:8e+mugVM0
泉「しかし園城寺先輩荒れてますね」

セーラ「まぁしゃーないで、無理するんはあいつなんやし」

竜華「ずいぶん熱くなってるみたいやし、落ち着いた時にのど乾いてるとあかんから先に飲みもんでもこうくるわ」

泉「あ、先輩。それなら私が」

竜華「ええよええよ、怜のサポートするんはなんだかんだ言っても楽しいし」

セーラ「竜華にかかれば怜のことならなんでも楽しいやろ」

竜華「そ、そんなことないで!!そんなことより二人は何かほしいものとかあらへん?」

泉「いえ、私は大丈夫です」

セーラ「話そらしたか、オレもさっき買ったお茶があるから大丈夫や」

竜華「じゃ、じゃあ行ってくるわ」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:36:58.49 ID:8e+mugVM0
怜「はぁしょうがない、これはしょうがないんや。続き読もかな」

ペラッ

ここからアドリブで(ここで意識がある場合は仮病と誤魔化して下さい)

怜「死ぬ気で能力使わせたあとのアドリブってどういうことや!!」

怜「リアルな死を演出しようっちゅうことかッ」

怜「せやろ?せなんやろッ!!」

泉「先輩落ち着いてください、今の先輩は頭に血がのぼって穿った考え方しか出来なくなってるだけです(今回のは流石におかしい、さっきのも十分におかしかったですけど)」

怜「意識がある場合なんて添え書きまであるんやで」

怜「これは完全にスタッフはたかが麻雀で殺しに来とるでッ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:37:57.29 ID:gO/ZPN6RO
麻雀で救急搬送()


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:41:22.82 ID:8e+mugVM0
怜「すぅー、はぁー」

怜「それでここから先がアドリブってのは分かったけど、どこまでがアドリブなん?」

ペラペラペラペラペラペラペラ

怜「最後までアドリブかいなッ」

ペシーン ドスッ ドスッ ドスッ

泉「あ~、先輩。そんな台本踏みつけんでも」

怜「大丈夫かなやあらへんわ、松実玄ォ!」

怜「誰のためにここまでやったとおもてんねん」

怜「もう今までのことはええからせめて気付いてや」

怜「この気付き!せめてこの気付きがほしいわ!!」

泉「んー、でも確かにそうですね。この人はちょっと無神経すぎるかもしれませんね」

怜「しかも阿知賀のエロそうな子はなんで苦し紛れの言い訳信じてんねん、どう見たって仮病やあらへんよ」

セーラ「オレでも怜の体調不良に気付くくらいやからな、流石に鈍すぎや」

怜「阿知賀はほんまどないなっとんねん」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:42:47.73 ID:8gQNJVb40
怜さんがキレたwww


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:43:22.22 ID:lWEElQwi0
キレた怜もかわいい


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:46:01.66 ID:gA4/cYgGP
確かに阿智賀ひどすきやで


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:46:26.79 ID:8e+mugVM0
怜「てか倒れて仮病がバレて、挙句の果てには病院へ搬送される前提でセリフ入っとるやないかーいッ」

泉「まあ、たしかに」

怜「もっと言うたら竜華達のセリフも私が倒れる事前提で進んどるし」

泉「でも、スタッフさんも流石に意識ある方を前提に話を進めてるってことですから」

セーラ「でも最初から仮病だと思ってたことにすればどっちでも行ける構図とも取れるなぁ」

泉「せんぱ~い」

怜「やっぱりスタッフは私を殺す気満々なんやでッ!」

竜華「ただいまー。ってさっきより荒ぶってんなぁ」

泉「清水谷先輩!!ちょうどいい所で帰ってきてくれはりした。今の園城寺先輩をなだめることができるのは先輩しかいません!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:51:22.10 ID:8e+mugVM0
竜華「怜ー、飲みもんこうてきたで」

怜「はぁはぁはぁ、りゅ、竜華」

竜華「カッカした時はなー、甘いもんでも飲めば落ち着くもんや。はい、いちごみるくやで」

怜「あ、ありがとー、でもなんや余計にのど乾くなぁ」

竜華「そう言うと思うてちゃんとお水もあるんやで」

怜「これはまた何から何までマジすいませんです」

竜華「そんなん気にせんでもええんよ」

怜「でも流石に悪いわ、こんなに飲みきれへんし」

竜華「せやったら二人で飲めばええだけやん」

怜「あ・・・・、それもそうやな。うん、竜華ありがとー」

泉「(さ、流石です、清水谷先輩)」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:54:34.57 ID:8e+mugVM0
怜「・・・・・・・・・」

竜華「怜?」

怜「結局私が無茶するちゃんと理由ってなんやったんやろ」

セーラ「特になかったな」

泉「しばきますよ、先輩」

セーラ「え?」

泉「って船久保先輩ならおっしゃるかなーって、あははー」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 19:58:08.67 ID:8e+mugVM0
怜「はぁ、しんどい」

泉「だ、大丈夫ですか?園城寺先輩」

セーラ「台本読むだけでそない疲れとったら世話ないわ」

怜「竜華ー、ひざまくら」

竜華「んー、ほんま怜はしゃーないなあ」

怜「はぁ~、ここだけが私のオアシスやぁ」

竜華「ふふっ、よう言うわ」



おしまい


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 20:00:31.25 ID:xwkIOjCE0
まだいけるやろ?


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 20:01:28.38 ID:vAUaF+UWO


おもろかったで


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 20:14:44.83 ID:K4iVkVen0

玄があがるくらいなら新堂寺にあがってほしいという気持ちはよくわかる
というかまだ続けられるやろ


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 20:18:19.10 ID:8e+mugVM0
12話に絞って考えてたからもうネタが無い


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 20:21:40.43 ID:K4iVkVen0
そうか
残念だけど乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/07/06(金) 12:37:23

    そうだよな、阿知賀のサポートって次鋒以降考えても損にしかならんw
    無理に解釈するなら、千里山ってスポ根似合うし、最初から二位抜けなんて考えてなくて
    少しでも白糸台の点数削って残りのメンバーの逆転に託したってところか。
    あとは先鋒以外も実際に対局して実力差を測っておきたいとか?


  2. 名無し 2012/07/06(金) 12:48:57

    頑張ったのはチームのためだろw
    照にとって天敵といえる能力もった玄がいたし、全力で行くのは当たり前
    二位狙いの不抜けた試合なんか出来んだろ。シード高のエースが
    甲子園で点とった後、連続で敬遠するようなもの
    玄ちゃんのリーチにはイラッとしたわ
    無意味なリーチしよって。怜が鳴かなかったらどうなってたか……


  3. 2012/07/06(金) 13:32:56

    他家が飛ぶまで耐えて確実に勝ち抜け狙うのも立派な戦法だろ
    仮にトキがダウンして補欠入れたとしてその補欠はトキの代わりが勤まるのか?
    それに白糸台で怖いのは照だけじゃないだろ。大将に淡がいるんだしそれまでに飛ばないても限らないし
    せっかくトキが命削ったのにそれで勝てなきゃ意味ないだろ
    千里山は確実に勝ち抜けねらうなら先鋒戦で終わらしておくべきだった


  4. 2012/07/25(水) 21:25:05

    なんか凄い笑った
    この人の書くノリ好きだわw


  5. 2012/08/10(金) 18:04:29

    こういうメタ面白いね
    なんにしても先鋒戦長すぎ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ